スアレス決勝弾でクラシコ制したバルサがマドリーとの差を4ポイントに広げる《リーガエスパニョーラ》2015.03.23 07:05 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽リーガエスパニョーラ第28節、首位バルセロナvs2位レアル・マドリーのエル・クラシコが22日にカンプ・ノウで行われ、2-1でバルセロナが勝利した。

▽水曜日にマンチェスター・シティを退けて8年連続のチャンピオンズリーグ8強入りを決めたバルセロナは、最近の公式戦18試合で17勝1敗と絶好調だ。ルイス・エンリケ監督は、GKテル・シュテーゲンをリーガ担当のGKブラーボを代えた以外、シティ戦と同様のメンバーを起用。負傷明けのブスケッツはベンチスタートとなった。

▽一方、バルセロナを1ポイント差で追うマドリー。アンチェロッティ監督は、2-0で勝利した前節のレバンテ戦から先発を2選手変更した。GKケイロル・ナバスとルーカス・シウバに代えて、GKカシージャスとクロースを先発に戻している。

▽天候くもり、気温12℃、湿度72%のコンディションでスタートした試合は、緊張感のある立ち上がりとなる。守備時はベイルが右サイドハーフに下がって[4-4]の2ラインでセットするマドリーに対し、ホームのバルセロナはいつも通り能動的に仕掛けていく。

▽そんな中、先に決定機を演出したのはアウェイチームだった。12分、左サイドからカットインしてバイタルエリアに侵攻したマルセロが、ボックス左のベンゼマにパス。最後は、ボックス右のC・ロナウドがベンゼマのクロスにダイレクトで合わせたが、シュートはバーに弾かれた。

▽枠に助けられたバルセロナは、勢いに乗るマドリーにペースを掴まれかけるも、すぐさまポゼッションを高めて、主導権を渡さない。すると、バルセロナが最初の決定機を得点に結びつける。19分、ボックス左角の手前でFKを獲得すると、キッカーを務めたメッシがクロスを入れる。これにセルヒオ・ラモスのマークを外してゴール前へ飛び込んだマテューが頭で合わせてネットを揺らした。

▽先行したバルセロナは、30分に追加点のチャンスを得る。ルーズボールを拾ったボックス右のスアレスのシュートは当たりそこねるも、ゴール正面に流れたボールに反応したネイマールが押し込みにいく。しかし、ネイマールもミートさせることができず、シュートは力なくGKにキャッチされた。

▽すると、ピンチを免れたマドリーがエースのゴールで同点に追いつく。31分、モドリッチの縦パスをボックス右に流れたベンゼマがピケを引き連れながら中央にさばく。スペースに流れたボールをC・ロナウドが押し込み、マドリーが試合を振り出しに戻した。

▽C・ロナウドの今季31ゴール目で追いついたマドリーは、そこからハーフタイムにかけて攻勢に出る。40分には、ボックス左からベンゼマが上げたクロスをC・ロナウドが逸らすと、最後はファーサイドで詰めたベイルがネットを揺らす。しかし、これはオフサイドの判定でゴールは認められない。

▽その後、マドリーは43分にC・ロナウドが強烈なミドルシュートを枠内に飛ばす。しかし、これはGKブラーボの好守に防がれて追加点とはならなかった。

▽1-1で迎えた後半、先にゴールへ近づいたのはマドリーだった。49分、C・ロナウドとのワンツーでゴール正面に侵入したベンゼマが枠内にシュートを放つも、これはコースが甘くGKブラーボに弾かれる。

▽前半の半ば以降はマドリーのペースだったが、56分にバルセロナの抜け目ない新加入FWがゴールを陥れる。ダニエウ・アウベスのフィードを相手ディフェンスライン裏で受けたスアレスが、冷静にGKカシージャスの牙城を破って追加点をもたらした。

▽その後、よりオープンな展開となると、マドリーは78分にベンゼマのミドルシュートがDFにディフレクトして枠の右を捉えるも、GKブラーボの好守を前にゴールとはならない。一方、バルセロナは86分にジョルディ・アルバ、87分にメッシが枠内シュートに持ち込んだが、いずれもGKカシージャスのファインセーブに阻まれる。

▽結局、終盤は途中出場のブスケッツやチャビを中心にバルセロナが試合をクローズしにかかり、そのまま逃げ切りに成功。クラシコを制したバルセロナがマドリーとの勝ち点差を4ポイントに広げた。

コメント

関連ニュース

thumb

マドリーがスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラ獲得を検討…禁断の移籍実現か

▽レアル・マドリーが、バイエルンのスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラ(27)の獲得を検討しているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽先日、マドリーへの電撃就任が決まったフレン・ロペテギ監督はすでに来シーズンに向けた補強の計画を練っているようだ。『マルカ』によれば、クロアチア代表MFマテオ・コバチッチが今夏にマドリーを去る可能性が高いことから、後釜としてチアゴ・アルカンタラの獲得を考慮しているという。 ▽スペイン代表で活躍するチアゴ・アルカンタラは、ロペテギ監督が同代表を率いていた際に重宝された選手。両者は良好な関係を築いており、ロペテギ監督は愛弟子の獲得を望んでいるようだ。また、バイエルンに新たに就任したニコ・コバチ監督も、同選手を不可欠な選手だと感じておらず、7000万ユーロ(約89億円)の移籍金が必要とされるスペイン代表のプレーメーカー獲得のための交渉の余地はあるようだ。 ▽チアゴ・アルカンタラといえばバルセロナのカンテラ出身ということで有名だ。ユース時代を含めて2005年から2013年までの間バルセロナで過ごし、“傑作”の一人に数えられる逸材だった。そのチアゴ・アルカンタラがマドリー移籍することになれば、間接的に“禁断の移籍”が実現してしまうことになるが、果たしてスペインの首都を新天地に求めることになるのだろうか。 2018.06.21 20:55 Thu
twitterfacebook
thumb

マドリー、ウクライナ期待の若手GK獲得に迫る!

▽レアル・マドリーが、ゾリャ・ルハンクス(ウクライナ)に所属するウクライナ代表GKアンドリー・ルニン(19)獲得に迫っているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽『マルカ』によると、ルニンは今夏の加入が濃厚な模様。プレシーズンからチームに参加し、フレン・ロペテギ新監督にパフォーマンスを披露することになるだろう、と報じられている。移籍金は推定で1400万ユーロ(約17億8000万円)だ。 ▽各年代のウクライナ代表に選出され、フル代表でも19歳にして2キャップを記録している身長191㎝と長身なルニンは、シュートストップに優れ欧州で最も評価されている若手の1人。プロデビューを飾ってからの過去2シーズンでは、公式戦通算51試合に出場した内の20試合でクリーンシートを達成している。 2018.06.20 18:40 Wed
twitterfacebook
thumb

グティ、指導者としてレアル・マドリー残留…2年延長で合意か

▽レアル・マドリーの下部組織で監督を務めるグティ氏(41)は、現状維持を決断したようだ。『フットボール・エスパーニャ』が報じた。 ▽選手時代にそのイケメンぶりと茶目っ気のある性格から女性人気の高かったグティ氏は、2013年から指導者キャリアをスタート。2016年夏からレアル・マドリーのユースチームであるフニベルAを率い、数々のタイトルをもたらすと、今シーズンも同カテゴリーのコパ・デル・レイ決勝に勝ち進んでいる。 ▽既報で古巣ベシクタシュとの交渉を行っていたとされるグティ氏だが、来シーズンからフレン・ロペテギ監督がトップチームの指揮を執るレアル・マドリーへの残留を決意。新たに2年間の契約延長で合意に達したという。 2018.06.19 18:45 Tue
twitterfacebook
thumb

“ストイックマン"CR7…エブラ「彼の昼食は無味の鶏とサラダ、水。もはやマシーン」

▽元フランス代表DFパトリス・エブラがマンチェスター・ユナイテッド時代の同僚であるレアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとの秘話を明かした。イギリス『ミラー』が伝えている。 ▽キャリアを通じて、ワールドカップ(W杯)を除けば獲得可能な栄冠をほぼ全て勝ち取り、ベストプレーヤーの1人としても名高いC・ロナウド。そのポルトガル人スタープレーヤーを巡っては、異常なまでのストイックさが話題に挙がることも少なくない。 ▽かつてユナイテッドの黄金期を共に過ごしたエブラは、いまだ手にしていないW杯トロフィーのために決戦地ロシアで奮闘するC・ロナウドについて言及。笑いを交えながら、そのストイックさが際立つエピソードを回想した。 「みんなに忠告しておく。彼から自宅にランチに招かれたら、『ノー』と言った方が良い。行ったら、テーブルにプレーンのチキンとサラダだけ。それと、ジュースじゃなく、水さ。他に何もなかった」 「食事を終えると、彼はボールを使ってスキルを見せつけ、ボールで遊ぼうと言ってきた。僕は『なんで家に呼んだんだ?』って問いただしたけど、『やろう』って…」 「その後、彼はプールで泳ぎ、ジャグジー、サウナに連れて行かれたんだ。彼はマシーンだ。誰も彼のトレーニングを止めることはできない。だから、彼に家に招待されたら、やめといた方が良い」 「ある日、リオ・ファーディナンドと彼が卓球勝負をした。リオが彼を打ち負かしたんだ。すると、彼は怒り、卓球台を買った。それから2週間の練習に励み、リオにリベンジを果たしたんだ」 「クリスティアーノ・ロナウドは、そういう男さ。だから、彼が何故、あれほどゴールデン・ボールやワールドカップ優勝を望んでいるのか理解できるよ。彼は負けず嫌いなんだ」 2018.06.19 16:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ネイマールの全盛期はレアル・マドリーで…バルダーノ「C・ロナウドの後継者に」

レアル・マドリーで選手としてプレー。その後、監督やゼネラルディレクターなどを歴任してきたホルヘ・バルダーノ氏が、パリ・サンジェルマンに所属するブラジル代表FWネイマールの去就について、自身の見解を述べた。<br><br>昨年の夏にバルセロナからパリSGに移籍したネイマールは、フランスの地でもその能力を遺憾なく発揮。その一方で今後の去就について取り沙汰されており、とりわけレアル・マドリーへの移籍がうわさされている。<br><br>ネイマールの去就について、フランス紙『レキップ』のインタビューで尋ねられたバルダーノ氏は、「ネイマールはR・マドリーで全盛期を迎える」とコメント。ネイマールがR・マドリーで輝く姿をイメージしているようで、続けて以下のように話した。<br><br>「私にとって、ネイマールはクリスティアーノ・ロナウドの正統な後継者だ。今後5年間で全盛を迎える彼のタレント性に賭けたいね」<br><br>ネイマールは現在26歳。パリSGを経由するとはいえ、キャリアの最盛期に元バルセロナのスターが宿敵に移籍するとなれば大きな物議を醸すことになるが、バルダーノ氏の発言は現実になるのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.06.18 21:55 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース