本田圭佑の新天地、現時点で豪有力 現地メディア報道2018.07.20 08:15 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表FW本田圭佑(32)のオーストラリア行きが決定的な様相だ。オーストラリア『Sydney Morning Herald』が報じた。

▽本田は代理人を通して、ここ数カ月間にわたってメルボルン・ビクトリーと交渉。あとは、数百万ドルのマーキープレーヤー契約が結べるかどうかを残すのみだという。

▽そのため、本田の代理人は、並行してオーストラリアサッカー協会とも会談。メルボルン・ビクトリーに獲得資金の補助を認めるよう交渉を行っているとみられる。

▽本田は今年6月に契約満了に伴い、パチューカを退団。代表キャリアの集大成に位置付けたロシア・ワールドカップ(W杯)が終わり、今後の動向に注目が集まっている。

コメント

関連ニュース

thumb

大迫がブレーメンデビュー戦で先制ゴール! 長谷部フル出場の昨季王者フランクフルトはまさかの初戦敗退《DFBポカール》

▽DFBポカール1回戦が18日にドイツ各地で行われた。ヴォルマティア・ヴォルムスとのアウェイ戦に臨んだブレーメンのFW大迫勇也は、先発して移籍後初ゴールを決め、66分に交代している。チームは6-1で圧勝した。 ▽ブレーメンでのデビュー戦となった大迫は、4部に属するヴォルマティアに対し、[4-3-3]の右ウイングで先発。その大迫は9分に先制点をもたらす。左サイドからのFKをボックス中央の大迫がヘッドで合わせると、シュートがゴール右に決まった。 ▽攻勢に出るブレーメンは21分、カインツのミドルシュートが決まって追加点を奪うと、31分にはクルーゼのスルーパスをボックス右で受けたバルグフレーデがシュートを流し込んで3-0。さらに41分にはクルーゼのPKも決まって4-0としたブレーメンは1点を失うも、追加タイム1分に相手のクリアミスを突いてマキシミリアン・エッゲシュタインが決め、前半で勝負を決定付けた。 ▽後半、66分に大迫をお役御免としたブレーメンは、さらに1点を追加し、6-1で大勝。危なげなく初戦を突破している。 ▽SSVウルムとのアウェイ戦に臨んだ昨季王者のフランクフルトMF長谷部誠は、フル出場したもののチームは1-2で敗戦し、まさかの初戦敗退に終わった。MF鎌田大地はベンチ入りしなかった。 ▽バイエルンとのDFLスーパーカップに続いて3バックの中央で先発となった長谷部は、ビルドアップの起点となる働きを見せるも、チームは4部相手に互角の攻防を強いられてしまう。そして後半開始3分、FKの流れから先制を許してしまった。さらに75分にも失点したフランクフルトは、90分に1点を返すも1-2で敗戦。公式戦2連敗スタートとなっている。 ▽バイエルンはドロホターゼン・アッセルとアウェイで対戦し、1-0で勝利。主力を投入したバイエルンは、4部相手に苦戦する。それでも終盤の82分、左サイドをリベリが突破してマイナスのクロスを折り返すと、ゴレツカのミドルシュートをゴール前のレヴァンドフスキがコースを変えてネットを揺らした。これが決勝点となってバイエルンが苦しみながらも初戦を突破している。 2018.08.19 00:27 Sun
twitterfacebook
thumb

途中出場の武藤が終了間際にPK獲得も10人のニューカッスル、ゴールレスドロー決着《プレミアリーグ》

▽ニューカッスルは18日、プレミアリーグ第2節でカーディフのホームに乗り込み、0-0で引き分けた。ニューカッスルのFW武藤嘉紀は65分から出場している。 ▽開幕節でボーンマスに0-2で敗北したカーディフと、トッテナムに1-2で敗北したニューカッスルによるに今シーズン初の勝ち点奪取を争う一戦。ニューカッスルの武藤は、トッテナム戦に引き続きベンチスタートとなった。 ▽試合は序盤から両クラブともに素早い攻撃を仕掛けていくが、スコアはなかなか動かない。前半終了間際の40分には、右サイド浅い位置からシェルヴェイが精度の高いアーリークロスを供給したが、アジョセ・ペレスがフリーで放ったシュートはGKエザリッジに阻まれた。 ▽ゴールレスで迎えた後半、65分に武藤がアジョセ・ペレスに代わって投入された。しかし67分、武藤のパスがずれてジョシュ・マーフィーにカットされかけたところで、ヘイデンが後方からスライディングタックル。これが一発退場となり、ニューカッスルは10人での戦いを強いられてしまった。 ▽退場者を出したものの、終盤にかけて攻勢に出たニューカッスルは追加タイム5分、左サイドに流れた武藤がクロスを入れると、モリソンのハンドを誘ってPKを獲得。しかし、キッカーのケネディーの放ったシュートはコースが甘く、GKエザリッジに止められてゴールレスで決着。勝ち点1を分け合った。 2018.08.18 22:35 Sat
twitterfacebook
thumb

乾が途中出場でベティスデビュー! 惜しいシュートを放つもホームでレバンテに0-3の大敗…《リーガエスパニョーラ》

▽2018-19シーズンのリーガエスパニョーラ開幕節、ベティスvsレバンテが17日にエスタディオ・ベニート・ビジャマリンで行われ、アウェイのレバンテが3-0で勝利した。ベティスのMF乾貴士は66分に途中出場しデビューを飾った。 ▽昨季、セティエン監督の下で攻撃的なポゼッションスタイルに生まれ変わり6位フィニッシュを成し遂げたベティスは今夏の移籍市場で積極的な補強を敢行。乾貴士、カナレス、パウ・ロペス、ロブレスをフリーで獲得。さらにシドネイ、ウィリアム・カルバーリョという実力者を完全移籍で獲得した。ホームでの開幕戦に向けてはGKパウ・ロペス、 W・カルバーリョ、カナレスが先発を勝ち取り、乾はスーパーサブとしてベンチスタートとなった。 ▽金曜開催をモノともしない満員のベニート・ビジャマリンでスタートしたベティスの今季開幕戦。昨季同様に[4-4-2]の布陣で堅守速攻を目指すレバンテに対して、ベティスはブデブスとロレンを2トップに配した[3-3-2-2]の布陣で後方から丁寧なビルドアップを見せる。 ▽開始7分にフィルポとロレンが早速フィニッシュの場面を作ると、その後も引いたレバンテ守備陣に揺さぶりをかけてカナレスやブデブスにシュートチャンスが訪れるが、なかなか決定機を作るまでには至らない。 ▽その後は互いの持ち味が発揮される拮抗した展開が続くが、38分に右サイドのコケからの斜めのパスを受けたジェイソンが簡単にDFを振り切ってボックス右ライン際から低いクロスを入れると、これをファーでフリーのロジェールがワンタッチで流し込み、アウェイのレバンテが先制点を奪う。やや緩慢な守備から失点を許したベティスは42分にゴール左ライン際で強引に仕掛けたフィルポが際どい折り返しを入れるが、これは相手GKに弾き出されてしまった。さらに前半アディショナルタイムにはグアルダードがボックス内で続けてシュートチャンスを得るが決め切れず。 ▽後半もボールを保持して押し込むベティスだが、前半同様に一瞬の気の緩みから相手十八番のカウンターに屈する。54分、自分たちのCKからカウンターを浴びると、右サイドのスペースでボールを持ったホセ・モラレスに4人のDFが次々とドリブルでかわされて圧巻の突破から最後は左足のシュートを流し込まれた。 ▽ホームでまさかの2点ビハインドを負ったベティスは63分にブデブスを下げてサナブリア、66分にはW・カルバーリョに代えて乾を投入する。厳しい状況でベティスデビューの乾はアンカーに下がったグアルダードの居た左のインテリオールに入ると、積極的な呼び込みや仕掛けで攻撃にアクセントを付けようと腐心する。 ▽何とかゴールをこじ開けたいベティスは乾を中心に反撃を試みると、86分には中央を持ち上がった乾がボックス外から右足を振り抜くも相手DFのブロックに遭う。さらに89分にはボックス内でフィルポの強引な突破のこぼれを拾った乾が左45度の角度からファーポストを狙った絶妙なシュートを放つが、これは相手GKのビッグセーブに遭い、デビューゴールのチャンスを逸す。すると後半ラストプレーでは相手の見事なロングカウンターからホセ・モラレスにこの日2点目を決められ、万事休す。 ▽途中出場でゴールに迫るなど上々のパフォーマンスを見せた乾だったが、ホームでのベティスデビュー戦は試合終了直後にブーイングが飛び交うなど、ほろ苦い0-3の敗戦となった。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">乾のベティスデビュー戦をチェック!<br />リーガエスパニョーラ観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.18 07:18 Sat
twitterfacebook
thumb

ヘント・久保裕也がドイツに電撃移籍か?

▽ヘントに所属するFW久保裕也(24)が、ブンデスリーガに挑戦する可能性があるようだ。ベルギー『voetbalkrant』が報じた。 ▽2018-19シーズンのベルギー・ジュピラー・プロ・リーグは7月末に開幕。久保は開幕から2試合で先発したものの、2戦目のズルテ・ワレヘム戦はセントラルミットフィールダーとしてプレーしていた。 ▽しかし、12日に行われた第3節のベベレン戦はベンチスタートとなり、出場機会はなかった。 ▽『voetbalkrant』によると、久保はドイツへの移籍を目指して交渉をしているとのこと。移籍先は、今シーズンからブンデスリーガに復帰したニュルンベルクとなりそうだ。 ▽ニュルンベルクには、MF清武弘嗣やMF長谷部誠、MF金崎夢生が所属した経験がある。久保は、ヘントに1シーズン半在籍し61試合に出場し22ゴールを記録しているものの、ポジションが危うい状況。果たして移籍は実現するだろうか。 2018.08.17 21:40 Fri
twitterfacebook
thumb

岡崎慎司はウルブス戦にも欠場へ…ピュエルが起用に慎重な構え「デ・ブライネのこともあったし…」

レスター・シティに所属する岡崎慎司の状態が整うまで、もう少し時間がかかるようだ。クロード・ピュエル監督が話した。<br><br>ロシアでのワールドカップに日本代表として出場した岡崎。日本代表がベスト16まで勝ち上がったことで、合流が遅れた同選手のコンディションは依然として整っていないようだ。<br><br>10日のプレミアリーグ開幕戦にも欠場した岡崎を18日のウォルヴァーハンプトン戦にも起用できないことを認めたピュエル監督は「来週月曜日に行われるU-23の試合で復帰できれば、我々は彼の状態を確認できるだろう。彼にはプレー時間と少しずつ回復する時間が必要だ」と言及。<br><br>さらに、復帰直後に負傷したマンチェスター・シティのケヴィン・デ・ブライネを例に挙げ「デ・ブライネに起きたことを目の当たりにした。代表選手が十分に休めていない状態であれば、遅かれ早かれ危険だ。もし早期に彼らを起用しようと思うのなら十分に注意する必要がある」と岡崎の起用に慎重な姿勢を見せた。<br><br>一方、8月上旬に合流したばかりのイングランド代表FWジェイミー・バーディについても同指揮官は言及。10日の開幕戦では途中出場した同選手だが、18日の試合での起用について問われ「他のチームメイト同様に起用可能だ。先発で出場するのに良い機会だと思う」とエースを先発で起用することを示唆した。<br><br>提供:goal.com 2018.08.17 08:00 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース