超ワールドサッカー

ニュース

thumb

扁桃炎の影響でケルンFW大迫勇也がドルトムント戦に向けた遠征に帯同せず…香川真司との日本人対決ならず

▽ケルンの日本代表FW大迫勇也が、扁桃炎によりドルトムント戦を欠場することになった。ドイツ『エクスプレス』が報じた。 ▽ケルンは29日にブンデスリーガ第31節でドルトムントと対戦。日本代表MF香川真司との日本人対決も期待されたが、大迫が欠場することが濃厚となり実現はなくなった。 ▽今シーズンはブンデスリーガで28試合に出場し6得点を記録している大迫。しかし、扁桃炎の痛みが酷いとのことで、アウェイ戦に臨むチームバスに乗らず、ケルンに残ることとなったようだ。 ▽ケルンは現在勝ち点41で9位に位置するものの、来シーズンのヨーロッパリーグ出場権を得られる6位のフライブルクとは勝ち点差3、5位のヘルタ・ベルリンとは勝ち点差5となっており、上位のドルトムント戦とは言え勝利が欲しいところ。FWアントニー・モデストとともにチームの攻撃を牽引していただけに、ケルンにとっても大迫の欠場は痛いところだろう。 2017.04.29 14:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ミラン、名門復活の鍵はセスク?

▽復権を期するミランが、今夏のおけるトップターゲットをチェルシーに所属するスペイン代表MFセスク・ファブレガス(29)に設定したようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽ミランは、セリエA第33終了の現時点で17勝7分け9敗の勝ち点58で6位に位置。ヨーロッパリーグ出場圏内にさえも、達していない状況だ。 ▽そうした中、13日には中国資本へのクラブ売却が決定。今夏の補強予算として約1億3000万ユーロ(約150億円)の割り当てがあるとみられている。 ▽報道によれば、ミランは最初の補強選手としてセスクに関心。名門復活の新たなレジスタとして迎え入れる意向を示しているという。 ▽セスクは2014年夏にチェルシーに加入。在籍3年目の今シーズン序盤こそベンチを暖める日々が続いたが、徐々に輝きを取り戻し始め、プレミアリーグ24試合4ゴール8アシストをマークしている。 2017.04.29 14:36 Sat
twitterfacebook
thumb

12戦8発のヘントFW久保裕也、成功の秘訣は「プレースタイルの一致」

▽今冬にヤング・ボーイズからヘントへと移籍した日本代表FW久保裕也が、自身の成功の秘訣を語った。ベルギー『VOETBALKARANT』が報じた。 ▽久保は、ヘント加入後、公式戦12試合に出場し8得点とゴールを量産。ベルギー・ジュビラーリーグの優勝プレーオフに臨むチームにおいても重要なゴールを重ね、タイトル獲得を目指してプレーしている。 ▽移籍加入後すぐさまチームの中心となっている久保だが、ここまでの成功は経験したことがないとのこと。プレースタイルの一致が秘訣だと語った。 「僕が最初からこのように大きな影響を与えることは初めてです。チームのプレースタイルが本当に僕のプレースタイルにあったからです。それが主な理由だと思います」 ▽また、ヘントへの移籍決断については「監督が僕の使い方について明確な考えを持っていたので、移籍を決断しました」とコメント。移籍後の活躍については「僕はこれまでのキャリアの中で、最高の時期を過ごしています。でも、改善の余地はあります」と語り、ゴールを量産しながらもさらなる成長を誓った。 ▽ヘント移籍後、デビュー戦となったクラブ・ブルージュ戦でデビューゴールを記録。久保はこのゴールが重要であったとも語っている。 「おそらく、僕のこれまでのキャリアで最も重要なゴールでした。僕にとっての最初の試合だったので、僕はチームメイトからの信頼を獲得できました」 ▽優勝プレーオフを戦うヘントは、首位のアンデルレヒトと勝ち点差5の2位に位置。30日には、そのアンデルレヒトと直接対決を迎え、逆転優勝に向けて久保のゴールで勝利ができるのか、注目が集まる。 2017.04.29 14:32 Sat
twitterfacebook
thumb

“とんカツ”を一生食べたくはないか!? 「スポナビライブ」が4月末まで3大キャンペーンを実施!

▽プレミアリーグやリーガエスパニョーラの全試合をライブ配信する『スポナビライブ』が3大キャンペーンを実施中。今なら、とんカツ一生分など、「あっ」と驚くプレゼントが手に入るチャンスが待っているぞ。 【1】フォロー&リイートでとんカツ一生分が当たる!▽1つ目のキャンペーンは、「とんカツ一生分」が当たるキャンペーンだ。「とんカツ一生分」とは、2000円のとんカツを月2食、12カ月食べ、それを64年間食べると想定。「307万円分の共通食事券」が当たるぞ。 ▽応募方法は、ソフトバンク公式Twitter(@SoftBank)とスポナビライブ公式Twitter(@sportsnavi_live)をフォロー。さらに、対象ツイートをリツイートして完了だ。スポナビライブの会員ではなくても、誰でも応募できるので、「とんカツ一生分」に挑戦してみてはいかがだろうか。当選者は1名となっている。 ■応募方法 1.ソフトバンク公式Twitter(@SoftBank)をフォロー 2.スポナビライブ公式Twitter(@sportsnavi_live)をフォロー 3.対象ツイートをリツイート 【2】フォロー&応援ツイートで旅行券5万円分が当たる!▽2つ目のキャンペーンは、「旅行券5万円分」が当たるキャンペーンだ。こちらも誰でも参加が可能となっている。 ▽応募方法は、スポナビライブ公式Twitter(@sportsnavi_live)をフォローし、応援しているチームや選手名をハッシュタグに入れて、応募しよう。こちらは100名様に抽選で当たるので、ぜひ応募してみよう。 ■応募方法 1.スポナビライブ公式Twitter(@sportsnavi_live)をフォロー 2.好きなチーム名や選手名のハッシュタグを付け、ツイートを引用リツイート ※「応援するチームのハッシュタグ」は、チーム公式・非公式は問いませんのでお好きなハッシュタグをつけてリツイートしてください 【3】スポナビライブ無料観戦キャンペーン▽3つ目のキャンペーンは、5月利用分まで無料で「スポナビライブ」を視聴できるキャンペーンだ。4月30日(日)に加入すると、無料期間が6月29日(木)までとなり、プレミアリーグ、リーガエスパニョーラの最終節までの全試合はもちろんのこと、プロ野球など他のスポーツも楽しむことができるぞ。 2017.04.29 12:45 Sat
twitterfacebook
thumb

多くの負傷者を抱えるモウリーニョ「ポグバは無理だが、私はプレーできる」

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、30日のスウォンジー・シティ戦にポール・ポグバを起用できないが、4選手がセンターバックでプレーできると会見で語っている。23日に開催された2-0で勝利したバーンリー戦の終了間際にポグバはハムストリングスを負傷。そのため4日後のスコアレスドローに終わったマンチェスター・ダービーを欠場していマンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、30日のスウォンジー・シティ戦にポール・ポグバを起用できないが、4選手がセンターバックでプレーできると会見で語っている。23日に開催された2-0で勝利したバーンリー戦の終了間際にポグバはハムストリングスを負傷。そのため4日後のスコアレスドローに終わったマンチェスター・ダービーを欠場していた。今週末での復帰を期待されていたものの、モウリーニョ監督は残留争いを続けるスウォンジーとの一戦にフランス代表MFを起用できないと明言している。ポルトガル人指揮官は「(ポールが帰ってくるのは)セルタ戦だ」と述べ、さらに「ただ一つ言えることは、我々はとてもアンラッキーだ。ポグバ、アントニオ・バレンシアは先週疲労により軽傷を負った。試合が重なればそのようなことが起きるものだ」と嘆いている。シーズンが佳境に突入した中、マンチェスター・ユナイテッドはヨーロッパリーグをはじめ24日間で8試合を戦う可能性が残されている。しかし、ズラタン・イブラヒモビッチやフアン・マタなど多くの負傷者を抱えており、特にセンターバックで起用できる選手はエリック・バイリーとダレイ・ブリント、アクセル・トゥアンゼベのみとなっている。この現状にモウリーニョ監督は「アクセル、エリック、そしてダレイとわずかな選択肢しか残されていない。エリックとダレイは前節のように素晴らしいプレーを見せてくれるだろう。彼らの状態を細目にチェックしている。それと私もジムでトレーニングを始めた。だからもう一つのオプションとして“モウリーニョ&トゥアンゼベ”も用意している」と笑いを誘っていた。提供:goal.comた。今週末での復帰を期待されていたものの、モウリーニョ監督は残留争いを続けるスウォンジーとの一戦にフランス代表MFを起用できないと明言している。ポルトガル人指揮官は「(ポールが帰ってくるのは)セルタ戦だ」と述べ、さらに「ただ一つ言えることは、我々はとてもアンラッキーだ。ポグバ、アントニオ・バレンシアは先週疲労により軽傷を負った。試合が重なればそのようなことが起きるものだ」と嘆いている。シーズンが佳境に突入した中、マンチェスター・ユナイテッドはヨーロッパリーグをはじめ24日間で8試合を戦う可能性が残されている。しかし、ズラタン・イブラヒモビッチやフアン・マタなど多くの負傷者を抱えており、特にセンターバックで起用できる選手はエリック・バイリーとダレイ・ブリント、アクセル・トゥアンゼベのみとなっている。この現状にモウリーニョ監督は「アクセル、エリック、そしてダレイとわずかな選択肢しか残されていない。エリックとダレイは前節のように素晴らしいプレーを見せてくれるだろう。彼らの状態を細目にチェックしている。それと私もジムでトレーニングを始めた。だからもう一つのオプションとして“モウリーニョ&トゥアンゼベ”も用意している」と笑いを誘っていた。提供:goal.com 2017.04.29 12:10 Sat
twitterfacebook
thumb

ディバラ、ユーベのレジェンドとの比較に「不足している部分が多い」

▽ユベントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが、同クラブのレジェンドとの比較についてコメントした。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽2015-16シーズンにパレルモからユベントスに加入したディバラは、移籍初年度のリーグ戦で34試合19ゴールをマーク。今シーズンも26試合で9ゴールを奪うなど、チームの主軸として活躍している。 ▽そんなディバラはプレースタイルの面から、ユベントスのレジェンドである元イタリア代表FWのアレッサンドロ・デル・ピエロ氏と比較されることがある。しかしディバラは、デル・ピエロ氏には大きく劣ると感じているようだ。 「デル・ピエロは1つの偉大な例だね。ピッチ内外の振る舞いで彼を見習わなければいけない。実際に彼と会って話をしたけれど、本当に素晴らしい人物だ。比較されることがあるけれど、彼は僕よりももっと多くのゴールを取っている。まだまだ足りない部分が多いと思っているよ」 ▽またディバラは、デル・ピエロ氏が着用した10番についても言及。現在着用している21番への愛着を語るとともに10番を求めるようなことはしないと強調した。 「僕は21番が好きなんだ。それにアレックスの10番をつけるのは恐れ多いよ。僕から10番を求めるようなことはしないけれど、クラブがその番号をくれるのならば、一度話し合わなければいけないね。それでも僕は、将来的にユベントスのシンボルになりたいと思っている」 2017.04.29 10:15 Sat
twitterfacebook
thumb

2年越しの恋が実るか!? マドリーが前回の失敗を活かして、デ・ヘア獲得に向けすでに交渉開始と報道

▽レアル・マドリーが2年越しの恋を実らせる可能性が高まっているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長は、以前からコスタリカ代表GKケイロル・ナバス(30)を信頼しておらず、GKを補強ポジションの1つだと考えている。2年前の夏には、マンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(26)の獲得に動き、ケイロル・ナバスの譲渡を条件としたオファーがユナイテッドとの間で合意していた。しかし移籍市場最終日に、移籍に関する必要な書類の到着が間に合わず、目前で破談となった。 ▽ペレス会長は未だにデ・ヘアの獲得を望んでいる模様。『マルカ』によると、2年前の苦い経験を踏まえて、すでにデ・ヘア獲得に向けた動きが水面下で実行されているようだ。さらに同メディアは、すでにデ・ヘアとは個人間で合意に達しており、契約期間は5年か6年と長期契約になるとみている。 ▽そのデ・ヘアは、今シーズンもリーグ戦32試合に出場し14試合でクリーンシートを達成するなど、好パフォーマンスを見せている。一度は移籍を認めたユナイテッドだが、今回も守護神の放出を認めるのかに注目が集まる。 2017.04.29 10:12 Sat
twitterfacebook
thumb

アッレグリ、PKが認められなかったことよりも「タクティカルエラー」に失望

▽ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、28日に行われたセリエA第34節のアタランタ戦を振り勝った。『フットボール・イタリア』が報じている。 ▽セリエA6連覇に向けて首位を快走するユベントスが、5位のアタランタとの上位対決に臨んだ。前半終了間際に公式戦6試合ぶりの失点を喫したユベントスは50分にオウンゴールから同点とする。57分にはアレックス・サンドロの挙げたクロスが相手のハンドを誘発するが、レフェリーに認めてもらえず。 ▽それでも83分にダニエウ・アウベスのヘディングシュートで勝ち越したユベントスだったが、試合終了間際に同点ゴールを許し、リーグ戦での連勝は3でストップした。 ▽試合を振り返ったアッレグリ監督は、PKをもらえなかったことよりも、守備面でのエラーを強調。ユベントスらしくない失点の仕方だったとしている。 「PKの件については話さない。そもそも我々はあのPKがなくてもリードしていた。だからPKは無関係だと思っている。そもそもユベントスは今日のような失点をしないチームだ。今の我々はセリエAのタイトルを目指して戦っており、その上でもきょうは大事な試合だった」 「この試合結果を受けて、(CL準決勝の)モナコ戦はより気を引き締めて臨まなければいけない。今日の試合も簡単ではないと思っていた中で、タクティカルエラーが起こってしまっている。モナコ戦ではこのような戦いをしてはいけない」 2017.04.29 10:09 Sat
twitterfacebook
thumb

MF柴崎岳が所属するテネリフェ戦をWOWOWで! 5月の4試合、6月の2試合とPOを配信!

▽リーガ・エスパニョーラを放送するWOWOWは28日、MF柴崎岳が所属するリーガ・エスパニョーラ2部のテネリフェの試合を放送することを発表した。 ▽WOWOWでは5月に行われるテネリフェの4試合をWOWOWメンバーズオンデマンドにて限定ライブ配信。6月にはDF鈴木大輔が所属するヒムナスティック・タラゴナ戦、レアル・サラゴサ戦の2試合に加え、プレーオフ準決勝、決勝の2試合ずつをWOWOWプライム、WOWOWライブ、WOWOWメンバーズオンデマンドで放送、配信する。 ▽テネリフェは35試合を消化し、プレーオフ圏内の3位に位置。柴崎はここまで5試合に出場している。柴崎の活躍をWOWOWで観よう! ◆5月の放送予定(WOWOWメンバーズオンデマンド) 第37節「テネリフェ vs ルゴ」 【配信日】5/7(日)夜7:50 第38節「ウエスカ vs テネリフェ」 【配信日】 5/13(土)夜11:05 第39節「テネリフェ vs レバンテ」 【配信日】 5/20(土)or 5/21(日) 第40節「アルコルコン vs テネリフェ」 【配信日】 5/27(土)or 5/28(日) ◆6月の放送予定(WOWOWプライム、WOWOWライブ、WOWOWメンバーズオンデマンド) 第41節「テネリフェ vs ジムナスティック」 【放送日】6/3(土)or 6/4(日) 第42節「サラゴサ vs テネリフェ」 【放送日】 6/10(土)or 6/11(日) プレーオフ「準決勝 1stLeg」 【放送日】 6/14(水)or 6/15(木) プレーオフ「準決勝 2ndLeg」 【放送日】 6/17(土)or 6/18(日) プレーオフ「決勝 1stLeg」 【放送日】 6/21(水)or 6/22(木) プレーオフ「決勝 2ndLeg」 【放送日】 6/24(土)or 6/25(日) 2017.04.29 10:00 Sat
twitterfacebook
thumb

優勝を目指す日本、後藤が5ゴールと大暴れし初戦で大勝!!《ビーチサッカーW杯》

▽ビーチサッカー日本代表は28日、ビーチサッカー・ワールドカップ(W杯)バハマ2017の初戦でビーチサッカー・ポーランド代表と対戦し、9-4と大勝した。 ▽サッカーファミリーの中でも一番頂点に近いと言われているビーチサッカー日本代表。初戦では欧州予選を勝ち上がってきたポーランドと激突した。 ▽日本はGK照喜名辰吾、FP田畑輝樹、大場崇晃、後藤崇介、そしてキャプテンの茂怜羅オズがスターティング5に名を連ねた。第1ピリオドは日本が優位に試合を進めると、4分、5分と立て続けに後藤がネットを揺らして先行する。 ▽続く第2ピリオドは相手に2点を奪われるも、日本も大場崇晃、後藤が2ゴール、飯野智之、山内悠誠もネットを揺らすなど7-2と大きく突き放す。最後の第3ピリオド、27分には後藤のこの試合5点目を奪取。最終スコア9-4と日本が大勝して初戦を終えた。 ▽なお、日本代表は日本時間30日の28時30分から第2戦でタヒチ代表と対戦する。 日本 9-4 ポーランド 【日本】 後藤崇介(4分) 後藤崇介(5分) 大場崇晃(16分) 後藤崇介(18分) 後藤崇介(22分) 飯野智之(22分) 山内悠誠(23分) 後藤崇介(27分) 山内悠誠(30分) 【ポーランド】 Jakub JESIONOWSKI(18分) Boguslaw SAGANOWSKI(19分) Boguslaw SAGANOWSKI(26分) Witold ZIOBER(36分) ◆日本メンバー 【スタメン】 GK 照喜名辰吾 FP 田畑輝樹 大場崇晃 茂怜羅オズ 後藤崇介 【控え】 GK 河合雄介 FP 鈴木将人 原口翔太郎 山内悠誠 飯野智之 小牧正幸 赤熊卓弥 監督 マルセロ・メンデス 2017.04.29 09:03 Sat
twitterfacebook
thumb

ファン・ダイクの希望はペップ率いるシティ移籍か リバプール&アーセナル行きを固辞

▽今夏のサウサンプトン退団が噂されるオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイク(25)が希望する移籍先はマンチェスター・シティのようだ。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じている。 ▽2015年にセルティックからサウサンプトンに加入したファン・ダイクは、優れた対人対応にカバーリングとソリッドな守備に加え、強烈なフリーキックを武器とするなど、攻守に貢献できるモダンなセンターバックとして高い評価を集める。そして、同選手の元にはチェルシーとアーセナルのロンドン勢に加え、リバプールが獲得に興味を示している。 ▽だが、『マンチェスター・イブニング・ニュース』の伝えるところによれば、ファン・ダイクはジョゼップ・グアルディオラ監督と共に働くことを熱望しており、リバプールとアーセナルからのオファーを固辞しているようだ。 ▽ただ、ファン・ダイクとシティが相思相愛の関係を築いている一方、移籍に向けた障壁となっているのが、サウサンプトンが設定している5000万ポンド(約71億7000万円)という高額な移籍金のようだ。現在、シティは来シーズンに向けて大型投資を行う準備を進めているものの、センターバックのポジションに高額な移籍金を注ぎ込むことに難色を示している模様だ。 2017.04.29 06:47 Sat
twitterfacebook
thumb

逃げ切り失敗のユーベがCLモナコ戦に不安残すドロー…健闘アタランタはEL出場へ大きな勝ち点1《セリエA》

▽セリエA第34節、アタランタvsユベントスが28日にアトレティ・アズーリ・ディタリアで行われ、2-2のドローに終わった。 ▽リーグ3連勝でセリエA6連覇に向けて快走するユベントス(勝ち点83)は、来週ミッドウィークにモナコとのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグが控える中で5位アタランタ(勝ち点63)との上位対決に臨んだ。モナコ戦に向けて主力温存も噂されたユベントスだが、モナコ戦出場停止のケディラを含め、同試合で先発起用が濃厚なベストメンバーを起用。前線にはクアドラード、ディバラ、マンジュキッチ、イグアインの4人のアタッカーが並んだ。 ▽難攻不落のアトレティ・アズーリ・ディタリアで幕を開けた一戦は、立ち上がりから素早い攻守の切り替えとサイドを起点に推進力のある攻めを見せるアタランタが主導権を握る。 ▽ハイプレスとリトリートを巧みに織り交ぜた連動した守備でユベントスに決定機を許さないホームチームは、21分に持ち上がったトロイがミドルシュートを狙うと、29分にはキエッリーニの縦パスをカットしたアンドレア・コンティのお膳立てからフロイラーがGKと一対一を迎えるが、ここは名手ブッフォンが冷静な対応で阻む。 ▽一方、相手のマンマークディフェンスと素早い囲み込みに苦しみ攻撃の形を見い出せないユベントスは、25分を過ぎてようやくイグアインにシュートチャンスが訪れるも、いずれも決定機には至らず。37分にはキエッリーニの左クロスに大外で反応したクアドラードに絶好機も、ここはボレーシュートを枠に飛ばせない。 ▽前半終盤にかけてもコンティの右サイドを起点に鋭い仕掛けを続けるアタランタは、43分にゴール前へ飛び込んだアレハンドロ・ゴメスに決定機も、ここは決め切れず。それでも45分、ボックス内でクルティッチの放ったシュートのこぼれ球を拾ったゴメスがボックス左で折り返したボールをファーに飛び込んだコンティが右足ワンタッチで流し込み、公式戦5試合連続クリーンシート中のユベントスの堅守を破った。 ▽良いところなく前半を1点ビハインドで終えたユベントスだが、後半立ち上がりに幸運な形から同点に追いつく。50分、ボックス手前右角で得たFKからキッカーのピャニッチがアウトスウィングのクロスをファーサイドに送ると、これがボヌッチのマークに付いていたスピナツォーラの頭に当たってゴールインした。相手のオウンゴールでスコアをタイに戻したユベントスは、直後にディバラ、イグアインがボックス内で際どいシュートを放つが、いずれのシュートもGKベリシャの好守に阻まれる。 ▽一方、課題のセットプレーから追いつかれたアタランタだが、55分にアレハンドロ・ゴメスの強烈なミドルシュートでGKブッフォンにファインセーブを強いるなど、気後れせずに勝ち越しゴールを目指す。 ▽後半に入って主導権を掴んだユベントスは、69分にケディラが強烈なミドルシュートでゴールに迫ると、71分にもセットプレーから決定的なヘディングシュートを放つが、GKベリシャのビッグセーブに阻まれる。畳みかけたいアッレグリ監督は、79分にクアドラードを下げてリヒトシュタイナーを投入すると、この交代が逆転ゴールをもたらす。 ▽83分、相手陣内左サイドでボールを持ったピャニッチがゴール右のスペースに絶妙な浮き球フィードを送ると、先ほどの選手交代で右ウイングにポジションを上げていたダニエウ・アウベスが見事なダイビングヘッドを流し込んだ。采配的中で逆転に成功した指揮官は、殊勲のダニエウ・アウベス、ディバラを下げてバルザーリ、レミナを投入し、このリードを守り切りに行く。 ▽一方、善戦しながらも逆転を許したアタランタは、ケシエに続いてペターニャを投入し、同点ゴールを目指す。84分にケディラのミスパスを奪ったアレハンドロ・ゴメスの決定機はGKブッフォンの好守に遭うが、土壇場の89分に追いつく。ペターニャの絶妙なポストプレーからコンティの鋭い折り返しが、ピャニッチとリヒトシュタイナーの連係ミスを誘い、ルーズボールに反応したフロイラーがゴール前に抜け出す。この抜け出しは名手ブッフォンに防がれるも、こぼれ球を腰に当てたフロイラーがそのままゴール前に飛び出し、体勢を崩しながらも右足で蹴り込んだ。 ▽結局、試合はこのままタイムアップを迎え、白熱の上位対決は2-2のドローで決着。盤石采配で逃げ切りを図りながらも追いつかれたユベントスは、リーグ戦の連勝が「3」でストップすると共に、CLモナコ戦に向けてやや不安を残す結果となった。一方、ユベントス相手に8年ぶりの勝ち点奪取に成功したアタランタは、6戦無敗でヨーロッパリーグ出場権獲得に向けて貴重な勝ち点1を手にした。 2017.04.29 06:00 Sat
twitterfacebook
thumb

バカンブ&ソルダード躍動の5位ビジャレアルが3連勝! 18位ヒホンは次節降格の可能性…《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第35節、ビジャレアルvsスポルティング・ヒホンが28日にエスタディオ・デ・ラ・セラミカで行われ、ホームのビジャレアルが3-1で快勝した。 ▽ヨーロッパリーグ出場権獲得を目指す5位ビジャレアルと、残留に向けて崖っぷちの18位ヒホンの一戦。試合は立ち上がりから地力で勝るビジャレアルペースで進む。すると13分、ホセ・アンヘルが強引な突破でボックス左に持ち込んでマイナスにクロス。これをソルダードが丁寧に落とし、ゴール前のソリアーノが右足を振り抜くが、枠の右隅を狙ったシュートは相手DFの決死のブロックに阻まれ、先制点とはならなかった。 ▽その後は残留に向けて勝ち点3が必須のヒホンが押し返す。24分にはボックス中央でチョップのパスを受けたモイ・ゴメスに絶好機も左足のシュートはクロスバーを叩く。さらに31分には右CKからゴール前でフリーのチャビ・トーレスがヘディングシュートも、ここは相手GKアンドレス・フェルナンデスのビッグセーブに遭う。 ▽すると33分、セットプレーの流れからロドリゴ・エルナンデスが頭でゴール前に流すと、巧みな動き出しでゴール前に抜け出したソルダードが飛び出したGKの意表を突くタイミングで右足のシュートをゴール右隅に流し込み、ホームのビジャレアルが先制に成功した。これで勢いづいたホームチームは、その後も2点目に迫るが、前半は1-0のスコアで終了した。 ▽迎えた後半、ビジャレアルが開始早々に追加点を奪う。47分、ジョナタン・ドス・サントスのスルーパスに抜け出したバカンブがGKとの一対一を難なく制した。 ▽これで勢いづくホームチームは、56分にもバカンブの高い位置でのボール奪取からボックス内で相手GKと二対一の数的優位を作り出すが、バカンブの横パスが雑になり、ソルダードのシュートは枠の左。絶好機を逃して試合を殺せなかったビジャレアルだったが、直後の59分に今度はソルダードの絶妙なお膳立てからゴール前のバカンブが冷静にダイレクトシュートを流し込み、試合を決定付ける3点目を奪った。 ▽一方、残留に向けて厳しい3失点目を喫したヒホンは、65分過ぎまでに3枚の交代カードを切って懸命にゴールを目指すと、73分に味方のシュートのこぼれ球を繋いだロドリゲスのお膳立てからドウグラスが見事なシュートを突き刺し、一矢報いる。だが、試合終盤にかけて守備を固めたビジャレアルの堅守をこじ開け切れず、試合はこのままタイムアップ。 ▽バカンブとソルダードのコンビが爆発したビジャレアルが、EL出場権獲得を大きく引き寄せる3連勝を飾った。一方、敗れたヒホンは、勝ち点6差の17位レガネスとの勝ち点差を縮められず、次節にも降格の可能性が出てきた。 2017.04.29 05:55 Sat
twitterfacebook
thumb

インテル行き噂されるストロートマンが残留明言「来年もここにいる」

▽今夏のインテル移籍が噂されるローマのオランダ代表MFケビン・ストロートマン(27)が、ローマ残留の意向であることを明言した。イタリア『スカイ・スポルト24』が伝えている。 ▽度重なるヒザのケガを乗り越えて今シーズンに完全復活を遂げたストロートマンには、今夏の大型補強を狙うインテルやマンチェスター・ユナイテッド移籍の噂が上がっている。だが、ローマへの忠誠を誓うオランダ代表MFは、以前から報じられていた通り、クラブとの契約延長にサインする意向のようだ。 「僕たちは契約延長について話し合っている。新しいスポーツ・ディレクターが来たから、新たに話し合いを行っている」 「僕はここで心地よさを感じているし、ケガをしている期間に本当にサポートしてもらったんだ。それに監督やチームメート、クラブ幹部との関係も良好だ」 「それに5年ぐらいの長期契約にサインするうえでは、すべての条件をクリアにしておかなければならないんだ。とにかく、来年もここにいることだけは確かだよ」 ▽また、ストロートマンは、今季限りでの退任が噂されるルチアーノ・スパレッティ監督については、「彼の残留を望んでいる」と指揮官の留任を希望している。 「スパレッティは僕たちと共に素晴らしい仕事をしている。彼は戦術面において非常に優れた存在だ。個人的に彼が残留してくれることを望んでいるよ」 2017.04.29 04:14 Sat
twitterfacebook
thumb

イニエスタ、そ径部のケガでダービー欠場か

▽バルセロナは29日、敵地コルネジャで行われるリーガエスパニョーラ第35節でエスパニョールとの“バルセロナ・ダービー”に臨む。だが、キャプテンのスペイン代表MFアンドレス・イニエスタがこの一戦を欠場する可能性があるようだ。同クラブの公式サイトが伝えている。 ▽前節、オサスナに7-1の大勝を収め暫定首位の座をキープしたバルセロナは、リーガ3連覇に向けて残り4試合での全勝が求められる。その残り試合で最大の関門と目されるのが、難所コルネジャで行われる今回のダービーだ。 ▽だが、ダービーの前日会見に出席したルイス・エンリケ監督は、そ径部の痛みで前日練習を欠席したイニエスタの出場が微妙であることを明かしている。 「彼をチームに含めることができるかどうか、明日まで様子をみなければいけない」 ▽その一方で、同指揮官は3試合の出場停止が明けるブラジル代表FWネイマールについては、「準備はできている」と出場にゴーサインを出した。 ▽また、ルイス・エンリケ監督は、シーズン終盤においてすべての試合が重要であると語った一方、やはりダービーは「特別な試合」と、敵地でのエスパニョール撃破に意気込んでいる。 「明日の試合はダービーだ。どれほど難しい試合になるか、我々は分かっている。すべてのアウェイゲームが難しい。特にエスパニョールはね。しかし、我々は自分たちのクオリティーを使って相手を攻略したい」 「ダービーは特別な試合だ。今はシーズン終盤で全試合が重要だ。我々は勝ち点3を必要としている。それがダービーであることはプラスアルファだね」 2017.04.29 02:30 Sat
twitterfacebook
thumb

トッテナム、来季ウェンブリーへの一時移転を公式発表! WHLラストマッチは来月14日ユナイテッド戦に

▽トッテナムは28日、2017-18シーズンに行われるホーム開催の全公式戦をウェンブリー・スタジアムで戦うことを発表した。 ▽1899年の開場以降、ホワイト・ハート・レーンを本拠地としてきたトッテナムだったが、3万6000人収容のスタジアムは近年、老朽化とキャパシティーの問題を抱えていた。そのため、クラブは2018年夏の完成を目指して6万1000人収容の新スタジアム建設を開始していた。 ▽来シーズンに関しては、予てよりウェンブリー・スタジアムの間借りを計画していたトッテナムだが、一部では来シーズンもホワイト・ハート・レーンで試合を行うことを検討しているとの報道もあった。だが、ダニエル・レヴィ会長は公式サイトの声明でホワイト・ハート・レーンの取り壊しを決断したことを明かした。 「今日という日は、我々の愛するホワイト・ハート・レーンの解体で合意に達した、クラブの歴史において非常に重要な一日となった」 「レーンはこれまで我々に対して、大きな後押しをしてくれた。しかし、新スタジアム移転をより確固たるものとするため、118年前からクラブの歴史を築いてきたホームスタジアムを解体するという決断を行う必要があった」 「5月14日に行われるホームラストマッチでは、レーンに適切な別れを言いたい」 ▽また、同会長はウェンブリー・スタジアムへの一時移転、新スタジアムの構想について以下のように説明している。 「ウェンブリーは、来シーズンだけ我々のホームスタジアムとなる。そして、我々はその翌年に世界最高峰のスタジアムの1つであり、NFLのホストを務めるユニークな新スタジアムへと戻ってくる。その新スタジアムは我々の今後の成長戦略において重要なキーとなるはずだ」 「それはクラブ史上において、最もエキサイティングな期間となるはずだ」 ▽今回の発表によって、30日に行われるアーセナルとの“ノースロンドン・ダービー”は、ホワイト・ハート・レーンでのラストダービーとなる。トッテナムとしては、長年に渡って多くの熱狂を生んだ本拠地で有終の美を飾るため、ダービーの勝利。そして、チェルシー相手の逆転優勝を果たしたいところだ。 2017.04.29 01:43 Sat
twitterfacebook
thumb

アグエロ、G・ジェズス復帰に危機感も「ペップの采配を尊重」

▽マンチェスター・シティに所属するアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロは、チームメイトのブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスが復帰したことに危機感を抱きながらも、ジョゼップ・グアルディオラ監督の決断を尊重することを主張している。イギリス『デイリー・ミラー』が報じている。 ▽シティは、27日に行われたプレミアリーグ第26節延期分のマンチェスター・ユナイテッドとのダービーマッチを0-0で引き分けた。この一戦では、2月13日に行われたプレミアリーグ第25節のボーンマス戦(2-0で勝利)で右足中足骨を骨折し、今季絶望かと思われていたG・ジェズスがベンチ入り。86分にはスターリングに代わって約2カ月ぶりの復帰を果たした。 ▽1月にG・ジェズスがシティに加入してから負傷するまでの間、先発メンバーから外れることが増えたアグエロは、同選手の復帰に気を引き締めた。また、再びベンチに座ることになっても監督の采配に従うことを強調している。 「彼は、シティに所属するに相応しく、若くて素晴らしいプレーヤーだよ」 「僕は、身を引かなくてはいけない時があるということをわかっている。いくつか年齢を重ねていくと、若い選手たちがプレッシャーをかけてくるもんだ。その時に、さらに成長しなくてはいけない」 「彼が復帰したことで、僕はさらに集中してプレーしなくてはいけない。それが嬉しいよ。もし、またベンチスタートとなってしまったら、それを受け入れなければならない。それがフットボールだ」 「僕は常に監督を尊敬しているし、ペップを尊重しているよ。シーズンが終わるまでに自分の全てを与えられるようにプレーしていきたいね」 2017.04.28 22:38 Fri
twitterfacebook
thumb

チアゴがバイエルンと2021年までの新契約締結! 今夏バルサ復帰の噂もクラブに忠誠誓う

▽バイエルンは28日、スペイン代表MFチアゴ・アルカンタラ(26)と2021年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽今夏、MFアンドレス・イニエスタやMFチャビ・エルナンデスの後釜として、古巣バルセロナへの復帰の噂が出ていたチアゴだが、今回の新契約締結によって、今後もバイエルンでのキャリアを続けることが決定した。同選手はクラブ公式サイトで喜びのコメントを残している。 「僕と僕の家族はミュンヘンを非常に居心地よく感じている。ここでは全てがかみ合っているんだ。将来的にはバイエルンと共にたくさんのタイトルを獲得したいと思っているよ」 ▽また、バイエルンのカールハインツ・ルンメニゲCEOも若き司令塔の契約延長に満足感を示している。 「チアゴはヨーロッパにおける最高の、そのため最も熱望されるミットフィールダーの一人である」 「彼のような比類ない選手と長期的な契約を結ぶことができ、非常に満足している」 ▽2013年に前指揮官ジョゼップ・グアルディオラ監督(現マンチェスター・シティ)からの熱烈なラブコールを受けて、バルセロナからバイエルンに加入したチアゴは、度重なるケガに悩まされながらも、ここまで公式戦119試合に出場し、17ゴール23アシストを記録している。 2017.04.28 22:33 Fri
twitterfacebook
thumb

リバプール、ロブレンが新契約を締結! 「もう1つの夢が実現した」

▽リバプールは28日、クロアチア代表DFデヤン・ロブレン(27)と新契約を締結したことを発表した。契約期間に関して、クラブ公式サイトでは“長期契約”とのみ明記されているが、イギリス『BBC』は2021年6月30日までの4年契約と推定している。 ▽リバプールとの新たな契約にサインしたロブレンは、クラブ公式サイトで以下のようなコメントを残している。 「僕にとっても家族にとっても、今日は特別な1日になったと思う。僕は今日、世界で最も幸せな人間だと思うよ。僕にとってもう1つの夢が実現したのだからね」 「自分が大好きなクラブにできるだけ長く留まることが、僕にとって常に夢だった。つまり、リバプールと新たな契約にサインできたということさ」 「ここ2シーズンは加入初年度よりもうまく行っていると思うよ。クラブはここまでの自分の貢献に報いてくれた。彼らはファンと共に僕を信じてくれた。個人的にこれまでのすべてのことに敬意を表すよ」 「ここでのすべての経験を嬉しく思うし、できるだけ長くこのクラブに留まりたいと思っている。そして、長い間、リバプールファミリーの一員として居たいんだ」 ▽2014年にサウサンプトンから加入したロブレンは、ここまで公式戦105試合に出場し、4ゴールを記録。屈強なフィジカルを生かしたソリッドな守備に加え、優れた足元のテクニックを生かし、ビルドアップの場面でも貢献するリバプールのディフェンスリーダーの1人だ。 2017.04.28 22:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ジェノア、次戦は“カズ・デー”…クラブも日本人サポーターの訪問を歓迎

横浜FCに所属するFW三浦知良の足跡をたどる企画で、30日のセリエA第34節ジェノアvsキエーボ戦には、日本から多くのファンが駆けつける。ジェノアが27日、公式ウェブサイトで発表している。レジェンド、カズは50歳を迎えてなお現役生活を続け、3月にはJリーグで最年長ゴール記録を更新するなど偉業を成し遂げてきた。その快挙はかつてカズがプレーしたイタリアでも「限界を知らないミウラ」、「不死のミウラ」などと称えられた。カズは日本人として初めてセリエAに加入したパイオニア的存在だ。1994年にジェノアに加入し、サンプドリアとのジェノヴァ・ダービーでは得点をマーク。これは日本人選手が初めてセリエAで挙げた得点となった。ジェノアもカズについて、「沈むことのないカズは故郷の地で現役を続行し、ゴールを挙げ続けている。フットボール侍はあらゆる記録を更新し、引退など考えていない」と紹介している。キエーボ戦には、ジェノヴァ在住の日本人の企画で、カズの足跡をたどろうと日本からファンの一団が訪れる。かつてカズがプレーしたマラッシでスタジアムの雰囲気を肌で感じることだろう。ジェノヴァにはヨーロッパの交換留学生なども多い。このためマラッシやジェノア・ミュージアムやストアでは「外国人ファンの存在は珍しいことではない」として、イタリアの古豪は日本からの来客を歓迎している。提供:goal.com 2017.04.28 22:07 Fri
twitterfacebook
thumb

【リーガエスパニョーラ第35節プレビュー】今季順位争いで重要度増す2つのダービー

▽ミッドウィークに行われた第34節では、豊富な選手層を武器に激戦となった“エル・クラシコ”から中2日の過密日程を制した首位バルセロナと2位レアル・マドリーの2強が揃って勝利し、優勝争いは激しさを増す。また、好調の3位アトレティコ・マドリーが5位ビジャレアルとの上位対決に敗れ、同節勝利した4位セビージャと勝ち点で並ばれた。そのほか、ヨーロッパリーグ(EL)出場権争いでは6位ビルバオ、7位ソシエダのバスク2強に後れを取った8位エイバルの逆転が厳しくなった。 ▽クラシコから中2日のオサスナ戦をFWメッシ、MFアンドレ・ゴメス、FWパコ・アルカセルのドブレテに加え、MFマスチェラーノの移籍後初ゴールで大勝したバルセロナ(勝ち点78)は、一部主力を温存しつつ暫定首位キープに成功。迎えた今節は、9位エスパニョール(勝ち点50)との“バルセロナ・ダービー”に臨む。今回は難所コルネジャでの難しいダービーとなるが、3連覇を目指すバルセロナにとってダービーでの勝ち点3獲得は必須だ。幸い、3試合の出場停止が明けるFWネイマール、オサスナ戦で温存されたFWスアレス、MFイニエスタ、後半半ばに途中交代でピッチを退いたFWメッシが休養十分で臨める点は大きなアドバンテージだ。対するエスパニョールは、既に勝ち点50を獲得して残留を決めたうえ、EL出場権獲得の可能性は低く、ダービー勝利というモチベーション以外にこの試合へ懸けるものがない。また、直近のリーグ戦5試合で複数得点がなく得点力不足に陥っており、この試合でも守備的なゲームプランの採用が濃厚だ。バルセロナとしては休養十分の“MSN”の爆発がダービー勝利のカギを握るはずだ。 ▽ダービーでのバルセロナの取りこぼしを期待しつつ首位再浮上のチャンスを窺う2位レアル・マドリー(勝ち点78)は、複数の主力を温存したデポルティボ戦を6-1の大勝で飾り、クラシコからのバウンスバックに成功。迎える今節は、12位バレンシア(勝ち点40)をホームで迎え撃つ。今節に向けてはデポルティボ戦で温存したエースFWクリスティアーノ・ロナウド、FWベンゼマに加え、クラシコで退場し、追加処分も噂されたDFセルヒオ・ラモスも1試合の停止で済んだため、この試合での復帰が濃厚だ。また、対戦相手のバレンシアは前回対戦で1-2の敗戦を喫したタフな相手だが、直近2試合で連敗を喫しているうえ、その2試合で合計5失点を喫しており、レアル・マドリーの攻撃力であれば、十分に攻略は可能だ。その一方で懸念材料は、来週ミッドウィークにアトレティコとのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグを控えている点だ。仮に、CLに気持ちが傾けば、FWザザやFWナニなど質の高いタレントを擁するバレンシアに苦杯を舐める可能性は十分にある。 ▽レアル・マドリーと同様のジレンマを抱えているのが、前節公式戦の無敗記録が12試合でストップした3位アトレティコ(勝ち点68)。ビジャレアルとの堅守対決を落としたことで、CLストレートインを争うセビージャに勝ち点で並ばれ、取りこぼしが許されない状況だ。その一方で、宿敵と同様に悲願のCL制覇に向けて来週ミッドウィークに重要な初戦を控えており、できれば一部主力を温存したいところ。右サイドバックやMFカラスコなど、負傷者に悩まされているシメオネ監督は、13位ラス・パルマスとのアウェイゲームでいかなるメンバーをピッチに送り出すか。 ▽一時の不調を脱した感のある4位セビージャ(勝ち点68)は直近4試合を3勝1分けの好成績で終え、一時は絶望と見られたCLストレートインに向けてアトレティコを猛追。ただ、残り試合でソシエダ、レアル・マドリーとの対戦を残しており、依然として厳しい立場に立たされているのも事実だ。勝ち点3奪取が求められる今節は、14位マラガとのアンダルシア自治州ダービーに臨む。前回対戦では4-1で圧勝している相手だが、直近5試合で4勝1敗と好調を継続するマラガは、バルセロナを破るなど、侮れない存在。一度乗ったら止められない守護神カメニ、直近5試合で5ゴール中のFWサンドロ・ラミレスという攻守の軸に仕事をさせない展開に持って行きたい。 ▽5位ビジャレアル(勝ち点60)、6位ビルバオ(勝ち点59)、7位ソシエダ(勝ち点58)の熾烈なEL出場権争いでは、ビルバオがEL準決勝1stレグ、マンチェスター・ユナイテッド戦を控える11位セルタとの比較的楽な試合を戦う一方、ビジャレアルは18位スポルティング・ヒホン(勝ち点24)、ソシエダが19位グラナダ(勝ち点20)と、前節降格が決定したオサスナに続き残り2枠となった降格の危機を迎える崖っぷちの2チームとの難しい対戦を控える。とりわけ、今節での勝利が最低条件のグラナダは決死の覚悟で臨むはずだ。 《リーガエスパニョーラ第35節》 ▽4/28(金) 《27:45》 ビジャレアル vs スポルティング・ヒホン ▽4/29(土) 《20:00》 ソシエダ vs グラナダ 《23:15》 レアル・マドリー vs バレンシア 《25:30》 ラス・パルマス vs アトレティコ・マドリー 《27:45》 エスパニョール vs バルセロナ ▽4/30(日) 《19:00》 オサスナ vs デポルティボ 《23:15》 ベティス vs アラベス 《25:30》 エイバル vs レガネス 《27:45》 セルタ vs ビルバオ ▽5/1(月) 《28:00》 マラガ vs セビージャ 2017.04.28 22:00 Fri
twitterfacebook
thumb

千葉が香川西MF本田功輝の来季加入内定を発表! 昨年には全国高校総体出場

▽ジェフユナイテッド千葉は28日、香川西高校に所属するMF本田功輝(17)が2018シーズンより加入することが内定したことを発表した。 ▽徳島県出身の本田は、藍住中学校から香川西高校に進学。昨年には全国高校総体にも出場した。 ▽加入が内定した本田は、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「夢だったプロサッカー選手になれることを嬉しく思います。関わってくれたすべての人に感謝しこれからも常に上を目指し頑張ります」 2017.04.28 21:49 Fri
twitterfacebook
thumb

清水DFカヌが右内転筋肉離れ…全治は3週間の見込み

▽清水エスパルスは28日、DFカヌが静岡市内の病院にて検査を行った結果、右内転筋肉離れと診断されたことを発表した。全治は3週間の見込みだ。 ▽カヌは、26日に行われたYBCルヴァンカップ第3節のベガルタ仙台戦(3-1で仙台が勝利)で試合前のウォーミングアップ中に負傷していた。 ▽今シーズンにチョンブリFCから加入したカヌは、明治安田生命J1リーグにここまで1試合出場している。 2017.04.28 21:42 Fri
twitterfacebook
thumb

U-20W杯直前のU-20日本代表、エコパでU-20ホンジュラス代表と激突《国際親善試合》

▽日本サッカー協会(JFA)は27日、5月15日に静岡県のエコパスタジアムで行われる国際親善試合でU-20ホンジュラス代表と対戦することを発表した。夜開催の同試合は、入場料無料となっている。 ▽U-20日本代表は5月2日、2007年のカナダ大会以来5大会ぶり9度目の世界大会出場となるFIFA U-20ワールドカップ(W杯)韓国2017に臨むメンバー21名を発表。グループリーグでは南アフリカ、イタリア、ウルグアイと同居する。 ▽なお、U-20日本代表は11日から同大会に向けた合宿が行われる予定だ。 2017.04.28 21:30 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FMユースのFW棚橋尭士がケガのためU-17日本代表のギニア・UAE遠征を辞退

▽日本サッカー協会は28日、ギニア・UAE遠征に臨むU-17日本代表に招集されていた横浜F・マリノスユースのFW棚橋尭士が不参加になることを発表した。 ▽棚橋はケガのために不参加となり、追加招集は行わないとのことだ。 ▽U-17日本代表は、今回の遠征でU-17ギニア代表と2試合、U-18UAE代表と1試合の国際親善試合を戦う。 ◆U-17日本代表メンバー GK 12.大内一生(横浜FCユース) 1.谷晃生(ガンバ大阪ユース) DF 2.菊地健太(JFAアカデミー福島U18) 19.久米航太郎(徳島ヴォルティスユース) 16.監物拓歩(清水エスパルスユース) 5.瀬古歩夢(セレッソ大阪U-18) 7.菅原由勢(名古屋グランパスU-18) 3.小林友希(ヴィッセル神戸U-18) 17.藤井陽也(名古屋グランパスU-18) MF 6.桝谷岳良(川崎フロンターレU-18) 8.奥野耕平(ガンバ大阪ユース) 4.平川怜(FC東京U-18) 15.郡司篤也(市立船橋高校) 10.福岡慎平(京都サンガF.C.U-18) 18.森田晃樹(東京ヴェルディユース) FW 9.山田寛人(セレッソ大阪U-18) 11.宮代大聖(川崎フロンターレU-18) 14.棚橋尭士(横浜F・マリノスユース)※ケガのため 13.中村敬斗(三菱養和SCユース) 2017.04.28 21:22 Fri
twitterfacebook
thumb

AFC U-16女子選手権の組み合わせが決定! 前回2位の日本は前回王者・北朝鮮、豪州、バングラデシュと同組《AFC U-16女子選手権》

▽28日、9月に開催を予定しているAFC U-16女子選手権タイ2017の組み合わせ抽選会が行われた。 ▽FIFA U-17女子ワールドカップウルグアイ2018のアジア予選を兼ねている同大会には、8チームが参加。前回大会を2位で終えたU-16日本女子代表は、前回王者の北朝鮮、オーストラリア、バングラデシュと同じグループBに入った。また、開催国のタイは中国、韓国、ラオスと同じグループAに組み込まれている。 ▽同大会は、9月10日(日)から23日(土)に開催予定。なお、上位3チームがFIFA U-17女子ワールドカップウルグアイ2018への出場権が与えられる。 ▽U-16日本女子代表の楠瀬直木監督は、JFAの公式サイトに以下のようにコメントしている。 「どちらのグループに入っても楽な戦いではないと思っていましたが、対戦する3チームは、いずれもパワーがあるチームという印象です。まずは緊張感を持って初戦に臨みたいと思います。いよいよ大会がはじまる、と身が引き締まる思いです」 ◆AFC U-19女子選手権組み合わせ 【グループA】 タイ、中国、韓国、ラオス 【グループB】 北朝鮮、日本、オーストラリア、バングラデシュ 2017.04.28 20:55 Fri
twitterfacebook
thumb

AFC U-19女子選手権の組み合わせが決定! 前回王者の日本は韓国、豪州、ベトナムと同組《AFC U-19女子選手権》

▽28日、10月に開催を予定しているAFC U-19女子選手権中国2017の組み合わせ抽選会が行われた。 ▽FIFA U-20女子ワールドカップフランス2018のアジア予選を兼ねている同大会には、8チームが参加。前回大会で優勝したU-19日本女子代表は、韓国、オーストラリア、ベトナムと同じグループBに入った。また、前回大会で2位だった北朝鮮は、中国、タイ、ウズベキスタンと同じグループAに組み込まれている。 ▽同大会は、10月15日(日)から28日(土)に開催予定。なお、上位3チームがFIFA U-20女子ワールドカップフランス2018への出場権が与えられる。 ▽U-19日本女子代表の池田太監督は、JFAの公式サイトに以下のようにコメントしている。 「こうして組み合わせが決定するとワールドカップに向けての気持ちが高まります。どのチームも力を持っていますが、日本らしくひたむきに戦い、全力で出場権を獲りにいきます。2月にチームを立ち上げてから、選手たちもさまざまな刺激と経験を積んで来ています。さらに競争することによって、たくましくなって10月を迎えられたらと思います」 ◆AFC U-19女子選手権組み合わせ 【グループA】 中国、北朝鮮、タイ、ウズベキスタン 【グループB】 日本、韓国、オーストラリア、ベトナム 2017.04.28 20:48 Fri
twitterfacebook
thumb

54歳の“クモ男”GKシジマール、藤枝の選手登録から約1カ月で抹消

▽J3リーグに所属する藤枝MYFCのGKシジマール(54)が28日、Jリーグ登録選手から抹消された。Jリーグ公式サイトが伝えている。 ▽1993年の加入した清水エスパルスで731分間連続無失点のJリーグ記録を樹立するなど、「クモ男」と呼ばれ絶大な人気を誇ったシジマール。今シーズンからGKコーチとして藤枝入りした。 ▽しかし、藤枝ではGKに負傷者が続出したことで、3月31日にシジマールを選手登録。16日にはJ3第5節のグルージャ盛岡戦でJ史上最年長となるベンチ入りも、22年ぶりのプレーとはならなかった。 2017.04.28 20:45 Fri
twitterfacebook
thumb

いよいよJ1クラブが登場!天皇杯2回戦の放送スケジュールを発表《天皇杯》

▽日本サッカー協会(JFA)は28日、第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会2回戦のテレビ放送予定を発表した。 ▽2回戦は6月21日に行われる。J1クラブが登場する2回戦のテレビ放送カードはベガルタ仙台vs筑波大学、サンフレッチェ広島vs鹿児島ユナイテッドFCが生放送。鹿島アントラーズvsFCマルヤス岡崎、ジュビロ磐田vsHonda FCら5試合が録画放送となる。 ▽また、JFA-TVではファジアーノ岡山vsFC今治の一戦がライブ配信される。詳細は以下の通り。 ◆天皇杯2回戦 ▽6月21日(水) 《19:00~21:00》 【生放送】ベガルタ仙台(J1) vs 筑波大学(茨城) [ユアテックスタジアム仙台] (NHK BS1) 《17:55~20:55》 【生放送】サンフレッチェ広島(J1) vs 鹿児島ユナイテッドFC(鹿児島) [福山市竹ヶ端運動公園陸上競技場] (スカサカ!) (スカパー!/Ch.800) (スカパー!プレミアムサービス/Ch.580) 《21:00~24:00》 【録画】鹿島アントラーズ(J1) vs FCマルヤス岡崎(愛知) [県立カシマサッカースタジアム] (スカチャン1) (スカパー!/Ch.801) (スカパー!プレミアムサービス/Ch.581) 《21:00~24:00》 【録画】FC東京(J1) vs AC長野パルセイロ(長野) [味の素スタジアム] (スカチャン2) (スカパー!/Ch.802) (スカパー!プレミアムサービス/Ch.582) 《21:00~24:00》 【録画】ジュビロ磐田(J1) vs Honda FC(シード) [ヤマハスタジアム(磐田)] (スカチャン3) (スカパー!/Ch.805) (スカパー!プレミアムサービス/Ch.583) 《21:00~24:00》 【録画】浦和レッズ(J1) vs グルージャ盛岡(岩手) [浦和駒場スタジアム] (スカサカ!) (スカパー!/Ch.800) (スカパー!プレミアムサービス/Ch.580) 【ライブ配信】ファジアーノ岡山(J2) vs FC今治(愛媛) [シティライトスタジアム] (JFA TV) ▽6月22日(木) 《21:00~24:00》 【録画】ベガルタ仙台(J1) vs 筑波大学(茨城) [ユアテックスタジアム仙台] (スカサカ!) (スカパー!/Ch.800) (スカパー!プレミアムサービス/Ch.580) ※スカパー!では、1回戦から3回戦の注目試合を放送、ラウンド16以降全試合放送。 ※天皇杯2回戦のハイライトは6月23日(金)21:00から放送の『サッカー情報番組「スカサカ!ライブ」』でお届け。 2017.04.28 19:47 Fri
twitterfacebook
thumb

南野拓実、ザルツブルクでの2年で4冠も勝利に飽き足らず「退屈なんてことはない」

ザルツブルクに所属するFW南野拓実は、勝利への飽くなき情熱を語っている。オーストリア『ホイテ』が報じた。ザルツブルクは26日、DFBポカール準決勝でアドミラと対戦し、5-0の勝利を収めた。南野が先制点と5点目を挙げ、2ゴールで勝利に大きく貢献している。オーストリアの絶対王者として知られるザルツブルクは3年間でリーグ優勝を3回、カップ戦でも3度優勝を成し遂げている。2015年から在籍する南野は、計4冠を獲得しているが、勝利に飽きることはないと話す。「退屈なんてとんでもないです。勝つためにサッカーをやっていますし、すべての成功が素晴らしいと思えます」また今シーズン、好調をキープする南野はリーグ戦15試合で11ゴールを挙げている。先日には、68分で1ゴールというペースでネットを揺らす高い決定率にも注目が集まった。それでもオスカル・ガルシア監督は日本人アタッカーをベンチに置く決断を下すときもあるが、南野は「もっと学ばないといけないですね」と、成長への強い意欲を示す。「ここで快適ですし、幸せです」と語る南野。「オーストリアリーグは僕が点を取ったとき以外に日本で伝えられない」。そう話す南野はこれからもゴールを狙い続ける。提供:goal.com 2017.04.28 19:41 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング