【CLグループA総括】アーセナルとPSGが順当突破! ルドゴレツが快挙2016.12.10 07:30 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽CL決勝トーナメントの常連であるアーセナルとパリ・サンジェルマン(PSG)の2強と、バーゼルとルドゴレツのアウトサイダーの2弱という構図となったグループAでは、最終節を前にその2チームが決勝トーナメント進出を決定。最終節では勝ち切ったアーセナルが首位通過を決め、取りこぼしたPSGの2位通過という結果に終わった。

■グループA順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.アーセナル[14/4/2/0/12)]
2.パリ・サンジェルマン[12/3/3/0/6]
3.ルドゴレツ[3/0/3/3/-9]
4.バーゼル[2/0/2/4/-9]

◆試合巧者ぶり発揮し、首位通過~アーセナル~
Getty Images
▽PSGとの直接対決ではいずれも力の差を見せつけられながらも、試合巧者ぶりを発揮し、いずれもドローに持ち込んだ。アウェイゴール数の差で最終節を前に自力での首位通過の可能性が潰えるも、PSGの取りこぼしを生かして首位通過を決めた。大量6ゴールを奪ったホームでのルドゴレツ戦など、快勝の試合が多かった一方、PSGとの2度の対戦やアウェイでのルドゴレツ戦など、低調な試合も少なくなく、波のあるグループステージだった。それでも、MFエジルとFWサンチェスを中心に持ち味の攻撃力を発揮し、目標の首位通過を決めた。

◆勝負弱さを露呈し、無念の2位通過~パリ・サンジェルマン~
Getty Images
▽セビージャ時代にヨーロッパリーグ3連覇に導くなど、カップ戦で強さを発揮するエメリ監督を招へいも、勝負弱さを露呈するグループステージとなった。とりわけ、ホームで戦った最終節では格下ルドゴレツ相手に終了間際の同点弾で辛くもドローに持ち込む、低調な戦いぶりでパルク・デ・プランスに集まったサポーターからブーイングを浴びる始末。アーセナルとの直接対決では、いずれも内容面で圧倒も、FWカバーニらが再三の決定機を逃がし、ドローに終わった。エメリ新監督の戦術面の浸透の遅れや、前エースFWイブラヒモビッチの不在を感じさせられ、決勝トーナメントでの戦いに不安が残るところだ。

◆ブルガリア史上初の3位フィニッシュ~ルドゴレツ~
Getty Images
▽グループ最弱と目されながらも鋭いカウンターと、粘り強いプレーでしぶとくドローに持ち込み、ブルガリア史上初のグループステージ3位フィニッシュを果たし、EL決勝トーナメントへの出場権を手にした。3位争いのライバルとなったバーゼルとの直接対決では勝利こそ逃すも、アウェイゴール数で優位に立つ2戦連続ドロー。そして、最終節のPSG戦では相手の低調なパフォーマンスもあったものの、球際の激しさやカウンターの精度という部分で上回り、見事にドローに持ち込んだ。個人では既に4大リーグのターゲットとなっているFWジョナタン・カフーや、攻撃的左サイドバックのDFナタエウの活躍が光った。

◆主力流出響き最下位に~バーゼル~
Getty Images
▽アーセナルとPSGに次ぐ3番手の位置づけだったバーゼルだったが、FWエンボロなど昨シーズンまでの主力の流出が響き、攻守に精彩を欠いた印象だ。絶対的王者であるスイスリーグとは異なり、守備重視の堅守速攻スタイルで臨んだものの、エンボロらの離脱でカウンターの威力が低下し、攻め切れない場面が目立った。その間に守備陣が我慢し切れずに敗れるという、課題を最後まで克服できなかった。

コメント

関連ニュース

thumb

アーセナル、新守護神候補としてユーロ2016優勝GKをリストアップか

▽アーセナルが、新守護神候補としてスポルティング・リスボンに所属するポルトガル代表GKルイ・パトリシオ(29)の獲得に動いているようだ。フランス『RMC』が報じている。 ▽現在、アーセナルは正GKを務める元チェコ代表GKペトル・チェフ(34)、2ndGKを務めるコロンビア代表GKダビド・オスピナ(28)の2選手を軸に戦っているが、前者には加齢による若干の衰え、後者には以前から出場機会を求めての移籍の可能性が噂されている。 ▽そのため、クラブは来シーズンに向けて新戦力の補強を考慮しているようだ。その筆頭と言われるのが、スポルティングとポルトガル代表で守護神を務めるルイ・パトリシオのようだ。 ▽『RMC』の伝えるところによれば、アーセナルはユーロ2016優勝GKの獲得に向けて、1500万ユーロ(約18億円)のオファーを準備しているようだ。 ▽ただ、移籍市場の人気銘柄である同選手の獲得が難航する場合は、ローマにレンタル移籍中のポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニー(26)の呼び戻しも視野に入れているようだ。 2017.03.27 23:15 Mon
twitterfacebook
thumb

サンチェスが逮捕…法定オーバーの155キロ走行で運転免許没収

▽アーセナルに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェスが車のスピード違反で逮捕されたようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽報道によれば、サンチェスはロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選に臨むチリ代表合流で帰国中の25日、練習後に首都サンティアの法定速度120キロの高速道路を時速155キロで走行。運転免許を没収されたという。これにより、罰金も科された挙げ句、4月12日に裁判所出廷も命じられたとのことだ。 ▽チリは、24日に行われたロシアW杯南米予選の第13節でアルゼンチン代表に0-1で敗戦。続く28日にはベネズエラ代表戦を控えているが、契約延長交渉の難航が伝えられているアーセナルでの去就問題も含めて、いらぬ出来事に苛まれる格好となっている。 2017.03.27 14:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ヴェンゲル、スアレス獲得を試みた当時を回想「彼はアーセナルに加入したがっていた」

アーセン・ヴェンゲル監督は、当時リバプールで活躍していたルイス・スアレスがアーセナルに加入したがっていたと『beIN スポーツ』で主張している。<br><br>アーセナルは2013年、リバプールがスアレスの違約金として設定していた4000万ポンド(当時約76億円)からわずかに1ポンド加えた額でオファーを提示していたが、獲得は失敗に終わっていた。のちにリバプールのオーナー、ジョン・ヘンリー氏がガナーズからオファーがあったことを認めたが、クラブにはストライカーを放出する意思がなかったと語っている。しかしヴェンゲル監督は、ウルグアイ代表FWはアーセナル加入に間近であったことを強調した。<br><br>「彼はアーセナル加入にとても近づいていた。選手との間では合意していた。ただ彼の移籍にはある条項が含まれていた。とても小さなものだったが、すでに選手とは合意していた。当時は彼が我々のチームに加入することを熱望していたと理解している。しかしリバプールは彼をもう1年間残留させ、契約を見直し、翌年には海外のクラブへ売却すると約束した」<br><br>最終的にレッズに残留したスアレスは、2013/14シーズンにプレミアリーグ年間最優秀選手に輝き、シーズン終了後に7500万ポンド(当時約138億円)でバルセロナへ移籍している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.26 16:50 Sun
twitterfacebook
thumb

今季2度退場のジャカ、批判に対して反論「僕を愚か者にしようとしている」

アーセナルに所属するスイス代表MFグラニト・ジャカは、イギリスメディアを通じて続けられる批判が自身を愚か者にしようとしているとスイスの『24 Heures』で語っている。<br><br>昨年5月に3500万ポンド(約48億5000万円)の移籍金でボルシア・メンヒェングラッドバッハから移籍したジャカは、昨年10月のスウォンジー・シティ戦と1月のバーンリー戦で2度退場し、全公式戦で警告を8回受けている。ここ3シーズンで合計9回退場処分を命じられたスイス代表MFは、アーセナルOBのマーティン・キーオン氏から「怠慢だ」と揶揄されるなど同選手を非難する声は高まっている。<br><br>「行き過ぎた批判を受けている。もちろん自分のクラブからではない。クラブに以前所属していて、僕のことを全く知らない人からだ。僕のプレーを知らない人たちが僕を攻撃し、愚か者にしようとしている」<br><br>しかしアーセン・ヴェンゲル監督はジャカの味方になっている人物の一人だ。スイス代表MFが出場可能な時は、信頼を置き、ビッグマッチでも起用している。ジャカは指揮官に対して以下のように感謝の言葉を述べた。<br><br>「アーセン・ヴェンゲルは自信を与えるようなことはしない。でも出場停止を受けて2週間チーム練習とは別にトレーニングしていたあと、彼は&ldquo;試合に出る準備を始めろ&rdquo;って言ってきた。環境にもよるが、退場によって選手のキャリアは大きく左右すると思う。監督は僕をクビにもできるけど、彼は僕を励まし、信用し、大切な試合にも起用してくれている」<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.25 17:32 Sat
twitterfacebook
thumb

アーセナルOB、ヴェンゲルの去就に言及…1年続投で次はレジェンドへ橋渡し?

現役時代にアーセナルで活躍したポール・マーソン氏は、アーセン・ヴェンゲル監督が来季もクラブを指揮し、その後は元主将のパトリック・ヴィエラに監督の席を譲るべきだという考えを『スカイスポーツ』で語っている。<br><br>20年間アーセナルを率いるヴェンゲル監督だが、チームの低調なパフォーマンスを受け、解任を求める声が日々高まっている。クラブは契約延長をオファーを検討しているものの、サポーターからの抗議は高まるばかりだ。しかしアーセナルOBのマーソン氏は、フランス人指揮官があと12カ月チームを指揮し、ノース・ロンドンで3度のプレミア王者に輝いたヴィエラ氏が復帰することを望んでいるようだ。<br><br>「私の考えでは、彼は来季もチームを指揮するべきだ。実際に彼が来季も残り、パトリック・ヴィエラがアーセナルに帰還しても驚かない。彼はニューヨーク・シティで経験を積んでいる。それに彼には勝者のメンタリティが宿っているからね。アーセナルは今まで以上に良いクラブになるだろうし、ファンもその提案に賛成すると思う」<br><br>「残念だが、今選手たちは監督のためにプレーをしているようには見えない。しかしレジェンドであるヴィエラがクラブに戻れば、チームに多くをもたらすことができる。彼は現役時代のようにチームに闘争心を植え付けられると思う。それは今のチームが必要としていることだ」<br><br>ここ9試合で3勝しか挙げていないアーセナルだが、インターナショナルブレイク明けには、3位マンチェスター・シティとの上位対決を控えている。マーソン氏は「絶対に勝利が必要」と現在6位に沈むチームを鼓舞した。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.25 16:17 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース