ハムシクの獲得が迫る大連一方、レバンテからガーナ代表FW獲得か2019.02.12 01:55 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レバンテのガーナ代表FWエマヌエル・ボアテング(22)が、中国に移籍する可能性が高まっている。フランス『レキップ』が伝えている。

『レキップ』によれば、E・ボアテングの移籍先として挙がっているのは、大連一方とのこと。なお、大連一方は移籍金として1100万ユーロ(13億7000万円)+ボーナスを支払い、E・ボアテングとは年俸300万ユーロ(約3億7000万円)の3年契約を結ぶようだ。

ガーナでキャリアをスタートさせたE・ボアテングは、ポルトガルのリオ・アヴェや モレイレンセでのプレーを経て、2017年8月にレバンテへ加入。トップを主戦場にウイングやオフェンシブMFもこなせる万能型のストライカーは、昨季は公式戦32試合に出場し7ゴール1アシストをマーク。今季もここまでリーガエスパニョーラ16試合に出場していた。

また、代表キャリアにおいては2018年5月にA代表デビューを飾ると、デビュー戦となった日本代表戦で初ゴールを記録した。

大連一方は、昨シーズンまで全北現代を率いていたチェ・ガンヒ監督が新監督に就任。所属選手には、ベルギー代表MFヤニク・フェレイラ=カラスコやアルゼンチン代表FWニコラス・ガイタンがおり、ナポリのスロバキア代表MFマレク・ハムシク(31)の獲得も噂されている。
コメント
関連ニュース
thumb

乾貴士、アラベスデビューで好印象!指揮官「良い調子だったから交代が遅くなった」

アラベスでの初出場を飾った日本代表MF乾貴士だが、好印象を残したようだ。試合後、アベラルド・フェルナンデス監督が称賛を送っている。<br><br>11日に行われたリーガ・エスパニョーラ第23節で、レバンテと対戦したアラベス。本拠地メンディソロサでの一戦で、2-0と5試合ぶりの勝利を収めた。<br><br>この一戦では、今冬加わった乾がデビューを飾った。右サイドで先発した背番号11は、決定機を逃す場面があったものの、得意のドリブルやハイプレスなど随所に輝きを放った。<br><br>そんな乾のプレーは、指揮官にも好印象だったようだ。試合後、アベラルド監督は「良い調子だから交代を遅らせた」と、称賛を送っている。<br><br>「彼を獲得したときにも、イバイのように貢献をしてくれる選手だと言ったはずだよ。タカシがいれば、プレーの多様性、継続性、タメといったものを獲得できる。そして今日の試合を通じて見られたように、彼は両サイドで貢献することができるんだ。サイドの選手のポジション交換は、相手DF陣は困惑させられる」<br><br>「当初の考えでは、もっと前に彼を下げるはずだった。彼はアジアカップで、あまり試合に出場していなかったからね。しかし良い調子に見えたし、そのために交代させるのが遅れた。チームに多大な貢献をしてくれる選手になるだろう」<br><br>新天地で良いスタートを切った乾。4位と2ポイント差とチャンピオンズリーグ出場権をねらえる位置につけるアラベスで、輝きを放ち続けることができるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.12 09:40 Tue
twitterfacebook
thumb

乾デビューのアラベスが公式戦5試合ぶりの勝利を飾る!《リーガエスパニョーラ》

MF乾貴士の所属するアラベスは11日、リーガエスパニョーラ第23節でレバンテと対戦し、2-0で勝利した。乾は88分までプレー。 リーグ戦3連敗中の7位アラベスが、ホームに14位のレバンテを迎えた一戦。前節のレアル・マドリー戦で完敗を喫したアラベスは、その試合から先発を3人変更。今冬にベティスから加入し、アジアカップ2019に参加していたため合流の遅れた日本代表MF乾貴士がデビューを飾った。 3トップの右に乾を配置した[4-3-3]で試合に臨んだアラベスは、16分に決定機。ジョニーの右クロスをゴール前のカジェリがヘディングシュート。クロスバーに当たったセカンドボールを乾が頭でプッシュしたが、ボールは枠の右に逸れた。 チャンスを逃したアラベスだが23分、ジョニーの右CKをファーサイドのラグアルディアがヘディングで叩き込み、先制に成功。さらに37分には、セットプレーのセカンドボールを左サイドで拾った乾のクロスからラグアルディアがヘディングシュートを放ったが、これは相手GKの正面を突いた。 後半は立ち上がりから一進一退の展開が続く。そんな中、アラベスは72分に相手CKのこぼれ球からカウンターを仕掛けると、右サイドを持ちあがった乾が相手GKの位置を確認しロングシュートを狙ったが、キックミスとなったボールはゴール右に大きく外れた。 膠着状態が続く中、レガネスは88分に乾を下げてディエゴ・ロランを投入。ピッチを離れる乾には観客から大きな拍手が送られた。すると試合終了間際の93分、相手ボックス手前からハイプレスをかけると、ドゥクレのパスミスを奪ったジョニーが相手GKとの一対一を制してゴールネットを揺らした。 結局、試合はそのままタイムアップ。アラベスは、乾のデビュー戦で公式戦5試合ぶりの勝利を飾り、多くのサポーターと喜びを分かち合った。 2019.02.12 07:09 Tue
twitterfacebook
thumb

レバンテの左SBトーニョ・ガルシアが2023年まで契約延長

レバンテは6日、スペイン人DFトーニョ・ガルシア(29)と2023年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 左サイドバックのトーニョは、2014年にレクレアティーボからレバンテに移籍。レバンテではこれまで公式戦120試合に出場して2ゴール7アシストを記録。今季もレギュラーとして活躍し、リーガエスパニョーラ17試合に出場して2ゴール2アシストを記録している。 2019.02.07 00:16 Thu
twitterfacebook
thumb

レバンテ、地元ライバルのバレンシアからDFヴェソをレンタル

レバンテは29日、バレンシアからポルトガル人DFルベン・ヴェソ(24)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 母国のヴィトーリア・セツバルでキャリアをスタートしたヴェソは2013年にバレンシアに完全移籍。2016-17シーズンにグラナダへのレンタルを経験したものの、バレンシアではセンターバックの右サイドバックのバックアッパーとして活躍。今季はここまで公式戦12試合に出場していた。 なお、バレンシアとの現行契約は今シーズン終了までとなっており、事実上の退団となった。 2019.01.30 23:45 Wed
twitterfacebook
thumb

攻撃陣躍動のセビージャがレバンテを5発粉砕! リーガ5戦ぶり白星《リーガエスパニョーラ》

セビージャは26日、リーガエスパニョーラ第21節でレバンテと対戦し、5-0で快勝した。 リーグ4試合勝ちのない4位セビージャ(勝ち点33)が、前節バジャドリーに2-0で勝利しリーグ6試合ぶりの白星飾った10位レバンテ(勝ち点26)をホームに迎えた一戦。セビージャは、2-0で勝利したミッドウィークのコパ・デル・レイ準々決勝バルセロナ戦1stレグから7名を入れ替え、サラビア、ヘスス・ナバスらに代えて、フランコ・バスケス、A・ビダルらを起用した。 開始早々から攻め込んでいくセビージャだが、12分にアクシデントが発生。3バックの一角を務めるセルジ・ゴメスが負傷によりプレー続行不可となり、メルカドを投入することに。 直後の13分、2トップ下のロチーナを中心とするレバンテがセビージャゴールを脅かす。ロチーナの浮き球のスルーパスを受けたホセ・モラレスがボックス左から頭で折り返し、中央のボアテングが頭から飛び込む。これはGKオイエルがパンチングで凌いだものの、間一髪の攻防となった。 その後も効率的に攻め込んでいくレバンテを前に、セビージャはなかなかチャンスを作り出すことができない。26分には右サイドから中央にカットインしたフランコ・バスケスが左足のミドルシュートを狙ったが、GKオイエルが難なくキャッチした。 試合は、セビージャの本拠地サンチェス・ピスファンに詰めかけた観客のボルテージが高まるにつれて、次第に肉弾戦の様相を呈し始める。ロケ・メサが気の利いたスペースに顔を出しながら攻め手を探るセビージャだったが、カウンター志向のレバンテの急所を突くことができない。 それでも前半終了間際の43分、セビージャにビッグチャンスが訪れる。ボックス手前左のロケ・メサが右足でグラウンダーのミドルシュートを放つと、ボールが右ポストに直撃。しかし、跳ね返りに詰めたアンドレ・シウバのシュートはミートできず。0-0のスコアで折り返しを迎える。 後半開始早々、セビージャが待望の瞬間を迎える。48分、ボックス手前で右サイドからのパスを受けたロケ・メサが2タッチでラストパスを供給すると、いち早くイェデルが反応。GKバシリクの股を抜くシュートで先制点を奪取した。 さらに60分、バネガから右サイドを駆け上がったプロメスにボールが渡り、精度の高いグラウンダーのクロスが供給される。ボックス内に走りこんでいたアンドレ・シウバが左足で合わせ、点差を広げていく。 その後もセビージャの勢いが止まらない。71分、途中出場のサラビアがボックス左でボールを受け、中央に折り返す。待ち構えていたフランコ・バスケスが冷静に流し込み、スコアを3-0とする。 大勢が決した後もセビージャの時間は続く。ボックス右で突破を試みたプロメスが途中出場のジェイソンに倒され、PKを獲得。これをサラビアが沈めてさらに突き放す。そして、試合終了間際にロケ・メサが獲得したPKを蹴ったプロメスのシュートは一度GKオイエルに阻まれたものの、跳ね返りを自ら沈めて自身のリーガ初弾としたところで試合が終了。 この結果、5-0のスコアで快勝したセビージャは、リーグ5試合ぶりの白星を手にしている。 2019.01.26 22:55 Sat
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース