シルク・ドゥ・ソレイユがメッシの半生を基にしたショーの制作を発表!2019年公演予定2018.10.11 22:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽世界的エンターテイメント集団『シルク・ドゥ・ソレイユ』が、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの半生を基にしたショーを製作することを発表した。スペイン『アス』が伝えている。▽1984年にカナダで設立されたシルク・ドゥ・ソレイユ。今ではアメリカを中心に日本や中国などでもショーが開かれ、世界から注目を集めているエンターテイメント集団だ。

▽今回の発表に際し、メッシは自身のインスタグラムで「シルク・ドゥ・ソレイユとパートナーシップを結ぶことが出来て光栄だ。2019年、僕の人生やフットボールへの情熱を基にした全く新しいショーが誕生するよ」とコメント。さらに「クレイジーでインクレディブルだ。シルク・ドゥ・ソレイユは家族のお気に入りなんだ。いつもそうであるように、このショーが世界中の人々を驚かせることは間違いないよ」と興奮を露わに。

▽また、シルク・ドゥ・ソレイユは公式サイトで「レオ・メッシとポップアート・ミュージックと共同してこれまでにないショーを製作します。我々は本当に感動しています。このショーは信じられない才能と、偉業を成し遂げたフットボールの生ける伝説からインスピレーションを受けて描かれるものです」と説明している。

▽これまで、シルク・ドゥ・ソレイユではマイケル・ジャクソンやビートルズを題材にしたショーが演じられたことはあるものの、スポーツ選手にフィーチャーしたのは今回が初めて。ポップアート・ミュージックの共同創立者であるセルヒオ・ラヴィ氏は「メッシがフットボールでそうしてきたように、このショーもすべての記録を打ち破るだろう」と強気のコメントを残した。

▽2019年に公開予定となっているが、そのほかのの詳細は明らかにされていない。
コメント
関連ニュース
thumb

ネイマール父、バルサ復帰の可能性に再び釘「彼はパリでとても幸せ」

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマール(27)の代理人を務める父が、同選手のスペイン復帰の可能性がないと再び釘を刺した。スペイン『アス』が伝えている。 2017年夏、史上最高額の移籍金2億2200万ユーロ(約277億円)でバルセロナからPSGに移ったネイマール。新天地フランスでも抜群の攻撃性能を発揮し続けているが、世紀の移籍から間もなくしてバルセロナ復帰説がたびたび取り沙汰され、落ち着かない日々が続いている。 年明け以降、ネイマールがバルサ復帰を懇願していることや、代理人を務める父がバルセロナ会長のジョゼップ・マリア・バルトメウ氏と5度も接触を図ったなど、様々な報道がスペインメディアに伝えられていた。それでも1月の段階で、ネイマール父が自身のインスタグラム(neymarpai_)で『フェイクニュース』のレッテルを貼り付けた記事画像を投稿して、事実無根を主張していた。 そして今回、ネイマールの父は再び同選手の退団の可能性を否定。現時点でPSGでプレーし続けることを主張している。 「ケガをしていることは別として、彼はパリでとても幸せだ」 「ネイマールについて話すのは、彼と私の2人だけだ。そのことについて話したことはない。バルセロナ復帰について我々から何か話を聞いた者はいるかい?」 「彼のような選手が噂でチームを去ることなどありえない。そもそもバルセロナからの接触がない。間違いだよ」 「今、そしてこれからも彼はパリにいる。サッカーは何が起きるか分からないから、将来について話すのは難しいけどね」 2019.02.18 15:15 Mon
twitterfacebook
thumb

バルセロナがリヨン戦に臨む招集メンバーを発表!古巣対戦のユムティティがメンバー入り《CL》

バルセロナは17日、19日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグのリヨン戦に向けた招集メンバー21名を発表した。 ホームで行われる一戦に向け、エルネスト・バルベルデ監督は、FWリオネル・メッシやFWルイス・スアレス、MFセルヒオ・ブスケッツDFジェラール・ピケなど主力を順当に選出した。さらに決勝トーナメントから登録メンバー入りした新加入のFWケヴィン=プリンス・ボアテングや古巣対戦となる負傷明けのDFサミュエル・ユムティティもメンバー入りした。 その一方で、ケガで離脱が続いているGKイェスパー・シレッセンとMFアルトゥールは引き続き招集外となった。今回発表されたメンバーは以下の通り。 ◆バルセロナ招集メンバー <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">マーク=アンドレ・テア・シュテーゲン</span> <span style="font-weight:700;">イグナシオ・ペーニャ</span> <span style="font-weight:700;">ホキン・エスキエタ</span> <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ネウソン・セメド</span> <span style="font-weight:700;">ジェラール・ピケ</span> <span style="font-weight:700;">クレマン・ラングレ</span> <span style="font-weight:700;">ジェイソン・ムリージョ</span> <span style="font-weight:700;">ジョルディ・アルバ</span> <span style="font-weight:700;">セルジ・ロベルト</span> <span style="font-weight:700;">サミュエル・ユムティティ</span> <span style="font-weight:700;">ムサ・ワゲ</span> <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">イバン・ラキティッチ</span> <span style="font-weight:700;">セルヒオ・ブスケッツ</span> <span style="font-weight:700;">フィリペ・コウチーニョ</span> <span style="font-weight:700;">ウスマーヌ・デンベレ</span> <span style="font-weight:700;">アルトゥーロ・ビダル</span> <span style="font-weight:700;">カルレス・アレーニャ</span> <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">ルイス・スアレス</span> <span style="font-weight:700;">リオネル・メッシ</span> <span style="font-weight:700;">マウコム</span> <span style="font-weight:700;">ケヴィン=プリンス・ボアテング</span> 2019.02.18 00:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ラキティッチの去就は今夏まで保留?

バルセロナに所属するクロアチア代表MFイバン・ラキティッチ(30)の将来は、夏まで決定が待たれることになりそうだ。スペイン『マルカ』が報じた。 バルセロナとの契約が2021年までに迫っているラキティッチ。今シーズンも公式戦35試合に出場している重要選手だが、チェルシーやインテル、パリ・サンジェルマン(PSG)などからの関心が伝えられており、その去就には注目が集まっている。 しかし、今回の『マルカ』によると、ラキティッチに決断を急ぐ気は無く、契約を延長するとしても今年6月に予定されているミーティングまで動きは無いとのこと。また、クラブ側もシーズン途中の契約更新を目指しておらず。それを選手側も把握済みだという。 昨年の夏にPSGからの接触があった際、バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長は条件の改善を約束し、ラキティッチを慰留。しかし、2017年3月に4年間延長された現行契約はこのタイミングでの同選手の給与増額を見込んでおらず、チーム全体の給与支出との兼ね合いでタイミングを計る必要が生じている。そういった背景から、夏のウィンドウで調整を行うことを踏まえ、選手とクラブ双方が6月の交渉を目指しているようだ。 とはいえ、バルセロナは先日にエルネスト・バルベルデ監督との契約を1年間延長。夏加入内定のアヤックスMFフレンキー・デ・ヨングなど新戦力の到着に煽られ、出番が限定される可能性も危惧されるラキティッチだが、バルベルデ監督は同選手を重宝しており、延長に向けてプラスに働きそうだ。 また、ラキティッチの代理人であるアルトゥーロ・カナレス氏は先日、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューで「イバンが夏にスペインから去るのは不可能なシナリオ」とコメント。駆け引きの可能性も否定できないが、バルセロナとの契約延長に向かっていることを仄めかしていた。 2019.02.17 14:35 Sun
twitterfacebook
thumb

ピケがリーガ300試合出場達成! バルサDFでは3人目

バルセロナに所属する元スペイン代表DFジェラール・ピケのリーガエスパニョーラ出場試合が300試合に到達した。 ピケは16日に行われたリーガエスパニョーラ第24節のバジャドリー戦に先発出場。『Opta』によれば、これでリーガ通算300試合出場となったようだ。 また、バルセロナのDFでリーガ300試合以上に出場したのは、カルロス・プジョル氏(392試合)と、ミゲリ氏(391試合)に続いて3人目の快挙だ。 2019.02.17 06:45 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサ、古巣対戦GKマシプに大苦戦も公式戦4戦ぶり白星! メッシが前人未到の11年連続30得点!《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第24節、バルセロナvsバジャドリーのが16日にカンプ・ノで行われ、ホームのバルセロナが1-0で勝利した。 前節、アスレティック・ビルバオ相手に今季初のリーグ戦無得点でドローに終わった首位のバルセロナは公式戦3戦連続ドローとやや調子が下降気味。来週ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)のリヨン戦を控える中で行われる今節は15位のバジャドリーをホームで迎え撃った。 直近のビルバオ戦からは先発5人を変更。ネウソン・セメドに代わって出場停止明けのジョルディ・アルバが戻ったほか、ラングレ、ラキティッチ、コウチーニョ、スアレスに代わってヴェルメーレン、アレーニャ、デンベレ、バルセロナでのリーガデビューとなるケビン=プリンス・ボアテングが起用された。なお、ピケはこの試合でバルセロナでのリーガ通算300試合出場を達成した。 立ち上がりからボールを保持してメッシとデンベレの両ウイングの仕掛けを軸に攻撃を展開していくバルセロナ。しかし、ハイプレスとリトリートを織り交ぜながらソリッドな守備を構築するバジャドリーの堅守を前になかなかアタッキングサードを打開できず。 メッシが幾度か得意のラストパスでチャンスを演出しかけるが、なかなか周囲との呼吸が合わない。 前半半ばから終盤にかけても試合展開に大きな変化はなし。守備の局面こそ無難に相手のカウンターに対処するホームチームだが、攻撃の局面では最前線のボアテングの存在感のなさやインテリオールからの配球の問題もあり効果的な仕掛けは皆無。 それでも、前半終了間際の43分にはカウンターから前線に攻め上がっていたピケがボックス内でミチェルに倒されてPKを獲得。これをキッカーのメッシが冷静に決めて苦しみながらも最高の時間帯にリードを奪った。なお、メッシにとってこのゴールは11年連続となるシーズン30ゴール目となった。 迎えた後半、立ち上がりから攻勢に転じるバルセロナは49分に左サイドのアルバからのクロスをゴール前に走り込んだメッシが左足で合わせるが、これは古巣対戦のGKマシプの好守に阻まれる。さらに、52分にはボアテングのスルーパスに抜け出したデンベレからのラストパスにメッシが反応もシュートを枠外に外す。 その後、ボックス内でのGKとの一対一を決め切れなかったボアテングを下げて60分にスアレスをピッチに送り込んだバルセロナは畳みかける攻撃を見せる。65分、メッシのスルーパスに抜け出したスアレスがボックス内でGKと一対一もマシプのセーブに遭う。このこぼれ球をデンベレが繫いでメッシがシュートも再びマシプにキャッチされた。 その後、デンベレに代えてコウチーニョ、アレーニャに代えてラキティッチと主力をピッチに送り込んで試合を終わらせにかかるバルセロナ。73分にはメッシの絶妙な右クロスをゴール左でフリーのスアレスが押し込みにかかるが、ここはうまくミートできない。 ピンチこそないものの試合を決め切れないバルセロナだったが、85分に絶好の追加点のチャンスを得る。ボックス内で仕掛けたコウチーニョがキコに倒されてPKを獲得。ここでメッシが再びキッカーを務めるが、ゴール右を狙ったシュートはGKマシプに完璧に読まれて痛恨の失敗。この跳ね返りを頭で押し込みにかかるも、これもキャッチされてしまった。 その後もカウンターからメッシ、スアレスと2点目のチャンスはあったものの、完全に乗ったマシプの牙城を最後まで破れず。ホームで辛勝のバルセロナは公式戦4戦ぶりの白星を手にしてCLリヨン戦に挑むことになった。 2019.02.17 06:39 Sun
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース