ハル、チェコ代表DFオンドジェイ・マズフを獲得2017.07.26 20:18 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ハル・シティは26日、スパルタ・プラハからチェコ代表DFオンドジェイ・マズフ(28)を獲得したことを発表した。契約は2019年までの2年間となる。

▽チェコのブルノ出身のマズフは、フィオレンティーナやアンデルレヒトなどを経て、2015年12月に、フリーとなっていたところをスパルタ・プラハが獲得。加入2年目となった昨シーズンは、センターバックとして公式戦23試合に出場した。

▽契約にサインしたマズフは、「イングランドでプレーするのは夢だった」として、加入の喜びを伝えている。

「ハルと契約できてとても嬉しいよ。クラブが素晴らしい機会を与えてくれて本当に感激だ。この移籍をサポートしてくれたみんなに感謝したい。シーズンのスタートが待ち切れないよ」

コメント

関連ニュース

thumb

サンプドリアがナポリDFトネッリ&ヴィオラMFサポナーラ獲得! ジャンパオロがエンポリ時代に指導

▽サンプドリアは17日、ナポリからイタリア人DFロレンツォ・トネッリ(28)、フィオレンティーナからイタリア人MFリッカルド・サポナーラ(26)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽なお、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、いずれの選手にもシーズン終了後の買い取りオプションが含まれているようだ。 ▽巧みな駆け引きを持ち味とするセンターバックのトネッリはエンポリ下部組織出身で、2016年までエンポリの主力として活躍。その後、恩師マウリツィオ・サッリ監督の誘いを受けてナポリに加入も、在籍2年間で公式戦の出場はわずかに9試合のみだった。 ▽一方、ラヴェンナでキャリアをスタートしたものの、トネッリと同様にエンポリでブレイクを果たした創造性に優れる攻撃的MFのサポナーラは2017年1月にフィオレンティーナに加入。昨シーズンはリーグ戦18試合に出場し4アシストを記録していた。 ▽なお、現在サンプドリアを率いているマルコ・ジャンパオロ監督はエンポリ時代に両選手を指導しており、即戦力としての活躍が期待される。 2018.08.18 05:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ウディネーゼがW杯出場の2選手獲得! イラク代表DFアリ・アドナンはアタランタへ

▽ウディネーゼは17日、ナイジェリア代表DFウィリアム・トルースト=エコング(24)とポーランド代表FWウカシュ・テオドルチク(27)、イタリア人MFマルコ・ダレッサンドロ(27)の獲得を発表した。 ▽オランダ人とナイジェリア人のハーフであるトルースト=エコングはオランダのフローニンヘンでキャリアをスタート。その後、ヘントを経て昨シーズンはトルコのブルサシュポルでプレー。昨季はリーグ戦34試合に出場していた。なお、ウディネーゼには330万ユーロ(約4億2000万円)での完全移籍となるようだ。 ▽一方、テオドルチクは母国のポロニア・ワルシャワ、レフ・ポズナン、ウクライナのディナモ・キエフを経て2016年にアンデルレヒトに加入。180cm後半の長身とフィジカルに長けたターゲットマンは同クラブで通算93試合に出場し45ゴールを挙げる活躍を見せたが、チームの強化方針の変更に伴い、700万ユーロ(約8億8000万円)といわれる移籍金でウディネーゼに加入することになった。 ▽なお、トルースト=エコングとテオドルチクはいずれもロシア・ワールドカップに出場していた。 ▽また、ローマの下部組織出身のウインガーのダレッサンドロはアタランタから買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍での加入となる。 ▽なお、ダレッサンドロ獲得オペレーションと並行してウディネーゼからイラク代表DFアリ・アドナン(24)がアタランタに買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で加入することが決定した。 2018.08.18 05:07 Sat
twitterfacebook
thumb

ナポリがアーセナルからコロンビア代表GKオスピナを獲得! ラツィオとの開幕戦でいきなりデビューも

▽ナポリがアーセナルからコロンビア代表GKダビド・オスピナ(29)を獲得した。同クラブのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が17日、自身の公式ツイッターでコロンビア人守護神の加入を明かした。 ▽なお、イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』の伝えるところによれば、オスピナは買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍となる。 ▽2008年から2014年までニースの守護神を務めたオスピナはブラジル・ワールドカップ(W杯)後にアーセナルに加入。同クラブではGKヴォイチェフ・シュチェスニー(現ユベントス)、GKペトル・チェフのバックアッパーを担い、ここまで公式戦70試合に出場。しかし、今夏クラブがレバークーゼンからドイツ代表GKベルント・レノを獲得したことで、第3GKに序列を落としていた。 ▽そして、以前から退団を希望してきたオスピナにはベシクタシュ行きが盛んに報じられてきたが、2度のW杯に出場し代表90キャップを誇る百戦錬磨の守護神はナポリを新天地に選んだ。 ▽ナポリは今夏、スペイン代表GKホセ・マヌエル・レイナがミランに移籍。さらに、新守護神候補のGKアレックス・メレトが負傷離脱しており、トップチームにはGKオレスティス・カルネジスを除き起用できる選手がいなかった。 ▽なお、すでにチームに帯同しているオスピナは書類上の手続きに問題がなく選手登録が可能な場合、18日に行われるセリエA開幕節のラツィオ戦でいきなりデビューを飾る可能性もあるようだ。 2018.08.18 04:30 Sat
twitterfacebook
thumb

トゥールーズが元カメルーン代表MFエムビアを獲得! セビージャ時代にEL2連覇

▽トゥールーズは17日、かつてマルセイユやセビージャで活躍した元カメルーン代表MFステファン・エムビア(32)の加入を発表した。契約期間は今季終了までとなる。 ▽スタッド・レンヌやマルセイユ、QPR、セビージャと渡り歩いたエムビアは、セビージャで2度のヨーロッパリーグ制覇を達成するなど結果を残し、2015年7月にトルコのトラブゾンシュポルへと移籍。その後、2016年1月に中国スーパーリーグの河北華夏に加入したものの、2017年3月に契約を解消。 ▽以降はメジャーリーグ・サッカー(MLS)のアタランタ・ユナイテッド行きの噂が報じられていたが、1年間フリーの状況が続いていた。 2018.08.18 03:27 Sat
twitterfacebook
thumb

カリアリがリバプールからDFクラバンを完全移籍で獲得!

▽カリアリは17日、リバプールからエストニア代表DFラグナル・クラバン(32)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は1年間の契約延長オプション付きの2年契約となる。 ▽AZとアウグスブルクでの活躍を経て2016年にリバプールに加入したクラバンは、センターバックと左サイドバックを主戦場に在籍2年間で公式戦53試合に出場し2ゴールを記録していた。昨シーズンは守備固めがメインだったものの公式戦28試合に出場していた。 ▽また、エストニア代表では同国歴代5位となる124試合に出場するなど、キャプテンとして活躍を続けている。 2018.08.18 03:09 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース