【プレイバック2015】2015年で最も注目を集めたニュースは!?2015.12.31 23:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽2015年の人気ニュースを1月〜12月までランキングで振り返ってきた「プレイバック2015」。最後は、2015年のニュース総合ランキングです! 1位に輝いたニュースは…!?

2015年総合ランキング

10位 ユナイテッドがシュバインシュタイガー獲得を発表(7/12)

▽10位はシュバインシュタイガーの移籍。それだけ注目を集めた移籍だったということでしょう。

9位 「C・ロナウドはどこへ行っても活躍できるが、メッシは…」 ファーガソン氏が2人を比較(4/28)

▽9位はクリスティアーノ・ロナウド、メッシ論争です。ファーガソン監督の見解をチェック。

8位 セルヒオ・ラモス、マドリーとの契約延長拒否でユナイテッド移籍か(6/15)

▽8位は去就が騒がれていたセルヒオ・ラモスの移籍問題。キャプテンとしてレアル・マドリーに残ることを決断しました。

7位 前回王者バルセロナはアーセナルと対戦!! CL決勝T1回戦の対戦カードが決定!!《CL》(12/14)

▽7位はチャンピオンズリーグの組み合わせ結果! 2月に再開するので注目です!

6位 チェルシー、モウリーニョ監督の解任を発表(12/18)

▽6位はモウリーニョ監督の解任劇。3年目のジンクスを破ることはできませんでした。

5位 G大阪FW宇佐美が日本代表入り!最多キャップの遠藤は招集外《キリンチャレンジカップ2015・JALチャレンジカップ2015(3/20)

▽5位は多くの方が待ち望んでいた宇佐美貴史の日本代表招集! 来年3月のW杯予選での活躍も期待です。

4位 CLグループステージの組み合わせが決定 グループDが激戦区に(8/29)

▽4位はチャンピオンズリーグ・グループステージの組み合わせ結果でした。グループステージ抽選会の方がハラハラ、ドキドキがあります。

3位 モウリーニョが武藤に言及「見合った実力がなければ…」(4/11)
Getty Images
▽3位はチェルシー移籍の噂があった日本代表FW武藤嘉紀について、モウリーニョ監督がコメントしています。

2位 激怒のミュラー、ペップに「クソみたいな戦術をさっさとやめろ!」と発言か(5/9)
Getty Images
▽2位はミュラーの爆弾発言。しかし、その言葉が通じたのかは分かりませんが、グアルディオラ監督は今季限りでチームを去ります。

1位 シャルケ内田が一般女性との入籍を発表「しっかり者の僕より(笑)さらにしっかりしている」(5/26)
Getty Images
▽栄えある2015年の総合1位は、内田篤人選手の結婚報道でした! やはり突然の発表が驚きを呼んだのでしょう。

▽2015年のニュースを振り返ってきましたが、いかがでしょうか。記憶に残っていたニュースはありましたか? 一方で見逃していたニュースもあったのではないでしょうか。2016年はリオ五輪予選に始まり、ロシアW杯予選、リオ五輪本選、ユーロとイベントが目白押しです。みなさん1年間ありがとうございました!

バックナンバー
1月:ジェラードが退団…そして王者・日本はベスト8で敗退…
2月:アギーレ解任…Cロナは大敗後に誕生日パーティ
3月:ハリルホジッチ監督就任! クラシコはバルサが勝利
4月:モウリーニョが武藤に言及!? クロップ退任が発表
5月:内田が結婚! 本田は10番剥奪の危機!?
6月:岡崎レスターへ! バルセロナは欧州王者に!
7月:カシージャスがマドリーを退団…シュバイニーがユナイテッド移籍
8月:CLの組み合わせが決定! ペドロがチェルシーへ!
9月:ユナイテッド絡みの移籍が市場を賑わす!
10月:クロップがリバプールへ! ユナイテッドファンは香川を支持
11月:ベンゼマが恐喝…フラミニの隠された秘密は!?
12月:モウリーニョ解任…マドリーが痛恨のミス…

コメント

関連ニュース

thumb

ポドルスキが写真の不正利用に対し法的措置を検討…ジェットスキーの写真が問題に

▽ヴィッセル神戸に所属する元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが、自身の写真利用に関して法的措置を検討しているようだ。イギリス『BBC』が報じた。 ▽報道によると、右翼系のウェブサイト『ブライトバート』が不法入国に関する記事をアップした際、ポドルスキの写真を利用したとのこと。記事の内容は「スペインの警察当局がジェットスキーに乗せて不法移民を入国させていた」というものだった。 ▽現在は記事が訂正され、ポドルスキへの謝罪も行わたものの、ポドルスキは弁護士に対し、この件を調査するように依頼しているとのことだ。 ▽『ブライトバート』は新たな写真を掲載した記事に対し、編集者からの謝罪文をあわせて掲載している。 「この記事の前のバージョンには、ジェットスキーに乗るルーカス・ポドルスキの写真が含まれていました。この写真は、ジェットスキーの人物として掲載していました」 「ブライトバート・ロンドンは、ポドルスキ氏に謝罪したいと考えています。ポドルスキ氏は、移住者団体のメンバーでも、人身売買に関わっているという証拠も一切ありません。国際舞台から引退したポドルスキ氏の活躍を願っています」 2017.08.22 13:10 Tue
twitterfacebook
thumb

退場に不満のセルヒオ・ラモス「プレミアを観るべき」

▽リーガエスパニョーラ開幕節で退場処分を受けたレアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、判定に対する不満を漏らした。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽20日に行われたデポルティボ・ラ・コルーニャとの試合で、マドリーは3-0と快勝。幸先の良いスタートを切った同クラブであったが、主将を務めていたセルヒオ・ラモスは後半アディショナルタイムに相手選手の頭にヒジ打ちを行ったとして、その日2枚目のイエローカードを提示され退場処分を受けた。 ▽セルヒオ・ラモスは、プレーを止める回数が少ないことで知られるプレミアリーグのレフェリングを引き合いに出し、自身の退場処分に対する苛立ちを露にした。 「あのカードには不満があるけど、レフェリーの判断は尊重するよ」 「(リーガエスパニョーラの)運営も時々イングランドのサッカーを観て、もっとプレーを流すべきだ。ヨーロッパの中でも彼らの判定基準が好みだよ。より寛大だからね」 「(退場処分には)腹が立った。確かに(自身の手が)シェアーの頭に当たったけど、彼を傷つける意図はなかった」 ▽また、セルヒオ・ラモスはマドリーが勝ち続けることを他のクラブが快く思っていないとの持論も明かした。 「多くのタイトルを獲得すると、ライバルたちに反感を抱かれるんだ」 ▽なお、今回の退場でリーガエスパニョーラにおけるレッドカードの最多記録の18回に並んだセルヒオ・ラモスは、次節のバレンシア戦を欠場することになる。 2017.08.22 01:04 Tue
twitterfacebook
thumb

ガスコイン氏が現役時代の驚きのルーティーンを告白! 同僚の○○を握る!?

▽現役時代にトッテナムやニューカッスル、レンジャーズなどで活躍した元イングランド代表MFポール・ガスコイン氏が、現役時代にイングランド代表で行っていた驚きのルーティーンを告白した。イギリス『サン』が伝えている。 ▽現役時代に“ガッザ”の愛称で知られ、当時キック・アンド・ラッシュ全盛期のイングランドで卓越した技術と創造性で多くのフットボールファンを魅了したガスコイン氏。現役引退後にアルコール依存症に苦しめられるなど、エキセントリックな性格や行動でも注目を集めた同氏は、現役時代の一風変わったルーティーンを紹介した。 ▽昨年、亡くなった甥の死をキッカケにジェイ・レノン財団を設立したガスコイン氏は、ニューカッスルで行われたチャリティー・イベントで、イングランド代表時代に、ロッカールームで同僚FWレズ・ファーディナンドの股間を握ってから試合に臨んでいたことを明かした。 「ロッカールームに居た時、レズ・ファーディナンドがちょうど服を脱いでいたんだ。たまたま、彼の下半身を見た時、彼の股間のサイズは衝撃的なものだった。彼の“モノ”を見た時、私は自分の“モノ”の小ささを感じさせられた」 「私は彼の“モノ”のサイズにあまりに感銘を覚えたので、レズのところに行って『どうか、景気づけに君の“モノ”を握らせてくれ』って頼んだよ。その試合で私は美技を連発し、ゴールも決めたんだ。彼の“モノ”のご利益は素晴らしかった。だから、次のウェンブリーでもレズに同じことを頼んだんだ」 ▽なお、1993年から1998年までイングランド代表で共にプレーしたガスコイン氏とファーディナンド氏は、12試合に出場して5ゴールを記録。ガスコイン氏が、1988年から1998年までの代表在籍期間に通算57試合に出場し10ゴールの記録を残していたことを考えると、ファーディナンド氏の“モノ”のご利益は確かにあったのかもしれない。 ▽現役時代にQPRやニューカッスル、トッテナムなどで活躍し、元イングランド代表DFリオ・ファーディナンド氏の従兄弟としても知られるファーディナンド氏は、今回の逸話に関して、「それはナンセンスだね。そんなことは起こらなかったよ。彼は夢の世界にでも行っていたんじゃないのかな」と笑いながら否定している。 2017.08.21 23:45 Mon
twitterfacebook
thumb

イラン代表の主力2選手が代表追放…原因はEL予備予選でのイスラエルクラブとの対戦

▽イラン代表MFマスド・ショジャエイとDFイフサン・ハジサフィがイラン代表でのプレーを禁じられることとなった。イギリス『Four Four Two』が報じた。 ▽ショジャエイとハジサフィは、ギリシャ・スーパーリーグのパニオニオスに所属。パニオニオスは今シーズンのヨーロッパリーグ(EL)予備予選3回戦に登場し、イスラエルのマッカビ・テルアビブと対戦。両選手も出場していた。 ▽しかし、この試合でプレーしたことが両選手にとっては悲劇の始まりとなってしまった。イランの政府広報担当者が両選手の代表活動を禁止すると発表した。 ▽イランは、イスラエルを国家として認識しておらず、全ての選手がイスラエルのチームと対戦することを禁止している。ショジャエイとハジサフィは、アウェイで行われたマッカビ・テルアビブ戦には帯同しなかったものの、ホームで行われた2ndレグに出場し、これが問題となった。 ▽イランのスポーツ副大臣を務めるモハマド・レザ・ダバザニ氏は、『ニューヨーク・タイムズ』を通じてコメントを発表。ショジャエイとハジサフィが2度と代表チームでプレーすることはないと語った。 「マスド・ショジャエイとイフサン・ハジサフィは決して代表チームに招集されることはないだろう。越えてはいけない一線に触れてしまった」 「彼らはチームとプレーするための契約を結んでいるが、苦い経験をした相手とプレーするとは…これはイラン人として容認できないことだ」 ▽イランはロシア・ワールドカップ アジア最終予選でグループAに属しており、現在首位。すでにW杯への出場権を獲得している。ショジャエイはブラジル・ワールドカップに出場するなどこれまで68キャップを記録し、最終予選で5試合に出場。ハジサフィもブラジル・ワールドカップに出場するなど、ここまで82キャップを記録。最終予選でも3試合に出場していた。 ▽政治的な要因で、政府からまさかの代表追放を突きつけられてしまった両選手。アウェイの地でのプレーを回避したものの、逆転での予選突破を目指したホームゲームでプレーしたことが裏目に出てしまった。 2017.08.11 17:14 Fri
twitterfacebook
thumb

メキシコの英雄マルケス、麻薬密売関与の疑いで制裁

▽メキシコ代表DFラファエル・マルケスが、麻薬密売に関与しているとして、アメリカ財務省から制裁を科された。『ESPN』が報じた。 ▽伝えられるところによれば、麻薬密売組織を率いるラウル・フロレス・エルナンデス容疑者と、マルケスが長期的関係にある疑い。マルケスを含む22人とメキシコのサッカークラブやカジノを含む43の組織に対して、銀行口座や資産の凍結など制裁が科されたという。 ▽メキシコ代表としても142試合のキャップ数を誇るマルケスは、かつてモナコ、バルセロナ、ニューヨーク・レッドブルズなどでプレー。現在は、アトラスに所属している。 2017.08.10 09:10 Thu
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース