岡崎&本田弾でハリルジャパン初陣を勝利で飾る《キリンチャレンジカップ2015》2015.03.27 21:41 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ハリルホジッチ監督を新指揮官に迎えた日本代表は27日、大分スポーツ公園総合競技場でキリンチャレンジカップ2015のチュニジア代表戦に臨み、2-0で勝利した。

▽八百長問題によってアギーレ前監督を解任した日本は、ブラジル・ワールドカップでアルジェリア代表をベスト16に導いたボスニア・ヘルツェゴビナ出身のハリルホジッチ監督を招へい。31名の代表選手を招集し、4日間の合宿を経て迎えた初陣のスタメンに本田や香川、岡崎といった常連組の名はなく、永井や川又、山口に藤春といった新戦力たちが多数起用された。

▽注目の日本のシステムは川又を1トップとする[4-2-3-1]。立ち上がりは日本がハイプレスをかけるアグレッシブな入りを見せた。ボールホルダーに鋭く寄せる日本は、両ウイングの永井と武藤が守備に戻るなど、指揮官の要求通り“全員守備”を敢行していった。

▽一方、日本と同じ[4-2-3-1]のシステムを敷くチュニジアも、立ち上がりこそ日本のハイプレスに慌てる素振りを見せたものの、個々の技術の高さを生かして丁寧にビルドアップを図っていく。そして、守備に回ってもタイトに寄せて日本に自由を与えなかった。

▽シュートの少ない拮抗した展開で推移する中で21分、日本に決定機が訪れる。清武の左CKから川又が打点の高いヘディングシュートを放った。しかし、ボールは惜しくもバーに直撃する。さらに25分にはFKの流れから藤春が右足でシュートに持ち込むも、枠を捉えきれない。

▽前半の半ば以降、トップ下の清武がボールに絡んでリズムを作る日本は、3人目の動きを絡めた連動性ある崩しでチュニジアの強固な守備を打開にかかった。32分にはスローインの流れから見事な崩しを見せて清武がシュートを放つも、ミートしきれない。前半終盤にかけても押し込み続けた日本だったが、チュニジアの守備ブロックを攻略できず、シュートに持ち込めない状況が続いた。

▽両チーム選手交代なく迎えた後半も日本が押し込む展開で推移。ただ、水際で身体を張るチュニジア相手にやはりシュートに持ち込めなかった。60分には、永井と清武に代えて、本田と香川の両主力を同時に投入。本田は右サイドに、香川はトップ下に入った。

▽両選手がボールに絡んで流れを引き寄せにかかる日本は66分、本田の右CKから吉田のヘディングシュートがネットを揺らしたが、その前にファウルを取られてノーゴールとなってしまう。さらに67分にはダイレクトパスを使った流れから川又がシュートを放つも、ミートしきれなかった。

▽なかなかゴールをこじ開けられない日本は、72分に再び2枚代えを敢行。川又と武藤に代えて、岡崎と代表デビューの宇佐美を投入。岡崎が最前線に、宇佐美は左ウイングに入った。すると78分、主軸3選手のプレーで均衡を破る。香川のスルーパスをボックス左で受けた本田がファーサイドへクロスを上げると、フリーで待っていた岡崎がヘッドでゴールへ叩き込んだ。

▽さらに83分にも岡崎、香川、本田のトリオによってゴールがもたらされる。岡崎がバイタルエリアでタメを作ってスルーパスを供給。これをボックス左で受けた香川がクロスを入れて混戦を呼び、最後はルーズボールを本田が押し込んだ。

▽その後も3点目を狙う日本は、86分に香川が枠を捉えたミドルシュートを放てば、89分にも香川のスルーパスに抜け出したボックス左の宇佐美が右ポスト直撃のシュートを放つなど、チュニジアを圧倒。さらなる追加点こそ生まれなかったが、2-0のまま勝利した日本がハリルジャパン初陣を白星で飾った。
コメント
関連ニュース
thumb

目指すはチャンピオン! シント=トロイデンDF冨安健洋、MF遠藤航がコメント《AFCアジアカップ2019》

▽日本サッカー協会(JFA)は12月12日、来年1月5日(土)から2月1日(金)にかけて開催されるAFCアジアカップUAE2019に臨む日本代表メンバーを発表した。 ▽森保一監督体制初の公式戦に招集されたシント=トロイデンDF冨安健洋は、チャレンジャー精神を持って臨むとコメントした。 ◆DF冨安健洋 「アジア杯のメンバーに選出していただき光栄に思います。また、今までのキリンチャレンジカップとは違いアジアチャンピオンをかけた戦いとなるのでより一層気が引き締まる思いでいます。ただ、ピッチに立ってプレーするかしないかでは経験値に大きな差が出てくると思うので、まずはピッチに立つことができるよう練習からチャレンジャー精神を忘れず思い切ってアピールしたいと思っています。アジアチャンピオンになるために少しでもチームの力になれるよう頑張ります。応援よろしくお願いします」 ▽一方、同じく招集されたシント=トロイデンMF遠藤航は、チーム一丸となってのチャンピオン奪還を志している。 ◆MF遠藤航 「アジアカップを戦うメンバーに招集され、心から嬉しく思っています。2大会ぶりのアジアチャンピオン奪還を目指して、チーム一丸となって戦っていきます。UAEに行く前に、チームでの戦いが待っています。今週末のロケレン戦、来週はウィークデーにカップ戦の準々決勝も控えています。まずはチームでのプレーに集中し勝利を目指しますので、応援よろしくお願いします」 2018.12.12 17:37 Wed
twitterfacebook
thumb

FC東京DF室屋成はいつもどおりのプレーを心がける《AFCアジアカップ2019》

▽日本サッカー協会(JFA)は12日、来年1月5日(土)から2月1日(金)にかけて開催されるAFCアジアカップUAE2019に臨む日本代表メンバーを発表した。 ▽森保一監督体制初の公式戦に招集されたFC東京のDF室屋成は、以下のように意気込みを語っている。 ◆DF室屋成 「日本代表メンバーに選出いただき、大変嬉しく思います。チームとしてアジアカップ優勝をめざすとともに、個人としてもいつもどおりのプレーを心がけチームの勝利に貢献できるように頑張ります」 2018.12.12 16:41 Wed
twitterfacebook
thumb

清水FW北川航也が口にするのは結果「結果にこだわってプレーしたい」《AFCアジアカップ2019》

▽日本サッカー協会(JFA)は12日、来年1月5日(土)から2月1日(金)にかけて開催されるAFCアジアカップUAE2019に臨む日本代表メンバーを発表した。 ▽フル代表としては自身初の国際大会となる清水エスパルスのFW北川航也は、結果にこだわることを誓った。 ◆FW北川航也 「日本代表に選出いただき、光栄に思います。チームメイト、スタッフ、サポーターの皆さんの支えがあって、今回も選出いただけたと思っています。日本を代表して、そしてエスパルスを代表して戦ってきます。アジアカップ優勝に貢献するとともに、個人としても結果にこだわってプレーしたいと思います。応援よろしくお願いします」 2018.12.12 16:38 Wed
twitterfacebook
thumb

柏MF伊東純也は貢献を誓う! 「勝利に貢献できるようにすべてを注ぐ」《AFCアジアカップ2019》

▽日本サッカー協会(JFA)は12日、来年1月5日(土)から2月1日(金)にかけて開催されるAFCアジアカップUAE2019に臨む日本代表メンバーを発表した。 ▽森保一監督体制初の公式戦に招集された柏レイソルのMF伊東純也は、以下のように意気込みを語っている。 ◆MF伊東純也 「今回はアジアカップという大きな国際大会に日本代表の一員として参加できることを嬉しく思います。厳しい戦いになると思いますが、チームの勝利に貢献できるようにすべてを注いで頑張ります」 2018.12.12 16:36 Wed
twitterfacebook
thumb

恩師を胴上げへ! 広島MF青山敏弘、DF佐々木翔が意気込む《AFCアジアカップ2019》

▽日本サッカー協会(JFA)は12日、来年1月5日(土)から2月1日(金)にかけて開催されるAFCアジアカップUAE2019に臨む日本代表メンバーを発表した。 ▽森保一監督制で精神的支柱としての役割を果たすサンフレッチェ広島MF青山敏弘と、今シーズン復活を遂げたDF佐々木翔は以下のように意気込みを語っている。 ◆MF青山敏弘 「日本代表に選ばれて光栄です。今大会ではタイトルを目指し、チームの勝利に貢献できるように頑張ります」 ◆DF佐々木翔 「日本代表に選出されて嬉しく思います。難しい戦いが待っていると思いますが、日本の代表として責任を持ち、全力で戦います。応援をよろしくお願いいたします」 2018.12.12 16:35 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース