ユナイテッド、モウリーニョ解任条件はCL出場逸? 後任候補筆頭はポチェッティーノか2018.12.07 20:24 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドが、トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督(46)を引き抜くことを画策しているようだ。イギリス『サン』の情報を引用して、イギリス『talkSPORT』が伝えた。

▽ジョゼ・モウリーニョ監督政権3年目に突入し、開幕直後の連敗や直近のプレミアリーグ4試合勝ち無しなど、苦戦が続くユナイテッド。その影響もあり、プレミアリーグ第15節終了時で6勝5分け4敗の8位に低迷しており、首位マンチェスター・シティと勝ち点は「18」も離れている。また、モウリーニョ監督は、フランス代表MFポール・ポグバとのピッチ内外での関係悪化が騒がれており、多くの問題を抱えている状況だ。

▽そのため、モウリーニョ監督解任の意向が報じられているユナイテッドだが、解任時の違約金が高額なため踏み切ることはできていない。しかし、『サン』によると、同監督の契約にはある条項が存在。それは「チャンピオンズリーグ(CL)を逃した場合に契約を解除できる」というものだ。

▽なお、チャンピオンズリーグ(CL)の出場権を逃した場合、ユナイテッドはポチェッティーノ監督の招へいに動くようだ。ユナイテッド首脳陣は、来夏の同監督引き抜きに4000万ポンド(約57憶5000万円)を払う方向で合致したという。

▽しかし、ポチェッティーノ監督は今年5月に2023年までの契約延長をしたばかりだ。また、モウリーニョ監督がユナイテッド指揮官に就任する前にもオファーがあったが、拒否していたようだ。

▽さらに、ポチェッティーノ監督に対してはレアル・マドリーも関心を寄せていることが報じられている。そのため、来夏にはユナイテッドかマドリーのいずれかを選ぶこともできるだろうと推測されている。
コメント
関連ニュース
thumb

スパーズ、ベンフィカの20歳新星FWジョタ獲得に動く

トッテナムがベンフィカに所属するU-21ポルトガル代表FWジョタ(20)の獲得に動いているようだ。ポルトガル『record』が伝えている。 “ジョタ”の愛称で知られるジョアン・フィリペは、ベンフィカの下部組織出身の右利きのウインガー。ポルトガル代表FWリカルド・クアレスマや利き足は異なるものの、ベンフィカ時代のポルトガル代表MFベルナルド・シウバを想起させるトリッキーなドリブルや創造性溢れるパス、シュートセンスを誇る新進気鋭のアタッカーだ。 今季トップチームでは公式戦6試合の出場に留まっているが、ポルトガルの年代別代表ではU-17欧州選手権、U-19欧州選手権で同国の優勝に貢献し、ベンフィカBでは主力を担う大器だ。 トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、バイエルンも獲得を狙っていると言われるジョタを高く評価しており、来シーズンの攻撃オプションの1つと考えているようだ。 なお、ジョタは1億ユーロ(約123億円)超えの評価額となっているポルトガル代表FWジョアン・フェリックス(19)と異なり、契約解除金はお手頃な3000万ユーロ(約37億円)に設定されている。 2019.05.22 17:00 Wed
twitterfacebook
thumb

スパーズ、エリクセン流出ならセバージョスを指名か

トッテナムが、レアル・マドリーに所属するスペイン代表MFダニ・セバージョス(22)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『アス』が報じている。 デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン(27)の契約延長が難航しているトッテナム。同選手はレアル・マドリー移籍が盛んに取り沙汰されており、一部メディアでは個人合意したとも報じられていた。 そして『アス』によれば、トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、エリクセンが流出した場合の後釜としてセバージョスに関心を寄せているという。アルゼンチン人指揮官は以前からスペイン代表MFに興味を示しており、チームの中心に据えたいと考えているようだ。 そのセバージョスは今年3月に復任したジネディーヌ・ジダン監督のもとで構想外になっている。事実ジダン体制では3試合しか出場しておらず、出場機会を求める同選手の今夏の退団は有力視されている。 2019.05.22 14:44 Wed
twitterfacebook
thumb

ヘンダーソン、14季ぶりの欧州王者へ激戦覚悟「全員スパーズがどれだけ優れたチームかを知っている」

リバプールに所属するイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンが、トッテナム戦への意気込みを語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 チャンピオンズリーグ(CL)準決勝でバルセロナ相手に奇跡の逆転劇を見せ、2シーズン連続で決勝進出を決めたリバプール。6月1日に行われる決勝では、14シーズンぶりの優勝を目指してトッテナムと対戦する。 キャプテンを務めるヘンダーソンは、「全員がスパーズがどれだけ優れたチームかを知っている」と厳しい決勝戦になることを覚悟している。 「(決勝戦が)全てだ。クラブ、ファン、関わる全ての人たちにとって、そしてなにより選手たちにとってね」 「シーズンが始まった当初は、多くの人々がこのようなことになるなんて想像していなかったんじゃないかな。特に昨シーズンの終盤は、難しい終わり方をしたからね」 「全員がスパーズがどれだけ優れたチームかを知っている。本当にタフな決勝戦になるだろうね。僕らは万全の準備をしなくてはならない」 2019.05.22 13:00 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプールに朗報! 今季スパーズ相手に2発のフィルミノがCL決勝に向け練習復帰!

リバプールに所属するブラジル代表FWロベルト・フィルミノが、トレーニングに復帰した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 チャンピオンズリーグ(CL)準決勝でバルセロナ相手に奇跡の逆転劇を見せ、2シーズン連続で決勝進出を決めたリバプール。6月1日に行われる決勝では、14シーズンぶりの優勝を目指してトッテナムと対戦する。 その大一番に向けて、リバプールに朗報が舞い込んだ。そ径部に問題を抱え、プレミアリーグ第37節のニューカッスル戦(今月4日)、CL準決勝2ndレグのバルセロナ戦(7日)、プレミアリーグ第38節のウォルバーハンプトン戦(12日)に欠場していたフィルミノがメディカルスタッフとのリカバーを経て、21日のトレーニングで全体練習に復帰した。 フィルミノは今シーズン、公式戦で16ゴール8アシストを記録。プレミアリーグではトッテナム相手に2ゴールを決め、良いイメージを持っている。果たしてフィルミノは、最後の一戦でピッチに立ち、チームをヨーロッパNo.1の座に導くことができるか。 2019.05.22 09:40 Wed
twitterfacebook
thumb

今季プレミア最優秀ゴールはタウンゼントがシティ相手に決めたスーパーボレー!

21日、2018-19シーズンのプレミアリーグ最優秀ゴールが発表され、クリスタル・パレスの元イングランド代表MFアンドロス・タウンゼントが昨年12月22日の第18節、マンチェスター・シティ戦で決めたスーパーボレー弾が選出された。 イギリスのビール製造会社『カーリング・ブルワリー』の協賛するカーリング・プレミアリーグ・ゴール・オブ・ザ・アワード。 月間最優秀選手&監督賞と共に毎月発表されていた月間最優秀ゴールには、トッテナムFWソン・フンミンがチェルシー戦で決めた敵陣を切り裂くロングドリブルでのゴール(2018年11月)、チェルシーMFエデン・アザールがウェストハム戦で決めた5人抜きの衝撃ドリブル弾(2019年4月)、マンチェスター・シティDFヴァンサン・コンパニがレスター・シティ戦で決めたスーパーミドル弾(2019年5月)など、10個のゴールが選出されていた。 その10個のノミネートゴールからファン投票によって最終的に選出されたのが、タウンゼントのスーパーボレー弾だった。 敵地エティハド・スタジアムに乗り込んだタウンゼントは、1-1のスコアで迎えた前半の35分、セットプレーの流れからペナルティアーク手前で相手MFベルナルド・シウバのヘディングクリアに反応すると、これを左足ダイレクトボレーで合わす。すると、抑えの利いた高速シュートがゴール右上隅を射抜き、名手エデルソンもお手上げのスーパーゴールとなった。 そして、敵地でシティを3-2で破る上で大きなターニングポイントとなったこのスーパーゴールに関して敵将ジョゼップ・グアルディオラ監督は、「信じられないようなゴール」と思わず脱帽した。 また、これまでも幾つかのスーパーゴールを決めてきたタウンゼントも「僕のキャリアにおいてベストなゴールだろうね」と自画自賛していた。 なお、2018-19シーズンのプレミアリーグ最優秀ゴール候補は以下の通り。 ◆文句なしの最優秀ゴール! https://twitter.com/carling/status/1130790435943792641 ◆ゴラッソの競演! https://twitter.com/carling/status/1128691750749470720 2018年8月 ジャン・ミシェル・セリ(フルアムvsバーンリー) 2018年9月 ダニエル・スタリッジ(チェルシーvsリバプール) 2018年10月 アーロン・ラムジー(フルアムvsアーセナル) 2018年11月 ソン・フンミン(トッテナムvsチェルシー) 2018年12月 アンドロス・タウンゼント(マン・シティvsC・パレス) 2019年1月 アンドレ・シュールレ(バーンリーvsフルアム) 2019年2月 ファビアン・シェア(ニューカッスルvsバーンリー) 2019年3月 アントニー・ノッカール(C・パレスvsブライトン) 2019年4月 エデン・アザール(チェルシーvsウェストハム) 2019年5月 ヴァンサン・コンパニ(マン・シティvsレスター) 2019.05.21 21:35 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース