【プレイバック2015】2015年で最も注目を集めたニュースは!?2015.12.31 23:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽2015年の人気ニュースを1月〜12月までランキングで振り返ってきた「プレイバック2015」。最後は、2015年のニュース総合ランキングです! 1位に輝いたニュースは…!?

2015年総合ランキング

10位 ユナイテッドがシュバインシュタイガー獲得を発表(7/12)

▽10位はシュバインシュタイガーの移籍。それだけ注目を集めた移籍だったということでしょう。

9位 「C・ロナウドはどこへ行っても活躍できるが、メッシは…」 ファーガソン氏が2人を比較(4/28)

▽9位はクリスティアーノ・ロナウド、メッシ論争です。ファーガソン監督の見解をチェック。

8位 セルヒオ・ラモス、マドリーとの契約延長拒否でユナイテッド移籍か(6/15)

▽8位は去就が騒がれていたセルヒオ・ラモスの移籍問題。キャプテンとしてレアル・マドリーに残ることを決断しました。

7位 前回王者バルセロナはアーセナルと対戦!! CL決勝T1回戦の対戦カードが決定!!《CL》(12/14)

▽7位はチャンピオンズリーグの組み合わせ結果! 2月に再開するので注目です!

6位 チェルシー、モウリーニョ監督の解任を発表(12/18)

▽6位はモウリーニョ監督の解任劇。3年目のジンクスを破ることはできませんでした。

5位 G大阪FW宇佐美が日本代表入り!最多キャップの遠藤は招集外《キリンチャレンジカップ2015・JALチャレンジカップ2015(3/20)

▽5位は多くの方が待ち望んでいた宇佐美貴史の日本代表招集! 来年3月のW杯予選での活躍も期待です。

4位 CLグループステージの組み合わせが決定 グループDが激戦区に(8/29)

▽4位はチャンピオンズリーグ・グループステージの組み合わせ結果でした。グループステージ抽選会の方がハラハラ、ドキドキがあります。

3位 モウリーニョが武藤に言及「見合った実力がなければ…」(4/11)
Getty Images
▽3位はチェルシー移籍の噂があった日本代表FW武藤嘉紀について、モウリーニョ監督がコメントしています。

2位 激怒のミュラー、ペップに「クソみたいな戦術をさっさとやめろ!」と発言か(5/9)
Getty Images
▽2位はミュラーの爆弾発言。しかし、その言葉が通じたのかは分かりませんが、グアルディオラ監督は今季限りでチームを去ります。

1位 シャルケ内田が一般女性との入籍を発表「しっかり者の僕より(笑)さらにしっかりしている」(5/26)
Getty Images
▽栄えある2015年の総合1位は、内田篤人選手の結婚報道でした! やはり突然の発表が驚きを呼んだのでしょう。

▽2015年のニュースを振り返ってきましたが、いかがでしょうか。記憶に残っていたニュースはありましたか? 一方で見逃していたニュースもあったのではないでしょうか。2016年はリオ五輪予選に始まり、ロシアW杯予選、リオ五輪本選、ユーロとイベントが目白押しです。みなさん1年間ありがとうございました!

バックナンバー
1月:ジェラードが退団…そして王者・日本はベスト8で敗退…
2月:アギーレ解任…Cロナは大敗後に誕生日パーティ
3月:ハリルホジッチ監督就任! クラシコはバルサが勝利
4月:モウリーニョが武藤に言及!? クロップ退任が発表
5月:内田が結婚! 本田は10番剥奪の危機!?
6月:岡崎レスターへ! バルセロナは欧州王者に!
7月:カシージャスがマドリーを退団…シュバイニーがユナイテッド移籍
8月:CLの組み合わせが決定! ペドロがチェルシーへ!
9月:ユナイテッド絡みの移籍が市場を賑わす!
10月:クロップがリバプールへ! ユナイテッドファンは香川を支持
11月:ベンゼマが恐喝…フラミニの隠された秘密は!?
12月:モウリーニョ解任…マドリーが痛恨のミス…

コメント

関連ニュース

thumb

リオ五輪の日本戦でも審判員を務めたガーナ人審判が試合操作で永久資格停止処分

▽FIFA(国際サッカー連盟)は20日、ガーナ人審判のジョセフ・ランプテイ氏(42)に永久資格停止処分を科したと発表した。これにより、国内外のあらゆるサッカー関連活動に参加することが禁止される。 ▽FIFAによると、ランプテイ氏は昨年11月12日に行われたロシア・ワールドカップのアフリカ予選、南アフリカvsセネガルの試合で主審を務めていた。試合は2-1で南アフリカが勝利していたが、南アフリカの先制点となったPKはハンドをとられていたが、実際は手ではなく、ヒザにボールがあたっており、試合を操作したのではないかと疑われていた。 ▽なお、このランプテイ氏は昨夏に行われたリオ・デ・ジャネイロ五輪の日本vsコロンビアで第4審判を務めていた。 2017.03.21 18:40 Tue
twitterfacebook
thumb

清水が中指立て挑発行為のDF角田誠への処分を発表…1試合の出場自粛と制裁金で磐田との“静岡ダービー”を欠場

▽清水エスパルスは21日、DF角田誠に対する処分を発表した。1試合の出場自粛と制裁金の処分が科される。 ▽角田は、18日に行われた明治安田生命J1リーグ第4節の鹿島アントラーズ戦にて、鹿島FW鈴木優磨に対して中指を立てる挑発行為を行い、試合中継などにもその様子が映されていた。 ▽クラブと角田は19日に謝罪を発表し、左伴繁雄代表取締役社長は「懲罰規定に則り、厳正なる処分を本人に科す」とコメントしていた。対象試合は4月1日(土)に行われる明治安田生命J1リーグ第5節のジュビロ磐田との“静岡ダービー”となる。 ▽なお、清水は今回の件に対し「改めまして、鹿島アントラーズ選手・関係者の皆様、ファン・サポーターの皆様にお詫び申上げるとともに、クラブ全体としてフェアプレー精神の徹底に努めて参ります」と声明を発表している。 2017.03.21 17:39 Tue
twitterfacebook
thumb

ピケ、メッシの結婚式に招待されず? 問題はピケの過去が生んだ亀裂か…

▽バルセロナのスペイン代表DFジェラール・ピケだが、チームメイトのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの結婚式には招待されていないようだ。スペイン『エル・パイス』が報じた。 ▽チームメイトとして長らくバルセロナを支えてきた両者。同じ下部組織出身であることも考えれば、メッシの結婚式に出席することは当然のこととも思われる。 ▽『エル・パイス』によると、原因はピケとメッシの不仲が問題ではないとのこと。問題は互いのパートナーである、アントネッラ・ロクソさんとシャキーラの間にあるようだ。 ▽ピケは、シャキーラとの間に2人の子供を授かっている。2010年の南アフリカ・ワールドカップ前に出会い、大会終了後から交際をスタートした。しかし、ピケにはスペイン人女優のヌリア・トマスというパートナーがおり、メッシのパートナーであるロクソさんとは友人だったとのこと。ロクソさんが友人からピケを奪ったシャキーラをよく思っていないとのことだ。 ▽パートナーの不仲が、ピッチ上でのピケとメッシの間に亀裂を生んでいることは見受けられないものの、女性として許せない様子。招待されていないとは報じられたが、今年6月に予定されているメッシとロクソさんの挙式に大事なチームメイトでもあるピケの姿があるのかは注目だ。 2017.03.20 18:53 Mon
twitterfacebook
thumb

デリー・シティの主将DFマクブライドが27歳で急死…前日のリーグ戦にもフル出場

▽アイルランドリーグのデリー・シティに所属するDFライアン・マクブライドが、19日に自宅で死亡していたことが見つかった。27歳だった。 ▽マクブライドは、デリー・シティの下部組織出身で2010年1月にトップチームへと昇格。チームではキャプテンを務め、リーグ戦通算130試合に出場し9得点を記録。ヨーロッパリーグ予選でも6試合に出場し1得点を記録していた。 ▽今シーズンもここまでリーグ戦で4試合に出場。死亡する前日の18日に行われていたドロヘダ・ユナイテッドFC戦にもセンターバックとして出場していた。 ▽また、アイルランドのプロ選手協会はツイッターでマクブライドの悲報について投稿。「我々は、メンバーであるデリー・シティのキャプテン、ライアン・マクブライドの逝去にショックを受けています。我々の考えは、彼の家族とともにあります」と追悼メッセージを送った。また、前日に対戦したドロヘダ・ユナイテッドFCもクラブ公式ツイッターにて「キャプテン、ライアン・マクブライドの突然の逝去に対し、デリー・シティに深い哀悼の意を表したい」とツイートしていた。 ▽なお、イギリス『スカイ・スポーツ』によると死因は不明とのことだ。 2017.03.20 18:47 Mon
twitterfacebook
thumb

スペシャル・ワンからスペシャルな贈り物!? ピッチ上のロホへバナナを輸送

▽マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督から、アルゼンチン代表MFマルコス・ロホへ、試合中にプレゼントが送り届けられたようだ。スペイン『マルカ』ら各国メディアが報じている。 ▽ユナイテッドは16日、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・2ndレグで、ロストフをオールド・トラフォードに迎えた。試合は70分にマタがゴールを奪いユナイテッドが先制すると、そのまま勝利を収め2戦合計2-1で勝ち抜けが決定した。 ▽この試合の決勝ゴールが生まれた直後、モウリーニョ監督がテクニカルエリアで突然バナナの皮をむき始めた。実だけとなったバナナを、ウォーミングアップしていたアシュリー・ヤングへと渡し、最後はピッチ内のロホへと届けられた。 ▽バナナを受け取ったホロは試合の状況を確認してそれを食べてしまったのだ。 ▽試合後の会見でモウリーニョ監督はこの行動について次のようにコメントした。 「君たちが人生に疲れているかどうかわからないが、私は時々疲れを感じることがある。そういうときに何を欲するかもわかっている。選手はバナナを欲していた。これは笑い事ではない。それに選手たちの限界を尊重しなければいけない。それだけ激しい試合で全てを出してくれたということだ」 2017.03.17 10:01 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース