元鹿島のカイオにポルト移籍の可能性が浮上2018.10.12 13:25 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元鹿島アントラーズで現在はUAEのアル・アインでプレーするブラジル人MFカイオ(24)にポルト移籍の噂が浮上している。ポルトガル『zerozero』が伝えた。

▽ポルトは現在ポルトガルリーグで5勝2敗で3位に位置。しかし最近、ここまでリーグ戦6試合4ゴール1アシストを記録していたカメルーン代表FWヴァンサン・アブバカルが左ヒザ前十字じん帯を断裂したことで攻撃力の低下が心配されており、冬の移籍市場で新たなアタッカーの獲得を検討しているようだ。そこで注目しているのが、カイオだという。

▽カイオは2014年に鹿島に加入。2シーズン半プレーした後、2016年7月にアル・アインに移籍した。今シーズンはここまでリーグ戦4試合2ゴール3アシストを記録している。

▽アル・アインとの契約が今シーズン限りまでとなっているカイオ。ポルトからの関心については、「どんなプレーヤーもビッグクラブでプレーしたいと思うもの。それは僕も同じだ。確かにポルトからの噂は耳にしている。ただ、これを解決するのは代理人だよ」とコメントしている。
コメント
関連ニュース
thumb

【CLグループD総括】経験値で上回ったポルトが首位通過、長友奮闘もガラタサライはELへ

▽ビッグクラブ不在の今大会最も地味なグループを突破したのはチャンピオンズリーグ(CL)常連のポルトと、4季ぶり出場のシャルケとなった。DF長友佑都の所属するガラタサライは及ばず、ヨーロッパリーグ(EL)に回ることとなった。 ■グループD順位表■ [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.ポルト[16/5/1/0/9] 2.シャルケ[11/3/2/1/2] 3.ガラタサライ[4/1/1/4/-3] 4.ロコモティフ・モスクワ[3/1/0/5/-8] ◆3季連続ベスト16~ポルト~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181212_45_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽8季連続出場とグループ内で最もCLの経験値が高いポルトが1試合を残して首位通過を果たす貫禄を見せた。2季連続決勝トーナメント進出を果たしていたポルトガル王者は、初戦のシャルケ戦こそ引き分けたものの、その後は5連勝と格の違いを見せ付けた。守護神カシージャスを軸とした堅実な守備をベースに、エースFWのマレガがコンスタントに得点を重ね、安定した戦いを続けた。 ◆青年指揮官が初挑戦で突破~シャルケ~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181212_45_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽33歳の青年指揮官であるテデスコ監督がCL初挑戦で結果を残した。ブンデスリーガではCLの影響もあって躓いているが、ライバルと目されたガラタサライとロコモティフ・モスクワ相手にしっかりと勝ち越し、1試合を残して2位通過を決めた。ポルト同様、テデスコ監督が植え付けた堅実な守備をベースとした安定した戦いでポルトに次ぐ2位の座を勝ち取った。 ◆長友奮闘も及ばず~ガラタサライ~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181212_45_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽トルコ王者はシャルケとの実力差は僅かだったように思うが、ストライカー、センターバックの質の差で及ばなかった。得点源のFWデルディヨクは1ゴールに終わり、守備面でもセンターバックが脆さを見せてしまった。その中で左サイドバックのレギュラーとして奮闘したDF長友は肺気胸により1試合を欠場したが、及第点のプレーを披露。ベテランとしてチームを支える働きを見せた。 ◆見せ場なかったロシア王者~ロコモティフ・モスクワ~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181212_45_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽14年ぶりにロシア王者となって15季ぶりにCL出場を果たしたロコモティフだったが、やはり厳しい戦いを強いられた。MFクリホヴィアク、DFヘヴェデスと実力者を補強したものの、彼らによって守備が強化されることはなく、ポルトとの連戦で大敗してしまった。第5節シャルケ戦でようやく初勝利を挙げたが時既に遅く、見せ場を作れなかった。 2018.12.14 10:01 Fri
twitterfacebook
thumb

若きセレソンDFミリトン争奪戦にチェルシーも参戦か

▽チェルシーが、ポルトに所属するブラジル代表DFエデル・ミリトン(20)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽サンパウロ下部組織出身のミリトンは、2017年1月にトップチームに昇格し、プロ1年目から公式戦37試合3ゴール1アシストを記録。センターバックを本職としながら、昨シーズンは右サイドバックを主戦場とし、守備的MFでもプレーした守備のマルチロールだ。今シーズンから名門ポルトに5年契約で引き抜かれ、ここまで公式戦15試合に出場している。 ▽今回の報道によると、マンチェスター・ユナイテッド、エバートン、ユベントスが興味を示している中、チェルシーもミリトン獲得を画策。チェルシーは、ミリトン獲得に向けて、ライバルクラブよりも早い来年1月のオペレーションを検討しているようだ。また、チェルシーに所属するDFダビド・ルイスとMFウィリアン、そしてミリトンのエージェントが同一であることも、記事は伝えている。 ▽ポルト側は720万ポンド(約10億円)以上の移籍金でミリトンを売却しようとしている模様。ミリトン移籍時にはサンパウロに10%の手数料を払う契約となっているため、獲得時の費用も含めて黒字となることを期待しているようだ。 2018.12.04 15:29 Tue
twitterfacebook
thumb

長友2カ月ぶり出場もガラタサライはロコモティフに敗戦…グループDはシャルケとポルトが突破《CL》

▽長友佑都が所属するガラタサライは28日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループD第5節で、ロコモティフ・モスクワとアウェイで対戦し、0-2で敗れた。 ▽ここまでのリーグ戦1勝1分け2敗で3位に位置しているガラタサライ。負ければグループステージ敗退が決まる中、長友がおよそ2カ月ぶりに出場。先発に名を連ねた。そのほか、ムスレラやP・エンディアイエ、オニェクルらがスタメンに起用された。 ▽まずは4分、ロコモティフ・モスクワのワントップに入ったスモロフがボックス左の深い位置から左ポスト直撃のシュートを放つ。対するガラタサライは6分、左サイドの長友がゴール前にクロスを上げるも相手DFのクリアに遭う。 ▽その後はしばらく膠着状態が続く。互いに中盤のクオリティが出せない試合は、取っては奪われ奪われては取り返しての拮抗した展開に。そんな中、ゴールに迫ったのはガラタサライ。22分に右サイドからのグラウンダーのクロスをオニェクルがダイレクトシュート。これは相手にブロックされてしまうものの、直後にデルディヨクもシュートに持ち込んだ。 ▽するとロコモティフも24分にファルファンがボックス中央からシュートを放つなど、氷点下10度の凍えるピッチに徐々に熱がこもっていく。30分を過ぎた頃、エンジンが温まり始めたガラタサライはG・ロドリゲスがボックスの外からトライ。 ▽しかし、試合を動かしたのはホームのロコモティフだった。43分、長友のサイドを突破したファルファンのクロスをクリホヴィアクが左足でシュート。これがドングに当たってコースが変わり、GKムスレラの逆を突く形でゴールに吸い込まれた。 ▽迎えた後半、1点ビハインドのガラタサライはさらに厳しい状況に追い込まれてしまう。54分、前半の失点同様、再び左サイドを崩されボックス左のスモロフにボールが入ると、そのパスを受けたイグナティエフにゴール前でチェックを躱されゴールを許してしまった。 ▽その後は、交代策を講じて打開を試みるも、ガラタサライに反撃の力は残っておらずそのまま試合終了。ガラタサライのグループステージ敗退が決まった。 ▽グループDもう一試合、ポルトvsシャルケは3-1でポルトが勝利した。 ▽すでに決勝トーナメント進出が決まっている両者の一戦は、前半はポルトが優勢に試合を進めていたもののゴールレスで折り返した。後半に入り、ポルトは一気に攻勢を強めた。 ▽まずは52分、左CKをファーサイドで受けたオリベル・トーレスのクロスをミリトンが頭で合わせ先制。さらにその3分後、今度は右サイドからブラヒミとのワンツーでボックス右に侵入したヘスス・コロナがGKを躱すチップキックで追加点。 ▽その後もシャルケに反撃の隙を与えないポルトだったが、迎えた88分、右サイドから上がったクロスをシャルケのルディがトラップしようとした際に、ボールがオリベル・トーレスの手に当たってPKを献上。ベンタレブに1点を返される。 ▽しかし後半アディショナルタイムに、ポルトはマレガがトドメの1発を決めて試合終了。3-1でポルトが勝利した。 ▽この結果、グループDは最終節を残してポルトの首位通過およびシャルケの2位突破が決定。CL敗退が決まったガラタサライは最終節でポルトと対戦する。 2018.11.29 07:47 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ポルト期待の若手ブラジル代表CBに熱視線か

▽マンチェスター・ユナイテッドが、ポルトに所属するブラジル代表DFエデル・ミリトン(20)の獲得に興味を示してようだ。ポルトガル『レコード』の情報を基にイギリス『メトロ』が報じている。 ▽センターバックの獲得を目指すユナイテッドは、今夏にレスターのイングランド代表DFハリー・マグワイア(25)やトッテナムのベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルト(29)の確保に動いたが、獲得には至らず。そのため、ジョゼ・モウリーニョ監督は今冬の移籍市場でのCBの獲得を目指している。 ▽ユナイテッドは、ナポリのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(27)をトップターゲットにしているが、クラブは今夏の時点でことごとくトップレベルのセンターバックの獲得に失敗している。今冬も失敗が続くことを危惧したモウリーニョ監督は、より若いミリトンの獲得も視野に入れているという。 ▽サンパウロ下部組織出身のミリトンは、2017年1月にトップチームに昇格し、プロ1年目から公式戦37試合3ゴール1アシストを記録。センターバックを本職としながら、昨シーズンは右サイドバックを主戦場とし、守備的MFでもプレーした守備のマルチロールだ。 ▽今シーズンから、名門ポルトに移籍金400万ユーロ(約5億円)の5年契約で引き抜かれると、公式戦13試合に出場し、プリメイラリーガ首位キープに貢献。また、今月1日に発表された、ゴールデンボーイ賞の最終候補者20名にも選出されている。 2018.11.28 19:54 Wed
twitterfacebook
thumb

モウリーニョがカシージャスに反論「彼は秘密裏に立ち向かった」

▽マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、ポルトに所属する元スペイン代表GKイケル・カシージャスに反論している。スペイン『アス』が伝えた。 ▽1999年にレアル・マドリーでトップチームデビューを飾ったカシージャスは、2015年夏まで同クラブに所属。しかし、2012年には当時指揮を執っていたモウリーニョ監督との確執が伝えられ、守護神の座を追われることに。2013年夏に同監督が退任した後も、完全にポジションを奪い戻すことはできず、2015年夏にポルトに活躍の場を移した。 ▽先日、スペインTV『ヴァモス』のインタビューに答えたカシージャスは、マドリー退団時を回想。「もしあのままマドリーに居続けたら、もっと悪いことになっていたと思う」、「僕は勇気を出してモウリーニョに立ち向かうべきだった」などとコメントしていた。 ▽これについて聞かれたモウリーニョ監督は、以下のように返している。 「このタイプのインタビューは誰かがキャリアを終える時の典型的なものだ」 「彼は私に立ち向かわなかったと言っていたが、こちらとしてはそれは真実ではない」 「彼は私に立ち向かったし、それは誰よりも上手く秘密裏に行った」 2018.11.24 21:05 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース