シルク・ドゥ・ソレイユがメッシの半生を基にしたショーの制作を発表!2019年公演予定2018.10.11 22:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽世界的エンターテイメント集団『シルク・ドゥ・ソレイユ』が、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの半生を基にしたショーを製作することを発表した。スペイン『アス』が伝えている。▽1984年にカナダで設立されたシルク・ドゥ・ソレイユ。今ではアメリカを中心に日本や中国などでもショーが開かれ、世界から注目を集めているエンターテイメント集団だ。

▽今回の発表に際し、メッシは自身のインスタグラムで「シルク・ドゥ・ソレイユとパートナーシップを結ぶことが出来て光栄だ。2019年、僕の人生やフットボールへの情熱を基にした全く新しいショーが誕生するよ」とコメント。さらに「クレイジーでインクレディブルだ。シルク・ドゥ・ソレイユは家族のお気に入りなんだ。いつもそうであるように、このショーが世界中の人々を驚かせることは間違いないよ」と興奮を露わに。

▽また、シルク・ドゥ・ソレイユは公式サイトで「レオ・メッシとポップアート・ミュージックと共同してこれまでにないショーを製作します。我々は本当に感動しています。このショーは信じられない才能と、偉業を成し遂げたフットボールの生ける伝説からインスピレーションを受けて描かれるものです」と説明している。

▽これまで、シルク・ドゥ・ソレイユではマイケル・ジャクソンやビートルズを題材にしたショーが演じられたことはあるものの、スポーツ選手にフィーチャーしたのは今回が初めて。ポップアート・ミュージックの共同創立者であるセルヒオ・ラヴィ氏は「メッシがフットボールでそうしてきたように、このショーもすべての記録を打ち破るだろう」と強気のコメントを残した。

▽2019年に公開予定となっているが、そのほかのの詳細は明らかにされていない。

コメント

関連ニュース

thumb

ミラノ・ダービーで負傷のナインゴラン、左足首の捻挫でCLバルサ戦の欠場が決定…

▽インテルは22日、ベルギー代表MFラジャ・ナインゴランが左足首を負傷したことを発表した。 ▽ナインゴランは、21日に行われたセリエA第9節のミラン戦(1-0でインテルが勝利)に先発。だが、30分にミランのアルゼンチン代表MFルーカス・ビリアとの交錯でプレーに復帰できず、そのままピッチを退いていた。 ▽インテルによれば、ナインゴランは22日の朝に検査を受診。この結果、左足首の捻挫と診断された。なお、詳細な離脱期間は明かされていないが、インテルは数週間後にナインゴランの再検査を行うと明かしている。 ▽ナインゴランは、今回のケガによって24日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)のバルセロナ戦を欠場することが決定した。 2018.10.23 00:00 Tue
twitterfacebook
thumb

バルセロナ会長「冬の補強は考えない。下部組織の選手を引き上げる余白残したい」

バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長は、冬の移籍市場で選手補強に動く考えないことを明らかにした。<br><br>スペイン『カタルーニャ・ラディオ』とのインタビューに応じたバルトメウ会長は、外部からの選手補強をできるだけ控えることを明言。その理由は、トップチームで存在感が薄れつつある下部組織出身選手の居場所を確保するためという。<br><br>「現時点では、1月の補強は何も予定していない。コーチ陣が反対のことを言わなければ、獲得はないね。今季のプロジェクトは、過去よりも少数のチームを形づくることにあった。下部組織の選手たちを引き上げる余白を残すためだ」<br><br>バルトメウ会長はまた、バルセロナ復帰を望んでいるとの噂があったパリ・サンジェルマンFWネイマールについても言及している。<br><br>「彼からの電話はなかった。彼は違うチームで未来を描くことを決め、契約解除金を支払い、パリへと去った。私たちにとって好ましい形ではなかった。彼が戻ってくる可能性があるとすれば、その決定は会長だけで下すのではなく、スポーツ部門全体に関わることとなる」<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.22 21:45 Mon
twitterfacebook
thumb

あなたの忘れられないクラシコは? 超WSが劇的マッチをピックアップ!

▽リーガエスパニョーラ第10節バルセロナvsレアル・マドリー、今シーズン初めての伝統の一戦“エル・クラシコ”が、10月28日(日)の24時15分にカンプ・ノウでキックオフを迎える。 ▽シーズンの成績に関係なく、両チームのファン・メディア・関係者を熱くする“クラシコ”に備え、本稿では過去のクラシコから両クラブにとって思い出深い一戦をそれぞれピックアップ。当時の状況を整理しつつ、脈々と続く因縁の一端を垣間見ていく。 ◆スペインの盟主はバルセロナ! 衝撃のマニータ 試合日:2010年11月29日 2010-11シーズン リーガエスパニョーラ第13節 会場:カンプ・ノウ バルセロナ 5-0 レアル・マドリー 【バルセロナ】 シャビ(前10) ペドロ(前18) ビジャ(後10) ビジャ(後13) ジェフレン(後46)※下記文中には、87分という表記となっております。 ◆バルセロナ出場メンバー[4-3-3] 監督:グアルディオラ GK:バルデス DF:ダニエウ・アウベス、ピケ、プジョル、アビダル MF:シャビ(後42分/セイドゥ・ケイタ)、ブスケッツ、イニエスタ FW:ペドロ(後42分/ジェフレン)、メッシ、ビジャ(後31分/ボージャン) ◆レアル・マドリー出場メンバー[4-2-3-1] 監督:モウリーニョ GK:カシージャス DF:セルヒオ・ラモス、ペペ、カルバリョ、マルセロ(後15分/アルベロア) MF:クリスティアーノ・ロナウド、ケディラ、エジル(後0分/ラッサナ・ディアラ)、シャビ・アロンソ、ディ・マリア FW:ベンゼマ <div id="cws_ad" style="text-align:center;"><hr><a href="http://web.ultra-soccer.jp/link.php?url=https://www.wowow.co.jp/sports/liga/bestofclasico_vote/&c=wowow_app_20181019_2" target="_blank"><span style="color:#FF0000;">ベスト・オブ・クラシコは!?<br />記憶に残る“クラシコ”を投票しよう!</span></br></a><hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181019_29_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽第12節を消化した時点で1位レアル・マドリー(勝ち点32)、2位バルセロナ(勝ち点31)の順位で並び、両者の勝ち点差は「1」。前シーズンにリーガ制覇を成し遂げたバルセロナから王座を奪還すべく、ジョゼ・モウリーニョを新指揮官に招へいしたマドリーが勇んで敵地に乗り込んだ。なお、名将モウリーニョにとっては、初の“エル・クラシコ”となる。 ▽雨の中で始まった試合、バルセロナはパスサッカーで序盤からマドリーを圧倒。イニエスタのスルーパスを受けたシャビが屈辱を与えるチップキックでカシージャスの頭上を抜いて易々と先制すると、完全に主導権を握る。18分にペドロが追加点を決めスコアが2点差に広がる中、マドリーは全く反撃の形を見出せずに前半を終えた。 ▽劣勢で迎えた後半、マドリーはエジルとの交代でより守備的なL・ディアラを投入し、まずはバルセロナの攻撃を鎮静化させにいく。しかし、相手の策を全く意に介さないホームチームはその後も悠々とパスを回し続け、55分にメッシのスルーパスに反応したビジャが3点目を奪取。ビジャは、直後の58分にもメッシのロングスルーパスからこの試合2得点目を記録した。 ▽4点差を付けられた後のマドリーはフラストレーションを溜め、イエローカードを4枚提示されるほどの荒々しいプレーに終始。試合終了間際の91分には、ペドロに代わって投入された若手FWジェフレンが、出場からわずか4分でダメ押しの5点目を記録。加えて、92分には激しくコンタクトしたS・ラモスが一発退場と散々な結末に。バルセロナが「マニータ(1試合5得点を奪うこと)」のスコア以上に内容でも完全勝利を飾った。 ▽このクラシコ完勝でさらに勢いを増したバルセロナはチャンピオンズリーグ(CL)、スーペル・コパのタイトルに加え、リーガエスパニョーラ3連覇を達成。タイトルがコパ・デル・レイのみに留まった白い巨人を置き去り、スペインの盟主として名を轟かせた。 <div id="cws_ad" style="text-align:center;"><hr><a href="http://web.ultra-soccer.jp/link.php?url=https://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=6A92YCES%26ai=a5bc8416a02665&c=wowow_app_20181019_1" target="_blank"><span style="color:#FF0000;">気になるマドリー編は!?<br />続きはこちらでチェック!</span></a><hr></div> 2018.10.22 20:00 Mon
twitterfacebook
thumb

【質疑応答】イニエスタ、チームの残留争いについて「僕は一人では何も出来ない」《ASICS契約発表会》

▽ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、1日から『株式会社アシックス』とのアドバイザリースタッフ契約を締結。同選手は、22日の契約記者発表会に出席し、質疑に応じた。 —―日本に来て印象に残っている試合やプレーは? 「まず、本当にメディアの方、そしてファンの方々から頂いている応援には凄く感謝をしたいです。日本に来て大きな一歩を踏み出したわけですが、変化の時というのは難しいといいますか、適応には時間がかかったりもします。ですが、本当に日本で過ごしたこの3か月、短いようで長い時間は素晴らしいものですし、ヴィッセルの皆さんにも感謝をしたいなと思っています」 「チームとしては今難しい状況にありますが、それをこれからも改善していけるように、みんなで歩んで行くところです。何か1つ印象に残った部分を挙げるとすれば、自分がヴィッセルのホームであげたファーストゴールになるのかなという風に思います。そのように特別な経験がこれからも多く残るように楽しんでいきたいと思います」 —―プライベートについて、思い出に残っている日本の場所は? 「本当に日本は素晴らしい国だなと思っていて、まだまだ時間をかけて見に行かなければならないところが沢山あるな、と感じています。今は神戸という街を出来るだけ良く知ろうと色々なレストランに行ったり、後は大阪や奈良といった街にも行きました。これからも色々素晴らしいところを訪れたいと思っています。この日本での時間は僕個人にとっても家族にとっても素晴らしい時間になっていますので、今まで食べてきたものとは違いますけどこれからも日本食を試してみたり、文化に出来るだけ適応してこの時間を皆で楽しんでいきたいと思っています」 —―日本のファンに見せたいプレーは? 「個人としていつも目標に掲げているのは、自分のベストのプレーを見せるということです。もちろんそれが難しい時もありますが、出来るだけ自分のベストの状態をファンの皆さんにお見せできるように日々努力しています」 「先ほど言ったように、今チームは難しい状況にあります。ですが、残りの4つの決勝戦を勝ち抜いて、今この道を進んでいければチームとして必ず改善をして良くなっていくことを確信しています。この道を皆で歩み続けて、ヴィッセルの選手一人一人ももっと向上していきたいなと。僕は一人では何も出来ないので、チームが僕を必要としているように、僕もチームを必要としているので皆でより改善して向上していって良いチームを作っていきたいと考えています」<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181022_22_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽明治安田生命J1リーグ第30節終了時点で、神戸は勝ち点37の12位。入れ替えプレーオフの16位・サガン鳥栖(勝ち点33)まで勝ち点差4、同じく自動降格圏の17位・柏レイソル(勝ち点33)までも勝ち点差4とギリギリの状態だ。残す試合は4試合、少しでも早く残留を確定させるべく、神戸は11月3日に行われる次節に名古屋グランパスの本拠地に乗り込む。 2018.10.22 18:00 Mon
twitterfacebook
thumb

イニエスタがアシックスとアドバイザリースタッフ契約を締結! 「良いシューズを作りたい」《ASICS契約発表会》

▽ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが22日、『株式会社アシックス』の契約記者発表会に出席し、1日からアドバイザリースタッフ契約を結んだことを発表した。 ▽この契約によりイニエスタは今後、スパイクシューズをはじめとするアシックス社のスポーツ用品を使用。商品に対する開発面でのアドバイス、広告やカタログ、ポスターおよびインターネットなどの電子媒体による宣伝、販売促進活動への協力なども行っていく。 ▽発表会に登壇したイニエスタは、以下のように挨拶した。 ◆MFアンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸) 「こんにちは。今日は私にとってもとても喜ばしい日です。日本に来るというとても大きな決断をした時に本当に色々な気持ちがありました。ですが、ここに来てアシックスとともにこれから一緒に歩んでいけることを、本当に楽しみにしています」<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181022_20_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽次に、イニエスタはトークセッションに応じアシックスを選んだ理由を語っている。 —―アシックスを選んだ理由は? 「先ほど言ったように日本に来るという自分の中で最も大きな決断の1つをした時に、日本で今後どのようなプレーをしていくかということを含め、シューズをどうしていくかということが自分にとって重要でした。その中で、アシックスの皆さんが伝えてくれたプロジェクトや熱意、歓迎してくれた在り方というところを見て、アシックスさんにお願いしたいと感じました。素材だったりテクノロジー、あらゆる面でサッカー選手のプレーを手助け出来るようなシューズを開発するプロジェクトに自分も関われるというところに、非常に惹かれて決意をしました」 —―既にアシックスのシューズを大変気に入っていると聞きました 「本当にここ数週間、プロジェクトチームの方々と色々一緒に議論を重ねてきましたが、もしかしたらアシックスの皆さんには少ししつこいと思われてるかもしれないくらい、僕としても良いシューズを作りたいという気持ちがありました。素晴らしい仕事をしてくれたなと。サッカー選手にとってはシューズの履き心地だったりというところがすごく大事になってくるので、そういった意味でもアシックスとプロジェクトチームには素晴らしい仕事をしていただいたと思っていますし、このシューズも本当に素晴らしいものが出来上がったと思います」<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181022_20_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽また、アシックスは「I MOVE ME(ワタシを、動かせ。)」というブランドメッセージを掲げており、イニエスタはそれにちなんだ抱負を用意されたボードに書き込んだ。 「自分にとって、アシックスとこれから踏み出した大きな一歩というのは、本当に喜ばしいことであるとともに大きな責任(を負う)という意味でもあります。これまで使わせていただいたNIKEからアシックスへの変化というところに、大きな責任を感じています。日本に来るという挑戦に関して、これから取り組んでいきますが、多大な努力をされている三木谷会長に感謝を述べるとともに、ヴィッセル神戸をトップチームに育てるということを目指してここに来ていますので、それに向けてアシックスファミリーに入ったことは達成する大きなモチベーションになると考えています」<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181022_20_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>—―ボードに記入した「I MOVE ASICS FOOTBALL」という抱負の意味は? 「今日のこの発表の総括ということになりますが、アシックスさんとのパートナーシップを結んだ大きな目的の1つは、自分の選手として人間として踏み出したこの新たな挑戦において、常に向上していって出来るだけ良い結果を残したいと思っています。そして、この期間を通してアシックスというブランドをより大きく出来るように頑張りたいと思います」 ▽イニエスタが使用するシューズは、特徴的な周りの選手を引き立たせるようなパスや繊細なボールタッチで相手をかわすオールラウンドなプレースタイルを支えるため、“素足感覚”を求めるプレーヤーに向けたフィット性の高い「DS LIGHT X-FLY4」をベースとしつつ、同選手の足型を精密に計測し本人の意見も取り入れながら作製。カラーはヴィッセル神戸のチームカラーであるクリムゾンレッドに合わせられている。 ▽イニエスタが使用するカラーと同じ「DS LIGHT X-FLY4」は、11月3日から一部店舗にて先行予約が開始。11月23日から、アシックス直営店(原宿、心斎橋、神戸、大阪)、アシックスオンラインストア、楽天市場をはじめとするヴィッセル神戸のオフィシャルグッズショップ、一部のスポーツ用品店で数量限定発売される。メーカー希望小売価格は18,000円+税だ。 2018.10.22 17:30 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース