【プレイバック2015】ユナイテッド絡みの移籍が市場を賑わす!《2015年9月》2015.12.31 20:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽2015年も残すところ本日のみとなりました。今年もサッカー界では様々な注目すべき出来事が起こりましたが、今回は「超ワールドサッカー」で人気があったニュースを1月〜12月までランキングでご紹介! この機会に、ぜひ振り返ってみてください!

2015年9月

10位 ファーガソンが4天王を明かす 「指導したワールドクラスの選手は4人」(9/24)

▽名将・ファーガソンが選んだ4名とは?!

9位 バルサ、リーガ脱退の可能性高まる カタルーニャ州議選で分離独立支持派が過半数を獲得(9/29)

▽サッカーと政治…果たしてどのような結末が待っているのでしょうか。

8位 マドリーの声明にユナイテッドが反発!! ユナイテッドも公式声明を発表!!(9/3)
Getty Images
▽デ・ヘアの移籍に関して両クラブが主張し合っていました。

7位 シュバインシュタイガーを育てたクラブが移籍金12億円と発表(9/11)

▽シュバインシュタイガーを育てたクラブはドイツ5部リーグのローゼンハイムです。

6位 109億円の19歳・マルシアルにルーニー「誰?」(9/3)

▽109億円の男にエースが厳しい一言を浴びせました。

5位 香川1G1Aのドルトムントがレバークーゼンに3発圧勝で開幕5連勝《ブンデスリーガ》(9/22)

▽シーズン序盤、香川が好調を維持していました。

4位 吉田がマルシャルにプレゼントボール、ユナイテッドが19歳新星の2発で2位に浮上《プレミアリーグ》(9/22)

▽マルシャルは加入後リーグ戦2試合で3ゴールの活躍を見せました。

3位 ヤヌザイがドルトムントへ1年間の武者修行 背番号は9番に決定(9/2)
Getty Images
▽武者修行中のヤヌザイですが、ここまでリーグ戦の先発はなく6試合に途中出場しています。

2位 デ・ヘアのレアル・マドリー移籍が破談…書類提出の遅れが原因か(9/2)

▽今夏に最も市場を騒がせたデ・ヘアの移籍。FAXの故障が原因だとか…

1位 19歳に109億円? ユナイテッドがマルシアル獲得発表へ(9/2)
Getty Images
▽移籍金の高さに驚かされました。

バックナンバー
1月:ジェラードが退団…そして王者・日本はベスト8で敗退…
2月:アギーレ解任…Cロナは大敗後に誕生日パーティ
3月:ハリルホジッチ監督就任! クラシコはバルサが勝利
4月:モウリーニョが武藤に言及!? クロップ退任が発表
5月:内田が結婚! 本田は10番剥奪の危機!?
6月:岡崎レスターへ! バルセロナは欧州王者に!
7月:カシージャスがマドリーを退団…シュバイニーがユナイテッド移籍
8月:CLの組み合わせが決定! ペドロがチェルシーへ!

コメント

関連ニュース

thumb

中村俊輔の伝説のFKから10年…セルティック、チャンピオンズリーグの公式ツイッターが回想

▽日本が誇るFKの名手である横浜F・マリノスのMF中村俊輔だが、古巣であるセルティックが粋な計らいを見せた。 ▽セルティックは21日、クラブの公式ツイッター(@celticfc)でセルティック時代の中村の写真をツイート。「10年前の今日、こんなことがあった」と、10年前の2006年11月21日の出来事を紹介するツイートをした。 ▽2006年11月21日、中村はチャンピオンズリーグのマンチェスター・ユナイテッド戦に出場。クリスティアーノ・ロナウドやライアン・ギグス、リオ・ファーディナンドらが出場していたが、81分に得意のFKを沈め、1-0での勝利を呼び込んでいた。 ▽なお、この勝利で、セルティックはベスト16進出が決定。クラブの歴史に残る1つのFKを10年経った今でもセルティックは忘れられないようだ。 ▽また、同日にUEFAチャンピオンズリーグの公式ツイッター(@ChampionsLeague)も中村のFKをツイート。「2006年、中村俊輔のFKがマンチェスター・ユナイテッド相手にセルティックを1-0の勝利に導いた」と投稿している。 2016.11.22 12:36 Tue
twitterfacebook
thumb

イスラエル代表を狙ったISISのテロリストが逮捕…W杯予選は会場変更で開催

▽イスラエル代表がピンチから救われたようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』は、イスラエル代表を襲撃しようと計画していたISISのテロリストを逮捕したと報じている。 ▽イスラエル代表は、12日にロシア・ワールドカップ欧州予選グループG第4節でアルバニア代表とアウェイで対戦する。当初はシュコドラでの開催が予定されていたが、アルバニアサッカー協会が“セキュリティ上の理由”として開催地を首都・ティラナに近いエルバサンに変更していた。 ▽ISISのテロリストは、イスラエル代表を襲撃する計画を立てていたものの、イスラエルのテロ対策局により発見。今回の逮捕に至ったとのことだ。 ▽イスラエル代表は、スペイン代表やイタリア代表などと同じグループGに属し、現在3試合を終えて2勝1敗の勝ち点6で4位。アルバニアとは同勝ち点で並んでいる。なお、首位はスペイン代表の勝ち点7、2位は同勝ち点でイタリア代表となっている。 2016.11.09 11:21 Wed
twitterfacebook
thumb

ワザと? 失点したU-16北朝鮮代表GKと指揮官に1年間の出場停止&罰金処分

▽アジアサッカー連盟(AFC)は4日、9月に行われたAFC U-16選手権におけるU-16北朝鮮代表の問題行為に対し、ス・ヨンジョン監督、GKチャン・ペクホに1年間の出場停止処分と罰金処分を科したことを発表した。 ▽FC東京U-18のFW久保建英やMF平川怜などU-16日本代表も出場した同大会。日本はU-17ワールドカップ出場権を得たが、その大会中に北朝鮮が問題あるプレーをしていた。 ▽処分対象となったプレーはグループリーグ最終節のU-16ウズベキスタン代表との試合。この試合の後半4分に、ウズベキスタンGKウマルザコフが大きくパントキックを蹴り出すと、飛び出していた北朝鮮GKチャン・ペクホが処理をミス。無人のゴールへとボールが転がった。 ▽懸命に追いかけたチャン・ペクホは、十分に追いつけるタイミングだったものの、ボックス付近で突如転倒。まるでヘッドスライディングにも見える転倒だったが、結局ボールはゴールラインを越え、失点してしまった。 ▽なお、北朝鮮は、グループ1位で勝ち上がった場合に準々決勝でU-16イラク代表、準決勝でU-16日本代表との対戦の可能性があり、“ワザと”GKが失点したのではないかとの噂も挙がっていた。 ▽この行動に対し、AFCは厳罰処分を下し、ス・ヨンジョン監督、GKチャン・ペクホに1年間の出場停止。さらに、監督には5000ドル(約51万5000円)、チャン・ペクホには1000ドル(約10万3000円)の罰金を科している。さらに、2018年に予定されているAFC U-19選手権のメンバーにも入れない措置をとっている。 ◆このプレーは本気? 故意? https://www.youtube.com/watch?v=xlHlohMf58M 2016.11.05 15:50 Sat
twitterfacebook
thumb

ウェストハムFWキャロルが銃で脅される…警察が事件を捜査中

▽ウェストハムの元イングランド代表FWアンディ・キャロルが、銃で脅される事件に巻き込まれていたようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽クラブの声明によると、水曜日の夜に警察から選手が関わる事件の捜査をしていると警察から連絡があったとのこと。その選手が、どうやらキャロルだったようだ。 「ウェストハムは11月2日水曜日に1人の選手がターゲットにされた事件が起こっていることを確認しました。現在は警察が捜査しています」 ▽『スカイ・スポーツ』によると、キャロルは水曜日のトレーニング後に、銃口を向けられて脅される事件に巻き込まれていたとのことだ。 ▽キャロルは、長らくヒザを負傷しており、8月18日のヨーロッパリーグ予選のアストラ・ジュルジュ戦でプレーして以降、公式戦の出場がない。今週ついにトレーニングに復帰していたが、まさかの事件に巻き込まれてしまったようだ。 2016.11.03 14:22 Thu
twitterfacebook
thumb

アスプリージャ氏が自身のコンドームブランドを発表! 発表会見には英雄バルデラマ氏も登場

▽かつてパルマやニューカッスルで活躍した元コロンビア代表FWファウスティーノ・アスプリージャ氏が、自身のコンドームブランド『TINO』を立ち上げたことを発表した。イギリス『Who Ate all the Pies』が伝えている。 ▽アスプリージャ氏は、2年前に地元の友人と共にコロンビアの若い世代の性的な安全の重要性を啓発するため、自身のコンドームブランドの設立を計画しており、この度、正式に商品の発売が決定した。 ▽また、ブランド設立の発表会見には、コロンビア代表の盟友、カルロス・バルデラマ氏も駆けつけ、元同僚の新たな事業開始を祝っている。なお、この発表会見で終始ご機嫌だったアスプリージャ氏は、自身のコンドームに空気を入れて風船のように飛ばすという間違った使用方法も披露し、若者の性的な安全という当初の崇高な目的を忘れた感もあった。 2016.10.27 01:25 Thu
twitterfacebook
Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース