【プレイバック2015】2015年で最も注目を集めたニュースは!?2015.12.31 23:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽2015年の人気ニュースを1月〜12月までランキングで振り返ってきた「プレイバック2015」。最後は、2015年のニュース総合ランキングです! 1位に輝いたニュースは…!?

2015年総合ランキング

10位 ユナイテッドがシュバインシュタイガー獲得を発表(7/12)

▽10位はシュバインシュタイガーの移籍。それだけ注目を集めた移籍だったということでしょう。

9位 「C・ロナウドはどこへ行っても活躍できるが、メッシは…」 ファーガソン氏が2人を比較(4/28)

▽9位はクリスティアーノ・ロナウド、メッシ論争です。ファーガソン監督の見解をチェック。

8位 セルヒオ・ラモス、マドリーとの契約延長拒否でユナイテッド移籍か(6/15)

▽8位は去就が騒がれていたセルヒオ・ラモスの移籍問題。キャプテンとしてレアル・マドリーに残ることを決断しました。

7位 前回王者バルセロナはアーセナルと対戦!! CL決勝T1回戦の対戦カードが決定!!《CL》(12/14)

▽7位はチャンピオンズリーグの組み合わせ結果! 2月に再開するので注目です!

6位 チェルシー、モウリーニョ監督の解任を発表(12/18)

▽6位はモウリーニョ監督の解任劇。3年目のジンクスを破ることはできませんでした。

5位 G大阪FW宇佐美が日本代表入り!最多キャップの遠藤は招集外《キリンチャレンジカップ2015・JALチャレンジカップ2015(3/20)

▽5位は多くの方が待ち望んでいた宇佐美貴史の日本代表招集! 来年3月のW杯予選での活躍も期待です。

4位 CLグループステージの組み合わせが決定 グループDが激戦区に(8/29)

▽4位はチャンピオンズリーグ・グループステージの組み合わせ結果でした。グループステージ抽選会の方がハラハラ、ドキドキがあります。

3位 モウリーニョが武藤に言及「見合った実力がなければ…」(4/11)
Getty Images
▽3位はチェルシー移籍の噂があった日本代表FW武藤嘉紀について、モウリーニョ監督がコメントしています。

2位 激怒のミュラー、ペップに「クソみたいな戦術をさっさとやめろ!」と発言か(5/9)
Getty Images
▽2位はミュラーの爆弾発言。しかし、その言葉が通じたのかは分かりませんが、グアルディオラ監督は今季限りでチームを去ります。

1位 シャルケ内田が一般女性との入籍を発表「しっかり者の僕より(笑)さらにしっかりしている」(5/26)
Getty Images
▽栄えある2015年の総合1位は、内田篤人選手の結婚報道でした! やはり突然の発表が驚きを呼んだのでしょう。

▽2015年のニュースを振り返ってきましたが、いかがでしょうか。記憶に残っていたニュースはありましたか? 一方で見逃していたニュースもあったのではないでしょうか。2016年はリオ五輪予選に始まり、ロシアW杯予選、リオ五輪本選、ユーロとイベントが目白押しです。みなさん1年間ありがとうございました!

バックナンバー
1月:ジェラードが退団…そして王者・日本はベスト8で敗退…
2月:アギーレ解任…Cロナは大敗後に誕生日パーティ
3月:ハリルホジッチ監督就任! クラシコはバルサが勝利
4月:モウリーニョが武藤に言及!? クロップ退任が発表
5月:内田が結婚! 本田は10番剥奪の危機!?
6月:岡崎レスターへ! バルセロナは欧州王者に!
7月:カシージャスがマドリーを退団…シュバイニーがユナイテッド移籍
8月:CLの組み合わせが決定! ペドロがチェルシーへ!
9月:ユナイテッド絡みの移籍が市場を賑わす!
10月:クロップがリバプールへ! ユナイテッドファンは香川を支持
11月:ベンゼマが恐喝…フラミニの隠された秘密は!?
12月:モウリーニョ解任…マドリーが痛恨のミス…

コメント

関連ニュース

thumb

マルセロに脱税疑惑? スペイン検察当局が起訴

▽レアル・マドリーに所属するブラジル代表DFマルセロが脱税容疑でスペイン検察当局に起訴されたようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽マルセロには2013年に49万ユーロ(約6460万円)を脱税していた可能性がある模様。この金額は、海外企業によるマルセロを起用した肖像権収入に関するものだという。 ▽最近では、チェルシーやレアル・マドリーなどでプレーし、現在は中国スーパーリーグの上海上港に所属する元ポルトガル代表DFリカルド・カルバーリョが2011年から2012年にかけて肖像権による収入を隠ぺい。脱税の容疑で7カ月の懲役刑を言い渡されていた。 ▽また、『スカイ・スポーツ』は、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、パリ・サンジェルマンのアルゼンチン代表MFディ・マリア、バルセロナのアルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノ、モナコのコロンビア代表FWラダメル・ファルカオ、天津権健のファビオ・カンナバーロ監督が、現在スペイン検察当局によって調査されていることを伝えている。 2017.10.18 12:05 Wed
twitterfacebook
thumb

ウクライナ代表シェフチェンコ監督がFIFA年間最優秀選手を選ぶなら…?

▽“ウクライナの矢”の愛称で親しまれ、現在はウクライナ代表で指揮を執るアンドリー・シェフチェンコ監督が、「The Best Men's Player 2017」の最終候補に挙がった3選手についてコメントした。『FIFA.com』が伝えた。 ▽現役時代はディナモ・キエフやミラン、チェルシーなどでプレー。ウクライナ代表のエースとしても長らく君臨し、111試合に出場し48ゴールを記録。ゴールスコアラーとして多くの記録を残してきた。 ▽2004年にはバロンドールを受賞し、現在はウクライナ代表を指揮するシェエフチェンコ監督だが、FIFAの年間最優秀選手についてコメント。レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが有力であるとの見解を示した。 「彼ら3人は信じられない選手であり、賞を獲得するに値する。もし選ばなければならいのならば、クリスティアーノ・ロナウドだ。彼はチャンピオンズリーグで優勝し、決勝で2ゴールを記録している」 「リオネル・メッシはファンタスティックな選手だ。そして素晴らしいシーズンを過ごした。彼はリーグ戦でとても良いプレーを見せたし、多くのゴールを決めた」 「ネイマールに関しては満足している。過去5年間はメッシとロナウドの争いだった。そして、今はネイマールが割って入り、彼は信じられないほど良いプレーをしている。彼は多くのゴールを決め、素晴らしいテクニックを持っている。彼のプレーを見ることは素晴らしいことだよ」 「クリスティアーノ・ロナウドとリオネル・メッシのゴール記録は信じられない。2人のと同じぐらいゴールを決める選手は記憶にない。彼らはチームにとっての大きなリーダーであり、いつも良いパフォーマンスを見せる。素晴らしい選手だよ」 「プレッシャーは、いつもパフォーマンスを見せ、ゴールを決めなくてはいけない選手だ。リオネル・メッシ、クリスティアーノ・ロナウド、ネイマールはゴールを決めているが、彼らはリーダーでもある。3選手はチームがトロフィーを獲得するのを助ける選手だ」 2017.10.17 18:30 Tue
twitterfacebook
thumb

シャキーラがピケの忠誠心を称賛「彼のような選手はいない」

▽コロンビア出身歌手であるシャキーラさんが、夫であるバルセロナのスペイン代表DFジェラール・ピケを称えている。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽かつてバルセロナで副会長を務めたアマドール・ベルナベウを祖父に持つピケは、以前からバルセロナでの現役引退や将来の会長就任の夢を公言してきた。自身はバルセロナの下部組織からマンチェスター・ユナイテッドに移籍するも、2008年からはバルセロナでプレーし続けている。 ▽さらに、ライバルであるレアル・マドリーに対する辛辣なツイートやカタルーニャの独立を支持するコメントを残すなど、クラブとしても地域としても“バルセロナ”への愛情を露わにしている。 ▽昨今では、クラブに忠誠を誓う選手が少なくなった中、シャキーラは夫であるピケの忠誠心は他に例を見ないものだと主張した。 「ジェラールの忠誠心は全てバルセロナに向けられているものよ。特別な存在であり、彼のような選手は他にいないわ。フットボール選手はある意味、傭兵のような存在で、他のチームに引き抜かれることがあるの。でも彼をお金で買うことなんてできないわ」 「彼はバルセロナのイデオロギーの中で育ってきた数少ない選手。それの考えが彼自身の中に流れているの」 ▽なおピケとシャキーラは今月に入り離婚説が浮上。夫婦生活が日に日に悪化し、カタルーニャ独立問題で矢面に立たされているピケを残してバルセロナの自宅からシャキーラが出ていったと報じられていた。 2017.10.17 08:21 Tue
twitterfacebook
thumb

インドネシアで悲劇…試合中に味方選手と激突した伝説的GKが38歳で命を落とす

▽インドネシアで試合中に悲劇が──インドネシア・スーパーリーグのペルセラ・ラモンガンのGKコイル・フダが、試合中に味方選手と激突。その後、搬送先の病院で息を引き取った。38歳だった。 ▽フダは、15日のセメン・パダン戦に先発出場。しかし、前半終了間際に味方DFのラモン・ロドリゲスと激突。そのまま起き上がることなく、担架で運び出されていた。なお、チームは2-0で勝利した。 ▽クラブの発表によると、フダは味方と激突した際に呼吸と心臟が止まっていたとのこと。すぐに起動を確保し、病院へ搬送された。緊急治療室に入り、心停止の蘇生を行っていたが、応答は得られず。そのまま、命を落としたとのことだ。 ▽フダは、デビューからペルセラ一筋で18年間プレー。リーグ戦では500試合以上も出場している伝説的なプレーヤーだった。ペルセラには、大分トリニータでもプレーしていたMF内田昂輔が所属している。 2017.10.16 11:11 Mon
twitterfacebook
thumb

原口元気所属ヘルタ、トランプ米大統領に反旗 シャルケ戦でヒザつきパフォ

▽日本代表FW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンがアメリカのドナルド・トランプ大統領に反旗を翻した。 ▽トランプ大統領は先日に自身のツイッター(@realDonaldTrump)で、黒人に対する暴力根絶の意味を込めたナショナルフットボールリーグ(NFL)の選手のヒザをつくパフォーマンスに対して、「国歌時に起立しないNFL選手はクビにすべき」とツイート。このつぶやきが物議を醸しているところだ。 ▽広まるアメリカ大統領に対する反発にサッカー界からヘルタも続いた。ヘルタは14日に行われたブンデスリーガ第8節のシャルケ戦で、試合前に先発組でNFLのコリン・キャパニックが始めたヒザをついたパフォーマンスを実施。さらに、クラブ公式ツイッター(@HerthaBSC)で次のような声明を発表した。 「ヘルタ・ベルリンは寛容と責任を支持する! 寛容なベルリンのために、世界に対して永遠にオープンな立場であり続ける!」 2017.10.15 10:30 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース