【超WS選定週間ベストイレブン/J1第3節】広島ベテランGKが24年ぶり3連勝に導くPKストップ!2018.03.12 13:45 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽明治安田生命J1リーグ第3節の9試合が10日から11日の2日間にかけて開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。◆寸評(所属/今シーズンの選出回数)
GK林卓人(サンフレッチェ広島/初選出)
▽殊勲のPKストップ。24年ぶりの3連勝を呼び込んだ。

DF新里亮(ジュビロ磐田/初選出)
▽移籍後初先発でタイトな守備。ビルドアップも◎。

DFアンドレ・バイア(湘南ベルマーレ/初選出)
▽ジョーを封殺。空中戦および肉弾戦で強さを発揮した。

DF車屋紳太郎(川崎フロンターレ/初選出)
▽CBで出場。カバーリングも良く、谷口と鉄壁の守備を築いた。

MF和田拓也(サンフレッチェ広島/初選出)
▽難攻不落のカシマを攻略する一発。シュートの流れも見事だった。

MF河井陽介(清水エスパルス/初選出)
▽芸術的なスーパーゴール。バランサーとしても奮闘した。

MF家長昭博(川崎フロンターレ/初選出)
▽古巣相手にビューティフルゴール。抜群の存在感を誇った。

MF翁長聖(V・ファーレン長崎/初選出)
▽PK獲得。左サイドからの鋭い仕掛けで躍動した。

FWビクトル・イバルボ(サガン鳥栖/初選出)
▽今季J1初出場。ずば抜けた能力を改めて示した。

FWクリスラン(清水エスパルス/初選出)
▽1ゴール1アシスト。圧倒的な個の力を見せつけた。

FWアダイウトン(ジュビロ磐田/初選出)
▽全得点に絡むハイパフォーマンス。攻守に獅子奮迅の活躍ぶり。
コメント
関連ニュース
thumb

超WS選定! 2018年のJ1ベストイレブン

▽2018シーズンの明治安田生命J1リーグは川崎フロンターレの連覇が決まった一方で、ACL争いや残留争いは史上稀にみる大混戦に。今シーズンも様々なドラマが生まれ、幕を閉じた。 ▽今シーズンも毎節ベストイレブンを選出してきた超ワールドサッカー編集部は、20試合以上の出場数を選考基準に、年間を通じて最も印象的な活躍を披露した11名をセレクト。短評と共に紹介する。 ◆超WS選定年間ベストイレブン(J1) GKクォン・スンテ(34歳/鹿島アントラーズ) 成績:27試合 ▽クリーンシート数は12回。昨年こそケガで苦しんだが、今年はタイトな日程の中で幾度となくチームの救世主となり、過去2度にわたるアジア制覇の経験を生かして、鹿島を初のACL優勝に導いた。頼れる守護神の力はかなり大きかった。 DFエウシーニョ(29歳/川崎フロンターレ) 成績:32試合/2得点 ▽持ち前の攻撃センスと技術で後ろから幅広い攻撃を構築。今シーズンは守備の比重を高めることとなったが、支えるプレーによりチームは安定が保たれた。それでも機を見た神出鬼没なポジショニングでも脅威に。すでに退団が決定。連覇を成し遂げた魅力ある攻撃を彩る存在だった。 DF高橋祐治(25歳/サガン鳥栖) 成績:30試合/1得点 ▽個人として大きく飛躍を遂げた1年だった。J1初挑戦だったが、第6節のセレッソ大阪戦をきっかけに先発の座を掴み取った。今シーズンはチームとして守勢に回る試合が多かったが、総失点数は「34」。GK権田修一の貢献度と共に、この男の台頭も大きかった。 DF谷口彰悟(27歳/川崎フロンターレ) 成績:34試合/3得点 ▽2年連続フルタイム出場。ディフェンスリーダーとして守備面ではクリーンに相手を封じ、攻撃面でも高いビルドアップ能力で屈指の攻撃陣を後方からサポートし続けた。影のMVP。最少失点に抑え、連覇を成し遂げたのは昨シーズンよりも好守のクオリティを高めた彼の存在があってのこと。 DF山中亮輔(25歳/横浜F・マリノス) 成績:32試合/4得点 ▽ポステコグルー監督による新戦術の下で覚醒。高精度なクロスと強烈なミドルシュートでキャリアハイの4ゴール8アシストという数字を叩き出し、売りの攻撃力を周囲に見せつけた。記憶に新しい代表デビュー弾もオーバーラップからの左足。来年への期待は高まるばかり。 MF家長昭博(32歳/川崎フロンターレ) 成績:32試合/6得点 ▽連覇の立役者。昨シーズンはケガで出遅れたが、今シーズンは開幕から異彩を放ち続けた。巧さ、強さ、速さを存分に発揮して相手を翻弄すると、ゲームを冷静に見ては言葉でチームメイトを気遣った。誰も手を付けられず。献身性をも兼ね備えた天才はまさに無敵だった。 MF中村憲剛(38歳/川崎フロンターレ) 成績:33試合/6得点 ▽フロンターレのバンディエラとして今年もフル稼働した。38歳の年齢に関わらず、リーグ戦欠場はわずか1試合。36歳でMVP、37歳で初優勝、38歳で連覇…。歳を重ねるごとに衰えるどころか、逆に司令塔としての凄みがより増している。 MFチャナティップ(25歳/北海道コンサドーレ札幌) 成績:30試合/8得点 ▽来日2年目の今年は小柄を生かしたドリブルや足下の高い技術、シュート精度で、札幌史上最高位となる4位フィニッシュに導くと共に、個人としてもチーム内3位の8得点をマーク。1年を通じて、“タイのメッシ”と呼ばれる所以を示し続けた。 FWファン・ウィジョ(26歳/ガンバ大阪) 成績:27試合/16得点 ▽クラブ記録の6戦連発をマークするなど、最終的に得点ランキング3位の16ゴール。今夏のアジア競技大会から復帰後、ストライカーとしてよりスケールアップを遂げ、MF今野泰幸や宮本恒靖監督と共にG大阪の残留劇を語る上で欠かせない選手に。 FWジョー(31歳/名古屋グランパス) 成績:33試合/24得点 ▽ブラジル全国選手権のMVPや得点王、ベストイレブンに輝いた実績は伊達ではなかった。初挑戦のJリーグでも3度のハットトリックや7度の複数得点をマークするなど、元セレソンの能力を生かして大暴れ。シーズンを通じた存在感は規格外だった。 FW鈴木優磨(22歳/鹿島アントラーズ) 成績:32試合/11得点 ▽11得点10アシストという数字が今シーズンの活躍ぶりを物語る。2015年のJリーグデビュー以来、ゴール前に飛び込む強気な姿勢が魅力だったが、お膳立て役にもなれる柔軟性も新たな武器に。その活躍により、11月に代表初選出。ACL初制覇も成し遂げ、実り多き1年に。 監督 ミハイロ・ペトロヴィッチ(61歳/北海道コンサドーレ札幌) ▽川崎フロンターレの鬼木達監督やガンバ大阪の宮本恒靖監督も光ったが、今年は北の大地を沸かせたミハイロ・ペトロヴィッチ監督を選出。晩年中位がやっとの札幌に攻撃的スタイルを浸透させ、クラブ最高位の4位に導いた手腕は見事。さらなる成熟に期待がかかる。 2018.12.07 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1最終節】イニエスタが最終節でさすがのパフォーマンス!

▽明治安田生命J1リーグ最終節の9試合が1日に一斉開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆寸評(所属/今シーズンの選出回数) GKクォン・スンテ(鹿島アントラーズ/2回目) ▽小野の際どい直接FKを見事に処理。カウンター対応やクロス対応にも集中力を切らさず。 DF馬渡和彰(サンフレッチェ広島/初選出) ▽今季2度目に手にした先発チャンスでシーズン初ゴール。その後の同点劇を呼び込んだ。 DFチョン・スンヒョン(鹿島アントラーズ/3回目) ▽古巣攻撃陣を見事な立ち回りで完封。ロングボールの対応もさることながら、対人で無類の強さを発揮した。 DF高橋祐治(サガン鳥栖/4回目) ▽高橋祐治相手のシュートに身体を投げ出すなど気迫溢れるプレー。守備陣の軸として最後まで破城せず。 DF鈴木大輔(柏レイソル/初選出) ▽復帰後初ゴールが快勝劇の呼び水に。1失点目こそ勿体なかったが、総じて崩れず、頼もしいプレーが続いた。 MF中山雄太(柏レイソル/初選出) 攻撃陣も顔負けの華麗な仕掛けからゴール。果敢なチャージから味方の得点を演出するなど随所で輝いた。 MF家長昭博(川崎フロンターレ/7回目) 個人技で劇的ゴールを導き、相手の急所を突くパスも披露。最終節の等々力でも秀逸ぶりが光った。 MFアンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸/3回目) ▽この試合でも司令塔として抜群の存在感。さらに、追加点を決め、さすがのプレー内容だった。 MF山村和也(セレッソ大阪/初選出) ▽空中戦だけでなく、空中戦でも安定したプレーぶり。ゴールも見事だったが、その他でも高い貢献度を誇った。 FW古橋亨梧(ヴィッセル神戸/初選出) ▽1ゴール。突破力だけでなく、前線でボールの中継役として機能して見せ、攻撃を牽引した。 FW李忠成(浦和レッズ/初選出) 最終節で巡ってきたシーズン初の先発機会で2ゴール。率先してディフェンスに加わる献身性でもチームを助けた。 2018.12.03 13:00 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第33節】伊東純也が意地の2アシスト!

▽明治安田生命J1リーグ第33節の9試合が24日に開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆寸評(所属/今シーズンの選出回数) GK権田修一(サガン鳥栖/6回目) ▽勝負どころを好守で凌ぎきり、逆転勝利に導く。金崎とトーレスの活躍に目が行きがちだが、この男の活躍は大きかった。 DF米倉恒貴(ガンバ大阪/2回目) ▽2得点の起点になるなど攻撃面で好パフォーマンス。2戦連続の先発機会で結果を残す。 DF奈良竜樹(川崎フロンターレ/2回目) ▽谷口とともにD・オリヴェイラを封殺。出足の遅い場面も身体を投げ出して対応するなど無理の効く守備を見せた。 DF宮澤裕樹(北海道コンサドーレ札幌/3回目) ▽読みの鋭いカバーリングでピンチの芽を摘み、攻撃の起点になる動きも披露。だいぶ相手を苦しめた。 DF大野和成(湘南ベルマーレ/初選出) ▽ビハインドのボールにしっかりと対応。最終ラインを統率しつつ、機を見た攻撃参加でも見せ場を作った。 DF藤春廣輝(ガンバ大阪/初選出) ▽持ち前のスプリント力は健在。後半になっても落ちない運動量も圧巻のひと言。 MF小林裕紀(名古屋グランパス/初選出) ▽1得点1アシスト。決して目立つプレーこそないが、泥臭い立ち回りでチームをフォロー。 MFレオ・シルバ(鹿島アントラーズ/3回目) ▽徐々にペースを上げていき、後半にボール奪取から2点目の起点に。中盤から攻守両面で抜群の存在感を放った。 MF小野瀬康介(ガンバ大阪/初選出) ▽ここ4試合で3ゴール目となる一発。運動量も目を見張り、攻守に活躍が際立った。 MF伊東純也(柏レイソル/4回目) ▽残留とはならなかったが、落とせない試合で2アシスト。カウンターの急先鋒として躍動した。 FWジョー(名古屋グランパス/6回目) ▽競り合いでほぼ負けず。1ゴールを決めるだけでなく、質の高いポストプレーで相手の脅威に。 2018.11.26 13:00 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第32節】ヤットが大記録試合でパスマスターとして異彩!

▽明治安田生命J1リーグ第32節の9試合が6〜11日にかけて開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆寸評(所属/今シーズンの選出回数) GKシュミット・ダニエル(ベガルタ仙台/2回目) ▽粘り強く対応する守備陣の中で、最後の防波堤として終盤にファインセーブ。その他の対応も◯。 DF立田悠悟(清水エスパルス/2回目) ▽ジョーを抑え込む守備だけでなく、攻撃面でも活躍。2アシストという結果を残して、U-21日本代表に合流へ。 DFマテイ・ヨニッチ(セレッソ大阪/3回目) ▽エアバトルの主導権争いで強さを発揮するなど気迫溢れる守備。勝てば優勝という川崎Fのムードに水を差した。 DFファン・ソッコ(清水エスパルス/4回目) ▽出足の鋭い前でボールを奪う守備や75分のシュートブロックで完封勝利に貢献。存在感を際立たせた。 DF丸橋祐介(セレッソ大阪/3回目) ▽55分の杉本弾を秀逸な縦パスで演出。この試合も守備だけでなく、売りの攻撃で異彩を放った。 MF小笠原満男(鹿島アントラーズ/2回目) ▽若手主体のメンバーをさすがの統率力でリード。CKから2点目をお膳立てするなどプレーでもチームを盛り上げた。 MF遠藤保仁(ガンバ大阪/初選出) ▽FP史上初となるJ1通算600試合の大記録試合で両軍トップのパス数を記録。相手の勢いを削ぎ、急所を突くパスセンスはさすが。 MFイッペイ・シノヅカ(横浜F・マリノス/初選出) ▽指揮官のジョーカー起用に回答。決勝点の起点になるなど再三チャンスを作り、攻撃陣の起爆剤に。 FW武藤雄樹(浦和レッズ/3回目) ▽チームのAC出場権獲得に望みを繋ぐ2発。ボールに対する反応、ゴールへのイメージ、フィニッシュの精度、文句なし。 FW石原直樹(ベガルタ仙台/初選出) ▽ハモン・ロペスの落としから古巣の逆転優勝を絶つボレー弾。チームトップスコアラーとして役割を完遂した。 FWファン・ウィジョ(ガンバ大阪/6回目) ▽エムボマやアラウージョ、宇佐美らに並ぶクラブ記録の6戦連発をマーク。チームを残留に導くヒーローに。 2018.11.12 13:00 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第31節】連覇への王手に導いた川崎Fの遂行者たち

▽明治安田生命J1リーグ第31節の9試合が10月31日から11月4日にかけて開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆寸評(所属/今シーズンの選出回数) GK権田修一(サガン鳥栖/5回目) ▽早い時間帯に相手との接触で出血するも、これが守護神をより覚醒させた。前半終了間際と82分に右手一本で神セーブ。暫定だが、残留圏内浮上の立役者に。 DF奈良竜樹(川崎フロンターレ/初選出) ▽持ち前の対人の強さでオルンガに仕事をさせず。周囲へのケアも怠らず、MF谷口彰悟と共に完封。 DF宮澤裕樹(北海道コンサドーレ札幌/2回目) ▽本職ではないセンターバックで安定感抜群のプレー。ベテラン石原直樹にもしっかりと対応してみせた。 DFチャン・ヒョンス(FC東京/初選出) ▽MF東慶悟の右CKから頭で巧みに押し込み決勝弾。起こしてしまった騒動に対して、一つ結果で応えた。 MF伊野波雅彦(ヴィッセル神戸/初選出) ▽ベテランが久々の先発起用に応える躍動。献身的な守備で名古屋の攻撃の芽を摘み続けた。 MF今野泰幸(ガンバ大阪/3回目) ▽守備職人としての役割を遂行し、カウンターのきっかけにも。自身が復帰してリーグ7連勝。ツネ様にも「存在が安定感をもたらす」と言わしめた。 MF家長昭博(川崎フロンターレ/6回目) ▽圧巻の攻撃センスで存在感。先制点も技術が詰まった一撃だった。2戦連発。 MF登里享平(川崎フロンターレ/初選出) ▽攻守においてチームを助け、先制点と3点目の起点に。特に3点目の素早い出足からのFW知念慶への縦パスは秀逸だった。 MFルーカス・ポドルスキ(ヴィッセル神戸/3回目) ▽ゴールハンターとしての本領を発揮。ワールドクラスの2発でリージョ体制初白星をもたらした。 MF山田大記(ジュビロ磐田/初選出) ▽精力的に走り回り攻守に貢献。1点目と3点目は自身のCKから。0-2からの逆転劇のきっかけに FWファン・ウィジョ(ガンバ大阪/5回目) ▽勝ち越し弾で驚異の5戦連続ゴール。ゴールへの姿勢、駆け引き、シュートセンス全てがパーフェクト。 2018.11.05 15:45 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース