ラツィオに完勝のユベントスが史上初の3連覇達成《コッパ・イタリア》2017.05.18 06:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽コッパ・イタリア決勝、ユベントスvsラツィオが17日にスタディオ・オリンピコで行われ、ユベントスが2-0で完勝し、史上初の3連覇を達成して12度目の優勝を飾っている。

▽準決勝でナポリを敗り、史上初の3連覇を目指すユベントスは、1-3と敗れた3日前のローマ戦のスタメンから8選手を変更。イグアインとボヌッチ、負傷で欠場が危ぶまれたマンジュキッチが引き続きスタメンとなって、GKブッフォンと出場停止のピャニッチ、負傷のケディラを除いてベストメンバーを送り込んだ。システムはバルザーリを右サイドバックに配置する[4-2-3-1]を採用した。

▽一方、準決勝でローマとのダービーを制し、4シーズンぶり7度目の優勝を目指すラツィオは、2-3と敗れた4日前のフィオレンティーナ戦のスタメンから7選手を変更。インモービレやビリア、ミリンコビッチ=サビッチら主力がスタメンに戻った。

▽試合は6分、ラツィオはボックス左に侵入したケイタが左ポスト直撃のシュートを浴びせれば、ユベントスは7分にイグアインが強烈なミドルシュートでGKストラコシャを強襲。互いに一度ずつゴールに迫った中、12分にユベントスが先制する。左サイドからのアレックス・サンドロのアーリークロスを、ファーサイドのダニエウ・アウベスがボレーで合わせたシュートがゴール左に決まった。

▽その後もディバラがミドルシュートでGKストラコシャを強襲していくと、18分にはイグアインがダニエウ・アウベスの右クロスに合わせる決定機を演出。しかし、ゴール至近距離からのシュートはGKストラコシャのファインセーブに阻まれた。

▽劣勢のラツィオは21分に負傷したパローロがプレー続行不可能となりラドゥを左サイドに投入。ルリッチをインサイドに回した。

▽すると25分、ディバラの左CKをニアサイドのアレックス・サンドロが頭で逸らすと、後方のボヌッチが左足で蹴り込んで、ユベントスに追加点が生まれた。

▽2点を追う展開となったラツィオは32分にインモービレがダイビングヘッドでゴールに迫ると、ここから反撃開始。ハーフタイムにかけて押し込むと、追加タイム3分に右CKからミリンコビッチ=サビッチがヘディングシュートを浴びせるも、GKネトの正面を突き、前半を0-2で終えた。

▽迎えた後半、攻め手のないラツィオは53分にDFのバストスを削ってフェリペ・アンデルソンを投入。4バックとすると、直後にフェリペ・アンデルソンがミドルシュートでGKネトを強襲。続く57分には右サイドからのクロスにインモービレが頭で合わせる決定機を演出するも、GKネトのファインセーブに阻まれる。

▽良い流れから徐々にトーンダウンしていったラツィオは69分、DFのデ・フライを削ってL・アルベルトを投入。ラドゥをセンターバックに回した。攻撃的な布陣としたラツィオはL・アルベルトのボレーシュートやインモービレのミドルシュートでGKネトを強襲していくが、ゴールを脅かすには至らない。

▽終盤、ディバラに代えてレミナを投入し、試合をクローズにかかったユベントスは、79分にCKの流れからインモービレのヘディングシュートがバーを叩くも、それ以降は隙を見せずにシャットアウト。2-0で完勝し、史上初のコッパ・イタリア3連覇を成し遂げた。

コメント

関連ニュース

thumb

ブッフォン、ユベントス同僚との不仲を否定「僕が主将である限りそういう問題は起こらない」

ユベントスGKジャンルイジ・ブッフォンは、チームメートであるDFメディ・ベナティアとの間に問題がないことを強調している。<br><br>ユベントスは22日に行われたセリエA第34節でナポリと対戦した。ホームでの天王山で0-1と敗れ、首位ユベントスと2位ナポリとの勝ち点差は1ポイントまで縮まっている。<br><br>一部報道では、この試合中にブッフォンとベナティアが激しい言い合いになったと伝えられている。だがブッフォンはそういった憶測を一蹴している。スペイン『ムンド・デポルティボ』がコメントを伝えた。<br><br>「試合に敗れた時のお決まりの噂話だ。僕たちの団結や自信を失わせようとしているのだろう」<br><br>「(チームメートと)意見が食い違うことがあるのは、当然だ。それだけさ。僕はこの17年間で敗戦を一人のチームメートのせいにしたことはない。僕がキャプテンである限りそういう問題は起こらない」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.25 23:30 Wed
twitterfacebook
thumb

マンジュキッチ、中国移籍か

▽ユベントスに所属するクロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチ(31)の退団の可能性が高まってきているようだ。『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽2015年夏に加入以降、チームの大きな戦力となっていたマンジュキッチ。1年目からリーグ戦27試合に出場し10ゴールをマークすると、昨季はリーグ戦34試合に出場。レアル・マドリーとのチャンピオンズリーグ決勝戦でも同点ゴールを挙げ、ユベントスに勢いをもたらした。今季からは左ウイングで新たな側面を見い出し、マッシミリアーノ・アッレグリ監督にとっても欠かせない選手となっている。 ▽ところが、マンジュキッチは今季限りでの退団の可能性が高まってきているようだ。イタリア『Rai Sport』によれば、中国から幾つかのオファーが来ているとみられており、選手本人も興味を持っているようだ。 ▽しかし、それにはアッレグリ監督の進退が関わっているようで、『カルチョメルカート』は、アッレグリがユベントスに残るのであれば、それに付随してマンジュキッチも残留となる可能性があるとみているようだ。 2018.04.25 15:35 Wed
twitterfacebook
thumb

スパレッティ、打倒ユーベに意欲「試合が楽しみ。インテルの勝利を応援して」

インテル指揮官のルチアーノ・スパレッティが23日、イタリア・オリンピック委員会(CONI)のイベントに出席後、インタビューに応じ、28日のセリエA第35節ユベントス戦に向けて意気込みを語った。『Goal』の取材により明らかになった。<br><br>前節、首位ユベントスが2位ナポリとの直接対決で敗れたことで、リードはわずか1ポイントに縮まり、スクデットの行方は不透明となった。スパレッティ率いるインテルは今週末、ホームにユベントスを迎えるが、順位表に大きな変動をもたらす可能性もある。<br><br>「(マウリツィオ)サッリと(マッシミリアーノ)アッレグリは、状況をよく把握し、シーズン終盤を乗り切っていくだろう。シーズンもこの段階になると、誰が有利ということはない。簡単な試合も難しい試合もなく、カレンダーは重要ではない。この不確かな状況を楽しまなくてはならない。ユベントスとの試合を楽しみに待っている。だがインテルのサポーターには、スタジアムに来てアンチ・ユベントスの応援をするのではなく、我々自身の目標を達成できるよう勝利を後押しして欲しい」<br><br>インテルは現在、順位表で5位。チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内につけるローマおよびラツィオを1ポイント差で追う。<br><br>「ローマやラツィオがインテルより優勢? 確かにそうだ。順位表でも1ポイントリードしているし、残り試合が少なくなると貴重なポイントになる」<br><br>またCLで34年ぶりの準決勝を戦うローマについて言及。「ローマは素晴らしい業績を上げている。クラブや監督、選手たちの功績だろう」と称えた。<br><br>提供:goal.com 2018.04.24 17:00 Tue
twitterfacebook
thumb

理由は「家族」…ボカが熱視線のブッフォンはオファーを断る意向

▽ボカ・ジュニアーズが獲得に動いているユベントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(40)だが、このオファーを断るようだ。イタリア『トゥットスポルト』が報じた。 ▽ブッフォンは、今シーズン限りでユベントスの契約が満了を迎えるため、今夏の去就が注目を集めている。ブッフォン自身もユベントス退団を決断したわけではなく、1年間の契約延長も考慮していると報じられてきた。 ▽そんな中、アルゼンチンの名門クラブであるボカ・ジュニアーズが獲得に乗り出し、実際にブッフォンとコンタクトを取ったことも確認されていた。 ▽近年は、元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスがユベントスからボカ・ジュニアーズへ、ウルグアイ代表MFロドリゴ・ベンタンクールがボカ・ジュニアーズからユベントスへと移籍。両クラブの関係性から、ブッフォンのアルゼンチン行きがにわかに騒がていた。 ▽しかし、ブッフォンはこのオファーを断ることを決断しているとのこと。理由は「家族」とのことだ。 ▽ブッフォンには、子供が3人おり、10歳、8歳、そして一番下は2歳と幼い。ブッフォンとしては、幼い子供とともに、南米で数カ月を過ごすことは避けたいと考えているようだ。 ▽南米行きが無くなるブッフォンだが、ユベントスに残るのか。それとも、他のクラブに移籍するのか。はたまた、現役を退くのか。世界屈指のベテラン守護神の去就は注目だ。 2018.04.24 13:10 Tue
twitterfacebook
thumb

ユベントスに痛手、キエッリーニが左ヒザの大腿二頭筋負傷で戦線離脱

▽ユベントスは23日、イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニの負傷を発表した。 ▽キエッリーニは22日に行われたセリエA第34節のナポリ戦(0-1でユベントスが敗戦)で先発。だが、11分に負傷し、スイス代表DFシュテファン・リヒトシュタイナーとの途中出場を余儀なくされていた。 ▽ユベントスによると、その後の検査の結果でキエッリーニは左ヒザの大腿二頭筋負傷と診断された。 ▽なお、キエッリーニはすでに治療を開始しており、経過を観察しながら今後も検査を受ける予定となっている。 2018.04.24 01:20 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース