モンテッラ監督がアズーリ指揮官への関心を示唆! 今季ユナイテッド&アトレティコ撃破の名将は母国救えるか2018.03.21 22:32 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セビージャのヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が、イタリア代表指揮官の座に将来的な関心を抱いていることを認めた。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

▽ロシア・ワールドカップの欧州予選プレーオフで敗れ、出場権を逃し失意の中にあるイタリアは、未だに指揮官が決まっておらず。3月に行われるアルゼンチン代表、イングランド代表との国際親善試合には、ルイジ・ディ・ビアージョ暫定監督の下で臨む。

▽ユーロ2020や2022年のカタールW杯に向けて指揮を執ることになるジャンピエロ・ヴェントゥーラ前監督の後任には、チェルシーのアントニオ・コンテ監督や、前バイエルン監督のカルロ・アンチェロッティ氏らの名前が挙がっており、イタリアサッカー連盟(FGCI)の決定が待たれている。

▽イタリア『Rai Sport』のインタビューに応じたモンテッラ監督は、以下のように関心をほのめかしつつ、セビージャで満足しているとも語った。

「イタリアの指揮官だって? 全てのコーチにとって、母国の代表監督を務めることは夢だ」

「私が彼ら(FIGC)にそれを頼まれたらどうなるかは、分からないよ」

「それでもセビージャは心地良いし、契約はもう1年残っている」

▽モンテッラ監督は、昨年12月末にセビージャの監督に就任。すると、1月に行われたコパ・デル・レイ準々決勝でアトレティコ・マドリーを2戦合計5-2で打ち倒し、準決勝に進出。続く準決勝ではレアル・マドリーを下したれがネスに競り勝ち、バルセロナの待つ決勝にまで到達している。また、チャンピオンズリーグ(CL)でも決勝トーナメント1回戦でマンチェスター・ユナイテッドを2戦合計2-1で撃破。欧州中にその手腕をアピールした。

コメント

関連ニュース

thumb

モウリーニョが各リーグの魅力語る! 伊は「C・ロナウド」、西は「メッシ」で英は…

▽マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、プレミアリーグこそ最高だと語った。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の記事を、スペイン『マルカ』が引用している。 ▽母国のベンフィカで指揮官としてのキャリアをスタートさせたモウリーニョ監督は、2003-04シーズンにポルトを率いてチャンピオンズリーグ(CL)制覇を達成し、世界的名将として知られることに。続くチェルシー時代はCLこそ優勝できなかったもののプレミアを連覇、インテル時代の2009-10シーズンにはイタリア史上初の三冠(CL、セリエA、コッパ・イタリア)にチームを導いた。 ▽2010年夏に就任したレアル・マドリーでは、2011-12シーズンにリーガエスパニョーラを制覇。欧州3大リーグで優勝を成し遂げた史上初の監督となった。マドリー指揮官退任後、チェルシーでの2度目の政権を経て、現在ではマンチェスター・ユナイテッドで采配を振るっている。 ▽数々のリーグで優勝を経験しているモウリーニョ監督が、どのリーグが最高かという質問に以下のような見解を示した。 「プレミアリーグは、ベストの選手たちが同居する最も競争力のあるリーグだ」 「3つの次元がある。人々は(クリスティアーノ・)ロナウドを目的にイタリアを観るし、プレミアリーグを観るならばベストのリーグであることが理由だ。そしてスペインなら(リオネル・)メッシのためだね」 「ユベントスの今回の(C・ロナウドの)移籍を祝福する。フットボール面でも、広告面でも、そしてマーケティング面でもね」 ▽なお、今回話に挙がっていないブンデスリーグについては、モウリーニョ監督は2013年に「興味がない。私がドイツで指揮を執ることはない」とコメントしていた。 2018.07.17 22:45 Tue
twitterfacebook
thumb

「ブラジル以外なら我々の方が上」 マンチーニ、イタリア代表に自信

▽イタリア代表のロベルト・マンチーニ監督は、ロシア・ワールドカップにイタリア代表が出ていればという気持ちがあるようだ。『ANSA通信』が指揮官のテレビ番組での発言を伝えた。 ▽イタリア代表は欧州予選で敗れ、60年ぶりにワールドカップ出場権を逃した。その後、復権を目指してマンチーニ監督が招へいされている。 ▽しかし、新監督から見て、ロシアワールドカップの試合はそこまでレベルが高いとは感じていない。 ▽マンチーニ監督は「イタリアのいないワールドカップを見るのは残念だ」とコメント。「ブラジルを除いたら、我々より上のチームはなさそうだ」と、アッズーリの力に自信を持っている。そして、「我々にとってはネガティブなことばかりじゃない。敗退はもちろん残念だが、若手が多いんだ。全員が代表への情熱を持っている」と未来への希望も語った。 2018.07.05 05:17 Thu
twitterfacebook
thumb

イタリア代表のW杯欠場が人命救う? マンチーニ監督が人命救助

▽イタリア代表を率いるロベルト・マンチーニ監督が休暇先のセニガッリアで交通事故にあった94歳の老婦人の人命救助に貢献していたことがわかった。イタリア『Blitz quotidiano』が伝えている。 ▽先日、イタリア代表での初采配を終えてアドリア海に面したマルケ州のセニガッリアで休暇中のマンチーニ監督は、先日に自転車に乗って自動車との軽い接触事故に巻き込まれた94歳の老婦人の人命救助に貢献していた。 ▽『Blitz quotidiano』が伝えるところによれば、医者を含む友人数名とビーチでくつろいでいたマンチーニ監督は近くの道路で車との接触事故に遭った老婦人の元に駆け付けると、医者の友人が応急処置やケガの状態を確認する傍らで救急車を要請。さらに、救急車の誘導なども行ったとのことだ。 ▽そして、マンチーニ監督一行の素早い対応もあり、すぐさま救急車で近くの病院に搬送された同女性は3カ所程の骨折を負ったものの、命に別状はなかったとのことだ。 ▽後にマンチーニ監督一行に救助されたことを知った女性の息子は、自身の『フェイスブック』を通じて同監督たちへの感謝のメッセージを綴った。 「幸運なことにイタリア代表はワールドカップに行きませんでした。仮に出ていれば、彼(マンチーニ)があの場所に居ることはなかったと思います。私の母を助けてくれたすべての人に感謝を示したいです」 ▽14日に開幕し徐々に盛り上がりを見せるロシア・ワールドカップにアズーリの姿がないことは非常に寂しい限りだが、少なくともアズーリの予選敗退が1人の人命救助に繋がったことは確かだ。なお、イタリア代表がW杯出場を決めていた場合、ジャンピエロ・ヴェントゥーラ前監督が続投していたのではないかとの邪推はご容赦してもらいたい。 2018.06.17 19:30 Sun
twitterfacebook
thumb

マンチーニ、バロテッリに全幅の信頼「年齢、技術ともに伊代表のリーダーに相応しい」

イタリア代表指揮官ロベルト・マンチーニが11日、ファッション誌『GQ』イタリア版のインタビューに応じ、FWマリオ・バロテッリを称賛した。<br><br>マンチーニは5月、1年間率いたゼニト監督を退任すると、イタリア代表指揮官に就任。直後の親善試合を1勝1敗1分で終えたが、収穫もあった。4年ぶりに代表復帰したバロテッリが、サウジアラビア戦ですぐさまゴールを決め、結果を出した。<br><br>「彼のことは好きだが、彼をアッズーリに復帰させたのは、あくまで技術的な理由からだ。彼はまだ28歳。これから好きなだけ夢を実現していく時間はまだある。フィジカルやテクニックに経験も加わり、あらゆる意味で成長したと思う」<br><br>過去にはインテルやマンチェスター・シティでも指導した教え子のバロテッリを、マンチーニは信頼している。<br><br>「代表はいつか負けるものだ。これまでなんとかやって来ていたが、スウェーデン戦で失敗に終わった。私は新しいリーダーを必要としている。マリオは年齢的にも、技術的にも任せられると思う。ただ幸運なことに人材は彼一人ではない」<br><br>■キエーザを見るのはまるでタイムトラベルまたマンチーニは、フィオレンティーナに所属する20歳のFWフェデリコ・キエーザを称えた。<br><br>「立ち止まって彼を観察してしまうことがある。彼を見ているとタイムトラベルをしているようなんだ。フェデリコは、父親のエンリコ(キエーザ)にそっくりだ。フェイントも同じ、ギアを入れるときも同じ、シュートも非常によく似ている。今年は潜在能力を考えると、ゴール数が少なかったが、いわゆる才能に恵まれた選手で、得点力についても、いつ爆発してもおかしくない。私はそのときを待ち望んでいる」<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.12 18:40 Tue
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 6月10日は、超一流の戦術家&モチベーターとして名を馳せるイタリア人指揮官のバースデー

◆カルロ・アンチェロッティ 【Profile】 国籍:イタリア 誕生日:1959/6/10 役職:監督 クラブ:ナポリ 身長:179㎝ ▽『今日の誕生日は誰だ!』6月10日は、ナポリのイタリア人指揮官、カルロ・アンチェロッティ監督だ。 ▽中盤の選手としてパルマで現役のキャリアをスタートさせた後の名将は、ローマ、ミランと渡り歩きチャンピオンズカップ(現チャンピオンズリーグ)2度を含む、12度のタイトル獲得を経験。イタリア代表としても1990年に母国開催のワールドカップで3位入賞に貢献し、偉大な選手として名を馳せた。 ▽そして、指導者としてはユベントス、ミラン、チェルシー、パリ・サンジェルマン(PSG)、レアル・マドリー、バイエルンなど数々のメガクラブを指揮。CL3度を含む17度の戴冠を果たし、選手時代に勝るとも劣らない栄光を手にしている。 ▽戦術家にして非常に温和なモチベーターであることで知られるアンチェロッティ監督。そんな彼にもお茶目な一面がある。当人が、レアル・マドリーを指揮していた頃の想い出を次のように語った。 「ある重要な試合の前に、クリスティアーノ・ロナウドにベンチに座るように言ったら、衝撃を受けた顔で私を見ていたよ。だから、すぐにそれがジョークだと伝えたんだ」 ▽選手との親密な対話、信頼関係を重視するアンチェロッティ監督の卓越したコミュニケーション能力が垣間見えるエピソードだ。 ※誕生日が同じ主な著名人 デビッド・プラット(サッカー指導者) ファン・ジェズス(サッカー選手/ローマ) マルティン・ハルニク(サッカー選手/ハノーファー) 細貝萌(サッカー選手/柏レイソル) 郷家友太(サッカー選手/ヴィッセル神戸) 安倍昭恵(首相夫人) ジェームス三木(脚本家) ジミー・チェンバレン(ドラマー/スマッシング・パンプキンズ) 松たか子(女優) いとうあさこ(お笑い芸人) 2018.06.10 07:00 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース