【CLグループA総括】アーセナルとPSGが順当突破! ルドゴレツが快挙2016.12.10 07:30 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽CL決勝トーナメントの常連であるアーセナルとパリ・サンジェルマン(PSG)の2強と、バーゼルとルドゴレツのアウトサイダーの2弱という構図となったグループAでは、最終節を前にその2チームが決勝トーナメント進出を決定。最終節では勝ち切ったアーセナルが首位通過を決め、取りこぼしたPSGの2位通過という結果に終わった。

■グループA順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.アーセナル[14/4/2/0/12)]
2.パリ・サンジェルマン[12/3/3/0/6]
3.ルドゴレツ[3/0/3/3/-9]
4.バーゼル[2/0/2/4/-9]

◆試合巧者ぶり発揮し、首位通過~アーセナル~
Getty Images
▽PSGとの直接対決ではいずれも力の差を見せつけられながらも、試合巧者ぶりを発揮し、いずれもドローに持ち込んだ。アウェイゴール数の差で最終節を前に自力での首位通過の可能性が潰えるも、PSGの取りこぼしを生かして首位通過を決めた。大量6ゴールを奪ったホームでのルドゴレツ戦など、快勝の試合が多かった一方、PSGとの2度の対戦やアウェイでのルドゴレツ戦など、低調な試合も少なくなく、波のあるグループステージだった。それでも、MFエジルとFWサンチェスを中心に持ち味の攻撃力を発揮し、目標の首位通過を決めた。

◆勝負弱さを露呈し、無念の2位通過~パリ・サンジェルマン~
Getty Images
▽セビージャ時代にヨーロッパリーグ3連覇に導くなど、カップ戦で強さを発揮するエメリ監督を招へいも、勝負弱さを露呈するグループステージとなった。とりわけ、ホームで戦った最終節では格下ルドゴレツ相手に終了間際の同点弾で辛くもドローに持ち込む、低調な戦いぶりでパルク・デ・プランスに集まったサポーターからブーイングを浴びる始末。アーセナルとの直接対決では、いずれも内容面で圧倒も、FWカバーニらが再三の決定機を逃がし、ドローに終わった。エメリ新監督の戦術面の浸透の遅れや、前エースFWイブラヒモビッチの不在を感じさせられ、決勝トーナメントでの戦いに不安が残るところだ。

◆ブルガリア史上初の3位フィニッシュ~ルドゴレツ~
Getty Images
▽グループ最弱と目されながらも鋭いカウンターと、粘り強いプレーでしぶとくドローに持ち込み、ブルガリア史上初のグループステージ3位フィニッシュを果たし、EL決勝トーナメントへの出場権を手にした。3位争いのライバルとなったバーゼルとの直接対決では勝利こそ逃すも、アウェイゴール数で優位に立つ2戦連続ドロー。そして、最終節のPSG戦では相手の低調なパフォーマンスもあったものの、球際の激しさやカウンターの精度という部分で上回り、見事にドローに持ち込んだ。個人では既に4大リーグのターゲットとなっているFWジョナタン・カフーや、攻撃的左サイドバックのDFナタエウの活躍が光った。

◆主力流出響き最下位に~バーゼル~
Getty Images
▽アーセナルとPSGに次ぐ3番手の位置づけだったバーゼルだったが、FWエンボロなど昨シーズンまでの主力の流出が響き、攻守に精彩を欠いた印象だ。絶対的王者であるスイスリーグとは異なり、守備重視の堅守速攻スタイルで臨んだものの、エンボロらの離脱でカウンターの威力が低下し、攻め切れない場面が目立った。その間に守備陣が我慢し切れずに敗れるという、課題を最後まで克服できなかった。

コメント

関連ニュース

thumb

ユナイテッドとアーセナルがロイス獲得を目論む

▽マンチェスター・ユナイテッドとアーセナルが、ドルトムントのドイツ代表MFマルコ・ロイス(28)に注目しているという。イギリス『サン』が伝えている。 ▽今年5月のDFBポカール決勝のフランクフルト戦で前十字じん帯を負傷して以降、長期離脱が続いているロイス。現在もリハビリ中だが、国内外からまだまだ高い評価を得ているようで、『サン』が伝えるところによれば、ユナイテッドとアーセナルのイングランドの名門が獲得を狙っているという。 ▽ユナイテッドとアーセナルはそれぞれ左ウイングの強化を目指しており、前者は今夏にもインテルのクロアチア代表FWイバン・ペリシッチ(28)の獲得に動いていた模様。一方、後者はチリ代表アレクシス・サンチェス(28)の去就が不透明なため、新たな左ウイングを探しているとみられている。 ▽ドルトムントとの現行契約を2019年までとしているロイスだが、クラブのスポーツ・ディレクターを務めるミヒャエル・ツォルク氏はドイツ『キッカー』に対して、「我々はロイスを長期的な目で見ている」と話していることから、地元出身のアイドルを手放す可能性は低いように思える。 2017.10.20 21:19 Fri
twitterfacebook
thumb

エジル、ユナイテッド行きを仲間に報告か

▽アーセナルに所属するドイツ代表MFメスト・エジル(29)が、マンチェスター・ユナイテッドに移籍する見込みであることをチームメートに報告したと、イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。 ▽今季限りとなっているアーセナルとの契約延長交渉の進展が伝えられていないエジルに関しては、レアル・マドリー時代の恩師であるジョゼ・モウリーニョ監督が率いるユナイテッドとの関連がかねてから伝えられている。 ▽『ミラー』が伝えるところによれば、現在も契約延長交渉に進展はなく、エジル側は週給35万ポンド(約5200万円)を求めていたものの、アーセナルは昨シーズンの時点で週給27万5000万ポンド(約4100万円)をオファー。だが現在は、エジルを慰留させることへの拘りがなくなっているようだ。 ▽これを受け、エジルは既にユナイテッドと契約することをチームメートに報告したとのことだ。アーセナルとしては、来夏にフリーで移籍させるよりも、来年1月に放出して移籍金を得たい考えとのことで、この件に関してはアーセン・ヴェンゲル監督も先日に公に認めていた。 2017.10.20 09:49 Fri
twitterfacebook
thumb

ジルーのゴールは予見されたもの? ヴェンゲルが会話を明かす

▽アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督が、19日に行われたヨーロッパリーグ(EL)・グループH第3節のレッドスター戦を振り返り、決勝ゴールが予見されたものだったことを明かした。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽敵地での一戦に臨んだアーセナルはゴールレスで迎えた85分、ウォルコットの折り返しを受けたジルーが低空のバイシクルシュートで合わせて、ゴール左隅に流し込みアーセナルが先制。これが決勝点となり、土壇場でネットを揺らしたアーセナルがグループステージ3連勝を飾った。 ▽試合後、インタビューに応じたヴェンゲル監督は、試合中にジルーからゴール宣言を受けていたことを告白。実際にゴールを奪ってチームを勝利に導いたフランス代表FWを称えつつ、チーム全体の勝利であることを強調した。 「試合のある段階で、ジルーがタッチラインまでやってきてゴールを決めると宣言した。彼がこの未来を知っていたかどうかはわからないが、有言実行とは本当に難しいことだと思う。こういうことが起こると、チームは勝利を手にできる」 「ただ、注目すべきは全てにおける我々が示したスピリットだ。チームは一丸となって戦った。守備陣も耐える時間がありながらも無失点で切り抜けた。そして素晴らしいゴールから結果を残すことができたのだ」 2017.10.20 08:27 Fri
twitterfacebook
thumb

ジルーの技ありオーバーヘッド弾で10人相手に辛勝! アーセナルが貫録のGS3連勝!《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・グループH第3節、レッドスターvsアーセナルが19日に行われ、アウェイのアーセナルが1-0で勝利した。 ▽ここまで控えメンバー中心ながら地力の差を見せ付けて2連勝でグループ首位に立つアーセナルは、勝ち点2差で2位のレッドスターとの首位攻防戦に臨んだ。直近のリーグ戦でワトフォード相手に痛恨の敗戦を喫したアーセナルは、その試合からGKチェフ、エルネニーを除く9選手を変更。最終ラインは今季初出場のドゥビュシー、エルネニー、ホールディングの3バックとなり、中盤はコクランと共にウィルロック、ネルソン、ナイルズの若手3選手が起用され、3トップは最前線のジルーの下にウィルシャーとウォルコットが2シャドーに入った。 ▽立ち上がりからボールを保持するものの、攻め切れないアーセナルは、相手の鋭いカウンターに晒されて幾度となくボックス付近まで攻め込まれる。それでも、15分にはセットプレーの二次攻撃からボックス右でフリーのウォルコットが左足でシュートするが、これは相手GKの攻守に遭う。 ▽その後も主導権を握り切れないアウェイチームは25分、右CKの場面でボアキエに決定機を許すが、このヘディングシュートはクロスバーを叩き辛くも失点を免れる。さらに31分にはスルニッチの右クロスをファーで収めたクルスティッチにシュートを打たれるが、ここはGKチェフの好守で凌いだ。 ▽前半をゴールレスで折り返したアーセナルは、後半もボールの主導権を握るものの、ジルーやウォルコットらのフィニッシュがうまくいかず、なかなか先制点を奪うことができない。一方で前半同様に前がかりなところを引っくり返されてカウンターを許すなど、思うように試合を運べない。 ▽その後は完全にこう着状態に陥った試合だったが、80分にレッドスターDFロディッチがこの試合2枚目のカードをもらい、痛恨の退場処分となる。すると、数的優位を活かして盛り返すアーセナルは85分、ボックス右でウォルコットがグラウンダーで折り返すと、これを中央のウィルシャーがワンタッチの浮き球で再びウォルコットに戻す。そして、ウォルコットの頭での折り返しをゴール前のジルーが低空のオーバーヘッドシュートで合わせ、ゴール左隅に流し込んだ。 ▽ジルーの技あり弾でようやく均衡を破ったアーセナルは、守護神チェフを中心に相手の反撃を凌ぎ切って敵地で1-0の辛勝。大幅なターンオーバーの影響で低調なパフォーマンスに終始したものの、きっちり勝ち切ってグループステージ3連勝を飾った。 2017.10.20 04:19 Fri
twitterfacebook
thumb

ベンゼマ狙うアーセナル、レアル・マドリーに入札か

▽アーセナルがレアル・マドリーに所属する元フランス代表MFカリム・ベンゼマ(29)獲得に乗り出しているようだ。スペイン『Don Balon』が報じた。 ▽以前からベンゼマに関心を寄せているとされてきたアーセナル。MFメスト・エジルとFWアレクシス・サンチェスの2枚看板が今シーズン限りで退団することを懸念するアーセン・ヴェンゲル監督は、金に糸目をつけず、ベンゼマ獲得に動く意向を示しているという。 ▽そのベンゼマは、今シーズンのここまで公式戦8試合に出場して2得点1アシスト。ストライカーとしては物足りなさを残すものの、FWクリスティアーノ・ロナウドの良きパートナーとして、ジネディーヌ・ジダン監督から全幅の信頼を寄せられている。 ▽だが、フロレンティーノ・ペレス会長は、先月9月に契約延長に達したばかりのフランス人ストライカーに関して、魅力的なオファーが届けば売却を考慮。そして、『Don Balon』も「時が来た」とベンゼマに移籍の可能性が高まっているとの見解を示している。 2017.10.19 18:30 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース