【CLグループE総括】モナコが圧巻の首位通過! 聖地の呪いに苦しんだスパーズ捲ったレバークーゼンが2位通過2016.12.10 07:34 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽実力拮抗のグループEは、戦前の予想通り、第4節まで大混戦の様相を呈した。だが、グループ本命と目されたトッテナムの躓きを生かしたモナコとレバークーゼンが、最終節を前に首位通過と2位通過を決めた。

■グループE順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.モナコ[11/3/2/1/2)]
2.レバークーゼン[10/2/4/0/4]
3.トッテナム[7/2/1/3/0]
4.CSKAモスクワ[3/0/3/3/-6]

◆智将の手腕光り、完成度の高さで順当の首位通過~モナコ~
Getty Images
▽ハイラインとハイプレスを志向するレバークーゼン、トッテナムに次ぐ3番手という下馬評を覆す圧巻のパフォーマンスで首位通過を決めた。育成型クラブ故に、今夏の戦力の入れ替わりも激しい中、卓越した調整力を発揮したジャルディム率いるチームは、ビジャレアルとのプレーオフを制した勢いを持ち込み、トッテナムとの開幕戦で勝利を飾る。その後、敗色濃厚となったレバークーゼンとCSKAモスクワとの連戦を終了間際の劇的弾でいずれもドローに持ち込むと、大一番となったホームでのトッテナム戦を2-1のスコア以上の内容で完勝し、首位通過を決めた。ジャルディム仕込みの組織的な守備に加え、完全復活のFWファルカオら多彩なアタッカーの特長を生かした攻撃面の進歩が目を惹き、決勝トーナメントでの躍進も期待される。

◆GS無敗もスッキリしない戦いぶり~レバークーゼン~
Getty Images
▽無敗で2位通過と結果だけみれば、上々のグループステージと言えるが、2勝4分けという戦績通り、勝ち切れない試合が目立った。苦戦する国内リーグと同様にパワーフットボールを志向する弊害から、90分間を通してのゲーム運びという部分で苦戦。とりわけ、FWハビエル・エルナンデスの不調で良い時間帯の決定機逸が目立ち、運動量の落ちた時間帯に押し込まれて失点する悪循環に陥っていた。決勝トーナメントに向けては、ブンデスリーガのウィンターブレークを生かしてチームを再び鍛え直し、躍動するMFブラントらの作り出す決定機をきっちり決め切っていきたい。

◆経験不足を露呈、3戦目で聖地の呪縛から解放~トッテナム~
Getty Images
▽昨シーズンのプレミアリーグを席巻したヤングスパーズの躍進を期待する声が多かった中、悪い意味で若さや経験不足が出てしまい、本来の躍動感溢れるパフォーマンスは、敗退が決定してからの最終節CSKAモスクワまで鳴りを潜めた。また、新スタジアム建設の関係でホワイト・ハート・レーンではなく、聖地ウェンブリー・スタジアムを間借りして戦った影響も大きく、慣れない“ホーム”でまさかの連敗。最終節で辛くも初勝利を飾った。

◆退任のスルツキー監督の花道飾れず~CSKAモスクワ~
Getty Images
▽就任7年目のスルツキー監督の下、継続路線を採用するCSKAモスクワだったが、最終ラインを筆頭に主力の高齢化やマンネリ感の影響から、思うようなパフォーマンスを披露できず。辞任が発表されたスルツキー監督のラストゲームとなったトッテナムとの最終節も良いところなく完敗し、グループステージ未勝利で敗退となった。それでも、レバークーゼンとのデビュー戦で躍動した18歳FWチャロフの台頭は、今後に向けて明るい話題となった。

コメント

関連ニュース

thumb

モナコがリヨンからフランスの新星FWゲウベルス獲得!

▽モナコは19日、リヨンからU-18フランス代表FWヴィレム・ゲウベルス(16)を獲得した。 ▽9歳でリヨンの下部組織に入団したゲウベルスは、2017年にトップチームに昇格。今シーズンは、公式戦4試合の出場していた。また、各年代のフランス代表に選出されてきたゲウベルスは、2017年8月に16歳ながら飛び級でU-18フランス代表に選出。これまで7試合に出場し2ゴールを記録していた。 ▽モナコへの加入が決まったゲウベルスは、クラブの公式サイトで喜びのコメントを残している。 「モナコとサインできたことはとても嬉しいよ。モナコはチャンピオンズリーグにも出場している歴史のあるクラブだし、リーグ・アンでは毎年のように優勝争いを演じている」 「クラブのプロジェクトはとても野心的で若い選手の育成にも力を入れている。僕も早く新しいチームメイトの下で多くのことを学びたいと思っているよ」 2018.06.20 03:21 Wed
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、モナコのフランス代表MFトマ・レマル獲得を正式発表

▽アトレティコ・マドリーは19日、モナコに所属するフランス代表MFトマ・レマル(22)のメディカルチェックを終え、正式にサインしたことを発表した。具体的な条件については明かされていない。 ▽2015年にカーンからモナコに加入したレマルは、卓越した左足の技術とパス精度、攻撃センスを武器にリーグ・アン屈指の攻撃的MFに成長。昨夏にはレアル・マドリーやプレミアリーグのビッグクラブからの関心が伝えられた中、チリ代表FWアレクシス・サンチェス(現マンチェスター・ユナイテッド)の後釜としてアーセナル加入寸前にまで迫ったものの、結局交渉は破談となり、移籍は実現しなかった。 ▽今シーズンも公式戦38試合3ゴール10アシストを記録したレマルにはアトレティコが強い関心を示しており、先日にスペイン『アス』は9000万ユーロ(約115億円)の巨額オファーを掲示する準備があると報道。そんな中、 アトレティコとモナコは12日に条件面で大筋合意に至ったことを発表していた。 ▽なお、フランス『レキップ』の12日の報道によると、具体的な金額に関しては言及していないものの、今回の契約には2年間の買い戻しオプションが組み込まれている模様。また、背番号10を着用する見込みであることも伝えられていた。 2018.06.19 09:20 Tue
twitterfacebook
thumb

レマルがロヒブランコの新10番に! アトレティコとモナコがプレ合意を発表!

▽アトレティコ・マドリーとモナコは12日、フランス代表MFトマ・レマル(22)の移籍に関して条件面で大筋合意に至ったことを発表した。両クラブは今後数日以内に条件面の細部を詰めて正式発表を行う予定だ。 ▽2015年にカーンからモナコに加入したレマルは、卓越した左足の技術とパス精度、攻撃センスを武器にリーグ・アン屈指の攻撃的MFに成長。昨夏にはレアル・マドリーやプレミアリーグのビッグクラブからの関心が伝えられた中、チリ代表FWアレクシス・サンチェス(現マンチェスター・ユナイテッド)の後釜としてアーセナル加入寸前にまで迫ったものの、結局交渉は破談となり、移籍は実現しなかった。 ▽今シーズンも公式戦38試合3ゴール10アシストを記録したレマルにはアトレティコが強い関心を示しており、先日にスペイン『アス』は9000万ユーロ(約115億円)の巨額オファーを掲示する準備があると伝えていた。 ▽なお、フランス『レキップ』は12日、具体的な金額に関しては言及していないものの、アトレティコとモナコがレマルの移籍金に関して合意に至ったと主張。なお、今回の契約では2年間の買い戻しオプションが組み込まれているようだ。また、レマルはアトレティコ加入が決定した場合、背番号10を着用することになるようだ。 2018.06.13 04:48 Wed
twitterfacebook
thumb

モナコ、トロワからU-21フランス代表FWを獲得!

▽モナコは9日、リーグ・ドゥ(フランス2部)に降格したトロワからU-21フランス代表FWサミュエル・グランディシル(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの5年となる。 ▽トロワの下部組織出身のグランディシルは、2016年7月にトップチームに昇格。当時所属したリーグ・ドゥでリーグ戦32試合に出場しリーグ・アン昇格に貢献すると、今季もリーグ戦36試合に出場し3ゴール5アシストを記録していた。まだまだ粗削りなものの、卓越した身体能力と勝負度胸満点の鋭い仕掛けはフランス国内で高く評価されていた。 ▽なお、フランス『レキップ』の伝えるところによれば、今回の移籍金は300万ユーロ(約4億円)となったようだ。 2018.06.10 04:56 Sun
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、グリーズマンの要望もありW杯開催前のレマル獲得を目指す

アトレティコ・マドリーが、モナコMFトマ・レマルの獲得に動いているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>バルセロナ移籍かアトレティコ残留で揺れているFWアントワーヌ・グリーズマンは8日に『フェイスブック』で、フランス代表のチームメートであるレマルとのツーショット写真を公開したが、『マルカ』によればそこにはある意図が込められるという。<br><br>というのも、グリーズマンはアトレティコ残留の条件としてタイトルを獲得可能な陣容をクラブに求め、レマル加入を熱望しているとのことだ。<br><br>そうしてアトレティコは、実際的にレマル獲得に動いている様子だ。アトレティコはFWラダメル・ファルカオの売却、またMFヤニック・カラスコの獲得と、これまでモナコと良好な関係を築いてきた。『マルカ』はアトレティコがレマルを引き入れるためには、移籍金として5000万ユーロ以上を支払う必要があるとの見解を示している。<br><br>アトレティコは契約内容の改善によるグリーズマンの残留、またチェルシーなども興味を示しているとされるレマルの獲得を、ロシア・ワールドカップ開幕前に決めることを目指している模様。そして、その二つの目的を達成した場合には、収支バランスを取るために選手売却の必要に迫られるようだ。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.10 00:34 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース