【プレイバック2015】内田が結婚! 本田は10番剥奪の危機!?《2015年5月》2015.12.31 16:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽2015年も残すところ本日のみとなりました。今年もサッカー界では様々な注目すべき出来事が起こりましたが、今回は「超ワールドサッカー」で人気があったニュースを1月〜12月までランキングでご紹介! この機会に、ぜひ振り返ってみてください!

2015年5月

10位 ベイルのユナイテッド移籍はすでに完了か(5/16)

▽ベイルの移籍話は後を絶えず。果たして、今冬、または来夏の移籍はあるのでしょうか。

9位 ファーガソン氏「バルセロナで最も厄介だったのは…」(5/23)

▽マンチェスター・ユナイテッドを長年率いたファーガソン氏が恐れるのは…?

8位 アーセナル、今夏でフリーとなる“ガラスの天才”に関心か(5/21)

▽元フランス代表の“ガラスの天才”と言えば?!

7位 愚行セスクが一発退場のチェルシー、元日以来のリーグ戦黒星《プレミアリーグ》(5/20)

▽この時点ですでにチェルシーはリーグ優勝を決めていました。

6位 ベイルがロッカールームで孤立? スペイン語未習得が原因か(5/12)
Getty Images
▽ベイルは語学問題が未だにあるようです。

5位 南米トリデンテ活躍のバルセロナがバイエルンを退けて4季ぶり決勝進出《CL》(5/14)

▽ドイツ国内最強のバイエルンも“MSN”の前に屈してしまいました。

4位 本田が10番剥奪か ミランがかつてのエース呼び戻しを画策(5/10)

▽ミランの元エースと言えば、あの選手ですね。

3位 モラタの2戦連続古巣弾でマドリーを退けたユーベが12季ぶり決勝進出《CL》(5/15)

▽古巣相手にFWモラタが大きな仕事をやってのけました。

2位 激怒のミュラー、ペップに「クソみたいな戦術をさっさとやめろ!」と発言か(5/9)
Getty Images
▽そんなグアルディオラ監督は、今シーズン限りでバイエルンを去ります。

1位 シャルケ内田が一般女性との入籍を発表「しっかり者の僕より(笑)さらにしっかりしている」(5/26)
Getty Images
▽突然の結婚発表には日本中のウッチーファンが驚いたことでしょう。2015年は様々な結婚の話題が賑わせました。

バックナンバー
1月:ジェラードが退団…そして王者・日本はベスト8で敗退…
2月:アギーレ解任…Cロナは大敗後に誕生日パーティ
3月:ハリルホジッチ監督就任! クラシコはバルサが勝利
4月:モウリーニョが武藤に言及!? クロップ退任が発表

コメント

関連ニュース

thumb

移籍理由は野良犬襲撃のショック!? スペイン人MFが1度もプレーせず、ボスニア・Hのクラブ退団

▽かつてコルドバやセビージャに在籍したスペイン人MFハビエル・エルバス(27)が、“野良犬襲撃のショック”を理由にボスニア・ヘルツェゴビナのジェリェズニチャル・サラエヴォを電撃退団した。イギリス『ワールド・サッカー』が伝えている。 ▽コルドバでプロキャリアをスタートし、2015年までセビージャに在籍していたエルバスは、2015年10月にオーストラリアのブリスベン・ロアーに完全移籍するも思うような活躍ができず。新シーズンからジェリェズニチャル・サラエヴォに加入することになった。 ▽だが、エルバスは同クラブで1度もプレーすることなく、クラブ側に退団希望を表明。その後の交渉の結果、違約金を支払うことで合意し、22日に母国のミランデスに電撃移籍することになった。 ▽ジェリェズニチャル・サラエヴォは、エルバスの退団希望の理由に関して、家族がサラエヴォでの生活に馴染むことができなかったと主張。だが、本当の理由は“野良犬襲撃のショック”によるものだったようだ。 ▽『ワールド・サッカー』の伝えるところによれば、自身初のボスニア・ヘルツェゴビナリーグでの挑戦に意気込むエルバスは、休暇明けで夫人を伴い、サラエヴォに到着。しかし、同選手と夫人は滞在2日後に市内で愛犬の散歩中に、野良犬の襲撃に遭う悲劇に見舞われた。そして、夫人共々この事件に強いショックを受けたエルバスは、1度もプレーすることなくサラエヴォを去ることになった。 2016.07.29 19:30 Fri
twitterfacebook
thumb

メッシ、テベスを押しのけて年間最優秀ゴール賞を受賞したFWリマが現役引退へ…TVゲームプレーヤーに転身

▽2015年度のFIFAプスカシュ賞(年間最優秀ゴール賞)を受賞したブラジル人FWヴェンデウ・リラ(27)が現役を引退するようだ。その理由は、TVゲームでプロになるためのようだ。イギリス『BBC』が報じている。 ▽リラは、ブラジルのゴイアネンシアに所属していた当時、2015年3月11日に行われたゴイアス選手権のアトレティコ・ゴイアニエンセ戦で決めたバイシクルシュートで、2015年度のFIFAプスカシュ賞を受賞していた。 ▽受賞後にゴイアネンシアを退団していたリラは、ヴィラ・ノヴァに加入。しかし、ことし5月をもって退団し、無所属となっていた。 ▽リラは、自身のYouTubeチャンネルを開設する予定で、ブラジル『グローボ』に「僕の夢は『FIFAシリーズ』の世界チャンピオンになること」とコメント。EA社の『FIFA』シリーズのプレーヤーとして、キャリアを積むようだ。なお、引退には怪我の影響も挙げている。 2016.07.29 14:07 Fri
twitterfacebook
thumb

バスケ界のスーパースター、ノヴィツキーがチャリティーマッチでザザの“伝説PK”を再現

▽バスケットボール界のスーパースターであるダーク・ノヴィツキーが、27日に母国ドイツのマインツで行われたチャリティーマッチで、イタリア代表FWシモーネ・ザザの“伝説PK”を再現した。フランス『レキップ』など複数メディアが伝えている。 ▽北米で展開する男子プロバスケットボールリーグのNBAのダラス・マーベリックスでプレーするノヴィツキーは、2007年にシーズンMVPを受賞するなど、母国ドイツで絶大な人気を誇るプロバスケットプレーヤーだ。 ▽以前から慈善活動に積極的なノヴィツキーは、27日に同胞で世界屈指のレーシングドライバーとして知られるセバスチャン・ベッテルらと共に、母国でチャリティーマッチを行った。 ▽同試合には、ミロスラフ・クローゼやルーカス・ポドルスキといったドイツ代表で活躍したフットボーラーを始め、ミック・シューマッハやフェリペ・マッサ、ミカ・ハッキネンなどのF1レーサーなど、スポーツ界のスーパースターたちが集結し、白熱の攻防を繰り広げられた。 ▽そして、この試合のハイライトとなったのが、ノヴィツキーのPKシーンだった。213cmの超大型プレーヤーは、太ももを高く上げてファンキーな助走を行うも、長過ぎる右足で放ったシュートは大きくクロスバーの上を越えていった。 ▽このPKは蹴った足こそ違ったものの、ユーロ2016のドイツ代表戦で痛恨のPK失敗となったザザのPKにそっくりだった。そして、ノヴィツキーのこの気の利いたジョークにスタンドに集まった多くのファンからは、笑いを含んだ盛大な拍手が送られた。 ▽なお、ノヴィツキーとザザのPK動画は以下のURLからチェックしてみてください。 ◆本家よりも豪快!? https://www.youtube.com/watch?v=CLJQHphntuw ◆ザザの“伝説PK” https://www.youtube.com/watch?v=4baUZ9NFkD0 2016.07.28 16:25 Thu
twitterfacebook
thumb

O・デンベレがソックスにスマホを忍ばせトレーニング中に「ポケモンGO」をプレー…見つけたトゥヘルは没収

▽世界中で大流行の「ポケモンGO」だが、トレーニング中にプレイするのはやはり許されなかった。 ▽現在プレシーズンマッチを行うため中国遠征を行っているドルトムントだが、FWウスマーヌ・デンベレ(19)がトレーニング中に「ポケモンGO」をプレイしたためトーマス・トゥヘル監督に怒られていた。 ▽マンチェスター・ユナイテッドとのインターナショナル・チャンピオンズカップで1-4と快勝。O・デンベレは1得点の活躍を見せ、勝利に貢献していた。 ▽「ポケモンGO」の公式アカウントのツイートをリツイートするなど、興味津々のO・デンベレは、ボール回しのトレーニング中にソックスの中にスマホを忍ばせていた様で、それを見つけたトゥヘル監督が没収してポケットに入れるシーンが動画に収められていた。 ▽「ポケモンGO」はモンスターを捕まえたり、ジムで対戦したりするゲームだが、ゲーム内の機能にゲットした「タマゴ」を孵化させる機能があり、決められた距離を移動することで「タマゴ」が孵化し、モンスターをゲットできる仕組みとなっている。19歳のO・デンベレはトレーニング中の移動距離を利用して「タマゴ」を孵化させようとしたと見られている。 ▽倒れ込んだO・デンベレに近づいたMF香川真司も状況を把握したのか、ひとツッコミ。トゥヘル監督も香川も笑って済ませていたが、「ポケモンGO」で問題視されている“ながらスマホ”の度が過ぎてしまったようだ。 ◆監督がスマホを没収! https://t.co/8SMDYHBXy0 2016.07.26 20:46 Tue
twitterfacebook
thumb

北九州でも「大人」による不正入場が発覚…今季4チーム目の報告

▽ギラヴァンツ北九州は26日、不正入場があったことを報告した。 ▽今シーズン相次いでいる不正入場だが、北九州によると24日に開催された明治安田生命J2リーグ第25節の横浜FC戦で、C席アウェイサポーター入場口から2名の「大人」の方が小中学生チケットで入場を試み、警備員から止められるという事態が発生したとのことだ。 ▽北九州は公式サイトを通じて「この行為はJリーグが主管する試合運営管理規定第5条に抵触し、極めて悪質で重大な違反行為であり、ギラヴァンツ北九州が目指す「フェアプレー」精神にも反する行為であります」と声明を発表。また、「クラブとしましてはこのような行為は遺憾であり、断じて許すことはできません。ホームゲーム、アウェイゲームに関わらず、このような行為が発覚した場合は厳正なる対処をさせていただきます」としている。 ▽今シーズンのJリーグでは、発表されているだけでもセレッソ大阪、清水エスパルス、横浜F・マリノスと3チームが報告しており、北九州が4チーム目の不正入場の報告となった。サポーターの問題行為も多く報告されているため、リーグとしても対処法を問われることになりそうだ。 2016.07.26 17:25 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース