アイルランド撃破のデンマークが2大会ぶり5度目のW杯出場! エリクセンが圧巻ハットで敵地での大勝に導く《ロシアW杯欧州予選プレーオフ》2017.11.15 06:46 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ2ndレグ、アイルランド代表vsデンマーク代表が14日に行われ、アウェイのデンマークが5-1で勝利した。この結果、2戦合計5-1としたデンマークの2大会ぶり5度目のW杯出場が決定した。

▽3大会連続4度目の出場を目指すアイルランドは、敵地で行われた1stレグを守護神ランドルフの活躍によって0-0のドローで終えた。ホームで必勝を期すこの試合に向けては1stレグからオドウダに代えてメイラーを復帰させた以外、同じメンバーを採用。引き続き[4-1-4-1]の布陣を採用した。

▽一方、2大会ぶり5度目のW杯出場を目指すデンマークは先発2選手を変更。アンカーセンとコーネリウスに代えてA・クリステンセン、Y・ポウルセンを同ポジションで起用し、[4-3-3]の布陣で臨んだ

▽1stレグはゴールレスドローに終わったが、この2ndレグは開始早々に動く。6分、ハーフウェイライン付近でFKを得たアイルランドは、キッカーのブレイディがゴール前に向けてボールを入れる。これがDFのクリアミスを誘いゴール前にこぼれると、DFケアーとGKシュマイケルに先んじて浮き球に反応したダフィが打点の高いヘディングで流し込んだ。

▽敵地で痛恨の失点を喫したものの1点でもアウェイゴールを奪えば、逆転可能なデンマークは、エリクセンを起点にボールを動かしながら反撃を試みる。17分にはボックス手前でクリステンセンから横パスを受けたクヴィストが枠を捉えた強烈なミドルシュートを放つが、これはGKランドルフの好守に遭う。直後にも右サイドからの崩しからボックス中央のN・ヨルゲンセンがワンタッチの浮き球パスでシストの決定機を演出するが、1stレグ同様にGKランドルフの牙城を破れない。

▽一方、粘り強い守備に加え、素早い守から攻の切り替えでカウンターを狙うアイルランドは、22分に右サイドを破ったクリスティの低いクロスに反応したダリル・マーフィーがニアでワンタッチシュートも枠の右。直後には左サイドを破ったマクレーンがボックス左角度のないところから左足を振り抜くが、わずかに枠の右に外れた。

▽一進一退の攻防が続く中、再びセットプレーから試合が動く。29分、デンマークの左CKの場面でショートコーナーからシストがドリブルでボックス左ライン際に抜け出したクロス。これをファーに走り込んだクリステンセンがワンタッチで合わすと、やや当たり損ねたボールは右ポストを叩く。しかし、この跳ね返りが相手DFクリスティに当たってゴールネットに吸い込まれた。

▽幸運な形で追いついたデンマークは、2戦合計でも優位に立つ。畳みかけるアウェイチームは32分、右サイドでY・ポウルセンがウォードからボールを奪いカウンターを発動。Y・ポウルセンの折り返しを中央のN・ヨルゲンセンがワンタッチでファーに流すと、ボックス手前左でエリクセンが見事な右足のダイレクトシュート。これがクロスバーの内側を叩いてゴールネットに吸い込まれた。そして、エースのゴールで勝ち越したデンマークが、その後も安定した試合運びをみせ、1点リードで試合を折り返した。

▽迎えた後半、メイラーに代えてフーラハンを投入してより攻撃的な布陣で前がかるアイルランド。しかし、攻め切れない展開が続く中、徐々にデンマークのカウンターの脅威にさらされ始める。

▽すると63分、バイタルエリア左でボールを持ったシストから横パスを受けたエリクセンが巧みなボールコントロールから左足のコントロールシュートをゴール左隅に突き刺した。

▽痛恨の3失点目を喫したアイルランドは、DFクラークに代えて切り札のロングをピッチに送り出し、リスクを冒して前に出る。だが、球際と守備の局面で集中力を切らさないデンマークの守備を前にフィニッシュの形を作り出せない。

▽一方、2点リードにも気を抜かないデンマークは、その後も攻め気を失わずに試合の主導権を渡さない。74分にはN・ヨルゲンセンの左サイドからのクロスを相手DFがクリアミス。これをボックス中央に走り込んだエリクセンが豪快な右足のシュートで突き刺し、この大一番でプロキャリア初のハットトリックを達成した。

▽その後、試合終了間際の90分にもベントナーが自ら得たPKをきっちり決め、5点目を奪ったデンマークが敵地で5-1の大勝。エースの圧巻のハットトリックで勝ち切ったデンマークが2大会ぶり5度目のW杯出場を決めた。

コメント

関連ニュース

thumb

指揮官がブラジル代表のW杯メンバー15名を発表…ネイマール、ジェズス、コウチーニョら

▽ブラジル代表のチッチ監督が、ロシア・ワールドカップに臨むブラジル代表メンバーの一部を明かした。ブラジル『UOL Esporte』が報じた。 ▽開幕まで4カ月を切った、ロシア・ワールドカップ。2014年に行われた自国開催のワールドカップで悪夢を見たブラジル代表は、2002年の日韓ワールドカップ以来の優勝を目指して戦う。 ▽チッチ監督は、『UOL Esporte』のインタビューで選手リストの一部が決まっているとコメント。15名の名前を明かした。 GK アリソン(ローマ/イタリア) DF ダニエウ・アウベス(パリ・サンジェルマン/フランス) チアゴ・シウバ(パリ・サンジェルマン/フランス) マルキーニョス(パリ・サンジェルマン/フランス) マルセロ(レアル・マドリー/スペイン) ミランダ(インテル/イタリア) MF ウィリアン(チェルシー/イングランド) フェルナンジーニョ(マンチェスター・シティ/イングランド) フィリペ・コウチーニョ(バルセロナ/スペイン) パウリーニョ(バルセロナ/スペイン) カゼミロ(レアル・マドリー/スペイン) レナト・アウグスト(北京国安/中国) FW ネイマール(パリ・サンジェルマン/フランス) ロベルト・フィルミノ(リバプール/イングランド) ガブリエウ・ジェズス(マンチェスター・シティ/イングランド) ▽最多は、パリ・サンジェルマンの4名。レアル・マドリー、バルセロナ、マンチェスター・シティから2名ずつ。リバプール、チェルシーローマ、インテル、北京国安から1名ずつが選ばれている。 ▽ネイマールやフィリペ・コウチーニョ、チアゴ・シウバなど主力選手の名前が並び、2017年11月に行われた日本代表戦に出場したメンバーからも8名がリスト入り。一方で、マンチェスター・シティのGKエデルソンやユベントスのDFアレックス・サンドロ、MFドウグラス・コスタなどの名前はなく、8名はまだ決まっていないようだ。 ▽また、アリソン、ダニエウ・アウベス、マルキーニョス、ミランダ、マルセロ、カゼミロ、レナト・アウグスト、パウリーニョ、コウチーニョ、ネイマール、ガブリエウ・ジェズスは11名として名前を挙げており、15名の中でも主力と考えて良いかもしれない。 ▽なお、ワールドカップメンバーの締め切りは6月4日。残り4カ月で大きな変化があるのか、残りの選手がどうなるのかに注目が集まる。 2018.02.17 10:50 Sat
twitterfacebook
thumb

W杯開催地ロシア、“思わぬ敵”の登場で運営危機に

▽今夏に幕開けするロシア・ワールドカップ(W杯)だが、思わぬ敵の登場により、大会そのものの運営が危機に晒されているようだ。イギリス『FourFourTwo』が伝えている。 ▽思わぬ敵とは、イナゴだ。伝えられるところによれば、ロシア南部の100万ヘクタールの土地周辺にイナゴが大量発生。スタジアムがあるボルゴグラードもそのうちの1つだという。 ▽ロシア農林水産省のピョートル・チェクマレフ氏は「我々はイナゴの対処法を学んできた。今年はイナゴのために、世界中にスキャンダルを晒すわけにはいかない」とコメントしている。 ▽なお、ロシアW杯はモスクワやサンクトペテルブルクを含む11都市12会場で開催。6月14日に行われるグループA第1節のロシア代表vsサウジアラビア代表で開幕を告げる。 2018.02.02 13:30 Fri
twitterfacebook
thumb

イングランド、ロシアW杯直前にナイジェリア、コスタリカとの強化試合が決定

イングランド代表は、今夏に行われるロシア・ワールドカップの強化試合としてナイジェリア代表、コスタリカ代表と対戦することが決まった。<br><br>イングランドはロシアW杯で、ベルギー、チュニジア、パナマと同じグループGに。初戦は6月18日のチュニジア戦となるが、その直前の2日にナイジェリア戦、7日にコスタリカ戦が行われることが決定したようだ。<br><br>イングランド代表を率いるガレス・サウスゲイト監督は、仮想チュニジア、パナマと呼べる相手とのマッチングが実現したことを喜んでいる。<br><br>「我々はアフリカ、中南米のチームとワールドカップで戦うため、ナイジェリア、コスタリカとの対戦を決めた。チームを異なるスタイル、異なる経験にさらしたい」<br><br>比較的恵まれた組に入ったイングランド。それでもユーロ2016の失態を繰り返さないため、準備に余念はなさそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.11 12:53 Thu
twitterfacebook
thumb

モスクワでクリスティアーノ・ロナウドが氷付けに?!

▽ロシアのモスクワで、氷で作られたクリスティアーノ・ロナウドの像が建てられたようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽世界的スターであるC・ロナウドはこれまでにも自身を模した像が建てられてきた。いくつかある中で、昨年3月に生まれ故郷であるマデイラ島の空港に設置された胸像はあまりにも似てなさ過ぎて世界中に波紋を広げた。 ▽今回作られた像は、今年6月に開催が迫ったロシア・ワールドカップを記念して作られたもので、他にもおよそ40体のサッカーに関連した氷の彫刻が作られるという。また、この新たなC・ロナウド像はモスクワのポクロンナヤの丘にある勝利広場で行われる氷の彫刻祭でお披露目されるようで、加えて、ワールドカップに出場するスペインやポルトガルなどの国々にも貸しだされる予定とのことだ。 2018.01.06 01:42 Sat
twitterfacebook
thumb

ペルーの大エース、W杯出場OK! FIFA、薬物陽性ゲレーロの処分軽減を発表

▽国際サッカー連盟(FIFA)は20日、フラメンゴに所属するペルー代表FWパオロ・ゲレーロ(33)の処分軽減を発表した。 ▽FIFAは当初、薬物の陽性反応が確認されたゲレーロに対して、1年間の出場停止処分を決定。だが、選手の「過失の程度を考慮」した末、処分期間を6カ月に軽減した。これにより、ペルー代表で主将を務めるゲレーロは来年6月に開幕するロシア・ワールドカップ(W杯)出場が可能となる。 ▽1982年以来のW杯出場となるペルー代表は、グループCに入り、フランス代表、オーストラリア代表、デンマーク代表と対戦する。 2017.12.21 09:15 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース