徳島DF広瀬陸斗が入籍 「責任感を持ち成長していきたい」2018.04.23 15:40 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽徳島ヴォルティスは23日、DF広瀬陸斗(22)の入籍を発表した。

▽広瀬は、2014年の水戸ホーリーホック入団を経て、2015年から徳島でプレー。今シーズンはケガの影響もあり、ここまで出番がない。

▽入籍発表を受け、広瀬はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

「このたび、4月に入籍致しました。より一層、プロサッカー選手として、人間として責任感を持ち成長していきたいと思います。現在は怪我で離脱中ですが、しっかり怪我を治してまた皆さんの前で元気な姿を見せられるように、そしてチームに貢献出来るように頑張ります。引き続き、応援よろしくお願い致します」

コメント

関連ニュース

thumb

京都がジュロヴスキー体制初勝利! 首位・大分vs2位・山口は両者譲らずドロー決着!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第15節の9試合が各地で行われた。 ▽ニンジニアスタジアムで行われた20位・愛媛FC(勝ち点10)vs最下位・京都サンガF.C.(勝ち点9)は、2-1で京都が勝利した。 ▽15日に間瀬秀一監督との契約解除を発表し、川井健太監督が就任した愛媛と、11日に布部陽功監督を解任し、ボスコ・ジュロヴスキーコーチを昇格させた京都の一戦。試合は後半に動く。京都は52分、石櫃からの右CKの流れから、こぼれ球を拾った染谷がボックス右から中央へクロスを送る。これを大野が頭で叩き込み、京都が先制に成功する。 ▽先制した京都はさらに61分、エスクデロ競飛王のパスを受けた本多がボックス左外からクロス。中央へ走り込んだ岩崎が相手DFよりも先に右足に当てると、ボールはゴール右隅へ吸い込まれた。 ▽2点のリードを許した愛媛は77分、右サイドでパスを受けた小池がゴール前へ絶妙なクロスを送り、有田のヘディングシュートで1点差に縮めた。しかし、その後愛媛に同点ゴールは生まれず、2-1で試合終了。京都がボスコ・ジュロヴスキー監督体制初勝利を飾った。 ▽大分銀行ドームで行われた首位・大分トリニータ(勝ち点30)vs2位・レノファ山口(勝ち点27)の直接対決は、2-2の引き分けに終わった。 ▽連勝中同士の首位攻防戦は、首位・大分が先制する。11分、宮阪からのCKをニアサイドに走り込んだ馬場がダイレクトシュート。グラウンダーのシュートは、寄せてきた相手DFの股を抜けてゴール左隅へと吸い込まれた。 ▽先制点を許した山口は後半開始早々、試合を振り出しに戻す。敵陣中央右でボールを受けた小野瀬がドリブルを開始。ボックス右からグラウンダーのクロスを入れると、走り込んだオナイウ阿道がワンタッチでゴール右隅に突き刺した。 ▽しかし53分、大分がすぐさま勝ち越しに成功する。後藤からのパスを受けた松本がボックス右外からグラウンダーのクロス。中央に走り込んだ後藤が潰れ、走り込んでいた馬場がダイレクトで合わせると、ボールは右ポストを叩いてゴールネットを揺らした。 ▽再び追う立場となった山口。それでも75分、三幸が敵陣中央右からクロスを送る。これは相手に防がれたが、ボックス手前へのこぼれ球を高木が右足を振りぬくと、ボールはゴール左隅へ。このゴールで試合を2-2にした山口が勝ち点1を奪取。大分は勝ち点差を広げることができなかった。 ◆明治安田生命J2リーグ第15節 日程・結果 ▽5/20日(日) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ロアッソ熊本 2</span>-1 水戸ホーリーホック <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">松本山雅FC 1</span>-0 アビスパ福岡 大分トリニータ 2-2 レノファ山口FC 横浜FC 3-3 ジェフユナイテッド千葉 栃木SC 0-0 FC町田ゼルビア アルビレックス新潟 0-0 モンテディオ山形 カマタマーレ讃岐 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 ヴァンフォーレ甲府</span> ツエーゲン金沢 0-0 徳島ヴォルティス 愛媛FC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 京都サンガF.C.</span> ▽5/18(金) ファジアーノ岡山 vs 東京ヴェルディ ※雷雨の影響で試合途中に中止 ▽5/19(土) 大宮アルディージャ 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 FC岐阜</span> 2018.05.20 20:30 Sun
twitterfacebook
thumb

町田FW中村祐也、左大腿ハムストリング肉離れ…復帰まで全治6〜8週間

▽FC町田ゼルビアは20日、FW中村祐也の負傷離脱を発表した。 ▽中村は13日に行われた明治安田生命J2リーグ第14節のカマタマーレ讃岐戦で負傷。左大腿ハムストリング肉離れで復帰まで全治6〜8週間を要する見込みだ。 ▽中村は今シーズンのここまでJ2リーグ12試合1ゴールを記録。町田は20日に行われる今節、栃木SCとアウェイで対戦する。 2018.05.20 13:29 Sun
twitterfacebook
thumb

金沢DF作田裕次に第二子 「父親として頑張っていきます」

▽ツエーゲン金沢は20日、DF作田裕次(30)に第二子が18日に誕生したことを発表した。 ▽作田は2014年から金沢でプレー。今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグ14試合に出場して1得点を記録している。 ▽クラブの発表を受け、作田は次のようにコメントしている。 「5月18日に第2子が誕生しました。実際に立ち会うことができて、妻の、母親のすごさを感じました。本当に妻には感謝しています。これからも選手として、父親として頑張っていきます。引き続き応援よろしくお願いします」 2018.05.20 10:56 Sun
twitterfacebook
thumb

金沢DF毛利駿也がプロA契約締結 今季J2リーグ12試合に出場

▽ツエーゲン金沢は20日、DF毛利駿也(23)とのプロA契約締結を発表した。 ▽毛利は、12日に行われた明治安田生命J2リーグ第14節の松本山雅FC戦でプロA契約締結に必要な規定出場期間を満たした。今シーズンはここまでJ2リーグ12試合に出場している。クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「この度、プロA契約を締結することができました。これからもより一層チームの勝利に貢献できるように、日々トレーニングに励んでいきます」 2018.05.20 10:51 Sun
twitterfacebook
thumb

古橋3戦連発の岐阜が敵地で大宮に完勝! ホーム連敗の大宮は3戦未勝利…《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第15節、大宮アルディージャvsFC岐阜が19日にNACK5スタジアム大宮で行われ、アウェイの岐阜が2-0で勝利した。 ▽3連勝から一転、2戦勝利がない14位大宮(勝ち点18)と、前節の敗戦で連勝がストップした18位岐阜(勝ち点16)によるボトムハーフ同士の一戦。 ▽前節、モンテディオ山形と1-1のドローに終わった大宮はその試合からマテウスに代えて奥抜を起用した以外、同じメンバーを起用。一方、大分トリニータに1-2で敗戦した岐阜はその試合と同じ11人で臨んだ。 ▽アウェイながら立ち上がりからボールを保持する岐阜に対して、大宮は自陣でブロックを作り応戦。守備から攻撃への切り替えの部分で2トップの個人技を生かして相手ゴールまで迫っていく。 ▽時間の経過と共に岐阜が押し込む状況が続く中、24分に見事な連係から先制点が生まれる。左サイドの古橋が中央のライアン・デ・フリースにボールを預けてゴール左に飛び出すと、デ・フリースから絶妙なヒールパスが通る。スムーズなファーストタッチでシュートコースを作った古橋が右足のシュートをゴール右隅に流し込み、3試合連続となる今季5点目を決めた。 ▽幸先良く先制に成功した岐阜はその後も質の高いパスワークで大宮のプレスを剥がしては敵陣深くに侵攻していく。35分には小野のフィードに抜け出したデ・フリースがボックス内でワントラップからフィニッシュに持ち込むが、ここはハンドの判定。さらに前半終了間際の45分にはボックス手前で得たFKを小野が直接狙うと、GKが前に弾いたボールに竹田が反応するが、ここはシュートをミートできず。それでも、大宮のシュートをわずか1本に抑え込んだアウェイチームが1点リードで試合を折り返した。 ▽迎えた後半は大宮が押し込む入りとなるが、岐阜がセットプレーから先にゴールをこじ開ける。53分、相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーの小野が左足インスウィングのボールを入れると、ゴール前で競り勝った竹田が巧みなバックヘッドで流し込んだ。 ▽痛恨の2失点目を喫した大宮は直後の58分、奥抜とロビン・シモヴィッチに代えてマテウスと富山を同時投入。だが、この選手交代で流れを変えることができない。不用意なボールロストから再三に渡って岐阜のカウンターを許すと、絶好調のデ・フリースや古橋にあわや3点目という場面を作られる。 ▽岐阜ペースで試合が進んでいく中、何とか追いつきたい大宮は85分、DF河本を下げてマルセロ・トスカーノをピッチに送り出す。DFを1枚削ってここから猛攻に出ると、89分には左サイドを突破したマテウスの鋭いクロスをゴール前に飛び込んだ大前がワンタッチで合わすが、これは枠の左に外れる。続く92分にはボックス手前右の大前が抑えの効いたボレーシュートを放つが、これはわずかにクロスバーの上を越えた。その後も決死の猛攻を見せた大宮だが、最後まで岐阜のゴールをこじ開けられず、試合はこのままタイムアップ。 ▽敵地で大宮に完勝の岐阜が2試合ぶりの勝利で暫定10位に浮上した。一方、敗れた大宮は3試合未勝利で暫定16位に転落した。 ◆明治安田生命J2リーグ第15節 日程・結果 ▽5/19(土) 大宮アルディージャ 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 FC岐阜</span> ▽5/20日(日) 《13:00》 ロアッソ熊本 vs 水戸ホーリーホック 《14:00》 松本山雅FC vs アビスパ福岡 大分トリニータ vs レノファ山口FC 横浜FC vs ジェフユナイテッド千葉 栃木SC vs FC町田ゼルビア アルビレックス新潟 vs モンテディオ山形 カマタマーレ讃岐 vs ヴァンフォーレ甲府 ツエーゲン金沢 vs 徳島ヴォルティス 《17:00》 愛媛FC vs 京都サンガF.C. ▽5/18(金) ファジアーノ岡山 vs 東京ヴェルディ ※雷雨の影響で試合途中に中止 2018.05.19 18:05 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース