バルセロナ、ムニルのプレー時間確保の取り決めを反故? 代理人が批判2019.01.11 21:20 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元スペイン代表FWムニル・エル・ハダディ(23)の代理人が、所属クラブのバルセロナを批判している。スペイン『アス』が伝えた。契約が今シーズン一杯となっているムニル。バルセロナのカンテラ(下部組織)出身であり、2014-15シーズンの開幕節エルチェ戦で先発デビューした際には1ゴールで自らの門出を祝ったが、その後は結果を残せず。レンタルで過ごす日々が続いていた。

それでもムニルはアラベスに貸し出された昨シーズンに公式戦37試合14ゴール7アシストと活躍し、今シーズンからバルセロナに復帰しているが、多くの出場機会を得るには至っていない。ここまでの成績は公式戦11試合2ゴール1アシストに留まり、そのプレー時間は合計で392分間だ。

先日には、バルセロナを率いるエルネスト・バルベルデ監督がムニルに戦力外通告をしたと、スペイン各紙は報道。しかし、もしもの時のバックアップとして6月30日までは残留させる意向であることも同時に伝えられていた。

このことについて、ムニルの代理人がコメント。「一定の出場機会を確保する」という取り決めを反故にされたことも主張しつつ、クラブへの反感を露わにした。

「セルタ・ヴィーゴ戦の週に、契約更新まで招集されないというニュースをムニルは監督から聞かされた。とても落ち込んでいたよ」

「あの選手はバルセロナにとても感謝しているし、契約が結ばれている6月までは絶対的な献身を捧げるよ」

「だが、スポーツディレクター達と監督は今年の初めに(プレー時間に関して)約束したのに、彼に頼ることをしない。酷い仕打ちだよ」
コメント
関連ニュース
thumb

左SB強化睨むバルサ、ラファエル・ゲレイロにシフトか

ドルトムントに所属するポルトガル代表DFラファエル・ゲレイロ(25)に対して、バルセロナの関心が浮上した。スペイン『マルカ』が報じた。 ラファエル・ゲレイロは2016年からドルトムントでプレー。複数エリアでプレー可能なユーティリティ性を兼備する攻撃的な左サイドバックで、今シーズンも公式戦32試合6得点6アシストをマークが、来シーズン限りでドルトムントとの契約が失効する。そのラファエル・ゲレイロがバルセロナのターゲットに入っているという。 今夏の移籍市場でスペイン代表DFジョルディ・アルバのバックアッパーを探すバルセロナは、今シーズン限りでアトレティコ・マドリーとの契約が満了するブラジル代表DFフィリペ・ルイス(33)を注視。最も獲得の公算が高いターゲットだが、万能性も併せ持つラファエル・ゲレイロにより心が惹かれつつある模様だ。 2019.06.16 09:25 Sun
twitterfacebook
thumb

バルベルデ「良いオファーがあれば」ラキティッチ放出を認める

バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督が、クロアチア代表MFイバン・ラキティッチ(31)の今シーズン限りでの放出を容認したとスペイン『SERカタルーニャ』が報じた。 2014年の到着から、バルセロナではラ・リーガ4回、コパ・デル・レイ4回、チャンピオンズリーグ、クラブ・ワールドカップをそれぞれ1回ずつ制覇してきたラキティッチ。そんなラキティッチも3月に31歳を迎え、今後の身の振り方を考慮し始める時期に差し掛かっている。クラブがアヤックスからオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングを獲得したこともラキティッチの去就に影響し、今夏の退団が噂されている状況だ。 そんな中、11日にバルベルデ監督はペップ・セグラスポーツマネージャーと話し合いを持った中で、ラキティッチとクラブが納得出来る良いオファーがあれば移籍を認めると話したという。同選手にはこれまで、インテルやマンチェスター・ユナイテッドが関心を持っていることが伝えられている。 また併せて、一時移籍が確実視されていたアヤックスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)については「獲得の可能性は低くなった」と同紙は伝えている。 2019.06.14 16:30 Fri
twitterfacebook
thumb

二転三転…ライオラ、デ・リフトのPSG移籍を否定

アヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)の代理人を務めるミーノ・ライオラ氏がパリ・サンジェルマン(PSG)との交渉を否定した。スペイン『アス』が報じている。 高い身体能力や足元の技術を兼ね備え、名門アヤックスで主将を務めるデ・リフト。今シーズン、KNVBベーカーとエールディビジの国内2冠に加え、チャンピオンズリーグ(CL)でベスト4進出を果たした若きチームを攻守両面でけん引し続けた。 そのデ・リフトに対してバルセロナやマンチェスター・ユナイテッド、リバプールが関心を抱いている状況だ。その中でも、ライオラ氏がパリで目撃されたことからPSG行きの噂がにわかに加熱していた。 しかし、イタリア『ANSA』のインタビューに応じたライオラ氏は「典型的なフェイクニュースだ」とPSGと交渉を行っていることを否定。一方で、同氏は現在今夏の代理人活動禁止を巡ってFIFAやイタリアサッカー協会と揉めており、デ・リフトだけでなく、こちらの動きも注目する必要がありそうだ 2019.06.13 21:28 Thu
twitterfacebook
thumb

バルサ、ワトフォード入団内定の逸材獲得を検討?

バルセロナが、ワトフォードに入団内定しているフルミネンセのブラジル人FWジョアン・ペドロ(17)の獲得を画策しているようだ。スペイン方面の情報をイギリス『デイリー・メール』が報じた。 フルミネンセ下部組織のペドロは今年1月にトップチームに昇格。5月18日のクルゼイロ戦でプロデビューを飾ると、早速2ゴールを記録。ブラジル人らしいテクニックと長い足を生かしたしなやかなプレーを武器に、ここまでの公式戦6試合で6ゴールをマークしている。 この活躍にマンチェスター・ユナイテッドやリバプールも興味を示していた中、ワトフォードが昨年9月に200万ポンド(約2億7000万円)で獲得に成功。国際サッカー連盟(FIFA)の定めた国外移籍が認められる満18歳の誕生日を今年の9月26日に迎えるため、加入は2020年1月の冬の移籍市場になる。 だが記事によると、バルセロナのペップ・セグラゼネラルマネージャー(GM)がペドロに熱視線。加入が内定しているワトフォードと交渉を行う模様だ。スペインの情報筋によると、バルセロナは獲得に自信を持っているとのことだ。 2019.06.13 15:53 Thu
twitterfacebook
thumb

グリーズマンのバルセロナ加入決定! アトレティコCEOが認める

アトレティコ・マドリーに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(28)のバルセロナ加入が決定的となった。アトレティコで最高経営責任者(CEO)を務めるアンヘル・ヒル・マリン氏がスペイン『Radio Estadio』で同選手のバルセロナ行きを認めた。 昨夏、アトレティコと2023年までの新契約を結んだグリーズマンだが、先月14日にクラブ公式サイトを通じて今シーズン限りでの退団が発表された。 その新天地に関しては本命バルセロナに加え、パリ・サンジェルマン(PSG)、マンチェスター・ユナイテッドなどの名前が挙がっていた。その中で最近、グリーズマンはフランス『TeleMatin』に対して、「自分が来シーズン、どこでプレーするのかもう決まっている」と、すでに移籍先が決まっていることを明らかにしていた。 そして、今回『Radio Estadio』でグリーズマンの去就に関して問われたヒル・マリンCEOは移籍先がバルセロナであることを明らかにした。 「私は彼がどこでプレーするかを正確に理解している。3月の時点で知っていた。バルセロナでプレーすることをね」 「ここ最近、チームよりも自らの存在がより大きなものであると感じているプレーヤーたちがいる。我々は今後に向けてグループのためにプレーできるプレーヤーでスカッドを構築していく必要があるだろう」 なお、7月1日に契約解除金が2億ユーロ(約245億6000万円)から1億2000万ユーロ(約147億4000万円)に減額される予定となっているグリーズマン。加入時期はそのタイミングになりそうだ。 2019.06.13 04:54 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース