超ワールドサッカー

【プレイバック2015】ジェラードが退団…そして王者・日本はベスト8で敗退…《2015年1月》2015.12.31 12:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽2015年も残すところ本日のみとなりました。今年もサッカー界では様々な注目すべき出来事が起こりましたが、今回は「超ワールドサッカー」で人気があったニュースを1月〜12月までランキングでご紹介! この機会に、ぜひ振り返ってみてください!

2015年1月

10位 アジア杯GSのベストイレブンが発表 日本は最多選出(1/22)

▽グループステージではディフェンディングチャンピオンとしての意地を見せました。

9位 マドリー、ベンゼマ放出でケインとスターリングの両獲りを狙う?(1/30)

▽今のところ、ベンゼマ、ケインは残留。スターリングのみマンチェスター・シティに移籍しました。

8位 リバプール退団を表明したジェラードにシャビ・アロンソなど元チームメートから賛辞(1/4)

▽ジェラードはチームメイトからも愛されていたことが分かります。

7位 レヴァンドフスキ「C・ロナウドに投票したのは間違いだった」(1/15)

▽バロンドールのお話。ドルトムント時代に投票したことを後悔しています。

6位 270億補強でモイーズと同勝ち点のファン・ハール「あなたは週の間、この質問ができる瞬間を待っていた」(1/13)
Getty Images
▽常に前任者と比較されるファン・ハール監督。1年経ってもその話はついてまわっています。

5位 レアル・マドリー、神童ウーデゴールの獲得合意を発表(1/23)
▽まだまだ若い神童ウーデゴール。早くピッチで躍動する姿を見せて欲しいものです。

4位 トーレスが2発でレアル・マドリーを葬る《コパ・デル・レイ》(1/17)

▽トーレスはやはりアトレティコのユニフォームがしっくりきます。

3位 バルセロナの久保くん、移籍禁止処分の余波で1月に退団か(1/2)

▽現在はFC東京U-15むさしに所属。飛び級でU-18に入るとも言われています。

2位 日本、連覇ならず…PK戦の末に敗れベスト8で敗退《アジアカップ2015》(1/24)
Getty Images
▽王者がベスト8で敗退…残念でしたね。これ、今年の出来事です。

1位 ジェラード、今季限りでリバプール退団を発表(1/3)
Getty Images
▽新年早々に飛び込んで気たビッグニュース。どうやら1月に戻ることはなさそうです。

コメント

関連ニュース

thumb

“ジャンケン”の代償は21日間の職務停止…コインを忘れた主審が処分

▽ジャンケンの代償は、21日間の職務停止だった。FA(イングランドサッカー協会)は、デイビッド・マクナマラ主審に対し処分を下した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽事件は10月26日に行われた、マンチェスター・シティvsレディングのFA女子スーパーリーグの一戦で起こった。 ▽試合前の恒例行事であるコイントス。エンドとボールを選択するものだが、通常は主審のコイントスで決定される。 ▽イングランド女子代表でもキャプテンを務める、シティのステフ・ホートンも参加したコイントスだったが、マクナマラ主審が失態。大事なコインを忘れてしまったのだ。 ▽困ったマクナマラ主審は、両キャプテンに「ロック、ペーパー、シザーズ」、いわゆるジャンケンを行わせた。このことが問題となった。 ▽FAのスポークスマンは「FAはデイビッド・マクナマラ主審に21日間の職務停止処分を下す。11月26日から適用される。試合の最大の利益を決める行動をしなかった事を認めたためだ」とコメント。コイントスを行えなかったことで処分が下された。 [※写真はイメージです] 2018.11.14 12:52 Wed
twitterfacebook
thumb

黒い噂…スタリッジに賭博疑惑

▽リバプールに所属するイングランド代表FWダニエル・スタリッジ(29)に黒い噂が浮上した。 ▽イギリス『BBC』によれば、スタリッジは今年1月、イングランドサッカー協会(FA)が違反行為として定める賭けごとに関与。フットボール選手の立場を利用した外部に対する情報漏洩の疑いがあり、FAから告発を受けた模様だ。 ▽これを受け、リバプールの広報は「彼がフットボール賭博に関与した事実はない」とコメントしたという。なお、スタリッジに対しては、20日までならば、この告発に応答する権利がある。 ▽なお、賭博関与の疑いがある時期は、スタリッジが丁度リバプールからWBAに移籍したタイミング。果たして、真実はいかに…。 2018.11.13 09:05 Tue
twitterfacebook
thumb

審判失格? ユニフォームを脱いでもお咎め無しの理由…

▽通常では起こりえない事件がピッチ内で起きた。10日に行われたプレミアリーグ第12節のカーディフvsブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンの一戦。試合は2-1でカーディフが勝利したが、目を疑う光景があった。 ▽試合は開始6分にブライトンのレウィス・ダンクが先制ゴールを記録。しかし、カーディフも28分にカラム・パターソンがネットを揺らし、1-1で試合は推移する。しかし、互いに決定力を欠き、引き分けで終わるかと思われた90分、ソル・バンバが値千金のゴールを記録。2-1でカーディフが勝利した。 ▽事件が怒ったのは、S・バンバのゴール後だった。土壇場での決勝ゴールを喜んだS・バンバは自身のユニフォームを脱ぎ、喜びを爆発。当然のことながら、ユニフォームを脱いだことでイエローカードが提示されるものと思われた。 ▽しかし、主審のマーティン・アトキンソンはイエローカードを提示せず。さらに、S・バンバにユニフォームを脱いだのかを尋ねた所、「ノー」と答え、それを信じてお咎め無しに終わった。 ▽S・バンバがユニフォームを脱いでいたことは明らかであり、試合映像や写真にまで記録されている。しかし、イングランドサッカー協会(FA)のルールでは、イエローカードを遡って提示することはできず、S・バンバは処分を免れることとなった。 ▽なお、先日行われたカーディフvsレスター・シティでは、レスターのFWデマライ・グレイが決勝ゴールを記録。ヘリコプター墜落事故で急逝したヴィチャイ・スリヴァッダナプラバ会長を追悼する「スリヴァッタナプラバのために」というメッセージが書かれたアンダーシャツを見せたことで、イエローカードを提示されていた。 ▽この行為には賛否両論が巻き起こったが、ルール上審判の判断は間違っていない。しかし、今回の見逃しには、各方面から喝が入れられることとなりそうだ。 2018.11.12 21:20 Mon
twitterfacebook
thumb

韓国代表イ・チャンミンが交通事故…相手車両の女性1人が死亡、2人が重体

▽済州ユナイテッドに所属する韓国代表MFイ・チャンミン(24)が交通事故を起こしていたことが分かった。『YONHAP NEWS AGENCY』が9日付で伝えている。 ▽記事によれば、イ・チャンミンは5日の午後8時49分頃に済州島南部の島、西帰浦市を車で走行している時に、急な方向転換をしようと中央線を横切った際に反対車線の車と衝突。この事故で、相手車両に乗っていた3人のうち、68歳の女性1人が死亡、運転手を含む2人が重体となったようだ。 ▽警察の調べによると、「イ・チャンミンは中央線を越えたことを認めたが、素面であった」とのこと。幅が狭くカーブの多い道を運転していたようで、法定速度の時速30㎞を超過していたかどうかは明らかになっていない。 ▽伝えられるところによると、西帰浦警察署の関係者は「証拠をもっと集めなければならず、イ・チャンミン氏の調査も必要」と話しているという。 ▽なお、この事故でイ・チャンミンとその同乗者に大きなケガはなかったようだ。 ▽イ・チャンミンは2016年に済州ユナイテッドに移籍。韓国代表としてもこれまで7試合に出場している。 2018.11.10 01:31 Sat
twitterfacebook
thumb

リークされた欧州スーパーリーグ構想に待った! FIFA会長が選手を締め出す可能性を示唆

▽選ばれしビッグクラブが集結し、リーグ戦を行う構想が出ている欧州スーパーリーグ。暴露サイト『フットボール・リークス』がその内容を報じたが、これに国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長が警鐘を鳴らした。イギリス『FourFourTwo』が伝えている。 ▽先日、2021年の欧州スーパーリーグ開始を見据えて、主要16クラブが既に合意を得ていると報道。これにより、チャンピオンズリーグ(CL)の終了も予測されている。 ▽合意済みのクラブとしては、CLを3連覇中のレアル・マドリーや、ライバルのバルセロナ、アトレティコ・マドリー、プレミアリーグからは、マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、チェルシー、アーセナル、リバプール、セリエAからはユベントス、ミラン、インテル、ローマ、ブンデスリーガからはバイエルン、ドルトムント、リーグ・アンからはパリ・サンジェルマン、マルセイユの16クラブが挙げられていた。 ▽しかし、このリーグはFIFAはもちろんのこと、欧州サッカー連盟(UEFA)とも関係ない所で構想されており、それを受けてインファンティーノ会長が警鐘を鳴らし、仮に創設された場合は出場した選手はFIFAの大会から締め出される可能性があるとコメントした。 「(組織の)中にいるか、出ていくかということだ」 「組織化されたサッカーの中でプレーしていないならば、彼らはその組織でサッカーをすることはない。国内リーグ、代表チームの大会、ユーロやワールドカップだ」 「クラブ・ワールドカップは、リーグを離脱しようとする考えに対する答えだ」 「クラブ・ワールドカップに参加するクラブには、適切な収入をもたらすことが対価だ。こんなことを許すのであれば、何も持っていないハイチや、スタジアムが2つしか無く、3つのタイムゾーンを持つモンゴルに100万ドルを与えたたいと思う」 2018.11.08 13:40 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース