【CLグループA総括】アーセナルとPSGが順当突破! ルドゴレツが快挙2016.12.10 07:30 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽CL決勝トーナメントの常連であるアーセナルとパリ・サンジェルマン(PSG)の2強と、バーゼルとルドゴレツのアウトサイダーの2弱という構図となったグループAでは、最終節を前にその2チームが決勝トーナメント進出を決定。最終節では勝ち切ったアーセナルが首位通過を決め、取りこぼしたPSGの2位通過という結果に終わった。

■グループA順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.アーセナル[14/4/2/0/12)]
2.パリ・サンジェルマン[12/3/3/0/6]
3.ルドゴレツ[3/0/3/3/-9]
4.バーゼル[2/0/2/4/-9]

◆試合巧者ぶり発揮し、首位通過~アーセナル~
Getty Images
▽PSGとの直接対決ではいずれも力の差を見せつけられながらも、試合巧者ぶりを発揮し、いずれもドローに持ち込んだ。アウェイゴール数の差で最終節を前に自力での首位通過の可能性が潰えるも、PSGの取りこぼしを生かして首位通過を決めた。大量6ゴールを奪ったホームでのルドゴレツ戦など、快勝の試合が多かった一方、PSGとの2度の対戦やアウェイでのルドゴレツ戦など、低調な試合も少なくなく、波のあるグループステージだった。それでも、MFエジルとFWサンチェスを中心に持ち味の攻撃力を発揮し、目標の首位通過を決めた。

◆勝負弱さを露呈し、無念の2位通過~パリ・サンジェルマン~
Getty Images
▽セビージャ時代にヨーロッパリーグ3連覇に導くなど、カップ戦で強さを発揮するエメリ監督を招へいも、勝負弱さを露呈するグループステージとなった。とりわけ、ホームで戦った最終節では格下ルドゴレツ相手に終了間際の同点弾で辛くもドローに持ち込む、低調な戦いぶりでパルク・デ・プランスに集まったサポーターからブーイングを浴びる始末。アーセナルとの直接対決では、いずれも内容面で圧倒も、FWカバーニらが再三の決定機を逃がし、ドローに終わった。エメリ新監督の戦術面の浸透の遅れや、前エースFWイブラヒモビッチの不在を感じさせられ、決勝トーナメントでの戦いに不安が残るところだ。

◆ブルガリア史上初の3位フィニッシュ~ルドゴレツ~
Getty Images
▽グループ最弱と目されながらも鋭いカウンターと、粘り強いプレーでしぶとくドローに持ち込み、ブルガリア史上初のグループステージ3位フィニッシュを果たし、EL決勝トーナメントへの出場権を手にした。3位争いのライバルとなったバーゼルとの直接対決では勝利こそ逃すも、アウェイゴール数で優位に立つ2戦連続ドロー。そして、最終節のPSG戦では相手の低調なパフォーマンスもあったものの、球際の激しさやカウンターの精度という部分で上回り、見事にドローに持ち込んだ。個人では既に4大リーグのターゲットとなっているFWジョナタン・カフーや、攻撃的左サイドバックのDFナタエウの活躍が光った。

◆主力流出響き最下位に~バーゼル~
Getty Images
▽アーセナルとPSGに次ぐ3番手の位置づけだったバーゼルだったが、FWエンボロなど昨シーズンまでの主力の流出が響き、攻守に精彩を欠いた印象だ。絶対的王者であるスイスリーグとは異なり、守備重視の堅守速攻スタイルで臨んだものの、エンボロらの離脱でカウンターの威力が低下し、攻め切れない場面が目立った。その間に守備陣が我慢し切れずに敗れるという、課題を最後まで克服できなかった。

コメント

関連ニュース

thumb

サンチェス流出阻止のためにも…アンリがビダルのアーセナル加入を熱望

アーセナルのレジェンドとして知られるティエリ・アンリは、バイエルンに所属するチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルが古巣へ加入することを願っているようだ。『スカイスポーツ』で語っている。<br><br>現在、アーセナルはエースであるアレクシス・サンチェスの去就問題が浮上している。契約延長交渉が難航していると言われていて、クラブはエース流出の危機にさらされている。そこでアンリは、サンチェスを引き止める意味でも同じチリ人のスーパースター、ビダルをクラブに加えてほしいと考えているようだ。<br><br>「彼とサインしてほしい。みんながそう願っていると思うよ」<br><br>「一人のアーセナルファンとしてアレクシス・サンチェスに残ってほしい。彼はクラブの未来だからね。メスト・エジルも同じだ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.19 12:20 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナル、契約延長が決まらないサンチェスとピャニッチのトレード画策もユーベに拒否される…

▽アーセナルがチリ代表FWアレクシス・サンチェスをユベントスに売り込んでいたようだ。『フットボール・イタリア』が、イタリア『トゥットスポルト』の記事を伝えた。 ▽アーセナルは2018年までとなっているサンチェスとの契約を延長したい意向を示している。しかし給与面で両者に大きな隔たりがあると言われており、新契約の合意には至っていない。移籍後の2シーズンで公式戦94試合42ゴールを奪い、今季もリーグ戦で21試合14ゴールをマークするストライカーに対してアーセナルは粘り強く交渉を行っていると報じられていた ▽しかし『トゥットスポルト』によれば、アーセナルは同選手の放出も考慮しているようだ。そこで移籍先の候補に挙がったのがユベントス。同クラブはウディネーゼでプレーしてた時代からサンチェスの獲得を伺っていたようで、現在もアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン、同国代表FWマウロ・ディバラとの南米3トップの形成を画策しているようだ。 ▽それを知ったアーセナルがユベントスにサンチェスを売り込んだ模様。アーセナル側からはボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチとのトレードでサンチェスを放出する案を提示したようだ。しかしユベントス側はピャニッチも重要な戦力だと見ているようで、このトレード案は破談になったという。 ▽なお、ピャニッチは昨夏の移籍市場でローマからユベントスに加入。今季はリーグ戦14試合に出場し5ゴールを奪う活躍を見せている。 2017.01.18 12:00 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサのカンテラの星サンペールが昨夏にアーセナルからのオファーを受けるも「聞くことすらなかった」

▽バルセロナの下部組織育ちで、現在はグラナダへレンタル移籍中のスペイン人MFセルジ・サンペールが、昨夏の移籍市場でアーセナルからオファーを受けていたことを明かした。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽カンテラ出身のサンペールは昨シーズンにバルセロナBでプレーし、今シーズンからトップチームに昇格した。しかしチームは、スペイン代表MFデニス・スアレスやポルトガル代表MFアンドレ・ゴメスを獲得。層が厚い中盤の中で同選手は出場機会を求めてグラナダへとレンタル移籍した。そのグラナダでは主力として活躍しており、リーグ戦13試合でプレーしている。 ▽カンテラ時代にキャプテンを務めていたサンペールに対しては、昨夏の時点でアーセナルが興味を示していたと報じられている。アーセナルは以前、カンテラ時代のスペイン代表MFセスク・ファブレガスを獲得したこともあり、移籍が実現するのではないかと言われていた。 ▽当時を振り返ったサンペールは、アーセナルからオファーがあったことを認めるも移籍する考えは全くなかったと主張している。 「ヴェンゲルの話を聞くことすらなかったよ。僕はバルセロナに残りたいとはっきり伝えた。あそこで成功したいという野心を持っているんだ。考えることもなく、僕が幸せを感じられるのはバルセロナだけ。将来的にはあのチームで成功したいと思っているよ」 「今はグラナダでプレーしているけれど、重要な役割を担っていると感じる。とても快適にプレーできているね。あとは(降格圏にいる)チームの状況を変えることができればよいと思っているんだ」 2017.01.18 09:06 Wed
twitterfacebook
thumb

ジルーとムヒタリアン、より優れたスコーピオンキックゴールはどっち?

アーセナルに所属するフランス代表FWのオリヴィエ・ジルーが、&ldquo;スコーピオンキック&rdquo;によるゴールを振り返った。さらにマンチェスター・ユナイテッドのMFヘンリク・ムヒタリアンが決めた同じようなスーパーゴールにも触れ、どちらが優れたゴールだったか、見解を明かしている。『スカイ・スポーツ』が報じた。<br><br>ムヒタリアンは昨年12月26日に行われたプレミアリーグ第18節のサンダーランド戦でスコーピオンキックからゴールを記録した。それからわずか1週間後の1月1日、今度はジルーがクリスタル・パレス戦で同じような得点を決めた。<br><br>「あんなゴールが1週間に2回も決まるなんてね。クレイジーだよ(笑)。(先にゴールを決めていたムヒタリアンから)発想を得ていたかどうかは分からない。まぁ運命ってやつさ」<br><br>「彼のゴールは素晴らしかった。だが俺のほうがベターだったと思うね! まぁ真面目に話すと、(ゴールを決めたあとの)ドレッシングルームが面白かった。こんなことが起こるなんて、みんな驚いていたんだよ」<br><br>なお、ムヒタリアンのゴールは12月の月間最優秀ゴール賞に輝いている。ジルーの得点が1月の同賞を受賞することになるかどうか、注目される。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.17 13:58 Tue
twitterfacebook
thumb

ムスタフィ、少年時代のアイドルはファーディナンド「DFに必要なすべてを備えていた」

アーセナルに所属するドイツ代表DFシュコドラン・ムスタフィは、少年時代のアイドルがマンチェスター・ユナイテッドやイングランド代表で活躍したリオ・ファーディナンドであったと明かした。『Goal』のインタビューで語ってくれた。<br><br>ムスタフィは期待の若手としてエバートンのユースチームで4年間プレー。その頃、ウェストハムやリーズ、そしてマンチェスター・ユナイテッドで印象的な活躍を見せたディフェンダーのプレーを参考に、選手として成長してきたようだ。<br><br>昨夏の加入以来、コンスタントに出場機会を得て、早くもアーセナルのディフェンスラインに欠かせない選手としての地位を固めつつあるムスタフィ。現役時代のファーディナンドを彷彿とさせるようなプレーを見せる彼は、ファーディナンドについて「ディフェンダーに必要なすべての能力を備えていた」と話した。<br><br>ファーディナンドに加え、ジネディーヌ・ジダン、ロナウジーニョも少年時代のムスタフィにとっては憧れるアイドルだったようだ。「ジダンのプレーは最高だった。ロナウジーニョのプレーは見ていてワクワクさせられたね。ディフェンダーとして挙げるならファーディナンドだよ」と話している。<br><br>「ファーディナンドの存在感は別格だったね。的確な指示を送り、正確なタックルでボールを奪い、そして確実にパスをつないでいた。彼はディフェンダーに必要なすべてを備えていたよ」<br><br>24歳と若く、ドイツ代表でも次代を担うタレントとして期待を受けるムスタフィ。アーセナル加入以来、彼の出場した試合でアーセナルはまだ負けていない。プレーではファーディナンドに近づいているようだが、ユナイテッドで数々のタイトルを掲げた憧れの存在のように、充実したクラブでのキャリアを築いていけるのか、彼の活躍とガナーズの今後の戦いが注目される。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.17 12:40 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース