【CLグループE総括】モナコが圧巻の首位通過! 聖地の呪いに苦しんだスパーズ捲ったレバークーゼンが2位通過2016.12.10 07:34 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽実力拮抗のグループEは、戦前の予想通り、第4節まで大混戦の様相を呈した。だが、グループ本命と目されたトッテナムの躓きを生かしたモナコとレバークーゼンが、最終節を前に首位通過と2位通過を決めた。

■グループE順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.モナコ[11/3/2/1/2)]
2.レバークーゼン[10/2/4/0/4]
3.トッテナム[7/2/1/3/0]
4.CSKAモスクワ[3/0/3/3/-6]

◆智将の手腕光り、完成度の高さで順当の首位通過~モナコ~
Getty Images
▽ハイラインとハイプレスを志向するレバークーゼン、トッテナムに次ぐ3番手という下馬評を覆す圧巻のパフォーマンスで首位通過を決めた。育成型クラブ故に、今夏の戦力の入れ替わりも激しい中、卓越した調整力を発揮したジャルディム率いるチームは、ビジャレアルとのプレーオフを制した勢いを持ち込み、トッテナムとの開幕戦で勝利を飾る。その後、敗色濃厚となったレバークーゼンとCSKAモスクワとの連戦を終了間際の劇的弾でいずれもドローに持ち込むと、大一番となったホームでのトッテナム戦を2-1のスコア以上の内容で完勝し、首位通過を決めた。ジャルディム仕込みの組織的な守備に加え、完全復活のFWファルカオら多彩なアタッカーの特長を生かした攻撃面の進歩が目を惹き、決勝トーナメントでの躍進も期待される。

◆GS無敗もスッキリしない戦いぶり~レバークーゼン~
Getty Images
▽無敗で2位通過と結果だけみれば、上々のグループステージと言えるが、2勝4分けという戦績通り、勝ち切れない試合が目立った。苦戦する国内リーグと同様にパワーフットボールを志向する弊害から、90分間を通してのゲーム運びという部分で苦戦。とりわけ、FWハビエル・エルナンデスの不調で良い時間帯の決定機逸が目立ち、運動量の落ちた時間帯に押し込まれて失点する悪循環に陥っていた。決勝トーナメントに向けては、ブンデスリーガのウィンターブレークを生かしてチームを再び鍛え直し、躍動するMFブラントらの作り出す決定機をきっちり決め切っていきたい。

◆経験不足を露呈、3戦目で聖地の呪縛から解放~トッテナム~
Getty Images
▽昨シーズンのプレミアリーグを席巻したヤングスパーズの躍進を期待する声が多かった中、悪い意味で若さや経験不足が出てしまい、本来の躍動感溢れるパフォーマンスは、敗退が決定してからの最終節CSKAモスクワまで鳴りを潜めた。また、新スタジアム建設の関係でホワイト・ハート・レーンではなく、聖地ウェンブリー・スタジアムを間借りして戦った影響も大きく、慣れない“ホーム”でまさかの連敗。最終節で辛くも初勝利を飾った。

◆退任のスルツキー監督の花道飾れず~CSKAモスクワ~
Getty Images
▽就任7年目のスルツキー監督の下、継続路線を採用するCSKAモスクワだったが、最終ラインを筆頭に主力の高齢化やマンネリ感の影響から、思うようなパフォーマンスを披露できず。辞任が発表されたスルツキー監督のラストゲームとなったトッテナムとの最終節も良いところなく完敗し、グループステージ未勝利で敗退となった。それでも、レバークーゼンとのデビュー戦で躍動した18歳FWチャロフの台頭は、今後に向けて明るい話題となった。

コメント

関連ニュース

thumb

移籍金史上2位の237億円選手誕生へ! PSGが怪物フランス代表FWを完全獲得へ

▽パリ・サンジェルマン(PSG)が、昨年の夏にモナコからレンタルで獲得したフランス代表FWキリアン・ムバッペ(19)の買い取りオプションを行使することが事実上決まったようだ。フランス『RMC Sport』が伝えている。 ▽モナコで台頭したムバッペはPSG入りした今シーズン、公式戦32試合に出場して15得点を記録。リーグ戦では9得点8アシストを記録するなど、FWネイマール、FWエディンソン・カバーニと共に、『MCN』と呼ばれる世界屈指のアタッカーの一翼を担っている。 ▽そのムバッペに関して、PSGは今シーズン終了後の買い取りが事実上決まったようだ。現在リーグ・アンの首位を走るPSGは、17日に行われた第2節でストラスプールに5-2で勝利。この結果、数字上でリーグ・アンの残留が決まった。報道によれば、来シーズンもPSGがリーグ・アンに残ることが契約条項起動の条件だったようだ。 ▽なお、ムバッペの買い取り価格は、1億8000万ユーロ(約237億円)になることが伝えられていた。滞りなく完全移籍が決まれば、同じく昨年の夏にバルセロナからPSG入りしたFWネイマールに次ぐ歴代2位の移籍金となる。 2018.02.18 14:41 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、68億円でファビーニョ獲得が迫る?

▽マンチェスター・ユナイテッドが、モナコに所属するブラジル代表MFファビーニョ(24)の獲得に向けて動いているようだ。『スカイ・スポーツ・イタリア』の報道を基に、イギリス『デイリー・ミラー』が伝えた。 ▽今シーズンにMFマイケル・キャリックが心臓の問題で長期離脱していたユナイテッドでは、MFネマニャ・マティッチに代わる守備的MFの存在が心もとない状況だった。キャリックが今季終了後にコーチを務めることが濃厚となっている中、クラブはモナコを支えるファビーニョに狙いを定めたようだ。 ▽伝えられるところによれば、ユナイテッドは4500万ポンド(約68億円)の移籍金でモナコと交渉しており、合意に近づいているとのこと。右サイドバックとしても高いレベルでプレー可能なユーティリティプレーヤーを手にすることができるだろうか。 2018.02.10 14:52 Sat
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 2月10日は、ティグレの異名を持つコロンビアのゴールハンター

◆ラダメル・ファルカオ・ガルシア・サラテ 【Profile】 国籍:コロンビア 誕生日:1986/2/10 クラブ:モナコ ポジション:FW 身長:178㎝ 体重:72kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、2月10日はコロンビア代表Wラダメル・ファルカオだ。 ▽アルゼンチンの名門リーベル・プレートでキャリアをスタートさせたファルカオ。その後、ポルトやアトレティコ・マドリーに移籍すると、毎シーズン30ゴールを越える活躍を見せ、数多くのタイトル獲得に貢献。両クラブでヨーロッパ・カップを制覇した。 ▽2013年夏にモナコに移籍するも、左ヒザ前十字じん帯損傷の大ケガでそのシーズンの後半を棒に振ってしまう。2014-15シーズンと15-16シーズンはそれぞれマンチェスター・ユナイテッドとチェルシーへレンタル移籍。しかし、初めての緒戦となったプレミアのスタイルに馴染めなかったうえ、チェルシー時代には太ももの負傷でシーズンの大半を離脱していた。 ▽2016年夏に、半ば追われる形でモナコに戻ったファルカオだったが、16-17シーズンは公式戦43試合で30得点を記録。完全復活を遂げた“ティグレ”は今季もリーグ戦20試合で17得点とゴールを量産。コロンビア代表の絶対的エースとして、ロシア・ワールドカップでは日本代表に牙を剥くことになる。 ※誕生日が同じ主な著名人 平塚らいてう(女性解放運動家) マティアス・シンデラー(元サッカー選手) 高橋英樹(俳優) 島田洋七(漫才師/B&B) 黒田博樹(元プロ野球選手) 市川由衣(女優) ユーリ・ベルチチェ(サッカー選手/PSG) 大砂嵐金崇郎(大相撲力士) 川口春奈(女優) ナビ・ケイタ(サッカー選手/RBライプツィヒ) 2018.02.10 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

移籍を望むモナコMFレマルが新契約を拒否…リバプールorアーセナルへの移籍が加速か?

▽リバプールとアーセナルが獲得を目指すモナコのフランス代表MFトマ・レマル(22)がモナコとの新契約締結を拒否したようだ。フランス『レキップ』が報じた。 ▽昨夏の移籍市場でもプレミアリーグへの移籍が浮上したレマルだったが、今シーズンはモナコに残留。今シーズンはリーグ・アンで16試合に出場し2ゴール5アシストを記録していた。 ▽レマルとモナコの契約は2020年6月30日までとなっているものの、クラブは選手を留まらせるための新契約を提案。しかし、今回の新契約締結拒否により、今夏の移籍が再燃しそうだ。 ▽リバプールは、今冬バルセロナにブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョを放出しており、代役としてレマルの獲得を目指すとのこと。アーセナルは昨夏も獲得に動いたが実現せず、今夏も再び獲得に動くとみられている。 2018.02.08 15:00 Thu
twitterfacebook
thumb

10人のモナコが劇的逆転勝利でリヨン撃破! 9戦負けなしで3位に浮上《リーグ・アン》

▽リーグ・アン第24節、モナコvsリヨンが4日に行われ、ホームのモナコが3-2で逆転勝利した。 ▽4位のモナコ(勝ち点47)と3位のリヨン(勝ち点48)による注目の上位対決。前節、マルセイユと引き分けたものの8戦無敗と好調を維持するモナコは、負傷のレマルを欠くものの主砲ファルカオやファビーニョ、ケイタら主力が先発に名を連ねた。一方、前節ボルドー相手に痛恨の敗戦を喫したリヨンは、フェキル、マリアーノ・ディアス、デパイ、トラオレと4人のアタッカーを前線で起用してきた。 ▽注目の上位対決は立ち上がりから波乱の幕開けとなる。12分、左サイドでパスを受けたマリアーノが内に切り込んで右足を振り抜くと、相手MFティーレマンスの伸ばした足裏に当たってディフレクトしたボールがゴール前で高くバウンドしながらゴール左隅に吸い込まれる。さらにこの場面でセービングを試みたモナコGKスバシッチがヒザをポストに強く打ち付け負傷。そして、プレー続行不可能となったスバシッチに代わってGKセイドゥ・シーが緊急投入された。 ▽先制点に加え、相手の守護神離脱の混乱を突いて畳みかけるリヨンは27分、味方との入れ替わりで左サイドのスペースに飛び出したF・メンディが低い弾道の速いクロスを供給。これをニアに飛び込んだトラオレがワンタッチで左隅に流し込んだ。 ▽ホームで2点のビハインドを追う苦しい展開を強いられたモナコだが、ここから意地を見せる。31分、ハーフウェイライン付近の右サイドでアルマミー・トゥーレとの短いパス交換から急加速したケイタがそのままボックス内までドリブルで持ち込み右足を一閃。このシュートがゴール左隅に突き刺さり、ホームチームが1点を返す。 ▽さらに36分にはボックス内での競り合いでPKが与えられると、キッカーのファルカオのシュートはGKに止められるも、コロンビア代表FWはこぼれ球を冷静に蹴り込んだ。この同点ゴールで流れは一気にモナコと思われたが、前半終盤の40分と45分にケイタが続けて2枚の警告を受けて退場処分となった。 ▽2-2のイーブンで折り返した試合は後半も拮抗した展開に。数的優位を生かして押し切りたいリヨンはデパイとトラオレの両ウイングの個人技を生かして攻め手を窺うが、屈強なDFグリクを中心に中央を締めるモナコの守備を前にフェキルとマリアーノのセンターラインが抑え込まれて、なかなか攻め切れない。 ▽一方、55分と早い時間帯にファルカオを下げてヨベティッチを投入したモナコはより堅守速攻の色合いを強めていく。69分と73分にはいずれもロングカウンターから相手ボックス付近まで侵攻し、ロニー・ロペス、ティーレマンスが際どいミドルシュートを放つ。しかし、GKアントニー・ロペスが2度のビッグセーブで逆転ゴールを許さない。 ▽試合終盤にかけても一進一退の攻防が続いた中、勝敗を決める3点目を奪ったのは1人少ないモナコだった。88分、左サイドで仕掛けたロニー・ロペスがボックス付近のヨベティッチにボールを預けてゴール前に走り込むと、ヨベティッチが絶妙なポストワークからラストパスを供給。これをポルトガル代表MFが得意の左足でゴール右隅へ流し込んだ。そして、2点差を追いついたうえ、数的不利の中で劇的な逆転劇を演じたモナコがリヨンを抜いて3位に浮上した。 2018.02.05 07:05 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース