あのフッキの筋肉がバージョンアップ!? さらに絞られた肉体美に称賛「永遠にビースト」

2021.02.19 12:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
母国に復帰した元ブラジル代表FWフッキ(34)のコンディションは良好のようだ。かつてJリーグでもプレーしたフッキは、2020年12月に上海上港(現・上海海港)を退団し、1月にアトレチコ・ミネイロに加入。16年ぶりに母国に戻ることを決断した。


まだ、新天地でのデビューには至っていないフッキだが、トレーニング中の1枚の写真が話題になっている。

SNS専門メディアの『433』が掲載した写真では、半袖半ズボンのフッキが写っており、Tシャツは逞しい上半身にピチッと張り付き、短めのショーツからはサラブレッドの脚のような脈打った太ももが露わになっていた。

『433』は「フッキは永遠にビースト」とブラジルでも変わらぬ筋骨隆々ぶりを伝えると、サポーターからは「怪物だ」「オレもトレーニングしよう」「エグいな!」と羨望や憧れの声が多く寄せられた。

上海上港時代もガタイの良さでは群を抜いていたフッキだが、この写真ではさらに絞られ、より研ぎ澄まされた印象を受ける。16年ぶりの母国でやる気は十分のようだ。

◆フッキの肉体美がえげつない

関連ニュース
thumb

ヘンク伊東純也がスピード生かした裏抜けから今季8ゴール目! チームも2連勝《ジュピラー・プロ・リーグ》

ヘンクの日本代表MF伊東純也がゴールをマークした。 ジュピラー・プロ・リーグ3位のヘンクは7日に行われた第29節で16位のセルクル・ブルージュとホームで対戦。伊東は左ウィングでフル出場した。 前節に3連敗を止め、連勝を目指すヘンクは9分にオヌアチュがゴール。幸先良く先取すると、今年1月下旬を最後にゴールから遠ざかる伊東も続く。 25分、敵陣センターサークル付近で前を向いたヘイネンが相手最終ラインの背後に浮き球パス。抜け出した伊東がボックス右から右足シュートを決めた。 前半のうちに追加点も手にしたヘンクは前半終盤に相手に退場者が出たこともあり、優勢に試合を進めて2-0で勝利。2連勝を達成した。 なお、伊東はこの試合の得点で今季リーグ戦8ゴール目。実に6試合ぶりの得点となっている。 ヘンク 2-0 セルクル・ブルージュ 【ヘンク】 オヌアチュ(前9) 伊東純也(前25) 2021.03.08 12:45 Mon
twitterfacebook
thumb

監督として初優勝のチャビが歓喜のコメント「ファンに特に感謝したい」

アル・サッドのチャビ・エルナンデス監督が、監督として初のリーグ優勝を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。 アル・サッドは7日、スターズ・リーグ第18節でウム・サラルと対戦し、0-3で勝利を収めた。 首位に立つアル・サッドは、34分にバグダード・ブーンジャーのゴールで先制すると、51分にユセフ・アブデル・ラザク・ユセフのゴールで追加点。後半アディショナルタイムには、ロドリゴ・タバタもゴールを奪い、0-3で勝利を収めた。 2位のアル・ドゥハイルに勝ち点差13をつけての優勝決定。さらに、ここまで16勝2分けと無敗での優勝を達成したアル・サッド。チャビ監督はこの優勝を喜んだ。 「我々はアル・サッドの新しい歴史を作った。選手として優勝した後、アル・サッドの監督として初めてリーグタイトルを獲得できて嬉しい」 「この選手、幹部、テクニカルスタッフ、メディカルスタッフのグループに参加できたことが嬉しい。我々の目標は、参加する全ての大会で勝つことだ」 また、ファン・サポーターへの感謝もコメント。この先も飛躍していくことを約束した。 「シーズンを通して、そしてウム・サラルとのリーグ戦でもチームを全力でサポートしてくれたアル・サッドのファンに特に感謝したい」 「彼らを幸せにし、クラブはタイトルをさらに獲得するために努力し続けることを約束する」 2021.03.08 12:25 Mon
twitterfacebook
thumb

チャビが監督務めるアル・サッドが無敗で15度目のリーグ優勝! 就任2年目で達成

チャビ・エルナンデス監督が率いるアル・サッドが、カタール・スターズリーグを制した。 アル・サッドは7日、スターズ・リーグ第18節でウム・サラルと対戦し、0-3で勝利を収めた。 首位に立つアル・サッドは、34分にバグダード・ブーンジャーのゴールで先制すると、51分にユセフ・アブデル・ラザク・ユセフのゴールで追加点。後半アディショナルタイムには、ロドリゴ・タバタもゴールを奪い、0-3で勝利を収めた。 この結果、2位のアル・ドゥハイルとの勝ち点差は13に広がり、残り4節での逆転が不可能となったため、アル・サッドの優勝が決定した。 また、ここまで16勝2分けと無敗を継続。7連勝でのリーグ優勝となった。 なお、アル・サッドはこれにより15度目のリーグ優勝を達成。チャビ監督にとっては、選手時代の2018-19シーズンに続くタイトル獲得となり、監督として初のリーグ制覇となった。 2021.03.08 10:37 Mon
twitterfacebook
thumb

ジェラード体制3年目で大願成就! レンジャーズが10季ぶり55度目のリーグ制覇

レンジャーズがスコティッシュ・プレミアリーグを制した。 2018年5月から元イングランド代表MFのスティーブン・ジェラード監督が指揮を執るレンジャーズ。今季は開幕から31試合を消化して27勝4分け無敗、得失点差+65で首位を走り、2位セルティックと18ポイント差で今節を迎えた。 そんなレンジャーズは6日に行われた第31節のセント・ミレン戦も3-0で勝利。そして、セルティックが翌日の同節でダンディー・ユナイテッドと0-0のドローに終わったため、1節を残して10年ぶり55度目のリーグ優勝が決まった。 2012年2月に自己破産に追い込まれ、4部降格も経験したレンジャーズだが、ジェラード体制3年目の今季は開幕からホーム16戦全勝を含む32戦無敗という圧倒的な強さを披露。9連覇中だったセルティックから王座を奪う大願を成就させた。 2021.03.08 08:40 Mon
twitterfacebook
thumb

待望の1本!香川真司のギリシャ移籍後初アシスト!/2020-21【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はギリシャリーグのPAOK所属の元日本代表MF香川真司が記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆香川待望のギリシャ初アシスト<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJrRjNHYnBtMCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> セレッソ大阪でデビューし、ドルトムントでブレイクを果たした香川。マンチェスター・ユナイテッドなど、欧州クラブを渡り歩いた後、2021年1月からギリシャの強豪PAOKに加入している。 抜群のテクニックを武器に前線で違いを生み出すプレーが持ち味の香川だが、2021年3月3日に行われたキペロ・エラーダス(ギリシャ杯)の準々決勝2ndレグのラミア戦では、待望の移籍後初アシストを決めている。 0-0で迎えた14分、相手陣内左でクリアボールをカットした香川がDFババ・ラーマンへパス。ラーマンからのパスをボックス内で受け、FWクリストス・ツォリスが左サイド深部まで侵入する。 ツォリスがマイナスのボールを送ると、体を上手く入れながら香川が再びパスを受け、ボックス手前でフリーになっていたMFニカ・ニヌアに落とすと、ニヌアが低めにコントロールしたシュートをゴール左下に沈め、見事な先制ゴールを挙げた。 試合は1-1のドローで終了。1stレグに5-2で勝利していたPAOKが合計スコアで相手を上回り、準決勝進出を決めている。 <span data-sg-movie-id="906" data-sg-movie-title="【待望の1本!】香川真司のギリシャ移籍後初アシスト!"></span> 2021.03.07 16:00 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly