ウィジョ初3発のG大阪、磐田連破で5年連続ベスト8《YBCルヴァンカップ》2018.06.09 17:58 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽9日にヤマハスタジアムで行われたJリーグYBCルヴァンカップ プレーオフステージ第2戦のジュビロ磐田vsガンバ大阪は、アウェイのG大阪が3-2で勝利した。

▽先のパナソニック スタジアム 吹田で行われた第1戦は、ファン・ウィジョが長沢との華麗なコンビネーションプレーでゴールを陥れ、G大阪が先制。その後、アウェイゴールを目指して攻勢を強めた磐田だったが、ホームのG大阪が逃げ切り、1-0で先勝した。

▽2点差以上での勝利が絶対条件の磐田は、ミッドウィークに行われた天皇杯を欠場した中村俊輔ら主力が先発に復帰。一方、優位な状況でアウェイ戦に挑むG大阪は、関西学院大学にジャイアントキリングを許した天皇杯と同じ11名をスターティングメンバーに起用した。

▽試合は、勝利必須の磐田が前がかりな入りを見せる。その中で、7分にG大阪がカウンター。相手最終ライン背後を突く味方の縦パスに長沢が反応する。ボックス中央に侵攻するが、後方から小川大貴が決死のカバーリング。ゴールに向かったボールはGKカミンスキーに阻まれる。

▽立ち上がりから積極性が際立つ磐田は15分、小川大貴がバイタルエリア左の田口にパス。ボックス左で田口からボールを受けた松浦が厳しい角度から左足シュートを放つ。これがGK林と左ポストの間を貫き、ホームの声援を受ける磐田がトータルスコアでイーブンに戻した。

▽早々にアドバンテージを失ったG大阪だが、26分にロングカウンター。自陣右サイドから縦にボールを持ち上がったマテウスが追い越した倉田にパスを出す。バイタルエリア左で並走したファン・ウィジョが倉田からのラストパスを冷静に右足で沈め、2戦合計で再び優位に立つ。

▽磐田の反撃を受けつつ、ボールを握れば追加点を目指したG大阪。その中で迎えた42分、左CKの流れからキッカーを務めた遠藤が再びボールを受けて中央に右足でクロスを送る。これがゴール右に吸い込まれるが、ファビオがオフサイドの判定を取られ、幻のゴールとなる。

▽2戦合計スコアで再び優位な状況のG大阪は、ハーフタイム明けに長沢を下げて高江をピッチへ。すると、高い位置でボールを奪取した50分にその高江がシュートを放つ。こぼれ球を拾った遠藤のシュートが相手GKのファンブルを誘い、ルーズボールをゴール前のファン・ウィジョが右足で叩き込む。G大阪が2つの目のアウェイゴールを手にする。

▽逆転突破にあと3点が必要な状況に追い込まれた磐田。ハーフタイム明けの荒木に続き中野を投入するが、攻め手を欠き続ける。そうした中、G大阪は66分、再びロングカウンターに持ち込み、高江の繋ぎからファン・ウィジョがハットトリックとなる一発。勝負を決した。

▽その後、最後の交代枠で松本を入れた磐田に川又のゴールで1点を返されたG大阪だが、これ以上の反撃を許さず、先のホームに続きアウェイでも勝利。7年ぶりの8強入りを目指す磐田を退け、5年連続の準々決勝進出を果たしている。

コメント

関連ニュース

thumb

山本、今季初弾含む2発! 鹿島が昨年ファイナリスト・川崎F撃破で3年ぶりベスト4《YBCルヴァンカップ》

▽JリーグYBCルヴァンカップ準々決勝第2戦の川崎フロンターレvs鹿島アントラーズの第2戦が9日に味の素スタジアムで行われ、3-1で鹿島が勝利。この結果、2戦合計スコアを4-2にした鹿島が準決勝進出を決めている。 ▽5日に行われた第1戦は1-1のドローで終了。貴重なアウェイゴールを決めた川崎Fは、引き続き負傷の大島、日本代表に招集されている車屋、守田、小林を欠く中、2年連続のベスト4入りに向けてその一戦から先発メンバーを1人のみ変更。齋藤に代えて阿部を起用した。 ▽一方、3年ぶりベスト4を目指す鹿島は、代表に招集中の三竿健斗を欠く中、第1戦からスタメン4人を変更。西、安西、土居、金森に代えて内田、山本、セルジーニョ、鈴木優磨を起用した。 ▽本拠地の等々力陸上競技場で現在日本学生陸上競技対校選手権大会が開催されているため、川崎Fのホーム戦を味の素スタジアムで行うことになった一戦。試合は両者立ち上がりから積極的な姿勢を見せる。鹿島は7分、セルジーニョからのパスをボックス左外で受けた安部が、素早い切り返しからクロス。ニアサイドのセルジーニョがスルーして相手を引き付けたが、誰も合わせることができない。 ▽対する川崎Fは11分、中村憲剛の左CKをニアサイドの鈴木雄斗が逸らす。ゴール前右に走り込んだ谷口が右足を懸命に伸ばして合わせたが、枠を捉えることができない。さらに17分、エウシーニョのクロスをボックス内浅い位置で阿部が収める。これは相手に突かれたが、こぼれ球に反応した登里がボックス左手前からシュートを放つも、ゴール右へと外れた。 ▽前半半ばに差し掛かると、川崎Fが鹿島を押し込み始める。25分、右サイドでボールを持った知念が巧みな切り返しから縦に突破。知念のクロスは相手に阻まれたが、ニアサイドでルーズボールを拾った鈴木雄斗のボックス右手前への落としをエウシーニョがシュートを放つ。しかし、ボールは右サイドネットに嫌われた。 ▽嫌な時間帯が続く鹿島。しかし、川崎F守備陣の一瞬の隙を突いて先制点を奪う。28分、セットプレーの流れからボックス右外で鈴木優磨のパスを受けた遠藤が左足でクロスを供給。これを中央でフリーになっていた山本が頭で合わせると、ボールはゴール左上へ。そのままバーを叩いてゴールネットを揺らした。 ▽山本の今シーズン公式戦初ゴールで先手を取った鹿島。すぐさま反撃に転じた川崎Fに押し込まれるもゴールを許さないでいると、37分に追加点を奪う。セルジーニョのパスを受けた永木が敵陣中央右からアーリークロス。ここはGK新井にパンチングで弾かれたが、その方向には先制点を奪った山本が。体を倒しながらもうまく右足で合わせると、カバーを試みた相手DFをすり抜けて無人のゴールへと吸い込まれた。 ▽これでベスト4進出には3点が必要になった川崎Fは、後半開始から赤崎に代えて長谷川を投入。攻撃の活性化を図って迎えた後半開始早々の50分、ボックス左外でボールを持った登里がボックス左手前の中村憲剛とのワンツーでボックス内に侵攻しすると、遠藤に倒されてPKを獲得する。これをキッカーの阿部が右足でゴール左下に突き刺して、2戦合計3-2と1点差に詰め寄る。 ▽あと2点が必要な川崎Fは、この1点をきっかけに攻勢を強める。58分、中村憲剛の左CKをニアサイドで知念がフリック。ファーサイドに走り込んだエウシーニョが押し込もうとするが、ミートすることができない。 ▽その後も激しくゴールに迫る川崎Fに対して、最後のところでシュートを許さない鹿島。すると、ベスト4進出を大きく手繰り寄せる追加点が生まれる。72分、敵陣中央左から山本がボックス手前中央に斜めのパスを供給。これを受けた安部がタメを作り、巧みなダブルタッチでボックス左へスルーパスを送る。最後は走り込んだセルジーニョが左足でGK新井の股を射抜き、2戦合計スコアを4-2と川崎Fを突き放した。 ▽再び3点が必要となった川崎Fは、この失点で勢いが衰退する。一方の鹿島は終盤粘り強いディフェンスからカウンターを仕掛ける巧みな試合運びで試合をクローズ。3-1で勝利し、2戦合計スコアを4-2とした鹿島が4年ぶりベスト4進出を決めた。 2018.09.09 21:50 Sun
twitterfacebook
thumb

甲府一歩及ばず…瀬川同点弾の柏がアウェイゴール差で4年ぶりベスト4進出! 《YBCルヴァンカップ》

▽YBCルヴァンカップ準々決勝第2戦の柏レイソルvsヴァンフォーレ甲府が、9日に三協フロンテア柏スタジアムで行われ、1-1の引き分けに終わった。この結果、2戦合計3-3となり、アウェイゴール差により柏が準決勝に進出した。 ▽5日に山梨中銀スタジアムで行われた第1戦は、2-2で決着。アウェイゴールの優位を得ている柏は、その試合からスタメンを4名変更。ナタン・ヒベイロ、亀川、キム・ボギョン、山崎に代えて、高木、パク・ジョンス、手塚、江坂を起用した。 ▽対する甲府は、第1戦からビョン・ジュンボン、中山、高野以外のスタメン8名を変更。最後尾にGK岡、最終ラインにビョン・ジュンボン、エデル・リマ、道渕、小出、中盤にフェフージン、佐藤、高野、前線に曽根田、金園、中山を起用した。 ▽ホームの柏は序盤から積極的に攻撃を仕掛けていく。すると、4分にはクリスティアーノが高い位置でボールを奪ってボックス左に侵攻。しかし、左足で放ったシュートは勢いなくGK岡にキャッチされた。 ▽14分、甲府が左CKを獲得。ショートコーナーからボックス手前中央にボールがこぼれると小出がここから狙う。すると、放たれたミドルシュートがフェフージンに当たってGK滝本の虚を突きネットを揺らした。 ▽先制された柏はその後、20分に瀬川のシュートがゴール左を掠め、24分には小川が甲府陣内やや遠い位置からミドルシュートを放つなど攻勢をかけていく。しかし、なかなか甲府の牙城を崩すことができない。 ▽その後、甲府はファイブバック気味の守備陣形を敷き、攻撃時にもクロスを中心としてあまり人数を割かずに進行。柏の攻撃を凌ぎ続け、1-0のスコアで前半を終えることに成功した。 ▽2戦合計2-3のビハインドで後半に突入した柏は巻き返しを図り相手を押し込みつつ試合を進めていくが、決定機が遠い。 ▽それでも61分、柏は左サイド深い位置でFKを獲得する。キッカーの手塚がクロスを上げると甲府DFエデル・リマに当たったボールが枠を捉える。一度はGK岡がオウンゴールを回避したものの、弾いたところに瀬川が詰めてスコアを同点に。 ▽この得点により、一転してアウェイゴール差で甲府がビハインドの状態に。前がかりになる甲府は71分に曽根田がボックス内からボレーシュートを放つが、枠の外に飛んでいく。 ▽優位にある柏は落ち着いてボールをキープしつつ、着実に時間を進めていく。73分には小泉に代えて大谷を投入し逃げ切りを図る。 ▽77分、柏がカウンターを発動。最前線のクリスティアーノがロングボールに抜け出しボックス内で一対一を迎え、GK岡までドリブルで抜きにかかる。しかし、上手く間合いを取ったGK岡がシュートを打たせず、望みを繋いだ。 ▽すると試合終了間際の95分、途中出場のジュニオール・バホスが最終ラインの裏に抜け出しGK滝本との一対一を迎える。しかし、シュートは左ポストに嫌われ、直後に試合終了の笛を聞くこととなった。 ▽この結果、2戦合計スコアは3-3で同点となったものの、アウェイゴール差で柏が準決勝に進出。4年ぶりにベスト4に名を連ねた。 ▽柏は、10月10日(水)に湘南との準決勝第1戦を、同14日(日)に第2戦を戦う。 2018.09.09 21:40 Sun
twitterfacebook
thumb

王者C大阪敗れる…2戦合計5-2で湘南が22年ぶりベスト4! 《YBCルヴァンカップ》

▽YBCルヴァンカップ準々決勝第2戦のセレッソ大阪vs湘南ベルマーレが、9日にヤンマースタジアム長居で行われ、2-2の引き分けで終了。この結果、2戦合計5-2で湘南が準決勝に進出した。 ▽5日にShonanBMWスタジアム平塚で行われた第1戦では、ホームの湘南が3-0で勝利。巻き返しを図る前回王者C大阪は、その試合からスタメンを3名変更。片山、山下、柿谷、ヤン・ドンヒョンに代えて、福満、山口、山村、高木を起用した。 ▽一方、リードを守り抜きたい湘南は、第1戦からスタメンを2名変更。石原、野田に代えて、杉岡、山崎を起用した。 ▽試合は立ち上がりから五分五分の展開が続くが、8分に湘南がボックス際左の絶好の位置でFKを獲得。しかし、キッカーの松田が直接狙ったシュートは枠を捉えられず、得点とはならない。 ▽さらに12分にも湘南にチャンス。左サイドの山崎が中央に折り返すと、ボックス手前中央の松田がファーストタッチでボックス内に抜け出し左足を振り抜く。しかし、クロスバーに嫌われネットは揺らせない。 ▽湘南が決定機を逸し続けるとギアを上げたC大阪が25分に得点を奪い切る。高木が最前線の山村にボールを預けて駆け上がると、山村は湘南DFを背負って溜めを作ってからスルーパスを通す。最後は、ボックス左で再びボールを持った高木がファーに流し込んだ。 ▽リードされた湘南はその後、C大阪にペースを奪われかけるが31分に流れを引き戻す。ピッチ中央付近でC大阪の横パスを奪った金子が、最前線まで独力で持ち上がる。そのままGK丹野との一対一を制してスコアを振り出しに戻した。 ▽しかし直後の35分、C大阪も簡単には主導権を明け渡さない。やや湘南のチェックが甘くなると、相手陣内中央付近でボールを持ったソウザが右足を振り抜く。鋭くぶれたシュートがGK秋元に襲い掛かり、勝ち越し弾となった。 ▽それでも、前半終了間際に山崎がボックス右に抜け出すと、清武に倒されて湘南にPKが与えられる。自らキッカーを務めた山崎が冷静にネットを揺らし、スコアを2-2とした。 ▽前半はお互い譲らないまま終了し、C大阪は2戦合計2-5のビハインドを抱えて後半へ。51分にはボックス右で山村がフリーでシュートを放つが、GK秋元のファインセーブに阻まれなかなか準決勝に手をかけることができない。 ▽その後、中盤での奪い合いが続きお互いにシュートまで至らない展開が続く。70分にはオスマルのスルーパスに抜け出した松田がボックス右で一対一を迎えたがオフサイドの判定に。 ▽C大阪は途中出場のヤン・ドンヒョンと山村をターゲットとしたロングボール主体の攻撃に切り替えていくが、湘南が決死の守備で対応していく。 ▽それでも83分にC大阪に決定機。カウンターから前線の高木が収め、ボックス手前中央のヤン・ドンヒョンにボールを渡す。すると、そこから放たれたヤン・ドンヒョンのシュートが枠を捉えたが、GK秋元の好守に阻まれた。 ▽試合終了間際の91分、C大阪は山村に代えて柿谷を投入し、意地をみせようとする。 ▽しかし結局、その後C大阪がネットを揺らすことはなく試合が終了。この結果、湘南が2戦合計5-2として22年ぶりのベスト4進出を果たした。 ▽湘南は、10月10日(水)に柏レイソルとの準決勝第1戦を、同14日(日)に第2戦を戦う。 2018.09.09 21:30 Sun
twitterfacebook
thumb

伊藤翔の公式戦3連続複数得点でG大阪圧倒の横浜FMが準決勝進出! 決勝進出を懸けて鹿島との名門対決《YBCルヴァンカップ》

▽2018Jリーグ YBC ルヴァンカップのプライムステージ準々決勝第2戦の横浜F・マリノスvsガンバ大阪が9日に日産スタジアムで行われ、ホームの横浜FMが3-1で快勝した。この結果、2戦合計7-1とした横浜FMの準決勝進出が決定した。 ▽5日に行われたG大阪ホームの第1戦では主力を起用したアウェイの横浜FMが伊藤の2ゴールの活躍などで、代表組不在で若手主体のG大阪相手に4-0のスコアで先勝した。 ▽4強進出に王手をかけた横浜FMは前回対戦から先発2人を変更。畠中とオリヴィエ・ブマルに代えてチアゴ・マルチンス、遠藤渓太を起用した。一方、奇跡の逆転突破を目指すG大阪は菅沼、野田、一美とアデミウソンの2トップを除き7選手を変更。今野、倉田、遠藤保仁とリーグ戦の主力を起用した。 ▽立ち上がりから互いに攻め合う姿勢を見せると、12分に最初のゴールが生まれる。ボックス右に抜け出した遠藤渓太がゴールライン際で折り返すと、これをニアに走り込んだ伊藤が右足で合わす。このシュートは左ポストを叩くもこぼれ球に反応した仲川が無人のゴールへ流し込み、ホームの横浜FMが先制に成功した。 ▽畳みかけるホームチームは19分、松原のスルーパスに抜け出した仲川が今野を振り切ってボックス内に侵入すると、古巣対戦のGK鈴木がやや無謀な飛び出しで仲川を倒す。これをキッカーの伊藤が冷静に決めて瞬く間に2点目を奪取した。 ▽2戦合計0-6と逆転突破は絶望的も意地を見せたいG大阪は29分に古巣対戦のアデミウソンが際どいミドルシュートを放つが、ここは相手GK飯倉の好守に遭う。前半終盤にかけてもリスクを冒した攻めに出るが、横浜FMの粘り強い守備を崩し切れない。 ▽横浜FMの2点リードで折り返した試合は、後半立ち上がりにホームチームのミスからアウェイチームにようやく1点が生まれる。52分、左サイドのタッチラインを割りそうだったボールをイッペイ・シノヅカが無理にバックパスで戻すと、一瞬動きが止まった守備陣の連係ミスを突いた一美がこのパスをカット。そのまま持ち込んでGKをかわして無人のゴールへ流し込んだ。 ▽2戦合計で初めて失点を喫したものの試合をコントロールする横浜FMはハーフタイムに仲川に代えて投入したユン・イルロクに続き65分には喜田、大津を下げてウーゴ・ヴィエイラ、中町を予定通りのタイミングで投入。一方、G大阪は今野やアデミウソンを下げて高江、中村と若手をピッチに送り出す。 ▽後半は互いに決定機が多い展開となったが両GKの奮闘によって2-1の状況が続くも、84分にはボックス手前でクリアボールに反応した伊藤が見事な左足のダイレクトシュートをゴール右隅に流し込み、公式戦3試合連続で複数得点を記録した。その後、試合終了間際にはGK飯倉との接触で胸部を強く打った中村が担架でピッチを後にするアクシデントに見舞われたものの、試合はこのまま3-1でタイムアップ。 ▽2戦合計7-1とG大阪を圧倒した横浜FMの準決勝進出が決定。なお、来月行われる準決勝の対戦相手は川崎フロンターレを破った鹿島アントラーズとなった。 2018.09.09 21:07 Sun
twitterfacebook
thumb

4強決定! 鹿島vs横浜FMのオリジナル10対決実現!《YBCルヴァンカップ》

▽2018Jリーグ YBCルヴァンカップ準決勝進出の4チームが出揃った。 ▽4強入りを果たしたのは湘南ベルマーレ、柏レイソル、横浜F・マリノス、鹿島アントラーズの4チーム。準決勝の対戦カードは、湘南ベルマーレvs柏レイソル、鹿島アントラーズvs横浜F・マリノスに決まった。 ▽準決勝は、10月10日(水)に第1戦、14日(日)に第2戦が開催。勝者は10月27日(土)に埼玉スタジアム2002でタイトルを懸けて激突する。 ◆準決勝対戦カード 湘南ベルマーレ vs 柏レイソル 鹿島アントラーズ vs 横浜F・マリノス 2018.09.09 21:05 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース