【CLグループA総括】アーセナルとPSGが順当突破! ルドゴレツが快挙2016.12.10 07:30 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽CL決勝トーナメントの常連であるアーセナルとパリ・サンジェルマン(PSG)の2強と、バーゼルとルドゴレツのアウトサイダーの2弱という構図となったグループAでは、最終節を前にその2チームが決勝トーナメント進出を決定。最終節では勝ち切ったアーセナルが首位通過を決め、取りこぼしたPSGの2位通過という結果に終わった。

■グループA順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.アーセナル[14/4/2/0/12)]
2.パリ・サンジェルマン[12/3/3/0/6]
3.ルドゴレツ[3/0/3/3/-9]
4.バーゼル[2/0/2/4/-9]

◆試合巧者ぶり発揮し、首位通過~アーセナル~
Getty Images
▽PSGとの直接対決ではいずれも力の差を見せつけられながらも、試合巧者ぶりを発揮し、いずれもドローに持ち込んだ。アウェイゴール数の差で最終節を前に自力での首位通過の可能性が潰えるも、PSGの取りこぼしを生かして首位通過を決めた。大量6ゴールを奪ったホームでのルドゴレツ戦など、快勝の試合が多かった一方、PSGとの2度の対戦やアウェイでのルドゴレツ戦など、低調な試合も少なくなく、波のあるグループステージだった。それでも、MFエジルとFWサンチェスを中心に持ち味の攻撃力を発揮し、目標の首位通過を決めた。

◆勝負弱さを露呈し、無念の2位通過~パリ・サンジェルマン~
Getty Images
▽セビージャ時代にヨーロッパリーグ3連覇に導くなど、カップ戦で強さを発揮するエメリ監督を招へいも、勝負弱さを露呈するグループステージとなった。とりわけ、ホームで戦った最終節では格下ルドゴレツ相手に終了間際の同点弾で辛くもドローに持ち込む、低調な戦いぶりでパルク・デ・プランスに集まったサポーターからブーイングを浴びる始末。アーセナルとの直接対決では、いずれも内容面で圧倒も、FWカバーニらが再三の決定機を逃がし、ドローに終わった。エメリ新監督の戦術面の浸透の遅れや、前エースFWイブラヒモビッチの不在を感じさせられ、決勝トーナメントでの戦いに不安が残るところだ。

◆ブルガリア史上初の3位フィニッシュ~ルドゴレツ~
Getty Images
▽グループ最弱と目されながらも鋭いカウンターと、粘り強いプレーでしぶとくドローに持ち込み、ブルガリア史上初のグループステージ3位フィニッシュを果たし、EL決勝トーナメントへの出場権を手にした。3位争いのライバルとなったバーゼルとの直接対決では勝利こそ逃すも、アウェイゴール数で優位に立つ2戦連続ドロー。そして、最終節のPSG戦では相手の低調なパフォーマンスもあったものの、球際の激しさやカウンターの精度という部分で上回り、見事にドローに持ち込んだ。個人では既に4大リーグのターゲットとなっているFWジョナタン・カフーや、攻撃的左サイドバックのDFナタエウの活躍が光った。

◆主力流出響き最下位に~バーゼル~
Getty Images
▽アーセナルとPSGに次ぐ3番手の位置づけだったバーゼルだったが、FWエンボロなど昨シーズンまでの主力の流出が響き、攻守に精彩を欠いた印象だ。絶対的王者であるスイスリーグとは異なり、守備重視の堅守速攻スタイルで臨んだものの、エンボロらの離脱でカウンターの威力が低下し、攻め切れない場面が目立った。その間に守備陣が我慢し切れずに敗れるという、課題を最後まで克服できなかった。

コメント

関連ニュース

thumb

ベジェリンの去就はヴェンゲル次第か…フランス人指揮官退団ならバルセロナ移籍の可能性

▽アーセナルに所属するスペイン代表DFエクトル・ベジェリン(21)は、アーセン・ヴェンゲル監督の去就次第で今夏のバルセロナ移籍を考慮する意向のようだ。イギリス『ガーディアン』が報じている。 ▽最近の活躍により、他クラブからの関心が絶えなく報道されてきたベジェリン。中でも右サイドバックの補強が急務となっているユース時代の古巣であるバルセロナが連れ戻しに向け、大金を用意しているとみられている。 ▽そのベジェリンは、昨年11月にアーセナルと新たに6年の長期契約で合意。しかし、報道によれば、それに至ったのはヴェンゲル監督の存在が大きかったようだ。退団報道が過熱するフランス人指揮官がアーセナルを去るのであれば、ベジェリン自身も考えを改める可能性があるという。 ▽古巣バルセロナの他、マンチェスター・シティからの関心が絶えなく報道されているベジェリンは、2011年夏にアーセナル入り。2013年夏にプロ契約を結び、今シーズンもここまで不動の右サイドバックとしてプレミアリーグ20試合の出場を記録している。 2017.02.24 10:30 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナルMFカソルラのシーズンが終了…足首の負傷から復帰できず

▽アーセナルに所属するスペイン代表MFサンティ・カソルラ(32)のシーズンが一足先に終了したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』や『BBC』が報じた。 ▽中盤の核としてプレーしていたカソルラは、昨年10月19日に行われたチャンピオンズリーグ・グループA第4節のルドゴレツ戦で右足首を負傷。それ以降は患部の状態が思わしくなく、12月に手術を受け3カ月の離脱になることが発表されていた。 ▽シーズン終盤での復帰を望む声が挙がっていたものの、やはり今シーズン中の復帰には目処が立たなかったとのこと。来シーズン開幕を見据えて復帰の準備に取り掛かっているが、今シーズン終了後に契約満了を迎えるため、去就がどのようになるのかも注目が集まっている。 ▽カソルラは今シーズンのプレミアリーグで開幕から8試合に出場し2得点を記録。チャンピオンズリーグでも3試合に出場していた。 2017.02.23 19:53 Thu
twitterfacebook
thumb

ヴェンゲル「サットン戦を楽しむ余裕はなかった」バイエルン戦の大敗を想起する一幕も

アーセナルがFAカップ5回戦の試合で、5部相当のサットン・ユナイテッドを2-0で下した。試合後、アーセン・ヴェンゲル監督の言葉を『BBC』が伝えている。<br><br>「この試合では何としても結果を残さなければならなかったので、内容を楽しむ余裕はなかった」<br><br>「相手は下部リーグのチームだったかもしれないが、高いモチベーションを持って我々に挑んできた。実際に、彼らは下部リーグのチームとは思えないほど組織された良い内容のサッカーをしていたと思う」<br><br>また、ヴェンゲルは「この試合は1-0でハーフタイムを迎えても、気が抜けないと思っていた。バイエルン戦は前半が終わった時は1-1だったからね」と発言。1-5で敗れた15日のバイエルン戦のハーフタイム時のスコアを例に挙げ、サットンを称賛しながらもバイエルン戦の大敗が頭の片隅にあったことを明かしている。<br><br>アーセナルは3月4日にプレミアリーグのリバプール戦、同7日にはホームでのCLバイエルン戦が控えている。負けられない戦いが続くアーセナルだが、果たしてヴェンゲル監督は大一番でリベンジが果たせるのか、その手腕に注目が集まる。<br><br>提供:goal.com 2017.02.21 12:30 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナル、インシーニェ獲得へ本格始動か…ナポリは移籍金62億円以上を要求

▽アーセナルが、ナポリに所属するイタリア代表MFロレンツォ・インシーニェ(25)の獲得に向けて本格的に動き出したようだ。イギリス『サン』がイタリア人ジャーナリストのニコロ・スキーラ氏の証言として伝えている。 ▽報道によれば、アーセナルは19日に行われたセリエA第25節のキエーボ戦にスカウトマンを派遣。リバプールも関心を示す中、今夏におけるNo1ターゲットのインシーニェ獲得に向け、近いうちの会談開始を希望しているという。 ▽しかし、インシーニェとの現行契約を2019年まで残しているナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長は、少なくとも移籍金4400万ポンド(約62億1000万円)以上のオファーを要求している模様だ。 ▽以前からナポリとの契約延長交渉の難航が伝えられるインシーニェは、今シーズンのセリエAで24試合8ゴール6アシストを記録。アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督はイタリア人アタッカーの心を射止めることはできるのだろうか。 2017.02.21 10:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ジルーにマルセイユ移籍の可能性

▽アーセナルに所属するフランス代表FWオリヴィエ・ジルー(30)に母国復帰の可能性が浮上した。イギリス『メトロ』が伝えている。 ▽報道によれば、ジルーに対してはマルセイユが関心。チームが求める理想的なストライカーとして評価しているようで、今夏の獲得に大金を投じる意向を示しているという。 ▽今シーズンでアーセナル在籍5年目のジルー。ここまで出場したプレミアリーグ17試合のうち6試合の先発にとどまっているものの、8ゴール4アシストと存在感を示している。 2017.02.21 09:30 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース