会心の直接FK、どう生まれた? マタが秘話明かす2018.11.09 08:35 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドに所属する元スペイン代表MFフアン・マタが流れを一変させた会心の直接FKを振り返った。イギリス『FourFourTwo』が報じた。▽ユナイテッドは7日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第4節でユベントスと対戦。ホームで敗れた前回対戦の借りを返したいユナイテッドだったが、この一戦も敵地で1点を追う苦しい戦いを強いられた。

▽だが、86分にFKのチャンスからマタの直接弾が生まれ、ユナイテッドが起死回生の同点。その得点で勢いに乗った89分にオウンゴールを誘い、見事な逆転勝利を収めた。

▽ベンチスタートから見事にチームを救ったマタは試合後、逆転劇に繋がった直接FKの場面について次のように語り、舞台裏を明かした。

「FKのチャンスを獲得したとき、僕が蹴らないとダメだと感じた」

「だから、アシュ(アシュリー・ヤング)にこう言った。『僕に蹴らせてくれ。僕なら壁を越せるから』ってね。GKも、あの場面はすごく難しかっただろうね。壁の位置が近くて、あまり視野を確保できなかったはずさ」

「たくさんの練習で繰り返してきたことを試した、同点に追いつくことは何より重要だった。そして、逆転勝利だ。場所や、ゲームの重要性を考えると、僕のキャリアを通じてもベストゴールの1つだよ」
コメント
関連ニュース
thumb

スールシャール、今夏の入れ替えを明言!

マンチェスター・ユナイテッドを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督が、今夏の移籍市場に向けてヒントとなるコメントを残した。イギリス『BBC』が伝えている。 今夏の移籍市場で大型補強が予想されるユナイテッド。これまでにドルトムントのイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(19)やナポリのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(27)への関心が伝えられてきた。 そうした中で、スールシャール監督は今夏の補強について数名の入れ替えがあることを明言した。 「選手を知る必要がある。大規模な変化について今は話すときではない」 「ここにいる多くの選手たちからマンチェスター・ユナイテッドのDNAを感じることが出来る。でも我々は新たな選手を獲得する必要がある。そのために出ていかなければならない選手もいるだろう」 2019.04.24 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

【プレミア注目プレビュー】優勝&トップ4争い左右する今季2度目の“マンチェスター・ダービー”!

プレミアリーグ第31節延期分、マンチェスター・ユナイテッドvsマンチェスター・シティによる“マンチェスター・ダービー”が日本時間24日28:00にオールド・トラフォードでキックオフされる。トップ4フィニッシュに向けて崖っぷちに立つ6位ユナイテッド(勝ち点64)と、10連勝で連覇に向けて邁進する2位シティ(勝ち点86)による、今季2度目のダービーマッチだ。 昨年12月のスールシャール暫定監督就任以降、公式戦14勝3敗2分けとV字回復を見せたユナイテッドだったが、同監督の正指揮官就任以降の6試合は2勝4敗と長らく続いた“解任ブースト”は完全にストップ。本来のパフォーマンス通りの戦績に落ち着いた印象だ。それでも、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのバルセロナ戦(0-3)、リーグ前節のエバートン戦(0-4)の酷いパフォーマンスは許容できるものではなく、早くもノルウェー人指揮官更迭の可能性も噂される。 失態続きの今季も残すところ4試合だが、挽回のチャンスはわずかながら残されている。前節、エバートンに大敗もトップ4争いのライバル3チームがいずれも勝ち点を取りこぼしており、残り全試合で全勝できれば、他力本願ながら逆転でのトップ4フィニッシュは十分に可能。ただ、次節のチェルシー戦を含め今回のダービーでの勝利は非常に困難なタスクとなり、指揮官を含め多くの主力が後悔の弁を語ったエバートン戦から最大級のリバウンドメンタリティを示さねばならない。 一方、ユナイテッドとは異なり、CL敗退から中2日での再戦となった前節のトッテナム戦で、らしくない不格好な戦いぶりながら新星MFフォーデンのプレミア初ゴールを一丸となった守備で守り切って見事なバウンスバックを見せたシティ。スパーズ戦翌日にリバプール(勝ち点88)が勝利したことで、再び首位の座を明け渡したが、プレミアリーグ10連勝と抜群の安定感を誇る。今節の消化によってようやくリバプールと消化試合数が並ぶ中、絶不調の隣人を敵地で葬り去り、勝ち点1差の首位に返り咲きたい。 なお、昨年11月に行われたシティホームでの前回対戦はMFシルバ、FWアグエロ、MFギュンドアンのゴールによってシティが3-1で快勝している。 <div style="text-align:center;">◆マンチェスター・ユナイテッド◆ 【4-3-1-2】</div> ▽マンチェスター・ユナイテッド予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190423_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:デ・ヘア DF:ヤング、スモーリング、リンデロフ、ショー MF:マクトミネイ、フレッジ、ポグバ MF:リンガード FW:ルカク、ラッシュフォード 負傷者:DFバイリー、フィル・ジョーンズ、MFバレンシア、エレーラ 出場停止者:なし 出場停止者はいない。逆に2試合の出場停止を消化したショーが復帰する。負傷者に関してはマッチフィットネスに問題を抱えるバイリー、ジョーンズ、エレーラ、バレンシアの4選手が欠場となる見込みだ。 エバートン戦での大敗を受けて、大幅なメンバー変更、システム変更の可能性も想定されるが、前述のスタメンと[4-3-1-2]の採用を予想。ただ、CLバルセロナ戦の初戦で採用したより守備的な[3-5-2]の採用も十分に考えられる。 <div style="text-align:center;">◆マンチェスター・シティ◆ 【4-3-3】</div> ▽マンチェスター・シティ予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190423_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:エデルソン DF:ウォーカー、コンパニ、ラポルテ、ジンチェンコ MF:ギュンドアン、フェルナンジーニョ、シルバ FW:ベルナルド・シウバ、アグエロ、スターリング 負傷者:GKブラーボ、MFデ・ブライネ 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者に関しては直近のトッテナム戦で負傷交代のデ・ブライネが起用できない。 スタメンに関してはトッテナム戦でベンチに置いたコンパニとシルバの重鎮2人を先発に復帰させる見込みだが、デ・ブライネの代役に関しては複数の選択肢がある。最も攻守のバランスに長けたギュンドアンの起用が濃厚だが、スパーズ戦で決勝点を決めたフォーデン、ベルナルド・シウバを右ウイングから中盤に下げてザネ(マフレズ)を3トップの一角に配する形も想定される。 ★注目選手 ◆マンチェスター・ユナイテッド:MFポール・ポグバ<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190423_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>ユナイテッドの注目プレーヤーは前回対戦欠場のポグバだ。今季序盤戦は前指揮官モウリーニョとの確執もあって不振が続いたポグバだが、監督交代以降はより攻撃的なタスクを与えられたこともあり、大幅にパフォーマンスを向上。リーグ戦ではPKによるゴールが7点と多いものの、キャリアハイの13ゴール9アシストと存在感を放つ。その一方で、ビッグマッチやチームが苦しい状況を強いられた試合では存在感が希薄となり、リーダーとしての資質を欠くとの指摘も目立つ。 とりわけ、CLバルセロナ戦、直近のエバートン戦ではその傾向が色濃く出ており、今季のチームの命運を握る今回のダービー、次節チェルシー戦では個人としてのプレゼンスが試される。なお、2016年のユナイテッド復帰以降、リーグ戦では通算5試合ダービーが開催されているが、ポグバは負傷で欠場した前回対戦を含めそのうちの3試合を欠場と、ダービーに縁がない。それでも、自身が出場した直近の試合となる昨年4月の対戦では2点ビハインドを引っくり返す口火となる2ゴールを記録し、劇的な3-2の逆転勝利の立役者となっている。 ◆マンチェスター・シティ:MFベルナルド・シウバ<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190423_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>シティの注目プレーヤーは今季チームMVP級の働きを見せているベルナルド・シウバだ。シティ加入2年目となった今季は前所属のモナコ時代以上の圧巻のパフォーマンスを披露し続けているポルトガル代表MF。先日、発表されたPFA年間最優秀選手候補6名にはリバプールDFファン・ダイクと共に最有力候補と目されるFWスターリング、エースFWアグエロと共に選出されたベルナルド・シウバだが、ここまでの貢献度を考えれば、シティのチームMVPに相応しいのはこの小さな巨人だ。直近のトッテナム戦でも卓越したチャンスメーク、ゲームメークに加え、攻守におけるデュエルでも抜群の存在感を放った。 チームの地力、現在の調子を考えれば、敵地でのダービーと言えどもシティの優位は揺るがない。だが、手負いのユナイテッドは今回の一戦に並々ならぬモチベーションで臨んでくるはずだ。さらに、シティでは絶好調の司令塔デ・ブライネの負傷離脱という大きな不安要素も抱えている。そのため、チーム内で多くのタスクを担うベルナルド・シウバのパフォーマンスがダービー勝利のカギを握ることになるはずだ。 2019.04.24 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ポグバ、同僚に今夏退団希望を伝達?

マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバ(26)は、今夏にクラブを離れることを決意したのかもしれない。イギリス『デイリー・メール』がフランス『レキップ』を引用して伝えた。 2016年夏にユベントスから復帰したポグバ。昨年末からユナイテッドの指揮を執るオーレ・グンナー・スールシャール監督の立て直しを語る上で欠かせない選手の1人だが、シーズンが進むに連れて、スペインメディアを中心にレアル・マドリー移籍説が沸騰している。ポグバ本人もマドリー行き示唆し、マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督も「ポグバが大好き」とコメントを残すなど、相思相愛を匂わせている。 そんな中、今回の報道によると、ポグバが今夏での退団希望を一部のチームメイトに伝達。依然として、マドリーでのジダン監督との共闘、毎シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場を望んでいるという。 同メディアは、ユナイテッドが来シーズンのCL出場権を逃した場合、ポグバの退団は一気に加速すると主張。ユナイテッドもマドリーから現実的なオファーが届いた場合には、移籍を容認するだろうと見解を示している。 現在、他のメディアでは、サラリー面やミノ・ライオラ代理人とマドリーの関係性がネックになっていることが伝えられているが、どうなるのだろうか。 2019.04.24 09:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、新設テクニカル・ディレクターにフェランか

マンチェスター・ユナイテッドが新たに創設するテクニカル・ディレクターにマイク・フェラン氏(56)を任命するという。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 近年、エド・ウッドワード最高経営責任者(CEO)主導の補強により、チームを強化してきたユナイテッド。だが、ことごとく補強が失敗し続けるセンターバックの強化をはじめ、ターゲットとされる新戦力の取り逃しが散見され、新たにテクニカル・ディレクター職を設ける動きが指摘されてきた。 そこで、新たな候補として名前が挙がったのが、現アシスタントコーチのフェラン氏だ。かつてアレックス・ファーガソン元監督の下でコーチを務めたフェラン氏はオーレ・グンナー・スールシャール監督と共に今シーズン途中から復帰。スールシャール監督らチーム内で厚い信頼を集める人物だ。 そのフェラン氏はまだ契約に至っていないが、既にクラブ首脳陣とテクニカル・ディレクター就任に向けて会談。エド・ウッドワードCEOも、セントラルコースト・マリナーズ時代にテクニカル・ディレクター職を務めた経験があるフェラン氏に託すことに熱心とみられる。 なお、フェラン氏がテクニカル・ディレクター就任となれば、アシスタントコーチとして、コーチのマイケル・キャリック氏(37)を昇格させる模様だ。 2019.04.23 21:30 Tue
twitterfacebook
thumb

デ・ヘア、残留切望か クラブに「方向性の明確化」求む

マンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(28)が新契約を結ぶ前にクラブに対する疑念を解消したがっているという。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 2020年に失効する契約の延長交渉が滞るデ・ヘア。エド・ウッドワード最高経営責任者(CEO)がチリ代表FWアレクシス・サンチェスのクラブ最高週給3500万ポンド(約5000万円)に匹敵する昇給要求を拒み続けていることが停滞の大きな理由とされ、デ・ヘアの今後は混沌と化している。 だが、デ・ヘアは今後もユナイテッドにとどまることを切望。年齢的に最後の大型契約になり得る今回の新契約締結にあたり、長らく疑念を抱く不透明なチームとしての方向性や、エド・ウッドワード最高経営責任者(CEO)が主導の今後における補強方針を明確にするよう求めている模様だ。 例年に比べると、やや精細を欠く今シーズンだが、それでも守護神としてチームを救う場面も少なくないデ・ヘア。堅物なイメージが悪目立ちするエド・ウッドワードCEOだが、近年のチームを支えてきたデ・ヘアの思いをしっかりと受け止める心はあるのだろうか。 2019.04.23 16:30 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース