超ワールドサッカー

レーティング:バルセロナ 4-2 セビージャ《リーガエスパニョーラ》2018.10.21 05:50 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第9節、バルセロナvsセビージャが20日に行われ、4-2でバルセロナが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽バルセロナ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 テア・シュテーゲン 6.5
4度のスーパーセーブを披露。今日の勝利はこの男の活躍あってこそ

DF
2 N・セメド 6.0
右サイドの攻撃参加が目立った。守備の対応も悪くなかった

3 ピケ 6.0
集中した守りで対峙したアンドレ・シウバに何もさせなかった

15 ラングレ 5.5
詰めが甘い部分もあったが及第点

18 ジョルディ・アルバ 5.5
長所の攻撃参加があまり見られず

MF
5 ブスケッツ 5.5
無難にボールを捌いた

4 ラキティッチ 6.0
効果的なパスを供給しながらチームの4点目を記録

8 アルトゥール 5.5
ほとんどすべてのパスを成功させた

(→セルジ・ロベルト 5.0)
途中交代も見せ場なく

FW
10 メッシ 7.5
わずか12分で1ゴール1アシストの離れ業。しかし右ひじを負傷し前半の内に交代

(→デンベレ 6.0)
必殺のスピードで何度も相手の裏を取った

9 スアレス 7.5
メッシのゴールだけでなくほとんどすべての攻撃に絡んだ。自ら得たPKで3点目を記録

(→ムニル -)

7 コウチーニョ 6.5
先制ゴールを記録。要所で攻撃に絡む活躍

監督
バルベルデ 6.0
首位相手に圧巻のパフォーマンス。メッシ交代後も慌てず見事に試合を制した

▽セビージャ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 バシリク 5.0
1失点目はノーチャンスも、3失点目は自らPKを献上

DF
6 カリソ 4.5
相手に好き放題やられてしまった

4 ケアー 5.5
空中戦で強さを見せた

(→メルカド 5.0)
途中出場ながらも上手く試合に入れた

3 セルジ・ゴメス 5.0
メッシ、デンベレの対応に追われた。左サイドからは何度もピンチに

MF
16 ヘスス・ナバス 6.0
積極果敢な攻撃参加で右サイドから何度もチャンスを演出

10 バネガ 5.0
バルサの中盤を抑えられず好き勝手された印象

22 フランコ・バスケス 5.5
攻守に貢献。高いパス成功率でセビージャの攻撃のタクトを振るった

(→ロケ・メサ 5.0)
パス成功率は驚異の100%。無難なパスが多かったか

23 アラーナ 5.5
やや戻りが遅くセルジ・ゴメスに迷惑をかけたか。攻撃性能は悪くない

17 サラビア 5.5
意地の一発を見せた。

FW
9 イェデル 5.5
パスを貰う動きで前線を活性化。シュートチャンスはあっただけに得点が欲しかったが

12 アンドレ・シウバ 5.0
なかなかシュートチャンスが訪れず見せ場を作れなかった

(→ムリエル 5.5)
途中出場ながらも後半アディショナルタイムに得点。少し時間が足りなかったか

監督
マチン 5.0
守備に課題が残る試合だった

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
メッシ(バルセロナ)
▽開始12分で1ゴール1アシストという圧巻のパフォーマンス。右ひじのケガがなければもっと楽に勝てたかもしれない。

バルセロナ 4-2 セビージャ
【バルセロナ】
コウチーニョ(前2)
メッシ(前12)
スアレス(後18[PK])
ラキティッチ(後43)
【セビージャ】
サラビア(後34)
ムリエル(後46)

コメント

関連ニュース

thumb

レーティング: ミラン 0-2 ユベントス《セリエA》

▽セリエA第12節、ミランvsユベントスが11日に行われ、0-2でユベントスが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ミラン採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181112_9_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 99 ドンナルンマ 5.5 防げるシュートは止めていた DF 20 アバーテ 5.5 ハードな対応でC・ロナウドを自由にさせず (→ボリーニ -) 17 サパタ 5.5 大崩れせず、ムサッキオの代役を全う 13 ロマニョーリ 5.5 ボヌッチに代わるディフェンスリーダーとして奮闘 68 R・ロドリゲス 5.0 マンジュキッチに競り負けて先制点献上。攻撃面でも精彩を欠いた MF 8 スソ 5.0 アレックス・サンドロの前に完全に沈黙 79 ケシエ 5.5 よく動いて攻守に関わろうとした 14 バカヨコ 5.5 ケシエと共にフィジカルを生かして中盤をカバー 10 チャルハノール 5.0 流動的に動いたが効果は薄かった (→ラクサール -) FW 7 カスティジェホ 5.0 2トップの一角でスタートし、途中から3トップの左でプレーも打開できず (→クトローネ 5.0) ほとんどボールに絡めず 9 イグアイン 4.5 PK失敗に退場と古巣相手に散々な試合となってしまった 監督 ガットゥーゾ 5.5 ケガ人を多く抱える中、拮抗した試合を演じたが押し切られた ▽ユベントス採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181112_9_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 シュチェスニー 6.5 PKストップでチームを勝利に導く DF 20 カンセロ 6.5 攻撃センスの高さを見せ付け、C・ロナウドのゴールを演出 4 ベナティア 6.0 PK献上もイグアインをほぼ完ぺきに封じる 3 キエッリーニ 6.0 さほど難しい対応はなかった 12 アレックス・サンドロ 6.5 先制ゴールをアシスト。ミランの攻撃のキーマンであるスソを封じた MF 30 ベンタンクール 6.0 90分集中を切らすことなくプレー 5 ピャニッチ 6.0 無難なパスワークでゲームメーク (→ケディラ -) 14 マテュイディ 6.0 さすがの運動量で広範囲をカバー FW 17 マンジュキッチ 6.5 先制ゴールを決める。空中戦でミランを翻弄 10 ディバラ 5.5 直接FKで際どいシュートを放ったが、流れの中で違いはさほど生めず (→ドグラス・コスタ -) 7 C・ロナウド 6.5 抜け目なくゴールを狙い、ダメ押しゴールをゲット 監督 アッレグリ 6.5 ユナイテッド戦の敗戦を払しょく。隙を見せずに勝利した ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! シュチェスニー(ユベントス) ▽PKストップでチームを勝利に導く。今季ここまでさほど仕事がない状況だったが、ユベンティーノの信頼を掴むセービングだった。 ミラン 0-2 ユベントス 【ユベントス】 マンジュキッチ(前8) C・ロナウド(後36) 2018.11.12 06:33 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング: マンチェスター・シティ 3-1 マンチェスター・ユナイテッド《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第12節、マンチェスター・シティvsマンチェスター・ユナイテッドのマンチェスター・ダービーが、11日にエティハド・スタジアムで行われ、3-1でシティが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽マンチェスタイー・シティ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181112_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 31 エデルソン 5.0 難しいタスクはなかったが、PKを献上 DF 2 ウォーカー 5.5 特に見せ場はなく、守備ではマルシャルにしっかり対応していた 5 ストーンズ 5.5 ほとんど相手に危険にさらされることはなく落ち着いてプレーできた 14 ラポルテ 5.5 ストーンズ同様、冷静なプレー 22 メンディ 5.5 可もなく不可もなく MF 25 フェルナンジーニョ 6.5 中盤で抜群の存在感を発揮。高いボール奪取力でピンチを摘み取るとともに効果的なパスも供給した 20 ベルナルド・シウバ 7.5 ピッチ全体で躍動したポルトガル代表アタッカーは2アシストで勝利に貢献 21 シルバ 7.0 先制点で快勝の狼煙を上げた。試合を通して攻撃を牽引。ユナイテッドを苦しめた (→フォーデン -) FW 26 マフレズ 6.0 右ウイングで多くのチャンスに絡んだ。アグエロのゴールをお膳立て (→ザネ 5.5) 攻撃にアクセントを加えた 10 アグエロ 6.5 銀髪にした点取り屋は前線で献身的な働きを見せ、決勝ゴールを記録 (→ギュンドアン 5.5) 途中出場から決定的な3点目をもたらした 7 スターリング 5.5 先制点の起点に。左サイドで何度も好機を演出 監督 グアルディオラ 6.5 最初から相手を圧倒。守備に苦しむ場面もあったが終わってみれば3発快勝し一足先に今季10勝目を挙げた ▽マンチェスター・ユナイテッド採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181112_4_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 デ・ヘア 5.0 シティ相手に無失点はほぼ不可能だが、3失点はいただけない DF 18 ヤング 4.5 シティの猛攻についていけず、右サイドを突破されることが多かった 2 リンデロフ 4.5 相手のアジリティについていけず 12 スモーリング 4.5 守備に重きを置いた戦いだったが、終わってみれば3失点 23 ショー 5.0 自慢の攻撃力もこの日は鳴りを潜めた。守備では粗雑なプレーも垣間見えた MF 27 フェライニ 5.0 指揮官の指示を忠実に守り守備に専念 21 エレーラ 5.0 中盤で守備に奔走。攻撃には貢献できず (→マタ 5.0) 途中出場も時間が足りなかった 31 マティッチ 5.5 豊富な運動量で守備に貢献 FW 14 リンガード 5.0 チームが守勢に回っていた時間が長かったため、ほとんど見せ場は作れなかった (→ルカク 6.0) 途中交代直後にPK獲得。先発から使われていれば結果は違ったか 10 ラッシュフォード 5.0 リンガード同様、あまりチャンスは回って来ず。シュートも0本だった (→サンチェス 5.0) ほとんど何もできず 11 マルシャル 5.5 苦境の中でもゴールへの執念は見せた。PKの一発で自身初のリーグ戦5試合連続ゴールを記録 監督 モウリーニョ 4.5 守備的采配が意味を持たなかった。ユベントス戦の勝利は奇跡だったか ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ベルナルド・シウバ(マンチェスター・シティ) ▽90分間を通して攻撃面で存在感を発揮。自身の得点はなかったものの何度となくチャンスシーンに顔を出し、2アシストを記録した マンチェスター・シティ 3-1 マンチェスター・ユナイテッド 【マンチェスター・シティ】 シルバ(前12) アグエロ(後3) ギュンドアン(後41) 【マンチェスター・ユナイテッド】 マルシャル(後13[PK]) 2018.11.12 03:33 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:ドルトムント 3-2 バイエルン《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第11節、ドルトムントvsバイエルンが10日に行われ、3-2でドルトムントが勝利した。ドルトムントのMF香川真司はベンチ入りしなかった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ドルトムント採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181111_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 35 ヒッツ 5.5 ビュルキの負傷で巡ってきたチャンス。取り立てて好守はなかったが勝ち切った DF 26 ピシュチェク 5.5 リベリとのマッチアップで苦戦もアシストで相殺 16 アカンジ 6.5 身体能力の高さを遺憾なく発揮。対人の強さを示した 2 ザガドゥ 6.0 1失点目の場面ではレヴァンドフスキに背後を取られたが、それ以外の局面ではアカンジと共にソリッドだった 5 アクラフ・ハキミ 5.5 結果的に自身のサイドから2失点。とはいえ、持ち味の攻撃参加も見られた MF 33 ヴァイグル 5.0 球際で負けている場面が多かった。得意の繋ぎも見られず (→ダフード 6.0) 前へ付けるパスでアクセントに 11 ロイス 7.0 さすがの2ゴール。エースの働きを果たした 28 ヴィツェル 6.5 攻守に抜群の存在感。決勝点をアシスト FW 7 サンチョ 6.0 前半はアラバの前に苦戦も後半は盛り返した 10 ゲッツェ 5.5 ロイスとのコンビネーションで打開を狙うも突破はしきれず (→アルカセル 6.5) さすがの決定力。2つあった決定機のうちの一つを決めた 34 ラーセン 5.0 1失点目の場面ではニャブリへの寄せが甘く、2失点目の場面も中途半端だった (→デラネイ -) 監督 ファブレ 6.5 ダフードの投入で後半の流れを変え、アルカセルの投入で勝利を呼び込んだ ▽バイエルン採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181111_4_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ノイアー 5.0 10分のロイスとの一対一を止めるも、PK献上はらしくなかった DF 32 キミッヒ 6.0 2点目をアシストするなど攻撃面でも存在感 17 J・ボアテング 5.5 前半はロングフィードでアクセントを付けるも後半はカウンターの対応に苦難 5 フンメルス 5.0 後半は相手のスピードに対応できなかった。負傷交代 (→ジューレ 5.5) J・ボアテングとのコンビがさほどしっくりいかず 27 アラバ 6.0 進境著しいサンチョを前半はうまく止めた MF 8 ハビ・マルティネス 6.0 前半は要所の守備が効いていた 25 ミュラー 6.0 トップ下の位置で攻守に存在感 (→ワグナー -) 18 ゴレツカ 6.0 ヴァイグルとのマッチアップで上回るも後半は消えた FW 22 ニャブリ 6.0 先制点をアシストし、2点目に絡んだ (→レナト・サンチェス -) 9 レヴァンドフスキ 6.5 身体能力の高いセンターバック相手にポジショニングの良さを生かして古巣から2発 7 リベリ 6.0 仕掛けの起点に。とりわけ前半は攻撃をけん引した 監督 ニコ・コバチ 5.5 敗れたはしたが、前半の内容は良かった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ロイス(ドルトムント) ▽とりわけ2点目はシュートのうまさが光るゴールだった。後半にギアを上げて疲れの見えたバイエルン守備陣を翻弄した。 ドルトムント 3-2 バイエルン 【ドルトムント】 ロイス(後4)【PK】 ロイス(後22) アルカセル(後28) 【バイエルン】 レヴァンドフスキ(前26) レヴァンドフスキ(後7) 2018.11.11 04:44 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング: ユベントス 1-2 マンチェスター・ユナイテッド《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループH第4節、ユベントスvsマンチェスター・ユナイテッドが7日にアリアンツ・スタジアムで行われ、2-1でユナイテッドが逆転勝利を収めた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ユベントス採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181108_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 シュチェスニー 5.0 無難に守っていたが終盤に2失点。ノーチャンスだったが印象は良くないか DF 2 デ・シリオ 6.0 対面するマルシャルにしっかり対応。冷静なプレーが光った (→バルザーリ -) 19 ボヌッチ 5.5 堅実な守備を見せていたが、最後の最後に痛恨のオウンゴール… 3 キエッリーニ 6.0 ボヌッチとの息の合った守備で相手に何もさせなかった 12 アレックス・サンドロ 5.5 攻撃の際に存在感を発揮。ヤングと渡り合った MF 16 クアドラード 6.0 自由にポジションを入れ替えながら相手をかく乱。何度か惜しいシュートも 5 ピャニッチ 6.5 的確なポジショニングで中盤を支配。危険な目を未然に防いだ 6 ケディラ 5.5 攻守に存在感。切り替えが早くカウンターにも顔を出した (→マテュイディ 5.5) 無難なプレーに終始 30 ベンタンクール 6.0 ユベントス可変システムに柔軟にアジャスト。攻守に安定感があった FW 10 ディバラ 6.0 こちらも自由に動く中で何度もチャンスメイク 7 C・ロナウド 6.5 スーパーゴールで先制点を記録。移籍後CL初ゴールであわよくば決勝T進出を決めたかった 監督 アッレグリ 5.5 内容は圧倒していたものの、最後まで守り切ることが出来なかった ▽マンチェスター・ユナイテッド採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181108_3_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 デ・ヘア 6.5 流石の守護神。C・ロナウドのゴールはノーチャンスも何度かファインセーブを見せた DF 18 ヤング 5.5 相手の柔軟な攻撃に上手く対応。攻撃でも幅を持たせた 2 リンデロフ 5.0 失点シーンでは簡単にC・ロナウドのマークを外してしまった 12 スモーリング 5.5 悪くない出来だった。相手の変幻自在な攻撃にも戸惑うことはなかった 23 ショー 5.5 自由にポジションチェンジを繰り返す相手に戸惑っていたが、後半はしっかり対応 MF 31 マティッチ 5.0 中盤を支配されてしまったが、最低限のタスクはこなした 21 エレーラ 5.0 多くの時間を守備に割いた。攻撃ではアクセントを付けられず (→マタ 7.0) 途中出場から逆転劇の狼煙を上げるFKをぶち込んだ 6 ポグバ 5.5 慣れ親しんだスタジアムだったが少し相手の出方にてこずったか FW 14 リンガード 4.5 ほとんどの時間試合から消えていた (→ラッシュフォード 5.5) 途中出場からアクセントを加えられた 7 サンチェス 5.5 前線で起点になり何度かチャンスを演出も、ユベントスのCBコンビに苦しめられた (→フェライニ -) 11 マルシャル 6.0 停滞する攻撃陣の中で気を吐いた。得意の角度から何度かシュートを放つ場面があったが今日は彼の日ではなかったようだ 監督 モウリーニョ 6.0 交代策が見事に的中。試合内容は乏しかったが結果が全て ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! マタ(マンチェスター・ユナイテッド) ▽途中出場からFKで同点弾を記録。このゴールが逆転劇の狼煙になった。指揮官の期待にも応え、15分の出場時間ながらマン・オブ・ザ・マッチに選出 ユベントス 1-2 マンチェスター・ユナイテッド 【ユベントス】 C・ロナウド(後20) 【マンチェスター・ユナイテッド】 マタ(後41) OG(後45) 2018.11.08 07:05 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング: アトレティコ・マドリー 2-0 ドルトムント《CL》

▽チャンピオンズリーグ・グループA第4節、アトレティコ・マドリーvsドルトムントが6日に行われ、2-0でアトレティコが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽アトレティコ・マドリー採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181106_41_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 オブラク 5.5 ゴールシーン以外でほとんど守備機会なし DF 20 フアンフラン 6.0 機を見て攻撃参加を図り、分厚い攻めを演出 24 ホセ・ヒメネス 5.5 前半終了間際に相手のシュートを頭でブロックするも、この影響でハーフタイムで交代 (→モンテーロ 6.0) 一度足を滑らせヒヤリとしたが、概ね安定していた 21 リュカ 6.5 アルカセルを封殺 3 フィリペ・ルイス 6.0 機を見た攻撃参加から先制点を演出 MF 8 サウール 6.5 攻守に質の高いプレーを披露し先制点を決める 5 トーマス 6.0 圧巻の運動量で攻守に存在感を発揮 14 ロドリゴ・エルナンデス 5.5 中盤をきっちりコントロール 10 コレア 6.5 味方との好連係から何度もチャンスに絡む (→ビトロ -) FW 7 グリーズマン 6.0 なかなかチャンスに恵まれなかったが唯一訪れた決定機をしっかり決めた 9 カリニッチ 5.5 前線からの守備で貢献 (→ジェウソン・マルティンス 5.5) シュートチャンスはなかったが、2点目の起点となる 監督 シメオネ 6.5 公式戦無敗のドルトムントに何もさせず完勝 ▽ドルトムント採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181106_41_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ビュルキ 5.5 得点はノーチャンス。際どいシュートを的確なセービングで阻止した DF 26 ピシュチェク 5.5 何度か高い位置を取るが、裏を突く回数が少なかった 16 アカンジ 5.5 アトレティコのカウンターに苦慮も、大崩れしなかった 36 トプラク 5.5 堅実な守備を見せていた 5 アクラフ・ハキミ 5.5 攻撃参加でチャンスを演出したが、裏を狙われる場面も再三見られた MF 22 プリシッチ 5.0 見せ場はほとんどなかった (→ラファエウ・ゲレイロ 5.5) 65分の決定機は決めておきたかった 6 デラネイ 5.0 無難なパスに終始し、うまく前線に絡めなかった 11 ロイス 5.0 淡白な仕掛けに終始し、相手の守備を突破できず 28 ヴィツェル 5.5 攻守の潤滑油としてチームに安定感をもたらす 7 サンチョ 5.0 思うように攻撃参加できずに終わった (→ラーセン -) FW 9 アルカセル 5.0 ほぼ何もできなかった (→ゲッツェ -) 監督 ファブレ 5.0 交代策も功を奏さず、今季初黒星を喫する… ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! サウール(アトレティコ・マドリー) ▽立ち上がりからアトレティコの狙いである攻守の素早い切り替えからのカウンターを体現。先制点を奪い試合の主導権を引き寄せた 2018.11.07 07:22 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース