超ワールドサッカー

ペップ「我々は2人の怪物と同じ時代を生きている」2018.10.15 09:55 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督がバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの2大スターに言及した。▽近年のフットボール界で最高の称号を二分する存在として長らく脚光を浴び続けるメッシとC・ロナウド。それぞれ一般的に選手としてキャリアの折り返し地点となる30歳を過ぎたが、今もなお健在ぶりをアピールしている。

▽そのメッシ、C・ロナウドと共に、フットボール指導者界が誇る名将として同じ時代を生きるグアルディオラ監督。イギリス『FourFourTwo』によれば、2大スターについて次のように語り、敬意を表したという。

「レオは獰猛で競争的な動物だ。チームに競争力をもたらしてくれる。彼は負けを嫌い、子供のようにプレーすることを好む。大きな試合になれば、チームは彼を助け、彼は違いとなる」

「我々はそんな彼のほかにも、クリスティアーノ(・ロナウド)という選手とも共存している。要するに、2人の怪物的な選手が頂点に君臨する時代を生きているのだ」

「彼らは、共に1シーズンで50得点を挙げてしまう選手たち。しかも、10年間もね。信じられないよ。1年だけのことじゃないのだから。逆に、年々、ゴール数を増やしている」

コメント

関連ニュース

thumb

“ジャンケン”の代償は21日間の職務停止…コインを忘れた主審が処分

▽ジャンケンの代償は、21日間の職務停止だった。FA(イングランドサッカー協会)は、デイビッド・マクナマラ主審に対し処分を下した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽事件は10月26日に行われた、マンチェスター・シティvsレディングのFA女子スーパーリーグの一戦で起こった。 ▽試合前の恒例行事であるコイントス。エンドとボールを選択するものだが、通常は主審のコイントスで決定される。 ▽イングランド女子代表でもキャプテンを務める、シティのステフ・ホートンも参加したコイントスだったが、マクナマラ主審が失態。大事なコインを忘れてしまったのだ。 ▽困ったマクナマラ主審は、両キャプテンに「ロック、ペーパー、シザーズ」、いわゆるジャンケンを行わせた。このことが問題となった。 ▽FAのスポークスマンは「FAはデイビッド・マクナマラ主審に21日間の職務停止処分を下す。11月26日から適用される。試合の最大の利益を決める行動をしなかった事を認めたためだ」とコメント。コイントスを行えなかったことで処分が下された。 [※写真はイメージです] 2018.11.14 12:52 Wed
twitterfacebook
thumb

インスが古巣を斬る! 「まるでシティにビビっているような…」

▽マンチェスター・ユナイテッドOBで元イングランド代表MFのポール・インス氏がマンチェスター・ダービーの感想を口にした。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 ユナイテッドは11日、プレミアリーグ第12節でマンチェスター・シティと対戦。上位浮上のためにも負けられない一戦だったが、宿敵を相手に立ち上がりから完成度の違いを見せつけられ、1-3の敗北を喫した。 ▽ポール・インス氏は、古巣ユナイテッドを問答無用にぶった斬った。 「彼らはまるでマンチェスター・シティにビビっているようだった。それはあってはならないことだ」 「(モウリーニョの先発メンバー?) デ・ヘア以外、ワールドクラスの選手はいなかったね。マン・シティの方が良い買い物をしている」 「モウリーニョは、たただ金使いが荒いだけさ」 2018.11.13 10:45 Tue
twitterfacebook
thumb

アグエロ、新たなマンチェスター・ダービー男に! ルーニーに並ぶ歴代最多8得点

▽マンチェスター・シティに所属するアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ(30)がマンチェスター・ダービーの歴史に名を刻んだ。 ▽アグエロは11日、エティハド・スタジアムで行われたプレミアリーグ第12節のマンチェスター・ユナイテッド戦に先発。48分にスペイン代表GKダビド・デ・ヘアの肩口をぶち抜くシュートでチーム2得点目をマークした。 ▽その得点は、プレミアリーグのマンチェスター・ダービー通算8ゴール目。データを扱う『Opta(@OptaJoe)』によれば、元ユナイテッドのイングランド代表FWウェイン・ルーニーに並ぶ歴代最多得点記録だという。 ▽30歳のアグエロは2011年夏からシティでプレー。シティ在籍8年目の今シーズンは、ここまで出場したプレミアリーグ12試合で得点ランキングトップの8得点を挙げ、全公式戦でも15試合11得点の成績を収めている。 2018.11.12 16:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ペップが言及…試合終了後のスターリングへの公開説教はあのプレーについて

▽マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、マンチェスター・ダービーでのイングランド代表FWラヒーム・スターリングのあるプレーについて指摘している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽シティは11日、プレミアリーグ第12節でマンチェスター・ユナイテッドをホームに迎えた。試合は終始シティペースで進み、12分にシルバが先制点を奪うと、48分にアグエロが追加点。その後、ユナイテッドにPKで1点を返されたが、ギュンドアンのダメ押しゴールで3-1と勝利した。ダービーマッチでの勝利に試合後指揮官のグアルディオラ監督は、ピッチに入って選手たちを称え始めた。しかし、スターリングに対しては、握手を交わすと抱きかかえる素振り見せながら公開説教をしていた。 ▽その内容とはどうやらスターリングの試合終了間際のプレーに対するもののようだ。3-1でリードして迎えた試合終盤、シティは巧みなパスワークでプレス回避していた。しかし、試合終了間際敵陣中央左深い位置で、ドイツ代表FWリロイ・ザネとU-21イングランド代表MFフィル・フォーデンと共にパスを繋ぎ続けていた中、パスを受けたスターリングが立ち止まって挑発するようにシザースを繰り返していた。 ▽試合後、グアルディオラ監督はこの件について言及。1試合を通してのプレーや守備への献身性は称えるも、試合終了間際のプレーについては、以下のように改善を求めた。 「パスをつないでつないでいくんだ。あんなことをしてはいけない」 「足を何回か振り回していたけど、あれは不要だったね。ただ、彼はまだ若い。改善してくれるよ」 2018.11.12 14:45 Mon
twitterfacebook
thumb

今季プレミア、史上最高レベルの優勝争いに! シティ、リバプール、チェルシー依然無敗

▽マンチェスター・シティ、リバプール、チェルシーがイングランドリーグ史上最高レベルのタイトル争いを演じている。 ▽プレミアリーグは開幕から12節を消化。昨シーズン王者のマンチェスター・シティが10勝2分け無敗のほぼパーフェクトなスタートを切り、首位に立っている。 ▽だが、リバプール(9勝3分け無敗)とチェルシー(8勝4分け無敗)も無敗を続け、連覇を狙うシティを追走。無敗の3チームによる優勝争いは熾烈さを極めている。 ▽データを扱う『Opta(@OptaJoe)』によれば、同時期の無敗継続クラブ数は、イングランドトップリーグ史上初だという。 ◆プレミアリーグ上位※第12節終了時 (勝/分/負/勝点/得失) 1.マンチェスター・シティ 10/2/0/32pt/+31 2.リバプール 9/3/0/30pt/+18 3.チェルシー 8/4/0/28pt/+19 4.トッテナム 9/0/3/27pt/+10 5.アーセナル 7/3/2/24pt/+11 6.ボーンマス 6/2/4/20pt/+5 7.ワトフォード 6/2/4/20pt/+3 8.マンチェスター・ユナイテッド 6/2/4/20pt/-1 2018.11.12 11:00 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース