【プレイバック2015】2015年で最も注目を集めたニュースは!?2015.12.31 23:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽2015年の人気ニュースを1月〜12月までランキングで振り返ってきた「プレイバック2015」。最後は、2015年のニュース総合ランキングです! 1位に輝いたニュースは…!?

2015年総合ランキング

10位 ユナイテッドがシュバインシュタイガー獲得を発表(7/12)

▽10位はシュバインシュタイガーの移籍。それだけ注目を集めた移籍だったということでしょう。

9位 「C・ロナウドはどこへ行っても活躍できるが、メッシは…」 ファーガソン氏が2人を比較(4/28)

▽9位はクリスティアーノ・ロナウド、メッシ論争です。ファーガソン監督の見解をチェック。

8位 セルヒオ・ラモス、マドリーとの契約延長拒否でユナイテッド移籍か(6/15)

▽8位は去就が騒がれていたセルヒオ・ラモスの移籍問題。キャプテンとしてレアル・マドリーに残ることを決断しました。

7位 前回王者バルセロナはアーセナルと対戦!! CL決勝T1回戦の対戦カードが決定!!《CL》(12/14)

▽7位はチャンピオンズリーグの組み合わせ結果! 2月に再開するので注目です!

6位 チェルシー、モウリーニョ監督の解任を発表(12/18)

▽6位はモウリーニョ監督の解任劇。3年目のジンクスを破ることはできませんでした。

5位 G大阪FW宇佐美が日本代表入り!最多キャップの遠藤は招集外《キリンチャレンジカップ2015・JALチャレンジカップ2015(3/20)

▽5位は多くの方が待ち望んでいた宇佐美貴史の日本代表招集! 来年3月のW杯予選での活躍も期待です。

4位 CLグループステージの組み合わせが決定 グループDが激戦区に(8/29)

▽4位はチャンピオンズリーグ・グループステージの組み合わせ結果でした。グループステージ抽選会の方がハラハラ、ドキドキがあります。

3位 モウリーニョが武藤に言及「見合った実力がなければ…」(4/11)
Getty Images
▽3位はチェルシー移籍の噂があった日本代表FW武藤嘉紀について、モウリーニョ監督がコメントしています。

2位 激怒のミュラー、ペップに「クソみたいな戦術をさっさとやめろ!」と発言か(5/9)
Getty Images
▽2位はミュラーの爆弾発言。しかし、その言葉が通じたのかは分かりませんが、グアルディオラ監督は今季限りでチームを去ります。

1位 シャルケ内田が一般女性との入籍を発表「しっかり者の僕より(笑)さらにしっかりしている」(5/26)
Getty Images
▽栄えある2015年の総合1位は、内田篤人選手の結婚報道でした! やはり突然の発表が驚きを呼んだのでしょう。

▽2015年のニュースを振り返ってきましたが、いかがでしょうか。記憶に残っていたニュースはありましたか? 一方で見逃していたニュースもあったのではないでしょうか。2016年はリオ五輪予選に始まり、ロシアW杯予選、リオ五輪本選、ユーロとイベントが目白押しです。みなさん1年間ありがとうございました!

バックナンバー
1月:ジェラードが退団…そして王者・日本はベスト8で敗退…
2月:アギーレ解任…Cロナは大敗後に誕生日パーティ
3月:ハリルホジッチ監督就任! クラシコはバルサが勝利
4月:モウリーニョが武藤に言及!? クロップ退任が発表
5月:内田が結婚! 本田は10番剥奪の危機!?
6月:岡崎レスターへ! バルセロナは欧州王者に!
7月:カシージャスがマドリーを退団…シュバイニーがユナイテッド移籍
8月:CLの組み合わせが決定! ペドロがチェルシーへ!
9月:ユナイテッド絡みの移籍が市場を賑わす!
10月:クロップがリバプールへ! ユナイテッドファンは香川を支持
11月:ベンゼマが恐喝…フラミニの隠された秘密は!?
12月:モウリーニョ解任…マドリーが痛恨のミス…

コメント

関連ニュース

thumb

ベンゼマに再びスキャンダル…原因はイグアナ?

▽レアル・マドリーに所属する元フランス代表FWカリム・ベンゼマが、再びスキャンダルに巻き込まれていたようだ。イギリス『FourFourTwo』が伝えている。 ▽『FourFourTwo』の伝えるところによれば、ベンゼマは昨年12月末のウィンターブレーク期間中にカリブ海にあるフランス領のマルティニーク諸島に滞在していたという。そして、友人と共にマルティニーク国立公園を訪れた際に、イグアナを抱えて記念撮影した様子が友人の『ツイッター』に投稿されていた。 ▽だが、マルティニークではイグアナが絶滅危惧種に指定されており、人間が捕まえたり、一緒に写真を撮ることが禁止されている。そして、当該ツイッターを確認したマルティニーク当局は、ベンゼマの違反行為に対して罰金刑を科す書面での通知を行ったようだ。 ▽2015年に発覚したフランス代表の同僚MFマテュー・ヴァルブエナへの“セックステープ恐喝事件”で恐喝容疑をかけられるなど、近年ピッチ外での問題行為が目立つベンゼマだが、不運なことに再びピッチ外の厄介ごとに巻き込まれることになった。 ◆決定的な証拠に… https://twitter.com/NandoChachalana/status/813448851067731968?ref_src=twsrc%5Etfw 2017.02.22 22:48 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナル戦のベンチでパイを食べた45歳の巨漢GKがチームを退団…賭博の対象だったと認める

▽アーセナルとのFAカップに臨んだイングランド5部のサットン・ユナイテッドだが、試合中の行為により名物GKが退団することとなった。イギリス『BBC』が報じた。 ▽20日に行われたFAカップ5回戦でアーセナルを迎えたサットン・ユナイテッド。アマチュアリーグの5部リーグに所属しながらも快進撃を見せていたが、2-0で敗戦を喫していた。 ▽この試合中、サットン・ユナイテッドの名物GKであるウェイン・ショー(45)がベンチでパイを頬張っていたが、これが賭博規制違反であると調査が入ったようだ。 ▽体重が125kgもあるともされるショーだが、「ショーがパイを食べているところが映るかどうか」が賭けの対象になっていたことが発覚。このパイを食べるパフォーマンスが、八百長であったとの疑惑が浮上していた。 ▽疑惑がかけられていたショーは調査に対し関連性を認め、チームを退団したとのこと。サットン・ユナイテッドのポール・ドスウェル監督は「彼は間違った判断を下した」と『BBCラジオ5』で語り、「我々は調査を受けるだろう。そしてそれは、悪夢に変わった」と語っていた。 2017.02.22 22:05 Wed
twitterfacebook
thumb

サウジアラビア移籍を発表したクラッテンバーグ氏は今季終了までプレミア残留…週末のWBAvsボーンマスを担当

▽16日にプレミアリーグでの審判職を辞任し、サウジアラビアへと移籍することを発表したマーク・クラッテンバーグ氏(41)だが、シーズン終了まではプレミアリーグで笛を吹くことになったようだ。イギリス『BBC』が報じた。 ▽イングランド人審判のクラッテンバーグ氏は、2000年にフットボールリーグ2(イングランド3部)のチェスターフィールドvsヨーク・シティで初めての主審を務めた。その後、2004年にプレミアリーグの主審に昇格し、クリスタル・パレスvsエバートンでプレミアデビューを飾った。 ▽近年は、2012年ロンドン・オリンピック決勝や2014年のUEFAスーパーカップの主審も歴任し、プレミアリーグ並び欧州サッカー連盟(UEFA)、国際サッカー連盟(FIFA)を代表するトップレフェリーとの評価を確立。2016年にはチャンピオンズリーグ(CL)決勝やユーロ2016決勝でも主審を務め、同年の世界最優秀主審賞に輝いていた。 ▽16日に突如辞任を発表していたクラッテンバーグ氏だが、プレミアリーグは25日に行われるWBAvsボーンマスの試合を担当することを発表していた。 2017.02.22 19:26 Wed
twitterfacebook
thumb

クラッテンバーグ主審を囲んだハル・シティに280万円の罰金処分

▽イングランドサッカー協会(FA)は16日、ハル・シティへの罰金処分を発表した。金額は2万ポンド(約280万円)とのことだ。 ▽処分の対象となったのは、11日に行われたプレミアリーグ第25節のアーセナルvsハル・シティの55分頃の出来事。アーセナルのDFキーラン・ギブスが抜け出そうとしたハル・シティのMFラザール・マルコビッチと接触。主審のマーク・クラッテンバーグ氏はギブスにイエローカードを提示したが、ハル・シティの選手たちが決定機阻止によるレッドカードではないかと抗議していた。 ▽FAは14日、クラッテンバーグ主審を囲んだこの抗議が「試合中の選手をコントロールできなかった」としてハル・シティに処分を下していた。なお、クラッテンバーグ主審はこの試合がプレミアリーグでの最後のジャッジとなり、サウジアラビアへと職場を映していた。 2017.02.17 23:31 Fri
twitterfacebook
thumb

ピッチでマイクを叩きつけた監督&猛抗議のアシスタントコーチに罰金114万円の処分

▽イングランドサッカー協会(FA)は15日、ウェストハムのスラベン・ビリッチ監督とアシスタントコーチのニコラ・ジュルセビッチ氏の両者に対し8000ポンド(約114万円)の罰金を科すことを発表した。 ▽11日に行われたプレミアリーグ第25節のウェストハムvsWBA(2-2)において、後半アディショナルタイムにCKからWBAのDFジョニー・エバンスがヘディングから同点ゴールを記録。CKに繋がる前のスローインの判定から怒りを露わにしていたビリッチ監督は、失点後に近くにあったマイクを地面に叩きつけ、マイケル・オリバー主審に対し猛抗議を行っていた。 ▽さらに、19分には疑惑の判定でゴールを取り消されたことに抗議したアシスタントコーチのニコラ・ジュルセビッチ氏も退席処分となっており、両者に処分が下されていた。 ▽ウェストハムも両者の罰金処分について発表しているものの、次節のワトフォード戦では両者ともにベンチ入りすることが可能と発表している。 2017.02.16 17:02 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース