【CLグループE総括】モナコが圧巻の首位通過! 聖地の呪いに苦しんだスパーズ捲ったレバークーゼンが2位通過2016.12.10 07:34 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽実力拮抗のグループEは、戦前の予想通り、第4節まで大混戦の様相を呈した。だが、グループ本命と目されたトッテナムの躓きを生かしたモナコとレバークーゼンが、最終節を前に首位通過と2位通過を決めた。

■グループE順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.モナコ[11/3/2/1/2)]
2.レバークーゼン[10/2/4/0/4]
3.トッテナム[7/2/1/3/0]
4.CSKAモスクワ[3/0/3/3/-6]

◆智将の手腕光り、完成度の高さで順当の首位通過~モナコ~
Getty Images
▽ハイラインとハイプレスを志向するレバークーゼン、トッテナムに次ぐ3番手という下馬評を覆す圧巻のパフォーマンスで首位通過を決めた。育成型クラブ故に、今夏の戦力の入れ替わりも激しい中、卓越した調整力を発揮したジャルディム率いるチームは、ビジャレアルとのプレーオフを制した勢いを持ち込み、トッテナムとの開幕戦で勝利を飾る。その後、敗色濃厚となったレバークーゼンとCSKAモスクワとの連戦を終了間際の劇的弾でいずれもドローに持ち込むと、大一番となったホームでのトッテナム戦を2-1のスコア以上の内容で完勝し、首位通過を決めた。ジャルディム仕込みの組織的な守備に加え、完全復活のFWファルカオら多彩なアタッカーの特長を生かした攻撃面の進歩が目を惹き、決勝トーナメントでの躍進も期待される。

◆GS無敗もスッキリしない戦いぶり~レバークーゼン~
Getty Images
▽無敗で2位通過と結果だけみれば、上々のグループステージと言えるが、2勝4分けという戦績通り、勝ち切れない試合が目立った。苦戦する国内リーグと同様にパワーフットボールを志向する弊害から、90分間を通してのゲーム運びという部分で苦戦。とりわけ、FWハビエル・エルナンデスの不調で良い時間帯の決定機逸が目立ち、運動量の落ちた時間帯に押し込まれて失点する悪循環に陥っていた。決勝トーナメントに向けては、ブンデスリーガのウィンターブレークを生かしてチームを再び鍛え直し、躍動するMFブラントらの作り出す決定機をきっちり決め切っていきたい。

◆経験不足を露呈、3戦目で聖地の呪縛から解放~トッテナム~
Getty Images
▽昨シーズンのプレミアリーグを席巻したヤングスパーズの躍進を期待する声が多かった中、悪い意味で若さや経験不足が出てしまい、本来の躍動感溢れるパフォーマンスは、敗退が決定してからの最終節CSKAモスクワまで鳴りを潜めた。また、新スタジアム建設の関係でホワイト・ハート・レーンではなく、聖地ウェンブリー・スタジアムを間借りして戦った影響も大きく、慣れない“ホーム”でまさかの連敗。最終節で辛くも初勝利を飾った。

◆退任のスルツキー監督の花道飾れず~CSKAモスクワ~
Getty Images
▽就任7年目のスルツキー監督の下、継続路線を採用するCSKAモスクワだったが、最終ラインを筆頭に主力の高齢化やマンネリ感の影響から、思うようなパフォーマンスを披露できず。辞任が発表されたスルツキー監督のラストゲームとなったトッテナムとの最終節も良いところなく完敗し、グループステージ未勝利で敗退となった。それでも、レバークーゼンとのデビュー戦で躍動した18歳FWチャロフの台頭は、今後に向けて明るい話題となった。

コメント

関連ニュース

thumb

少年時代はサッカーよりも野球に熱中…ファルカオ「魅了されていた」

▽モナコに所属するコロンビア代表FWラダメル・ファルカオが自身の少年時代を振り返り、野球に没頭していたことを明かした。イギリス『FourFourTwo』が『UEFA.com』のインタビュー記事を伝えている。 ▽一時落ち込んだ時期こそあったものの、ワールドクラスの点取り屋としてサッカー界に名を轟かせるファルカオ。幼少期はベネズエラで過ごしていたため、同国のメジャースポーツである野球に熱中する少年だったという。サッカー選手としてのキャリアを選択した理由について、以下のようにコメントしている。 「僕ら家族がベネズエラで生活をしていたとき、そこで最も大きなスポーツは野球だった。僕もプレーしていたし、しかも高いレベルで競争していたんだ。父親は、僕がどちらかを選ばなければならないこと、コロンビアに戻るべきであることを感じていた。そういうわけで、僕はサッカーに集中することになった」 「そのままベネズエラに残っていたら、サッカー選手になるのは難しかったはずだ。僕は野球に魅了されていたかもしれないからね。僕も好きだった。サッカーと同じようにプレーできただろう」 「あのときの僕には、大きなポテンシャルがあった。とても早くうまくなっていったし、続けていれば、かなり高いレベルまで到達していたかもしれない。けれど、僕の血にはサッカーというスポーツが溶け込んでいる。本当にサッカーをプレーしたかった」 2017.02.26 09:00 Sun
twitterfacebook
thumb

モナコFW エムバペ、CLでフランス人史上2番目に若い得点者に…18歳2カ月でゴール

モナコのFWキリアン・エムバペ・ロタンは、マンチェスター・シティ戦でゴールを挙げ、フランス人としては史上2番目に若いスコアラーとなった。<br><br>モナコは21日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグでマンチェスター・Cと対戦。18歳と2カ月になる若きフランス人ストライカーは一時逆転となるゴールを叩き込み、CLの長き歴史に名を刻んだ。<br><br>エムバペは、そのプレースタイルや早熟な面から、たびたびティエリ・アンリと比較されるが、チャンピオンズリーグでの得点に関しては、アンリを上回ったことになる。モナコの若武者よりも早く得点したフランス人選手は、レアル・マドリーのFWカリム・ベンゼマしかいない。ベンゼマは、チャンピオンズリーグにおける現役最高のフランス人ストライカーで、オリンピック・リヨン在籍中の17歳11カ月の時に、チャンピオンズリーグで初得点を挙げている。<br><br>ヴァレール・ジェルマンを外してエムバペを先発させたレオナルド・ジャルディム監督の采配は驚きであったが、エムバペは期待に応え、指揮官の決断が正しかったことを証明している。しかし、試合には3-5で敗れ、チームに勝利をもたらすまでには至らなかった。<br><br><br>提供:goal.com 2017.02.22 16:42 Wed
twitterfacebook
thumb

2ゴール奪取もPK失敗が響いたファルカオ「リターンレグに備える」

▽モナコのコロンビア代表FWラダメル・ファルカオが21日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグのマンチェスター・シティ戦を振り返った。フランス『フィガロ』が伝えている。 ▽ファルカオはアウェイで行われたシティ戦に先発で出場すると、1点ビハインドで迎えた32分に同点ゴールをマーク。2-1と逆転して迎えた49分には自身で獲得したPKから点差を広げるチャンスを迎えたが、シュートはGKカバジェロにセーブされてしまう。 ▽2-2で迎えた61分にはファルカオが2点目を奪って、モナコが再度リードしたが、そこから3失点を喫して3-5の敗戦となった。 ▽2ゴールを奪いながらもPK失敗が響く形となったファルカオはインタビューで「勝利を手にすることができなくて残念だよ。今はホームに戻ってのリターンレグに備えるしかない」とコメントした。 2017.02.22 11:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ベルナルド・シウバ、痛恨の逆転負けに「リードにしがみつくことができなかった」

▽モナコのポルトガル代表MFベルナルド・シウバが、21日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグのマンチェスター・シティ戦を振り返った。欧州サッカー連盟(UEFA)公式サイトが伝えている。 ▽アウェイに乗り込んだモナコは、1点ビハインドで迎えた32分にファルカオのゴールで同点とすると、40分にはエムバペのゴールで勝ち越して試合を折り返した。さらに2-2で迎えた61分にもファルカオのゴールで再びリードを手にする。しかし、その後は3失点を喫して3-5の敗戦となった。 ▽試合を振り返ったベルナルド・シウバは、立ち上がりから60分までの戦いぶりに満足感を示すも、逆転負けの結果には落胆しているようだ。しかしホームでの2ndレグでは逆転での突破を目指すと強調した。 「僕らは60分まで完璧な試合をしたと思っているよ。ただ、残念なことにリードにしがみつくことはできなかったね。僕らは次の試合で2-0で勝利する必要がある。今日の試合でもCKからの2つの失点は防ぐことができたね」 「だからこそあの失点が悔やまれるよ。でも全体的なパフォーマンスは良かった手ごたえがあるんだ」 2017.02.22 11:40 Wed
twitterfacebook
thumb

壮絶な打ち合いを振り返るモナコ指揮官「CL史上最も驚くべき試合だった」

▽モナコを率いるレオナルド・ジャルディム監督が、21日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグのマンチェスター・シティ戦を振り返った。欧州サッカー連盟(UEFA)公式サイトが伝えている。 ▽敵地での一戦に臨んだモナコは26分に先制を許すも、32分にファルカオ、40分にエムバペがネットを揺らして逆転に成功。2-2で迎えた61分にもファルカオが追加点を奪いリードを手にした。しかしそこから立て続けに3失点を喫してしまい、アウェイゴール3つを手にするも敵地で黒星を喫した。 ▽試合後の会見に出席したジャルディム監督は、両チーム合わせて8ゴールが生まれた一戦は、CL史上で最も驚くべき試合だったと語った。 「まず最初に、おそらくCL史上で最も驚くべき試合だったと思っている。両チームともに素晴らしい攻撃を見せて8つのゴールが生まれた。ファンにとっても満足できる一戦だったと思う。私は選手たちを祝福したい」 「確かに守備面では細かなエラーがあったし、PKで3-1と突き放すチャンスもあった。しかし全体的に素晴らしい試合だったと思う」 ▽またジャルディム監督は、この試合で2ゴールを奪ったファルカオへ称賛の言葉を送った。 「ファルカオは偉大なストライカーであり、今日はそれを署名した。イングランドでの生活は難しかったようだが、それでも最高のストライカーだ」 2017.02.22 11:33 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース