バイエルン退団表明のアラバ、近くレアル・マドリーとサインか

2021.04.21 16:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
オーストリア代表DFダビド・アラバ(28)のレアル・マドリー移籍決定が差し迫っているようだ。バイエルンと続いた今季最終年の契約を巡る延長交渉が破談に終わり、今年2月の会見で今夏の退団を表明したアラバ。その意思を公にして以降もブンデスリーガ9連覇にまい進するチームの主力として活躍を続けるが、豊富な実績だけでなく、複数ポジションを高いレベルでこなせる実力者とだけあって、行き先に熱い視線が注がれている。

そんなアラバはスペイン行きを目指しているとされるなか、バルセロナのほかにチェルシーとパリ・サンジェルマン(PSG)も行き先候補に挙がっている状況だが、以前に口頭合意も指摘されたレアル・マドリーが新たな活躍先になる模様。ドイツ『スカイ』によれば、近日中にもレアル・マドリーと2026年までの5年契約を結ぶという。

今夏のレアル・マドリーは今季契約切れのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが去就不透明で、フランス代表DFラファエル・ヴァランも移籍の憶測が浮上中。ブラジル代表DFマルセロの去就も定かでなく、そうしたポジションをカバーできるアラバを打ってつけの存在として獲得を狙っているものとみられる。

関連ニュース
thumb

レヴァンドフスキがブンデス通算300ゴール達成! 史上2人目の偉業に

バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキがブンデスリーガ通算300ゴールを達成した。 バイエルンは15日、ブンデスリーガ第19節でケルンとのアウェイ戦に臨み、4-0で勝利した。 2022年の初白星を挙げたこの一戦でレヴァンドフスキは、開始9分に先制点を挙げると、チームが2点リードで迎えた後半の63分に2点目を奪取。さらに、74分にはGKとの一対一を冷静に制し、ハットトリックを達成した。 そして、この3点目のゴールはレヴァンドフスキにとってブンデスリーガ通算300ゴール(通算373試合)のメモリアルゴールに。 なお、これはバイエルンのレジェンドであるゲルト・ミュラー氏(365ゴール)に次ぐ、リーグ史上2人目の偉業だ。 ちなみに300ゴールの内訳は、バイエルンで226ゴール(242試合)、ドルトムントで74ゴール(131試合)となっている。 2022.01.16 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキがハット、バイエルンが好調ケルンに快勝で首位堅守《ブンデスリーガ》

バイエルンは15日、ブンデスリーガ第19節でケルンとのアウェイ戦に臨み、4-0で勝利した。 後半戦スタートとなった前節、天敵ボルシアMGに逆転負けした首位バイエルン(勝ち点43)は2位ドルトムントに暫定3ポイント差とされた中、コロナ陰性となった守護神ノイアーが先発で復帰。同じく陰性となったサネとウパメカノはベンチスタートとなった。 6位と好位置に付けるケルン(勝ち点28)に対し、最前線にレヴァンドフスキ、2列目に右からニャブリ、ミュラー、ミュージアラと並べたバイエルンは9分に先制する。 ショートカウンターを発動した流れから、ミュラーのラストパスを受けたボックス右のレヴァンドフスキがシュートを蹴り込んだ。直後はオフサイド判定が下ったものの、VARの末にレヴァンドフスキのポジションがオンサイドと判定され、ゴールが認められた。 さらに25分、ミュラーのリターンパスを受けたボックス右のトリソが豪快な左足ボレーを叩き込んでバイエルンがリードを広げる。 31分、GKノイアーのミスパスからショートカウンターを受けてウートにネットを揺らされるも、VARの末にオフサイドがあって助かったバイエルンは前半を2点リードして終えた。 迎えた後半も主導権を握るバイエルンは63分に3点目。直前に投入されていたサネのスルーパスをボックス左で受けたレヴァンドフスキがシュートを流し込んだ。 さらに74分、レヴァンドフスキがハットトリックを決める。再びサネのスルーパスを受けたボックス中央のレヴァンドフスキがGKとの一対一を制した。 終盤にかけても危なげなく試合を運んだバイエルンが快勝。前節ボルシアMG戦の敗戦を払拭し、2位ドルトムントとの6ポイント差を維持した。 2022.01.16 01:50 Sun
twitterfacebook
thumb

バイエルン、契約切れ迫るドイツ代表DFジューレに延長オファー

バイエルンが、ドイツ代表DFニクラス・ジューレ(26)に契約延長オファーを提示したようだ。 2017年夏にホッフェンハイムから加入して以降、4シーズンで公式戦156試合に出場し、バイエルンのDFラインを支え続けているジューレ。今季も主力として公式戦23試合でピッチに立っている。 そんなジューレだが、現行契約は今季まで。シーズン終了後のレアル・マドリーやチェルシーといったクラブへの加入も取り沙汰される中、ドイツ『キッカー』はクラブが同選手に延長オファーを提示したと伝えている。 また、ユリアン・ナーゲルマン監督は15日に行われるブンデスリーガ第19節ケルン戦の前日会見で、ジューレについて「彼はまだ延長のサインをしていない」とコメント。「こういった契約状況で、彼ほどの選手が市場に出てくることは滅多にない。多くのクラブが彼に関心を持っており、交渉が行われるだろう」と、移籍の可能性も排除しなかった。 2022.01.15 16:38 Sat
twitterfacebook
thumb

バイエルン、浦項からU-18韓国代表MFを1年ローン

バイエルンは15日、Kリーグ1の浦項スティーラースから韓国人MFイ・ヒョンジュ(18)のレンタル加入を発表した。加入期間は1年で、買取オプションも付帯してのドイツ王者入りとなる。 イ・ヒョンジュは浦項のU-18チームに属する中盤の選手で、U-18韓国代表でもプレー。バイエルン入りが決まったばかりだが、すでに初練習も終え、同クラブのセカンドチームでプレーするようだ。 バイエルンの公式サイトを通じて、「バイエルン・ミュンヘンと契約できて、すごく感謝している。今は早く慣れて、ピッチで最高のパフォーマンスを見せられるようにしたい」とコメントしている。 また、自身のストロングポイントとして敏捷性とスプリント力を挙げると、憧れの存在として、トップチームで活躍する2選手の名を出している。 「バイエルンではヨシュア・キミッヒを尊敬している。ピッチでのパフォーマンスは感心させられる。守備範囲の広さも学ぶ部分が多い。ジャマル・ミュージアラも同い年で、リスペクトしている選手だね」 2022.01.15 11:40 Sat
twitterfacebook
thumb

アルフォンソ・デイビスが心筋炎で数週間の離脱に…ナーゲルスマン監督が前日会見で明かす

バイエルンは14日、カナダ代表DFアルフォンソ・デイビスが数週間離脱することを明かした。 左サイドバックを主戦場に今季ここまで公式戦23試合に出場しているアルフォンソ・デイビスは、昨年末に新型コロナウイルスに感染。これにより2022年初戦となった7日のボルシアMG戦を欠場していた。 すでにトレーニングに復帰しており、復帰の近づいていたアルフォンソ・デイビスだったが、ここにきて新たな問題が発覚した。 ケルン戦の前日会見に臨んだユリアン・ナーゲルスマン監督は、アルフォンソ・デイビスの問題について以下のように語った。 「新型コロナウイルスに感染した全選手に対して行われた検査で、アルフォンソ・デイビスから軽度の心筋炎の兆候がみられた。彼は現在トレーニングから離れており、今後数週間は欠場する予定だ」 「検査の結果によると、今回の心筋炎はそれほど激しい変化ではなく、単純に炎症の兆候があったということだ。それでも、しっかりと治療をしなければならないし、それには時間がかかる」 2022.01.14 23:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly