【CLグループA総括】アーセナルとPSGが順当突破! ルドゴレツが快挙2016.12.10 07:30 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽CL決勝トーナメントの常連であるアーセナルとパリ・サンジェルマン(PSG)の2強と、バーゼルとルドゴレツのアウトサイダーの2弱という構図となったグループAでは、最終節を前にその2チームが決勝トーナメント進出を決定。最終節では勝ち切ったアーセナルが首位通過を決め、取りこぼしたPSGの2位通過という結果に終わった。

■グループA順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.アーセナル[14/4/2/0/12)]
2.パリ・サンジェルマン[12/3/3/0/6]
3.ルドゴレツ[3/0/3/3/-9]
4.バーゼル[2/0/2/4/-9]

◆試合巧者ぶり発揮し、首位通過~アーセナル~
Getty Images
▽PSGとの直接対決ではいずれも力の差を見せつけられながらも、試合巧者ぶりを発揮し、いずれもドローに持ち込んだ。アウェイゴール数の差で最終節を前に自力での首位通過の可能性が潰えるも、PSGの取りこぼしを生かして首位通過を決めた。大量6ゴールを奪ったホームでのルドゴレツ戦など、快勝の試合が多かった一方、PSGとの2度の対戦やアウェイでのルドゴレツ戦など、低調な試合も少なくなく、波のあるグループステージだった。それでも、MFエジルとFWサンチェスを中心に持ち味の攻撃力を発揮し、目標の首位通過を決めた。

◆勝負弱さを露呈し、無念の2位通過~パリ・サンジェルマン~
Getty Images
▽セビージャ時代にヨーロッパリーグ3連覇に導くなど、カップ戦で強さを発揮するエメリ監督を招へいも、勝負弱さを露呈するグループステージとなった。とりわけ、ホームで戦った最終節では格下ルドゴレツ相手に終了間際の同点弾で辛くもドローに持ち込む、低調な戦いぶりでパルク・デ・プランスに集まったサポーターからブーイングを浴びる始末。アーセナルとの直接対決では、いずれも内容面で圧倒も、FWカバーニらが再三の決定機を逃がし、ドローに終わった。エメリ新監督の戦術面の浸透の遅れや、前エースFWイブラヒモビッチの不在を感じさせられ、決勝トーナメントでの戦いに不安が残るところだ。

◆ブルガリア史上初の3位フィニッシュ~ルドゴレツ~
Getty Images
▽グループ最弱と目されながらも鋭いカウンターと、粘り強いプレーでしぶとくドローに持ち込み、ブルガリア史上初のグループステージ3位フィニッシュを果たし、EL決勝トーナメントへの出場権を手にした。3位争いのライバルとなったバーゼルとの直接対決では勝利こそ逃すも、アウェイゴール数で優位に立つ2戦連続ドロー。そして、最終節のPSG戦では相手の低調なパフォーマンスもあったものの、球際の激しさやカウンターの精度という部分で上回り、見事にドローに持ち込んだ。個人では既に4大リーグのターゲットとなっているFWジョナタン・カフーや、攻撃的左サイドバックのDFナタエウの活躍が光った。

◆主力流出響き最下位に~バーゼル~
Getty Images
▽アーセナルとPSGに次ぐ3番手の位置づけだったバーゼルだったが、FWエンボロなど昨シーズンまでの主力の流出が響き、攻守に精彩を欠いた印象だ。絶対的王者であるスイスリーグとは異なり、守備重視の堅守速攻スタイルで臨んだものの、エンボロらの離脱でカウンターの威力が低下し、攻め切れない場面が目立った。その間に守備陣が我慢し切れずに敗れるという、課題を最後まで克服できなかった。

コメント

関連ニュース

thumb

ナスリ、6カ月のフットボール界追放へ

▽イギリス『BBC』は、元フランス代表MFサミル・ナスリ(30)に6カ月の出場停止処分が確定したと報じた。 ▽ナスリはセビージャ所属の2016年冬、6時間以内に50mlのルールに反する500mlの点滴静脈注射を受けたとして、違反行為に抵触。ナスリの弁護士によれば、欧州サッカー連盟(UEFA)で6カ月に及ぶサッカー界からの追放が決議され、26日にも処分が正式に発表される見通しだという。 ▽かつてマルセイユやアーセナル、マンチェスター・シティ、セビージャでプレーしたナスリ。現在は、先月末にトルコ・スーパーリーグのアンタルヤシュポルとの契約を解消され、無所属となっている。今年6月に31歳の誕生日を迎えるだけに、キャリアへの影響は少なくないだろう。 2018.02.26 10:00 Mon
twitterfacebook
thumb

「最初で最高のチャンスを決めきれなかった」優勝を逃したヴェンゲルが序盤のミスを嘆く

アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、試合序盤のミスが優勝を逃した大きな原因になったと考えているようだ。<br><br>25日のカラバオカップ決勝でアーセナルはマンチェスター・ユナイテッドと対戦。アーセナルは開始早々にピエール=エメリク・オーバメヤンが決定的なチャンスを迎えるもあとわずかのところで得点にならず。そして、その後セルヒオ・アグエロに先制点を奪われると、後半にも失点を重ねて0-3で敗れた。<br><br>試合後、ヴェンゲル監督はディフェンス面でも十分なプレーができなかったと認めたが、開始早々の決定機を逃したことでこの試合が決まってしまったと『スカイスポーツ』に話している。<br><br>「最初に最高のチャンスが訪れた。とても簡単なプレーだったが、決めきれなかった。その直後に大きなミスを犯して先制点を相手に与えてしまった。前半は上手く試合をコントロールしていたが、後半は彼らは積極的に仕掛けてきた。さらに我々は不運にも見舞われた。2点目はオフサイドだったと思う」<br><br>「負けたときは批判されるが、それをうまく対処しなければならない。このように決勝の舞台では感情が高ぶりやすいく、批判が付き物だが、それを真に受けすぎるのは良くない。集中力の欠如と不運に見舞われただけだから、できる限り早く切り替えて、次のプレミアリーグの試合への準備をしたい」<br><br>アーセナルは3月1日にカラバオカップ決勝で敗れた相手マンチェスター・シティと今度はプレミアリーグを舞台に対戦する。<br><br>提供:goal.com 2018.02.26 09:00 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:アーセナル 0-3 マンチェスター・シティ《EFLカップ》

▽25日にEFLカップ決勝のアーセナルvsマンチェスター・シティがウェンブリー・スタジアムで行われ、3-0で勝利したシティがタイトルを獲得している。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽アーセナル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180226_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 オスピナ 5.0 失点場面に責任はないが、チャンバースと同様に自身のフィードが相手に渡る場面が多かった DF 21チャンバース 5.5 守備面では持ちこたえたが繋ぎの部分で不安定さがありビルドアップの足を引っ張った (→ ウェルベック 5.0) 良い形でボールが入らなかったため起点となれず 20 ムスタフィ 4.5 笛が吹かれるまでプレーを止めてはいけない 6 コシエルニー 6.0 守備陣として2失点もディフェンダーとしては安定していた MF 24 ベジェリン 5.5 攻撃では積極性を見せる場面もあったが、裏を取られて危ない場面も作られた 29 ジャカ 5.0 中盤で的を絞り切れず良さは見せられなかった 10 ウィルシャー 6.0 相手のギャップでボールを触って積極的な仕掛けも見せた 18 モンレアル - 劣勢の中で早々に負傷交代 (→ コラシナツ 5.5) やや試合に入り切れておらずファウルで止める場面が目立った FW 11 エジル 5.5 前半はボールに触る機会も多かったが後半は消えた 14 オーバメヤン 5.5 前半はチャンスがありながら決め切れず。後半はチームの重心が低くなったことでボールを触る機会自体が減った 8 ラムジー 5.5 オーバメヤンの近くでゲームを作ろうとするが時間の経過と共に停滞 (→ イウォビ 5.0) チーム全体が下を向く中、もはや何もできなかった 監督 ヴェンゲル 5.5 良い入りを見せた前半立ち上がりにゴールを奪いたかった ▽マンチェスター・シティ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180226_4_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ブラーボ 5.5 危険なシュートはなかった DF 3 ダニーロ 5.5 可もなく不可もなく。自サイドからの攻撃には粘り強く対応 30 オタメンディ 6.0 守備をオーガナイズして最後の場面で踏ん張った 4 コンパニ 6.5 オーバメヤンとのスピード勝負にも勝つなど集中してプレー。貴重な追加点をマーク。 2 ウォーカー 5.5 前を追い越す動きで攻撃に幅を作り出した MF 19 ザネ 6.0 デ・ブライネと巧くポジションを入れ替えながらボールを持てば推進力を見せた (→ ガブリエウ・ジェズス -) 8 ギュンドアン 5.5 追加点の場面ではボックス外から積極的にシュートを放ったことでゴールに繋がった 25 フェルナンジーニョ 5.5 飛び出してくるウィルシャーに手を焼く。後半立ち上がりに無念の負傷交代 (→ ベルナルド・シウバ 5.5) 緊急投入も積極的な仕掛けから縦への推進力をもたらした 21 シルバ 6.0 ピッチを幅広く動いて攻撃にアクセントを付ける 17 デ・ブライネ 6.0 シルバ、ザネと巧く連携して攻撃をオーガナイズ FW 10 アグエロ 6.5 相手の隙を上手くついて先制点をマーク (→ フォーデン -) 監督 グアルディオラ 6.0 安定した試合運びでシティで初タイトル獲得 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! コンパニ (マンチェスター・シティ) ▽守備ではオーバメヤンに何もさせず集中したパフォーマンスを見せ、攻撃では流れを一気に引き寄せる2点目を奪った。 アーセナル 0-3 マンチェスター・シティ 【マンチェスター・シティ】 アグエロ(前18) コンパニ(後13) シルバ(後20) 2018.02.26 03:32 Mon
twitterfacebook
thumb

シティがアーセナルを寄せ付けず3発快勝!! グアルディオラ政権下で初タイトル獲得!!《EFLカップ》

▽25日にウェンブリー・スタジアムでEFLカップ決勝のアーセナルvsマンチェスター・シティが行われ、3-0でマンチェスター・シティがタイトルを獲得した。 ▽準決勝でチェルシーを相手に2戦合計2-1で勝利したアーセナルと、ブリストルに2戦合計5-3で勝利したシティがカップ戦のタイトルを懸けた一戦に臨む。アーセナルはこの試合で[3-4-3]を採用。オスピナがゴールを守り、バックラインは右からチャンバース、ムスタフィ、コシエルニーの3バック。中盤4枚は右からベジェリン、ジャカ、ラムジー、モンレアルと並び、3トップはエジル、オーバメヤン、ラムジーが入った。 ▽対するシティは[4-1-4-1]を採用。ブラーボがゴールを守りバックラインは右からダニーロ、オタメンディ、コンパニ、ウォーカー。中盤はアンカーにフェルナンジーニョが入り、2列目はザネ、ギュンドアン、シルバ、デ・ブライネ。最前線にアグエロが入った。 ▽試合はシティがボールを持って攻め込む中、アーセナルはサイドの位置の選手がそれぞれ1列ずつ下がり[5-4]の2ラインを敷いて受ける。すると8分に最初のチャンスをアーセナルが作り出す。左サイドでボールを受けたウィルシャーが独力でボールを運び、ボールを受けたボックス右のラムジーが入れた折り返しにオーバメヤンが合わせる。しかしGKブラーボの正面にシュートが飛んでしまった。 ▽その後もチャンスはアーセナルが多く作っていくが、18分に先制したのはシティ。自陣からのロングボールで、アグエロがムスタフィに対して先に身体を当ててバランスを崩させて前を向く。最後はGKの位置を冷静に見定めてループシュートを決めた。 ▽追いかける展開となったアーセナルにアクシデントが発生しる。26分にモンレアルが負傷し、コラシナツを投入。貴重な交代カードを守備で切らざるを得なくなった。その後もアーセナルが相手陣内までボールを運ぶ回数こそ多いもののシュートまでは持って行けず。シティもカウンターで攻め込むが決定機はなく前半は終了した。 ▽交代なしで迎えた後半、立ち上がりからシティが攻め込んでいくが51分にフェルナンジーニョが左足のハムストリングを負傷。プレー続行が不可能となりベルナルド・シウバと交代でピッチを去った。しかし57分、右CKのチャンスでシティは、デ・ブライネが入れたボールをボックス外のギュンドアンがシュート。コース上のコンパニが触って、ボールはネットを揺らし、シティがリードを広げた。 ▽さらにシティは65分、ボックス左にこぼれたボールにいち早く反応したシルバが3点目を奪う。するとアーセナルは失点直後にチャンバースを下げてウェルベックを投入、73分にはラムジーに代えてイウォビを送り出すなど前線の枚数を増やしてしてゴールを目指す。しかし3点差と大きく突き放された影響か、精彩を欠いたプレーが目立ちチャンスが作れない。 ▽試合終盤はシティが重心を下げたことでアーセナルが相手陣内まで攻め込むがやはりチャンスは作れずにゴールは遠い。そのまま試合終了のホイッスルが吹かれ勝利したシティがグアルディオラ政権下で初のタイトルを獲得した。 2018.02.26 03:27 Mon
twitterfacebook
thumb

ナスリ、1年間の出場停止へ

▽元フランス代表MFサミル・ナスリ(30)に1年間の出場停止処分が科される見通しになったようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽伝えられていたところによれば、ナスリはセビージャに所属していた2016年冬に治療の一環で点滴静脈注射を受けたが、ルール範囲外のもので違反行為に触れていたようだ。WADA(世界アンチ・ドーピング機関)のルール上、6時間以内に50ml以上の静脈注射を受けることは、外科手術や入院、臨床検査のほか正当な理由以外では禁止されており、これに抵触したとみられている。 ▽報道によれば、スポーツ仲裁裁判所(CAS)が最終的に処分を決定し、当初の2年から1年に軽減されたという。欧州サッカー連盟(UEFA)は月曜日にも正式に発表するものとみられている。 ▽なお、先月末にトルコ・スーパーリーグのアンタルヤシュポルとの契約を双方合意の下で解消したナスリは、現在フリーの状況。『マルカ』によればラス・パルマス移籍に近づいていたが、今回の件を受けて契約締結は不可能になったとみられている。 ▽今年6月には31歳となるナスリ。かつてアーセナルやマンチェスター・シティなどビッグクラブで輝いたテクニシャンにとって、1年間にわたって試合から離れることになれば今後のプロキャリアへの影響も小さくないだろう。 2018.02.25 15:38 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース