【プレイバック2015】ユナイテッド絡みの移籍が市場を賑わす!《2015年9月》2015.12.31 20:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽2015年も残すところ本日のみとなりました。今年もサッカー界では様々な注目すべき出来事が起こりましたが、今回は「超ワールドサッカー」で人気があったニュースを1月〜12月までランキングでご紹介! この機会に、ぜひ振り返ってみてください!

2015年9月

10位 ファーガソンが4天王を明かす 「指導したワールドクラスの選手は4人」(9/24)

▽名将・ファーガソンが選んだ4名とは?!

9位 バルサ、リーガ脱退の可能性高まる カタルーニャ州議選で分離独立支持派が過半数を獲得(9/29)

▽サッカーと政治…果たしてどのような結末が待っているのでしょうか。

8位 マドリーの声明にユナイテッドが反発!! ユナイテッドも公式声明を発表!!(9/3)
Getty Images
▽デ・ヘアの移籍に関して両クラブが主張し合っていました。

7位 シュバインシュタイガーを育てたクラブが移籍金12億円と発表(9/11)

▽シュバインシュタイガーを育てたクラブはドイツ5部リーグのローゼンハイムです。

6位 109億円の19歳・マルシアルにルーニー「誰?」(9/3)

▽109億円の男にエースが厳しい一言を浴びせました。

5位 香川1G1Aのドルトムントがレバークーゼンに3発圧勝で開幕5連勝《ブンデスリーガ》(9/22)

▽シーズン序盤、香川が好調を維持していました。

4位 吉田がマルシャルにプレゼントボール、ユナイテッドが19歳新星の2発で2位に浮上《プレミアリーグ》(9/22)

▽マルシャルは加入後リーグ戦2試合で3ゴールの活躍を見せました。

3位 ヤヌザイがドルトムントへ1年間の武者修行 背番号は9番に決定(9/2)
Getty Images
▽武者修行中のヤヌザイですが、ここまでリーグ戦の先発はなく6試合に途中出場しています。

2位 デ・ヘアのレアル・マドリー移籍が破談…書類提出の遅れが原因か(9/2)

▽今夏に最も市場を騒がせたデ・ヘアの移籍。FAXの故障が原因だとか…

1位 19歳に109億円? ユナイテッドがマルシアル獲得発表へ(9/2)
Getty Images
▽移籍金の高さに驚かされました。

バックナンバー
1月:ジェラードが退団…そして王者・日本はベスト8で敗退…
2月:アギーレ解任…Cロナは大敗後に誕生日パーティ
3月:ハリルホジッチ監督就任! クラシコはバルサが勝利
4月:モウリーニョが武藤に言及!? クロップ退任が発表
5月:内田が結婚! 本田は10番剥奪の危機!?
6月:岡崎レスターへ! バルセロナは欧州王者に!
7月:カシージャスがマドリーを退団…シュバイニーがユナイテッド移籍
8月:CLの組み合わせが決定! ペドロがチェルシーへ!

コメント

関連ニュース

thumb

タイリーグで八百長が発覚! 選手5名含む12名が検挙

▽タイサッカー協会(FAT)は21日、国内リーグでの八百長の疑いのため、選手5名やFIFA所属のレフェリーを含む12名が逮捕されたことを報告した。 ▽FAT会長のソムヨット・プンパンムアン氏と、国家警察長のチャクティップ・チャイジンダ氏は、この件についてメディアカンファレンスを開催。通報を受けて、容疑者に逮捕状が発行されたことを発表している。 ▽大手『ESPN』によると、ソムヨット会長は以前この疑惑について容疑者12名の詳細な情報を提供することを約束しており、カンファレンスで具体的に説明をした。伝えられるところでは、国内リーグのナビFCから4名、ナコン・ラッチャシマから1名の選手が関与。FIFAの審判と、タイリーグの審判が1名ずつで、シサケットFCのディレクターも告発されている。そして、残りの4名は投資家であると説明されており、2017シーズンのタイリーグで、4試合の八百長に関与したとみられている。 ▽ナコン・ラッチャシマは容疑にかけられた所属選手の解雇を発表しており、ナビFCも23日にはこれに続く予定であるとも、『ESPN』は伝えている。 2017.11.22 17:40 Wed
twitterfacebook
thumb

いやいや生きてますよ!? リーズのレジェンドが死亡説を流したメディアを一喝

▽海外からとんでもないニュースが飛び込んできた。自身の死亡説に対して、リーズのレジェンドがメディアに怒りを露わにしている。 ▽今回死亡説が伝えらていたのは、かつてリーズで活躍した元ガーナ代表FWアンソニー・イエボア氏(51)。スペイン『アス』によると、一部メディアはイエボア氏がアメリカの病院に入院し、そこで亡くなったと報じていたようだ。 ▽この報道を知ったイエボア氏は、生きている自分が勝手に亡くなったことにされたことに驚きを隠せなかった模様。さらにガーナのラジオ局に出演し、今回の事件について、死亡説を報じたメディアに対して怒りを露わにした。 「こういった類の報道はやめなければいけない。こういう報道は私だけでなく、これまでも何度かあった。最近のメディアが行っていることは褒められたことではないね」 「そもそも私は病気でもないので、この報道を聞いたときは本当に驚いたよ。祖母がソーシャルメディアでこの報道を見つけて、私に訪ねてきたんだ。もし、このニュースを見た人たちで心配してくれているのならば、これが真実でないことを強調した。私は生きているよ」 ▽イエボア氏は、ガーナでサッカーキャリアを歩み始め、1988年にドイツのザールブリュッケンに加入。1990年からは現在日本代表MF長谷部誠、日本人MF鎌田大地が所属するフランクフルトでもプレーした。なお、フランクフルト在籍時には2度のブンデスリーガ得点王に輝くなど、ストライカーとして活躍している。 ▽リーズには1995年から1997年まで在籍し、66試合で32ゴールをマーク。その後はハンブルガーSVに移籍し、2001年からはアル・イテハドで1年間プレーして現役を終えた。ガーナ代表としては59試合26ゴールを奪う活躍を見せた。 2017.11.22 09:55 Wed
twitterfacebook
thumb

モウリーニョの契約延長のカギを握るのはこの4選手? マルカが補強候補を報道

▽マンチェスター・ユナイテッドは、ジョゼ・モウリーニョ監督との契約延長を実現するために4選手の獲得を保証する考えがあるようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽2016年夏にモウリーニョ監督と3年契約を結んだユナイテッド。昨シーズンはEFLカップとヨーロッパリーグを制覇し、今シーズンもチャンピオンズリーグでは決勝トーナメント進出が目前に迫り、プレミアリーグでも2位につけている。 ▽以前から、モウリーニョ監督の手腕を高く評価しているユナイテッドの上層部が、早くも契約延長に動きを見せていると言われていた。クラブ側は1200万ポンド(約17億9000万円)と言われているモウリーニョ監督の年俸を大幅に改善するようで、一部ではモウリーニョ監督が300万ポンド(約4億4700万円)の上乗せを望んでいるとされている。 ▽さらに『マルカ』は、モウリーニョ監督の年俸とは別に、今後の補強策についてモウリーニョ監督のリクエストに応えることを明かしたという。その中で名前が上げられたのが、以前から噂されているアトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(26)、レアル・マドリーのウェールズ代表MFガレス・ベイル(28)。さらにバレンシアのスペイン人MFカルロス・ソレール(20)、ラピプツィヒのスウェーデン代表MFエミル・フォルスベリ(26)のようだ。 ▽グリーズマンに関しては今夏の移籍市場でアトレティコ・マドリーが補強禁止処分を受けていたため、契約解除金は2億ユーロ(約264億4400万円)に上昇。しかし一部では来冬以降はこれまで通り1億ユーロ(約132億2100万円)に引き下げられると言われている。 ▽また、昨年11月にマドリ―と2022年までの契約延長にサインしたベイルに対して、イングランド『ガーディアン』は10億ユーロ(約1322億円)の契約解除金が設定されていると言われている。 ▽ソレールについては今年5月にバレンシアと2021年までの新契約を結んでおり、契約解除金は8000万ユーロ(約105億7600万円)。フォルスベリは一番安価な契約解除金となっているがそれでも3000万ポンド(約44億7400万円)と言われている。仮にすべての移籍が成立すると…その額は日本円で1604億7100万円。いくら何でもと思わざるを得ない天文学的な数字だ。 2017.11.21 10:11 Tue
twitterfacebook
thumb

「俺はヤクザじゃない」 札幌FWジェイが悲痛な叫び、何故?

▽北海道コンサドーレ札幌に所属する元イングランド代表FWジェイ・ボスロイドの悲痛な叫びが話題になっている。 ▽190cmの長身ストライカーであるジェイは、今夏より札幌に加入。ここまで明治安田生命J1リーグ11試合の出場ながら6ゴールを挙げる活躍を見せ、FW都倉賢頼みだった札幌の得点力向上に大きく貢献している。 ▽今週末にアウェイで行われる第32節の清水エスパルス戦でメンバー入りが予想されるジェイ。17日に自身のインスタグラム(jay7582)を通じて、遠征先とされるホテルの一室に備え付けられたバスに窮屈そうに浸かる自身の姿をアップし、次のように嘆いた。 「ここに入るのに悪戦苦闘だ! ちょっとばかりタイトだね。なんとかするけど……。ってか、日本のみんな、俺はヤクザじゃないよ!」 ▽日本では昔からタトゥー、あるいは刺青に関して否定的な風潮がある。当該者の利用が禁じられているプールや銭湯といった公共施設も少なくなく、タトゥーを身体にまとうジェイも世界でも稀な日本の文化に直面にしたとみられる。 2017.11.17 18:15 Fri
twitterfacebook
thumb

史上最高額の510億円で落札されたダ・ヴィンチの『救世主』の出品者は?

▽15日、ニューヨークで競売商クリスティーズのオークションにレオナルド・ダ・ヴィンチの『サルバトール・ムンディ』(救世主)がかけられ、約4億5031万ドル(約510億円)で落札された。アメリカ『ニューヨーク・タイムズ』など複数メディアが報じた。 ▽これは芸術作品として、史上最高額での落札となった。この作品の出品者が話題となっている。『救世主』を出品したのは、ロシア人実業家のドミトリー・リボロフレフ氏。聞き覚えのある方も居るかもしれないが、リーグ・アンのモナコで会長を務めている人物だ。 ▽リボロフレフ氏は、2016年4月に「パナマ文書」という名で知られた資産移転や資産隠しへの調査で名前が挙がり、元妻であるエレナ夫人との離婚訴訟に際して、絵画などを隠したとされており、『救世主』もそのうちの1つだと言われていた。 ▽『救世主』という作品は、現存するダ・ヴィンチの数少ないものの1つで、イギリスのチャールズ1世、2世、フランスのルイ12世が過去に所有。その後、3世紀にわたって行方不明となっており、希少価値が上がっていた。 ▽モナコは、パリ・サンジェルマンへレンタル移籍したフランス代表FWキリアン・ムバッペや、チェルシーに移籍したMFティエムエ・バカヨコ、マンチェスター・シティに移籍したMFベルナルド・リウバ、DFバンジャマン・メンディなど多くの選手を放出。移籍金総額3億5750万ユーロ(約464億円)を今夏に獲得していた。その移籍金を上回る資産を手放したリボロフレフ氏。今冬も大型補強に乗り出すのだろうか。 2017.11.17 14:55 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース