【J1チーム別総括】ネルシーニョイズムが浸透し攻守で成長を感じられたシーズン《ヴィッセル神戸》2016.11.15 17:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽明治安田生命J1リーグの全日程が11月3日に終了した。2016シーズンのJ1を振り返り、超ワールドサッカー編集部が各チームを採点。シーズンを振り返るとともに、チーム内の最優秀選手賞、敢闘賞、ブレイクスルー賞を決定した。第12回目は、2ndステージで優勝争いを繰り広げ攻撃陣が躍動したヴィッセル神戸編をお届けする。

◆チーム採点
60点(100点満点)

◆チーム成績


◆シーズン総括
▽低調だった1stステージが嘘だったかのように2ndステージでは勝ち点を積み重ねていった。攻撃陣では得点王を獲得したFWレアンドロを中心に、FWペドロ・ジュニオール、FW渡邉千真らが、シーズンが進むにつれてコンスタントに結果を残した。一方の守備陣も、復帰したDF伊野波雅彦を軸として、負傷離脱がありながらもポジションを守ったDF岩波拓也、その岩波の不在を補ったDF北本久仁衛らが奮闘。攻守ともに1stステージを大きく上回る数字を残した。

▽2ndステージの好調ぶりは、年間順位で神戸よりも上位にいる相手との成績にも表れている。唯一、サンフレッチェ広島(0-2)に敗れたものの、浦和レッズ(2-1)、川崎フロンターレ(3-0)、鹿島アントラーズ(1-0)、ガンバ大阪(1-0)、大宮アルディージャ(1-0)に勝利するなど結果を残した。一方で、ベガルタ仙台(0-3)やアルビレックス新潟(0-1)など残留争いのチーム相手に勝ち点を取りこぼしたは今後の課題だ。それでも自信を手にしたシーズンになったと言えるだろう。

◆最優秀選手賞
Getty Images
FWレアンドロ(31)
31試合出場(先発31試合)/19得点
▽MVPは文句なしのレアンドロ。最終節で広島のFWピーター・ウタカに並ばれるも、19ゴールを記録し得点王を獲得した。裏を突く動き出し、力強いドリブルなどスコアラーとして直線的にゴールに向かう場面が多く見られた。また2トップを形成したペドロ・ジュニオールとのコンビネーションも秀逸で、よりドリブルで勝負できるペドロ・ジュニオールが仕掛け、レアンドロがそのスペースを突く1つのパターンが確立されるなど攻撃のバリエーションが増えた。

◆敢闘賞
Getty Images
FW渡邉千真(30)
33試合出場(先発33試合)/12得点
▽全34試合中33試合2938分に出場するなど、キャプテンとしてチームをけん引した。シーズンスタートから左サイドハーフでプレーするなど、慣れないポジションながらも2トップのレアンドロ、ペドロ・ジュニオールと連動した攻撃を見せた。FC東京時代の2013年に記録した自己ベストの17ゴールには及ばなかったものの、これまでよりも下がったポジションでの12ゴールは自信につながるものとなったはずだ。

◆ブレイクスルー賞
(C)J.LEAGUE PHOTO
MF中坂勇哉(19)
12試合出場(先発3試合)/1得点
▽神戸U-18から今シーズン昇格を果たし飛躍のシーズンとなった。シーズン序盤こそ出場機会に恵まれなかったものの、1stステージ第12節の川崎F戦でプロデビュー。その後はナビスコカップ(現YBCルヴァンカップ)で5試合2ゴールと存在感を示し、2ndステージではより多くの出場機会を獲得した。第16節の名古屋グランパス戦ではJリーグ初ゴールをマークするなど、来シーズン以降の活躍に期待が懸かる。

コメント

関連ニュース

thumb

C大阪MF水沼宏太が追突事故…双方ともにケガはなし

▽セレッソ大阪は25日、MF水沼宏太が運転する乗用車が交通事故を起こしたことを発表した。 ▽発表によると同日の13時30分ごろ、大阪府大阪市大正区泉尾付近にて、水沼の運転する乗用車が信号で停車後、青信号に変わり発進したところを停車中の前方乗用車の後部に接触したとのことだ。なお、水沼は事故発生後、警察へ届け出ており、相手乗用車の運転手、同選手共にケガはないようだ。 ▽水沼はクラブを通じてコメントしている。 「この度、私の不注意からこのような事故を起こしてしまい、乗用車の運転をされていた方に心よりお詫び申し上げます。深く反省しており、今後は改めて細心の注意をはらって運転いたします。大変申し訳ございませんでした」 2017.03.25 22:01 Sat
twitterfacebook
thumb

日本代表を離脱したFC東京MF髙萩洋次郎は右母趾末節骨骨折

▽FC東京は25日、日本代表に招集されていたMF髙萩洋次郎の離脱を発表。また、負傷状況についても発表した。 ▽クラブの発表によると、高萩はチームドクターの診断を受け、右母趾末節骨骨折と診断。全治は今のところ不明とのことだ。 2017.03.25 19:59 Sat
twitterfacebook
thumb

磐田MF上田康太が左ヒラメ筋肉離れ、右腓腹筋筋膜炎で3週間の離脱

▽ジュビロ磐田は25日、MF上田康太の負傷を発表した。 ▽クラブの発表によると、上田は22日のトレーニング中に負傷。浜松市内の医療機関で検査を受けた結果、左ヒラメ筋肉離れ、右腓腹筋筋膜炎と診断。全治は3週間程度とのことだ。 ▽上田は今シーズンの明治安田生命J1リーグで1試合の途中出場に終わっていた。 2017.03.25 17:14 Sat
twitterfacebook
thumb

G大阪、MF今野泰幸の左第5趾基節骨骨折を発表…今季インサイドハーフで新境地

▽ガンバ大阪は25日、日本代表MF今野泰幸が左第5趾基節骨骨折と診断されたことを発表した。全治に関しては明らかにされていない。 ▽2015年以来の代表招集を受けた今野は、23日に敵地で行われたロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のUAE代表戦に先発。チームの2得点目を挙げ、2-0の勝利に貢献していた。 ▽しかし、その試合でケガをした今野は24日の帰国後にチームから一時離れて病院に直行。事前の報道で、左足小指打撲と伝えられていたが、クラブの報告によれば骨折が判明したという。 ▽34歳の今野は、今シーズンのここまで明治安田生命J1リーグ全4試合に先発で2ゴール。チームが新たに導入したシステムの中で任されたインサイドハーフで出色のパフォーマンスを披露していた。 2017.03.25 15:30 Sat
twitterfacebook
thumb

川崎FのDF井川祐輔が右ヒザじん帯損傷で4カ月の離脱

▽川崎フロンターレは24日、DF井川祐輔(34)が右ヒザ内側々副じん帯損傷により23日に手術を行ったことを発表した。復帰までに要する期間は4カ月程度とのこと。 ▽井川は、14日に行われたAFCチャンピオンズリーグ・グループステージ第3節の広州恒大戦で負傷していた。 2017.03.24 21:18 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース