横浜FMがユース所属のMF山田康太、MF堀研太の2種登録を発表2017.03.10 17:45 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽横浜F・マリノスは10日、ユースに所属するMF山田康太(17)、MF堀研太(17)の2選手を2種登録することを発表した。▽山田、堀の両選手は、プライマリーからジュニアユース、ユースと昇格。横浜FM一筋でここまでプレーを続けてきた。

▽山田はユースで背番号10を背負い、「高い技術と戦術眼に優れる中盤の貴公子」と紹介。堀はユースで背番号7を背負い、「強引な突破からの「強蹴」を誇るレフティー」と紹介されている。

コメント

関連ニュース

thumb

横浜FMのGK杉本大地が手術…全治2カ月の見込み

▽横浜F・マリノスは22日、GK杉本大地が左示指脱臼及び腱損傷と診断され、手術をしたことを発表した。全治は2カ月の見込み。 ▽クラブの発表によると、杉本は17日の練習中に負傷。 ▽杉本は2017年に京都サンガF.C.から横浜FMに加入。今シーズンはここまでYBCルヴァンカップに3試合出場している。 2018.10.22 18:00 Mon
twitterfacebook
thumb

2018年ニューヒーロー賞は横浜FMのMF遠藤渓太に! 27日湘南との決勝戦へ《YBCルヴァンカップ》

▽Jリーグは22日、2018 JリーグYBCルヴァンカップの『ニューヒーロー賞』に横浜F・マリノスのMF遠藤渓太(20)が選出されたことを発表した。横浜F・マリノスからはMF齋藤学(現・川崎フロンターレ)が受賞した2013年以来の受賞者となる。 ▽ニューヒーロー賞受賞者は、今大会から各試合において活躍が顕著であった21歳以下の選手が対象(昨年度までは23歳以下)。グループステージから準決勝まで、各試合会場で実施される報道関係者の投票結果が選考方法となる。リーグ公式サイトでは、Jリーグ選考委員会による総評を以下のように伝えられている。 「グループステージ5試合、プライムステージ4試合に出場しコンスタントに活躍。味方を活かすプレーで得点に絡む活躍を見せ、メディア投票で1位を獲得した横浜F・マリノス 遠藤渓太選手を選出した」 「周囲との連携によってプレーの選択肢が広がり、大会を通じて成長。持ち前のスピードに乗ったドリブルに磨きがかかり、スペースを生かした動きで味方攻撃陣の得点機会創出に貢献した。試合を重ねるごとにキレが増し、自身の勢いに乗ったプレーとチームの上り調子が同調。チームにとって17年ぶりの決勝進出に貢献した活躍に加え、大会を通じて成長する姿に今後の可能性が秘められていることも評価を受けて、ニューヒーロー賞受賞となった」 ▽また、同賞を受賞した遠藤は、喜びをあらわにするも、満足せず。27日に迎える決勝戦を含め、残りのシーズンへ意気込んだ。 「2018JリーグYBCルヴァンカップのニューヒーロー賞を受賞できたことを本当に嬉しく思います。この賞は自分の力だけで勝ち得た賞ではなく、チームメイト、監督やスタッフ、すべての方々のおかげで受賞することができたと思っています。ただ、自分としては、受賞に値するだけのプレーを披露できたとはまだ思っていません。その分、週末の決勝と残りのリーグ戦で自分の価値を証明できるように頑張っていきたいと思います。ありがとうございました」 ▽横浜FM下部組織出身の遠藤は、2016年にトップチームデビュー。2017年4月のYBCルヴァンカップ第3節のアルビレックス新潟戦でプロ初ゴールを記録した。今シーズンはYBCルヴァンカップでここまで9試合2アシストを記録するほか、明治安田生命J1リーグでは24試合2ゴール4アシストの活躍を披露している。 ▽なお、遠藤が所属する横浜FMvs湘南ベルマーレの決勝戦は27日13時5分に埼玉スタジアム2002でキックオフを迎える。 ◆過去の受賞者 1996年 名波浩(ジュビロ磐田) 斉藤俊秀(清水エスパルス) 1997年 三浦淳宏(横浜フリューゲルス) 1998年 高原直泰(ジュビロ磐田) 1999年 佐藤由紀彦(FC東京) 2000年 鈴木隆行(鹿島アントラーズ) 2001年 曽ケ端準(鹿島アントラーズ) 2002年 坪井慶介(浦和レッズ) 2003年 田中達也(浦和レッズ) 2004年 長谷部誠(浦和レッズ) 2005年 阿部勇樹(ジェフユナイテッド千葉) 2006年 谷口博之(川崎フロンターレ) 2007年 安田理大(ガンバ大阪) 2008年 金崎夢生(大分トリニータ) 2009年 米本拓司(FC東京) 2010年 高萩洋次郎(サンフレッチェ広島) 2011年 原口元気(浦和レッズ) 2012年 石毛秀樹(清水エスパルス) 2013年 齋藤学(横浜F・マリノス) 2014年 宇佐美貴史(ガンバ大阪) 2015年 赤崎秀平(鹿島アントラーズ) 2016年 井手口陽介(ガンバ大阪) 2017年 西村拓真(ベガルタ仙台) 2018年 遠藤渓太(横浜F・マリノス) 2018.10.22 15:30 Mon
twitterfacebook
thumb

G大阪が残留に爆進の6連勝! 小野瀬逆転弾で横浜FM破る《J1》

▽20日にパナソニック スタジアム 吹田で行われた明治安田生命J1リーグ第30節のガンバ大阪(勝ち点36/12位)vs横浜F・マリノス(同38/10位)は、ホームのG大阪が2-1で勝利した。 ▽5連勝中のG大阪は、出場停止明けのファン・ウィジョ、先の大阪ダービーで決勝点を挙げたアデミウソンがベンチスタート。[3-4-2-1]の布陣を用い、3バックの一角に菅沼を起用した。対して、17年ぶりとなるルヴァンカップ決勝進出の横浜FMは、3連勝中。出場停止明けのドゥシャンが3試合ぶりの先発復帰を果たしている。 ▽今最も乗りに乗る両雄の一戦は、横浜FMがボールの主導権を握りにかかるのに対して、3バックで対策を講じてきたG大阪も守備からリズムを作り、反撃のチャンスをうかがう。その中で、8分にGK東口が相手のシュートに反応した際に右ヒザを負傷。途中交代が懸念されたが、テーピングによる治療を経て、プレー続行を決断する。 ▽攻めの姿勢を続ける横浜FMの前に我慢の戦いを強いられるG大阪は23分、倉田が左サイドで相手からボールをカットしてカウンター。そのままドリブルでバイタルエリア中央にボールを持ち上がると、GK飯倉のやや前がかりなポジショニングを見逃さず、右足のループシュートを放つ。だが、精度を欠いて、枠の右に外してしまう。 ▽大半の時間帯でボールの主導権を握る横浜FMは36分、天野の意表を突くプレーでこう着状態を破る。バイタルエリア左でボールを受けた天野がゴール前の状況を確認することなく、振り向きざまに左足でグラウンダーのクロス。これがゴール前を抜けると、ファーサイドからゴール前に向かった仲川が押し込み、横浜FMが先制する。 ▽1点ビハインドのG大阪は、ハーフタイム明けから負傷のGK東口と菅沼に代えて、GK林とファン・ウィジョを投入。布陣も3バックから本来の4バックに戻して反撃に転じる。その効果もあり、攻撃に迫力が出てきたことで最後の局面に差し掛かる回数が増え、その中でファン・ウィジョや渡邉、小野瀬が積極的にゴールを狙っていく。 ▽劣勢の横浜FMは64分、負傷の遠藤渓太に代えて、イッペイ・シノヅカをピッチに送り込み、立て直しを図る。だが、G大阪は71分、早々の65分に最後の交代枠でピッチに入ったアデミウソンがボックス中央のファン・ウィジョにパス。これを受けたファン・ウィジョが密集地帯をすり抜けて右足シュートをゴール左下に決め、G大阪が追いついた。 ▽そのG大阪は、残る交代カードで喜田と中町を投入した横浜FMを攻め立て続けると、86分に勝ち越し。左サイドの倉田から縦パスを受けたアデミウソンがワンタッチでオーバーラップの藤春にボールを叩く。最後は藤春のグラウンダーのパスをゴール前の小野瀬がプッシュ。押せ押せのG大阪が小野瀬の移籍後初ゴールで逆転に成功する。 ▽結局、小野瀬のゴールが決勝点となり、横浜FMに逆転勝利のG大阪が3年半ぶりの6連勝。勝ち点を39ポイントまで伸ばして、残留に大きく前進した。敗れた横浜FMは、連勝が「3」でストップしている。 2018.10.20 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ルヴァンカップ決勝の国歌斉唱歌手に『水曜日のカンパネラ』のコムアイ

▽Jリーグは19日、27日に埼玉スタジアム2002で開催されるYBCルヴァンカップ決勝の試合前に行われる国歌斉唱の歌手が『水曜日のカンパネラ』のコムアイに決定したことを発表した。 ▽『水曜日のカンパネラ』は、2012年結成の音楽ユニット。コムアイは独特な世界観を音楽で表現し、ファンを魅了する同ユニットのボーカルを務めている。 ▽決勝は、クラブ史上初の決勝進出となる湘南ベルマーレと、2001年以来17年ぶりの進出となる横浜F・マリノスが対戦。13時5分にキックオフを迎える。 2018.10.20 09:40 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】ノリノリな両雄の残留巡るビッグマッチ《G大阪vs横浜FM》

▽20日にパナソニック スタジアム 吹田で行われる明治安田生命J1リーグ第30節で激突する5連勝のガンバ大阪(勝ち点36/12位)と、3連勝の横浜F・マリノス(同38/10位)。現在のJ1で最も勢いに乗る両者の顔合わせは、単なる中断明けの初戦にあらず、J1残留に向けた重要な戦いとなる。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">G大阪vs横浜FMをDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div>◆上位陣をも呑み込む5連勝の勢い〜ガンバ大阪〜 ▽今シーズン開幕から2012年以来のJ2降格危機に瀕したG大阪だが、この終盤に来て、完全に息を吹き返した。第25節の川崎フロンターレ戦を皮切りに、ヴィッセル神戸、清水エスパルス、サンフレッチェ広島、セレッソ大阪を連破。3年半ぶりの5連勝で降格圏を抜け出す中で、薄れつつあった自信と勝負強さを取り戻した感がある。 ▽ただ、2試合未消化の名古屋グランパスが位置する降格圏の16位とは、わずか6ポイント差。史上最大の大激戦の残留争いから完全に抜け出したとは言い難い。その中で、迎える今節の相手は、ルヴァンカップ準々決勝でトータル1-7の大惨敗を喫した横浜FM。宮本恒靖体制発足後3勝2分けのホームでリベンジの先にある勝ち点3を目指す。 ◆3連勝の勢い+ルヴァン決勝進出の勢い〜横浜F・マリノス〜 ▽対する横浜FMも、G大阪に引けを取らないぐらい好調だ。一時クラブ初のJ2降格がちらついたが、第27節のジュビロ磐田戦から3連勝で一気に残留圏内へ。さらに、代表ウィーク期間に行われたルヴァンカップ準決勝で鹿島アントラーズを退け、17年ぶりの決勝行き切符を掴み取っていることから、チームの勢い、ムードは抜群に良い。 ▽そうした中で迎える今回のG大阪戦は、相手にとってもそうだが、横浜FMにとっても勝てば勝ち点を残留ラインに乗せることのできる大一番。さらに、他力だが、ACL権がかかる3位争いも見えてくる。この終盤に形づくアンジェ・ポステコグルー監督志向のアタッキングフットボールで要塞と化しつつある相手のホームで勝ち点3を掴めるか。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆ガンバ大阪[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181019_9_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:東口順昭 DF:オ・ジェソク、三浦弦太、ファビオ、藤春廣輝 MF:小野瀬康介、遠藤保仁、今野泰幸、倉田秋 FW:渡邉千真、ファン・ウィジョ 監督:宮本恒靖<hr>▽先の大阪ダービーを累積警告で欠場した主砲のFWファン・ウィジョが復帰。したがって、先の大阪ダービーで存在価値を再び示したFWアデミウソンは、ジョーカー待機が濃厚だ。そのほかの顔ぶれ、布陣は変更なし。現状のベストな陣容で今節に挑む。 ◆横浜F・マリノス[4-3-3]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181019_9_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:飯倉大樹 DF:松原健、ドゥシャン、チアゴ・マルチンス、山中亮輔 MF:大津祐樹、扇原貴宏、天野純 FW:仲川輝人、ウーゴ・ヴィエイラ、遠藤渓太 監督:アンジェ・ポステコグルー<hr>▽こちらもDFドゥシャンが累積警告の出場停止から復帰。そのほかの面子に関して、大幅な入れ替えは考えにくく、フォーメーションの変更もないだろう。左ヒジ骨折から驚異的な回復を見せるFW伊藤翔だが、17日に練習復帰して間もなく、流動的な様相だ。 【注目選手】 ◆MF倉田秋(ガンバ大阪)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181019_9_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽G大阪の注目選手は、名前のとおり、この秋口から調子を挙げるMF倉田秋だ。チームの復活劇の功労者としてMF今野泰幸やFWファン・ウィジョの活躍が称えられがちだが、倉田もその間に1得点2アシストのほかに、局面での切り崩し役として多大なる貢献度を誇る。中断期間を経て、再び攻撃陣の潤滑油として光になれるか。青黒屈指のトリックスターに期待したい。 ◆FW仲川輝人(横浜F・マリノス)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181019_9_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽横浜FMの注目選手は、今や不動のアタッカーに君臨するMF仲川輝人だ。その仲川は、直近に行われたルヴァンカップの鹿島戦でも1得点を挙げるなど、直近の公式戦5試合4ゴールと絶好調。9月のJ1月間ベストゴール賞を受賞した今、新たな“ハマのメッシ”との呼び声も高まりつつある。要注意選手として相手も警戒心を強める中、チームとして重要な一戦でも輝けるか。 ◆勢いと勢いのぶつかり合い ▽5連勝中のG大阪と3連勝中の横浜FMによる一戦は、単なる中位対決にならない。両者の勝ち点差は、わずか「2」。両雄の今節は、G大阪が勝てば残留のボーダーラインとみられる40ポイントに大手をかけることができ、逆に横浜FMからしてみれば、それをクリアする可能性のある大一番となる。“勢い”を勝利に繋げるチームは果たして。両者の一戦は15時にキックオフを迎える。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">勝てば残留に大きく前進の注目カード!<br />G大阪vs横浜FMをDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.10.19 18:00 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース