ランパード「コラシナツはイバノビッチのよう」2017.08.13 13:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーOBで元イングランド代表MFのフランク・ランパード氏は、アーセナルが今夏に獲得した“あの選手”をチェルシー時代の元チームメートであるゼニトのDFブラニスラフ・イバノビッチを彷彿とさせるとして「成功」と評した。イギリス『Squawka』が伝えている。

▽ランパード氏が名前を挙げた“あの選手”とは、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFセヤド・コラシナツ。今夏にシャルケからフリートランスファーでやってきたユーティリティ性をあわせ持つフィジカルに長けた選手だ。

▽そのコラシナツは、11日に行われたプレミアリーグ開幕節のレスター・シティ戦(4-3でアーセナルが勝利)に3バックの左ストッパーとして先発。守備面だけでなく、FWダニー・ウェルベックのゴールをアシストするなど、攻守にわたって高い貢献度を誇った。

▽ランパード氏は、そのコラシナツについて、「アーセナルが必要としてきたものを持つ選手」と評価。将来的に、よりアーセナルファンから愛される選手になるとの見解を示し、コラシナツの能力に太鼓判を押した。

「チェルシーにいたイバノビッチを思い出すよ。彼が左利きなのは知っているけど、似たフィジカルを持っている。彼はファンに愛されるパワフルな選手になるだろうね。彼はタックルを好む選手。それはアーセナルが求めてきた選手さ。彼はサポーターから愛されるパワフルな選手になるだろう。彼はタックルを好んでいて、それはアーセナルが必要としていたものだからね。良い補強だと思う」

コメント

関連ニュース

thumb

「控室で主審を恥さらしと罵った」FAがヴェンゲルの“愚行”と処分理由を公開

イングランドサッカー協会(FA)がアーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督に重い処分を科した理由を公表した。<br><br>12月31日のWBA戦で、ヴェンゲル監督は終了間際にPKを与えた主審のマーク・ディーン氏に対して「不適切な振る舞い&rdquo;」行い、さらに試合後にレフェリー控室に乗り込んだとして3試合のベンチ入り禁止と4万ポンドの罰金処分を受けている。<br><br>そしてFAは16日、年末の試合でヴェンゲル監督が主審やオフィシャルにとった言動の詳細と処分理由を公開。ディーン主審の試合後のマッチレポートには、68歳のフランス人指揮官の&ldquo;愚行&rdquo;が記されている。<br><br>「試合後に控え室に入ると、ヴェンゲル氏がドアの向こう側に立っていた。彼は非常に攻撃的で、私の面と向かって『あなたは誠実ではない』と言ってきた」<br><br>「私が『私が不正をしたとでも言いたいのか?』と言うと、彼は同じことを繰り返し言い続けた。さらに『以前からこのようなことを我々にしてきた。恥さらしだ』と食って掛かってきた。彼はその直後にウェストブロムのセキュリティーに連れていかれた」<br><br>ヴェンゲル監督は、2-4で敗れたFAカップのノッティンガム・フォレスト戦、0-0で分けたリーグカップのチェルシー戦、1-2で逆転負けを喫したボーンマス戦の3試合で処分を消化。20日のクリスタル・パレス戦からベンチ入りが可能になる。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.17 07:16 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがサンチェスと合意と報道 しかし移籍成立へ障壁が

▽マンチェスター・ユナイテッドは、アーセナルに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェス(29)と合意に達しているようだ。イギリス『BBC』のデイビッド・オーンステイン記者が伝えた。 ▽今季限りでアーセナルとの契約が切れるサンチェスは、当初マンチェスター・シティへの移籍が濃厚とみられてきたが、ユナイテッドが参戦したことでオペレーションの費用が高騰し、シティが撤退。チェルシーとリバプールも関心を寄せているとみられる中、ユナイテッドが争奪戦で優位に立ったとみられている。 ▽今回の報道によれば、ユナイテッドは既にサンチェス側と個人合意。しかし、サンチェスの獲得オペレーションに両クラブが含めようとしているMFヘンリク・ムヒタリアンがアーセナル行きに同意していない状況だとのことだ。 ▽今のところ、取引にはムヒタリアンを含めたいと両者は考えている模様。だがムヒタリアン側は決定を急ぐ様子はないようだ。ムヒタリアンがアーセナルのオファーを受け入れた時点で、サンチェスのユナイテッド移籍は加速するとみられている。 2018.01.16 19:06 Tue
twitterfacebook
thumb

サンチェス獲得に自信? モウリーニョ、チェルシー参戦報道も「ただリラックスしている」

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、今冬でのアーセナルFWアレクシス・サンチェスの獲得に自信を覗かせた。<br><br>今冬での去就が注目されていたサンチェス。市場開幕当初は、昨夏にも加入が間近まで迫っていたマンチェスター・シティへの移籍が濃厚と見られていたが、先日同都市のライバルであるマンチェスター・ユナイテッドが獲得競争に参戦。そして、シティ側はアーセナルの要求する移籍金や、選手サイドの求める給与やボーナスが高額すぎたため、獲得競争から撤退されたと報じられている。<br><br>アーセン・ヴェンゲル監督が「48時間以内に去就は決まる」とコメントしたこともあり、サンチェスはユナイテッドへ加入することが濃厚と見られていた。しかし、ここへ来てチェルシーも獲得に乗り出したと伝えられるなど、チリ代表FWの状況は目まぐるしく変わっている。<br><br>それでも、モウリーニョ監督は『スカイ・スポーツ』に対し、獲得に自信を覗かせている。<br />「自信があるわけではない。だが、自信がないわけでもない。ただリラックスしているだけだ。彼は今アーセナルのプレーヤーだ。残留することもできるし、移籍することもできる。もし移籍することになれば、私たちにチャンスがあるだろう。他のビッグクラブも狙っているかもしれないが、それは誰にもわからないことだ」<br><br>15日のプレミアリーグ第23節ストーク戦に3-0と快勝し、今季初黒星を喫したシティと12ポイント差まで縮めたユナイテッド。逆転優勝へ向け、ライバルクラブのエース獲得を無事に決めることができるだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.16 16:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ウォルコットのエバートン移籍が今週末までに成立か

▽アーセナルに所属するイングランド代表FWセオ・ウォルコット(28)のエバートン移籍が秒読み段階に入っているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽ウォルコットは、2006年1月にサウサンプトンから加入。将来のイングランドを担う逸材として脚光を浴びたが、伸び悩み、今シーズンのここまでプレミアリーグでの先発がなく、ジョーカー要員、あるいは国内外のカップ戦要員としてのプレーが続いている。 ▽そうした状況のなか、渦中のウォルコットは出場機会を求め、今冬の移籍が取り沙汰されている。古巣サウサンプトンの興味も伝えられるなか、エバートンが移籍金2000万ポンド(約30億5000万円)で獲得に迫り、今週末にも移籍成立の可能性があるという。 2018.01.16 13:05 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、特別な背番号を用意してサンチェスを誘惑か

▽アーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェス(29)の獲得を目指しているマンチェスター・ユナイテッド。クラブは、伝統の背番号7をサンチェスに用意して誘惑しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 ▽今季限りでアーセナルとの契約が満了するサンチェスに関しては、現在ユナイテッドが争奪戦をリードしているとみられる。マンチェスター・シティやチェルシー、リバプールなどのクラブからも関心が伝えられる中、ユナイテッドはクラブの特別な背番号である「7」を用意しているようだ。 ▽ユナイテッドでは過去、ジョージ・ベストやエリック・カントナ、デイビッド・ベッカム、クリスティアーノ・ロナウドらが背番号7を背負い、レジェンドとなった。さらに、プレミアリーグ最高給となる週給35万ポンド(約5350万円)をオファーしているとみられるユナイテッドは、首尾良くサンチェス獲得に成功するのだろうか。 2018.01.16 10:27 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース