超WS選定! 2018年のJ1ベストイレブン2018.12.07 19:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽2018シーズンの明治安田生命J1リーグは川崎フロンターレの連覇が決まった一方で、ACL争いや残留争いは史上稀にみる大混戦に。今シーズンも様々なドラマが生まれ、幕を閉じた。▽今シーズンも毎節ベストイレブンを選出してきた超ワールドサッカー編集部は、20試合以上の出場数を選考基準に、年間を通じて最も印象的な活躍を披露した11名をセレクト。短評と共に紹介する。

◆超WS選定年間ベストイレブン(J1)
GKクォン・スンテ(34歳/鹿島アントラーズ)
成績:27試合
▽クリーンシート数は12回。昨年こそケガで苦しんだが、今年はタイトな日程の中で幾度となくチームの救世主となり、過去2度にわたるアジア制覇の経験を生かして、鹿島を初のACL優勝に導いた。頼れる守護神の力はかなり大きかった。

DFエウシーニョ(29歳/川崎フロンターレ)
成績:32試合/2得点
▽持ち前の攻撃センスと技術で後ろから幅広い攻撃を構築。今シーズンは守備の比重を高めることとなったが、支えるプレーによりチームは安定が保たれた。それでも機を見た神出鬼没なポジショニングでも脅威に。すでに退団が決定。連覇を成し遂げた魅力ある攻撃を彩る存在だった。

DF高橋祐治(25歳/サガン鳥栖)
成績:30試合/1得点
▽個人として大きく飛躍を遂げた1年だった。J1初挑戦だったが、第6節のセレッソ大阪戦をきっかけに先発の座を掴み取った。今シーズンはチームとして守勢に回る試合が多かったが、総失点数は「34」。GK権田修一の貢献度と共に、この男の台頭も大きかった。

DF谷口彰悟(27歳/川崎フロンターレ)
成績:34試合/3得点
▽2年連続フルタイム出場。ディフェンスリーダーとして守備面ではクリーンに相手を封じ、攻撃面でも高いビルドアップ能力で屈指の攻撃陣を後方からサポートし続けた。影のMVP。最少失点に抑え、連覇を成し遂げたのは昨シーズンよりも好守のクオリティを高めた彼の存在があってのこと。

DF山中亮輔(25歳/横浜F・マリノス)
成績:32試合/4得点
▽ポステコグルー監督による新戦術の下で覚醒。高精度なクロスと強烈なミドルシュートでキャリアハイの4ゴール8アシストという数字を叩き出し、売りの攻撃力を周囲に見せつけた。記憶に新しい代表デビュー弾もオーバーラップからの左足。来年への期待は高まるばかり。

MF家長昭博(32歳/川崎フロンターレ)
成績:32試合/6得点
▽連覇の立役者。昨シーズンはケガで出遅れたが、今シーズンは開幕から異彩を放ち続けた。巧さ、強さ、速さを存分に発揮して相手を翻弄すると、ゲームを冷静に見ては言葉でチームメイトを気遣った。誰も手を付けられず。献身性をも兼ね備えた天才はまさに無敵だった。

MF中村憲剛(38歳/川崎フロンターレ)
成績:33試合/6得点
▽フロンターレのバンディエラとして今年もフル稼働した。38歳の年齢に関わらず、リーグ戦欠場はわずか1試合。36歳でMVP、37歳で初優勝、38歳で連覇…。歳を重ねるごとに衰えるどころか、逆に司令塔としての凄みがより増している。

MFチャナティップ(25歳/北海道コンサドーレ札幌)
成績:30試合/8得点
▽来日2年目の今年は小柄を生かしたドリブルや足下の高い技術、シュート精度で、札幌史上最高位となる4位フィニッシュに導くと共に、個人としてもチーム内3位の8得点をマーク。1年を通じて、“タイのメッシ”と呼ばれる所以を示し続けた。

FWファン・ウィジョ(26歳/ガンバ大阪)
成績:27試合/16得点
▽クラブ記録の6戦連発をマークするなど、最終的に得点ランキング3位の16ゴール。今夏のアジア競技大会から復帰後、ストライカーとしてよりスケールアップを遂げ、MF今野泰幸や宮本恒靖監督と共にG大阪の残留劇を語る上で欠かせない選手に。

FWジョー(31歳/名古屋グランパス)
成績:33試合/24得点
▽ブラジル全国選手権のMVPや得点王、ベストイレブンに輝いた実績は伊達ではなかった。初挑戦のJリーグでも3度のハットトリックや7度の複数得点をマークするなど、元セレソンの能力を生かして大暴れ。シーズンを通じた存在感は規格外だった。

FW鈴木優磨(22歳/鹿島アントラーズ)
成績:32試合/11得点
▽11得点10アシストという数字が今シーズンの活躍ぶりを物語る。2015年のJリーグデビュー以来、ゴール前に飛び込む強気な姿勢が魅力だったが、お膳立て役にもなれる柔軟性も新たな武器に。その活躍により、11月に代表初選出。ACL初制覇も成し遂げ、実り多き1年に。

監督
ミハイロ・ペトロヴィッチ(61歳/北海道コンサドーレ札幌)
▽川崎フロンターレの鬼木達監督やガンバ大阪の宮本恒靖監督も光ったが、今年は北の大地を沸かせたミハイロ・ペトロヴィッチ監督を選出。晩年中位がやっとの札幌に攻撃的スタイルを浸透させ、クラブ最高位の4位に導いた手腕は見事。さらなる成熟に期待がかかる。
コメント
関連ニュース
thumb

代表初招集のMF橋本拳人、持ち味発揮に自信「ボールを奪いに行く部分は通用すると思う」《キリンチャレンジカップ》

日本代表は19日、今月の代表ウィークに向けたトレーニングを神奈川県内で行った。 ケガで離脱した川崎フロンターレのMF守田英正に代わり、追加招集で初めての日本代表を経験しているFC東京のMF橋本拳人は、合流初日のトレーニング終了後、インタビューに応対。強豪・コロンビア代表相手にも自身の持ち味が通用すると自信を見せている。 ◆MF橋本拳人(FC東京) ──代表初日を終えてみて 「まだ全員の選手とは話せていないです。経験のある選手であったり、今まで話したことない選手もいますし、刺激も受けています。明日からの練習でしっかりプレーで示していきたいと思っています」 ──連携の部分で特徴を出すためのイメージの共有について 「練習中に気になるプレーとか、自分の特徴を知って貰う上では、コミュニケーションが大事だと思います。まずは練習中から自分の良さを積極的に出して、練習以外のところでもコミュニケーションを取って擦り合わせていきたいと思っています」 ──同世代の選手も多いが 「下の世代も多いですし、リオデジャネイロ五輪に入ってた選手も多く、そこの選手たちに刺激を受けていたので、ここから勝負していきたいと思っています」 ──自信は 「まだ、練習をやっていないのでわからないですけど、今まで培ってきたものをしっかり出せれば、やれると思うので、そこに集中したいです」 ──コロンビア代表のイメージは 「身体能力が高い選手が揃っています。自分がどこまでやれるのか楽しみです。そういったところで負けないように頑張りたいと思います」 ──身体能力が高い選手に対してもボール奪取できるか 「そうですね。球際の部分であったり、相手より一歩早く動いて、ボールを奪いに行くというところは通用すると思っています。どれだけそれを出せるかが非常に大事になってくると思います」 2019.03.19 21:15 Tue
twitterfacebook
thumb

代表生き残りへの覚悟! MF山口蛍「最後のチャンスかもしれないという思いで来ました」《キリンチャレンジカップ》

日本代表は19日、今月行われるキリンチャレンジカップ2019に向けて神奈川県内でトレーニングを行った。 トレーニング終了後、MF山口蛍(ヴィッセル神戸)がメディア陣による取材に応対。森保一体制初招集となった山口は、代表への生き残りをかけて強い思いを口にした。 ◆MF山口蛍(ヴィッセル神戸) ──代表選出について 「驚きの方が大きいですけど、神戸でうまくやってた中での選出だったのですごく嬉しいです。(代表に呼ばれるのは)まだまだかなって思ってたので」 「ただ、アジアカップのメンバーが何人いないかっていうのもありますし、ケガでいないという中で選ばれていることも理解しています。もしかしたらこれが最後のチャンスかもしれないという思いで来ましたし、チャンスがあったらしっかりやりたいです」 ──神戸でのプレーが評価され、試される立場にいる状況について 「監督が森保さんになって、自分たちのプレーを見てくれていると思いますけど、今までと違ってゼロからのスタートだと思います。半年以上、森保さんに呼ばれていないので、ずっと呼ばれているメンバーとの差はあると思います。追いつくためには、今まで以上に必死になってやらないといけないなと思います」 ──今シーズンの神戸での手応え 「手応えというところまではまだいかないですけど、ボールを握るスタイルにチャレンジする中で、神戸は後ろからボールを蹴ることは本当にしません。キーパーから全部繋いでいくスタイルで、自分はボランチという位置で、一役買っているところもあります」 「神戸もうまくできていないところもたくさんあり、もっとそういった部分をやっていかなくてはいけないなと思います。セレッソ大阪にいた時は、そういうプレーをあまりしていなかったなと自分の感覚でもあります。セレッソでのプレーをみせて呼ばれたということはないと思います」 ──世界的なプレーヤーと一緒にやってみて違ったものが見られたりするか 「違ったものが見れるというレベルの選手ではないです。明らかに今までいた選手たちと全然違いますし、自分たちが貰う刺激もあります。日頃のプレー1つ1つから驚かされることばかりです」 「そういった選手たちと常日頃から出来るというのは、すごくプラスでもありますし、自分としては迷った決断でしたけど、今はこういって代表にも呼んで貰えましたし、すごくいい決断だったと思います」 2019.03.19 20:50 Tue
twitterfacebook
thumb

今後の成長の糧に! DF畠中槙之輔「どれだけ良いものをチームに持って帰れるか」《キリンチャレンジカップ》

日本代表は19日、今月の代表ウィークに向けたトレーニングを神奈川県内で行った。 初の選出となっている横浜F・マリノスDF畠中槙之輔は、2日目にして徐々に代表に馴染み始めているようだ。また、今回の代表活動を成長の糧とすることを志している。 ◆DF畠中槙之輔(横浜F・マリノス) ──代表の雰囲気には馴染めたか 「2日目ですけど、だいぶ色々な選手と話が出来てます」 ──宿舎での生活はどうか 「宿舎は一人部屋なので、自分の時間が多いです。安西幸輝とかと色々な話をしてます」 ──東京ヴェルディの下部組織出身が多いが 「いえ、ヴェルディユースとは言っても結構前の話なので、久々に会う(中島)翔哉君とかは…。(小林)祐希君に関しては、そんなに今まで深く関わったことが無かったので緊張していましたが、凄く話しやすくて心強いです」 ──今シーズン含め代表合宿に参加するまでを振り返って思う所はあるか 「この代表活動でどれだけ良いものをチームに持って帰れるか。チームのレベルもこれから上がっていくと思うので、しっかり責任を持ってやっていきたいと思います」 ──初招集のタイミングについて 「自分が思ったよりも正直早かったですし、このタイミングで呼ばれたことは凄く嬉しかったです。ここまでの努力が間違っていなかったということだと思うので、吸収出来る所は吸収して、やりたいと思います」 2019.03.19 20:04 Tue
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ出場停止情報】鳥栖、高橋祐治が代表ウィーク明けの横浜FM戦出停

Jリーグは18日、明治安田生命J1リーグ第5節、J2リーグ第5節、J3リーグ第3節の出場停止選手を発表した。 J1リーグはサガン鳥栖のDF高橋祐治のみ。高橋は17日にホームで行われた明治安田生命J1リーグ第4節のジュビロ磐田戦で2度の警告を受け、退場処分を受けた。今回の処分により、1試合停止が決まったため、29日に敵地で行われる横浜F・マリノス戦に出場できない。処分対象の各選手は以下のとおり。 【明治安田生命J1リーグ】 <span style="font-weight:700;">DF高橋祐治</span>(サガン鳥栖) 明治安田生命J1リーグ第5節 vs横浜F・マリノス(3/29) 今回の停止:1試合停止 【明治安田生命J2リーグ】 <span style="font-weight:700;">MFヒシャルジソン</span>(柏レイソル) 明治安田生命J2リーグ第5節 vsファジアーノ岡山(3/23) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF井上裕大</span>(FC町田ゼルビア) 明治安田生命J2リーグ第5節 vs鹿児島ユナイテッドFC(3/24) 今回の停止:1試合停止 【明治安田生命J3リーグ】 <span style="font-weight:700;">MF小谷光毅</span>(ブラウブリッツ秋田) 明治安田生命J3リーグ第3節 vsいわてグルージャ盛岡(3/24) 今回の停止:1試合停止 2019.03.18 20:55 Mon
twitterfacebook
thumb

代表でもレギュラーを! G大阪主将の三浦弦太、アピール誓う《キリンチャレンジカップ》

日本代表は18日、神奈川県内で今月の代表ウィークに向け、始動した。 森保一体制から継続的に招集を受ける1人であるガンバ大阪のDF三浦弦太。不動の位置を確立している所属クラブでの状況と打って変わり、いまだ勝ち取れずにいる代表でのレギュラーポジション奪取に向けて、意気込みを語った。 ◆三浦弦太(ガンバ大阪) ──代表だとセンターバックでプレーする見込みか 「いや、まだそういう話はないです。でも、そのつもりでいます」 ──右サイドバックでプレーしたことで新たに見えてきたことは 「サイドバックとして、どういうタイミングでパスをもらえたら受けやすいとか、どのタイミングでカバーしてほしいとか、また違った見え方がありました。本職ではないですけど、良い経験になりました」 ──この2試合、個人のテーマとは 「なかなか日本で対戦できない南米の相手にマッチアップしたときに負けないところだったり、DFとしてはそういう対応が楽しみですし、そこで良いプレーができればアピールになると思っています」 2019.03.18 20:32 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース