レーティング:バルセロナ 4-2 セビージャ《リーガエスパニョーラ》2018.10.21 05:50 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第9節、バルセロナvsセビージャが20日に行われ、4-2でバルセロナが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽バルセロナ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 テア・シュテーゲン 6.5
4度のスーパーセーブを披露。今日の勝利はこの男の活躍あってこそ

DF
2 N・セメド 6.0
右サイドの攻撃参加が目立った。守備の対応も悪くなかった

3 ピケ 6.0
集中した守りで対峙したアンドレ・シウバに何もさせなかった

15 ラングレ 5.5
詰めが甘い部分もあったが及第点

18 ジョルディ・アルバ 5.5
長所の攻撃参加があまり見られず

MF
5 ブスケッツ 5.5
無難にボールを捌いた

4 ラキティッチ 6.0
効果的なパスを供給しながらチームの4点目を記録

8 アルトゥール 5.5
ほとんどすべてのパスを成功させた

(→セルジ・ロベルト 5.0)
途中交代も見せ場なく

FW
10 メッシ 7.5
わずか12分で1ゴール1アシストの離れ業。しかし右ひじを負傷し前半の内に交代

(→デンベレ 6.0)
必殺のスピードで何度も相手の裏を取った

9 スアレス 7.5
メッシのゴールだけでなくほとんどすべての攻撃に絡んだ。自ら得たPKで3点目を記録

(→ムニル -)

7 コウチーニョ 6.5
先制ゴールを記録。要所で攻撃に絡む活躍

監督
バルベルデ 6.0
首位相手に圧巻のパフォーマンス。メッシ交代後も慌てず見事に試合を制した

▽セビージャ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 バシリク 5.0
1失点目はノーチャンスも、3失点目は自らPKを献上

DF
6 カリソ 4.5
相手に好き放題やられてしまった

4 ケアー 5.5
空中戦で強さを見せた

(→メルカド 5.0)
途中出場ながらも上手く試合に入れた

3 セルジ・ゴメス 5.0
メッシ、デンベレの対応に追われた。左サイドからは何度もピンチに

MF
16 ヘスス・ナバス 6.0
積極果敢な攻撃参加で右サイドから何度もチャンスを演出

10 バネガ 5.0
バルサの中盤を抑えられず好き勝手された印象

22 フランコ・バスケス 5.5
攻守に貢献。高いパス成功率でセビージャの攻撃のタクトを振るった

(→ロケ・メサ 5.0)
パス成功率は驚異の100%。無難なパスが多かったか

23 アラーナ 5.5
やや戻りが遅くセルジ・ゴメスに迷惑をかけたか。攻撃性能は悪くない

17 サラビア 5.5
意地の一発を見せた。

FW
9 イェデル 5.5
パスを貰う動きで前線を活性化。シュートチャンスはあっただけに得点が欲しかったが

12 アンドレ・シウバ 5.0
なかなかシュートチャンスが訪れず見せ場を作れなかった

(→ムリエル 5.5)
途中出場ながらも後半アディショナルタイムに得点。少し時間が足りなかったか

監督
マチン 5.0
守備に課題が残る試合だった

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
メッシ(バルセロナ)
▽開始12分で1ゴール1アシストという圧巻のパフォーマンス。右ひじのケガがなければもっと楽に勝てたかもしれない。

バルセロナ 4-2 セビージャ
【バルセロナ】
コウチーニョ(前2)
メッシ(前12)
スアレス(後18[PK])
ラキティッチ(後43)
【セビージャ】
サラビア(後34)
ムリエル(後46)
コメント
関連ニュース
thumb

レーティング:ナポリ 2-1 ラツィオ《セリエA》

セリエA第20節、ナポリvsラツィオが20日にサン・パオロで行われ、ホームのナポリが2-1で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ナポリ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190121_9_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 メレト 6.5 ミリンコビッチ=サビッチの2度の決定機を見事に阻止。ビルドアップへの貢献を含めて攻守に抜群の安定感 DF 2 マルキュイ 6.5 ミリンコビッチ=サビッチとのミスマッチを強いられて空中戦では苦戦。それでも、攻撃の局面では的確なオーバーラップと丁寧な繋ぎで貢献 33 アルビオル 6.0 インモービレにゴールを許すが、頼れる相棒クリバリ不在の中で奮闘。後方からの球出しもスムーズ 19 マクシモビッチ 6.0 クリバリの代役を危なげなくこなした。相手のマルシッチ不在により、マリオ・ルイのカバーを強いられる場面も少なかった 6 マリオ・ルイ 6.0 左肩上がりの攻撃をけん引。幾度か鋭いクロスで決定機を創出 MF 7 カジェホン 6.5 ゲームキャプテンとして見事な決定力をみせ先制点を奪取。質の高いオフ・ザ・ボールの動き出しで相手の脅威に (→ヒサイ -) 8 ファビアン・ルイス 6.5 レギュラー2人の不在で中央でのプレーもベティス時代を髣髴とさせる安定感溢れるゲームメークを披露。守備の強度も高かった 42 A・ディアワラ 6.0 豊富な運動量と球際の強さを生かしてフィルター役を完遂。マイボール時も堅実な捌きでチームのリズムを崩さず (→ヴェルディ 5.5) 惜しい仕掛けも見せたが、レギュラー奪取に向けたアピールとしては弱かった 20 ジエリンスキ 6.5 意外性のある仕掛けでミリクの決定機を演出するなど試合を通して積極性が光った FW 99 ミリク 7.0 2度の決定機を逃した中、見事な直接FKで貴重な追加点を奪取。メルテンスとの良好な関係性を生かして前線で抜群の存在感を放った 14 メルテンス 6.5 先制点をアシスト。セカンドトップの立ち位置からボールを引き出すプレーに前を向いた果敢な仕掛けとチャンスメーカーとして攻撃をけん引 (→ウナス -) 監督 アンチェロッティ 6.5 主力4選手を欠く中で代役の選手がきっちり役目を果たして難敵相手に勝利 ▽ラツィオ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190121_9_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ストラコシャ 6.0 2失点も責任なし。前後半を通じて幾度も好セーブをみせ、バタつくチームを救っていた DF 3 ルイス・フェリペ 5.5 まずまずのプレーを見せた中、前半半ばに無念の負傷交代… (→バストス 5.5) 身体能力を生かした守備と果敢な持ち出しで奮闘 33 アチェルビ 5.0 個人としての出来は悪くなかったが、相手2トップへの対応が曖昧で最終ラインを締めきれず。味方のミスのカバーを試みた際に不運な2枚目の警告を受けて退場に… 26 ラドゥ 5.0 カジェホンの対応に苦戦。メルテンスに対しても付き切れない場面が散見 MF 19 ルリッチ 5.5 前半は不得手な右サイドで沈黙。左に移った後半は精度の高いクロスなど攻撃面で盛り返した 16 パローロ 5.5 インサイドハーフと右ウイングバックでプレー。最低限の仕事はこなしたが、やや質を欠いた 6 ルーカス・レイバ 5.5 1失点目では自身のパスをインターセプトされる。ただ、守備の局面では読みを利かせた良い対応が幾度もあった 21 ミリンコビッチ=サビッチ 5.5 マルキュイとの高さのミスマッチを生かして起点となるが決定的な仕事はできず。自身のミスがキッカケでアチェルビを退場に追い込んだ (→パトリック 5.5) 数的不利の中で冷静に守備をこなした 5 J・ルカク 5.0 攻守両面で物足りない出来。前半のみのプレーに (→コレア 6.5) 1アシストを記録するなど積極果敢な仕掛けと攻撃意識で流れを変えた FW 10 L・アルベルト 5.5 要所で巧さを見せたが、やや淡白なプレーに 17 インモービレ 6.0 なかなか得意の形に持ち込めない中、ストライカーらしい憎らしいフィニッシュで一矢報いる1ゴール 監督 S・インザーギ 5.5 最終ラインの2つのアクシデントに見舞われた中で善戦した。ただ、出場停止のマルシッチ不在の右ウイングバックに関しては補強が必要か ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ミリク(ナポリ) カジェホンやメルテンス、メレトらの活躍も見事だったが、試合を決める見事な直接FKを決め切ったミリクをMOMに選出。流れの中では相手GKの好守に阻まれたが、抜け目ないポジショニングや的確なポストプレーなど得点以外の存在感も十分だった。 ナポリ 2-1 ラツィオ 【ナポリ】 カジェホン(前34) ミリク(前37) 【ラツィオ】 インモービレ(後20) 2019.01.21 06:55 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:アーセナル 2-0 チェルシー《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第23節、アーセナルvsチェルシーのビッグ・ロンドン・ダービーが19日に行われ、アーセナルが2-0で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 アーセナル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190119_33_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 19 レノ 5.5 難しい場面もなく、及第点のプレー DF 2 ベジェリン 6.0 先制点をアシスト。守備でもハードワークを見せた (→エルネニー 5.5) 負傷したベジェリンとの交代でピッチに立ち、終盤のタフな時間帯でチームを助けた 5 パパスタソプーロス 7.0 コシエルニーのゴールをアシスト。そしてそのコシエルニーとともにアザールを抑え込んだ 6 コシエルニー 7.5 完璧な守備を見せたうえ、チームを落ち着かせる2点目を奪った 31 コラシナツ 6.0 集中したプレーで左サイドを崩されることは無かった MF 34 ジャカ 6.5 アンカーのポジションで攻守の架け橋役に。気の利いたポジショニングでバランスを保った 11 トレイラ 6.5 両チームトップのタックル回数を記録。セットプレーでの正確なキックも光り攻守で大きく貢献した 29 グエンドウジ 6.0 豊富な運動量で攻守に貢献。こちらも多くのタックルを成功させた 8 ラムジー 6.0 ジョルジーニョへの徹底マンマークで相手の攻撃を封じた (→ナイルズ 5.5) あまり見せ場なく FW 9 ラカゼット 7.5 決勝点となった1点目を奪取。シュートだけでなくドリブルや空中戦でも強さを発揮した (→イウォビ 5.0) 後半はあまり攻撃に重きを置かなかったため脚光を浴びることは少なかった 14 オーバメヤン 6.0 ゴールはなかったものの、ラカゼットとの2トップでチェルシー守備陣にプレッシャーをかけ続けた 監督 エメリ 6.5 最初から最後まで完璧な試合運び。チェルシー攻略のお手本に ▽チェルシー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190119_33_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 ケパ 5.5 2失点はノーチャンス。ハイボールへの対応は良かった DF 28 アスピリクエタ 5.5 脆さが出た守備陣の中で、読みの利いた守りで及第点を得た 30 D・ルイス 5.0 無駄なイエローカードを受けるなど守備での集中力が足りなかった 2 リュディガー 5.5 大きなミスもなくまずまず 3 マルコス・アロンソ 5.0 積極的な攻め上がりも助けにならず。最初の失点時の守備は軽かった MF 5 ジョルジーニョ 5.0 マンマークされた時の脆さを露呈 7 カンテ 5.5 自慢のボール回収力が発揮せず、攻撃が繋げられなかった 17 コバチッチ 5.0 ほとんど良いところを見せられずピッチを後に。パス成功率は97%を誇った (→バークリー 5.0) 一本だけ惜しいシュートがあった FW 11 ペドロ 5.5 味方とのコンビネーションで打開を試みた (→ハドソン=オドイ -) 10 アザール 4.5 何度かドリブル突破を試みたが、今日は良いところがなかった 22 ウィリアン 4.5 ベジェリンら守備陣に全く歯が立たなかった (→ジルー 5.0) ほとんどボールに触れることができず 監督 サッリ 4.5 またしても最近の得点力不足を露呈。何かテコ入れをしなければ苦しくなる一方 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! コシエルニー(アーセナル) 完封しただけでなく、値千金の追加点を奪い勝利に大きく貢献。パパスタソプーロスとのコンビネーションも良く、今日の守備に不安はなかった 【速報】プレミアリーグ第23節 アーセナル 2-0 チェルシー 【アーセナル】 ラカゼット(前14) コシエルニー(前39) 2019.01.20 04:43 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング:レアル・マドリー 2-0 セビージャ《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第20節、レアル・マドリーvsセビージャが19日にサンティアゴ・ベルナベウで行われ、ホームのマドリーが2-0で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽レアル・マドリー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190120_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 25 クルトワ 5.5 復帰明けもチームが押し込んだことでラクな展開に。それでも、エスクデロの決定機を抜群のポジショニングで阻止 DF 2 カルバハル 6.0 相手のカウンターをケアしつつ高い位置に攻め上がって攻撃の起点に 5 ヴァラン 6.0 前回対戦で苦杯を舐めた相手をきっちり完封。ロングボールをことごとく撥ね返す 4 セルヒオ・ラモス 6.0 無難に守備をこなしつつリスクを冒した攻撃参加を見せた 23 レギロン 6.0 決勝点をお膳立て。オーバーラップ、インナーラップを織り交ぜて攻撃に変化を付けた MF 10 モドリッチ 6.5 試合を決める2点目を奪取。攻守の切り替えと細かい揺さぶりを武器に攻撃をけん引 14 カゼミロ 6.5 相手の堅守を打ち破る見事なミドルシュートを突き刺す。守備の局面ではカウンターのケアをきっちり行った 24 ダニ・セバージョス 6.5 2戦連発は逃したが、後半は高いシュート意識で攻撃に関与。球際の勝負でも気迫を見せた FW 17 L・バスケス 5.5 攻守両面で最低限の仕事はこなしたが、押し込んだ中で打開力に欠けた (→イスコ 5.5) 投入直後の先制点によって期待された役割とは異なる役割をこなすことに 9 ベンゼマ 5.5 右手小指の骨折を負った中、前線できっちり起点となった 28 ヴィニシウス 6.0 持ち味のスピードを生かして貴重な攻め手となったが、課題のラストプレーの精度は改善できず 監督 ソラーリ 6.0 守備的な相手の攻略に手を焼くが、全体を通して勝利に相応しいパフォーマンスだった ▽セビージャ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190120_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 バシリク 5.5 前半から好守を見せていたが、カゼミロのゴラッソに沈む DF 6 カリソ 4.5 敗色濃厚とはいえ不用意なボールロストで2失点目に関与した罪は重い 4 ケアー 6.0 地上戦、空中戦共に素晴らしい粘りの守備でエリア内では相手アタッカーに仕事をさせず 3 セルジ・ゴメス 5.5 機動力とつり出されない我慢の守備で奮闘 MF 16 ヘスス・ナバス 5.5 豊富な運動量で守備を助けた。前半は惜しいクロスも供給 17 サラビア 5.0 獲得報道も出る古巣相手に奮闘も攻撃面ではなかなか良さを出せなかった 10 バネガ 5.5 アンカーで何とかバイタルエリアのスペースを埋めたが、攻撃の起点にはなれず 22 フランコ・バスケス 5.0 守備に追われて前線と中盤を繋ぐ役割を果たせず 18 エスクデロ 5.5 守備面でソリッドな対応を続けたが、前半に訪れたチーム唯一の決定機を決めたかった (→ブライアン・ヒル -) FW 9 イェデル 5.0 予想以上に押し込まれた結果、得意の相手最終ラインと駆け引きする形にはならなかった (→プロメス 5.0) 投入直後の失点によってカウンターの形を出せず 12 アンドレ・シウバ 5.0 空中戦や球際で劣勢を強いられ、2ゴールを決めた前回対戦のようなインパクトを残せず (→ムニル 5.0) かつての宿敵相手にノーインパクトに終わる 監督 マチン 5.0 疲労の影響か持ち味のプレッシングが機能せず、割り切って引き分けを狙うも相手のゴラッソに沈み公式戦3連敗… ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! モドリッチ(レアル・マドリー) 貴重な先制点となるゴラッソを決めたカゼミロの活躍も見事だったが、好調時の躍動感を取り戻しつつあるバロンドーラーをMOMに選出。攻守両面での存在感は際立ち、試合最終盤に相手のミスを見逃さず決めた追加点は心身共にフォームを取り戻した証拠に。 レアル・マドリー 2-0 セビージャ 【レアル・マドリー】 カゼミロ(後33) モドリッチ(後47) 2019.01.20 02:22 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング:ユベントス 1-0 ミラン《スーペル・コッパ・イタリアーナ》

スーペル・コッパ・イタリアーナ2018、ユベントスvsミランが16日にサウジアラビアのジッダで行われ、1-0で勝利したユベントスが3年ぶり最多8度目の優勝を果たした。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ユベントス採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190117_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 シュチェスニー 5.5 一度目測を誤る場面もあったが、それ以外は終始安定したゴールキーピングだった DF 20 カンセロ 6.5 1カ月ぶりの戦列復帰。常に高い位置を取ってカットインを狙うドグラス・コスタとの好連係から幾度も決定機に絡んだ 19 ボヌッチ 6.0 古巣相手の一戦も気負うことなく淡々と守備をこなした 3 キエッリーニ 6.5 際どいクロスに対しても適切なポジショニング、身体の向きで冷静に対処。クトローネをきっちり封じ込む 12 アレックス・サンドロ 6.5 守備の局面ではほぼ完璧なプレー。攻撃面ではクロスの質こそ欠いたが、馬力のある仕掛けと正確なパスで存在感 MF 30 ベンタンクール 5.5 いつも通り攻守両面で堅実な仕事ぶり。球際の局面でもきっちり戦った (→ベルナルデスキ -) 5 ピャニッチ 6.5 決勝点をアシストしアンカーのポジションで的確な配球を見せる。切り替えの局面でも高い集中力を保った (→ジャン 5.5) 与えられた守備的なタスクをきっちりこなした 14 マテュイディ 6.0 攻撃では左サイドの高い位置に攻め上がって内に入るC・ロナウドをサンドロと共にサポート。球際の勝負でも互角以上に渡り合った FW 11 ドグラス・コスタ 6.5 カンセロとの良好な関係性で右サイドを制圧。鋭い仕掛けとパンチ力のある左足でゴールの可能性を感じさせた (→ケディラ -) 10 ディバラ 5.5 C・ロナウドと役割を変えながら前線で起点となったが、なかなか決定的な場面に顔を出せなかった 7 C・ロナウド 6.5 抜け目ない動き出しから自身とクラブに今季初タイトルをもたらすゴールを記録。まさに千両役者の仕事ぶり 監督 アッレグリ 6.0 相手の退場に助けられた面もあったが、説得力のあるパフォーマンスで今季初タイトルを獲得 ▽ミラン採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190117_3_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 99 ドンナルンマ 5.5 失点場面は触れるボールだったが、距離を考えれば致し方なし。それ以外は冷静な対応を90分間継続 DF 2 カラブリア 5.5 C・ロナウドが中寄りにポジションを取ったことで比較的余裕を持った守備ができていた。攻撃面ではもう少しカスティジェホをサポートしたかった 17 サパタ 6.0 C・ロナウドとディバラの強力コンビに対してきっちり身体を張って対応 13 ロマニョーリ 6.0 劣勢のR・ロドリゲスをサポートしつつ中央の危険なスペースはきっちり消していた 68 R・ロドリゲス 5.0 失点場面を含めてラインコントロールに雑さが出た。カンセロとドグラス・コスタのコンビに終始押し込まれる MF 79 ケシエ 4.5 中盤のフィジカル勝負で優位に立ったが、不必要なラフプレーで一発退場… 14 バカヨコ 6.0 持ち味の機動力とフィジカルを生かしてバイタルエリアのケアに奔走。球際では競り勝つ場面が目立った 39 パケタ 5.0 加入後2試合目で絶対王者と対戦。攻撃では才能の片鱗を見せたが、守備では後手の対応を強いられた (→ボリーニ 5.5) 数的不利の中で無理をしようという心意気は見えた FW 7 カスティジェホ 5.5 自陣低い位置まで下がって守備を助けつつ攻撃では幾度か見せ場を作った (→イグアイン 5.5) 古巣相手にミランでのラストマッチか? 試合後にはボヌッチに食って掛かるなど気迫は見せた 63 クトローネ 5.5 前線で孤立する場面が目立った中、後半立ち上がりにはクロスバー直撃の惜しいシュートを放った (→A・コンティ -) 10 チャルハノール 5.5 サイドの攻防で劣勢に立たされてなかなか攻撃に出られず。それでも後半はカットインから幾度か惜しいチャンスに絡んだ 監督 ガットゥーゾ 5.5 善戦もケシエの退場や微妙な判定も重なる不運で自身初タイトルに届かず… ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ドグラス・コスタ(ユベントス) 決勝点のC・ロナウドや両サイドバック、キエッリーニの活躍も見事だったが、右サイドで常に相手の脅威になり続けたブラジル人アタッカーをMOMに選出。攻守両面でモチベーションの高さが顕著だった。 ユベントス 1-0 ミラン 【ユベントス】 C・ロナウド(後16) 2019.01.17 04:40 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング:トッテナム 0-1 マンチェスター・ユナイテッド《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第22節、トッテナムvsマンチェスター・ユナイテッドが13日にウェンブリー・スタジアムで行われ、アウェイのユナイテッドが1-0で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽トッテナム採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190114_6_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ロリス 6.5 失点はノーチャンス。ポグバやマルシャルら同胞の決定機を見事な反応で阻止。デ・ヘアと共に打ち合いの一戦をウノゼロの拮抗した試合に変えた DF 2 トリッピアー 5.0 軽率な横パスをカットされて失点の要因に。それでも、正確なクロスとフィードで後半の反撃を牽引 4 アルデルヴァイレルト 5.5 相手の高速カウンターという難しい対応を危なげなくこなした 5 ヴェルトンゲン 5.5 負傷明けでいきなり快足アタッカーとのマッチアップも読みを利かせた守備で粘り強く対応 33 B・デイビス 5.5 スパーズで公式戦100試合達成。守備では堅実な対応が光ったが、ビルドアップや攻撃面でより存在感がほしい MF 17 ムサ・シソコ 5.5 ポグバと見ごたえのある肉弾戦を繰り広げるも前半終盤に無念の負傷交代… (→ラメラ 5.5) 緊急出動も難なく試合に入る。後半は切り替えの局面での正確なプレーでアクセントを付けた 20 デレ・アリ 5.5 後半は積極的にボールを引き出して決定機を創出。ただ、デ・ヘアとの一対一など決定力だけが欠けた 8 ウィンクス 5.5 ポグバらフィジカルで勝る相手に対して懸命に食らいつく。豊富な運動量を生かして仕事量は多かった (→ジョレンテ -) 23 エリクセン 6.0 ムサ・シソコの負傷交代で守備を意識しつつも質の高いチャンスメークで存在感 FW 7 ソン・フンミン 5.5 幾度か鋭い仕掛けを見せたが、アジアカップ参戦前に決定的な仕事は果たせず 10 ケイン 6.0 抜群のキープ力と正確なパスで攻撃の起点を担う。フィニッシュのフィーリングも悪くはなかったが、デ・ヘアの牙城を破れず公式戦7戦連発はならなかった… 監督 ポチェッティーノ 5.5 試合内容は決して悲観すべきものではなかったが、デ・ヘアに敗れて優勝争いから大きく後退… ▽マンチェスター・ユナイテッド採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190114_6_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 デ・ヘア 8.5 驚愕のシュート11本をセーブしクリーンシートに貢献。まさに守護神という圧巻の活躍ぶり DF 18 ヤング 6.0 相手の猛攻に晒された中、冷静な対応でピンチを凌ぎ続けた 4 フィル・ジョーンズ 5.5 ケインに手玉を取られる場面も多かったが、大きなミスなくクリーンシートに貢献 2 リンデロフ 6.0 落ち着いた判断と最後の局面で身体を張る泥臭い守りで何とかデ・ヘアをサポート 23 ショー 6.0 攻撃参加は皆無もセカンドボールやルーズボールの対応に集中。球際でも戦った MF 21 エレーラ 6.5 機動力を生かした守備でバイタルエリアを締める。エリクセンらに懸命に食らいついた 14 リンガード 6.0 先制点に繋がるインターセプトをみせ、押し込まれた後半は守備に奔走 (→ジオゴ・ダロト -) 31 マティッチ 6.0 時に最終ラインに吸収されながらも身体を張った守備で相手の二次攻撃に対応 6 ポグバ 6.5 絶妙なミドルパスで決勝点を演出。同胞ロリスの牙城を破れなかったが、攻撃面でもインパクトを与えた (→マクトミネイ -) FW 10 ラッシュフォード 6.5 自身初のリーグ3試合連続ゴールで勝利の立役者に。持ち味のスプリントで相手守備の脅威に 11 マルシャル 5.5 前半はサイドを起点に幾度か決定機に関与。後半はチームが押し込まれて徐々に消える展開に (→ルカク 5.5) 公式戦4戦連発を逃すも前線でのボールキープなど最低限の役目をこなす 監督 スールシャール 6.5 デ・ヘアに大いに助けられたが、システム変更など格上相手のゲームプランを用意するなど引き出しを見せた。レジェンドに並ぶ就任からリーグ5連勝達成 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! デ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド) 久々の“聖ダビド”降臨で文句なしのMOM。後半は防戦一方を強いられた中、難しい足下のセーブや至近距離からの超反応、一対一の焦れない対応など持てるゴールキーピングのすべてをつぎ込んで再三のピンチを無失点で切り抜けた。 トッテナム 0-1 マンチェスター・ユナイテッド 【マンチェスター・ユナイテッド】 ラッシュフォード(前44) 2019.01.14 03:38 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース