【プレイバック2015】クロップがリバプールへ!ユナイテッドファンは香川を支持《2015年10月》2015.12.31 21:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽2015年も残すところ本日のみとなりました。今年もサッカー界では様々な注目すべき出来事が起こりましたが、今回は「超ワールドサッカー」で人気があったニュースを1月〜12月までランキングでご紹介! この機会に、ぜひ振り返ってみてください!

2015年10月

10位 モウリーニョ、次節リバプール戦で敗れれば解任か(10/27)

▽リバプール戦後には解任されませんでしたが、12月に解任されることとになります。

9位 現スカッドに好印象のクロップ「C・ロナウドもメッシもいらない」(10/10)
Getty Images
▽ロジャーズ監督解任後にリバプール指揮官に就任しました

8位 ダービーで途中交代に不満のベンゼマ、「交代にうんざりしている」(10/6)

▽うんざりしていたベンゼマ。しかし、この後に大きな事件が待ち受けていました。

7位 プレミアリーグを語るチャビ、お気に入りのクラブは…(10/13)

▽バルセロナのレジェンドであるチャビ。気になるお気に入りクラブは…?

6位 スタメン落ちに不満のアザール、マドリー移籍を匂わせる無言の抗議(10/21)

▽今季は低調なパフォーマンスが続くアザール。2016年は復活なるか?

5位 川崎FW大久保、抗がん剤治療受ける妻のために丸刈りに(10/12)

▽史上初の3年連続得点王の大久保嘉人。奥様のために息子さんと揃って坊主にするのはさすがです。

4位 マティッチ&モウリーニョ退場のチェルシーが今季5敗目 4度目の大物食いウェストハムは暫定2位浮上《プレミアリーグ》(10/26)

▽低迷チェルシーは結果が出ないだけでなく負の連鎖が続いていました…

3位 ユナイテッドに行きたい? ミュラー「偽善はよそう。給料が非常に魅力だ」(10/12)

▽ミュラーが本音を語っています。

2位 リバプールがロジャーズを解任(10/6)
Getty Images
▽開幕から不振が続いたリバプールはロジャーズ監督を解任。クロップ監督を招へいしました。

1位 ユナイテッドの香川放出は間違い? 『メトロ』のアンケートで「イエス」が92%(10/31)
Getty Images
▽ドルトムントでの活躍が「イエス」を増やしたのでしょうか。

バックナンバー
1月:ジェラードが退団…そして王者・日本はベスト8で敗退…
2月:アギーレ解任…Cロナは大敗後に誕生日パーティ
3月:ハリルホジッチ監督就任! クラシコはバルサが勝利
4月:モウリーニョが武藤に言及!? クロップ退任が発表
5月:内田が結婚! 本田は10番剥奪の危機!?
6月:岡崎レスターへ! バルセロナは欧州王者に!
7月:カシージャスがマドリーを退団…シュバイニーがユナイテッド移籍
8月:CLの組み合わせが決定! ペドロがチェルシーへ!
9月:ユナイテッド絡みの移籍が市場を賑わす!

コメント

関連ニュース

thumb

ネイマールがMLBメッツ本拠地に登場 米メディアはバッティング姿に…

▽バルセロナに所属するブラジル代表FWネイマールが5月31日、メジャーリーグ・ベースボール(MLB)に属するニューヨーク・メッツvsシカゴ・ホワイトソックスのプレーボール前に、メッツの本拠地シティ・フィールドに登場した。 ▽コパ・アメリカ2016に臨むブラジル代表に参加せず、U-23ブラジル代表としてリオ五輪に出場するネイマール。チームに合流する前のオフ期間を利用して、ニューヨーク・メッツの練習施設でバッティングを体験した。 <div id="ad"></div> ▽ニューヨーク・メッツが公式ツイッターに投稿した動画を見ると、ネイマールはメッツの室内練習場でバッティング練習。左のバッターボックスに入り、不慣れなフォームから黙々とバットを振った。 ▽『Fox Sports』は、「ネイマールは、素晴らしいフットボールスキルをベースボールスキルに移行させられなかった」との見出しでこの様子を伝え、最後にスタジアム内で野球ボールを使ってリフティングする姿を伝えた。 ◆左打者・ネイマールの実力は!? https://twitter.com/Mets/status/737779496531701760 2016.06.01 12:36 Wed
twitterfacebook
thumb

シーズン中に問題行動で処分されたPSGのオーリエが今度は逮捕

▽パリ・サンジェルマン(PSG)のコートジボワール代表DFセルジュ・オーリエ(23)が、30日の朝に逮捕されていたようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 ▽『レキップ』によるとオーリエは、ナイトクラブで身柄を拘束されたとのことで、どうやらパトロール中の警官を侮辱し、蹴ってしまったために逮捕されたとのことだ。問題行動が続くオーリエに対してPSGは現在の所コメントはしていない。 <div id="ad"></div> ▽オーリエは、今年2月にSNS上でローラン・ブラン監督やチームメートを侮辱する趣旨の発言を行ったことが問題視され、18万ユーロ(約2210万円)の罰金および、無期限の出場停止処分を科されていた。その後に戦列復帰を果たしていた。 ▽ユベントスやバイエルンが獲得に興味を示しているとも言われていたオーリエだが、今回の件がどの様に影響をおよぼすのか。PSGからの処分が下されるのかにも注目だ。 2016.05.30 18:30 Mon
twitterfacebook
thumb

黒と赤を使ったオリジナル時計を披露した内田篤人「一緒に良い“時間”を過ごせるように」

▽22日、東京・表参道ヒルズにて『HUBLOT Loves Omotesando』スペシャルイベントが開催され、シャルケに所属するDF内田篤人、そしてタレントの青木裕子さんが登場した。 ▽今回のイベントは、スイスの高級時計ブランドである「ウブロ」のポップアップブティック表参道の期間限定オープン記念イベントとして行われ、内田のファンなど一般の方も観覧できるものだった。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/NEWS/cws20160522_2_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽MCのハリー杉山さんの紹介を受けて内田が登場すると、集まった大勢のファンからは黄色い声援が飛び、360度を囲まれた内田は「恥ずかしい」と一言。それでも、オフに帰国した際には「表参道をよくウロウロしている」と明かし、「クリスマスは毎年キレイ」と表参道の印象を語った。 ▽また、「ウブロ」とアスリートの関係についても「FIFAのアディショナルタイムを表示するところにも書いてある」と第4審が掲げるボードにも使用されていると語り、自身の関わりについては「知り合いにウブロの時計をいただいたのがキッカケ。ウブロの時計はスパイクなどど同じ位置づけだと思っています」とコメントした。 ▽イベントでは内田、ハリー杉山さん、青木裕子さんのトークショーも実施。お笑い芸人でありサッカー好きでも知られるナインティナインの矢部浩之を夫に持つ青木さんは、「婚約指輪のお返しにウブロの時計をプレゼントした」と自身とウブロの関係を語った。また、「パパ(矢部さん)がサッカーをどうしてもやらせたいみたいで、生まれた時から、山ほど日常的に転がっている、自然にあるという生活のさせたいみたいです」と明かすと、内田は「大きくなったらサッカー選手に?」と返しつつ、「でも、ヒザには気をつけてください(笑)」とコメントした。また、自身のヒザの状態についても、「ヒザはちょっとずつ良くなっているんですけど、時間がかかるケガなので、焦らずやっています」と語った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/NEWS/cws20160522_3_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽イベントでは、世界に2本しかない「ウブロ×内田篤人選手」のオリジナル時計もお披露目。内田も制作に関わったと明かしたものの、「こういったものは自分のやつよりも、プロの意見を取り入れたほうが絶対に良くなる」と持論を展開。それでも「色とか、こだわりについては言って、あとはプロの人の意見を聞きながらデザインしました」と、自身のこだわりが明かした。実際の時計は、黒をベースにしながらも、文字盤の「2」だけが赤くなっていたり、ベルトの部分に赤を取り入れられている。 ▽なお、1つは内田が着用するが、もう1つはチャリティオークションに出品されるとのこと。オークションの落札金額は、日本サッカー協会を通じて、熊本地震サッカーファミリー復興支援金に寄付されるとのことだ。チャリティへの参加は、内田篤人オフィシャルモバイルサイト「atsuto mobile」にて、5月24日17時まで入札が可能となっている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/NEWS/cws20160522_4_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽また、イベントの最後には鏡開きが行われ「良かったちゃんとできて〜(笑)」と内田も安堵の表情を浮かべ、「試合ばりに緊張しました(笑)」と会場を沸かせた。内田は最後に「こんな素敵な時計を作らせていただきました。僕自身としてはすぐにリハビリを終わらせて、試合で活躍したいと思います。パートナー(ウブロ)と一緒に、良い“時間”を過ごせるように頑張ります」とコメント。ピッチへの早期復帰へ強い意気込みを語った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/NEWS/cws20160522_5_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> 2016.05.22 18:00 Sun
twitterfacebook
thumb

番長イブラヒモビッチ、同僚GKトラップにキツいあだ名を付けていたことが判明

▽フットボール界の番長の1人であるスウェーデン代表代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、パリ・サンジェルマン(PSG)の同僚であるドイツ代表GKケビン・トラップに強烈なニックネームを付けていたことが判明した。イブラヒモビッチの新たな自叙伝に携わったダミエン・デゴール氏とアルナウ・エルマン氏が明かしている。 ▽両氏の証言によると、イブラヒモビッチは昨夏にフランクフルトからPSGに加入したトラップに対して、ドイツ出身という理由から悪名名高い国家社会主義ドイツ労働者党(通称ナチス)の党首アドルフ・ヒトラーになぞらえて、同選手のニックネームを“アドルフ”と命名したという。 ▽このニックネームに関してイブラヒモビッチに悪意はなかったようだが、トラップにポジションを奪われた親友のイタリア代表GKサルバトーレ・シリグへの支持を表したい意図から考えられたものだったようだ。 ▽デゴール氏とエルマン氏はトラップのニックネーム問題に関して以下のように説明している。 「トラップはドイツ人だ。そして、イブラヒモビッチは彼がPSGに加入した直後からアドルフというニックネームで呼んでいた」 「ズラタンがいいジョークを思い浮かんだと考えたとき、誰も彼のことを止められないんだ」 「だから、トラップはいつもアドルフと呼ばれていた。必ずしもズラタンに悪意はなかったが、彼の少し教養を欠く部分、親友のサルバトーレを少しでも喜ばせたいという意図があったと思う。彼はトラップの加入でベンチに落とされたからね」 ▽イブラヒモビッチに悪意はなかったとはいえ、ドイツ国民にとってタブーであるアドルフ・ヒトラーになぞらえたニックネームで呼ばれることはかなり堪えたはずだ。真面目な生徒であるトラップは、番長イブラヒモビッチの転校(移籍)でようやく心休まる日々を過ごせることになるだろう。 2016.05.20 21:50 Fri
twitterfacebook
thumb

MLS最高給取りはMFカカ! ジェラードは4位、ランパードは5位

▽近年、欧州でも活躍した世界的なプレーヤーが集まっているメジャーリーグ・サッカー(MLS)において、報酬リストが明らかになった。『ESPN』が伝えている。 ▽現在、元リバプールのMFスティーブン・ジェラードや、元チェルシーのMFフランク・ランパード、FWディディエ・ドログバ、元ユベントスのイタリア代表MFアンドレア・ピルロ、元バルセロナのFWダビド・ビジャ、元ミランのブラジル代表MFカカなど、数多くの一流選手がプレーするMLSだが、その中で最も報酬を受け取っているのは、オーランド・シティに所属するMFカカだった。 ▽カカの報酬の総額は約716万ドル(約7億8700万円)でトップ。昨シーズンのMLSでMVPを受賞したトロントFCのイタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコが約711万ドル(約7億8200万円)で2位につけている。 ▽3位には、ローマなどセリエAのクラブでプレーしたアメリカ代表MFマイケル・ブラッドリーで650万ドル(約7億1500万円)、MFスティーブン・ジェラードの約613万ドル(約6億7400万円)、MFフランク・ランパードの600万ドル(約6億6000万円)と続いている。 ▽また、チーム別の年俸総額では、ジョビンコ、ブラッドリーら高額な報酬を受け取っている選手を抱えるトロントFCが1位で、約2180万ドル(約24億円)。ニューヨーク・シティの約2113万ドル(約23億2500万円)、ロサンゼルス・ギャラクシーの約1810万ドル(約20億)と続いている。なお、カカ、ジョビンコはチーム別で7位のポートランド・ティンバースの年俸総額よりもらっていることとなる。 ◆MLS高額報酬ランキング 1.<B>カカ</B>(ブラジル/オーランド・シティ) 716万7500ドル(約7億8850万円) 2.<B>セバスティアン・ジョビンコ</B>(イタリア/トロントFC) 711万5556ドル(約7億8280万円) 3.<B>マイケル・ブラッドリー</B>(アメリカ/トロントFC) 650万ドル(約7億1507万円) 4.<B>スティーブン・ジェラード</B>(イングランド/ロサンゼルス・ギャラクシー) 613万2500ドル(約6億7465万円) 5.<B>フランク・ランパード</B>(イングランド/ニューヨーク・シティ) 600万ドル(約6億6000万円) 6.<B>アンドレア・ピルロ</B>(イタリア/ニューヨーク・シティ) 591万5690ドル(約6億5080万円) 7.<B>ダビド・ビジャ</B>(スペイン/ニューヨーク・シティ) 561万ドル(約6億1716万円) 8.<B>ジョジー・アルティドール</B>(アメリカ/トロントFC) 482万5000ドル(約5億3080万円) 9.<B>クリント・デンプシー</B>(アメリカ/シアトル・サウンダース) 460万5942ドル(約5億670万円) 10.<B>ジョバンニ・ドス・サントス</B>(メキシコ/ロサンゼルス・ギャラクシー) 425万ドル(約4億6750万円) ◆チーム年俸総額ランキング 1.<B>トロントFC</B> 2179万8509ドル(約24億円) 2.<B>ニューヨーク・シティ</B> 2112万7777ドル(約23億2400万円) 3.<B>ロサンゼルス・ギャラクシー</B> 1810万5736ドル(約19億9250万円) 4.<B>オーランド・シティ</B> 1155万4421ドル(約12億7150万円) 5.<B>シアトル・サウンダース</B> 1072万8811ドル(約11億8070万円) 6.<B>コロラド・ラピッズ</B> 849万3576ドル(約9億3500万円) 7.<B>ポートランド・ティンバース</B> 683万3544ドル(約7億5200万円) 8.<B>スポルティング・カンザスシティ</B> 675万2450ドル(約7億4310万円) 9.<B>モントリオール・インパクト</B> 674万1009ドル(約7億4183万円) 10.<B>バンクーバー・ホワイトキャップス</B> 656万5603ドル(約7億2250万円) 2016.05.20 13:00 Fri
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース