超ワールドサッカー

オスピナ、ナポリ移籍確実に 現地入り2018.08.17 09:30 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルに所属するコロンビア代表GKダビド・オスピナ(29)のナポリ移籍がほぼ確実になった。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じた。

▽アーセナルは今夏、レバークーゼンからドイツ代表GKベルント・レノを獲得。元チェコ代表GKペトル・チェフも含めたポジション争いがより激しくなっている。

▽その煽りを受け、オスピナを巡っては今夏、アーセナル退団の可能性が加熱。有力な新天地としてベシクタシュの名前が挙がってきたが、一転してナポリ行きが濃厚だという。

▽伝えられるところによれば、渦中のオスピナは16日、ナポリ加入に向けて現地入り。メディカルチェックを経て、1年間のレンタル契約でナポリ入りするとみられる。

▽ナポリは今夏、スペイン代表GKホセ・マヌエル・レイナがミランに移籍。さらに、GKオレスティス・カルネジスとGKアレックス・メレトが負傷離脱しており、GK人材難に陥っている。

コメント

関連ニュース

thumb

ナポリ、今夏PSVからアトレティコ加入のS・アリアスに未練か

▽ナポリが、アトレティコ・マドリーに所属するコロンビア代表DFサンティアゴ・アリアス(26)の獲得を諦めてはいないようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽ナポリは今夏の移籍市場で元イタリア代表DFクリスティアン・マッジョが退団し、その後釜として当時PSVに所属していたS・アリアスの獲得に動いていた。しかし、獲得寸前に迫るも、EU圏外枠の関係からアトレティコに付け入るスキを与えてしまい、同クラブにS・アリアスを奪われることに。最終的にナポリはリールからフランス人DFケヴィン・マルキュイ(27)を獲得してSB問題を解決したものの、今回伝えられるところによるとナポリは未だにS・アリアスに未練があるようだ。 ▽今夏アトレティコと5年契約を結んだS・アリアスは、開幕当初こそケガの影響もあり、定位置確保とはいかなかったものの、次第にフィットして今シーズンここまで公式戦7試合に出場。現在市場価格は2000万ユーロ(約25億円)と見られているようだ。 ▽これに対してナポリは、S・アリアス獲得のリベンジに動く可能性があるようだが、同メディアは今夏に加入したばかりで出場時間を延ばし続けている同選手を簡単に手放すことはないと見解を示している。 2018.11.15 12:55 Thu
twitterfacebook
thumb

ナポリ、アーセナルからレンタル中のGKオスピナを買取へ

▽ナポリは、アーセナルからレンタル移籍で獲得したコロンビア代表GKダビド・オスピナ(30)に関して、買取オプションを行使する準備を進めているようだ。イタリア『ラ・レプブリカ』が伝えた。 ▽オスピナは、今夏100万ユーロ(約1億2800万円)でアーセナルからレンタル移籍加入。さらに、350万ユーロ(約4億5000万円)で買取ることができるオプションが付いている。 ▽また、オスピナを30試合起用した場合には買取義務が発生することになるが、ナポリはどうやら30試合に満たなくても買取るつもりのようだ。 ▽なお、ナポリは今夏オスピナ以外にも、SPALからGKアレックス・メレト(21)、ワトフォードからGKオレスティス・カルネジス(33)を獲得。カルロ・アンチェロッティ監督は、メレトが負傷していることもあり、ここまでオスピナ(7試合)とカルネジス(5試合)を併用している。 2018.11.15 12:49 Thu
twitterfacebook
thumb

試合巧者ナポリ、洪水ピッチを味方につけジェノアに逆転勝利!《セリエA》

▽ナポリは10日、セリエA第12節でジェノアと対戦し、2-1で逆転勝利した。 ▽現在8勝1分け2敗で3位に付けているナポリ。チャンピオンズリーグのユベントス戦の敗戦を最後に公式戦7戦無敗を続けている。直近ではパリ・サンジェルマンと対戦し1-1のドロー。今節はその試合からスタメンを3人変更。マクシモボッチ、ファビアン・ルイス、メルテンスに代えて、ヒサイ、ジエリンスキ、ミリクが先発となった。 ▽まずゴールに迫ったのはジェノア。成長株のピョンテクがボックスの外から思い切りよく狙っていったが枠の右へ。対するナポリは、12分にインシーニェがボックス手前から放ったスートが左ポストに嫌われてしまう。 ▽19分にもインシーニェからマリオ・ルイと繋いでジエリンスキのシュートまで運んだナポリだったが、20分に先制を許してしまう。ジェノアは右サイドに流れたロムロがクロスを供給。これをクアメが頭で合わせネットを揺らした。 ▽ゴールを取り返そうとナポリが猛攻を仕掛ける。35分にボックス左のジエリンスキの折り返しをアランがダイレクトで狙うが、相手のブロックに遭う。さらのその1分後に、今度はカジェホンの右サイドからのクロスをゴール前でミリクが合わせるが、GKI・ラドゥのビッグセーブに遭う。 ▽1点ビハインドのナポリは後半からミリクとジエリンスキを下げてメルテンスとファビアン・ルイスを投入した。56分にその二人がチャンスを演出。ボックス左でボールを持ったファビアン・ルイスからフリーランで侵入してきたメルテンスにパスが送られると、ボックス右からファーを狙ったがカーブをかけきれず、シュートは枠の外へ。 ▽その後、大雨の影響で一時中断された試合は、中断明けも所々水溜まりが出来ているピッチが両チームを苦しめる。全くボールが走らず、ナポリは得意の流動的なサッカーが展開できない。60分にはカウンターに転じるも、ピッチ中央のコンディションが酷く、まともにドリブルが出来ないまま相手に奪われてしまった。 ▽それでもナポリは62分、ボックス手前右のアランからペナルティアーク付近のメルテンスに縦パスが入ると、メルテンスがワンタッチではたいたボールをファビアン・ルイスがゴール正面から流し込んで同点に追いついた。 ▽その後も劣悪ピッチに苦しめられる両者だが、ナポリはこのピッチを味方につける。86分、相手のハンドで敵陣左サイドでFKを獲得。これをインシーニェがグラウンダーでゴール前に入れると、バウンドしたボールが予想より速いスピードで跳ねたためシジェノアのビラスキが対応し切れずオウンゴールを献上してしまう。 ▽後半アディショナルタイムにはジェノアに迫られる場面もあったものの、洪水ピッチを攻略したナポリが逆転勝利。これで公式戦8戦負けなし、リーグ戦2連勝とした。 2018.11.11 06:45 Sun
twitterfacebook
thumb

名将アンチェロッティ、ナポリを選んだ理由はコミュニケーション「母語で話せるから」

ナポリの指揮官カルロ・アンチェロッティが、『DAZN』のディレッタ・レオッタ記者のインタビューに応じ、ナポリのオファーを快諾した理由などクラブでのエピソードを明かした。<br><br>過去にミランやレアル・マドリー、バイエルンなどを指揮し、ヨーロッパの4つのリーグを制覇した名将アンチェロッティ。今夏、母国イタリアのナポリで指揮を執ることを決断した。<br><br>イタリア人指揮官は、その理由を説明している。「オファーを引き受ける上で、イタリア語で話せるということに引かれた。母語で話せるということは、感情的、心理的な面においても全く違ってくる」と述べ、母語でのコミュニケーションを重要視したことを明かした。<br><br>続いてナポリ指揮官は、前任のマウリツィオ・サッリ(現チェルシー監督)について言及。「土壌はよく耕されていただけでなく、草木も生い茂っていた。サッリの仕事は非常に重要だった」と述べ、功績を称えた。<br><br>また中国からのメガオファーを受けていた主将MFマレク・ハムシクを引き留めるに至った舞台裏については、「彼の役割を変更するつもりであると前もって伝えた。新しいことへの挑戦を望んでいたので、まさにそれが残留を後押ししたのかもしれない」と振り返った。<br><br>最後にアンチェロッティは、ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長との関係についても述べた。「私が(エディンソン)カバーニをパリ・サンジェルマンに引き抜こうとしたときに連絡を取った。成功はしなかったけどね。今年の夏はバカンスを一緒に過ごした。非常に率直で表裏がなく、非常に面白い人物だよ」と明かした。<br><br><br>提供:goal.com 2018.11.10 22:30 Sat
twitterfacebook
thumb

レーティング: ナポリ 1-1 パリ・サンジェルマン《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)グループC第4節、ナポリvsパリ・サンジェルマン(PSG)が6日に行われ、1-1で引き分けた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ナポリ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181107_10_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 25 オスピナ 5.5 失点場面以外に難しい枠内シュートは飛んでこなかった DF 19 マクシモビッチ 6.0 後半に攻撃参加を増やし、猛攻の要因を生み出した (→ヒサイ -) 33 アルビオル 6.0 ややネイマールのアジリティに苦戦も耐えきった 26 クリバリ 6.5 さすがのフィジカルで怪物ムバッペと互角に渡り合う 6 マリオ・ルイ 6.0 課題の守備で綻びを見せず、攻撃にも絡んだ MF 7 カジェホン 6.0 守勢の時間はしっかり守り、PK獲得 5 アラン 6.5 前回のPSG戦に続き好パフォーマンス。同胞ネイマールをうまく抑えた 17 ハムシク 6.0 正確なパスワークでリズムを生んだ 8 ファビアン・ルイス 5.5 前半は守勢に回ったが、後半は攻撃に関わった (→ジエリンスキ 5.5) すんなりと試合に入った FW 14 メルテンス 6.0 インシーニェと共に攻撃を牽引 (→ウナス -) 24 インシーニェ 6.5 PK獲得につながるパスを供給。そしてPKも決めた 監督 アンチェロッティ 6.0 後半の猛攻は見事。引き分けに値する内容だった ▽パリ・サンジェルマン採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181107_10_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ブッフォン 6.0 PKを献上したが、後半序盤のピンチを立て続けに防ぐ DF 5 マルキーニョス 6.0 安定したプレーで守備を締める 2 チアゴ・シウバ 5.0 概ね安定していたものの、PK献上につながる大きなミスがあった 4 ケーラー 6.0 左右のセンターバックで安定したプレー (→チュポ=モティング -) MF 12 ムニエ 5.5 前半は推進力を生かして攻撃に参加 (→キンペンベ 5.5) 左センターバックで無難にプレー 11 ディ・マリア 6.0 2トップにうまく関わった 6 ヴェッラッティ 6.0 不用意なボールロストなくゲームを作った 23 ドラクスラー 5.5 攻守のリンクマンとしてまずまず機能 14 ベルナト 6.0 意外な飛び出しで先制点。攻守にそつなし FW 7 ムバッペ 6.0 先制点をアシスト。さすがのスプリント能力で違いを生んだ 10 ネイマール 6.0 ムバッペと共に攻撃を牽引。下がった位置からのチャンスメークも担った 監督 トゥヘル 6.0 ムバッペとネイマールの2トップが機能。3バックもほぼ安定していた ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! クリバリ(ナポリ) ▽ムバッペとの攻防は痺れるマッチアップだった。一歩も引かない守備で応戦した。 ナポリ 1-1 パリ・サンジェルマン 【ナポリ】 インシーニェ(後17[PK]) 【パリ・サンジェルマン】 ベルナト(前47) 2018.11.07 07:11 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース