ニュース

thumb

人気沸騰中の『パワサカ』×『シュート!』コラボで、あのセクシードリブラーを育成してみた

まさかのPSR平松和広が降臨。Aランク選手育成なるか!? 雑誌「高校サッカーダイジェスト」編集部Nです。前回に続いて、この夏、編集部イチオシのサッカーゲームアプリ、『実況パワフルサッカー』(通称『パワサカ』)攻略コラムをお届けします。 今回は選手育成編。Bランク止まりだった前回のリベンジを果たしたい! 8月23日までの期間、『パワサカ』は人気サッカー漫画『シュート!』とのコラボ企画を実施中。キャンペーンも超絶に充実していて、今が『パワサカ』を始める絶好のチャンスなのです。編集部Nも満を持してガチャにチャレンジ。SR田仲、来い! !?・・・虹色のボールがネットを突き破る、SR以上確定演出がキター! ・・・と期待させておいての矢部坂クン!うん、ある意味想定どおり。 『パワサカ』名物キャラの彼と一緒に掛川高校サッカー部に入部したいと思います。 結局、シュートキャラSR以上が確定となる60連までガチャを引き続けた編集部N。念願のSR田仲は来なかったものの・・・ま、まさかのPSRが来たでやんす!! 平松和広が降臨。ドーン!!こりゃ、この夏の運をぜんぶ使い切ったかな? SRも数枚出現し、手持ちキャラが揃ったところで選手育成へ! ・・・といきたいところですが、その前にイベキャラに特殊能力とよばれる固有のスキルがあることはご存知でしょうか?これを正しく理解することが『パワサカ』攻略の第一歩です。 強い選手を作るには、やみくもに「テクニック」や「キック」などの数値を上げるのではなく、目的にあった特殊能力をゲットすることがポイントとなります。 さらに特殊能力には、その枠色にちなんで通称・金特と呼ばれる超特殊能力が存在します。SR以上のキャラがこの金特を所持しており、例えば今回引き当てた矢部坂クンは、「ドリブラー」などの特殊能力と「スピードスター」の金特を持っています。 特殊能力は「!」マークの練習を選択していったり、イベントをこなすことなどで入手できます。いろいろなイベキャラを使って、どのイベキャラからどの特殊能力がゲットできるか?研究してみましょう。 サクセスで金特をゲットできれば、高ランク選手育成の可能性はグっと高まりますよ! こうして、育成したい選手のスタイルをイメージしながら、欲しい特殊能力のコツを持ったキャラや、重視したい練習のキャラをうまく組み合わせてデッキ編成をしていくのが『パワサカ』の最高に楽しいところです。 さて、編集部Nもイベントデッキ編成に再挑戦!今回こそ、選手ランクA突破を目指そうと思います。 ちなみに手持ちのイベキャラをレアリティ順にソートしてみるとこんな感じ。 矢部坂秀人とヤンス・ヤベヴィッチでコンボが発生ですね。コンボとは、サクセス中に発生するキャラ同士のイベントのことで、キャラ1人分のイベントよりも多くの経験点やコツが入手できる場合があります。 ふむふむ・・・「スピード」と「テクニック」に秀でた、セクシードリブラーが育成できそうですね。『シュート!』のキャラクターで例えるなら平松和広。というワケで、「平松育成デッキ」と命名してみました。 DFながら「ドリブルキング」の金特を所持する守崎まやちゃんを加えたあたりが、編集部Nのプチこだわりです。 さて、行きますよー。サクセスはもちろん「掛川高校シナリオ」。楽しみすぎるゾー! セクシードリブラーを目指して「平松育成デッキ」を投入し、ゲームスタートです。 持ち込みアイテムにはイベント発生率をアップする「まねき猫」と、彼女の評価をアップする「恋愛成就のお守り」を選択しました。 掛西中トリオが『パワサカ』で再結成なんて嬉しすぎる!しょっぱなからテンションが上がりまくりの編集部N。 原作の名シーンが蘇るシナリオの数々。リアルサッカーでトリプルカウンターアタックを真似してみた読者も多いのでは? そして久保嘉晴、奇跡の11人抜きのシーン。デフォルメキャラなのに何なの?この没入感・・・。すでに編集部Nの涙腺は崩壊しています。 経験点がたくさんもらえる団結練習も大切に。『シュート!』キャラがなるべく多く集まっている練習を選ぶのがコツです。練習後の体力回復イベント(みんなで食事)の発生率が高まるらしいです。 さらに、青い「!」がついた練習を選ぶと、久保との特訓を思い出して追加で経験点を獲得できるみたい。思い出をコンプリートすると、久保から強力なあのコツを伝授してもらえます。 『シュート!』懐かしのシナリオを楽しんでいるうちに、あっという間に選手権シーズンになっていました。地区予選、全国大会を勝ち上がり、いよいよ王者・帝光学園高校との決勝戦! ハラハラドキドキのPK戦をものにして見事に全国優勝!これで、より多くの経験点が獲得できます。 せっかく育成が上手くいっていても、試合で敗退してしまうと、その時点でサクセス終了となってしまうため、高レベル選手育成のためには、全国優勝まで勝ち進みたいところ。不安な人は持ち込みアイテム「蹴球神のお守り」を使ってみるのも良いでしょう。 プルルルル。スカウトから連絡があり、1部リーグからのオファーを獲得!スカウトがいる練習メニューを意識的に選んだかいがありました。今度こそ、Aランク突破の手応えあり! ドキドキの育成結果は・・・? おっしゃー、A★!セクシードリブラー・平松の完成です。 基本能力「オフェンス」の火力が今ひとつでしたが、「スピード」と「テクニック」の数値はまずまず。特殊能力では、平松のオリジナル金特「ヒールリフト」もついて、納得の育成結果となりました。 これから『パワサカ』を始めるという人は、先ずはAランク選手の育成を目指してみると楽しいと思います。「日刊パワスポ」から掲載オファーが来るかもしれませんよ! さて、ここからはオマケの中上級者編。 まずはコツレベルについて。コツには5段階のレベルがあって、コツレベルが上がると、特殊能力獲得に必要なポイントが大幅にダウンします。ダウンさせた分を、効率よく基本能力に割り振ることで、強い選手が育成可能になるのです。 コツレベルは何度も獲得することで加算されるため、同じ特殊能力のコツをもったキャラをデッキに組み込んだり、イベキャラそのものをレベルアップすることで上げることが出来ます。 今回の「平松育成デッキ」では、矢部坂秀人とヤンス・ヤベヴィッチを同時にデッキに組み込むことで「スピードスター」のコツレベルを最大まで上げることが出来ました。 そして、上限開放。すべてのイベキャラは同じキャラどうしで強化することで、レベルの上限が開放できます。強化するときにイベキャラの上に成功確率が表示されるのでチェックしてみましょう。 同じキャラが被ることが条件となるため、レベル上限の開放はなかなか大変ですが、Sランク、その先のSSランク選手育成を目指し、今後は筆者も果敢にトライしてみたいと思います。 さてさて念願のAランク選手も育成できたことだし、次回(7月31日更新予定)はいよいよ集大成。スタジアム挑戦編をお届けしたいと思います。 『実況パワフルサッカー』×『シュート!』 『パワプロ』と『ウイイレ』、2つのスポーツゲームがタッグを組み贈る、サッカー選手育成ゲーム。『ウイイレ』をベースにしたサッカーアクションで描く試合と笑いあり、涙ありの選手育成をスマホで手軽に楽しめる。 さらに今なら、人気コミック『シュート!』とのコラボを実施中。主人公・トシ(田仲俊彦)をはじめとした『シュート!』キャラクターが『パワサカ』のイベキャラとして登場するほか、8月23日13:59までの期間限定で、PR田仲俊彦・PR平松和広・PR白石健二をプレゼント中。そして、7月19日からは、いよいよ掛川高校のマネージャー・遠藤一美や神谷もイベキャラとして登場!『パワサカ』を始めるなら、今がチャンスだ! 『実況パワフルサッカー』公式サイト App Storeからダウンロード Google Playからダウンロード メーカー|KONAMI 配信日|配信中(2016年12月7日より) ジャンル|サッカー・育成 対応OS|Android(5.0以降)、iOS(8.0以降) 価格| 基本プレイ無料(アイテム課金制) 著作権表記|(c) 大島司 (c)Konami Digital Entertainment お問合せ先|KONAMIお客様相談室 TEL:0570-086-573 ※平日:10:00~18:00(土日祝日休み) 2017.07.25 09:30 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサ退団が噂されるネイマールにマドリーMFカゼミロ「マドリーに歓迎するよ」

▽レアル・マドリーのブラジル代表MFカゼミロが、去就が注目を集めているバルセロナのブラジル代表FWネイマール(25)についてコメントした。スペイン『アス』が報じている。 ▽ネイマールは今夏に移籍市場でパリ・サンジェルマンへの移籍が噂されている。バルセロナ側は移籍を否定しているが、連日、パリ・サンジェルマン行きに迫っていると報じられるなどその去就が注目を集めている。 ▽ライバルチームのエースについて、ブラジル代表のチームメートであるカゼミロは「彼の将来は彼自身が決めるもの。彼がマドリーでプレーすることになれば歓迎するさ」と語り次のように続けた。 「どんな決断を下したとしても、彼にとって最高の選択であるように願うよ。彼は偉大な選手であり、個人的に彼をリスペクトしている。そして彼は何をすべきか理解しているし、そのために今は準備をしているのだろう」 「仮に彼がバルサを退団しても、彼の幸運を祈る気持ちは変わらない。逆にバルサに残ったとしてもその気持ちは同じだ」 2017.07.25 09:22 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナル戦で脳震とうのペドロ、骨折が判明も長期離脱は免れる

▽チェルシーのスペイン代表FWペドロ・ロドリゲスが複数個所の骨折を追っていたようだ。アントニオ・コンテ監督がチェルシー公式サイト上で明らかにした。 ▽ペドロは22日に中国で行われたアーセナルとのプレシーズンマッチに出場。コロンビア代表GKダビド・オスピナと交錯し、途中交代を余儀なくされていた。 ▽当時、イギリス『BBC』が報じたところによればペドロはそのまま病院に搬送された模様。脳震とうと診断され、チェルシーは経過観察のためにロンドンに戻ることを明かしていた。 ▽コンテ監督は24日、ペドロについて最新の状況を報告。新たに骨折が判明したことを明かした。 「思ったよりもひどい状況だ。脳震とうだけだと思っていたが、実際にはヒビが入っていたよ。ただ、マスクを付けることになるが、10日間ほどで復帰できるようだ」 ▽またコンテ監督は、接触したオスピナのプレーについても言及。フットボールでは起こりうるものだったとしている。 「彼を非難することはない。選手だったからこそ分かるが、ああいう衝突は起こりうる。オスピナはボールに行っていた」 2017.07.25 09:10 Tue
twitterfacebook
thumb

ボヌッチの後釜を探すユーベ、シティのマンガラ獲得に興味!!

▽センターバックの補強に動くユベントスが、マンチェスター・シティのフランス代表DFエリアキム・マンガラ(26)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『トゥットメルカート』が伝えている。 ▽ユベントスは今夏の移籍市場で、守備の要だったイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチを失った。新たなセンターバックの獲得に動いているユベントスは、シティで出場機会を失っているマンガラに白羽の矢を立てたようだ。 ▽2014-15シーズンにポルトからシティに加入したマンガラは、移籍初年度に公式戦31試合に出場。2015-16シーズンにも33試合でプレーするなど主力として活躍していた。 ▽しかしジョゼップ・グアルディオラ監督が指揮官に就任した2016-17シーズンはバレンシアにレンタルで放出されている。そのバレンシアでは公式戦34試合2ゴールと活躍した。 ▽現在、マンガラはバレンシアとの契約期間を終えてシティに帰還。しかし以前、フランス『レキップ』でのインタビューで「僕は市場に出ている」とシティ退団を明言している。 ▽なお、シティはマンガラに対して移籍金を2000万ユーロ(約25億8800万円)に設定している。また、同選手に対してはセビージャも獲得に興味を示しているようで、今後は争奪戦が展開されそうだ。 2017.07.25 08:45 Tue
twitterfacebook
thumb

マルコビッチが今夏にリバプール退団へ…クロップは「必要とするクラブはあるはず」

▽リバプールのユルゲン・クロップ監督が、セルビア代表FWラザール・マルコビッチ(23)の放出を検討しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽2014-15シーズンにベンフィカからリバプールに加入したマルコビッチは、移籍初年度に公式戦34試合3ゴールをマークした。しかし2015-16シーズンはフェネルバフチェ、2016-17シーズンはスポルティングとハル・シティにそれぞれレンタルで加入するなど、リバプールでの居場所を失っている。 ▽そんなマルコビッチはリバプールのプレシーズントレーニングに参加。トレンメアとの今季初となったプレシーズンマッチにも出場したが、香港でのアジア・トロフィーに出場するメンバーからは外れている。 ▽クロップ監督はマルコビッチの去就について言及。退団に向かって動いていることを明らかにした。 「ラザールが新たなクラブを見つけるのならば、我々は交渉に応じる。これは秘密でもなんでもなく、昨年もそうだった。確かに彼は良い選手であり、私も人として彼が気に入っている。ただ、それとプレーできるかどうかは別の話しだ」 「そ径部を負傷していたが、今は良い状態にある。そして彼のことを必要としてくれるクラブはきっとあるはずだ」 2017.07.25 08:31 Tue
twitterfacebook
thumb

サカマネ女優・酒井蘭の『パワサカ』青春トーク!<前編>

マネージャーとエース…「ザ・青春」というような恋愛してました! 『パワサカ』の愛称で親しまれているゲームアプリ『実況パワフルサッカー』。その魅力は、なんといっても高校生からプロを目指すサクセスモード。この夢あふれるモードにチャレンジしてくれたのが、高校時代にサッカー部でマネージャー兼選手だった女優・酒井蘭さん。思わず自身の「青春トーク」もぶっちゃけてくれました! ――『パワサカ』で遊んでみて、どんな印象を持ちましたか? 蘭 率直におもしろそう!ゲームは結構好きで、性格上、好きなことはとことんやりこんじゃうんです。シミュレーションもよくやっていて徹夜でずっと遊んじゃうことも。『パワサカ』は最初に組むデッキが大事だったり、トレーニング一つとってもチームメイトとの相性を見て決めたりと、考えさせられますね。 ――もうそこまで・・・ゲーム理解度が早いですね。 蘭 周りより遅れて始めても「うまいね」とはよく言われます(笑)。 ――そんな酒井さんですが、高校時代はサッカー部でマネージャー兼選手だったとか? 蘭 はい!お姉ちゃんと弟が小学校からサッカーをしていたので、私も影響を受けまして。 ――『パワサカ』のサクセスモードには彼女を作って成長する恋愛要素もあるんですが・・・ぶっちゃけ酒井さん、サッカー部でモテたんじゃないですか? 蘭 それが全然(笑)!私は恋愛対象外みたいで、みんなと友達みたいに付き合ってました。夏休みはカラオケ行ったり、学校から近い部員の家で『ウイニングイレブン』大会したり。荒川の土手が近くにあって、部活後にミニサッカーしたり。疲れたら土手に寝そべって・・・青春でしたね。 ――『パワサカ』でもみんなで放課後公園で練習したり、みんなで外食したりするイベントがありますが、似たようなことをしていたんですね。じゃあ、恋愛要素はゼロだった? 蘭 いえ。2個上の先輩とつきあってました(笑)。 ――ちゃんと彼氏いるじゃないスか! 蘭 当時のエースでしたね。私にとって初めての彼氏で。他のみんなが踏み込んでこないところを突破してくるあたり、エースっぽいですよね(笑)。中学の頃全国レベルのチームでプレーしていたらしく、実力が突出していて。他の選手との間に距離感みたいなのがあって、マネージャーでもあった私が間を取り持っていたんですけど、その間に恋愛に発展したというか・・・。 ――抜群に上手いエース・・・憧れの存在ですね。 蘭 もともとプレイボーイな感じで、女の子の扱いが上手だったんですよ。きっかけは、夏に給水用のボトルでみんなが水遊びを始めたときに、雑用をしていた私もかけられてTシャツがびしょ濡れになったこと。替えのシャツがなくて困ってたら、そのエースが「じゃあ俺のを貸すよ」って。 ――青春ぽいですね!すごくベタですけど。 蘭 (笑)。そしたらすごく上から目線で「俺のこと好きなんだろ?」って。先輩だから断りにくいし・・・たしかにカッコいいし好きだったんですけど。でも、なんとなく気づいたら付き合ってることになってました(笑)。嬉しかったですけどね。 ――2人が付き合うことで、チームはゴタゴタしませんでした? 蘭 いえ、みんなには知られないように。「部活内恋愛は禁止」という暗黙の了解があったので。 ――すると、デートもできなかったんですか?『パワサカ』では彼女ができると七夕や夏祭り、学園祭でデートするイベントが出現するんですが。 蘭 地元のお祭りや花火大会はあって、みんなで行ってました。で、「ちょっと抜けようぜ」って言われてこそこそと(笑)。普段も練習後に無駄に雑用をするフリをして、2人きりになってから一緒に帰ったりしてましたね。当時は隠すのが普通と思ってました。みんなに知られて冷やかされるのが嫌だったのもありますけど、隠れて付き合うのがちょっと楽しかったり(笑)。今思うと、みんな見て見ぬふりをしてくれていた気もしますが。 ――ちなみにパワサカ君は堂々とデートをしますよ(笑)。『パワサカ』で遊んでいると、当時のことが思い返されたりするんじゃないですか? 蘭 いっしょに帰ったりするだけで、パワサカ君のテンションやポイントが上がるのは分かるところもあります。高校生の男の子って、ちょっとホメただけでニヤニヤして辛い練習でも積極的に取り組んだりしますよね(笑)。「あ、ホメるだけでやるんだ」って高校生ながらに気づきましたもん。 ――実際、エースの彼氏も酒井さんがモチベーターだったと? 蘭 いや、これがまたややこしく(笑)。ツンデレで、あまり表情に出さないんです。でも内に秘めるタイプで。後になって「ほら、だから1点決めるって言ったろ」みたいなことをメールしてくるタイプ(笑)。 ――そういうキャラ、『パワサカ』にいてもおかしくないかもです(笑)。では、『パワサカ』に出てくるキャラを酒井さんなりに考えるとしたら・・・? 蘭 女の子キャラで「圧倒的なマドンナ」みたいな子がいたら面白いかもしれませんよ⁉リアルに同級生でいたんです。かわいくて清楚で大人気のマドンナが。でも誰とも付き合わないし、思わせぶりなそぶりも見せない。そんな子が「教科書貸して」って言うだけで、声をかけられた男の子は完全に舞い上がっちゃう(笑)。たった一言で大きくプラスにもマイナスにもなりうるキャラがいてもいいかもです。だって、実際にいたんですから(笑)。 ※後編は7月31日に配信予定です。 『実況パワフルサッカー』×『シュート』 『パワプロ』と『ウイイレ』、2つのスポーツゲームがタッグを組み贈る、サッカー選手育成ゲーム。『ウイイレ』をベースにしたサッカーアクションで描く試合と笑いあり、涙ありの選手育成をスマホで手軽に楽しめる。 さらに今なら、人気コミック『シュート!』とのコラボを実施中。主人公・トシ(田仲俊彦)をはじめとした『シュート!』キャラクターが『パワサカ』のイベキャラとして登場するほか、8月23日13:59までの期間限定で、PR田仲俊彦・PR平松和広・PR白石健二をプレゼント中。そして、7月19日からは、いよいよ掛川高校のマネージャー・遠藤一美もガチャに登場!『パワサカ』を始めるなら、今がチャンスだ! 『実況パワフルサッカー』公式サイト App Storeからダウンロード Google Playからダウンロード メーカー|KONAMI 配信日|配信中(2016年12月7日より) ジャンル|サッカー・育成 対応OS|Android(5.0以降)、iOS(8.0以降) 価格| 基本プレイ無料(アイテム課金制) 著作権表記|(c) 大島司 (c)Konami Digital Entertainment お問合せ先|KONAMIお客様相談室 TEL:0570-086-573 ※平日:10:00~18:00(土日祝日休み) 酒井 蘭(さかい らん) 1992年3月13日生まれ 東京都出身。役者・Youtuberとして活動。 ▼主な活動 2017年2月舞台「孤島の鬼」3月ミュージカル「雪のプリンセス」 6月舞台「けものフレンズ」に出演。 2018年1月舞台「けものフレンズ」再公演決定! ★Youtubeチャンネル「らんらんるーむ」毎日更新中! ◆『パワサカ』初挑戦!コラボガチャ10連やってみた 2017.07.25 07:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ウェストハムがエルナンデスを獲得、移籍金は23億円

▽ウェストハムは24日、レバークーゼンのメキシコ代表FWハビエル・エルナンデス(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2020年6月30日までの3年間で、移籍金は1600万ポンド(約23億1000万円)と明かしている。 ▽ウェストハム加入が決まったエルナンデスは公式サイトで次のようにコメントしている。 「プレミアリーグは世界最高のリーグだからウェストハム入りのチャンスが訪れた際に契約したいと切望していた。決断は難しくなかった。ウェストハムは歴史があり、野心のあるクラブだからね。シーズンが始まったらチームが目標を達成できるように手助けしたい」 ▽2010年から2015年までマンチェスター・ユナイテッドに在籍していたエルナンデスは、2015年にレバークーゼンに加入。加入1年目となった2015-16シーズンには、ヨーロッパ移籍後でキャリアハイとなるリーグ戦17ゴールを挙げる活躍を披露。だが、昨シーズンはリーグ戦11ゴールを決めたものの、度重なる負傷や独善的なプレーを批判されるなど、厳しいシーズンを送っていた。 ▽ウェストハムは先日、ストーク・シティのオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチ(28)をクラブレコードの移籍金2000万ポンド(約28億8000万円で獲得していた。 2017.07.25 05:45 Tue
twitterfacebook
thumb

シュツットガルト、ブンデス2部優勝へ導いたヴォルフ監督と2019年まで契約延長!!

▽日本代表FW浅野拓磨が所属するシュツットガルトは24日、ハネス・ヴォルフ監督(36)と2019年6月30日まで契約を延長した。 ▽ヴォルフ監督は、2016年9月に退任したヨス・ルフカイ前監督の後任としてシュツットガルトの指揮官に就任。9位に低迷していたチームの立て直しに尽力すると、2度のリーグ戦5連勝を達成。チームを40年ぶり2度目のブンデスリーガ2部優勝に導いた。 ▽シュツットガルトと新契約を結んだヴォルフ監督は、公式サイトで以下のように喜びを示した。 「我々は、これまでの10ヵ月で選手、クラブ、街の人々から多くの敬意と信頼を勝ち得た。シュツットガルトで監督を続けられることは、私の特権でとても喜ばしいことだ。これからも責任を果たし、チームを成功に導いていきたい」 ▽また、シュツットガルトはアシスタントコーチを務めるミゲル・モレイラ氏(33)とも2019年まで契約延長したことを発表している。 2017.07.25 04:55 Tue
twitterfacebook
thumb

エバートンがシグルドソン獲得へ65億円オファーを提示

▽エバートンがスウォンジー・シティのアイスランド代表MFギルフィ・シグルドソン(27)の獲得に向けて、移籍金4500万ポンド(約65億1000万円)を準備しているとイギリス『スカイ・スポーツ』が主張している。 ▽5000万ポンド(約72億4000万円)の移籍金を要求するスウォンジーに対し、既に4000万ポンド(約58億円)のオファーを断られているエバートンだが、さらに500万ポンドを上積みして獲得にこぎ着けたい意向のようだ。 ▽2014年夏にスウォンジーからトッテナムに移籍した攻撃的MFのシグルドソンは、得点力が魅力のアタッカー。プレースキックも得意としており、2016-17シーズンはプレミアリーグ36試合の出場で11ゴールを挙げていた。 ▽エバートンではシグルドソンと同ポジションのイングランド代表MFロス・バークーリーがトッテナムへ移籍することが濃厚となっている。 2017.07.25 04:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ビジャレアル、マラガ退団のフォルナルスを5年契約で獲得!

▽ビジャレアルは24日、マラガを退団したスペイン代表MFパブロ・フォルナルス(21)がフリートランスファーで加入したことを発表した。契約期間は2022年までの5年間となる。 ▽2012年にマラガのカンテラに加入したフォルナルスは、2014年にリザーブチームのマラガBに昇格すると、2015年9月に行われたレアル・マドリー戦でリーガデビューを果たした。その後も主力としてプレーを続けたフォルナルスは、公式戦63試合に出場。2016-17シーズンは、リーグ戦32試合に出場し、6ゴール3アシストを記録した。 ▽また、2016年3月にU-21スペイン代表に選出されると、同年5月にはA代表に初選出。5月29日に行われたボスニア・ヘルツェゴビナ代表との国際親善試合で代表デビューを飾った。 ▽なお、フォルナルスは25日の20時15分(日本時間:26日3時15分)からオフィシャルショップで記者会見を行う予定となっている。 2017.07.25 04:38 Tue
twitterfacebook
thumb

ベティス、アラベスの元モロッコ代表DFフェダルを獲得

▽ベティスは24日、アラベスの元モロッコ代表DFズハイル・フェダル(28)を獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの4年間となっている。 ▽パルマから2015年夏にレバンテに移籍したセンターバックのフェダルは、主力としてプレー。翌年にはアラベスへ移籍し、2016-17シーズンはリーガエスパニョーラで27試合に出場して2ゴールをマークし、クラブを残留に導いていた。 ▽ベティスは今夏、スウォンジーからスペイン人DFジョルディ・アマト(25)を1年間のレンタルで獲得していた。 2017.07.25 03:54 Tue
twitterfacebook
thumb

ハダーズフィールドがドイツ人DFシンドラーと2020年まで契約を延長

▽ハダーズフィールドは24日、ドイツ人DFクリストファー・シンドラー(27)と2020年6月30日まで契約を延長したことを発表した。オプションで4年目の更新があることも明かされている。 ▽2016年夏に1860ミュンヘンから加入したセンターバックのシンドラーは2016-17シーズン、チャンピオンシップ(イングランド2部)でリーグ戦44試合に出場して2ゴールをマーク。プレミアリーグ昇格プレーオフでは3試合に出場し、クラブを初のトップリーグ昇格に導いていた。 2017.07.25 03:35 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシー、U-19欧州選手権優勝メンバーのMFマウントと契約延長! 新シーズンはフィテッセへレンタル

▽チェルシーは24日、U-19イングランド代表MFメイソン・マウント(18)と2021年まで契約延長したことを発表した。ただ、新シーズンはフィテッセへ1年間レンタル移籍することが併せて発表されている。 ▽6歳の頃からチェルシーのアカデミーに所属しているマウントは、2016年にリザーブチームのチェルシーU-23に昇格。昨シーズンは、主力としてリーグ戦21試合に出場し、4ゴール3アシストをマーク。また、チェルシーU-18として参加したFAユースカップでは、全試合に出場し1ゴール2アシストを記録。FAユースカップ優勝に貢献すると、ファンが選ぶチェルシー年間最優秀アカデミー選手賞に選出された。 ▽イングランド代表としてはU-16から選出され続けており、7月2日から行われたU-19欧州選手権にも参加。決勝戦のU-19ポルトガル代表戦では、決勝点をアシストするなど5試合で1ゴール4アシストマーク。大会最多タイとなる10度目の優勝に大きく貢献した。 ▽なお、フィテッセにはチェルシーからMFチャーリー・コルケット(20)とDFファンカトリー・ダボ(21)がレンタル移籍で加入している。 2017.07.25 03:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ビルバオMFエラソがレガネスへ完全移籍で復帰

▽レガネスは24日、ビルバオのスペイン人MFハビエル・エラソ(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2020年6月30日までの3年間となっている。 ▽ビルバオのカンテラ出身である攻撃的MFのエラソは、2015年夏にレガネスからビルバオに復帰。2016-17シーズンはリーガエスパニョーラ7試合の出場に留まっていた。2013年から2シーズンにわたってレガネスでプレーした際には公式戦79試合の出場で16ゴール4アシストと活躍していた。 2017.07.25 03:19 Tue
twitterfacebook
thumb

アウグスブルクがバイアーやカイウビーら主力4選手と契約延長

▽アウグスブルクは24日、主力4選手と契約延長したことを発表した。契約を更新したのはドイツ人MFダニエル・バイアー(33)、ブラジル人FWカイウビー(29)、ドイツ人DFフィリップ・マックス(23)、オランダ人DFジェフリー・ハウウェレーウ(26)の4選手。 ▽10番を背負うプレーメーカーのバイアー[写真左]は、2008年夏にヴォルフスブルクからレンタルで加入。これまで公式戦265試合に出場して7ゴール22アシストを記録している。そのバイアーは2019年まで契約を延長している。 ▽左ウイングを主戦場とするカイウビー[写真左から2番目]は、2014年夏にインゴルシュタットから加入。これまで公式戦64試合に出場して6ゴール8アシストを記録している。ブラジル人FWは2020年まで契約を延長している。 ▽左サイドバックを主戦場とするマックス[写真右から2番目]は、2015年夏にカールスルーエから加入。これまで公式戦57試合に出場して1ゴール3アシストを記録している。リオ五輪準優勝メンバーであるマックスは2021年まで契約を延長した。 ▽センターバックのジェフリー・ハウウェレーウ[写真右]は、2016年夏にAZから加入。これまで公式戦30試合に出場して2ゴール1アシストを記録している。ハウウェレーウは2021年まで契約を延長している。 2017.07.25 02:52 Tue
twitterfacebook
thumb

ユベントスのU-21イタリア代表FWチェッリがペルージャへ買い取りOP付きのレンタルで移籍

▽セリエBのペルージャは24日、ユベントスのU-21イタリア代表FWアルベルト・チェッリ(21)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。 ▽194cmの大型ストライカーであるチェッリは、2015年夏にパルマからユベントスに移籍。しかし、ユベントスでの出場記録はなく、これまでカリアリやSPAL、ペスカーラへレンタルに出されていた。2016-17シーズン後半はペスカーラでセリエA15試合に出場して1ゴール2アシストを記録していた。 ▽イタリア代表としてはU-16から選出され、6月にはU-21欧州選手権を戦ったイタリア代表に選出されていた。 2017.07.25 02:23 Tue
twitterfacebook
thumb

ヘタフェ、シント=トロイデンからトーゴ代表DFジェネを獲得!

▽ヘタフェは24日、シント=トロイデンからトーゴ代表DFダコナム・ジェネ(25)を獲得した。契約期間は2021年6月30日までの4年間となる。 ▽右サイドバックを主戦場とするジェネは、トネールドアカデミーでプロデビュー。その後、コトンスポール・ガルアやアルコルコンを経て、2016年夏にシント=トロイデンに加入。昨シーズンは本職でないセンターバックでもプレーし、公式戦27試合に出場した。 ▽また、2012年9月にデビューしたトーゴ代表では、ここまで27キャップをマーク。2013年と2017年に出場したアフリカネーションズカップの代表にも選出された。 2017.07.25 02:08 Tue
twitterfacebook
thumb

クリスタル・パレス、指揮官の古巣からオランダ代表DFリードウォルドを獲得!

▽クリスタル・パレスは24日、アヤックスからオランダ代表DFジャリオ・リードウォルド(20)を完全移籍で獲得した。契約期間は2022年6月30日までの5年間となる。 ▽リードウォルドは、C・パレスの公式サイトを通じて以下のようなコメントを残している。 「クリスタル・パレスに入団できてとても嬉しいよ。プレミアリーグは世界最高峰のリーグだし、アヤックスでもお世話になったフランク・デ・ブール監督の下で再びプレーできることは素晴らしいね」 「新シーズンに向けて早く新しいチームメイトとトレーニングしたい。プレミアリーグでプレーすることを楽しみにしてるよ」 ▽アヤックスユース出身のリードウォルドは、フランク・デ・ブール監督がアヤックスを率いていた2013年にトップチームへ昇格。その後、準主力として着実に成長を続けたリードウォルドは、2014-15シーズンからレギュラーに定着。これまで在籍4シーズンで公式戦93試合に出場し、3ゴール3アシストを記録した。 ▽また、各年代のオランダ代表に選出されてきたリードウォルドは、2015年8月に初招集されると、同年9月に行われたユーロ2016予選のトルコ戦で代表デビューを飾った。 2017.07.25 02:02 Tue
twitterfacebook
thumb

ユベントスがベルナルデスキの獲得を発表、移籍金は51億円超え

▽ユベントスは24日、イタリア代表FWフェデリコ・ベルナルデスキ(23)を獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの5年間。移籍金は4000万ユーロ(約51億6000万円)+ボーナスで500万ユーロ(約6億4000万円)と明かしている。なお、移籍金は今後3年間にわたって分割で支払っていくとのことだ。 ▽フィオレンティーナ下部組織出身のベルナルデスキは、サイドハーフでもプレー可能なセカンドストライカータイプのレフティー。2013年夏にレンタルで加入していたクロトーネでプロデビューを果たすと、翌年にフィオレンティーナに復帰。2015-16シーズンからレギュラーに定着し、2016-17シーズンはリーグ戦32試合に出場し、11ゴール4アシストを記録していた。また、ヨーロッパリーグでは8試合に出場し2ゴールをマークした。 ▽ユベントスでは今夏、FWドグラス・コスタ、GKヴォイチェフ・シュチェスニー、DFマッテオ・デ・シリオデ・シリオを獲得しており、ベルナルデスキは4選手目の補強プレーヤーとなった。 2017.07.25 01:58 Tue
twitterfacebook
thumb

バイリーに2試合の追加出場停止処分、UEFAスーパーカップとCL1試合欠場へ

▽欧州サッカー連盟(UEFA)は24日、マンチェスター・ユナイテッドのコートジボワール代表DFエリック・バイリーに対し、2試合の追加出場停止処分を科した。 ▽バイリーは昨季のヨーロッパリーグ準決勝2ndレグのセルタ戦で、FWヨン・グイデッティを殴って一発退場を宣告されていた。そのバイリーは決勝のアヤックス戦を欠場して1試合の出場停止処分を消化していたが、今回の聴聞会によって新たに2試合の出場停止処分が追加された。 ▽この結果、8月8日に行われるレアル・マドリーとのUEFAスーパーカップと、チャンピオンズリーグのグループステージ初戦を欠場することが決まった。 2017.07.25 01:27 Tue
twitterfacebook
thumb

迷走カッサーノが1週間で2度目の引退を発表

▽ヴェローナを退団した元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノ(35)が24日、再び引退を発表した。自身のツイッターで明かしている。 ▽半年近くフリーの状況が続いた中、5月10日にヴェローナに加入したカッサーノは7月18日に突如現役引退を表明。その後、考えを改めてその日のうちに引退を撤回していた。しかし24日、ヴェローナの会長を務めるマウリツィオ・セッティ氏がカッサーノの退団を発表していた。 ▽18日に続く1週間で2度目の引退発表についてカッサーノは次のようにコメントしている。 「よく考えた結果、やはり引退することに決めた。ヴェローナのファンには謝りたい。会長やスポーツ・ディレクター、監督にスタッフ陣にも謝罪したい。現段階での最優先事項は子供や妻と共に居ることなんだ」 ▽バーリでプロデビューを飾った天才的なセンスを武器とするセカンドストライカータイプのカッサーノは、2001年に移籍したローマで活躍後、2006年にレアル・マドリーへ移籍。しかし、レアル・マドリーでは実力を発揮しきれず、サンプドリアやミラン、インテルでプレー。その後、パルマを経てサンプドリアに復帰したが、2017年1月に契約を解消して以降フリーの状態となっていた。 ▽イタリア代表としてはユーロ2008と2012の2大会に出場。ワールドカップの出場はなく、通算39試合の出場で10ゴールを記録した。 2017.07.25 00:43 Tue
twitterfacebook
thumb

『パワサカ』HEROインタビュー 高橋壱晟(ジェフユナイテッド千葉)<前編>

雪の上で50対50のゲーム。苦しいことを一緒に乗り越え、チームワークが強まりました 『実況パワフルサッカー』は、高校サッカー部を舞台に練習と試合を繰り返し、プロ選手を目指す育成サッカーゲームだ。そこで今回は、昨年度の高校選手権ヒーロー・高橋壱晟選手(ジェフユナイテッド千葉)をフィーチャー。高校サッカーで全国を制し、プロ入り、そして開幕スタメンという、『パワサカ』で言えばSランク間違いなしのニュースターに、『パワサカ』と重ねあわせ、高校当時の思い出を振り返ってもらいました。 ――ルーキーながら5月にはシーズンのプレータイムが900分を超え、A契約を勝ち取りました。開幕からコンスタントにピッチに立っていますが、プロの生活には慣れましたか? 高橋 だいぶ慣れました。開幕から試合に出られているので、自信を持ってプレーできるようになりました。 ――さて今回は高校時代の話を聞かせてください。青森県出身の高橋選手は青森FC、青森山田中、青森山田高と進学しました。進路を決める際、Jリーグの下部組織に入ろうという考えはありませんでしたか? 高橋 まず、青森を離れることは考えなかったです。プロになるのが目標でしたが、家の近くには強豪の青森山田高校があったので、そこでなら成長できると進学しました。 『パワサカ』もプロ入りを目指し日々成長! 『実況パワフルサッカー』(通称:『パワサカ』)は、主人公のパワサカくんの姿を借りたユーザー自身が、高校サッカー部を舞台に練習を繰り返し、全国制覇、プロ入りを目指すゲーム。育成した選手でチームを組み、全国のユーザーとの対戦が可能です。 ――青森山田高への進学は小学校の頃から考えていた? 高橋 そうですね。(青森山田高)の黒田(剛)監督の息子(黒田凱)と青森FC時代から一緒にプレーしていたので、その頃から黒田監督にはいろいろアドバイスをいただいていました。悩むことはなかったです。 ――自分の選択は間違いでなかった? 高橋 中学、高校ともに全国制覇を経験できましたからね。厳しい環境で自分を高められました。 ――特に高校3年生時には高円宮杯U-18チャンピオンシップ(高校とJリーグのアカデミーを含めたユース年代の日本一を決める大会)と冬の選手権で頂点に立ちました。 高橋 ふたつの大会を戦った約1か月は、今までに経験したことのない充実した日々でした。あっという間に時間が過ぎました。 ――選手権の優勝後には取材も殺到したそうですね。 高橋 選手権が終わって千葉の寮に入るまで5日しかなかったんですが、5日間すべてで取材が入っていました。優勝パレードやトークショーにも参加しました(笑)。 『パワサカ』でも目指すは全国制覇! 『パワサカ』では地区予選決勝と全国大会の2試合、計3試合を戦います。(※シナリオによって異なる場合があります)途中で負けてしまうと十分な経験点が積めず、最終的に高ランク選手の育成が難しくなります。 ――部活を通じて最も成長できた部分は? 高橋 サッカー部はJリーグのユースチームに、技術面では敵いません。だからこそ、気持ちの部分では負けないように意識していました。苦しい練習を誰よりもやった自信があったからこそ、最後まで走り切れたのだと思います。そういう精神的な部分は学べました。 ――もう二度とやりたくないような辛いトレーニングはありましたか? 高橋 冬は走り込みが中心でしたね。雪の上じゃボールを使っても技術は伸びないですから。ただ、雪の上で50対50のゲームをやることもありました。ボールを3つ使って、先に3点を取ったほうが勝ちなんですが、負けたチームは罰ゲームとしてタイム走を走らなくちゃいけないんです。だから、みんな必死で(笑)。ただ、苦しいことを一緒に乗り越えるからこそ、チームワークは強まりました。 『パワサカ』でもチームワークが試される! 最新シナリオである『シュート!』コラボでは、団結練習による育成が成功のポイント。より多くの仲間と練習し、経験点を積むことで、強い選手が育成できます。 ――雪の上でプレーすれば足腰も鍛えられそうです。 高橋 でも、辛すぎて辞めたくなりました(笑)。途中からは足場が固まってくるんですが、初めのうちは雪をかき分けながら走らなくちゃいけないのでキツイんです。 ――50対50対だと手を抜く人もいそうですね。 高橋 いたかもしれません。でも、そういう選手は冬が空けた時にAチームやBチームから落ちちゃいます。もっとも、上昇志向が強い選手ばかりだったので、球際でも相当に激しく当たり合っていましたね。 ――雪国独特のトレーニングですね。 高橋 独特すぎます(笑)。みんな雪が降らない地域の学校を羨ましがっていました。 『パワサカ』では鍛えすぎに要注意!? 『パワサカ』でも過度なトレーニングは怪我のもと。練習メニューをうまく組んだり、回復系の持ち込みアイテムを使うことで、効果的に選手を育成しましょう。 ――ただ、苦しい練習をやり切ったからこそ、全国制覇を成し遂げられたわけですね? 高校生活で手に入れた財産はタフさ? 高橋 そうですね、耐える力は鍛えられました。 ――中、高は寮生活? 高橋 いえ、家から通っていました。 ――朝練は5時半からやっていたそうですね。 高橋 冬は雪が積もるのでできませんでしたが、4月の初めくらいから11月頃まではやっていましたね。 ――一方で学業のほうは? 高橋 うーん、ちゃんとやってはいましたが・・・(笑)。中学の頃は勉強の時間も取れましたが、高校になると朝練の回数も増えたので、両立が難しくなりました。疲労で睡魔に襲われることも多かったです。ただ、テスト前は集中的に勉強していました。 ――そこまで成績は悪くなかった? 高橋 赤点はなかったですね。要領よくできていたと思います。 勉強?部活?『パワサカ』でもシリアスなテーマ 高校サッカーマンのリアルを描いた『パワサカ』。よって、文武両道をテーマにしたシナリオがときどき登場します。『シュート!』キャラの平松和広をデッキに入れると、こんなシーンも・・・。 ――先輩、後輩との関係性は? 高橋 どちらかというと、後輩と積極的にコミュニケーションを取るほうではなかったです。ただ、普通に話していましたよ。 ――千葉の選手に聞くと、高橋選手は先輩にも毅然と意見を言える存在だと話していました。 高橋 プロになってからのほうが、年上の人に意見を言えるようになりました。特に高校1年の頃は自信がなくて、今のように振る舞えませんでした。でも、ジェフでは試合に出させてもらっていますし、やらないといけない立場にいると自覚しています。周囲と話すことで、チームが勝てるならそうします。 ※後編は7月31日に配信予定です。 『実況パワフルサッカー』×『シュート!』 『パワプロ』と『ウイイレ』、2つのスポーツゲームがタッグを組み贈る、サッカー選手育成ゲーム。『ウイイレ』をベースにしたサッカーアクションで描く試合と笑いあり、涙ありの選手育成をスマホで手軽に楽しめる。 さらに今なら、人気コミック『シュート!』とのコラボを実施中。主人公・トシ(田仲俊彦)をはじめとした『シュート!』キャラクターが『パワサカ』のイベキャラとして登場するほか、8月23日13:59までの期間限定で、PR田仲俊彦・PR平松和広・PR白石健二をプレゼント中。そして、7月19日からは、いよいよ掛川高校のマネージャー・遠藤一美や神谷もイベキャラとして登場!『パワサカ』を始めるなら、今がチャンスだ! 『実況パワフルサッカー』公式サイト App Storeからダウンロード Google Playからダウンロード メーカー|KONAMI 配信日|配信中(2016年12月7日より) ジャンル|サッカー・育成 対応OS|Android(5.0以降)、iOS(8.0以降) 価格| 基本プレイ無料(アイテム課金制) 著作権表記|(c) 大島司 (c)Konami Digital Entertainment お問合せ先|KONAMIお客様相談室 TEL:0570-086-573 ※平日:10:00~18:00(土日祝日休み) 高橋壱晟 青森県出身/1998年4月20日生まれ/178㌢・71㌔/MF 2016年、高校3年時にプリンスリーグ(初優勝)、選手権(初優勝)と2冠を達成。 入団したジェフユナイテッド千葉では、2000年の阿部勇樹以来となる高卒ルーキーで開幕スタメンを飾った。 以後も、昇格を目指すチームの主力として活躍している。 【経歴】 青森FC(青森市立造道小)→青森山田中→青森山田高 2017.07.25 00:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ヴェローナ、セリエB降格のエンポリからMFビュヘルを獲得

▽ヴェローナは24日、エンポリのリヒテンシュタイン代表MFマルセル・ビュヘル(26)を買い取り義務付きのレンタルで獲得したことを発表した。 ▽ユベントス在籍経験のあるオーストリア生まれのセントラルMFであるビュヘルは、2015年夏にエンポリへ移籍。在籍2シーズンで公式戦45試合に出場して2ゴールを記録していた。しかし、2016-17シーズンはセリエAで15試合の出場に留まり、クラブをセリエB降格から救うことはできなかった。 2017.07.25 00:29 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシー、新加入選手の背番号を発表!FWモラタが「9」、MFバカヨコは「14」

▽チェルシーは24日、新加入選手の背番号が決定したことを発表した。 ▽レアル・マドリーから加入したスペイン代表FWアルバロ・モラタは、コロンビア代表FWラダメル・ファルカオ(現モナコ)が退団以降空き番号となっていた「9」に決定。 ▽また、マンチェスター・シティから加入のアルゼンチン人GKウィルフレッド・カバジェロは「1」、ローマから加入のドイツ代表DFアントニオ・リュディガーは「2」、モナコから加入のフランス代表MFティエムエ・バカヨコは「14」に決定した。 ▽なお、チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督は、日本時間25日に行われるインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2017・シンガポールラウンドのバイエルン戦でモラタの出場を明言しており、新背番号でのユニフォーム姿がお披露目される。 2017.07.25 00:12 Tue
twitterfacebook
thumb

マラガ、スペイン代表MFフォルナルスとの契約を解消! 新天地はビジャレアルか…

▽マラガは24日、スペイン代表MFパブロ・フォルナルス(21)が契約解除金を支払い、マラガを退団したことを発表した。 ▽2012年にマラガのカンテラに加入したフォルナルスは、2014年にリザーブチームのマラガBに昇格すると、2015年9月に行われたレアル・マドリー戦でリーガデビューを果たした。その後も主力としてプレーを続けたフォルナルスは、公式戦63試合に出場。2016-17シーズンは、リーグ戦32試合に出場し、6ゴール3アシストを記録した。 ▽また、2016年3月にU-21スペイン代表に選出されると、同年5月にはA代表に初選出。5月29日に行われたボスニア・ヘルツェゴビナ代表との国際親善試合で代表デビューを飾った。 ▽なお、スペイン『AS』の伝えるところによれば、マラガとの契約を解消してフリーとなったフォルナルスは、自身の契約解除金1200万ユーロ(約15億円5000万円)を準備したビジャレアルへ加入することが濃厚のようだ。 2017.07.25 00:02 Tue
twitterfacebook
thumb

セリエB昇格パルマがインシーニェ弟のロベルトをレンタルで獲得

▽パルマは24日、ナポリのイタリア人FWロベルト・インシーニェ(23)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。 ▽イタリア代表FWロレンツォ・インシーニェの実弟であるロベルトは兄同様ウイングやセカンドストライカーを本職とするアタッカー。ただ、ナポリでは出場機会に恵まれず、これまでペルージャやレッジーナ、アヴェッリーノへレンタルに出されていた。そして、2016-17シーズン後半戦はセリエBのラティーナにレンタル移籍し、19試合に出場して1ゴール4アシストを記録していた。 ▽また、パルマは併せてナポリからセントラルMFを本職とするイタリア人FWヤコポ・ジェツィ(25)を完全移籍で獲得したことも発表している。ジェツィは昨季ペルージャにレンタル移籍し、クラブをセリエA昇格プレーオフに導いていた。 2017.07.24 23:57 Mon
twitterfacebook
thumb

ベティスのスペイン人FWセフードがシドニー・ワンダラーズへ移籍

▽オーストラリアリーグのシドニー・ワンダラーズは24日、ベティスのスペイン人FWアルバロ・セフード(33)を獲得したことを発表した。 ▽ベティスのカンテラで育ったウインガーのセフードは、トップチームでの出場歴がない中、移籍先のラス・パルマスやオサスナで活躍。その後、2014年夏にベティスに復帰し、在籍3シーズンで公式戦77試合に出場して3ゴールを記録していた。リーガエスパニョーラでは通算155試合に出場し、12ゴール21アシストをマーク。2016-17シーズンはリーガエスパニョーラで17試合に出場して1ゴールを記録していた。 2017.07.24 23:56 Mon
twitterfacebook
thumb

引退騒動を起こしたカッサーノがヴェローナを退団

▽ヴェローナの会長を務めるマウリツィオ・セッティ氏は24日、元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノ(35)がクラブを退団したことを明かした。 ▽半年近くフリーの状況が続いた中、5月10日にヴェローナに加入したカッサーノは7月18日に突如現役引退を表明。その後、考えを改めその日のうちに引退を撤回していた。ホームシックが理由で引退を表明したと明かしていたカッサーノの今回の退団について、セッティ会長は次のように話した。イタリア『ANSA』が伝えている。 「彼の頭は正常ではない。身体的にはとても良い状態だがね。ただ、彼を非難することはできない。チームに馴染めず、家に居たいという彼の思いを阻むことはできない。私は彼に対してプロフェッショナルに対応してきたつもりだが、こうなってしまったことを残念に思う」 ▽なお、ヴェローナを退団したカッサーノに対してイタリア『Premium Sport』はジェノアへの移籍を報じている。 2017.07.24 23:55 Mon
twitterfacebook
thumb

元デンマーク代表GKセーレンセンが現役引退、プレミア通算409試合出場

▽メルボルン・シティを退団した元デンマーク代表GKトーマス・セーレンセン(41)が24日、現役引退を発表した。 ▽母国でキャリアを積んだセーレンセンは、1998年にサンダーランドに移籍。正守護神としてプレミアリーグで171試合に出場した後、2003年にチームが2部に降格したことを受け、アストン・ビラへと加入。ここでも正守護神としてプレーし、139試合に出場した。2008年にはストークに移籍して99試合に出場するなど、プレミアリーグの通算出場数は409試合を数えていた。そして、メルボルン・シティでは在籍2年間で公式戦40試合に出場していた。 ▽デンマーク代表としてはユーロに2度(2000年、2004年)、ワールドカップ(W杯)にも2度(2002年、2010年)出場するなどキャップ数は101を誇った。また、2010年の南アフリカW杯では、日本代表戦でもゴールマウスを守った。 ▽輝かしいキャリアを築いたセーレンセンは自身のインスタグラムで引退について次のようにコメントしている。 「大きな誇りとともに少しの悲しみがある。今日、現役引退を正式に発表することができ、多くの人々に感謝を伝えたい。家族、友人、クラブ、監督、チームメート、そしてファンにだ。みんなのサポートに対してはこの先ずっと感謝していく。これから新たな人生の章が始まるよ」 2017.07.24 23:54 Mon
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリーの背番号10を背負うモドリッチ「別に数字がプレーするわけじゃない」

今季よりレアル・マドリーの背番号10を背負うMFルカ・モドリッチだが、同番号を付けることに満足感を得ている様子だ。レアル・マドリー加入以降、19番のユニフォームを着続けていたモドリッチだが、今夏MFハメス・ロドリゲスがバイエルンにレンタル移籍したことにより、同選手が付けていた10番を引き継いだ。モドリッチはレアル・マドリーの公式チャンネル『レアル・マドリーTV』で、10番を付ける感想を次のように述べている。「誰がこの番号を付けてきたか考えてみなよ。本当に偉大な選手たちばかりだ。19番から変えようとは考えていなかった。だけどその機会が訪れて、良いなと思ったんだ」「10番は好きな番号だ。クロアチアでも、ディナモ・ザグレブで付けていた。だけど、別に背番号がプレーするわけじゃないんだよ」提供:goal.com 2017.07.24 23:42 Mon
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング