横浜FMがユース所属のMF山田康太、MF堀研太の2種登録を発表2017.03.10 17:45 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽横浜F・マリノスは10日、ユースに所属するMF山田康太(17)、MF堀研太(17)の2選手を2種登録することを発表した。▽山田、堀の両選手は、プライマリーからジュニアユース、ユースと昇格。横浜FM一筋でここまでプレーを続けてきた。

▽山田はユースで背番号10を背負い、「高い技術と戦術眼に優れる中盤の貴公子」と紹介。堀はユースで背番号7を背負い、「強引な突破からの「強蹴」を誇るレフティー」と紹介されている。
コメント
関連ニュース
thumb

DF河合竜二が22年間のプロ生活に幕…引退後は札幌にフロント入り

北海道コンサドーレ札幌は24日、DF河合竜二(40)が現役を引退したことを発表した。また、同クラブへのフロント入りも併せて伝えている。 西武台高校から浦和レッズに加入してプロキャリアをスタートさせた河合。しかし、思うような出場機会を得ることができず、2002年に契約が満了した。その後、2度のトライアウトを経て、横浜F・マリノスに入団。2003年にはJ1リーグ・2ndステージ優勝に貢献し、2008年からはキャプテンを務めるなど8年間、トリコロールのユニフォームを身にまといプレーした。 その後、2011年に北海道コンサドーレ札幌に完全移籍。加入初年度からキャプテンを任され、同年にJ1昇格に導いた。翌年に再びJ2に降格したが、2016年には再びJ1昇格の力に。しかし、昨シーズンは公式戦での出場はなく、昨年12月に契約満了となっていた。 キャリア通算では、J1で191試合9ゴール2アシスト、J2で147試合2ゴール2アシスト、リーグカップ戦で40試合出場、天皇杯で4試合出場。 引退後は、コンサドーレ・リレーションズチーム・キャプテン(C.R.C)としてクラブをサポート。パートナー企業、サポーター、ホームタウン、行政機関、メディアなど、クラブを支えてくださる皆さまとクラブをつなぐ存在として、多方面に渡って活動していくようだ。 22年間の現役生活に終止符を打った河合は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「2018シーズンをもって現役を引退する事を決意致しました」 「プロ生活22年間。日本代表にも入ったことのない自分がここまで長くサッカーをやれたのも周りの方の支えがあったからこそだと思っています」 「両親を始め、家族、友人、自分を支えてくれた方。少年団から中学、高校、浦和レッズ、横浜F・マリノス、北海道コンサドーレ札幌在籍時の自分のサッカー人生に関わる全ての皆様に感謝します」 「そしてファン、サポーターの皆様。ホームはもちろん、遠くアウェーまでも多くのサポーターに駆けつけていただきありがとうございました。皆んなの声援が力をくれました。時にはぶつかった事もあったけど、辛い時期もいつもどんな時だって全力で応援してくれる姿は最高でした!!」 「今後はクラブのフロントスタッフとして、コンサドーレに関わらせていただく事になりました」 「自分の今までの経験を生かし、クラブと大好きな北海道がより一体感を持って戦えるように努めていきます。今後も自分が大切にしてきた言葉通り、『今、目の前のことを全力で。』変わらず突き進んで参ります!」 「応援よろしくお願いします」 2019.01.24 12:45 Thu
twitterfacebook
thumb

長崎、横浜FM退団のGK鈴木彩貴を獲得「マリノスでの経験を長崎の地で」

V・ファーレン長崎は23日、昨シーズン限りで横浜F・マリノスを退団していたGK鈴木彩貴(31)を獲得したことを発表した。背番号は「25」に決定している。 鈴木は2010年にブラウブリッツ秋田でプロキャリアをスタート後、ギラヴァンツ北九州を経て、2017年から横浜FMでプレー。だが、今シーズンを含め、在籍2年間で出番がなく、昨年12月に契約が満了していた。 長崎への加入が決定した鈴木は、両クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆V・ファーレン長崎 「チームが始動している中での加入になり、チームの皆さんと1日でも早く馴染んで、ファン・サポーターの皆さんに応援して頂けるように頑張っていきたいと思います。2019シーズンの大きな目標であるJ1昇格に向けて全力を尽くします!よろしくお願いいたします!」 ◆横浜F・マリノス 「この度V・ファーレン長崎に移籍する事になりました。マリノスでの経験を長崎の地で、また今後の人生で存分に発揮したいと思います。皆様今後ともよろしくお願い致します」 2019.01.23 12:20 Wed
twitterfacebook
thumb

横浜FM、ブラジル人アタッカーFWエジガル・ジュニオをレンタルで獲得!「胸が高鳴る思い」

横浜F・マリノスは16日、ECバイーアからブラジル人FWエジガル・ジュニオ(27)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間については明かされていないが、12日のバイーアの発表によると、2019年12月31日まで。 アトレチコ・パラナエンセでプロデビューしたエジガルは、2016年1月にバイーアへ加入。バイーアではセンターFWだけでなく、両ウィングも務め、昨シーズンは公式戦33試合8ゴールを記録した。 横浜FMへの期限付き移籍が決定したエジガル・ジュニオは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「私のキャリアにおいてこのようなチャレンジができることをとても嬉しく、胸が高鳴る思いです。いつか海外でプレーすることを目標にしていたので、自分に期待しチャンスをいただいた横浜F・マリノスには大変感謝しているとともに、この挑戦に全力を尽くしたいと思っています。多くのブラジル人選手が素晴らしい歴史を作ってきた日本で、横浜F・マリノスのユニフォームを着られることを光栄に思っています」 2019.01.16 15:20 Wed
twitterfacebook
thumb

神戸退団のタイ代表DFティーラトン、横浜FMへ期限付き移籍!

横浜F・マリノスは16日、ムアントン・ユナイテッドからタイ代表DFティーラトン(28)の期限付き移籍での獲得が内定したことを発表した。 ティーラトンは2018年にムアントン・ユナイテッドからヴィッセル神戸に期限付き移籍で加入。昨シーズンは明治安田生命J1リーグに28試合、天皇杯に3試合、YBCルヴァンカップに4試合出場したが、昨年12月に期限付き移籍期間の満了が発表されていた。 新シーズンを横浜FMで戦うことが決まったティーラトンは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントした。 「横浜F・マリノスに加入することが出来、非常に嬉しい気持ちでいっぱいです。クラブの勝利のために、日々のトレーニングから自分自身のベストを尽くしていきたいと思います。ファン、サポーターの皆さん、熱い応援を宜しくお願いします」 2019.01.16 10:50 Wed
twitterfacebook
thumb

横浜FMがブラジル人FWエジガルを獲得! バイーアが1年レンタルを正式発表

ECバイーアは12日、ブラジル人FWエジガル・ジュニオ(27)を横浜F・マリノスにレンタル移籍で放出したことを発表した。契約期間は2019年12月31日までとなる。 アトレチコ・パラナエンセでプロデビューしたエジガルは、2016年1月にバイーアへ加入。バイーアではセンターFWだけでなく、両ウィングも務め、公式戦142試合に出場し44ゴールをマークした。 なお、エジガルはクラブの公式ツイッター(@ECBahia)通じて、バイーアのファン・サポーターに向けた謝意を投稿している。 2019.01.14 02:32 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース