【CLグループA総括】アーセナルとPSGが順当突破! ルドゴレツが快挙2016.12.10 07:30 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽CL決勝トーナメントの常連であるアーセナルとパリ・サンジェルマン(PSG)の2強と、バーゼルとルドゴレツのアウトサイダーの2弱という構図となったグループAでは、最終節を前にその2チームが決勝トーナメント進出を決定。最終節では勝ち切ったアーセナルが首位通過を決め、取りこぼしたPSGの2位通過という結果に終わった。

■グループA順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.アーセナル[14/4/2/0/12)]
2.パリ・サンジェルマン[12/3/3/0/6]
3.ルドゴレツ[3/0/3/3/-9]
4.バーゼル[2/0/2/4/-9]

◆試合巧者ぶり発揮し、首位通過~アーセナル~
Getty Images
▽PSGとの直接対決ではいずれも力の差を見せつけられながらも、試合巧者ぶりを発揮し、いずれもドローに持ち込んだ。アウェイゴール数の差で最終節を前に自力での首位通過の可能性が潰えるも、PSGの取りこぼしを生かして首位通過を決めた。大量6ゴールを奪ったホームでのルドゴレツ戦など、快勝の試合が多かった一方、PSGとの2度の対戦やアウェイでのルドゴレツ戦など、低調な試合も少なくなく、波のあるグループステージだった。それでも、MFエジルとFWサンチェスを中心に持ち味の攻撃力を発揮し、目標の首位通過を決めた。

◆勝負弱さを露呈し、無念の2位通過~パリ・サンジェルマン~
Getty Images
▽セビージャ時代にヨーロッパリーグ3連覇に導くなど、カップ戦で強さを発揮するエメリ監督を招へいも、勝負弱さを露呈するグループステージとなった。とりわけ、ホームで戦った最終節では格下ルドゴレツ相手に終了間際の同点弾で辛くもドローに持ち込む、低調な戦いぶりでパルク・デ・プランスに集まったサポーターからブーイングを浴びる始末。アーセナルとの直接対決では、いずれも内容面で圧倒も、FWカバーニらが再三の決定機を逃がし、ドローに終わった。エメリ新監督の戦術面の浸透の遅れや、前エースFWイブラヒモビッチの不在を感じさせられ、決勝トーナメントでの戦いに不安が残るところだ。

◆ブルガリア史上初の3位フィニッシュ~ルドゴレツ~
Getty Images
▽グループ最弱と目されながらも鋭いカウンターと、粘り強いプレーでしぶとくドローに持ち込み、ブルガリア史上初のグループステージ3位フィニッシュを果たし、EL決勝トーナメントへの出場権を手にした。3位争いのライバルとなったバーゼルとの直接対決では勝利こそ逃すも、アウェイゴール数で優位に立つ2戦連続ドロー。そして、最終節のPSG戦では相手の低調なパフォーマンスもあったものの、球際の激しさやカウンターの精度という部分で上回り、見事にドローに持ち込んだ。個人では既に4大リーグのターゲットとなっているFWジョナタン・カフーや、攻撃的左サイドバックのDFナタエウの活躍が光った。

◆主力流出響き最下位に~バーゼル~
Getty Images
▽アーセナルとPSGに次ぐ3番手の位置づけだったバーゼルだったが、FWエンボロなど昨シーズンまでの主力の流出が響き、攻守に精彩を欠いた印象だ。絶対的王者であるスイスリーグとは異なり、守備重視の堅守速攻スタイルで臨んだものの、エンボロらの離脱でカウンターの威力が低下し、攻め切れない場面が目立った。その間に守備陣が我慢し切れずに敗れるという、課題を最後まで克服できなかった。

コメント

関連ニュース

thumb

バレンシアのポルトガル代表FWにユーベやアーセナルらビッククラブが熱視線

▽バレンシアのポルトガル代表FWゴンサロ・ゲデス(21)に対して、多くのビッククラブが興味を示しているようだ。スペイン『アス』が報じた。 ▽今夏にパリ・サンジェルマンからレンタル移籍でバレンシアに加入したゴンサロ・ゲデスは、リーガエスパニョーラで11試合に出場し3ゴールをマーク。バルセロナに次いで2位と健闘するチームの主力として活躍している。 ▽報道によるとバレンシア側はこの活躍を受けて、ゴンサロ・ゲデスを今後もクラブに留めたいと考えている模様。しかし同選手の活躍はすでに欧州全土に知れ渡っているようで、ユベントス、アーセナル、バイエルン、アトレティコ・マドリーと言ったビッグクラブが熱視線を送っているという。 ▽なお、所属元のパリ・サンジェルマンは今夏にベンフィカから3000万ユーロ(現在のレートで約40億円)で獲得している。そのため、『アス』はパリ・サンジェルマンが獲得にかかった費用よりも高い移籍金に設定するだろうとしている。しかし同メディアはそれでもゴンサロ・ゲデスをめぐった争奪戦となるだろうと報じている。 2017.12.12 09:39 Tue
twitterfacebook
thumb

エジル引き留めにアーセナルが週給4500万円の新オファーを提示へ!!

▽今シーズン限りで契約が満了を迎えるドイツ代表MFメスト・エジル(29)に対して、アーセナルが新オファーを提示する準備を開始しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 ▽以前からアーセナル側がエジルの契約延長に動きを見せていたが、現在まで新契約が締結されたという発表はない。そのため多くのクラブが同選手の獲得に興味を持っていると報じられている。 ▽中でもレアル・マドリー時代に指導していたジョゼ・モウリーニョ監督が率いるマンチェスター・ユナイテッドが引き抜きに熱心だと伝えられてきた。さらに、最近になってからはバルセロナやチェルシーなども争奪戦への参戦が噂されており、エジル自身がどういう決断を下すかに注目が集まる。 ▽今回の報道によると、アーセナルはエジルを必要な戦力だと考えているとして、再び新契約を提示する準備を開始した模様。現在は週給23万5000ポンド(約3500万円)だが、新契約では30万ポンド(約4500万円)を越える大幅な給与アップでエジルの残留を勝ち取ろうとしているようだ。 ▽なおアーセナルはチリ代表FWアレクシス・サンチェスも来夏に契約満了を迎える。しかしまずはエジルを残留させることが先決だと考えているようで、今回の新オファー提示に向かうと伝えている。 2017.12.12 08:38 Tue
twitterfacebook
thumb

メモリアルマッチで奮闘の吉田麻也…英メディアは高評価「サウサンプトンの絶対的な存在」

サウサンプトンは、10日に行われたプレミアリーグ第16節でアーセナルと1-1で引き分けた。この試合で先発したDF吉田麻也は、イギリスメディアから高い評価を受けている。<br><br>ホームで3試合ぶりの勝利を狙ったサウサンプトンは、開始3分で相手のミスを見逃さず、FWチャーリー・オースティンのゴールで先制する。その後は自陣に構え、カウンターから好機を作っていくが、なかなか得点を奪えないでいると、88分にFWオリヴィエ・ジルーに同点弾を許し、土壇場で引き分けることとなった。<br><br>この試合でキャプテンマークを巻いて出場した吉田は、これがプレミアリーグ先発出場100試合目。メモリアルマッチで堅守に貢献した日本代表DFに、イギリスメディアは高評価を与えている。<br><br>『Daily Mail』は、吉田に「7」と及第点以上をつけた。「セインツの絶対的な存在は、DFラインの中心的な役割を担った」と、チームに欠かせない存在となっていると述べた。チーム最高点は、先制点を決めたオースティンと、MFドゥシャン・タディッチ。タディッチには、「もし(アーセナルFW)アレクシス・サンチェスが5000万ポンドなら、このプレイメーカーはいくらなんだ?」と評している。<br><br>その一方で、同メディアはアーセナルの選手には低めの評価を与え、特に失点につながるミスを犯したDFペア・メルテザッカーには「先制点でミス。ペースと機動力に欠け、途中交代となった」と酷評。「4」と厳しい評価をつけている。<br><br>また、『Sky Sports』は日本代表DFにチーム最高タイとなる「7」をつけた。CBでは最高の評価を受けている。サウサンプトンの選手は8人が「7」となっており、好パフォーマンスをみせたことを評価している。<br><br>サウサンプトンで厳しいポジション争いに巻き込まれている吉田だが、指揮官からも現地メディアからも高い評価を受けているようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.11 08:39 Mon
twitterfacebook
thumb

途中出場ジルーの終盤弾でアーセナルがセインツにドロー、フル出場の吉田は失点に関与《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第16節、サウサンプトンvsアーセナルが10日に行われ、1-1で引き分けた。サウサンプトンのDF吉田麻也はフル出場している。 ▽前節マンチェスター・ユナイテッドにホームで1-3と敗れた5位アーセナル(勝ち点28)は、3日前の消化試合となったヨーロッパリーグのBATEボリソフ戦を6-0と大勝した。そのアーセナルはBATEボリソフ戦のスタメンから全選手を変更し、ユナイテッド戦のスタメンからは負傷したムスタフィに代えてメルテザッカーを起用した。 ▽前節ボーンマス戦を1-1と引き分けた11位サウサンプトン(勝ち点17)は、吉田が[4-2-3-1]の右センターバックで2試合ぶりにスタメンとなった。 ▽試合は開始3分、カウンターを狙うサウサンプトンが先制した。メルテザッカーのクリアが甘くなってショートカウンターに転じると、タディッチのスルーパスをボックス右で受けたオースティンがゴールへ流し込んだ。 ▽続く5分にもサウサンプトンはディフェンスライン裏を取ったオースティンがボックス右に侵入してGKチェフを強襲するシュートを浴びせ、序盤のペースを握っていく。 ▽一方、早々に失点したアーセナルはポゼッションを高めて敵陣で試合を展開。16分にはラカゼットがボックス中央から枠内シュートを浴びせると、32分にはサンチェスの右クロスをラムジーがボレーで合わせたシュートが枠の右を捉えたが、GKフォースターのビッグセーブに阻まれた。 ▽ハーフタイムにかけてもアーセナルが攻勢に出る流れが続くも、ラカゼットの決定的なシュートは枠を捉えきれず、前半を1点ビハインドで終えた。 ▽迎えた後半も敵陣で試合を進めたアーセナルだったが、水際で守るサウサンプトンを崩しきることができない。すると62分にピンチ。ロメウのミドルシュートがバーを直撃した。 ▽流れの悪いアーセナルは64分にメルテザッカーに代えてウェルベックを投入し、4バックに変更。しかし66分にはバートランドにゴールを脅かされると、ジャカに代えてウィルシャーを、ラカゼットに代えてジルーを投入していく。 ▽しかし、集中した守備を続けるサウサンプトンをやはり崩せず、時間だけが過ぎていく。84分にようやくサンチェスの直接FKでゴールを脅かすも、GKフォースターにセーブされる。 ▽それでも88分、左サイドからのサンチェスの右足クロスを吉田に競り勝ったジルーがヘッド。これがゴール右に決まってアーセナルが土壇場で同点に追いついた。このまま1-1で試合はタイムアップを迎え、勝ち点1を分け合っている。 2017.12.10 22:59 Sun
twitterfacebook
thumb

ジルーが出場機会を求めて移籍を決断か…移籍先はロンドンのあのクラブ?

▽アーセナルのフランス代表FWオリヴィエ・ジルー(31)が移籍を求めているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 ▽ジルーは半年後に迫ったロシア・ワールドカップ(W杯)出場に向けて、クラブでの出場機会を求めて移籍を考慮しているようだ。今シーズンのジルーはヨーロッパリーグ(EL)では全試合フル出場しているものの、リーグ戦では第15節を終えた時点でいまだに先発なし。ゴール数も「3」と乏しい内容となっている。 ▽このような状況が続けば、代表落選の可能性もあると危惧しているとされるジルーは、出場機会を求めてアーセナルからのレンタル移籍を考慮。その候補に挙がっているのが、同じロンドンを本拠地とするウェストハムとクリスタル・パレスだ。この2チームは、今シーズンここまで降格圏に沈んでおり、ジルー加入となれば大きな戦力となる。 ▽また、『ミラー』によれば、エバートンがジルーに対して関心を示していたようだが、ロンドンで共に暮らす妻のジェニファーさんが現在3人目の子供を授かっているため、首都を離れるつもりはないという。さらに、アーセナルに近しい筋からの情報によると「オリヴィエは家族に負担をかけるようなことはしたくない。アーセナルに留まることが理想だが、彼はプレーを続けなければならない。そしてロンドンにはその選択肢がある」とのことで、ウェストハムやクリスタル・パレスへの移籍の可能性を強調している。 2017.12.10 15:30 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース