アタランタ、クラブ史上初のCLはサン・シーロ開催に! ミランが許可2019.07.12 17:18 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アタランタが来季初出場のチャンピオンズリーグ(CL)をミラノのサン・シーロで開催することが決定した。欧州サッカー連盟(UEFA)の規定によってCLを本拠地で開催できないアタランタは、先日にインテルとミランが本拠地としているサン・シーロでの代替開催を申請。

すでにインテル側とミラノの市議会の承認を得ていたが、サポーターが強硬に反対姿勢を見せていたミランの承認を得ることに苦戦していた。

しかし、ミランは11日、イタリア『ANSA』に対してアタランタの要請を受け入れる意向であることを明かした。

「サン・シーロでチャンピオンズリーグのホームゲームを開催するというアタランタからの要請を受け入れたことを認めます」

「我々の決定に関してはアタランタの強い要望を理解し、ミラノ市長のジュゼッペ・サラ氏の前向きな意見に追随するものです」

「我々は今回の決定がアタランタだけでなくイタリアサッカー界にとっても大きな利益を生むものだと信じています。それはホスピタリティ、リスペクト、フェアプレーという観点においてです」

アタランタは昨シーズンのセリエAで3位に入り、クラブ史上初のCL出場権を手に入れた。だが、初のCLに向けてスタジアム問題が浮上。アタランタがホームとして使用しているスタディオ・アトレティ・アズーリ・ディターリアは現在改築工事中で、UEFAの規定に収まらないという。

これまでアタランタは、ヨーロッパリーグ(EL)ではサッスオーロのマペイ・スタジアムを借りていたが、来季のCLでは本拠地ベルガモにより近いサン・シーロをホームとして使うことを計画していた。
コメント
関連ニュース
thumb

パルマがアタランタからFWコーネリウスら2選手獲得!

パルマは18日、アタランタからデンマーク代表FWアンドレアス・コーネリウス(26)、U-21スウェーデン代表MFデヤン・クルゼフスキ(19)の2選手を獲得したことを発表した。 母国の名門コペンハーゲンでプロデビューを飾った193cmのセンターフォワードであるコーネリウスは、2017年にアタランタに加入。加入初年度は公式戦31試合に出場し6ゴールを記録も、昨シーズンはボルドーにレンタル移籍していた。 なお、コーネリウスは買い取り義務付きの2年間のレンタル移籍でパルマに加入する。 一方、スウェーデンのストックホルム出身のクルゼフスキは、2016年にアタランタの下部組織に加入。今年1月のフロジノーネ戦でセリエAデビューを飾り、同シーズンに4試合出場している。ただ、攻撃センスに長けたセントラルMFは、昨季のプリマヴェーラで17試合8ゴール10アシストの数字を残し、優勝の立役者となっていた。 なお、クルゼフスキは買い取りオプションが付かない1年間のレンタル移籍での加入となる。 2019.07.18 20:04 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマ、アタランタのイタリア代表DFマンチーニを買い取り義務付きのレンタルで獲得!

ローマは17日、アタランタのイタリア代表DFジャンルカ・マンチーニ(23)を買い取り義務付きのレンタルで獲得したことを発表した。 ローマはレンタル料として200万ユーロ、来夏買い取る際に1300万ユーロを支払う予定で、これに最大800万ユーロのボーナスが追加され、移籍金総額は2300万ユーロ(約28億円)と明かしている。さらに、今後他クラブに移籍した際の移籍金の内の10パーセントをアタランタに支払うことになる。 なお、マンチーニとは既に2024年6月30日までの契約が結ばれている。 フィオレンティーナの下部組織出身のマンチーニは、ペルージャでのプロデビュー後、2017年にアタランタに完全移籍。190cmの長身に加え、筋骨隆々の強靭なフィジカルを武器にセリエA屈指のエアバトラーとして2018-19シーズンのリーグ戦30試合で5ゴールを記録。 また、アグレッシブなマンツーマンディフェンスを採用するジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督の下で対人守備を磨いており、積極的なインターセプトやタックルなど、前向きな守備が高い評価を集めており、今年3月のリヒテンシュタイン代表戦でフル代表デビュー。さらに、先日まで行われていたU-21欧州選手権でもU-21イタリア代表の主力としてプレーしていた。 ローマではファイナンシャル・フェアプレー(FFP)遵守の影響もあって6月30日にレギュラーセンターバックのギリシャ代表DFコスタス・マノラスをナポリに放出していた。 2019.07.18 01:19 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマがアタランタのイタリア代表DFマンチーニ確保! メディカル受診を発表

ローマは17日、アタランタのイタリア代表DFジャンルカ・マンチーニ(23)が加入に向けてメディカルチェックを受診していることを明らかにした。 イタリア『スカイ・スポルト』が伝えるところによれば、マンチーニの移籍形態は買い取り義務付きの1年間のレンタル移籍となり、ローマはレンタル料として200万ユーロ、来夏買い取る際に1900万ユーロを支払う予定だという。これに最大500万ユーロのボーナスが追加され、移籍金総額は2600万ユーロ(約31億5000万円)となるようだ。 なお、マンチーニはメディカルチェックをパスした後、2024年までの5年契約にサインする。 フィオレンティーナの下部組織出身のマンチーニは、ペルージャでのプロデビュー後、2017年にアタランタに完全移籍。190cmの長身に加え、筋骨隆々の強靭なフィジカルを武器にセリエA屈指のエアバトラーとして2018-19シーズンのリーグ30試合で5ゴールを記録。 また、アグレッシブなマンツーマンディフェンスを採用するジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督の下で対人守備を磨いており、積極的なインターセプトやタックルなど、前向きな守備が高い評価を集めており、今年3月のリヒテンシュタイン代表戦でフル代表デビュー。さらに、先日まで行われていたU-21欧州選手権でもU-21イタリア代表の主力としてプレーしていた。 ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)遵守の影響もあって6月30日にギリシャ代表DFコスタス・マノラスをナポリに放出したローマ。その後釜は既報通り、アタランタの巨漢DFとなった。 2019.07.17 18:59 Wed
twitterfacebook
thumb

アタランタがヘンクからウクライナ代表MFマリノフスキーを獲得!

アタランタは16日、ヘンクからウクライナ代表MFルスラン・マリノフスキー(26)を完全移籍で獲得した。契約期間は2024年6月30日までの5年間となる。 なお、『フットボール・イタリア』によれば、移籍金は1370万ユーロ(約17億円)だという。 マリノフスキーは2011年にシャフタールでプロキャリアをスタート。その後数クラブで実績を積み2016-17シーズンからヘンクに在籍中。中盤での豊富な運動量とプレースキッカーを務める程の正確なキックが持ち味で、今シーズンはリーグ戦28試合出場で9ゴールを記録。同僚の日本代表MF伊東純也と共にヘンクのベルギーリーグ制覇に大きく貢献した。 また、代表キャリアにおいては2015年にA代表デビューして以来、通算22試合に出場し2ゴールを記録している。 2019.07.17 00:04 Wed
twitterfacebook
thumb

アタランタ、セリエB降格のヴェローナへU-21セルビア代表GKをレンタルで放出

セリエBへ降格したヴェローナは15日、アタランタのU-21セルビア代表GKボリス・ラドゥノビッチ(23)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 2013年に母国セルビアのラド・ベオグラードでプロデビューしたラドゥノビッチは、2015年の夏にアタランタへ完全移籍。その後はアヴェッリーノやサレルニターナといった国内の下部カテゴリーのクラブへ武者修行に出されると、2018-19シーズンはクレモネーゼにレンタルで加入。 クレモネーゼでは、開幕から守護神の座を勝ち取ったが、11月に右ヒザ十字じん帯を断裂し戦線離脱を余儀なくされ、リーグ戦9試合の出場にとどまっていた。 また、代表では19歳の頃からは飛び級でU-21セルビア代表に招集され、これまで18試合に出場。先月に開催されたU-21欧州選手権2019にも出場していた。 2019.07.16 05:27 Tue
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース