鳥栖、元日本代表FW豊田陽平と契約更新! 昨季はプロ1年目以来リーグ戦無得点2019.01.11 17:40 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
サガン鳥栖は11日、元日本代表FW豊田陽平(33)の契約更新を発表した。2010年に京都サンガF.C.からサガン鳥栖に期限付き移籍で加入し、2年間のプレーを経て完全移籍を果たした豊田。2018年には蔚山現代に期限付き移籍で加入したが、同年6月に復帰していた。同シーズンは明治安田生命J1リーグ8試合のみの出場にとどまり、プロ入り1年目以来のリーグ戦無得点に終わった。

新シーズンも鳥栖でプレーすることが決定した豊田は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「一緒に戦った功労選手に敬意を。これから共に戦う選手に歓声を」
コメント
関連ニュース
thumb

興梠の後半AT弾で鳥栖に逆転勝利の浦和が6試合ぶり白星!《J1》

明治安田生命J1リーグ第15節、浦和レッズvsサガン鳥栖が15日に行われ、2-1で浦和が勝利した。 なかなか調子の上がらない10位の浦和(勝ち点18)。5月は無残にも4連敗。前節は後半アディショナルタイムのゴールで川崎フロンターレからなんとか勝ち点を持ち帰ったものの、5試合勝利から遠ざかっている。是が非でも白星を取り戻したい今節のスタメンは、川崎F戦から一人変更。マルティノスに代わってアンドリュー・ナバウトが起用された。 17位に沈む鳥栖(勝ち点13)は一時ゴール欠乏症に陥ったが、第11節からは3連勝で立て直しつつある。だが、前節は無得点で敗戦。再びズルズルいかないためにも負けられない今節は、前節からスタメンを3人変更して臨んだ。 ホームの浦和主導で進む序盤。中央突破を試みる浦和は7分、ボックス手前のスペースでボールを受けたアンドリュー・ナバウトから興梠へスルーパス。急ブレーキで相手を振り切りシュートに繋げたが、GK高丘に防がれた。 対する鳥栖は11分、自陣からのカウンターで安庸佑が右サイドを突破。マイナスの折り返しをダイレクトで狙った小野のシュートは当たりそこなったものの、その先にいた福田がボックス左からシュート。しかし、GK西川のファインセーブに遭う。 互角の攻防を見せる両者。試合が動いたのは18分のことだった。敵陣左サイドで細かくパスを繋いだ鳥栖は、福田がボックスの左外からクロスを送る。これに安庸佑がすべり込みながら合わせてネットを揺らした。 だが、浦和も黙ってはいない。失点から攻勢を強めて迎えた31分、右サイドでボールを持った岩武がボックス手前からゴール前に斜めにパスを入れると、ニアで武藤がスルー。その先の宇賀神がボックス左からダイレクトで抑えの利いたシュートを流し込んで、同点に追いついた。 1-1で迎えた後半、浦和は51分にアンドリュー・ナバウトを下げて長澤を投入。だが56分にその長澤のボールロストからピンチに。鳥栖はピッチ中央付近でボールを奪い素早く縦パスを供給。ボックス右に抜け出した安庸佑が鋭い切り返しで相手を振り切り、左足で流し込みにかかったが、寸前のシュートブロックに入られ勝ち越しとはならなかった。 67分に鳥栖は趙東建を下げてフェルナンド・トーレスをピッチへ。投入直後、トーレスを囮に金崎がヘディングシュートを放ったがGK西川の正面。 その後は互いにチャンスは作れないまま迎えた後半アディショナルタイム、浦和は途中出場のマルティノスが左サイドを突破。右足アウトサイドでクロスを入れると、ボールはゴール前でワンバウンド。これにうまく対応した興梠が落ち際を流し込んで、土壇場で逆転に成功した。 そしてドラマティックな展開となった試合はここで終了。浦和が6試合ぶりの勝利の手にした。一方の鳥栖はこれで2連敗となった。 2019.06.15 21:21 Sat
twitterfacebook
thumb

鳥栖、“逆輸入”の伊藤遼哉と契約解除…「1年半、本当にお世話になりました」

サガン鳥栖は9日、MF伊藤遼哉(21)の退団を発表した。両者は双方合意のもと契約解除に至ったという。 東京都出身の伊藤はFCチューリッヒ(スイス)やグラスホッパー(同)、バイエルン(ドイツ)、シャルケ(同)、デュッセルドルフ(同)の下部組織を渡り歩き、2018年に鳥栖入り。逆輸入選手として注目を集めたが、JリーグYBCルヴァンカップ1試合の出場にとどまり、今シーズンもここまで出番がなかった。退団決定を受け、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「ラブには若手で未熟な僕を受け入れてくれて、良くしていただいて本当に感謝しています。このチームの一員として過ごした1年半はとても楽しく沢山のことを学ばせていただき、サッカー選手としてはもちろん、人間としてもすごく成長できたと思っています」 「サポーターの皆さんは、試合に出ていない状況にも関わらず、最後まで応援してくださりとても励みになりました。本当にありがとうございました」 「この決断は簡単ではありませんでしたが、もう一度、海外に挑戦して、結果で恩返ししたいと思っていますので、鳥栖で学んだこと、得たものを今後につなげられるようにこれからも精一杯頑張っていきたいと思います」 「鳥栖には素晴らしい選手がたくさんいます。ここからさらに勝ち続け、タイトルを取ることを願っています。選手、サポーター、スタッフ、サガン鳥栖を支える全ての人にとって素晴らしい年になりますように。1年半、本当にお世話になりました。ありがとうございました」 2019.06.09 15:35 Sun
twitterfacebook
thumb

U-22日本代表MF松岡大起が鳥栖史上初! 現役高校生でのトップ昇格決定

サガン鳥栖は5日、U-22日本代表MF松岡大起(18)のトップチーム昇格を発表した。 鳥栖下部組織で育った松岡は、昨年から2種登録選手としてトップチーム入りすると、同年6月の天皇杯でトップチームデビュー。今年3月2日の明治安田生命J1リーグ第2節のヴィッセル神戸戦でJリーグデビューを果たした。その今シーズンはここまでJ1リーグ11試合、ルヴァンカップ4試合に出場。現在、U-22日本代表の一員として第47回トゥーロン国際大会に参戦している。クラブ史上初となる現役高校生でのトップチーム昇格決定を受け、次のようにコメントした。 「この度、トップチームに昇格することができ、大変嬉しく思います。常日頃から支えてくれる両親をはじめ、監督、コーチ、スタッフ、サポーターのみなさん、自分の成長に関わって頂いた全ての方々への感謝の気持ちを忘れず、プレーで体現できるように日々全力で頑張ります! またここからがスタートです。1日1日を大切にし成長できるように努力していきます! 応援よろしくお願いします!」 鳥栖は現在、J1リーグ4勝1分け9敗の17位。15日に行われる次節、10位に位置する浦和レッズとのアウェイ戦に臨む。 2019.06.05 12:15 Wed
twitterfacebook
thumb

B・メンデスの2戦連発でC大阪が今季2度目の連勝! 鳥栖は金明輝体制初黒星…《J1》

明治安田生命J1リーグ第14節のサガン鳥栖vsセレッソ大阪が1日に駅前不動産スタジアムで行われ、1-0でC大阪が勝利した。 ここまで4勝1分け8敗で14位につける鳥栖(勝ち点13)と、5勝2分け6敗で9位に位置するC大阪(勝ち点17)。前節の鹿島アントラーズ戦を1-0で勝利し、金明輝監督体制移行後、リーグ戦3連勝を飾った鳥栖は、その一戦から先発メンバーを1人のみ変更した。トゥーロン国際大会に出場するU-22日本代表に招集されている松岡に代えて、安在を起用した。 対して、前節のFC東京戦を1-0で勝利して、首位を独走していた相手についに初黒星を食らわせ、大阪ダービー敗戦のショックを払しょくしたC大阪は、FC東京戦と同様のメンバーを先発のピッチに送り出した。藤田は古巣戦となった。 4連勝を目指す鳥栖と、今シーズン2度目の連勝を目指すC大阪。試合はまずC大阪は7分、カウンターから左サイドでパスを受けた清武がボックス左手前からクロス。ファーサイドで水沼が頭で合わせたが、これは枠を捉えきれない。 対する鳥栖は14分、ボックス右外でキープした金崎の落としを安在がダイレクトでクロス。最後は中央の豊田がヘディングシュートを放つも、ミートしきれず、GKキム・ジンヒョンに処理された。 その後は両者、ロングボールを用いて攻撃を仕掛ける展開に。前半終盤にかけては鳥栖がやや押し込む時間帯が続く。しかし、迎えた39分、C大阪がワンチャンスをモノにする。カウンターから清武が持ち上がると、ボックス左にスルーパスを供給。ここに走り込んだ丸橋がGK高丘とDFの間に絶妙なグラウンダーのパスを送り、最後はブルーノ・メンデスが仕留めた。 ブルーノ・メンデスの2試合連続ゴールで先制点を奪ったC大阪は、直後にも水沼がボックス手前から強烈なミドルシュートを放つなど、ペースを引き寄せて試合を折り返した。 後半に入ると、激しい攻防が繰り広げられる。C大阪は52分、左サイドでボールを持った丸橋がボックス手前中央に鋭いパスを送る。これを清武がフリックで水沼に預けてボックス内に侵攻し、リターンパスを蹴り込んでゴールネットを揺らした。しかし、これは清武のオフサイドと判定され、追加点とはならない。 対する鳥栖も54分、左サイドから三丸がアーリークロス。ニアサイドで原川が潰れて、最後は金崎がボックス中央からボレーシュートを放つが、枠を捉えることができない。さらに67分には左サイドからのクロスをファーサイドの金崎が胸トラップから体勢を崩しながらも左足シュート。しかし、左ポストに嫌われてしまう。 追いつきたい鳥栖は82分、小林に代えて原を投入。すると直後、右サイドから原がロングスローでボールをボックス内へ送る。これがボックス中央やや右の金崎に渡り、右足を振り抜くも、ミートしきれず。GKキム・ジンヒョンに正面でキャッチされた。 その後も鳥栖は最後まで攻勢を続け、ゴール前に迫ったが、同点ゴールは生まれず。1-0で勝利したC大阪が今シーズン2度目の連勝を飾った。一方の鳥栖は、連勝が「3」でストップし、金明輝監督体制初の黒星となった。 2019.06.01 17:59 Sat
twitterfacebook
thumb

豊田が劇的ゴール! 鹿島撃破の鳥栖、リーグ3連勝で暫定12位浮上!《J1》

明治安田生命J1リーグ第13節のサガン鳥栖vs鹿島アントラーズが26日に駅前不動産スタジアムで行われ、1-0で鳥栖が勝利した。 ここまで3勝1分け8敗で最下位に沈むサガン鳥栖(勝ち点10)と、7勝2分け3敗で5位につける鹿島(勝ち点23)が激突した。前節のサンフレッチェ広島戦を1-0で勝利し、金明輝監督就任後、リーグ戦連勝を飾った鳥栖は、広島戦から先発メンバーを1人のみ変更。趙東建に代えて古巣対決となる金崎を起用した。同じく古巣戦のチョン・スンヒョンも先発に名を連ねている。コパ・アメリカに臨む日本代表メンバーに選出された原は、ベンチスタートとなった。 一方の鹿島は、前節の松本山雅FC戦を5-0で大勝し、リーグ戦3連勝。22日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループE第6節の山東魯能戦も2-1で勝利し、グループステージ突破を決めたことでチームの雰囲気も良好だ。その鹿島は鳥栖戦に向けて前節から先発メンバーを1人変更。永木に代えて山本を起用した。また、コパ・アメリカに臨む日本代表メンバーに選出された安部は、ベンチ入りを果たした。 好調同士の一戦。試合は立ち上がりから順位で上を行く鹿島がジワジワと鳥栖を押し込む。一方の鳥栖はカウンターで応戦。10分過ぎには、元同僚の金崎と安西が激しくマッチアップする場面も見られた。 そんな中、ホームの鳥栖は16分、敵陣中央左でFKを獲得すると、キッカーの原川がボックス左にふわりとボールを浮かせる。いち早く混線地帯を抜け出した金崎が身体を捻りながら左足で合わせるも、左サイドネットに嫌われてしまう。対する鹿島は20分、安西がボックス左手前に持ち込み、右足でシュートを放つが、相手DFに当たってゴール右外に外れた。 鳥栖のプレスに苦戦し、思うように決定機を作れない鹿島だが、24分にセットプレーからチャンス。ボックス右手前でFKを獲得すると、セルジーニョが左足でグラウンダーのシュートを放つ。これがジャンプした壁の下を抜けて、GK高丘の意表を突くも、ボールはわずかにゴール右外へ外れた。 その後は両者譲らす、決定機が訪れないまま終盤に。鳥栖は41分、三丸のクロスをボックス内で胸トラップした松岡が落とし、最後はイサック・クエンカがボレーを放つも、枠を捉えることができず。ゴールレスで試合を折り返した。 後半に入ると、前半終盤にチャンスを作った鳥栖がそのままペースを握る。56分にはボックス手前から金崎がミドルシュート。しかし、ここはGKクォン・スンテの守備範囲に飛んでしまう。さらに57分には原川の右CKが高橋秀人がヘディング。ゴール前左で収めたイサック・クエンカがそのまま右足を振り抜くも、相手DFにブロックされてしまう。 嫌な空気が漂う鹿島は58分、白崎に代えて日本代表に初選出された安部を投入。しかし、鹿島は依然として効果的な攻撃を創出することができない。一方の鳥栖もボックス手前まで侵攻するものの、シュートまで結びつけることができず、ゴールレスのまま試合は終盤を迎える。 ここまで思うように攻め込むことができない鹿島は85分、土居のパスを左サイドで受けた安部がボックス左手前に切れ込み、右足でシュート。これがゴール右を捉えたが、GK高丘にパンチングで阻まれる。 その後、鳥栖は松岡に代えて小野、鹿島は土居に代えて金森を投入してゴールを奪いにかかる。するとチャンスを作ったのは鹿島。90分、左サイドでボールを持った安部がドリブルを開始し、ボックス左外まで持ち込んでグラウンダーのクロスを送る。ニアサイドに走りこんだ金森が左足を合わせるも、ゴール左外に外れた。 このまま試合終了かに思われた後半アディショナルタイム4分、ホームの鳥栖が土壇場で決勝ゴールを挙げる。敵陣中央やや左まで持ち込んだ高橋義希がボックス左にスルーパス。ここに走り込んだ小野がダイレクトで中央に折り返し、最後は豊田がゴール右へ流し込んだ。 このゴールが決勝点となり、1-0で勝利した鳥栖がリーグ戦3連勝を飾り、暫定ながら順位を12位まで上げた。一方の鹿島は連勝が「3」でストップしている。 2019.05.26 16:10 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース