攻撃陣揃い踏みのユベントスが4発快勝で2連勝《セリエA》2017.10.26 06:20 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスは25日、セリエA第10節でSPALをホームに迎え、4-1で快勝した。

▽前節ウディネーゼ戦をマンジュキッチが退場しながらもケディラのトリプレッタで6-2と大勝して3試合ぶりの勝利を飾った3位ユベントス(勝ち点22)は、ウディネーゼ戦のスタメンから5選手を変更。出場停止のマンジュキッチをはじめ、GKブッフォンやキエッリーニ、ピャニッチら主力がベンチスタートとなり、ベルナルデスキやドグラス・コスタ、ベンタンクールらがスタメンとなった。

▽第2節以来勝利のない19位SPAL(勝ち点5)に対して、2列目に右からベルナルデスキ、ディバラ、ドグラス・コスタと並べる[4-2-3-1]で臨んだユベントスが立ち上がりから一方的な展開に持ち込むと、14分に華麗な連係から先制する。ディバラのパスをドグラス・コスタがダイレクトでつなぐと、ボックス手前右のベルナルデスキがトラップからハーフボレーでのシュートをゴール左に叩き込んだ。

▽さらに22分、ボックス手前右で得たFKをディバラがゴール右上へ流し込んで追加点を挙げたユベントスだったが、34分に失点する。ショートコーナーの流れからボックス手前左のマッティエッロにシュートを打たれると、ゴールエリア右のパロスキに押し込まれた。

▽さらに迎えた後半、押し込まれる流れが続くと、52分にピンチ。ボックス内への侵入を許したパロスキにシュートを打たれたが、バルザーリが好スライディングでカットした。さらに53分、CKの流れからパロスキのシュートはバーを直撃。オイコノムにヘディングで流し込まれるもビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によってオフサイド判定となり、助かった。

▽後半に入って思うようにボールをつなげず、流れの悪いユベントスはベンタンクールに代えてピャニッチを投入。すると65分、そのピャニッチの左CKからルーズボールをボックス右のイグアインが左足でゴールへ流し込んで勝負を決定付けた。

▽さらに70分、ドグラス・コスタの左クロスをファーサイドのクアドラードがダイビングヘッドで叩き込んだユベントスは、75分にはケディラに代えて開幕戦以来の出場となる負傷明けのマルキジオを投入。

▽余裕の展開として4-1で試合を終わらせて2連勝とし、次節ミランとのビッグマッチに臨むこととなった。

コメント

関連ニュース

thumb

ユーベ移籍濃厚の報道も、エムレ・ジャンは契約延長を示唆「リバプールは素晴らしいクラブ」

リバプールのドイツ代表MFエムレ・ジャンが、来季に向けた契約延長についてクラブと交渉中であることを明かした。&nbsp;<br><br>ジャンとリバプールの契約は2017-18シーズン終了までとなっており、契約満了となればフリーで移籍することができる。今冬にも来季に向けた事前契約が可能であり、セリエA王者・ユベントスへの移籍が噂されていた。<br><br>しかし、首位のマンチェスター・シティ相手に勝利を収めた試合後のインタビューで、ジャンは来季の契約について延長の可能性があることを示唆した。<br><br>「(来季の去就については)代理人にまかせているが、夏までリバプールにいることは間違いない。まだどのクラブとも契約をしていないし、全員と話をしている。もちろん、リバプールともそうだ。しない理由があるかい? 今はリバプールの選手で、ここは素晴らしいクラブなんだ。あとは代理人がやってくれるから、自分はプレーに集中するのみだよ」<br><br>プレミアリーグの首位を独走するマンチェスター・シティに初黒星をつけたリバプールの中心選手であるカンは来季もレッズに残るのか、それともユベントスへ移籍するのか、今後の動向に注目が集まる。<br>提供:goal.com 2018.01.16 17:58 Tue
twitterfacebook
thumb

マルキジオ、出場機会を求めてアメリカへ?

▽ユベントスに所属するイタリア代表MFクラウディオ・マルキジオ(31)に移籍の可能性が浮上した。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 ▽中盤の一角としてユベントスの常勝を支えてきたマルキジオだが、今シーズンはMFサミ・ケディラや、MFミラレム・ピャニッチ、MFブレーズ・マテュイディとのポジション争いを強いられ、出場機会が減少。セリエA8試合に出場しているが、そのうち3度しか先発機会を得られていない。 ▽伝えられるところによれば、苦境に立たされるイタリア人のベテランMFに対して、現時点でメジャーリーグ・サッカー(MLS)の数クラブが獲得に関心を示しているという。 2018.01.16 16:15 Tue
twitterfacebook
thumb

バロンドーラー・ネドベド「私に決定権があるならブッフォンへ」

▽かつてユベントスやチェコ代表として活躍し、現在はユベントスの副会長を務めるパベル・ネドベド氏が、かつてのチームメートであるイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンにエールを送った。 ▽ブッフォンは、ユベントスで8度のセリエA優勝に加え、コッパ・イタリアも3度制するなど多くのタイトルを獲得。イタリア代表としてもワールドカップ(W杯)に5大会出場し、2006年のドイツ大会では優勝を成し遂げた。 ▽世界最高のGKとして高い評価を得ているブッフォンだが、これまでバロンドールの候補者には選出されるも同賞を受賞したことはない。さらに、今月28日には節目となる40歳を迎える同選手は今シーズン限りで現役を退く考えを明かしており、最高の栄誉とされているバロンドールを受賞できないまま現役を終える可能性が高まっている。 ▽2003年にそのバロンドールを獲得したことがあるネドベド氏は、ブッフォンが来シーズンも現役を続けるだろうとコメント。さらにブッフォンがバロンドールを受賞する選手に値すると強調した。 「彼はシーズン終了後に引退するとは言っていない。それは彼と会長が話し合って決めることだ」 「バロンドールについては、もし私に決定権があるのであればジジに送る。彼の功績をもってしても受賞できていないことは本当に残念だ」 2018.01.16 09:18 Tue
twitterfacebook
thumb

「セリエAのカンピオーネは3人だけ」。カッサーノが挙げた3人は…?

▽元イタリア代表のFWアントニオ・カッサーノは、今のセリエAに「カンピオーネ(偉大な選手)」と呼べるのは3人しかいないと考えている。イタリア『コリエレ・デロ・スポルト』で語った。 ▽セリエAでプレーする選手の中で特に高い評価を受けている選手の一人が、ユベントスのFWパウロ・ディバラだ。カッサーノは24歳のアルゼンチン代表アタッカーについて「素晴らしい選手だ。でも、カンピオーネじゃない。昨シーズンは(バルセロナFWリオネル・)メッシと比べられたけど…笑っちゃったね」とコメント。メッシとディバラは別次元だと語った。 ▽そしてカッサーノは、「イグアイン、ピャニッチ、ブッフォン。セリエAのカンピオーネはこの3人だけだ」ときっぱり述べている。 ▽また、昨年夏にユヴェントスからミランへ移籍したDFレオナルド・ボヌッチの不調についても分析した。 ▽「(ユヴェントスのときは)両脇にいたのがバルザーリとキエッリーニというモンスターだ。後ろにスーパーなジジ(ブッフォン)がいて、前にはピルロがいる。だから彼は強かった。ミランだと1対1もしなければいけない」 ▽復帰に向けて動き出した様子のカッサーノ。プレーのレベルがどこまで上がるのかは不明だが、歯に衣着せない発言は紙面を賑わすかもしれない。 2018.01.15 09:55 Mon
twitterfacebook
thumb

ユベントス、セリエBで活躍中の北朝鮮代表FW獲得を準備か

▽ユベントスが、ペルージャに所属する北朝鮮代表FWハン・グァンソン(19)の獲得に向かっているようだ。イタリア紙『トゥットスポルト』などが伝えた。 ▽19歳のハン・グァンソンは、昨年2月にカリアリのトライアルに参加。実力を認められて契約を交わすと、セリエAデビューも果たし、北朝鮮人選手として初めてイタリア1部リーグでプレーした選手となった。 ▽昨年夏、カリアリからセリエBのペルージャへレンタルが決定すると、今シーズンは2部で活躍。ここまでリーグ戦17試合に出場して7得点3アシストと結果を残している。 ▽ユベントスは昨年9月からハン・グァンソンの視察を続けており、カリアリとの合意は近いと伝えられた。 ▽ただし、ユベントスは即戦力とは考えていないようで、今シーズン終了まではセリエBで経験を積むことになる見込みだ。 2018.01.13 23:00 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース