【プレイバック2015】ハリルホジッチ監督就任! クラシコはバルサが勝利 《2015年3月》2015.12.31 14:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽2015年も残すところ本日のみとなりました。今年もサッカー界では様々な注目すべき出来事が起こりましたが、今回は「超ワールドサッカー」で人気があったニュースを1月〜12月までランキングでご紹介! この機会に、ぜひ振り返ってみてください!

2015年3月

10位 キャラガー氏、イブラ退場で主審に詰め寄ったチェルシーに一言「みっともない」(3/13)

▽キャラガー氏は『スカイ・スポーツ』の解説者として活躍しています。

9位 スアレス決勝弾でクラシコ制したバルサがマドリーとの差を4ポイントに広げる《リーガエスパニョーラ》(3/24)
Getty Images
▽出場停止から開放されたスアレスはクラシコでいきなり活躍しました。

8位 岡崎&本田弾でハリルジャパン初陣を勝利で飾る《キリンチャレンジカップ2015》(3/28)

▽ハリルジャパンの初陣はチュニジア代表との対戦でした。

7位 ベイル、マドリー退団を希望? ユナイテッドからオファーあれば移籍か(3/16)

▽ベイルの放出に関する噂はこの冬も巻き起こるのでしょうか。

6位 チアゴ・シルバが劇的同点弾、120分間の激闘制したPSGがベスト8進出《CL》(3/13)

▽パリ・サンジェルマンはチェルシーとの激しい打ち合いをアウェイゴール差で勝ちきりました。

5位 ディ・マリアに失望するファン・ハール「感情を抑えなければいけない」(3/11)

▽この結果、夏にパリ・サンジェルマンへと移籍するのです。

4位 レアル・マドリー、クラシコ敗戦でファンから罵声 ベイルの車が攻撃される(3/24)

▽昨シーズンは厳しい立場に置かれたベイル。でも、車を襲うのはいけません。

3位 マドリッド・ダービー実現、準々決勝組み合わせ決定《CL》(3/21)

▽パリ・サンジェルマンvsバルセロナという好カードも。

2位 G大阪FW宇佐美が日本代表入り!最多キャップの遠藤は招集外《キリンチャレンジカップ2015・JALチャレンジカップ2015》(3/20)
Getty Images
▽G大阪のFW宇佐美貴史が待望の日本代表入りを果たしました。

1位 日本代表新監督にヴァイッド・ハリルホジッチ氏が就任!(3/12)
Getty Images
▽アギーレ監督解任後、約1カ月での就任となりました。

バックナンバー
1月:ジェラードが退団…そして王者・日本はベスト8で敗退…
2月:アギーレ解任…Cロナは大敗後に誕生日パーティ

コメント

関連ニュース

thumb

フィオレンティーナファンがリスボンで死去…“リスボン・ダービー”直前のサポーターの衝突が原因か?

▽フィオレンティーナのファンが遠く離れたポルトガルのリスボンで命を落としたようだ。サポーター同士の衝突が原因と見られている。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽22日に行われる、スポルティング・リスボンvsベンフィカの“リスボン・ダービー”のため、ポルトガルを訪れていた41歳のフィオレンティーナファンが、21日の深夜に命を落としていた。警察が原因を調査している。 ▽この死を受け、スポルティング・リスボンがクラブを通じて声明を発表。ファンの死を悲しむとともに、事件にはクラブが関与していないと表明した。 「スポルティングは、昨夜の悲劇的な出来事に関し、とても残念に思うとともに、関与を否定します。」 「家族に対し、スポルティングは最も深い哀悼の意を表します」 ▽命を落としたフィオレンティーナファンは、長年スポルティングも応援しており、ダービーを観戦するためにリスボンを訪れていたとのこと。複数メディアによると、スタジアム付近でスポルティング・リスボンのファンとベンフィカのファンが衝突。そこから逃げ出す際に、車に轢かれてしまったとのことだ。 2017.04.22 21:30 Sat
twitterfacebook
thumb

珍事? プレミア昇格決定のブライトン守護神が背中で2ゴール…オウンゴール2つで敗戦

▽チャンピオンシップ(イングランド2部相当)で珍記録が生まれてしまった。ブライトン&ホーヴ・アルビオンのGKデイビッド・ストックデイルが2つのオウンゴールを記録してしまった。 ▽21日に行われたチャンピオンシップ第44節のノリッジvsブライトン。試合は2-0でノリッジが勝利したが、どちらのゴールもGKストックデイルのオウンゴールだった。 ▽まずは18分、ボックス手前正面からプリチャードが強烈なミドルシュート。これがクロスバーを叩くと、GKストックデイルの背中に当ってゴールラインを割る。 ▽さらに39分、再びボックス手前中央でパスを受けたプリチャードがミドルシュート。今度は右ポストを直撃するも、再びGKストックデイルの背中に当ってゴールラインを割り、2-0でノリッジが勝利した。 ▽ブライトンのクリス・ヒュートン監督は試合後にコメント。「見たことがない」と語り、GKストックデイルを擁護した。 「これまでに見たことがない。時々GKには起こることだが、通常は1試合で2回見ることはない」 「当然、デイビッドには何の責任もない。彼はセーブしようとし、ボールが彼の元に戻ってきただけだ」 「私が言えることは、選手たちがボックス付近でプリチャードにシュートを打たせてしまったことの罰を受けたということだ。ノリッジには高いクオリティがあり、それがトラブルを生んだということだよ」 ▽ブライトンは前節終了時点で来シーズンのプレミアリーグ昇格を決定。昇格に大きく貢献した守護神の珍事は誰も責めることはできない。 2017.04.22 13:15 Sat
twitterfacebook
thumb

淫行で服役中の元イングランド代表MFアダム・ジョンソンのビデオが流出…反省の色なしの問題発言を連発

▽15歳の少女と性的関係を持ち、6年の実刑判決を下された元イングランド代表MFアダム・ジョンソン(29)だが、衝撃のビデオが流出。事件の反省を全くしていない様子が映し出されていた。イギリス『サン』が報じた。 ▽ジョンソンは、2015年3月に15歳の少女との性行為および性行為を目的に未成年者を誘った1件で逮捕され、2016年3月にブラッドフォード刑事法院で行われた裁判で懲役6年の実刑判決を下されていた。 ▽ミドルズブラの下部組織出身のアダム・ジョンソンは、2005年に17歳でトップチームデビュー。その後、2010年にマンチェスター・シティに加入し、2011-12シーズンにはプレミアリーグ制覇に貢献。その後、2012年に加入したサンダーランドでも主力を担い、今シーズンはリーグ戦19試合に出場し、2ゴールを記録していた。また、イングランド代表では通算12試合に出場し、2ゴールを挙げていた。 ▽現在は刑務所で刑期を務めているアダム・ジョンソンだが、隠しカメラの前で仲間の収容者に「中国でプレーはできないのか? あまり良いことは聞かないけど行けるんじゃないのか?」と質問されると、復帰へのプランを明かした。 「僕は多くの可能性を海外に持っている。イングランドで2度目のチャンスをもらうことはできない」 「彼らはおせっかいな連中で『彼はあれをやったんだから、もうプレーはできない』と言うだろう」 ▽イングランド国内でのプレーを諦めているアダム・ジョンソン。しかし、このビデオではイングランドどころか、サッカー選手として復帰することを難しくする発言が収められている。 ▽アダム・ジョンソンは会話の中で「ここでの6年間、彼女を強姦したいと願うよ」と笑いながらコメント。自身が逮捕されたことへの反省の色を見せず、当時の状況を語った。 「ホームゲームに行くと、駐車場の車の前に毎試合彼女が居たんだ。タイトなジーンズに小さなシャツ、胸はほとんど出ていたよ。スカートはあまりなかった」 「試合が終わると、彼女はいつも写真をねだってきた。6カ月ぐらい続き、彼女が『サインしたユニフォームをもらえませんか?』と聞いてきたんだ。そこからSNSでの関係が始まった」 「僕は彼女を受け入れたし、彼女と話すようになった。何も知らなかったんだ。彼女は17か、18だと思ったね。2、3週間位話して、会うことになった。そして彼女にキスをしたんだ」 ▽当時の状況を鮮明に語る姿からは反省の色が見えず、むしろ反感を買ってしまうようなもの。刑期を終えると34歳になっているアダム・ジョンソンだが、イングランドのみならず国外でもプロサッカー選手としてプレーすることは難しいかもしれない。 2017.04.21 23:21 Fri
twitterfacebook
thumb

ドルトムントのチームバスを爆破した容疑者の身柄が拘束

▽ドイツ連邦検察庁は21日、11日にドルトムントのチームバスを爆破攻撃した容疑者を拘束したと発表した。イギリス『BBC』など複数メディアが一斉に報じた。 ▽拘束されたのは、ロシア人のセルゲイ・W容疑者。年齢は28歳で、ドルトムントのチームが宿泊していたホテルに泊まっていたとのことだ。 ▽犯行の動機は、チームの株価を下げるためとのこと。セルゲイ・W容疑者はトレーダーであり、ドルトムントの株価を下げて儲けを出そうとしていたとのことだ。 ▽ドルトムントは容疑者の身柄拘束について声明を発表。ハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOとラインハルト・ラウバル会長が共同で感謝を示した。 「連邦検事、連邦刑事局、ノルトライン=ヴェストファーレン州の警察により、徹底的な捜査が行われた。我々は感謝し、我々の選手たち、スタッフに対する卑怯な攻撃をした容疑者が捕まったことを願っています」 2017.04.21 19:43 Fri
twitterfacebook
thumb

悲劇…元イングランド代表DFでトッテナムU-23のウーゴ・エヒオグ監督が練習場での心臓発作で44歳で急逝

▽トッテナムは21日、U-23チームの監督を務めていた元イングランド代表DFウーゴ・エヒオグ氏(44)が同日早朝に心臓発作で逝去したことを発表した。 ▽エヒオグ氏は、20日午前にトッテナムの練習場で心臓発作を起こし、クラブのメディカルスタッフによる応急処置を受けた後、ロンドン市内の病院に緊急搬送されていた。だが、懸命の治療を施したものの、21日の早朝に他界した。 ▽トッテナムの育成部門のトップを務めるジョン・マクダーモット氏は、エヒオグ氏の突然の訃報を受けて、クラブ公式サイトで以下のような声明を発表した。 「私たちとクラブが感じる悲しみとショックは言葉に表すことができません。ウーゴという巨大な存在は何にも代えることができません。私たちの心からの哀悼を彼の妻であるジェンマ、その家族に捧げます」 ▽また、トッテナムはエヒオグ氏への哀悼の意を表すと共に、妻であるジェンマさんのプライバシーを尊重するよう、声明の中で求めている。さらに、同氏の治療にあたった地元の病院や医師への感謝の言葉も伝えている。 ▽現役時代に屈強なセンターバックとして活躍したエヒオグ氏は、WBAやアストン・ビラ、ミドルズブラ、レンジャーズといったクラブでプレー。1996年にはイングランド代表デビューを飾り、通算4試合に出場していた。 ▽その後、2014年からトッテナムのU-23チームの監督を務めていた。なお、U-18日本代表経験を持ち、トッテナムU-23チームに在籍するMFサイ・ゴダードは、エヒオグ氏の指導を受けていた教え子の1人だ。 ▽現在、チェルシーと熾烈なプレミアリーグ優勝争いを戦うトッテナムにとって、アカデミーの監督で人格者として知られていたエヒオグ氏の突然の訃報は、精神的に大きな影響を与えそうだ。そして、悲しみに暮れるチームは、22日にウェンブリーで行われるFAカップ準決勝でチェルシーとのビッグマッチに臨む。 2017.04.21 18:31 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース