【CLグループA総括】アーセナルとPSGが順当突破! ルドゴレツが快挙2016.12.10 07:30 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽CL決勝トーナメントの常連であるアーセナルとパリ・サンジェルマン(PSG)の2強と、バーゼルとルドゴレツのアウトサイダーの2弱という構図となったグループAでは、最終節を前にその2チームが決勝トーナメント進出を決定。最終節では勝ち切ったアーセナルが首位通過を決め、取りこぼしたPSGの2位通過という結果に終わった。

■グループA順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.アーセナル[14/4/2/0/12)]
2.パリ・サンジェルマン[12/3/3/0/6]
3.ルドゴレツ[3/0/3/3/-9]
4.バーゼル[2/0/2/4/-9]

◆試合巧者ぶり発揮し、首位通過~アーセナル~
Getty Images
▽PSGとの直接対決ではいずれも力の差を見せつけられながらも、試合巧者ぶりを発揮し、いずれもドローに持ち込んだ。アウェイゴール数の差で最終節を前に自力での首位通過の可能性が潰えるも、PSGの取りこぼしを生かして首位通過を決めた。大量6ゴールを奪ったホームでのルドゴレツ戦など、快勝の試合が多かった一方、PSGとの2度の対戦やアウェイでのルドゴレツ戦など、低調な試合も少なくなく、波のあるグループステージだった。それでも、MFエジルとFWサンチェスを中心に持ち味の攻撃力を発揮し、目標の首位通過を決めた。

◆勝負弱さを露呈し、無念の2位通過~パリ・サンジェルマン~
Getty Images
▽セビージャ時代にヨーロッパリーグ3連覇に導くなど、カップ戦で強さを発揮するエメリ監督を招へいも、勝負弱さを露呈するグループステージとなった。とりわけ、ホームで戦った最終節では格下ルドゴレツ相手に終了間際の同点弾で辛くもドローに持ち込む、低調な戦いぶりでパルク・デ・プランスに集まったサポーターからブーイングを浴びる始末。アーセナルとの直接対決では、いずれも内容面で圧倒も、FWカバーニらが再三の決定機を逃がし、ドローに終わった。エメリ新監督の戦術面の浸透の遅れや、前エースFWイブラヒモビッチの不在を感じさせられ、決勝トーナメントでの戦いに不安が残るところだ。

◆ブルガリア史上初の3位フィニッシュ~ルドゴレツ~
Getty Images
▽グループ最弱と目されながらも鋭いカウンターと、粘り強いプレーでしぶとくドローに持ち込み、ブルガリア史上初のグループステージ3位フィニッシュを果たし、EL決勝トーナメントへの出場権を手にした。3位争いのライバルとなったバーゼルとの直接対決では勝利こそ逃すも、アウェイゴール数で優位に立つ2戦連続ドロー。そして、最終節のPSG戦では相手の低調なパフォーマンスもあったものの、球際の激しさやカウンターの精度という部分で上回り、見事にドローに持ち込んだ。個人では既に4大リーグのターゲットとなっているFWジョナタン・カフーや、攻撃的左サイドバックのDFナタエウの活躍が光った。

◆主力流出響き最下位に~バーゼル~
Getty Images
▽アーセナルとPSGに次ぐ3番手の位置づけだったバーゼルだったが、FWエンボロなど昨シーズンまでの主力の流出が響き、攻守に精彩を欠いた印象だ。絶対的王者であるスイスリーグとは異なり、守備重視の堅守速攻スタイルで臨んだものの、エンボロらの離脱でカウンターの威力が低下し、攻め切れない場面が目立った。その間に守備陣が我慢し切れずに敗れるという、課題を最後まで克服できなかった。

コメント

関連ニュース

thumb

バレンシアがアーセナルからDFガブリエウを5年契約で獲得

▽バレンシアは18日、アーセナルに所属するブラジル人DFガブリエウ・パウリスタ(26)を獲得した。契約期間は2022年6月30日までの5年間で、バイアウト条項は8000万ユーロ(約102憶7000万円)に設定されている。 ▽2010年に母国ブラジルのヴィトーリアでプロデビューしたガブリエウは、2013年にビジャレアルへ移籍。加入初年度からコンスタントな出場機会を得ると、在籍2シーズンで公式戦50試合に出場した。 ▽ビジャレアルでの活躍が認められ、2015年1月にアーセナルに加入したガブリエウは、在籍2年半で公式戦64試合に出場。しかし、昨シーズンはくるぶしの負傷に悩まされ、リーグ戦19試合の出場にとどまった。 2017.08.19 01:47 Sat
twitterfacebook
thumb

キャバイエ「イングランドの最強選手? メスト・エジル」

▽アーセナルに所属するドイツ代表MFメスト・エジルに感銘を受ける現役選手がいる。その人とは、クリスタル・パレスに所属するフランス代表MFヨアン・キャバイエだ。 ▽エジルに関しては、創造性に溢れたプレーに称賛を集める反面、一貫性に欠けるとの見方が多々ある。しかし、キャバイエの意見は違う。イギリス『Squawka』は、『フランス・フットボール』のインタビューで、キャバイエがエジルの素晴らしさについて次のように自身の見解を示したと伝えた。 「イングランドの最強選手? メスト・エジルだね。彼は本当にすごい。無頓着な印象もあるけど、ある時、誰も見たことのないようなパスを通すんだ。彼の先を読む力は誰よりも優れている。それこそ彼の素晴らしいところさ」 2017.08.18 19:25 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナル、ドラクスラーに45億円準備か

▽イギリス『タイムズ』は、アーセナルがパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するドイツ代表MFユリアン・ドラクスラー(23)の獲得に乗り出していると報じた。 ▽若くして才能を評価されたドラクスラーは、これまでシャルケ、ヴォルフスブルクでプレー。昨冬にヴォルフスブルクからPSGに移籍した。だが、PSGは今夏、FWネイマールを獲得。さらに、モナコに所属するFWキリアン・ムバッペ獲得の動きも伝えられており、実現すればポジション争いの激化は避けられない。 ▽そうしたなか、『タイムズ』はアーセン・ヴェンゲル監督がドラクスラー獲得へ3200万ポンド(約45億円)を用意していると伝えた。今夏の前線補強を不可欠と考えているものの、モナコに所属するMFトマ・ルマール、ムバッペの獲得交渉が一向に進んでいないことから、ドラクスラーに関心を寄せつつあるという。 2017.08.18 16:13 Fri
twitterfacebook
thumb

ウィルシャーに2部ビラが熱視線…ユーベらも興味で再移籍の可能性が浮上

イギリスメディア『ミラー』が報じたところによると、アーセナルのMFジャック・ウィルシャー獲得に向けて、アストン・ビラが熱心なアプローチをしているようだ。<br><br>ウィルシャーと言えばアーセナル育ちの技巧派レフティーとして知られるが、昨シーズンはボーンマスに1年間のレンタルで放出されていた。今シーズンは保有権を持つアーセナルに戻っているものの、同選手は負傷で長期離脱を繰り返していたこともあり、アーセン・ヴェンゲル監督は全幅の信頼を寄せていないとされる。<br><br>だが、アレクシス・サンチェス、オリヴィエ・ジルー、 アレックス・オックスレイド=チェンバレンなど、他のアタッカーにまだ退団の可能性を残していることから、アーセナルは現時点でウィルシャーの放出に対しては容認していないようだ。<br><br>2部のアストン・ビラは、スティーブ・ブルース監督がウィルシャーの才能を高く評価しており、1部昇格に向けたキーマンとして熱視線を送っている模様。ウィルシャーには1部に昇格したニューカッスルのほか、セリエAのユベントスも関心を示しているという。<br><br>現在、退団の可能性が報じられているアーセナルの主力メンバーの残留が確実となれば、ウィルシャーが余剰戦力として再放出される可能性もある。移籍市場が閉幕する8月31日まで大きな動きが発生する可能性はまだまだありそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.18 15:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ヴェンゲル、チェルシー関心のチェンバレン残留に期待「長くここに残って欲しい」

▽アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督が、イングランド代表MFアレックス・オックスレイド=チェンバレン(24)の残留を望んでいる。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽チェンバレンは、2011年8月にサウサンプトンからアーセナルへ加入。6年目となった昨シーズンは、公式戦45試合に出場して6ゴール11アシストを記録した。 ▽そんなチェンバレンはアーセナルとの契約が残り12カ月を切っている。しかし、未だ新契約を締結しておらず、今夏の移籍市場ではチェルシーやリバプールから関心を寄せられている。さらに、先週にはウイングバックの補強を望むチェルシーが2500万ポンド(約35億4500万円)を用意していることがイギリスメディアによって報じられ、チェンバレンの移籍の噂に熱が帯び始めている。 ▽しかし、アーセナルのヴェンゲル監督は、今シーズンここまでの公式戦2試合にフル出場しているチェンバレンを高く評価。同選手がアーセナルで長い期間プレーすることを期している。 「私は彼(チェンバレン)を高く評価している。そして、これからもっと成長する選手だ」 「昨シーズン、彼は大きく前進した。長くここに残って欲しいと思っている。これからの2年間で、誰もが注目し、イギリスを代表するような選手になることを確信しているよ」 2017.08.17 14:59 Thu
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース