ミランがザザ獲得へ! レンタル復帰を望まないバッカとのトレードを画策か2018.05.27 02:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ミランは、同クラブのコロンビア代表FWカルロス・バッカと、バレンシア所属のイタリア代表FWシモーネ・ザザのトレード案を画策しているようだ。イタリア『Calciomercato.com』が報じている。

▽2015年7月にセビージャからミランに加入したバッカだが、当時チームを指揮していたヴィンチェンツォ・モンテッラ氏と起用法を巡っての軋轢が伝えられ、昨夏はビジャレアルへレンタル移籍。

▽ビジャレアルでは、リーガエスパニョーラで35試合に出場して15ゴール6アシスト。ヨーロッパリーグで6試合に出場して2ゴール1アシストを記録し、主力としてプレー。来季もビジャレアルでのプレーを望んだバッカだったが、ビジャレアルは移籍金の1550万ユーロ(約19億8000万円)を準備できず、今夏でのミラン復帰が決定していた。

▽『Calciomercato.com』によると、セリエA復帰を望まないバッカに対してミランは、以前から獲得に動いていたFWザザとのトレード案を画策。また、バレンシア側もバッカの獲得に興味を示しており、ザザとのトレードに前向きな姿勢を見せているという。

▽2015年に加入したユベントスで出場機会を得られなかったザザは、ウェストハムへのレンタル移籍を経て、2017年1月にバレンシアに加入。同年4月に完全移籍したザザは、今季リーガエスパニョーラ33試合に出場し13ゴール2アシストを記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

チェルシー、まさかの"オペレーション・レイナ"?!

▽チェルシーが、ミランのスペイン代表GKホセ・マヌエル・レイナ(35)の獲得に興味を持っているようだ。『TRANSFERmarketWEB』が伝えている。 ▽チェルシーは現在、ベルギー代表GKティボー・クルトワに代わる守護神を模索中だ。同選手はレアル・マドリーに引き抜かれる可能性が高く、代役探しは急務となっている。これまでにはレスター・シティのデンマーク代表GKカスパー・シュマイケルや元チェルシーでアーセナルに所属する元チェコ代表GKペトル・チェフ、さらにはマンチェスター・シティの元イングランド代表GKジョー・ハートの名前が噂されてきた。 ▽今回は新たな選択肢としてレイナが浮上。同選手は昨シーズン終了後にナポリとの契約が切れ、今夏フリーでミランに加入したばかり。しかし、『TRANSFERmarketWEB』はチェルシーのマウリツィオ・サッリ新監督が、ナポリ時代の愛弟子であるレイナの獲得を求める可能性があると指摘。移籍金は350万ユーロ(約4億5000万円)程を見込んでいる。 2018.07.21 22:39 Sat
twitterfacebook
thumb

レオナルド氏、ミラン復帰が間近に

▽ミランが元同クラブの選手であるレオナルド氏をフロントに招く可能性が高まっている。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。 ▽先日、経営権が『エリオット・マネジメント』に移ったミランは、首脳陣にも新しい風を送りこむ予定だ。そこで以前から名前が挙がっているのが、鹿島アントラーズでもプレーしていた元ブラジル代表のレオナルド氏である。 ▽『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、レオナルド氏のミラン復帰は「間近」。テクニカル部門全体の責任者として招かれると、記事は伝えている。 ▽現役時代にミランで活躍したレオナルド氏は、現役引退後に同クラブで幹部職や監督を務めた。だが、その後、同じミラノを拠点とするライバルクラブのインテルを指揮したことで、一部ミランファンはレオナルド氏の復帰を快く思っていないと言われている。 2018.07.21 22:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ベンゼマ、ミラン幹部らと会談 移籍に意欲的とも

▽レアル・マドリーのフランス代表FWカリム・ベンゼマ(30)が、移籍に向けてミラン幹部らと会談を行ったようだ。イタリア『スカイ』が伝えている。 ▽伝えられるところによると、ベンゼマは16日にミラネッロスポーツセンターを訪れ、マッシミリアーノ・ミラベッリSDとジェンナーロ・ガットゥーゾ監督と会談を行った模様。そこでは具体的な契約内容まで話し合われ、ミラン側は1年間の契約延長オプションが付随した年俸900万ユーロ(約11億円)の3年契約を用意しているという。 ▽しかし、考慮しなければならないのはマドリーが要求する移籍金と、ミラベッリSDの進退だという。ベンゼマ獲得はミラベッリ氏の意向も含んでいるようで、同氏の代わりに就任した新SDが同選手の獲得を望まなければ、ベンゼマの獲得は破談になるかもしれないと伝えられている。 ▽また、ベンゼマの代理人を務めるカリム・ジャジリ氏が、『スカイ』の著名ジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏の記事をもとにした『@ActuFoot_ 』のツイートに対し、笑い泣きする絵文字を返信しているが、何を意味するのだろうか。 2018.07.21 15:35 Sat
twitterfacebook
thumb

ミランの逆転判決の被害者はアタランタ…急遽EL予備予選に参戦に

▽スポーツ仲裁裁判所(CAS)は20日、ミランに対する欧州カップ戦出場権の剥奪を取り消したことを発表した。この逆転判決によって昨季セリエA6位のミランの今季ヨーロッパリーグ(EL)へのストレートインが決定した一方、アタランタとフィオレンティーナに実害が生じることになった。 ▽ミランは先日、欧州サッカー連盟(UEFA)からファイナンシャル・フェアプレー(FFP)違反で今後2年間の欧州カップ戦出場権剥奪の処分を科された。そして、この処分に伴い7位アタランタがELストレートイン、8位フィオレンティーナがEL予備予選2回戦出場という形に繰り上がりになっていた。 ▽しかし、CASによる逆転判決によってミランのELストレートインが確定した結果、アタランタはフィオレンティーナに代わって急遽EL予備予選2回戦に出場することになった。 ▽元々、出場権がなかったフィオレンティーナの出場資格剥奪はさほど大きな影響はないものの、ストレートインから急遽予備予選2回戦への出場を強いられるアタランタは、ある程度この事態を想定していたとはいえ、ここから急ピッチでチームを仕上げる必要が出てくる。 ▽なお、アタランタはEL予備予選2回戦でサラエボ(ボスニア・ヘルツェゴヴィナ)との対戦が決定しており、7月26日に1stレグを。8月2日に2ndレグを戦うことになる。 2018.07.21 15:14 Sat
twitterfacebook
thumb

代表追放カリニッチ、メダルの受け取りを辞退

▽ミランのクロアチア代表FWニコラ・カリニッチが、準優勝メダルの受け取りを辞退している。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)にクロアチア代表として臨み、グループD初戦のナイジェリア代表戦でベンチからスタートしたカリニッチ。後半40分にズラトコ・ダリッチ監督から途中出場を命じられると、これを拒否し、試合後にメンバーから外され帰宅させられていた。 ▽それでも、カリニッチを追放し22人となったクロアチアは、MFルカ・モドリッチらを中心に人数の不足を感じさせない快進撃を続け、見事に同国史上初の準優勝に到達。記念品としてメダルを受け取っていた。 ▽そして、クロアチアサッカー協会の技術委員やチームメイトは、オリジナルメンバーに含まれていたカリニッチもメダルを受け取る権利があるとして、授与を決断。しかし、当の本人がそれを辞退した。 ▽拒否の理由について、カリニッチは「メダルはありがたいよ。でも、僕はロシアでプレーしていない」とコメント。大会中は褒められない言動を取ってしまったベテランFWが、誠実な態度を示している。 2018.07.21 15:00 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース