ユナイテッドが2度のビハインドを追いつきドロー、勝ち切れなかったアーセナルは20戦無敗《プレミアリーグ》2018.12.06 07:05 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第15節、マンチェスター・ユナイテッドvsアーセナルが5日に行われ、2-2で引き分けた。▽4日前に行われた前節サウサンプトン戦を2点のビハインドを追いついて引き分けたものの、引き続きモウリーニョ監督の首が危うい8位ユナイテッド(勝ち点22)は、サウサンプトン戦のスタメンから7選手を変更。ポグバやルカクがベンチスタートとなってラッシュフォードやマティッチ、エレーラ、GKデ・ヘアが引き続き先発となった。

▽一方、前節トッテナムとのノース・ロンドン・ダービーを4-2で快勝した4位アーセナル(勝ち点30)は、トッテナム戦のスタメンから2選手を変更。ムヒタリアンと出場停止のジャカに代えてラムジーとグエンドウジを起用した。

▽共に[3-4-3]で臨んだ一戦。慎重な入りを見せたアーセナルに対し、5分にラッシュフォードがミドルシュートでオンターゲットを記録したユナイテッドが能動的に試合を進めていく。

▽ユナイテッドがボールを保持する静かな展開で推移していた中、徐々にダロットとバイリーの組むサイドをコラシナツが突いて揺さぶるアーセナルは、26分に先制した。左CKからスモーリングとの競り合いを制したムスタフィが強烈なヘディングシュートを叩きつけると、GKデ・ヘアが弾ききれない。そして、後方に逸れたボールをゴールライン上のエレーラがクリアしたかに思われたが、ゴールラインテクノロジーによって得点が認められた。

▽しかし30分、ユナイテッドがすかさず追いつく。枠の右を捉えたロホの直接FKはGKレノに弾かれるもルーズボールをボックス右ゴールライン際のエレーラが折り返し、マルシャルが押し込んだ。

▽失点したアーセナルは左足を負傷してプレー続行不可能となったホールディングが36分、リヒトシュタイナーとの交代を強いられる。リヒトシュタイナーは3バックの右に入り、ムスタフィが中央に、パパスタソプーロスが左に移った。

▽ハーフタイムにかけてはイエローカードが飛び交う荒い展開となるも、スコアは動かず1-1で前半を終えた。

▽後半から足を負傷した影響でラムジーに代わり、ムヒタリアンを投入したアーセナルに対し、後半もユナイテッドがボールを持つスタートとなると、59分にロホがミドルシュートでGKレノを襲う。

▽その後、足を痛めたマルシャルがプレー続行不可能となり、64分にルカクを投入したユナイテッドに対し、アーセナルはイウォビに代えてラカゼットを投入。3枚の交代枠を使い切って勝負に出た。

▽すると68分、ロホのミスパスをカットした流れからショートカウンターに転じたアーセナルは、ムヒタリアンのラストパスを受けたラカゼットがGKとの一対一を制し、勝ち越しに成功する。

▽だが、再びユナイテッドがすかさず追いついて見せる。ロホがロングフィードを送った流れからルカクが潰れると、コラシナツがクリアしきれず、ルーズボールをリンガードが押し込んだ。

▽失点後、アーセナルはオーバメヤンが2度決定的なシュートを浴びせるも、いずれもGKデ・ヘアが汚名返上とばかりにファインセーブで阻止する。

▽終盤にかけてはオープンな展開が続いた中、90分にアーセナルにビッグチャンス。バイリーのクリアが小さくなったところをカットしてゴール前になだれ込むと、最後はトレイラがシュート。しかし、GKデ・ヘアにセーブされた。

▽結局、試合は譲らず2-2のドロー。2度のリードを生かせなかったアーセナルだったが、20戦無敗としている。
コメント
関連ニュース
thumb

ユナイテッドがニューカッスルのロングスタッフにオファーか ホームグロウンの若手への関心高まる

マンチェスター・ユナイテッドが、ニューカッスルのイングランド人MFシーン・ロングスタッフ(21)にオファーを出す模様だ。イギリス『テレグラフ』が伝えている。 ニューカッスルの下部組織出身のロングスタッフはセンターハーフやボランチを本職とする選手。運動量や判断力に長けており、MFネマニャ・マティッチに創造性を加えた選手と言ったところか。 ユナイテッドでは最近、ホームグロウンの若手への関心が伝えられており、ストーク・シティに所属するU-19アイルランド代表DFネイサン・コリンズ(18)や、スウォンジーのウェールズ代表FWダニエル・ジェームズ(21)にも目を光らせているという。 21日付の『テレグラフ』の記事によると、ユナイテッドは48時間以内に正式なオファーを出すとのこと。ロングスタッフは今季、ケガの影響もありトップチームでは公式戦13試合しか出場出来ていなかったが、ユナイテッドのコーチ陣はそれでも首を縦に振ったそう。 ニューカッスルのラファエル・ベニテス監督は放出を望んでいないようだが、21歳の去就に注目が集まっている。 2019.05.22 15:42 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ポグバ慰留に向けてキャプテン指名か

マンチェスター・ユナイテッドは今夏のレアル・マドリー行きが盛んに報じられているフランス代表MFポール・ポグバ(26)の慰留に向けて来季からのキャプテン指名という策を講じる考えのようだ。『ESPN』が伝えている。 今シーズンのプレミアリーグをトップ4圏外の6位でフィニッシュしたユナイテッドは、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃したこともあり、今夏の主力流出の可能性が囁かれている。 守護神であるスペイン代表GKダビド・デ・ヘアと共にその筆頭に挙がるのが、同胞ジネディーヌ・ジダン監督が関心を公言しているポグバだ。現在、ユナイテッドはレアル・マドリーに対して強気な値付けで抵抗を見せているものの、豊富な資金力を持つ白い巨人が本気を出せば、移籍を阻むことは厳しい情勢だ。 その中でオーレ・グンナー・スールシャール監督は、来シーズンからポグバに新キャプテンの座を与えることで、慰留を目指しているようだ。 ユナイテッドではエクアドル代表MFアントニオ・バレンシアがチームキャプテンを担ってきたが、コンディションとパフォーマンスの問題もあって、今季ほとんどの試合ではイングランド代表MFアシュリー・ヤングがゲームキャプテンを務めてきた。 しかし、すでに構想外のバレンシアは今季限りでの退団が決定的となっており、パフォーマンス面で衰えが目立ち始めたヤングに関しては来季のレギュラーポジションが約束されておらず、スールシャール監督は主力の中から新キャプテンを選出することが濃厚だ。 そして、ノルウェー人指揮官はジョゼ・モウリーニョ体制でリーダーとしての資質に失格の烙印を押されたポグバに新キャプテンを任せることで、今夏の移籍問題を残留という方向で幕引きしたい考えのようだ。 2019.05.22 15:42 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、昨夏レアル・マドリー加入寸前だったブラジル代表FWペドロ獲得に動く

マンチェスター・ユナイテッドがフルミネンセに所属するブラジル代表FWペドロ・ギリェルメ(21)の獲得に乗り出しているようだ。ブラジル『Globoesporte』が伝えている。 フルミネンセの下部組織出身のペドロは185cmの恵まれた体躯を武器とするパワフルなセンターフォワードだ。強靭なフィジカルを生かしたドリブル、ポストワークに加え、両足、ヘディングと多彩なフィニッシュワークを誇る逸材は、2018シーズンのブラジル全国選手権の前半戦で19試合10ゴールを挙げる大活躍を披露。 この活躍によってチッチ監督率いるブラジル代表から招集を受け、昨夏にはレアル・マドリーが3000万ユーロ(約37億円)の移籍金で獲得合意まで取り付けたものの、同選手が昨年8月末にヒザの前十字じん帯を断裂する重傷を負ったことで最終的に破談に終わっていた。 その後、7カ月に渡るリハビリ期間を経て今年4月末に戦列復帰を果たしたペドロは、ここまでのブラジル全国選手権4試合で2ゴールを挙げるなど復調を見せている。 『Globoesporte』が伝えるところによれば、そのペドロに関してユナイテッドが強い関心を示しているという。そして、同クラブは2500万~3000万ユーロ(約30億~37億円)のオファーを準備しているようだ。 2019.05.22 14:59 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、イスコに関心か…マドリーは金額次第で放出の可能性

マンチェスター・ユナイテッドがレアル・マドリーに所属するスペイン代表MFイスコ(27)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『メトロ』が報じている。 今シーズンのイスコは、昨年10月末からマドリーで指揮を執ったサンティアゴ・ソラーリ氏の下で出場機会が激減。だが、今年3月にジネディーヌ・ジダン監督が復任以降は全11試合に出場し、健在ぶりをアピールした。 とはいえ、絶対的な主力ではないこの状況にユナイテッドが目を光らせている模様。同クラブは創造性溢れる攻撃的MFの獲得を熱望しており、パリ・サンジェルマンやマンチェスター・シティも狙っていると言われるイスコに照準を合わせているようだ。 ジダン監督はイスコの残留を希望しているが、1億500万ポンド(約147億5000万円)の以上のオファーが届いた場合は放出に踏み切る可能性があるという。ユナイテッドはイスコ争奪戦で優位な立場に立っていると伝えられているが、果たして白い巨人を満足させる大金を用意することができるのだろうか。 2019.05.22 14:42 Wed
twitterfacebook
thumb

アレクシス・サンチェス、母国での映画主演にファンから非難轟々

マンチェスター・ユナイテッドのチリ代表FWアレクシス・サンチェスがインスタグラムで自身が主演する映画が公開することを明らかにしたことで、ファンから批判を受けているようだ。イギリス『サン』が伝えている。 同選手は20日、自身のインスタグラムで『Mi Amigo Alexis(英:My Friends Alexis)』という映画が公開されることを発表した。初の主演作品の公開に、サンチェスは「この映画に参加出来て幸せだ。家族と一緒に見て欲しい」と綴っている。 ところが、これにユナイテッドサポーターからは非難が浴びせられた。『サン』が抜粋したものでは、 「ムービースターが週末にフットボールをしていたってことでいいのかい? 君はこんなくだらないことをする意味をファンのために真剣に考える必要がある。馬鹿げているよ」 「わかった。君はずっとフットボーラーという役を演じていたんだね」 「こんなことをやっていたのか?1 今すぐ給料をクラブに返すんだなペテン師め」 「こいつは休んで映画を撮るためにあんなに金を集めてたのか」 など辛辣なコメントが多数。プレミア最高給取りでありながら乏しい成績しか残せなかったサンチェスが、本業もままならないままに映画俳優をしていたことに、ファンからは溜息交じりの批判コメントが寄せられた。 2019.05.22 14:15 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース