ハットトリックの活躍を見せたゼコ「ボールは娘にプレゼントしたい」2017.02.17 09:35 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ローマのボズニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ゼコが16日に行われたヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグのビジャレアル戦を振り返った。『フットボール・イタリア』が報じている。

▽敵地での一戦に臨んだローマは、32分にエメルソンのゴールで先制して前半を終える。迎えた65分、79分とゼコが連続で得点を奪うと、87分にもゴールネットを揺らしハットトリックを達成。ゼコの活躍もあり、ローマは4-0と完勝した。

▽試合を振り返ったゼコはインタビューで次のようにコメントしている。

「このボールは家にいる娘にプレゼントするよ。今日はキャリアの中でも素晴らしい夜になった。このハットトリックは娘に捧げたいね」

「チームとしては、セリエAの戦いの中で時には下位のチームに敗れることもあるけれど、今夜は僕らが優れたチームであることを証明できた。ただ、まだ半分が終わったばかりで、あと90分が残されている。僕らの突破は決まったわけではなく、最後まで戦いきらなければいけない」

▽現在、セリエAで17ゴールを奪い得点ランキングのトップに立っているゼコは、自身のハットトリックに驚きはないことを強調している。

「驚くようなことではないね。いつも通りプレーした結果だと思っている。昨シーズンは難しい状況もあったけれど、今シーズンはさらに良くなっている実感があるんだ」

コメント

関連ニュース

thumb

【CLグループC総括】“死の組”を制したのはローマ! チェルシー2位通過で昨季4強アトレティコが敗退…

▽昨季ベスト4の本命アトレティコ・マドリーに加え、プレミアリーグ王者のチェルシー、セリエA2位のローマと強豪3チームが揃い、“死の組”と評されたグループCでは、3番人気のローマが下馬評を覆して首位通過。また、不調のアトレティコを振り切ったチェルシーが2位通過を決めた。 ■グループC順位表■ [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.ローマ[11/3/2/1/3] 2.チェルシー[11/3/2/1/8] 3.アトレティコ・マドリー[7/1/4/1/1] 4.カラバフ[2/0/2/4/-12] ◆柔軟性のある戦いで“死の組”制す~ローマ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_102_tw6.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季の主力であるFWサラー、DFリュディガーらの流出に加え、バンディエラのFWトッティの引退、CL初経験のディ・フランチェスコ新監督の采配と、多くの不安要素を抱えて今大会に臨んだローマ。だが、終わってみれば格上アトレティコ、チェルシーとの三つ巴の争いを制し首位通過を決めた。アトレティコとの初戦を新守護神GKアリソンの圧巻のゴールキーピングでゴールレスドローで終えると、第2節のカラバフ戦で順当に初勝利。その後、チェルシーとの連戦では初戦でFWゼコ、2戦目でFWエル・シャーラウィが2ゴールずつを奪う活躍を披露し、1勝1分けで首位に浮上。その後、崖っぷちのアトレティコに初黒星を喫するも、最終節でカラバフに勝ち切って首位通過を決めた。ディ・フランチェスコ新監督の下、持ち味のハイライン&ハイプレスの能動的なスタイルに加え、後方に構えての堅守速攻と柔軟性を兼ね備える、より大人な今季のローマは、決勝トーナメント1回戦で同じセリエA勢のナポリを退けてグループFを2位通過したウクライナ王者シャフタールと対戦する。 ◆安定感欠き痛恨の2位通過に~チェルシー~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_102_tw3.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽CLの舞台での経験値という部分でこそ劣るものの、戦力面と智将コンテ監督の手腕という部分で本命に推す声もあったチェルシーだったが、最終節でローマに抜かれて2位通過となった。初戦のカラバフ戦に続き、第2節でアトレティコ相手に新本拠地ワンダ・メトロポリターノでの公式戦初黒星を与え連勝スタート。だが、ローマとの連戦ではMFカンテを欠いた中、2戦を通じて守備面を中心にミスが目立ち、1敗1分けで首位陥落。その後、ローマの取りこぼしで首位に返り咲いて最終節を迎えたが、FWモラタらの決定力不足が響き、アトレティコ相手にドロー止まりに終わった。この痛恨ドローの結果、イングランド勢で唯一の2位通過となったチームは、決勝トーナメント1回戦で優勝候補バルセロナといきなり激突することになった。 ◆グループ本命の昨季ベスト4が散る~アトレティコ・マドリー~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_102_tw7.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽FIFAからの補強禁止処分があったものの昨季ベスト4に導いた主力が揃って残留したことで、首位通過の大本命となったアトレティコ。しかし、同じく昨季ベスト4のモナコと共にグループステージ敗退という憂き目を味わうことになった。昨季同様に堅守は健在も、FWグリーズマンらの不調で深刻な得点力に陥り、6戦中4度のドローと勝ち切れないグループステージとなった。とりわけ、試合を完璧に支配した初戦のローマ戦、格下カラバフとの連戦では、引いた相手を崩す術を持たず、ほとんどゴールの可能性を感じさせない体たらくだった。ラウンド32からの参戦となるヨーロッパリーグ(EL)ではコペンハーゲンとの対戦となるが、EL優勝に向けては同様の課題を克服できるかが重要となる。 ◆アゼルバイジャン史上初の快挙~カラバフ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_102_tw5.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽アゼルバイジャン史上初のグループステージ進出を果たした時点で偉業達成といえたが、強豪揃いのグループステージでも2つの偉業を成し遂げた。初戦のチェルシー戦では0-6の大敗を喫するも、第2節のローマ戦ではMFペドロ・エンリケの得点でCL初得点を記録。また、アトレティコとの連戦では史上初の勝ち点獲得を含め、2つのドローと大健闘を見せた。今大会で初勝利を飾ることはできなかったが、来季以降再びこの舞台に返り咲き、その偉業を成し遂げる可能性は十分にあるはずだ。 2017.12.13 18:02 Wed
twitterfacebook
thumb

ヴルサリコはナポリ移籍を希望か…ローマやユベントスも獲得に興味

▽アトレティコ・マドリーに所属するクロアチア代表DFシメ・ヴルサリコ(25)は、今冬でのナポリ移籍を望んでいるようだ。イタリア『Rai Sport』の記者であるチノ・ベナラト氏が、イタリアラジオ『Radio CRC』に明かしたことを『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽半年近くに及ぶ負傷離脱を強いられたアルジェリア代表DFファウジ・グラムの代役探しに奔走するナポリは、セリエA経験のあるクロアチア代表サイドバックに目をつけており、今冬での獲得が噂されてきた。 ▽チノ・ベナラト氏によると、ヴルサリコの代理人を務めるジュゼッペ・リソ氏とナポリでスポーツディレクターを務めるクリスティアーノ・ジュントーリ氏の間で電話会談が行われた際にリソ氏が、ヴルサリコはナポリに移籍できることを非常に喜んでいるとナポリ側に語ったという。 ▽ヴルサリコについては移籍金の兼ね合いで獲得交渉が難航していたが、ナポリはアトレティコの要求する2000万ユーロ(約26億円)を満額支払うことで合意に至った模様。 ▽しかし、ヴルサリコにはサッスオーロ時代の恩師であるエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督の率いるローマや、ユベントスが興味を示しており、正式契約まで油断のできない情況だ。 2017.12.12 03:18 Tue
twitterfacebook
thumb

ビッグセーブ連発のGKソレンティーノの牙城を崩せなかったローマがキエーボとゴールレスドロー《セリエA》

▽ローマは10日、セリエA第16節でキエーボとアウェイで対戦し、0-0で引き分けた。 ▽5日に行われたチャンピオンズリーグ最終節のカラバフ戦で勝利し、グループ首位通過を決めた4位のローマ(勝ち点34)はその試合から5選手を変更。フロレンツィ、デ・ロッシ、マノラス、ゼコ、ペロッティに代わってファン・ジェズス、ゴナロン、ブルーノ・ペレス、ジェルソン、シックを起用した。負傷により出遅れていたシックはこれが今季初先発となった。 ▽サイド攻撃を中心にキエーボゴールに迫るローマは10分、右サイドに流れたナインゴランのクロスをゴナロンが頭で合わせるが、GKソレンティーノに横っ飛びでキャッチされる。その直後、キエーボにFKを与えると、イングレーゼにクロスバー直撃のシュートを浴びせられる。続けてボックス右からのビルサのシュートがサイドネットを捉えるなど、ヒヤリとする場面が続いた。 ▽危険なシーンを凌いだローマは24分、コラロフが敵陣中央左で強烈なミドルシュートを放つと、このシュートにゴール前のシックが反応。ヒールでわずかにコースを変えるというアイデアでゴールに迫ったが、GKソレンティーノの素早いファインセーブに遭いゴールとはならなかった。 ▽前半半ば以降はローマがボールを保持する時間帯が続く。35分には味方の浮き球スルーパスに抜け出したエル・シャーラウィがゴールに迫るも、トモビッチの見事なスライディングタックルに阻まれてしまう。 ▽ゴールレスで迎えた後半、まずは50分にカウンターから最後はコラロフのシュートでローマがチャンスを作る。続く60分にはゴナロンがシックとのワンツーでボックス左に抜け出しGKとの一対一を迎えたが、この試合鋭い反応を見せるGKソレンティーノにまたしても阻まれる。 ▽見かねたディ・フランチェスコ監督は64分にジェルソンを下げてゼコを投入。直後にコラロフのミドルシュート、CKからエル・シャーラウィがゴールに迫るがGKソレンティーノがまたしても立ちはだかる。ローマは続けざまにコラロフのグラウンダーのクロスにゼコが飛び込むが数センチ届かず、ビッグチャンスを逃してしまう。 ▽少しずつ活性化してきた前線に更なる勢いを与えるため、72分にペロッティがエル・シャーラウィに代わってピッチに送られる。78分にストロートマンのクロスをゼコが合わせるが枠を捉えられず頭を抱えた。 ▽終盤にかけて攻め立てるローマ。84分にナインゴランが強烈なシュートを枠に飛ばすが、神がかり的なセーブを見せるGKソレンティーノが逆を突かれながらも右足1本で弾き返すという驚愕のセーブを見せた。 ▽結局GKソレンティーノの牙城を崩すことができなかったローマは0-0で試合を終え、勝ち点1を得るに留まった。 2017.12.10 22:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ローマ、変幻自在の“トリックスター”ペロッティと新契約締結!

▽ローマは7日、アルゼンチン代表FWディエゴ・ペロッティ(29)と2021年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽ローマとの新たな2年の契約延長にサインしたペロッティは、クラブ公式サイトで喜びを語っている。 「ここでの最初の試合から、まるで自分の家にいるような感覚を覚えてきたんだ。個人的にキャリア最高の時期を過ごしているし、もっとここで多くのことを経験したい。とにかく、ここでのプレーに満足しているんだ」 ▽また、セビージャ時代にもペロッティを獲得し、ローマで再タッグを組むことになったモンチSD(スポーツ・ディレクター)も今回の契約延長に満足感を示している。 「ディエゴとの関係は特別だ。セビージャ時代に彼のヨーロッパでの初めての挑戦を見守ってきた。そして、ローマでは偉大なクラブにおいて彼が貴重なプレーヤーとなれるようにアシストできることがとにかく嬉しいよ」 ▽これまでセビージャやボカ・ジュニアーズで活躍してきたペロッティは、2016年1月にジェノアからローマに加入。セリエA屈指のドリブルテクニックを持つ変幻自在の“トリックスター”は、ここまで公式戦78試合に出場し17ゴールを記録している。 ▽また、大舞台で圧倒的な勝負強さを発揮する同選手は、昨シーズンのセリエA最終節ジェノア戦の試合終盤にチームを2位フィニッシュさせる貴重な決勝点、直近のチャンピオンズリーグ(CL)のカラバフ戦でもグループステージ首位通過に導く決勝点を決めていた。 2017.12.07 22:12 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマの新スタジアムが2020-21シーズンについに完成へ!!

▽完成が遅れていたスタディオ・デッラ・ローマが、いよいよ最終局面に向かっているようだ。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽ローマは、同じローマを本拠地にするラツィオとスタディオ・オリンピコを共同使用してきた。しかし2014年3月に、ローマが新スタジアム建設を発表。初期費用3億ユーロ(現在のレートで約398億8000万円)、インフラ整備事業など周辺整備で総額10億ユーロ(約1329億3400万円)を要して5万2000人収容のサッカー専用スタジアムを建設するとしていた。 ▽当初は2016-17シーズンのセリエA開幕に合わせて完成される予定だったが、建設は難航しており大きな遅れとなっている。 ▽しかし『フットボール・イタリア』によると、スタディオ・デッラ・ローマのプロジェクトが地方議会で承認を得た模様。今後はインフラ設備を進め、その中の費用の一部を自治体が負担することが決まったようだ。 ▽これにより、スタディオ・デッラ・ローマは2020-21シーズンには完成できるとしている。 2017.12.06 11:41 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース