マケレレ退団のスウォンジーで配置転換! ブリトゥンが選手兼コーチ、ランヘルが新主将に2017.11.15 00:10 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽スウォンジーは14日、スペイン人DFアンヘル・ランヘル(35)の新キャプテン就任を発表した。

▽スウォンジーでは、今月6日にアシスタントコーチを務めているクロード・マケレレ氏がベルギー・ジュピラー・プロ・リーグのオイペンの新監督に就任するために退団。そのため、アシスタントコーチのポジションに空席ができていた。

▽そこでポール・クレメント監督ら幹部の話し合いの中で、キャプテンを務めるイングランド人MFレオン・ブリトゥン(35)にプレイングコーチという新たな役割を打診。これをブリトゥンが受け入れたことで、空席となったキャプテンに2007年から在籍する重鎮ランヘルが就任することになった。

▽プレイングコーチという新たな役割を与えられたブリトゥンは、以下のようなコメントを残している。

「このような機会を与えてもらったことは、僕と家族にとって大きなことだ。ただ、今回の役割の変化によって、僕のプレーヤーとしてのキャリアが終わりになるわけではないよ」

「これからも毎日トレーニングをこなし、メンバー入りを目指す。その一方で、今後はスタッフ会議に参加し、指導者目線でも試合に備えることになるだろうね」

▽また、ブリトゥンに代わってキャプテンを引き継ぐランヘルは、以下のように意気込みを語っている。

「正直、ここでキャプテンを務めることになるとは思っていなかったよ。だけど、今回のチャンスを与えてもらい、それを誇りに思うと同時に熱意に満ちているんだ」

「監督にも感謝しているよ。彼は僕よりも定期的にプレーしているプレーヤーを選ぶこともできたと思うけど、ピッチ外でのリーダーシップという部分も考慮してくれた。今回の役割を与えられたことを誇りに思うよ」

「スウォンジーは常に僕の心の中にある。クラブを愛しているし、ここから最も重要なことはプレミアリーグに残留することだ」

コメント

関連ニュース

thumb

韓国代表主将がミランへ?

▽スウォンジーに所属する韓国代表MFキ・ソンヨン(29)にミラン移籍の可能性が浮上した。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽韓国代表として95試合10ゴールを誇るキ・ソンヨンは、2012年夏にセルティックからスウォンジーに加入。長らくプレミアリーグを主戦場に活躍するキック力とパスセンスが魅力のボランチで、今シーズンはここまでリーグ戦16試合1ゴールを記録している。 ▽キ・ソンヨンの現行契約は今シーズン限り。ミランでスポーツ・ディレクターを務めるマッシミリアーノ・ミラベッリ氏は、サンダーランドにレンタル移籍した2013-14シーズンから韓国代表主将を追い、MFフランク・ケシエのバックアッパーとして興味を示しているという。 ▽パチューカに活躍の場を移した日本代表FW本田圭佑に続くアジア人プレーヤーとして、キ・ソンヨンはミラン入りを果たすことになるのだろうか…。 2018.02.25 08:30 Sun
twitterfacebook
thumb

キ・ソンヨン、プレミア155試合出場でパク・チソン超え

▽スウォンジーに所属する韓国代表MFキ・ソンヨンのプレミアリーグでの出場試合数が155試合に到達した。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽スウォンジーは3日、プレミアリーグ第26節でレスター・シティとのアウェイ戦に臨み、1-1の引き分けに終わった。この一戦に先発出場したキ・ソンヨンは、同試合でプレミアリーグでの出場試合数が155試合に到達。スウォンジーで128試合、2013-14シーズンにレンタル移籍で加入したサンダーランドで27試合に出場している。なお、この数字は、かつてマンチェスター・ユナイテッドやQPRでプレーした元韓国代表MFパク・チソン氏の153試合をすでに超えている。 ▽この記録を受けてキ・ソンヨンは、「より良くなっていかなくてはいけない」とさらなる高みを目指し、自身が世界最高のリーグだと評すプレミアリーグでの生き残りを誓った。 「僕は6年間プレミア・リーグにいる。そして、この記録を破ることができてとても光栄に思っているよ」 「それに加えて僕らはとても重要な勝ち点を得ることができた。個人の記録と同様に嬉しく思っているよ。それでも僕らはより多くの勝ち点を積み重ねなくてはいけない。きっと次のバーンリー戦でも積み重ねることができると思うよ」 「少し難しい時期を過ごしたシーズンもあったけど、いくつか思い出もある。この記録はとても嬉しいけど、僕は戦い続けてより良くなっていかなくてはいけない」 「プレミアリーグは世界最高のリーグだし、より多くの試合に出場することができれば良いと思っているよ。全ての試合が僕にとっての挑戦で、今シーズンもこのリーグで戦い続けることで、このリーグで生き残りたいと思っているんだ」 2018.02.07 10:05 Wed
twitterfacebook
thumb

残留争いのスウォンジーに悲劇…レスター戦でフェル&ボニーが今季絶望の重傷負う

▽スウォンジー・シティは4日、前日に行われたレスター・シティ戦で負傷したオランダ代表MFリロイ・フェル、コートジボワール代表FWウィルフリード・ボニーの診断結果を明かした。 ▽スウォンジーは3日、プレミアリーグ第26節でレスターと対戦し、1-1で引き分けた。この試合では先発出場したフェルが前半半ばに相手との接触がない場面でピッチに倒れ込み負傷交代。また、後半半ば過ぎに投入されたボニーは同じく負傷退場を強いられていた。 ▽スウォンジーは2選手のケガに関して、フェルがアキレス腱の断裂、ボニーが前十字じん帯断裂の重傷と発表しており、近日中に手術を受けることを伝えている。このケガによって2選手は今季中の復帰が絶望的となっている。 ▽なお、スウォンジーは第26節終了時点で降格圏内の18位ストーク・シティ、19位のハダースフィールドと同じ勝ち点24で17位に位置している。 2018.02.05 06:19 Mon
twitterfacebook
thumb

岡崎途中出場のレスター、ヴァーディ弾で先制も同点弾許し2戦勝ちなし…《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第26節のレスター・シティvsスウォンジーが3日にキング・パワー・スタジアムで行われ、1-1で引き分けた。レスターの日本代表FW岡崎慎司は80分から途中出場した。 ▽前節のエバートン戦で1-2の敗北を喫した8位レスター(勝ち点34)が、前々節にリバプールを、前節にアーセナルを撃破しての連勝を飾り、リーグ3戦負けなしと波に乗る19位スウォンジー(勝ち点23)をホームに迎えた一戦。 ▽レスターは前節からスタメンを5名変更し、岡崎、グレイらに代えてディアバテやイヘアナチョらを起用。岡崎はベンチからのスタートとなり、去就に揺れ練習拒否が報じられたマフレズはメンバーから外れた。 ▽ヴァーディ―の裏抜けを基軸にしてチャンスを作ろうとするレスターに対して、3バックを敷くスウォンジーはこまめにディフェンスラインの高さを調整して対応。7分にはイヘアナチョのパスに抜け出したヴァーディ―がボックス内右に侵攻したかに思われたが、オフサイドの判定を受ける。 ▽しかし17分、ボックス手前中央でボールを持ったイヘナナチョがフェイントを入れてからラストパスを供給すると、DFモーソンがラインを上げ損ねる。ボックス内でボールを受けたヴァーディ―が、ゴール右隅に流し込んだ。 ▽勢いに乗るレスターには、30分にもチャンスが訪れる。最終ラインからのフィードを始点として、最終的にボールを持ったエンディディのシュートがネットを揺らすが、これはオフサイドの判定に。 ▽試合はその後もレスターが優勢を保ったまま折り返し。スウォンジーが1点のビハインドを詰められないまま後半に突入した。 ▽後半に入ると、53分にスウォンジーが左CKを獲得。キッカーのキ・ソンヨンがインスイングで高い弾道のボールを入れると、ボックス内中央のF・フェルナンデスが頭で合わせ、同点弾とした。 ▽失点後になかなか盛り返せない展開が続くレスターは、68分に選手交代を敢行。アドリエン・シウバ、イヘアナチョに代えて、M・ジェームズ、グレイを投入した。また、スウォンジーも71分にN・ダイアーに代えて、ボニーを起用している。 ▽するとレスターは、77分にボックス手前右からのFKを獲得。ボックス内ファーにボールが供給されると、マグワイアが上手く頭で合わせたが、枠を捉えることができない。 ▽さらに攻勢を強めたいレスターは、80分にシンプソンに代えて岡崎を投入。前線の活性化を図っていく。 ▽試合終盤にはシンプルに最前線にボールを放り込んで勝ち越しを目指したものの、深く引いたスウォンジーの守備に苦しみ、決定機は作れず。結局、1-1のスコアで試合が終了した。 ▽この結果、スウォンジーは苦しみながらもチャンスをものにして引き分けに持ち込み、4戦負けなしに。対するレスターは、2戦勝ちなしとなった。 2018.02.04 02:01 Sun
twitterfacebook
thumb

レスター一筋アンディ・キング、スウォンジーに今季終了までレンタル

▽スウォンジーは1月31日、レスター・シティに所属するウェールズ代表MFアンディ・キング(29)のレンタル加入を発表した。加入期間は今シーズン終了までとなる。 ▽レスターの下部組織で育ったアンディ・キングは、2006年にトップチームデビュー。在籍10年間で公式戦通算388試合62ゴールを記録。2015-16シーズンにはクラウディオ・ラニエリ監督の下、プレミアリーグ優勝に貢献した。 ▽だが、今シーズンは公式戦15試合に出場して1ゴール。アンディ・キングにとって、出場機会を求めた移籍となる。 2018.02.01 09:10 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース