【プレイバック2015】ジェラードが退団…そして王者・日本はベスト8で敗退…《2015年1月》2015.12.31 12:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽2015年も残すところ本日のみとなりました。今年もサッカー界では様々な注目すべき出来事が起こりましたが、今回は「超ワールドサッカー」で人気があったニュースを1月〜12月までランキングでご紹介! この機会に、ぜひ振り返ってみてください!

2015年1月

10位 アジア杯GSのベストイレブンが発表 日本は最多選出(1/22)

▽グループステージではディフェンディングチャンピオンとしての意地を見せました。

9位 マドリー、ベンゼマ放出でケインとスターリングの両獲りを狙う?(1/30)

▽今のところ、ベンゼマ、ケインは残留。スターリングのみマンチェスター・シティに移籍しました。

8位 リバプール退団を表明したジェラードにシャビ・アロンソなど元チームメートから賛辞(1/4)

▽ジェラードはチームメイトからも愛されていたことが分かります。

7位 レヴァンドフスキ「C・ロナウドに投票したのは間違いだった」(1/15)

▽バロンドールのお話。ドルトムント時代に投票したことを後悔しています。

6位 270億補強でモイーズと同勝ち点のファン・ハール「あなたは週の間、この質問ができる瞬間を待っていた」(1/13)
Getty Images
▽常に前任者と比較されるファン・ハール監督。1年経ってもその話はついてまわっています。

5位 レアル・マドリー、神童ウーデゴールの獲得合意を発表(1/23)
▽まだまだ若い神童ウーデゴール。早くピッチで躍動する姿を見せて欲しいものです。

4位 トーレスが2発でレアル・マドリーを葬る《コパ・デル・レイ》(1/17)

▽トーレスはやはりアトレティコのユニフォームがしっくりきます。

3位 バルセロナの久保くん、移籍禁止処分の余波で1月に退団か(1/2)

▽現在はFC東京U-15むさしに所属。飛び級でU-18に入るとも言われています。

2位 日本、連覇ならず…PK戦の末に敗れベスト8で敗退《アジアカップ2015》(1/24)
Getty Images
▽王者がベスト8で敗退…残念でしたね。これ、今年の出来事です。

1位 ジェラード、今季限りでリバプール退団を発表(1/3)
Getty Images
▽新年早々に飛び込んで気たビッグニュース。どうやら1月に戻ることはなさそうです。

コメント

関連ニュース

thumb

黒と赤を使ったオリジナル時計を披露した内田篤人「一緒に良い“時間”を過ごせるように」

▽22日、東京・表参道ヒルズにて『HUBLOT Loves Omotesando』スペシャルイベントが開催され、シャルケに所属するDF内田篤人、そしてタレントの青木裕子さんが登場した。 ▽今回のイベントは、スイスの高級時計ブランドである「ウブロ」のポップアップブティック表参道の期間限定オープン記念イベントとして行われ、内田のファンなど一般の方も観覧できるものだった。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/NEWS/cws20160522_2_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽MCのハリー杉山さんの紹介を受けて内田が登場すると、集まった大勢のファンからは黄色い声援が飛び、360度を囲まれた内田は「恥ずかしい」と一言。それでも、オフに帰国した際には「表参道をよくウロウロしている」と明かし、「クリスマスは毎年キレイ」と表参道の印象を語った。 ▽また、「ウブロ」とアスリートの関係についても「FIFAのアディショナルタイムを表示するところにも書いてある」と第4審が掲げるボードにも使用されていると語り、自身の関わりについては「知り合いにウブロの時計をいただいたのがキッカケ。ウブロの時計はスパイクなどど同じ位置づけだと思っています」とコメントした。 ▽イベントでは内田、ハリー杉山さん、青木裕子さんのトークショーも実施。お笑い芸人でありサッカー好きでも知られるナインティナインの矢部浩之を夫に持つ青木さんは、「婚約指輪のお返しにウブロの時計をプレゼントした」と自身とウブロの関係を語った。また、「パパ(矢部さん)がサッカーをどうしてもやらせたいみたいで、生まれた時から、山ほど日常的に転がっている、自然にあるという生活のさせたいみたいです」と明かすと、内田は「大きくなったらサッカー選手に?」と返しつつ、「でも、ヒザには気をつけてください(笑)」とコメントした。また、自身のヒザの状態についても、「ヒザはちょっとずつ良くなっているんですけど、時間がかかるケガなので、焦らずやっています」と語った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/NEWS/cws20160522_3_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽イベントでは、世界に2本しかない「ウブロ×内田篤人選手」のオリジナル時計もお披露目。内田も制作に関わったと明かしたものの、「こういったものは自分のやつよりも、プロの意見を取り入れたほうが絶対に良くなる」と持論を展開。それでも「色とか、こだわりについては言って、あとはプロの人の意見を聞きながらデザインしました」と、自身のこだわりが明かした。実際の時計は、黒をベースにしながらも、文字盤の「2」だけが赤くなっていたり、ベルトの部分に赤を取り入れられている。 ▽なお、1つは内田が着用するが、もう1つはチャリティオークションに出品されるとのこと。オークションの落札金額は、日本サッカー協会を通じて、熊本地震サッカーファミリー復興支援金に寄付されるとのことだ。チャリティへの参加は、内田篤人オフィシャルモバイルサイト「atsuto mobile」にて、5月24日17時まで入札が可能となっている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/NEWS/cws20160522_4_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽また、イベントの最後には鏡開きが行われ「良かったちゃんとできて〜(笑)」と内田も安堵の表情を浮かべ、「試合ばりに緊張しました(笑)」と会場を沸かせた。内田は最後に「こんな素敵な時計を作らせていただきました。僕自身としてはすぐにリハビリを終わらせて、試合で活躍したいと思います。パートナー(ウブロ)と一緒に、良い“時間”を過ごせるように頑張ります」とコメント。ピッチへの早期復帰へ強い意気込みを語った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/NEWS/cws20160522_5_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> 2016.05.22 18:00 Sun
twitterfacebook
thumb

番長イブラヒモビッチ、同僚GKトラップにキツいあだ名を付けていたことが判明

▽フットボール界の番長の1人であるスウェーデン代表代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、パリ・サンジェルマン(PSG)の同僚であるドイツ代表GKケビン・トラップに強烈なニックネームを付けていたことが判明した。イブラヒモビッチの新たな自叙伝に携わったダミエン・デゴール氏とアルナウ・エルマン氏が明かしている。 ▽両氏の証言によると、イブラヒモビッチは昨夏にフランクフルトからPSGに加入したトラップに対して、ドイツ出身という理由から悪名名高い国家社会主義ドイツ労働者党(通称ナチス)の党首アドルフ・ヒトラーになぞらえて、同選手のニックネームを“アドルフ”と命名したという。 ▽このニックネームに関してイブラヒモビッチに悪意はなかったようだが、トラップにポジションを奪われた親友のイタリア代表GKサルバトーレ・シリグへの支持を表したい意図から考えられたものだったようだ。 ▽デゴール氏とエルマン氏はトラップのニックネーム問題に関して以下のように説明している。 「トラップはドイツ人だ。そして、イブラヒモビッチは彼がPSGに加入した直後からアドルフというニックネームで呼んでいた」 「ズラタンがいいジョークを思い浮かんだと考えたとき、誰も彼のことを止められないんだ」 「だから、トラップはいつもアドルフと呼ばれていた。必ずしもズラタンに悪意はなかったが、彼の少し教養を欠く部分、親友のサルバトーレを少しでも喜ばせたいという意図があったと思う。彼はトラップの加入でベンチに落とされたからね」 ▽イブラヒモビッチに悪意はなかったとはいえ、ドイツ国民にとってタブーであるアドルフ・ヒトラーになぞらえたニックネームで呼ばれることはかなり堪えたはずだ。真面目な生徒であるトラップは、番長イブラヒモビッチの転校(移籍)でようやく心休まる日々を過ごせることになるだろう。 2016.05.20 21:50 Fri
twitterfacebook
thumb

MLS最高給取りはMFカカ! ジェラードは4位、ランパードは5位

▽近年、欧州でも活躍した世界的なプレーヤーが集まっているメジャーリーグ・サッカー(MLS)において、報酬リストが明らかになった。『ESPN』が伝えている。 ▽現在、元リバプールのMFスティーブン・ジェラードや、元チェルシーのMFフランク・ランパード、FWディディエ・ドログバ、元ユベントスのイタリア代表MFアンドレア・ピルロ、元バルセロナのFWダビド・ビジャ、元ミランのブラジル代表MFカカなど、数多くの一流選手がプレーするMLSだが、その中で最も報酬を受け取っているのは、オーランド・シティに所属するMFカカだった。 ▽カカの報酬の総額は約716万ドル(約7億8700万円)でトップ。昨シーズンのMLSでMVPを受賞したトロントFCのイタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコが約711万ドル(約7億8200万円)で2位につけている。 ▽3位には、ローマなどセリエAのクラブでプレーしたアメリカ代表MFマイケル・ブラッドリーで650万ドル(約7億1500万円)、MFスティーブン・ジェラードの約613万ドル(約6億7400万円)、MFフランク・ランパードの600万ドル(約6億6000万円)と続いている。 ▽また、チーム別の年俸総額では、ジョビンコ、ブラッドリーら高額な報酬を受け取っている選手を抱えるトロントFCが1位で、約2180万ドル(約24億円)。ニューヨーク・シティの約2113万ドル(約23億2500万円)、ロサンゼルス・ギャラクシーの約1810万ドル(約20億)と続いている。なお、カカ、ジョビンコはチーム別で7位のポートランド・ティンバースの年俸総額よりもらっていることとなる。 ◆MLS高額報酬ランキング 1.<B>カカ</B>(ブラジル/オーランド・シティ) 716万7500ドル(約7億8850万円) 2.<B>セバスティアン・ジョビンコ</B>(イタリア/トロントFC) 711万5556ドル(約7億8280万円) 3.<B>マイケル・ブラッドリー</B>(アメリカ/トロントFC) 650万ドル(約7億1507万円) 4.<B>スティーブン・ジェラード</B>(イングランド/ロサンゼルス・ギャラクシー) 613万2500ドル(約6億7465万円) 5.<B>フランク・ランパード</B>(イングランド/ニューヨーク・シティ) 600万ドル(約6億6000万円) 6.<B>アンドレア・ピルロ</B>(イタリア/ニューヨーク・シティ) 591万5690ドル(約6億5080万円) 7.<B>ダビド・ビジャ</B>(スペイン/ニューヨーク・シティ) 561万ドル(約6億1716万円) 8.<B>ジョジー・アルティドール</B>(アメリカ/トロントFC) 482万5000ドル(約5億3080万円) 9.<B>クリント・デンプシー</B>(アメリカ/シアトル・サウンダース) 460万5942ドル(約5億670万円) 10.<B>ジョバンニ・ドス・サントス</B>(メキシコ/ロサンゼルス・ギャラクシー) 425万ドル(約4億6750万円) ◆チーム年俸総額ランキング 1.<B>トロントFC</B> 2179万8509ドル(約24億円) 2.<B>ニューヨーク・シティ</B> 2112万7777ドル(約23億2400万円) 3.<B>ロサンゼルス・ギャラクシー</B> 1810万5736ドル(約19億9250万円) 4.<B>オーランド・シティ</B> 1155万4421ドル(約12億7150万円) 5.<B>シアトル・サウンダース</B> 1072万8811ドル(約11億8070万円) 6.<B>コロラド・ラピッズ</B> 849万3576ドル(約9億3500万円) 7.<B>ポートランド・ティンバース</B> 683万3544ドル(約7億5200万円) 8.<B>スポルティング・カンザスシティ</B> 675万2450ドル(約7億4310万円) 9.<B>モントリオール・インパクト</B> 674万1009ドル(約7億4183万円) 10.<B>バンクーバー・ホワイトキャップス</B> 656万5603ドル(約7億2250万円) 2016.05.20 13:00 Fri
twitterfacebook
thumb

疫病神か、ビラが弱過ぎたのか? グリーリッシュが不名誉記録を樹立

▽アストン・ビラのU-21イングランド代表MFジャック・グリーリッシュが、不名誉なプレミアリーグ記録を樹立してしまった。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』など複数メディアが伝えている。 ▽今シーズン、アストン・ビラは、3勝27敗8分けと圧倒的な弱さで、1987-88シーズン以来のチャンピオンシップ(イングランド2部)降格の憂き目を味わった。 ▽その中で若きスターとして活躍が期待されたグリーリッシュだったが、ピッチ外での素行不良ばかりが目立ち、肝心のプレーではほとんどチームに貢献することができなかった。さらに同選手は、今シーズンのプレミアリーグにおいて出場した全試合で敗れるという不名誉な記録を打ち立ててしまった。 ▽これまでのプレミアリーグ記録は、アイルランド人MFショーン・ソーントン(現ドロヘダ・ユナイテッド)が、2002-03シーズンのサンダーランド時代に記録した11試合出場11敗というものだった。しかし、今シーズンのグリーリッシュは、出場した16試合で全てに敗れており、大幅な記録更新となった。 ▽この記録に関しては、もちろんチームのパフォーマンスが大きな要素を占めているが、16試合出場で1ポイントも勝ち点を得られていないのは、やはり異常といえるかもしれない。 ▽選手としてかなり“持ってない”グリーリッシュだが、レアル・マドリーで活躍するウェールズ代表MFガレス・ベイルも、トッテナム時代にデビューからリーグ戦24試合未勝利(引き分けを含む)という不名誉記録を残しており、いつか今回のことを笑える日が来るはずだ。 ▽なお、トゥーロン国際大会に臨むU-21イングランド代表に初招集されたグリーリッシュは、27日にU-23日本代表と対戦する。日本としては、この試合でもグリーリッシュの加護を期待したいところかもしれない。 2016.05.19 16:30 Thu
twitterfacebook
thumb

トゥールーズ劇的残留の立役者はドゥプラス監督、エモーショナルな名演説でチームを一つに

▽今シーズンのリーグ・アンで熾烈な残留争いに巻き込まれたトゥールーズは、最終節のアンジェ戦で劇的な逆転勝利を収めて見事に1部残留を果たした。この劇的な残留の立役者となったのが、パスカル・ドゥプラス監督だった。『ESPN』がアンジェとの最終節を前に同監督が行った名演説を紹介している。 ▽今シーズン開幕から低迷が続いたトゥールーズは、今年3月にシーズン3人目の指揮官としてドゥプラス監督を招へい。10節を残してリーグ戦8試合未勝利(6敗2分け)の19位のチームを託された同監督は、就任以降の10試合を5勝3分け2敗の好成績で終え、逆転での1部残留に導いた。 ▽また、ドゥプラス監督は19位のスタッド・ランスと18位のガゼレク・アジャクシオと勝ち点1差の中で迎えた最終節、9位アンジェとのアウェイゲームを前に行ったミーティングで見事な名演説を行い、チームを一つにした。そして、この名演説が最終節での劇的な残留劇に繫がることとなった。 ▽最終節の結果次第で残留か降格が決定する重要な一戦を前にミーティングを開催したドゥプラス監督は、身振り手振りを交えながら「君たちは残留に値する。ただ、そのためにはやるべきことがある。それは明日でもなく、昨日でもない。今なんだ!」と熱い言葉で選手たちを鼓舞した。 ▽また、ドゥプラス監督はミーティングの最後に選手たちの家族や恋人に頼んで作成したメッセージビデオをスクリーンに流すと、多くの選手たちが目に涙を浮かべ、改めて責任の重さを痛感すると共にアンジェ戦での必勝を誓った。 ▽そして、最終節のアンジェ戦では試合開始12分に先制を許すも、後半立ち上がりにエースFWベン・イェデルのゴールで追いつく。だが、63分に勝ち越しゴールを許したトゥールーズは、絶体絶命のピンチを迎える。だが、ドゥプラス監督の名演説で一丸となったチームは、79分にFWブラースヴァイト、80分にMFボディガーが続けてゴールをこじ開け、敵地での最終節を劇的な逆転勝利で飾った。なお、同時刻に行われた試合で19位のスタッド・ランスがリヨンに4-1で勝利していたため、仮にこのアンジェ戦で勝利できていなければ、18位での降格が決定していた。 ▽ドゥプラス監督のエモーショナルな名演説は以下のURLからチェックしてみてください。 ◆最高のモチベートでチームが一つに https://www.youtube.com/watch?v=qFg4uwqea9M 2016.05.18 18:20 Wed
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース