ギリシャ代表MFニニス、パナシナイコスに復帰2014.11.07 17:35 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽パナシナイコスは6日、ギリシャ代表MFソティリオス・ニニス(24)を2年半の契約で獲得したことをクラブの公式サイトで発表した。▽ニニスは、約2年ぶりに古巣に復帰することに関して、クラブの公式サイトで喜びと感謝の言葉を綴っている。

「僕の家であるパナシナイコスに復帰できて嬉しいね。もう一度プレーできることを望んでいた。パナシナイコスの目標を達成するため、できる限りの手助けをしたいと思う。再び僕を信頼し、高いレベルでフットボールをできる機会を与えたくれたことに感謝するよ」

▽非凡な技術を有する攻撃的MFのニニスは、2006年にパナシナイコスのユースからトップチームに昇格。2007年にはギリシャ最優秀若手選手賞を受賞した。2012年夏にパルマへの移籍を果たすも結果を残すことができず、昨シーズンは母国のPAOKに1年間のレンタル移籍。今夏にはパルマとの契約満了に伴いフリーの状態にあった。

▽また、ブラジル・ワールドカップではギリシャ代表の候補メンバー29名に選出されていたが、登録メンバーの23名から漏れていた。
コメント
関連ニュース
thumb

ギリシャ最大のダービーで暴動…催涙ガスで鎮圧、試合は中止

パナシナイコスとオリンピアコスによる“ギリシャ・ダービー”で、大規模な暴動が起こっていたようだ。イギリス『BBC』が報じた。 17日に行われたギリシャ・スーパーリーグ第25節のパナシナイコスvsオリンピアコス。この顔合わせは、ギリシャにおけるナショナルダービーと捉えられており、世界でも有数の白熱したライバル関係にある両クラブの直接対決だ。 最初に問題が起こったのはキックオフから4分後、パナシナイコスのサポーターがオリンピアコスのベンチメンバーを襲撃した。その後、8分間の中断を経て試合が再開されると、53分にオリンピアコスが先制点を記録。しかし、70分には再びサポーターがピッチになだれ込み、警察隊が催涙ガスで鎮圧を図る事態に。その催涙ガスの影響が選手にも及んだため、マルコ・フリッツ主審は試合の中止にした。 なお、この試合は1-0でオリンピアコスの勝利扱いに。パナシナイコスには、ポイントの剥奪と罰金処分が見込まれている。 試合後、パナシナイコスは「あらゆる暴力行為を明確に非難する」と怒りを露わにし、「2万5000人のファンのうちの少数派」がフットボールへのリスペクトを欠いたと主張。また、オリンピアコスMFフォルトゥニスもパナシナイコスの選手たちがファンを落ち着かせようと試みていたと証言し、ライバルとの真剣勝負に水を差されたことへの不服を訴えている。 2019.03.19 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

元ユナイテッドFWマケダがパナシナイコスへ移籍

▽パナシナイコスは3日、無所属のイタリア人FWフェデリコ・マケダ(27)を獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの3年間となっている。 ▽17歳当時、ユナイテッドでのデビュー戦で2ゴールを挙げる鮮烈デビューを飾ったマケダだったが、その後は結果を残せずサンプドリアやQPR、シュツットガルトなどのレンタル移籍を経て、2014年夏にカーディフへ完全移籍。ノッティンガム・フォレストへのレンタル移籍を経て、2016年12月からはセリエBのノヴァーラでプレーしていた。 ▽昨季はそのノヴァーラでリーグ戦28試合に出場して3ゴールを挙げていた。 2018.09.04 05:27 Tue
twitterfacebook
thumb

ギリシャ最古クラブが債務未払いで3年間欧州舞台から追放

▽欧州サッカー連盟(UEFA)は24日、ギリシャのパナシナイコスを債務未払いのため今後3年間、欧州大会出場停止処分を下した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽パナシナイコスは昨年12月、ファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)を管轄するUEFAのクラブ財務管理機関から、未払いとなっている債務を今年3月1日までに支払うよう執行猶予を受けていた。 ▽しかし、財政難に陥っているパナシナイコスはこれを納入することができず、UEFAは今回の処分に踏み切ったようだ。 ▽以前から財政難に陥ってたパナシナイコスは今シーズン、選手への給与未払いが原因で勝ち点3をはく奪、さらには選手たちがストライキを起こすなど問題が多発していた。 ▽ギリシャ最古クラブとして知られるパナシナイコスは、国内リーグ優勝20回を誇る名門中の名門だ。1908年の創設から実に「42」ものタイトルを獲得してきたが、ここ7シーズンはオリンピアコスに7連覇を許し、今季も7位とクラブの歴史から鑑みると、低迷している状況だった。 2018.04.25 17:45 Wed
twitterfacebook
thumb

パナシナイコスがウディネーゼからアルゼンチンDFインスーアをフリーで獲得

▽パナシナイコスは23日、ウディネーゼのアルゼンチン人DFエマヌエル・インスーア(26)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は3年間となる。 ▽インスーアはボカ・ジュニアーズやゴドイ・クルスなどでプレー。2015年1月にグラナダへと移籍。2015年8月にウディネーゼへとフリートランスファーで加入していた。 ▽2016年1月にはニューウェルス・オールドボーイズへとレンタル移籍。2016年7月からはラシン・クラブへとレンタル移籍。ウディネーゼでの公式戦出場は1試合のみに終わっていた。 2017.08.24 17:48 Thu
twitterfacebook
thumb

ガーナ代表ウインガーのワカソがアラベスと3年契約締結

▽アラベスは17日、パナシナイコスのガーナ代表FWムバラク・ワカソ(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2020年6月30日までの3年間となっている。 ▽ビジャレアルやエスパニョール、ラス・パルマスなどリーガエスパニョーラでのプレー経験が豊富なウインガーのワカソは、2017年冬にパナシナイコスからグラナダへレンタル移籍。リーグ戦11試合に出場して1ゴールを記録したが、チームを2部降格から救うことはできなかった。 ▽ガーナ代表としてはこれまで49試合に出場して12ゴールを記録している。 2017.07.18 02:28 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース