テニスで負傷…ロッベンがバイエルンのアジアツアーに帯同せず2017.07.13 14:13 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バイエルンは12日、オランダ代表MFアリエン・ロッベンが負傷によりアジアツアーに参加しないことを発表した。

▽クラブの発表によると、ロッベンはテニスをプレー中に負傷したとのこと。右ふくらはぎを痛めたようだ。

▽ロッベンはアジアツアーに参加するチームには帯同せず、ミュンヘンに残ってトレーニングを積むこととなる。

▽バイエルンは中国、シンガポールでのインターナショナル・チャンピオンズカップに出場し、アーセナル(19日)、ミラン(22日)、チェルシー(25日)、インテル(27日)と対戦する。

コメント

関連ニュース

thumb

ウルライヒのラストプレーのPKストップでバイエルンが浅野途中出場のシュツットガルトに競り勝つ《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第17節、シュツットガルトvsバイエルンが16日に行われ、0-1でバイエルンが勝利した。シュツットガルトのFW浅野拓磨は81分から出場している。 ▽3日前に行われた前節ホッフェンハイム戦を0-1と敗戦した14位シュツットガルト(勝ち点17)は、ホッフェンハイム戦で味方の負傷により26分から途中出場となった浅野が引き続きベンチスタートとなった。 ▽一方、レヴァンドフスキ弾でケルンを押し切った首位バイエルン(勝ち点22)は、リーグ戦3連勝とした中、ケルン戦のスタメンから5選手を変更。リベリ、ミュラー、アラバ、ルディ、GKシュターケに代えてフンメルス、コマン、ハメス・ロドリゲス、ラフィーニャ、負傷が癒えたGKウルライヒを起用した。 ▽3トップに右からハメス・ロドリゲス、レヴァンドフスキ、コマンと並べる[4-3-3]で臨んだバイエルンは、開始早々にレヴァンドフスキが際どいシュートを浴びせてけん制する。対するシュツットガルトも7分にアコロが枠内シュートを放つも、GKウルライヒの好守に阻まれた。 ▽序盤、互いにゴールに迫った中、徐々にポゼッションを高めていったのはバイエルン。そして21分には決定機。ハメス・ロドリゲスのパスを受けたボックス左のレヴァンドフスキがDFを外して右足でコントロールシュート。枠の右を捉えていたが、GKツィーラーの好セーブに阻まれた。 ▽続く36分にもバイエルンに決定機。ハメス・ロドリゲスのパスを受けたトリッソがボックス右に侵入。シュートを浴びせるもGKツィーラーの好セーブに阻まれた。ハーフタイムにかけてもバイエルンが攻勢に出たが、シュツットガルトの身体を張った守備の前にゴールを奪うには至らず、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半もバイエルンが攻勢に出ると、59分にトリッソのパスを受けたボックス左のコマンがGKツィーラーを強襲するシュートを浴びせる。ゴールが遠いバイエルンはトリッソに代えてミュラーを投入。すると66分、J・ボアテングの左足ミドルが枠を捉えたが、ここもGKツィーラーのファインセーブに阻まれた。 ▽それでも、一方的な展開に持ち込んだバイエルンは79分に均衡を破る。コマンの左サイドからのクロスを受けたボックス左のミュラーが左足を一閃。強烈なシュートがゴール左隅に突き刺さった。 ▽途中出場のミュラーのゴールで試合を動かされ、1点を追う展開となったシュツットガルトは両ウイングバックのアオゴとベックに代えて浅野とブレカロの両アタッカーを投入。攻撃的な布陣とすると、88分にはCKの流れからボックス右の浅野がシュートに持ち込むもDFに当たって枠の上に外れる。 ▽その後、追加タイム1分のハメス・ロドリゲスのGKとの一対一をツィーラーが止めて望みをつないだシュツットガルトは、同2分にPKを獲得する。右クロスを受けたボックス内のアズカシバルがジューレに蹴られた。ところが、キッカーのアコロはGKウルライヒにシュートを止められてタイムアップ。バイエルンがシュツットガルトを退け、4連勝で前半戦を終えている。 2017.12.17 01:34 Sun
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 12月16日は、ブンデスの頂を知るドイツのディフェンスリーダー

◆マッツ・フンメルス 【Profile】 国籍:ドイツ 誕生日:1988/12/16 クラブチーム:バイエルン ポジション:DF 身長:191㎝ 体重:92㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、12月16日はドイツ代表DFマッツ・フンメルスをご紹介。 ▽バイエルンの下部組織出身のフンメルス。2006-07シーズンの最終節のマインツ戦でトップチームデビューを果たすが、それ以上の出場機会には恵まれず2008年1月にドルトムントにレンタル移籍。19歳ながらレギュラーに定着し、2009年2月には完全移籍でドルトムント入り。 ▽在籍3年目となった10-11シーズンには自己最多のリーグ戦32試合に出場。日本代表MF香川真司らとともに01-02シーズン以来となるブンデスリーガ制覇を成し遂げた。さらに翌シーズンには連覇を達成。ドルトムントの黄金時代を築いた。 ▽ドルトムント在籍9年間で公式戦309試合に出場したフンメルスは2016年夏に、引き抜かれる形でバイエルンに移籍。その前にドルトムントの絶対的エースだったロベルト・レバンドフスキやマリオ・ゲッツェが次々と“禁断の移籍”をしていたことから、ファンやサポーターからは少なからずフンメルスに白い目が向けられた。 ▽代表では2010年のマルタとの親善試合でフル代表デビュー。同年11月のスウェーデン戦で初のフル出場を果たすと、以降はコンスタントに招集を受け、ここまで公式戦62試合に出場している。 ▽フンメルスは最近、年俸の1%を寄付することを表明。これはスペイン代表MFフアン・マタが立ち上げた「コモン・ゴール」という年俸の1%を寄付するというプロジェクトに賛同してのものだった。この活動はサッカー界に徐々に波紋を広げ、香川もこの取り組みに賛同。アジア人としてこのプロジェクトに参加する最初の選手となった。「コモン・ゴールのことを聞いて、これはすぐフットボールが世界をよくできるチャンスだと思ったし、それに参加したいと思った」とフンメルスは語る。サッカー界だけでなく世界に貢献するフンメルス。彼の今後の活動に注目したい。 ※誕生日が同じ主な著名人 松山千春(歌手) ガダルカナル・タカ(お笑い芸人) 細川茂樹(俳優) ナヲ(ミュージシャン/マキシマムザホルモン) 辺見えみり(タレント) 向井慧(お笑い芸人/パンサー) 桐谷美玲(女優) 長澤和輝(サッカー選手/浦和レッズ) 2017.12.16 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第17節プレビュー】前半戦ラストマッチ! 浅野がバイエルンと対戦

▽ミッドウィークに行われた前節ではバイエルンが大迫欠場のケルンに1-0と勝利した一方、ライプツィヒがヴォルフスブルクに1-1と引き分けたことで、独走態勢を築いている。ここ3試合勝利のないライプツィヒに代わって2位に浮上したのはアウグスブルクに3-2と競り勝ったシャルケで、バイエルンを9ポイント差で追っている。迎える前半戦ラストマッチの第17節ではシュツットガルトの浅野がバイエルンと対戦する。 ▽前節は今季未勝利の苦手アウェイでホッフェンハイムに0-1と押し切られた14位シュツットガルト(勝ち点17)は、今季ここまで5勝1分け1敗と好結果を残しているホームに王者バイエルンを迎える。浅野は前節ベンチスタートながら味方の負傷によって26分から出場し、一定の存在感を示した。今節はスタメン復帰予想となっており、世界屈指のDFであるフンメルスとの駆け引きに注目したい。 ▽一方、レヴァンドフスキ弾でケルンを押し切った首位バイエルン(勝ち点22)は、2試合連続1-0の勝利でリーグ戦3連勝とした。ホームで強さを見せるシュツットガルトが相手だが、前半戦ラストマッチを制し、独走態勢を維持したままウインターブレイクに入れるか。 ▽シュティーガー監督の初陣を香川の2ゴールに絡む活躍でマインツに2-0と勝利し、リーグ戦9試合ぶりの白星を飾った6位ドルトムント(勝ち点25)は、5位ホッフェンハイム(勝ち点25)とのホーム戦に臨む。マインツ戦では右インサイドMFとトップ下で好プレーを見せた香川は引き続きスタメン予想となっているが、2戦連続ゴールに絡む活躍を見せて勝利で前半戦を締めくくれるか。 ▽2試合連続ベンチ外と厳しい立場のフランクフルトの長谷部と鎌田は、シャルケとのホーム戦に臨む。引き続き両者共にスタメン予想にはない状況だが、出場のチャンスを得られるか。対するシャルケは、ここ10試合負けなしと好調を維持。前節はアウグスブルクに3-2と打ち勝って4試合ぶりの勝利を手にしている。優勝争いの火を消さないためにも勝利が求められる。 ▽ヴォルフスブルクに引き分け、ここ3試合勝利のない3位ライプツィヒ(勝ち点28)は、戦力外に近い扱いを受けている原口のヘルタ・ベルリンと対戦する。年内最終戦を勝利し、すっきりとした形で年を越せるか。そして、前節ブレーメン戦を勝利し、11試合負けなしとした4位レバークーゼン(勝ち点27)は、10位ハノーファー(勝ち点22)戦を戦う。 ▽その他、伊藤が途中出場したものの、2試合連続出場機会のなかった酒井高のハンブルガーSVは金曜日に8位ボルシアMG戦を、背中の負傷が回復せず4試合連続欠場となったマインツの武藤は17位ブレーメン(勝ち点14)戦を、肺炎で1カ月半の離脱となった大迫のケルンは、12位ヴォルフスブルク(勝ち点19)戦をそれぞれ戦う。 ※スタメン予想はドイツ『キッカー』参照 ◆ブンデスリーガ第17節 ▽12/15(金) 《28:30》 ボルシアMG vs ハンブルガーSV ▽12/16(土) 《23:30》 ブレーメン vs マインツ シュツットガルト vs バイエルン ケルン vs ヴォルフスブルク フランクフルト vs シャルケ アウグスブルク vs フライブルク 《26:30》 ドルトムント vs ホッフェンハイム ▽12/17(日) 《23:30》 ハノーファー vs レバークーゼン 《26:00》 ライプツィヒ vs ヘルタ・ベルリン 2017.12.15 23:30 Fri
twitterfacebook
thumb

J・ボアテング「外国でプレーしたいという気持ちはある」 ユーベとインテルが飛びつく?

▽バイエルンのドイツ代表DFジェローム・ボアテング(29)に移籍の可能性が浮上している。イタリア『カルチョ・メルカート』や『90min』が伝えた。 ▽2011年にマンチェスター・シティからバイエルンに加入したJ・ボアテング。2010-11シーズンのシティ移籍を除いてここまでのキャリア11年でドイツ以外のクラブでのプレー経験がないJ・ボアテングはドイツ『スポーツ・ビルト』に「バイエルンとの未来? 外国のクラブでプレーしたいという気持ちはいつだって心の中にあった。状況によるだろうね。どうなるかわからない」とコメントしていた。 ▽伝えられるところによれば、ユベントスとインテルというイタリアのビッグクラブがJ・ボアテングの獲得に興味を持っているようだ。今夏にイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチをミランに放出したユベントスは代わりにシャルケからドイツ代表DFベネディクト・ヘヴェデスをレンタルで獲得したが、ユベントスはその穴を埋められていないと考えている模様だ。 ▽さらに、ブラジル代表DFミランダや、今夏獲得したスロバキア代表DFミラン・シュクリニアルが高いパフォーマンスを披露しているインテルも、世界レベルのDFを獲得することは同クラブにとって非常に魅力的な選択だとも伝えられている。 ▽バイエルンとの現行契約を2021年6月30日までとしているJ・ボアテング。キャリアの絶頂期を迎えている今、見知らぬ土地で新たな挑戦に臨むにはベストなタイミングにも思えるが、果たしてJ・ボアテングはどのような選択をするのだろうか。 2017.12.15 22:21 Fri
twitterfacebook
thumb

伝説のGKカーンが語る意外な後悔「あそこに移籍すれば良かった」

▽フットボール界のレジェンドである元ドイツ代表GKオリバー・カーン氏が、キャリアにおける後悔として、「マンチェスター・ユナイテッドへの移籍」を挙げた。 ▽カーン氏は現役時代、1994年にカールスルーエから加入したバイエルンで14シーズンにわたって守護神として活躍し、8度のブンデスリーガや2000-01シーズンのチャンピオンズリーグ制覇を経験した。また、ドイツ代表としては86試合に出場し、1996年のユーロ優勝や2002年の日韓ワールドカップ準優勝を経験した。 ▽ドイツ『スポーツ・ビルト』のインタビューに応じたカーン氏は、海外移籍に挑戦してみたかったという思いを吐露し、当時アレックス・ファーガソン氏が率いていたユナイテッドへの移籍についての後悔を口にした。 「アレックス・ファーガソンは未だに私に怒っているんじゃないかな。2003年か2004年、彼は私がユナイテッドに移籍すると思っていただろうからね。でもバイエルンで締めくくることが私にとってより重要だった」 「振り返ってみれば、移籍してみるべきだったと思う。私にとっていい挑戦になったはずだ」 ▽当時ユナイテッドは、2005年にGKエドウィン・ファン・デル・サールが加わるまでGKに確固たる存在を立てることができずにいた時代が続いていた。ファン・デル・サールと共に2007-08シーズンには欧州王者に君臨したユナイテッドだが、カーンが加わっていたらまた大きな違いが生まれていたことだろう。 2017.12.15 14:09 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース