ユナイテッドが2度のビハインドを追いつきドロー、勝ち切れなかったアーセナルは20戦無敗《プレミアリーグ》2018.12.06 07:05 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第15節、マンチェスター・ユナイテッドvsアーセナルが5日に行われ、2-2で引き分けた。▽4日前に行われた前節サウサンプトン戦を2点のビハインドを追いついて引き分けたものの、引き続きモウリーニョ監督の首が危うい8位ユナイテッド(勝ち点22)は、サウサンプトン戦のスタメンから7選手を変更。ポグバやルカクがベンチスタートとなってラッシュフォードやマティッチ、エレーラ、GKデ・ヘアが引き続き先発となった。

▽一方、前節トッテナムとのノース・ロンドン・ダービーを4-2で快勝した4位アーセナル(勝ち点30)は、トッテナム戦のスタメンから2選手を変更。ムヒタリアンと出場停止のジャカに代えてラムジーとグエンドウジを起用した。

▽共に[3-4-3]で臨んだ一戦。慎重な入りを見せたアーセナルに対し、5分にラッシュフォードがミドルシュートでオンターゲットを記録したユナイテッドが能動的に試合を進めていく。

▽ユナイテッドがボールを保持する静かな展開で推移していた中、徐々にダロットとバイリーの組むサイドをコラシナツが突いて揺さぶるアーセナルは、26分に先制した。左CKからスモーリングとの競り合いを制したムスタフィが強烈なヘディングシュートを叩きつけると、GKデ・ヘアが弾ききれない。そして、後方に逸れたボールをゴールライン上のエレーラがクリアしたかに思われたが、ゴールラインテクノロジーによって得点が認められた。

▽しかし30分、ユナイテッドがすかさず追いつく。枠の右を捉えたロホの直接FKはGKレノに弾かれるもルーズボールをボックス右ゴールライン際のエレーラが折り返し、マルシャルが押し込んだ。

▽失点したアーセナルは左足を負傷してプレー続行不可能となったホールディングが36分、リヒトシュタイナーとの交代を強いられる。リヒトシュタイナーは3バックの右に入り、ムスタフィが中央に、パパスタソプーロスが左に移った。

▽ハーフタイムにかけてはイエローカードが飛び交う荒い展開となるも、スコアは動かず1-1で前半を終えた。

▽後半から足を負傷した影響でラムジーに代わり、ムヒタリアンを投入したアーセナルに対し、後半もユナイテッドがボールを持つスタートとなると、59分にロホがミドルシュートでGKレノを襲う。

▽その後、足を痛めたマルシャルがプレー続行不可能となり、64分にルカクを投入したユナイテッドに対し、アーセナルはイウォビに代えてラカゼットを投入。3枚の交代枠を使い切って勝負に出た。

▽すると68分、ロホのミスパスをカットした流れからショートカウンターに転じたアーセナルは、ムヒタリアンのラストパスを受けたラカゼットがGKとの一対一を制し、勝ち越しに成功する。

▽だが、再びユナイテッドがすかさず追いついて見せる。ロホがロングフィードを送った流れからルカクが潰れると、コラシナツがクリアしきれず、ルーズボールをリンガードが押し込んだ。

▽失点後、アーセナルはオーバメヤンが2度決定的なシュートを浴びせるも、いずれもGKデ・ヘアが汚名返上とばかりにファインセーブで阻止する。

▽終盤にかけてはオープンな展開が続いた中、90分にアーセナルにビッグチャンス。バイリーのクリアが小さくなったところをカットしてゴール前になだれ込むと、最後はトレイラがシュート。しかし、GKデ・ヘアにセーブされた。

▽結局、試合は譲らず2-2のドロー。2度のリードを生かせなかったアーセナルだったが、20戦無敗としている。
コメント
関連ニュース
thumb

ロイ・キーン糾弾…「ポグバの言葉は空っぽ」

マンチェスター・ユナイテッドOBのロイ・キーン氏がフランス代表MFポール・ポグバを糾弾した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 2016年夏にユベントスから復帰したポグバ。昨年末からユナイテッドの指揮を執るオーレ・グンナー・スールシャール監督の再建を語る上で欠かせない選手の1人だ。しかし、シーズンが佳境に差し掛かるに連れて、熱を帯びるレアル・マドリー移籍報道もあってか、パフォーマンスは失速傾向にある。 そのポグバは21日に敵地で0-4の大敗を喫したプレミアリーグ第35節のエバートン戦後、「このユニフォームのために走り、汗をかいて、全力を尽くさなければ」と語り、チームの支柱的存在として声を大に。だが、現役時代にユナイテッドの中盤に君臨した“闘犬”ロイ・キーン氏は不満をぶちまけた。 「彼の言葉は空っぽ。彼自身もその言葉を信じちゃいない。彼は良いチームメイトであろうと話す。そうなりたいのなら、戻って守備も頑張らないとね」 「(0-4で敗れた前節の)エバートン戦で感情的になったと話したが、私が聞いた限り、彼らは試合後、ヘアジェルを投げ合って遊びほうけたみたいだよ。それが熱くなった原因じゃないかな」 「あの男には才能がある。だが、戻らない彼の姿を何度も見た。彼はボディランゲージも口にしたが、両手を挙げているだけ。ユナイテッドにとって、彼は大きな問題だ」 なお、ユナイテッドは24日にホームで行われたプレミアリーグ第31節延期分のマンチェスター・シティとのダービーマッチでも0-2の黒星を喫して、直近の公式戦9試合で7敗目。ポグバはユナイテッドをチャンピンズリーグ(CL)出場権かかるトップ4に食い込ませることはできるのだろうか。 2019.04.26 09:45 Fri
twitterfacebook
thumb

バルサ、ユナイテッドの未来を143億円で襲う?

バルセロナがマンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード(21)の獲得に自信を深めているという。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 昨年末にオーレ・グンナー・スールシャール監督が到着して以来、ストライカーとしての才能に磨きがかかるラッシュフォード。1年の延長オプションを除けば2020年に現行契約が失効する状況だ。 そのラッシュフォードとユナイテッドは現在、延長交渉中。ユナイテッドは週給30万ポンド(約4300万円)+2024年までの新契約で引き留めを狙っているが、チーム状況が良くないこともあり、進展がない。 バルセロナはその状況を有効活用して、ユナイテッドの未来を強襲する計画を企てている模様。今夏の移籍市場で移籍金1億ポンド(約143億8000万円)で引き抜きを試みることを画策しているとのことだ。 2019.04.26 09:00 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナル、バイリーを注視か

マンチェスター・ユナイテッドに所属するコートジボワール代表DFエリック・バイリー(25)に対して、アーセナルの視線が注がれているという。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 2016年夏にビジャレアルから加入したバイリー。持ち前のスピードを武器に加入初年度から一定の存在感を示しているが、もう1つの魅力である身体能力が仇となり、不安定さも否めず、ケガがちなフィットネスも拍車をかけ、今シーズンは出番が激減している。 そのバイリーを巡り、かつてリーガエスパニューラの敵クラブを率いたアーセナルのウナイ・エメリ監督が補強ポイントに挙がるセンターバックの新戦力として注視。より安価な額での獲得を狙っている模様だ。 2019.04.26 08:45 Fri
twitterfacebook
thumb

高過ぎるサンチェス、インテルが条件次第で引取か

マンチェスター・ユナイテッドに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェス(30)を巡り、インテルが興味を示しているという。イギリス『インデペンデント』が報じた。 2018年1月、アーセナルから移籍したサンチェス。シンボルナンバーの背番号「7」が授けられるど大きな期待を寄せられての加入だった。だが、加入2年目の今シーズンも低調。先の途中出場したプレミアリーグ第31節延期分のマンチェスター・ダービーで12分間のプレータイムが与えられながらわずか1回のボールタッチ数で再び悪目立ちするなど、復調の兆しがない。 そうした状況もあり、サンチェスを巡っては以前からユナイテッドが売却に動く可能性が取り沙汰されてきたが、ボーナス込みで週給50万ポンド(約7100万円)の高給がネックとなり、引き取り手が見つからず…。かつて興味が囁かれ続けたパリ・サンジェルマン(PSG)も当時ほどの熱を失っており、現時点でインテルが唯一獲得に関心を示しているクラブとのことだ。 ただ、インテルもサンチェスの獲得に察して、高額給与が障壁に。新天地でも現在の給与レベルを保ちたがっているサンチェスだが、大幅なサラリーカットを受け入れることがインテル移籍の鍵になるとみられる。 2019.04.26 08:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ルカク「いつかセリエAでプレーすることが夢」

マンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表FWロメル・ルカク(25)が、将来的なセリエA移籍を示唆している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 2017年夏にエバートンから7500万ポンド(約100億円)で加入したルカクは、ここまで公式戦95試合で42ゴールを記録。だが、出場した直近7試合では無得点となっている。 ユナイテッド加入後、明らかに本調子でないルカクに関して、代理人は最近移籍を考慮し始めているという。さらにルカク本人が将来的なセリエA移籍を示唆するコメントを残した。 「いずれはそうなることを望んでいる。今はユナイテッドに集中しているけどね」 2019.04.25 22:18 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース