アイルランド撃破のデンマークが2大会ぶり5度目のW杯出場! エリクセンが圧巻ハットで敵地での大勝に導く《ロシアW杯欧州予選プレーオフ》2017.11.15 06:46 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ2ndレグ、アイルランド代表vsデンマーク代表が14日に行われ、アウェイのデンマークが5-1で勝利した。この結果、2戦合計5-1としたデンマークの2大会ぶり5度目のW杯出場が決定した。

▽3大会連続4度目の出場を目指すアイルランドは、敵地で行われた1stレグを守護神ランドルフの活躍によって0-0のドローで終えた。ホームで必勝を期すこの試合に向けては1stレグからオドウダに代えてメイラーを復帰させた以外、同じメンバーを採用。引き続き[4-1-4-1]の布陣を採用した。

▽一方、2大会ぶり5度目のW杯出場を目指すデンマークは先発2選手を変更。アンカーセンとコーネリウスに代えてA・クリステンセン、Y・ポウルセンを同ポジションで起用し、[4-3-3]の布陣で臨んだ

▽1stレグはゴールレスドローに終わったが、この2ndレグは開始早々に動く。6分、ハーフウェイライン付近でFKを得たアイルランドは、キッカーのブレイディがゴール前に向けてボールを入れる。これがDFのクリアミスを誘いゴール前にこぼれると、DFケアーとGKシュマイケルに先んじて浮き球に反応したダフィが打点の高いヘディングで流し込んだ。

▽敵地で痛恨の失点を喫したものの1点でもアウェイゴールを奪えば、逆転可能なデンマークは、エリクセンを起点にボールを動かしながら反撃を試みる。17分にはボックス手前でクリステンセンから横パスを受けたクヴィストが枠を捉えた強烈なミドルシュートを放つが、これはGKランドルフの好守に遭う。直後にも右サイドからの崩しからボックス中央のN・ヨルゲンセンがワンタッチの浮き球パスでシストの決定機を演出するが、1stレグ同様にGKランドルフの牙城を破れない。

▽一方、粘り強い守備に加え、素早い守から攻の切り替えでカウンターを狙うアイルランドは、22分に右サイドを破ったクリスティの低いクロスに反応したダリル・マーフィーがニアでワンタッチシュートも枠の右。直後には左サイドを破ったマクレーンがボックス左角度のないところから左足を振り抜くが、わずかに枠の右に外れた。

▽一進一退の攻防が続く中、再びセットプレーから試合が動く。29分、デンマークの左CKの場面でショートコーナーからシストがドリブルでボックス左ライン際に抜け出したクロス。これをファーに走り込んだクリステンセンがワンタッチで合わすと、やや当たり損ねたボールは右ポストを叩く。しかし、この跳ね返りが相手DFクリスティに当たってゴールネットに吸い込まれた。

▽幸運な形で追いついたデンマークは、2戦合計でも優位に立つ。畳みかけるアウェイチームは32分、右サイドでY・ポウルセンがウォードからボールを奪いカウンターを発動。Y・ポウルセンの折り返しを中央のN・ヨルゲンセンがワンタッチでファーに流すと、ボックス手前左でエリクセンが見事な右足のダイレクトシュート。これがクロスバーの内側を叩いてゴールネットに吸い込まれた。そして、エースのゴールで勝ち越したデンマークが、その後も安定した試合運びをみせ、1点リードで試合を折り返した。

▽迎えた後半、メイラーに代えてフーラハンを投入してより攻撃的な布陣で前がかるアイルランド。しかし、攻め切れない展開が続く中、徐々にデンマークのカウンターの脅威にさらされ始める。

▽すると63分、バイタルエリア左でボールを持ったシストから横パスを受けたエリクセンが巧みなボールコントロールから左足のコントロールシュートをゴール左隅に突き刺した。

▽痛恨の3失点目を喫したアイルランドは、DFクラークに代えて切り札のロングをピッチに送り出し、リスクを冒して前に出る。だが、球際と守備の局面で集中力を切らさないデンマークの守備を前にフィニッシュの形を作り出せない。

▽一方、2点リードにも気を抜かないデンマークは、その後も攻め気を失わずに試合の主導権を渡さない。74分にはN・ヨルゲンセンの左サイドからのクロスを相手DFがクリアミス。これをボックス中央に走り込んだエリクセンが豪快な右足のシュートで突き刺し、この大一番でプロキャリア初のハットトリックを達成した。

▽その後、試合終了間際の90分にもベントナーが自ら得たPKをきっちり決め、5点目を奪ったデンマークが敵地で5-1の大勝。エースの圧巻のハットトリックで勝ち切ったデンマークが2大会ぶり5度目のW杯出場を決めた。

コメント

関連ニュース

thumb

メッシ&CR7論争に終止符? 英紙がSNS上の反応をピックアップ

▽一部の人間の間では、今回のロシア・ワールドカップ(W杯)で「史上最高の選手は誰か? 」という議論に終止符が打たれているようだ。イギリス『デイリー・エクスプレス』が報じた。 ▽世界最高の選手として常に比較されているバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとレアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド。その年の最高の選手に与えられる栄誉、バロンドールの受賞回数も史上最多5回で並んでおり、クラブレベルで甲乙つけ難い活躍を披露している両者の“格付け”は、代表タイトル如何だろうと見る向きも強い。 ▽そんな中で始まったロシアW杯、初戦で優勝候補スペイン代表と対戦したC・ロナウドはハットトリックを達成し、チームを3-3のドローに導いた。対するメッシは、初戦のアイスランド戦でPKを失敗。チーム自体も格下相手に1-1で引き分けており、メッシは大きくバッシングを浴びることとなった。 ▽そして迎えた第2節、モロッコ代表と対戦したポルトガルは、劣勢を強いられつつもC・ロナウドの虎の子の1点を守り抜き1-0で勝利。今大会での得点数を2試合で4得点に伸ばし、またしてもヒーローとなった。対照的に、第2節でクロアチア代表と対戦したアルゼンチンは0-3で完敗。メッシはボールに触れることすらもほぼできず、統率の取れないチームの中で救世主となることはできなかった。 ▽『デイリー・エクスプレス』は、アルゼンチンvsクロアチアの後のSNSユーザーの反応を収集。概ね、「世界最高の選手はメッシではなくC・ロナウドだ」とする書き込みが取り上げられた。 ◆SNS上の反応 「メッシファンは言い訳をする。(クリスティアーノ・)ロナウドはここまでの2試合で80分近くもボールを追いかけたんだ。自分の持っているものだけで、決定的になる方法を見付けた。彼のチームは3失点している。でも、(アルゼンチンのように)グループの最下位ではない。なぜかって? ロナウドだ」 「メッシはロナウドのようにチームを導くことができない。もっと証明する必要があるけど、今日の試合で十分だった? 」 「クラブのフットボールに関しては、ロナウド&メッシの間にコインが投げられていて、ロナウドがやや優勢だね。議論の余地はあるよ。代表のフットボールに関しては、ロナウドはメッシより何マイルも先んじている。文字通り競争にならない」 「ロナウドは2試合で4ゴールを決めて、ポルトガルを次のステージに導いた。メッシは0ゴールで、PKを外し、調和を失った。大切な日に誰が結果を残すのか、疑いの余地はない」 2018.06.22 14:15 Fri
twitterfacebook
thumb

もはや内紛回避不可…アグエロが監督の発言に嫌悪感

▽マンチェスター・シティに所属するアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが指揮官のコメントに嫌悪感を抱いた。イギリス『FourFourTwo』が伝えている。 ▽アルゼンチン代表は、21日に行われたロシアW杯グループD第2節のクロアチア代表戦を0-3の敗北。開幕から1分け2敗の暫定3位に沈み、悲願のW杯優勝どころか、グループステージ敗退の危機的状況に瀕している。 ▽アルゼンチン代表のホルヘ・サンパオリ監督は試合後、「責任は全て私にある」と敗戦の弁を述べつつ、戦術に選手が適応し切れていない旨を吐露。これについて、アグエロが選手を代表して次のように噛み付いた、 「彼の好きに言わせておけば良いさ。まだまだチャンスはあるけど、怒りと悲しみに満ちている」 ▽なお、アルゼンチン代表は26日に行われるグルーステージ最終戦でナイジェリア代表と対戦する。 2018.06.22 13:45 Fri
twitterfacebook
thumb

【六川亨の日本サッカー見聞録】西野監督ごめんなさい

▽6月21日の日本代表は午後4時から練習をスタート。その前に遠征中のUFAー19日本代表も交えて、JFA(日本サッカー協会)名誉総裁の高円宮妃殿下が2分ほど選手にお話をされて、全員で記念撮影に臨まれた。田嶋幸三JFAのミスマッチ会長によると、皇族のロシア訪問は102年ぶりのことだそうだ。その後、妃殿下はルビン・カザンの執行役員と記念品の交換を行い、妃殿下はJFAのペナントを贈られた。 ▽この日の練習はコロンビア戦に出た主力組とベンチ組に分かれて開始。これまで別メニューの多かった岡崎慎司がベンチ組に合流したものの、コロンビア戦で右太ももを傷めた本田圭佑が別メニューとなり、黙々とランニングしていた。西野朗監督によると、セネガル戦の出場は「厳しいかもしれない」と険しい表情で話していた。 ▽さて、そのコロンビア戦、NHKの視聴率は48パーセントを超えたというから驚きだ。大会前の西野ジャパンの評価は必ずしも高いとは言えず、盛り上がりに欠けた。ファン・サポーターも多くを期待していなかっただろう。 ▽それが高視聴率につながったのは、午後9時キックオフと視聴しやすい開始時間だったのと、早々に先制点を奪ったこと、そして期待してはいないものの、やはりW杯での日本が気になるファン・サポーターが多かったということの裏返しだったかもしれない。 ▽そのコロンビア戦で、あるスポーツ紙のウェブ版を目にして、「やっぱりパクったか」と思うタイトルと内容の記事があった。 ▽タイトルは「西野さん、ごめんなさい」というもので、記事を書いた記者は「正直、勝てると思っていなかった。負けか、よくて引き分けか…。ポジティブな要素を探すのは難しかった。開始早々に相手が10人になっても、前回大会のギリシャ戦を思い出して勝てると思えなかった。根がネガティブなのか、負け癖なのか、コラムも「負け用」ばかりを考えていた」と素直に心情を吐露し、西野監督に謝罪した。 ▽この記者とは40年近い親交があり、サッカー不遇の時代を過ごしただけに心情は理解できる。しかし、それだけに「パクるのは早いだろう」と思わずにはいられなかった。 ▽話は32年前に遡る。86年メキシコW杯でのことだった。アルゼンチンのカルロス・ビラルド監督は、前任者で78年アルゼンチンW杯で母国を初優勝に導いたルイス・メノッティ監督とは対照的に、守備的なスタイルを導入した。チーム一丸となって守備を固め、攻撃はディエゴ・マラドーナ任せ。このため「戦術はマラドーナ」と揶揄された。 ▽ダントツの優勝候補はジーコに加え4年前はケガで出場を逃したカレッカを擁するブラ日で、アルゼンチンはウルグアイと並んで2番手候補だった。しかしマラドーナの伝説となったゴールなどでアルゼンチンは2度目の優勝を果たす。 ▽アステカ・スタジアムで行われた西ドイツ(当時)との決勝戦後、マラドーナを肩車してビクトリーランする選手にまじり、興奮したアルゼンチンのサポーターが乱入。その中の1人、アンチ・ビラルド派のサポーターが「ペルドン(ごめんなさい)、ビラルド、グラシアス(ありがとう)」の横断幕を肩から羽織っていたことが世界中に報道された。 ▽件の記者はもちろんそのことを知っている。だからこそ、劣勢の予想されたコロンビア戦の勝利で32年前のエピソードを拝借したのだろう。しかし、ビラルド監督は世界1になった。対して西野監督は1勝したに過ぎず、まだグループリーグの突破も決めていない。 ▽「だからこそパクるのは早いだろう」とロシアにいたら言いたいのだが、残念ながら彼は日本で昼夜逆転の仕事をしているため、今回の原稿で書かせてもらった次第である。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2018.06.22 13:00 Fri
twitterfacebook
thumb

サンパオリ、敗者の弁「結果は私の責任」

▽アルゼンチン代表のホルヘ・サンパオリ監督が、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループD第2節のクロアチア代表戦について語った。『FIFA.com』がコメントを伝えた。 ▽今大会初戦となったアイスランド代表戦を1-1のドローで終えたアルゼンチン。ナイジェリア代表に勝利したクロアチア戦で勝利を目指したが、0-3と完敗。グループステージ敗退の危機に立たされている。 ▽GKウィリー・カバジェロのミスなどもあり、惨敗となったアルゼンチン。サンパオリ監督は敗戦の責任は「私にある」とコメント。また、ここまで輝けていないFWリオネル・メッシについては「チームが理想的な状態ではない」とコメントした。 「この試合のプランを立てなくてはいけなかった。もし、私が別のプランを立てていたら、結果ははるかに良くなっいたかかもしれない。ミスをしたカバジェロに責任を負わせることは、本来すべきことではない」 「私はアルゼンチン代表の現実は、レオ(・メッシ)の輝きを失わせている。チームは彼にとって理想的な状態ではないので、メッシは制限されている。監督として、この事態に対処する必要がある。そして、私はそれを受け入れなければならない」 「不名誉かどうかは分からないが、間違いなく痛みを感じている。私は長い時間監督として経験しているが、自分の国のジャージを身につけていると、その痛みははるかに大きい。最後の試合では、我々は戦わなくてはいけない。我々の全てを出す以外の選択肢を持っていない。アルゼンチン国民にとって、我々は期待しているレベルではなかった。そこには痛みがある」 「ファンに許しを求めたい。特に、大変な努力をして現地まで旅をして北人、そしてアルゼンチンで見守っている人にだ。この結果は、私の責任だ。できる限りのことをしたと思っている。ただ、彼らが望むものを与える方法を見るけることができなかった」 2018.06.22 12:45 Fri
twitterfacebook
thumb

GL突破へ負けられない戦い…韓国vsメキシコを大手ブックメーカーはどう見る?

ロシア・ワールドカップは23日に大会10日目を迎える。10日目は、グループF第2節で韓国とメキシコが対戦する。大手ブックメーカーは、両国の力関係をどのように見ているのだろうか。<br><br>前節、韓国はスウェーデンと対戦。元サガン鳥栖のキム・ミヌがPKを献上し、痛恨の黒星発進となった。一方のメキシコは初戦で優勝候補のドイツと対戦。イルビング・ロサノが値千金の決勝弾をマーク。前回王者のドイツを1-0で下す大金星を挙げた。<br><br>6月22日時点で『bet365』、『ウィリアム・ヒル』、『dabblebet』ともにメキシコの有利を予想。メキシコの勝利にいずれも「1.7倍」というオッズを付けている。<br><br>一方で韓国勝利には『bet365』が「4.7倍」、『ウィリアム・ヒル』は「4.8倍」、『dabblebet』は「4.5倍」と、いずれも韓国の劣勢を予想している。<br><br>世界王者を下して勢いに乗るメキシコが、2連勝を収めてグループリーグ突破へ前進するのか。それとも、予想を覆して韓国がアジアの意地を見せるのか。韓国vsメキシコは、日本時間24日0時にキックオフを迎える。<br><br>提供:goal.com 2018.06.22 12:20 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース