超ワールドサッカー

ハメスの不満、再び爆発か2018.11.09 11:40 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドイツ『ビルト』は、バイエルンに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)の不満がまたしても爆発したと報じた。

▽昨夏に2年間のレンタルでレアル・マドリーからバイエルン入りしたハメス。ニコ・コバチ体制発足の今シーズンもここまで公式戦11試合3得点2アシストの成績を収めているが、出番のない試合も少なくない。

▽そのハメスを巡っては、以前からニコ・コバチ監督のローテーションによるチーム管理に不満を示しているとみられ、ある試合後の更衣室で「ここはフランクフルトじゃない」と怒りをぶちまけたとされる。

▽その中、ブンデスリーガ第9節のマインツ戦でもハメスの怒りが最高潮に。出番なしに終わった試合後、スポーツディレクターのハサン・サリハミジッチ氏との握手を拒み、「あなたは間違っている」と吐き捨てたという。

▽2年間のレンタル期間満了となる今シーズン終了後にも4200万ユーロ(約54億3000万円)の買取オプションを行使する意向のバイエルン。果たして、ハメスの去就はどのような結末を迎えるのだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

バイエルンがラムジー獲得を“確信”か

▽イギリス『インデペンデント』は、アーセナルに所属するウェールズ代表MFアーロン・ラムジー(27)のバイエルン移籍を報じた。 ▽アーセナルとの契約が今シーズンで最終年のラムジー。先日に延長交渉の決裂が明らかになり、今後の去就により注目が集まっている。現在、リバプールやチェルシーのほか、イタリア方面の関心が取り沙汰されているが、現時点の行き先はドイツの様相だ。 ▽その有力な移籍先として名前が挙がるのがバイエルンだ。既に話し合いの中で長期契約での来夏加入でまとまり、バイエルンも争奪戦勝利の確信を深めているという。 ▽ラムジーは2008年夏からアーセナルでプレー。公式戦通算347試合60得点61アシストを誇り、ウナイ・エメリ体制発足の今シーズンもここまで16試合1得点4アシストをマークしている。 2018.11.16 09:20 Fri
twitterfacebook
thumb

バイエルン、ハメスの買い取りオプション行使なしか…代わりに狙うのは国内ライバルの新星

バイエルン・ミュンヘンはコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスの買い取りオプションを行使しない可能性が高まっているようだ。ドイツ誌『キッカー』が報じた。<br><br>ハメスは昨夏、レアル・マドリーから2年のレンタルで加入。チャンピオンズリーグ準決勝で得点するなどビッグマッチで勝負強さを見せ、中心選手としてブンデスリーガ6連覇に貢献した。しかし、今季はニコ・コバチ監督の下で出場機会が減少し、昨季ほど絶対的な存在感を発揮できていない。<br><br>ハメスのレンタルには4200万ユーロ(約54億円)の買い取りオプションが存在すると、かねてより伝えられているが、『キッカー』は「行使されそうにない」と断言。来夏には、ハメスがマドリーへと帰ることになると予想している。<br><br>一方、バイエルンはハメスの完全移籍を取りやめ、生まれた資金で今季頭角を現しているフランクフルトのFWルカ・ヨヴィッチ獲得に乗り出すようだ。20歳のヨヴィッチは今季、1試合5得点を記録するなどブレイク中。リーグ戦9得点を挙げて得点ランキングの首位を走っている。<br><br>先日、練習中のケガによって今年の欠場が決定的となったハメス。来シーズンはブンデスリーガで見ることは難しくなったのかもしれない。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.11.16 07:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ライバルに敗れるも...ヴァーグナー「バイエルンが圧倒的ベストチームだ」

バイエルンのFWサンドロ・ワグナーは、不調に陥るチーム状況の中でも「絶対に優勝する」と意欲を語った。<br><br>ブンデスリーガ6連覇中の強豪バイエルンだが、今季は第11節終了時点で首位ドルトムントと7ポイント差の5位に沈んでいる。11日のドルトムント戦に2-3で敗れ、チーム状態が良好とは言えない状況だ。しかし、そんな中でもワグナーは圧倒的戦力を誇るバイエルンは優勝が至上命題だと語った。<br><br>「順位表を見た時は気が狂ったかと思ったよ。僕らが5位だ。バイエルンに期待されるような順位じゃない。僕たちは今年も王者にならないといけないんだ。優勝以外は失望しかない。ドイツで僕たちは圧倒的ベストチームだからね」<br><br>「もちろん、ドルトムントはここ数試合いいゲームをしてきた。しかし、僕たちのほうがいいチームだ。だから、選手全員がチャンピオンになるという信念を持たないといけない。これがチーム再構築の時期だとか言うのは的外れだ。絶対に優勝する」<br><br>ワグナーはリーグ戦で4試合に出場していまだ無得点。自身のゴールでチームを救うことができるのだろうか。バイエルンは次節24日、17位・デュッセルドルフと対戦する。<br><br><br>提供:goal.com 2018.11.15 20:20 Thu
twitterfacebook
thumb

キングスレー・コマンが不調バイエルンに提唱「若返りが必要」

▽バイエルンのフランス代表FWキングスレー・コマン(22)が、クラブは若返りが必要であることを説いている。フランス『レキップ』が伝えている。 ▽現在ブンデスリーガ6連覇中のバイエルンだが、主将のGKマヌエル・ノイアー(32)を筆頭に、DFジェローム・ボアテング(30)、MFハビ・マルティネス(30)、FWフランク・リベリ(35)、FWアリエン・ロッベン(34)、FWロベルト・レヴァンドフスキ(30)ら主力は軒並み30歳を超え、チーム全体の老化が進んでいる。さらに、DFマッツ・フンメルス(29)も来月30歳を迎え、FWトーマス・ミュラーもすでに29歳。明らかに世代交代が必要な時期に迫られている。 ▽一方で、コマンをはじめとする若手で今季のリーグ戦10試合以上に出場している選手には、DFニクラス・ジューレ(23)やDFヨシュア・キミッヒ(23)、FWセルジュ・ニャブリ(23)のほか、現在はヒザのケガで離脱中のMFコランタン・トリッソ(24)もいるが、コマンは、バイエルンが現在5位に甘んじていることや、10日に行われたブンデスリーガ第11節のドルトムント戦に敗れた原因はチームの老朽化にあると指摘している。 「僕たちは非常に良いチームを持っているけど、少し老化が進んでいる。選手が出て行った場合に備えて、新しい選手を獲得するべきだ」 ▽このように提言するコマンは現在左足首のケガで離脱中。伝えられるところによると、12月初めのブンデスリーガ第13節のブレーメン戦での復帰を目指しているとのことだ。 2018.11.15 15:02 Thu
twitterfacebook
thumb

TV解説者に暴行を働いたリベリが謝罪

▽10日に行われたブンデスリーガ第11節のドルトムント戦後にTV解説者に暴行を働いたバイエルンの元フランス代表FWフランク・リベリ(35)が、この度謝罪し解決に向かったようだ。ドイツ『キッカー』が伝えている。 ▽リベリは2-3で敗戦したドルトムント戦後に『beIN Sports』で解説者を務め、ドイツ生まれでサンテチェンヌやフライブルクでプレーした経験を持つフランス人DFのパトリック・ギユー氏(48)と激しい口論となり、顔面を平手打ちし胸を突くなど暴行を働いた。以前から両者は知り合いだったものの、リベリはギユー氏が中継中に「リベリはあまりに疲れていて役立たずだ」という発言を妻から伝え聞き、この発言をキッカケに前述の口論、暴力行為に発展したようだ。 ▽この件について、バイエルンのハサン・サリハミジッチSD(スポーツ・ディレクター)も認めており、「パトリック・ギユー氏と今回の問題を解決するため、将来的な話し合いを行う」とコメントしていた。 ▽そして、今回伝えられるところによると、リベリはバイエルンのウリ・ヘーネス会長とサリハミジッチSD同席の下、ギユー氏に謝罪。『AFP通信』によれば、ギユー氏は詳細は明らかにしなかったものの、「今日はバイエルンと良い話し合いが出来た」という。 ▽だが、今回の件で、リベリにはバイエルンから何らかの処罰が与えられる可能性もあるようだ。 2018.11.15 14:34 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース