【CLグループE総括】モナコが圧巻の首位通過! 聖地の呪いに苦しんだスパーズ捲ったレバークーゼンが2位通過2016.12.10 07:34 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽実力拮抗のグループEは、戦前の予想通り、第4節まで大混戦の様相を呈した。だが、グループ本命と目されたトッテナムの躓きを生かしたモナコとレバークーゼンが、最終節を前に首位通過と2位通過を決めた。

■グループE順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.モナコ[11/3/2/1/2)]
2.レバークーゼン[10/2/4/0/4]
3.トッテナム[7/2/1/3/0]
4.CSKAモスクワ[3/0/3/3/-6]

◆智将の手腕光り、完成度の高さで順当の首位通過~モナコ~
Getty Images
▽ハイラインとハイプレスを志向するレバークーゼン、トッテナムに次ぐ3番手という下馬評を覆す圧巻のパフォーマンスで首位通過を決めた。育成型クラブ故に、今夏の戦力の入れ替わりも激しい中、卓越した調整力を発揮したジャルディム率いるチームは、ビジャレアルとのプレーオフを制した勢いを持ち込み、トッテナムとの開幕戦で勝利を飾る。その後、敗色濃厚となったレバークーゼンとCSKAモスクワとの連戦を終了間際の劇的弾でいずれもドローに持ち込むと、大一番となったホームでのトッテナム戦を2-1のスコア以上の内容で完勝し、首位通過を決めた。ジャルディム仕込みの組織的な守備に加え、完全復活のFWファルカオら多彩なアタッカーの特長を生かした攻撃面の進歩が目を惹き、決勝トーナメントでの躍進も期待される。

◆GS無敗もスッキリしない戦いぶり~レバークーゼン~
Getty Images
▽無敗で2位通過と結果だけみれば、上々のグループステージと言えるが、2勝4分けという戦績通り、勝ち切れない試合が目立った。苦戦する国内リーグと同様にパワーフットボールを志向する弊害から、90分間を通してのゲーム運びという部分で苦戦。とりわけ、FWハビエル・エルナンデスの不調で良い時間帯の決定機逸が目立ち、運動量の落ちた時間帯に押し込まれて失点する悪循環に陥っていた。決勝トーナメントに向けては、ブンデスリーガのウィンターブレークを生かしてチームを再び鍛え直し、躍動するMFブラントらの作り出す決定機をきっちり決め切っていきたい。

◆経験不足を露呈、3戦目で聖地の呪縛から解放~トッテナム~
Getty Images
▽昨シーズンのプレミアリーグを席巻したヤングスパーズの躍進を期待する声が多かった中、悪い意味で若さや経験不足が出てしまい、本来の躍動感溢れるパフォーマンスは、敗退が決定してからの最終節CSKAモスクワまで鳴りを潜めた。また、新スタジアム建設の関係でホワイト・ハート・レーンではなく、聖地ウェンブリー・スタジアムを間借りして戦った影響も大きく、慣れない“ホーム”でまさかの連敗。最終節で辛くも初勝利を飾った。

◆退任のスルツキー監督の花道飾れず~CSKAモスクワ~
Getty Images
▽就任7年目のスルツキー監督の下、継続路線を採用するCSKAモスクワだったが、最終ラインを筆頭に主力の高齢化やマンネリ感の影響から、思うようなパフォーマンスを披露できず。辞任が発表されたスルツキー監督のラストゲームとなったトッテナムとの最終節も良いところなく完敗し、グループステージ未勝利で敗退となった。それでも、レバークーゼンとのデビュー戦で躍動した18歳FWチャロフの台頭は、今後に向けて明るい話題となった。

コメント

関連ニュース

thumb

10人同士の一戦で快勝ポルトが2大会連続の決勝T進出! タリスカの劇的弾に沈んだライプツィヒはELへ…《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)グループG最終節のポルトvsモナコが6日に行われ、5-2でポルトが勝利した。 ▽11月21日に行われたベシクタシュ戦をドローで終え、最終節に望みをつないだ2位のポルト(勝ち点7)が、ホームにグループ最下位が決定しているモナコ(勝ち点2)を迎えた一戦。ファルカオやファビーニョら主力を温存したモナコに対し、ポルトは9分に先手を取る。 ▽バイタルエリア右でFKを獲得すると、A・テレスがクロスを供給。相手DFにクリアされたセカンドボールをペナルティアーク手前のブラヒミがワンタッチでゴール前に送ると、ゴール前に抜け出したアブバカルがダイレクトでゴールに流し込んだ。 ▽さらに33分、右サイドでボールを受けたアンドレ・アンドレがボックス右付近からマイナスのクロスを供給。ペナルティアーク手前のダニーロがワンタッチでボールを捌くと、ボックス左でパスを受けたアブバカルがGKベナーリオの股下を抜くシュートでゴールネットを揺らした。 ▽リードを2点に広げたポルトだが39分、中盤でボールの奪い合ったフェリペがゲザルとやり合って両者にレッドカードが提示され、10人同士の戦いとなる。しかし、ポルトは45分にもアブバカルのパスに抜け出したブラヒミがゴールネットを揺らし、試合を決定づける3点目を奪った。 ▽迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはモナコ。61分、左クロスをニアでディアカビがフリックすると、これがマルカノの手に当たりPKを獲得。これをグリクが決め、モナコが1点を返した。 ▽1点を返されたポルトだが66分、ボックス左手前でパスを受けたA・テレスが左足を振り抜くと、このミドルシュートがゴール右下に突き刺さり、再びリードを3点に広げた。 ▽一方、モナコは78分に途中出場のケイタが上げた左クロスからこちらも途中出場のファルカオのヘディングシュートで1点を返したが、ポルトは88分に途中出場のソアレスがゴールネットを揺らし、5点目を奪取。結局、ホームで5ゴールを奪ったポルトがモナコを下し、2大会連続の決勝トーナメント進出を決めた。 ▽また、同日に行われたグループGのもう1試合、ライプツィヒvsベシクタシュは、1-2でベシクタシュが勝利した。試合が動いたのは10分、ボックス右深くまで切り込んだレンスがオルバンに倒されPKを獲得。これをネグレドが確実に決め、ベシクタシュが先制した。 ▽グループステージ突破へ勝利がほしいライプツィヒは、87分にドリブルで中央を切り裂いたナビ・ケイタがゴールネットを揺らし、同点に追いつく。しかし、ベシクタシュは後半終了間際の90分にボックス左でボールを受けたジナルのクロスをタリスカがボレーシュートで流し込み、勝ち越しに成功。 ▽結局、試合はタリスカのゴールで逃げ切ったベシクタシュが2-1で勝利した。この結果、グループG首位通過が決まっているベシクタシュに加え、ポルトがグループ2位で決勝トーナメント進出。3位のライプツィヒはヨーロッパリーグへ回ることとなった。 ■グループG順位表■ [勝ち点 / 得失点] 1.ベシクタシュ[14/6] 2.ポルト[10/3] 3.ライプツィヒ[7/1] 4. モナコ[2/-10] 2017.12.07 06:54 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシーの元TDエメナロ氏がモナコのTDに就任

▽モナコは27日、マイケル・エメナロ氏(52)をテクニカル・ディレクター(TD)のポストに据えたことを発表した。 ▽エメナロ氏は7日に10年間に渡ってスカウトやアシスタントコーチ、TDとして貢献したチェルシーを離れていた。 ▽チェルシーでは2011年に就任したTDで積極的な青田買いを行い、ユースやアカデミーの充実を図ってきた一方、毎年のように多くの若手を他クラブにレンタル放出する手法が“人身売買”と揶揄されてもいた。 ▽また、同氏のチェルシー在任時は3度のプレミアリーグ優勝とFAカップ優勝、リーグカップやヨーロッパリーグ、2012年には悲願のチャンピオンズリーグ制覇も達成。また、ユースカテゴリーではFAユースカップで8年間で6度の優勝、UEFAユースリーグでも2連覇を達成していた。 ▽エメナロ氏はモナコのTD就任について、公式サイトで次のように語っている。 「モナコのTD就任は私にとって素晴らしいチャンスだった。モナコはここ数シーズン、大きな進歩を示していて、将来的にも野心のあるクラブだと思っている。副会長のバシリエフ氏の誘いは、チェルシーを離れる決断をする上で決定的だった」 2017.11.28 04:18 Tue
twitterfacebook
thumb

モナコvs PSGのリーグ・アン頂上決戦はPSGに軍配!早くも独走態勢に《リーグ・アン》

▽リーグ・アン第13節、モナコvsパリ・サンジェルマン(PSG)が26日に行われ、2-1でPSGが勝利した。 ▽首位に立つPSGをホームに迎えたモナコは現在勝ち点29で2位につける。直近のチャンピオンズリーグ(CL)ではライプツィヒに敗れ敗退が決定。その試合からバウンスバックを狙うホームチームはライプツィヒ戦からR・ロペスをA・トゥーレに変更した。 ▽一方のPSGはモナコに勝ち点差6をつけて首位。リーグ戦未だ黒星がなく、CLでもセルティックに7発圧勝という圧倒的な強さを見せた。2位との差を広げて独走態勢を築きたいPSGはその試合と同じメンバーで挑んだ。 ▽注目の頂上決戦。先に仕掛けたのはPSG。古巣対決となったムバッペがネイマールのスルーパスで抜け出し、GKもかわしたがシュートはサイドネットを叩く。さらに9分には、ダニエウ・アウベスのパスから右サイドを突破したムバッペがグラウンダーのクロスを入れると、ニアでカバーニ、ファーでドラクスラーが合わせに行くがいずれも枠を捉えることができなかった。 ▽試合が動いたのは19分。ボックス手前でボールを奪ったラビオからドラクスラーにボールがわたると、ボックス左で相手の股を抜くパスをカバーニに供給。カバーニはこれをダイレクトで押し込みPSGが先制した。 ▽その後はボールを保持するPSGと5バックで対応するモナコという構図に。42分に攻撃に出たモナコだが、ボールを奪われ逆にピンチを招いてしまう。PSGは自陣でボールを奪うとすぐさまカウンターを発動。右サイドをムバッペがドリブルで駆け上がり、逆サイドのドラクスラーに展開。そのままボックス左に進行したドラクスラーはフェイントでDFを1人かわしシュートを放つ。しかし、ここはGKスバシッチが鋭い反応を見せて失点を許さなかった。 ▽PSGの1点リードで迎えた後半、積極的な入りを見せたPSGは48分にネイマールがポスト直撃のシュート。直後には最終ラインを抜け出したムバッペがループシュートでゴールに迫るが、ジェメルソンにクリアされ追加点とはならない。 ▽それでも、猛攻を続けるPSGが追加点を奪う。52分、味方のパスでボックスに侵入したネイマールがA・トゥーレに倒されPKを獲得。これをネイマールが自ら沈めてPSGがリードを広げた。 ▽2点目以降も攻め続けたPSGだが、ムバッペの再三の決定機を決めきれないでいると、81分のボックス手前左からのモナコのFKの場面。モウチーニョが直接狙ったシュートはムバッペの背中に当たりコースが変わってゴールに吸い込まれた。 ▽その後のモナコの反撃も及ばず、2点先行のPSGが逃げ切りに成功。注目の頂上決戦は2-1でPSGに軍配が上がった。 2017.11.27 06:54 Mon
twitterfacebook
thumb

モナコ撃破でアウェイ戦初白星挙げたRBライプツィヒ、指揮官は「今季のベストゲームの1つ」

RBライプツィヒは21日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループG第5節で、敵地にてモナコを4-1で撃破した。ラルフ・ハーゼンヒュットル監督は、「我々が見せた今シーズンのベストゲームの一つ」と喜びを語った。<br><br>グループステージ突破に向けてアウェーでの勝利が必須となっていたライプツィヒは、6分にMFマルセル・サビッツァーが相手DFのオウンゴールを誘発して先制。9分にFWティモ・ヴェルナーが追加点を奪うと、31分にはPKも決めてリードを3点に広めた。43分にはFWラダメル・ファルカオのヘディング弾で1点返されるも、その直後にはナビ・ケイタがチーム4点目をマークした。<br><br>ハーゼンヒュットル監督は試合後、「みんなは今日も熱心に働いてくれた。これまでのパフォーマンスを誇らしく思っても良いだろう。勝ち点7も集めたのだからね」と喜びを表すると、モナコ戦についてこのように続けた。<br><br>「とりわけ後半のプレーに満足している。我々にしては、とても冷静に臨み、クレバーだったのでね。この試合は、ブンデスリーガでの前節レバークーゼン戦に比べても、大きな一歩となった。我々が見せた今シーズンのベストゲームの一つだった」<br><br>なお、ライプツィヒは勝ち点7でポルトと並ぶも、両者の直接対決での得失点差では負けているため、グループGの3位と順位には変動なし。最終節では勝ち点11で首位通過が確定しているベジクタシュをホームに迎えるが、ポルトがモナコとのホームマッチで得る勝ち点を上回った場合のみ、CLの決勝ラウンドに駒を進めることになる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.22 23:01 Wed
twitterfacebook
thumb

昨季ベスト4のモナコが敗退…3位ライプツィヒは最終節での逆転突破目指す《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループG第5節、モナコvsRBライプツィヒが21日にスタッド・ルイ・ドゥで行われ、アウェイのライプツィヒが4-1で勝利した。この結果、モナコの最下位とグループステージ敗退が決定した。 ▽昨季のベスト4チームながらここまで唯一の未勝利と不調が続く最下位モナコ(勝ち点2)は、今節勝利を逃すと敗退が決定する。それでも、時差の関係で数時間前に行われた試合で、2位のポルト(勝ち点6)が首位ベシクタシュ(勝ち点10)と1-1のドローに終わったため、この試合を戦う前に突破の可能性がなくなるという最悪の事態を免れた。必勝を期して臨んだこの一戦では、シディベとレマルを負傷で欠いたものの負傷明けのファルカオが先発に復帰した。 ▽一方、初出場で決勝トーナメント進出を目指す3位ライプツィヒ(勝ち点4)は、2位ポルトが引き分けたことで今節の勝利によって勝ち点7で並ぶ可能性が浮上。前回対戦で引き分けたモナコとのアウェイゲームに向けては、ヴェルナーやフォルスベリ、ナビ・ケイタら主力が揃ってスタメン入りした。 ▽試合は思わぬ形で早々に動く。開始6分、右サイドに抜け出したサビツァーが低くて速いクロスを入れると、戻りながらの対応となったDFジェメルソンのクリアミスがそのままゴールネットに吸い込まれる。さらに直後の9分にはオウンゴールで動揺したか、最終ラインからジェメルソンが不用意に出した縦パスをカットしたカンプルのラストパスに抜け出したヴェルナーがロブ気味のオシャレなシュートで追加点を奪った。 ▽ジェメルソンの痛恨ミスで瞬く間にビハインドを背負ったモナコは、すぐさま反撃に出るが、ケイタやファルカオのシュートがことごとくGKの正面を突くなど、ゴールが遠い。すると31分にはライプツィヒのセットプレーの場面でファルカオがボックス内でオルバンを倒してしまい、痛恨のPK献上。これをヴェルナーに決められて、3失点目を喫した。 ▽その後、相手選手との交錯で鎖骨を痛めたサビツァーが負傷交代するアクシデントに見舞われたライプツィヒに対して、モナコが意地のゴールを奪う。43分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でロニー・ロペスがゴール前に入れたボールを、飛び出したGKより先に頭で触ったファルカオが先ほど与えたPKを帳消しにした。だが、この2分後にはボックス中央でクサビを受けたナビ・ケイタに巧みな反転シュートを流し込まれ、モナコは再び3点のビハインドを背負い前半を終えた。 ▽前半で大勢が決したことで、後半はこう着した展開が続く。ホームで意地を見せたいモナコは、ディアカビやゲザルらを投入して攻勢を強めていくが、流れの中でなかなか決定機を作れない。 ▽一方、ヴェルナーやフォルスベリを早い時間帯に下げて逃げ切り体勢に入ったライプツィヒは追加点こそ挙げられないものの、相手の反撃を冷静に凌ぎ切って試合をクローズ。結局、前半のゴールを守り切ったライプツィヒが敵地で4-1の大勝。当該成績で順位は3位のままとなったが、2位ポルトに勝ち点で並び最終節での逆転突破に望みを繋いだ。一方、自滅という形で大敗したモナコは、最終節を前に最下位とグループステージ敗退が決定した。 2017.11.22 06:59 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース