マケレレ退団のスウォンジーで配置転換! ブリトゥンが選手兼コーチ、ランヘルが新主将に2017.11.15 00:10 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽スウォンジーは14日、スペイン人DFアンヘル・ランヘル(35)の新キャプテン就任を発表した。

▽スウォンジーでは、今月6日にアシスタントコーチを務めているクロード・マケレレ氏がベルギー・ジュピラー・プロ・リーグのオイペンの新監督に就任するために退団。そのため、アシスタントコーチのポジションに空席ができていた。

▽そこでポール・クレメント監督ら幹部の話し合いの中で、キャプテンを務めるイングランド人MFレオン・ブリトゥン(35)にプレイングコーチという新たな役割を打診。これをブリトゥンが受け入れたことで、空席となったキャプテンに2007年から在籍する重鎮ランヘルが就任することになった。

▽プレイングコーチという新たな役割を与えられたブリトゥンは、以下のようなコメントを残している。

「このような機会を与えてもらったことは、僕と家族にとって大きなことだ。ただ、今回の役割の変化によって、僕のプレーヤーとしてのキャリアが終わりになるわけではないよ」

「これからも毎日トレーニングをこなし、メンバー入りを目指す。その一方で、今後はスタッフ会議に参加し、指導者目線でも試合に備えることになるだろうね」

▽また、ブリトゥンに代わってキャプテンを引き継ぐランヘルは、以下のように意気込みを語っている。

「正直、ここでキャプテンを務めることになるとは思っていなかったよ。だけど、今回のチャンスを与えてもらい、それを誇りに思うと同時に熱意に満ちているんだ」

「監督にも感謝しているよ。彼は僕よりも定期的にプレーしているプレーヤーを選ぶこともできたと思うけど、ピッチ外でのリーダーシップという部分も考慮してくれた。今回の役割を与えられたことを誇りに思うよ」

「スウォンジーは常に僕の心の中にある。クラブを愛しているし、ここから最も重要なことはプレミアリーグに残留することだ」

コメント

関連ニュース

thumb

マケレレがスウォンジーのコーチを辞任! ベルギー1部オイペンの新監督就任へ

▽スウォンジーは6日、トップチームでアシスタントコーチを務めているクロード・マケレレ氏(44)との契約を双方合意の下で解消したことを発表した。また、同氏がベルギー・ジュピラー・プロ・リーグのオイペンの新監督に就任することを併せて伝えている。 ▽今年1月にポール・クレメント監督の新指揮官就任に伴い、スウォンジーのアシスタントコーチに就任したマケレレ氏は、今回のクラブ退団に際して以下のようなメッセージを残している。 「スウォンジーでの時間を本当に楽しむことができた。とりわけ、昨シーズンのプレミアリーグ残留を助けられたことを嬉しく思う」 「私にこのような機会を与えてくれたオーナーを始め、会長や監督に感謝したい。ここでの経験は今後の指導者キャリアにおいて、多くのポジティブなものを与えてくれると思っている。個人的に在任期間を通じて、このクラブに何かを残せていれば、嬉しく思うよ」 ▽また、マケレレ氏は新天地オイペンでの意気込みを語ると共に、スウォンジーの今後の成功を祈っている。 「私はスウォンジーで多くのことを学んだ。しかし、私はこれからも学び続けたい。オイペンでの機会は、うまくいけば私に多くのことを与えてくれると思っている」 「これからスウォンジーがどのように発展していくか、常に見守り続けたいと思う。そして、このクラブに関わる全ての人たちの成功を心から祈っている」 ▽これまでパリ・サンジェルマンとスウォンジーでコーチ経験を積んできたマケレレ氏は、2014年に途中解任となったバスティア以来のトップカテゴリーでの指揮となる。 ▽なお、マケレレ氏が新監督に就任するオイペンは、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ第14節終了時点で2勝8敗4分けの最下位に沈んでいる。 2017.11.06 20:17 Mon
twitterfacebook
thumb

コラシナツ&ラムジー弾で逆転したアーセナルがスウォンジー下しホーム13連勝《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第10節、アーセナルvsスウォンジーが28日に行われ、2-1でアーセナルが勝利した。 ▽前節、エバートンを5-2で粉砕し、24日のEFLカップでもノーウィッチ・シティに勝利を収めたアーセナルは、その試合からスタメンを全員変更。[3-4-2-1]の布陣に守護神チェフ、ディフェンスラインはコシエルニーやモンレアル。中盤にはジャカ、エジル、サンチェスら。そして最前線にはここまで5ゴールのラカゼットが起用された。 ▽試合は開始直後から格上のアーセナルがスウォンジーを攻め立てる。まずは5分、左サイドからの折り返しを、走り込んだラムジーがダイレクトで狙うがDFがブロック。直後にはサンチェスがドリブルで左サイドを抉りシュートを選択。だがここはGKが難なくキャッチする。 ▽その後はややペースダウンしたアーセナルだったが、ボールはしっかりキープし20分にかけてポゼッションが8割近くになるなどアーセナルがイニシアチブを握る展開に。だが、根気よく守っていたスウォンジーが牙を剥いた。 ▽22分、自陣右でエイブラハムにボールを奪われると、ベジェリンの裏を取ったクルーカスにスルーパスを通される。GKチェフが距離を縮めてシュートコースを切りにかかるが、股の下を通されてクルーカスに軍配。アーセナルがホームで先制を許してしまった。 ▽早く追いつきたいアーセナルだが、守りを固めるスウォンジーが攻撃の隙を与えない。それでも41分に、味方とのパス交換でボックス左に侵入したサンチェスがGK強襲の強烈なシュートを浴びせるなど、失点前同様アーセナルがペースを握る。しかし、前半終了間際にも、メルテザッカーがゴール前でJ・アェイウにボールを奪われ、あわや追加点というピンチに。結局、前半は0-1のスウォンジーリードで終えた。 ▽迎えた後半はアーセナルがすぐさま反撃。51分、ゴール前で粘ったラカゼットの折り返しから走り込んだコラシナツが叩き込み同点とした。さらに58分には、右サイドからのサイドチェンジをコラシナツが受けると、すぐさまボックス内へラストパス。これをラムジーが流し込み、逆転に成功した。 ▽その後は停滞した時間が続いた。1点差では心許ないアーセナルは、81分にラカゼットを下げてジルーを投入。89分には、ボックス外からジルーがゴールを擦めるシュートを放つなど、ゴールの匂いをうかがわせたが、試合は2-1のままタイムアップ。逆転で逃げ切ったアーセナルが、ホーム13連勝を飾った。 2017.10.29 00:54 Sun
twitterfacebook
thumb

リンガード2発の前回王者ユナイテッドがスワンズ撃破でベスト8進出!《EFLカップ》

▽マンチェスター・ユナイテッドは24日、EFLカップ4回戦でスウォンジーと対戦し、2-0で勝利した。この結果、ベスト8進出を決めている。 ▽格下バートンとの初戦を快勝し大会連覇に向けて順調な歩みを進めるユナイテッド。だが、先週末のリーグ戦では昇格組ハダースフィールド相手に今季リーグ戦初黒星を喫しており、今週末にトッテナムとのビッグマッチを控える中、スウォンジー相手のこの試合で勝利を取り戻したいところ。 ▽モウリーニョ監督はこの一戦に向けて、スモーリング、エレーラ、マルシャル、リンガードを除く先発7人を変更。GKにロメロ、3バックにトァウンゼベ、スモーリング、リンデロフ。左右のウイングバックにブリントとダルミアン、エレーラとマクトミネイのセントラルMFコンビにトップ下にリンガード、2トップにマルシャルとラッシュフォードを置いた。 ▽立ち上がりはホームのスウォンジーの出足に苦戦するユナイテッドだったが、時間の経過と共に反撃を開始。リンガードと快速2トップの連係から縦に速い仕掛けを見せ始めると、前半半ばに先制点を奪う。 ▽21分、中盤のエレーラが前線のラッシュフォードの足元へグラウンダーの縦パスを付けると、ラッシュフォードが巧みなワンタッチプレーで最終ラインの背後を狙うリンガードへ繋げる。そして、ボックス内に持ち込んだリンガードが冷静にGKとの一対一を制し、ゴール右隅へ流し込んだ。 ▽幸先良く先制に成功したユナイテッドは、その後もリンガード、マクトミネイがフィニッシュに絡むなど、守備に重きを置きつつも要所で追加点を狙う。前半終盤にはオルソンの負傷でノートンの投入を余儀なくされたスウォンジーの反撃に遭うも、マクバーニーやクルーカスのシュートはいずれも枠を外れた。 ▽1点リードで前半を終えたユナイテッドは、後半もマルシャルやリンガードの積極的な仕掛けでゴールに迫ると、59分に追加点を奪取。右サイドを持ち上がったダルミアンからの絶妙なクロスをボックス中央に走り込んだリンガードがフリーでヘディングシュートを流し込んだ。 ▽この2点目で試合を決定付けたユナイテッドは68分、週末のトッテナム戦を睨んでラッシュフォード、エレーラを下げてルカク、マティッチを同時投入。一方のスウォンジーは温存していたエイブラハムとフェルを投入し、ゴールを目指す。 ▽試合終盤にかけてはホームのスウォンジーが押し込む展開となったものの、GKロメロを中心としたユナイテッド守備陣が最後まで冷静に対処し、0-2で試合はタイムアップ。スウォンジーとのプレミア勢対決を制したユナイテッドが、順当にベスト8進出を決めた。 2017.10.25 05:58 Wed
twitterfacebook
thumb

岡崎の決勝弾でレスターがリーグ戦7試合ぶりの白星! アップルトン暫定監督の初陣飾る!!《プレミアリーグ》

▽日本代表FW岡崎慎司の所属するレスター・シティは21日、プレミアリーグ第9節でスウォンジーとアウェイで対戦し、2-1で勝利した。岡崎は68分までプレー、49分に今季4ゴール目を記録した。 ▽前節終了時点で1勝4敗3分けと開幕から低迷が続くレスターは、17日にシェイクスピア監督を解任。アップルトン暫定監督の初陣となる今節は、WBA戦からスタメンを1人変更。イヘアナチョに代えて岡崎をヴァーディの相棒に起用した。 ▽試合は開始早々レスターにチャンス。1分、ヴァーディのサイドチェンジを左サイドで受けたオルブライトンのクロスを岡崎がバックヘッドで合わせたが、これはGKファビアンスキのセーブに阻まれた。 ▽さらに10分、スローインをボックス右で受けた岡崎が、胸トラップからマイナスの折り返しを供給。ボックス中央のオルブライトンがダイレクトシュートで合わせたが、これもGKファビアンスキの好セーブに防がれた。 ▽すると25分、遂にレスターがスコアを動かす。岡崎のサイドチェンジをマフレズが左サイドゴールライン際で残すと、ボックス左から侵入しゴール前に高速クロスを供給。これがニアでクリアを試みたF・フェルナンデスのオウンゴールを誘い、レスターが先制に成功した。 ▽前半終盤、ホームの声援を受けるスウォンジーが反撃に出るも、レスターの集中した守りを前に決定的なチャンスは作れず。前半はレスターの1点リードで終了した。 ▽迎えた後半、スウォンジーはブリトゥンを下げてキ・ソンヨンを投入。しかし、再びスコアを動かしたのはレスター。49分、左サイドを持ち上がったオルブライトンのクロスを相手ディフェンスラインの裏に抜け出したマフレズがゴール右からダイレクトで折り返す。これをゴール前に走り込んだ岡崎が流し込み、レスターが追加点を奪った。 ▽第9節にして昨季のゴール数を更新した岡崎の今季4ゴール目でリードを広げたレスターだったが、セットプレーからスウォンジーに1点を返される。56分、レナト・サンチェスがグラウンダーのCKを供給すると、ニアで相手DFにディフレクトしたこぼれ球をゴール前のモーソンがワントラップから反転シュート。これがゴール右隅に突き刺さった。 ▽1点を返されたレスターは68分、岡崎に下げてアンディ・キングを投入。すると76分、マフレズのスルーパスで相手DFの裏に抜け出したヴァーディが相手GKとの一対一を迎えたが、シュートはGKファビアンスキのファインセーブに阻まれた。 ▽レスターは87分、マフレズを下げてグレイをピッチに送り出す。その後も危なげない試合運びを見せたレスターが、スウォンジーの攻撃を凌ぎ切った。岡崎の決勝弾で逃げ切ったレスターは、リーグ戦7試合ぶりの白星でアップルトン暫定監督の初陣を飾った。 2017.10.22 01:15 Sun
twitterfacebook
thumb

ナイジェリアへの国籍変更はなし…U-21代表FWがイングランドに忠誠を誓う

▽チェルシーからスウォンジーへとレンタル移籍しているU-21イングランド代表FWタミー・エイブラハム(19)が、ナイジェリア代表への招集を拒否したようだ。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽エイブラハムは、チェルシーのアカデミー出身で、今シーズンからスウォンジーへとレンタル移籍。今シーズンはこれまでプレミアリーグで5試合に出場し1ゴールを記録。カラバオ・カップ(EFLカップ)でも2試合に出場し1ゴールを記録するなど、トップレベルでも結果を残している。 ▽190cmと長身でありながらスピードも持ち合わせているエイブラハムは、U-18からイングランド代表を経験。しかし、父親がナイジェリアにルーツがあるため、ナイジェリアサッカー協会(NFF)からナイジェリア代表招集のオファーがあったようだ。 ▽A代表ではプレーしていないため、イングランド代表ではなくナイジェリア代表を選択することも可能なエイブラハム。しかし、本人はナイジェリア代表を選ぶことはなく、イングランド代表に忠誠を誓うことを明かした。 「僕はFA(イングランドサッカー協会)に対し、イングランド代表として呼ばれる可能性を残すと伝えている」 「メディアの報道とは違い、ナショナルチームへの忠誠を変更することには同意していないことを明らかにしたい」 「僕は土曜日(16日)のウェンブリー・スタジアムでのトッテナム戦後に、NFFの会長と会った。彼は父の友人なんだ」 「でも、僕が代表チームを変えようと決心したということは間違っているし、見当違いだよ」 2017.09.22 10:53 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース