ディエゴ・オリヴェイラのスーパーゴールでFC東京が今季J1初勝利! …好調の昇格組・湘南は初黒星喫する《J1》2018.03.18 16:55 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽明治安田生命J1リーグ第4節のFC東京vs湘南ベルマーレが18日に味の素スタジアムで行われ、1-0でFC東京が勝利した。▽ここまで1分け2敗の未勝利で17位に沈むFC東京(勝ち点1)は、1-0で勝利した直近のYBCルヴァンカップ2018、アルビレックス新潟戦からスタメンを1名のみ変更。丸山に代えて森重を起用した。

▽対して1勝2分けの無敗で7位につける湘南ベルマーレ(勝ち点5)は、1-2で敗北した直近のルヴァン杯V・ファーレン長崎戦からスタメンを全員変更。GKに秋元、3バックにアンドレ・バイア、大野、山根、中盤に菊池、梅崎、秋野、松田、高山、杉岡を配し、最前線にはイ・ジョンヒョプが入った。

▽試合の序盤から主導権を握るFC東京は、最前線のディエゴ・オリヴェイラに素早くボールを当ててからの攻撃を試みるが、湘南の3バックを中心とする集中した守備に苦しみゴールに迫ることができない。しかし、湘南のカウンターも危険なゾーンまで至ることがなかなかなく、お互いに決定機に欠ける展開が続く。

▽それでも25分、ボックス手前やや右の絶好の位置でディエゴ・オリヴェイラが倒され、FKを獲得。しかし、小川が左足で直接狙ったシュートは枠を外れ、得点には繫がらない。さらに34分、東のラストパスに反応したディエゴ・オリヴェイラがフリーでボックス内右に侵攻してシュートを放ったが、これも枠を外れた。

▽FC東京がチャンスを逸すると、前半終了間際の45分、湘南にチャンスが訪れる。ボックス手前左からのFKのシーンで、キッカーは梅崎。右足でニアを狙ったシュートは左ポストに阻まれて得点とはならなかったものの、FC東京ゴールを脅かした。直後に前半が終了し、試合はゴールレスで折り返しを迎えることに。

▽後半が始まると、早々の46分にFC東京に先制点。ボックス手前中央、後ろ向きの体勢でボールを受けたディエゴ・オリヴェイラが独力で前を向く。そのまま右足を振り抜くと、強烈なシュートがゴール右に突き刺さった。

▽その後も攻勢を保つFC東京は、74分にもチャンスを得る。途中出場の前田が右サイドを抜け出して深い位置まで侵攻。中央に折り返すと、ボックス内の東がダイレクトで合わせたシュートはGK秋元にキャッチされたが、試合を優位に運んでいく。

▽結局、1-0のスコアのまま試合が終了。この結果、FC東京は追加点こそ決め切れなかったものの危なげなく締めることに成功し、今シーズンのJ1リーグ初勝利。対する湘南は、初敗北を喫することとなった。
コメント
関連ニュース
thumb

FC東京が韓国代表MFナ・サンホの獲得合意を発表 昨季韓国2部で個人3冠の22歳

FC東京は14日、光州FC(韓国)に所属する韓国代表MFナ・サンホ(22)の完全移籍加入でクラブ間合意に達したことを発表した。メディカルチェック後、正式契約を結ぶ。 ナ・サンホは2017年に光州FCでプロデビュー。2018シーズンのKリーグ2で31試合16得点の好成績を収め、得点王やMVP、ベストイレブンを総なめした。また、昨夏にU-23韓国代表の一員としてアジア競技大会制覇に貢献。AFCアジアカップ2019の韓国代表メンバーにも招集されたが、負傷で途中離脱した。FC東京入りを受け、クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 「日本の首都クラブである東京に加入でき光栄です。早くチームに馴染み、良いプレーを見せられるように頑張ります!」 2019.01.14 16:40 Mon
twitterfacebook
thumb

FC東京が鳥栖のU-21日本代表FW田川亨介を完全移籍で獲得「力になれるように全力で努力」

FC東京は14日、サガン鳥栖のU-21日本代表FW田川亨介(19)を完全移籍で獲得することを発表した。 田川は鳥栖の下部組織出身で、2017年にトップチームへと昇格。プロ1年目で明治安田生命J1リーグに24試合出場し4得点を記録。YBCルヴァンカップでも4試合、天皇杯で2試合に出場し2得点を記録していた。 プロ2年目の2018シーズンはJ1で23試合に出場し2得点。ルヴァンカップで4試合、天皇杯で2試合に出場していた。田川は両クラブを通じてコメントしている。 ◆FC東京 「このたびサガン鳥栖から移籍加入することになりました田川亨介です。東京の力になれるように全力で努力し、自分の持ち味を最大限に発揮できるように日々邁進していきたいと思いますので、応援よろしくお願いします」 ◆サガン鳥栖 「この度FC東京に移籍することになりました。サガン鳥栖というクラブにはユースの時から育ててもらい、プロという世界に入って様々なことを学ぶことができました」 「たくさんのサポートをしていただき感謝しています。サガン鳥栖サポーターの声援はいつも力をくれて背中を後押ししてくれました。サガン鳥栖での経験を忘れずに次のステージでも頑張りたいと思います。本当にありがとうございました!」 2019.01.14 14:12 Mon
twitterfacebook
thumb

MFアルトゥール・シルバのストロングポイントはパワー! 「フィジカルも強い」《FC東京新体制発表会》

FC東京は12日、2019シーズンに向けた新体制の発表会を開催。発表会では新加入の選手たちが登壇し、サポーターに挨拶をした後に質疑に応じた。 ブラジル人MFアルトゥール・シルバの加入は、新体制発表会と同日に発表。すぐにサポーターに挨拶する場が訪れた同選手は、「こんばんは。アルトゥールです、初めまして。よろしくお願いします。日本に来れてとても嬉しいです」と丁寧に日本語で話し、質疑応答に入った。 ◆MFアルトゥール・シルバ —―FC東京加入の決め手は? 「私はブラジルでプレーしていたのですが、海外でプレーしたいという気持ちがあり、なおかつ日本でプレーができればと思っていました。そこで日本からオファーを頂きまして非常に嬉しく思っています。チーム一丸となって、力を合わせて目標を達成したいと思っています」 —―自身のプレーのアピールポイントはどこか 「私のプレースタイルは、中盤なんですが前に行く力もありますし、厳しいマークもできてフィジカルも強いと思っています。エリアの外からのシュートにも自信を持っているので、良いプレーを見せられればと思っています」 —―サポーターへのメッセージ 「ビッグチームのFC東京のユニフォームを着ることができて非常に嬉しいと思いますし、私の全ての力をチームに捧げていきたいと思っています。ぜひサポーターの皆さん、応援よろしくお願いします」 2019.01.13 16:04 Sun
twitterfacebook
thumb

愛するクラブとの再会! DF渡辺剛「大好きなクラブ」《FC東京新体制発表会》

FC東京は12日、2019シーズンに向けた新体制の発表会を開催。発表会では新加入の選手たちが登壇し、サポーターに挨拶をした後に質疑に応じた。 DF渡辺剛は、中学校年代までFC東京の下部組織に所属し、その後に山梨学院大学附属高校に進学。中央大学に進路を進めていたが、再びFC東京に戻ることとなった。渡辺は、発表会の中で最下位を果たしたクラブへの愛情を示している。 ◆DF渡辺剛 「こんにちは。中央大学から加入することになりました渡辺剛です。児玉選手が“ダマ”ということなんで“ツヨシ”と呼んでください。特徴はヘディングとカバーリング、そしてゴール前で戦う姿です。よろしくお願いします」 —―FC東京加入の決め手は? 「自分は小学校、中学校とFC東京にお世話になっていて、大好きなクラブでまたプレーする機会を貰えるということだったので、自分の全力を出してリーグ優勝に貢献できればなと思って決めました」 —―サポーターへのメッセージ 「自分はJ3で3試合経験させていただいているのですが、その中で勝てない時でも熱い応援をしていただき、厳しい言葉をかけてもらいました。それでもそういった勝ちたいという気持ちが自分たちの力になっていて、それに応えたいと今思っています。よろしくお願いします」 2019.01.13 16:03 Sun
twitterfacebook
thumb

DF中村拓海加入の裏に羽生直剛氏「熱い視線が…」《FC東京新体制発表会》

FC東京は12日、2019シーズンに向けた新体制の発表会を開催。発表会では新加入の選手たちが登壇し、サポーターに挨拶をした後に質疑に応じた。 高校サッカー界の注目選手だったDF中村拓海は、東福岡高校からFC東京に加入。発表会では、強化部でスカウトを担当する羽生直剛氏からの熱心な誘いが加入の決め手になったと語った。 ◆DF中村拓海 「皆さん初めまして。東福岡高校から加入しました中村拓海です。背番号は22番でポジションはディフェンダーです。自分のプレーの特徴は、運動量が多く攻撃的な所です。よろしくお願いします」 —―FC東京加入の決め手は? 「強化部の羽生さんの熱い視線とかが好きで決めました」 —―サポーターへのメッセージ 「ファン・サポーターの皆さんが多いチームと聞いているので、そこで結果に結びつけるプレーをして頑張りたいと思います」 2019.01.13 16:02 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース