モナコがリールのフランス代表SBシディベを獲得 移籍金は約16億円2016.07.09 05:18 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽モナコは8日、リールのフランス代表DFジブリル・シディベ(23)の獲得を発表した。契約期間は5年で、フランス『レキップ』によれば移籍金は1500万ユーロ(約16億6000万円)とのことだ。

▽両サイドバックをこなせるシディベは、2012年夏にトロワからリールへ移籍。在籍4シーズンで公式戦118試合に出場して11ゴールをマーク。2015-16シーズンはリーグ戦37試合に出場して4ゴールを挙げていた。

▽ユーロ2016のフランス代表の予備登録メンバーに選出されていたシディベに対してはアーセナルも獲得に乗り出していたとされる。
コメント
関連ニュース
thumb

セスク、モナコ移籍決断理由を告白「新監督が息子のように慕っている選手を連れてきた」

モナコのスペイン代表MFセスク・ファブレガスが、自身が同クラブに加入することとなったチェルシー5年目を振り返った。フランス『SO FOOT』が伝えている。 2014年6月からチェルシーでプレーしていたセスク。移籍初年度からプレミアリーグ優勝に貢献するなど、稀代の司令塔として中盤を司っていた。しかし、昨夏にマウリツィオ・サッリ監督が就任すると、出場機会が激減。今年1月にモナコへの完全移籍を決断した。 そんなセスクは、チェルシー時代を回想し、モナコへの移籍理由を明かした。 「チェルシーとの契約を延長することもできたんだ。ただ、新しい監督が、息子のように慕っている選手を連れてきた。プレーするのは困難なものだった」 「僕の方が良い状態だったとしても、僕が知らないなんらかの理由で、試合に出場することができなかった。だから僕は、自分のために他のプロジェクトに加わることを決めたんだ」 2019.04.13 08:35 Sat
twitterfacebook
thumb

アンリ、わずか3カ月の在任期間で31億稼ぐ…! 仏紙が高額給与上位5人の指揮官を紹介

フランス『フランス・フットボール』が、今季の年収ランキング上位5名の指揮官を紹介している。 今年の2月にアトレティコ・マドリーと2022年までの契約延長が発表されたディエゴ・シメオネ監督は、スペイン『アス』によると、新年俸は2200万ユーロ(約27億円)。さらにそこに広告収入などが上乗せされて、最高年収は断トツの4100万ユーロ(51億円)と推定されている。 次いで、前マンチェスター・ユナイテッド指揮官のジョゼ・モウリーニョが2位にランクイン。昨年12月に解任されたモウリーニョは年俸に加え、違約金が発生しており、現在はフリーの身でありながら3100万ユーロ(約38億7000万円)の年収を手にしている。 違約金で得をしているのはモウリーニョだけではない。昨年10月にモナコの監督に就任したティエリ・アンリは、成績不振によりわずか3カ月で解任の憂き目に。本来は3年契約であったためその違約金は莫大で、違約金だけで2050万ユーロ(25億6000万円)、その他諸々を合わせて2550万ユーロ(約31億8000万円)の収入を得たようだ。 4位はマンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督(2400万ユーロ≒30億円)、5位にバルセロナのエルネスト・バルベルデ監督(2300万ユーロ≒28億7000万円)と続く。 なお、広州恒大と中国代表監督を兼任しているファビオ・カンナバーロの年収は1500万ユーロ(約18億7000万円)となっているようだ。 2019.04.02 14:45 Tue
twitterfacebook
thumb

モナコのブラジル代表DFジョルジがサントスにレンタル移籍…今季はポルトにレンタルも失敗

サントスは28日、モナコからブラジル代表DFジョルジ(23)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタル期間は2019年12月31日までとなる。 ジョルジは、フラメンゴの下部組織で育ち、2015年6月にトップチームへ昇格。2017年1月にモナコへと移籍金850万ユーロ(当時のレートで約11億円)で加入。左サイドバックを主戦場とし、2017-18シーズンはリーグ・アンで22試合に出場し1ゴール4アシストを記録していた。 今シーズンはポルトへと買い取りオプション付きのレンタル移籍を果たすも、公式戦は5試合の出場にとどまり、ポルトガル・プリメイラリーガでは出場がなかった。 2019.03.28 22:11 Thu
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、新天地はリヨンorモナコ?

ジョゼ・モウリーニョ氏(56)の行き先はフランスなのかもしれない。フランス『レキップ』が報じた。 モウリーニョ氏は過去、ベンフィカやウニオン・レイリア、ポルト、チェルシー、インテル、レアル・マドリー、マンチェスター・ユナイテッドで監督を歴任。行く先々でタイトルを手にしてきたが、昨年末にユナイテッド監督を辞して以来、無所属の状態が続いている。 今夏の監督業再開を示唆する“スペシャル・ワン”は先日、フランス『Canal +』のインタビューで新天地について「5つ目のリーグと3度目のチャンピオンズリーグ(CL)制覇が私の頭の中にある」とコメント。未開の地での新たな挑戦に含みを持たせた。 そうしたなか、モウリーニョ氏の新天地候補として挙がったのがリーグ・アンだ。だが、率いるクラブはフランスNo1のタレント集団であるパリ・サンジェルマン(PSG)でなく、リヨンか、モナコになるという。モウリーニョ氏は今夏、どこに…。動向から目が離せない。 2019.03.28 10:55 Thu
twitterfacebook
thumb

ミラン、ドルトムント&モナコ関心リカルド・ロドリゲスと契約延長で確保か

ミランがスイス代表DFリカルド・ロドリゲス(26)の契約延長に向けたオファーを準備しているようだ。『フットボール・イタリア』がイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の記事をもとに伝えている。 2017年6月にヴォルフスブルクからミランに加入したヨーロッパ屈指の左サイドバックとも評されるリカルド・ロドリゲス。昨シーズンは公式戦47試合に出場して4ゴール2アシストを記録した。今シーズンもここまで指揮官のジェンナーロ・ガットゥーゾ監督の下、公式戦32試合に出場し、4アシストを記録するなど、チームに欠かせない存在として活躍し続けている。 そんなリカルド・ロドリゲスには現在、ドルトムントやモナコが関心を寄せているという。しかし、同選手を手放す気がないミランはオファーを拒絶すると共に、2021年6月までとなっている現行契約を、2023年まで延長することで確保する構えのようだ。 以前にも昨夏にパリ・サンジェルマン(PSG)から関心を寄せられていたことを告白しながらも「ミランに残って世界最高クラスのスタジアムであるサン・シーロでプレーすることを選んだ」とミランへの愛を語っていたリカルド・ロドリゲス。今回も他クラブへの移籍は考えず、契約延長することでミランに留まるのだろうか。 2019.03.25 15:20 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース