タディッチ&ミトロビッチ躍動のセルビアがグループD首位浮上! ウェールズは3位転落…《ロシアW杯欧州予選》2016.10.10 06:16 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループD第3節のセルビア代表vsオーストリア代表が9日に行われ、ホームのセルビアが3-2で勝利した。

▽共に1勝1分けで首位のウェールズ代表を追走する2位セルビアと3位オーストリアの直接対決。試合は序盤から打ち合いの展開となった。開始6分、右に流れたタディッチのクロスに反応したゴール前のミトロビッチが冷静に左足で流し込み、ホームのセルビアが先制に成功する。

▽早々に先制を許したオーストリアだが、失点直後にアルナウトビッチがチャンスに絡むと、15分にはボックス右でルーズボールを拾ったサビツァーがゴール左隅にミドルシュートを流し込み、すぐさま同点に追いついた。

▽同点に追いつかれたものの慌てないセルビアは、20分過ぎに再びタディッチとミトロビッチのホットラインでゴールを奪う。23分、右サイドからタディッチが右足で入れたクロスをミトロビッチが頭で流し込んだ。その後は一進一退の攻防が続くも、セルビアが1点リードで試合を折り返した。

▽迎えた後半、序盤にバウムガルトリンガーが負傷交代を強いられるなど、流れの悪いオーストリアだったが、62分にワンチャンスを生かして追いつく。緩慢な相手の最終ライン裏に抜け出したヤンコとアルナウトビッチの関係からアルナウトビッチがシュート。これはGKに弾かれるも、こぼれ球をヤンコが押し込んだ。

▽2度のリードを追いつかれたセルビアだったが、ここまで2アシストと絶好調のタディッチがチームを救う。74分、ボックス中央でコラロフから横パスを受けたタディッチはファーストタッチを大きくふかすも、これがDFをかく乱する形となり、ボックス右でフリーとなった背番号10が冷静にシュートを流し込んだ。このリードを粘り強い守備で守り切ったセルビアがオーストリアとの打ち合いを制した。

▽また、同日行われたモルドバ代表vsアイルランド代表は、アウェイのアイルランドがマクレーンの2ゴールの活躍などで3-1で勝利。この結果、グループDでは、この日ジョージア相手に引き分けた首位ウェールズをセルビアとアイルランドが抜き、それぞれ首位と2位に浮上している。

コメント

関連ニュース

thumb

アムラバトがポルトガル贔屓?の判定に激昂 「主審はペペにユニフォームをもらおうとしていた」

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループB第2節、ポルトガル代表vsモロッコ代表が20日にルジニキ・スタジアムで行われ、ポルトガルが1-0で勝利した。この結果、最終節を前にモロッコのグループリーグ敗退が決定した。同試合後、モロッコ代表FWノルディン・アムラバトが主審を務めたアメリカ人レフェリーのマーク・ガイガーを痛烈に批判した。 ▽試合は終始モロッコペースで進んだものの、開始4分にMFジョアン・モウティーニョのクロスからFWクリスティアーノ・ロナウドが決めたヘディングでのゴールによって、ポルトガルの勝利に終わった。 ▽しかし、同試合ではポルトガルの選手が比較的簡単にファウルを貰う一方、モロッコの選手へのファウルは比較的流されるなど、ややポルトガル寄りに見える判定が続き、キャプテンのDFマディ・ベナティアを中心にモロッコ陣営が盛んに抗議する場面が目立った。 ▽そして、アムラバトはオランダ『NOS』でガイガー主審の判定が公平ではなかったと痛烈に非難した。 「僕は彼(ガイガー主審)が普段どんな感じなのかはよく知らない。だけど、彼はクリスティアーノ・ロナウドに対してとても感銘を覚えているような感じだった」 「それにペペから聞いたんだけど、彼(ガイガー主審)は前半終了時にペペに対してユニフォームをもらえないかと頼んでいたようだ」 「僕たちは何のことについて話しているんだ? ワールドカップ? ここはサーカスじゃないんだ」 ▽ガイガー主審がペペにユニフォームを求めたというアムラバトの主張の真偽は定かではないが、仮にこれが事実であれば、公平性が求められるレフェリーとして相応しくない行いと言えるだろう。 2018.06.21 06:17 Thu
twitterfacebook
thumb

日本代表も見習うべき? アイスランドエースFWは“ヴォルゴグラード名物”への対策ばっちり

▽アルゼンチン代表との歴史的なワールドカップ(W杯)初戦で相手を徹底的に研究し、勝ち点1奪取に成功したアイスランド代表は準備に抜かりのないチームだ。そして、アルゼンチン戦で貴重な同点ゴールを記録したFWアルフレッド・フィンボガソンは次節のナイジェリア代表戦に向けてもきっちり対策を練っているようだ。 ▽22日にグループD第2節のナイジェリアvsアイスランドが行われる会場は、ユスリカなど小虫の大量発生に悩まされる、ヴォルゴグラード・アリーナ。18日に行われたグループG第1節のイングランド代表vsチュニジア代表でもプレーする選手の顔にまとわりつく大量の虫が大きな話題になっていた。 ▽そして、フィンボガソンは20日に自身の『ツイッター(@A_Finnbogason)』に「ヴォルゴグラードに着いたよ。イングランドの試合を見て良い対策ができたよ」とのコメントと共に、自身が養蜂などで使う虫よけの防護服を着用してピッチに立つコラージュ画像を投稿した。 ▽もちろん、試合中に虫よけの防護服を着用してプレーすることはできないが、フィンボガソンのユーモア溢れる投稿に多くのSNSユーザーは『いいね』のリアクションを見せた。 ▽なお、同会場ではグループH最終節の日本代表vsポーランド代表も開催予定となっており、小虫対策は運営側に任せるとしても、アクシデントをユーモアで返すフィンボガソンの余裕な対応は見習いたいところだ。 ◆対策はバッチリ? https://twitter.com/A_Finnbogason/status/1009465878092701696 2018.06.21 02:23 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング:ウルグアイ 1-0 サウジアラビア《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループA第2節、ウルグアイ代表vsサウジアラビア代表が20日にロストフ・アリーナで行われ、1-0でウルグアイが勝利し、グループステージ突破を決めた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ウルグアイ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180621_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ムスレラ 5.5 1本ミドルシュートをストップ DF 4 G・バレラ 5.5 守備重視のプレーぶり 2 ホセ・ヒメネス 6.0 対人への強さをしっかり発揮 3 ゴディン 6.0 ミスなく堅実にプレー 22 カセレス 5.5 後半は守備に徹した MF 5 C・サンチェス 6.0 エジプト戦に続き、セットプレーからアシストを記録 (→ナンデス -) 6 ベンタンクール 5.5 後半に縦パスを入れる回数を増やした 15 ヴェシーノ 5.0 エジプト戦同様、ミスパスが多くリズムが出ない要因に (→トレイラ 5.5) ドリブルでの持ち上がりでアクセントを付けにかかる 7 C・ロドリゲス 5.5 縦への突破で打開を試みるも突破はしきれず (→ラクサール 5.0) 見せ場を作れなかった FW 9 スアレス 6.0 代表通算100キャップの節目の試合でゴール 21 カバーニ 5.5 依然としてスアレスとの連係が乏しい 監督 タバレス 5.5 勝つには勝ったが、低調な試合が続く ▽サウジアラビア採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180621_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 22 アリ・オワイス 4.5 豪快に被って決勝点献上 DF 6 アル・ブレイク 5.5 対面のC・ロドリゲスとラクサールに対応 3 オサマ・ハウサウィ 5.5 集中した守備を続け、1失点に抑えた 4 アル・ブライヒ 5.5 スアレスとのマッチアップは互角だった 13 アル・シャハラニ 5.0 高い位置を取るも効果は薄かった MF 9 バヘブリ 5.0 29分の決定機は決めたかった (→モハメド・カンノ 5.0) 高さを生かしてヘディングを狙う 7 アル・ファラジ 5.5 左足を使って攻撃を組み立てにかかった 14 オタイフ 5.5 強力2トップへのボールを断った 17 アル・ジャッシム 5.0 ボールには触ったがアクセントは付けられず前半に負傷交代 (→アル・ムガウィ 5.0) 無難なパスワークに終始 18 アル・ドサリ 5.5 中に絞ってアル・シャハラニの攻め上がりを促す。ドリブルでの仕掛けも何度か見せた FW 19 アル・ムワラッド 5.5 スピードを生かしたスペースへの走り込みで打開を狙った (→アル・サハラウィ -) 監督 ピッツィ 5.5 惜敗だが、ゴールが遠かった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! スアレス(ウルグアイ) ▽低調な試合だったが、決勝点を決めたスアレスを選出。メモリアルな試合で結果を残した。 ウルグアイ 1-0 サウジアラビア 【ウルグアイ】 スアレス(前23) 2018.06.21 01:59 Thu
twitterfacebook
thumb

スアレス弾のウルグアイが2連勝でGS突破! 開催国ロシアの突破も決定《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループA第2節、ウルグアイ代表vsサウジアラビア代表が20日にロストフ・アリーナで行われ、1-0でウルグアイが勝利し、グループステージ突破を決めた。 ▽前日の試合で開催国ロシア代表がエジプト代表に勝利したため、ウルグアイが勝利すればウルグアイとロシアのグループステージ突破が決まる一戦。第1節でエジプトに対し、ホセ・ヒメネスの終盤弾で辛勝したウルグアイは、エジプト戦のスタメンから2選手を変更。サイドの両選手を変更し、デ・アラスカエタとナンデスに代えてC・ロドリゲスとC・サンチェスを起用した。 ▽一方、第1節でロシアに0-5と大敗したサウジアラビアは敗れればグループステージ敗退が決まる中、ロシア戦のスタメンから4選手を変更。エースストライカーのアル・サハラウィとGKのアル・マユーフらに代えてアル・ムワラッドやGKアリ・オワイスらを起用した。 ▽勝利が必要なサウジアラビアがポゼッションする展開で立ち上がっていった中、慎重な入りを見せたウルグアイは、スアレス、カバーニがシュートを浴びせて牽制していった。 ▽ウルグアイが自陣に構えてカウンターを狙ったことでゆったりとした試合展開が続く中、23分に先制する。C・サンチェスの左CKからGKアリ・オワイスが豪快に被ったところを、ファーサイドのスアレスがボレーで蹴り込んだ。 ▽ミスから失点したサウジアラビアは26分、バヘブリが左足ミドルでGKムスレラを強襲すると、29分にも左クロスからバヘブリがボレーで狙うも枠を捉えきれない。その後もボールを保持するサウジアラビアだったが、クオリティ不足でシュートにつなげることができなかった。 ▽そのサウジアラビアは41分にはアル・ジャッシムが左足太ももを痛めてプレー続行不可能となり、アル・ムガフィが投入される。結局、ウルグアイが無理せず試合を進めた前半はウルグアイの1点リードで終了した。 ▽迎えた後半、スアレスの直接FKでゴールに迫ったウルグアイが追加点に迫る中、59分に2枚代えを敢行する。C・ロドリゲスとヴェシーノに代えてラクサールとトレイラを投入した。 ▽すると62分にはカバーニの好精度クロスからC・サンチェスがヘディングシュートでゴールに迫れば、69分にはカセレスがFKからヘディングシュートを浴びせた。 ▽なかなか追加点を奪えず、勝負を決めきれないウルグアイだったが、スアレスの1点を守り抜いて逃げ切り。2連勝でグループステージ突破を決めた。なお、ウルグアイが勝利したことでロシアの突破も決まっている。その両国は最終節、首位通過を懸けて直接対決を行う。 2018.06.21 01:58 Thu
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド、モロッコ戦で欧州歴代最多得点記録の85ゴール!

▽ポルトガル代表は20日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループB第2節のモロッコ戦を1-0で勝利した。同試合で決勝点を記録したFWクリスティアーノ・ロナウドはまたひとつ偉大な記録を樹立した。サッカーデータ会社『Opta joe』が伝えている。 ▽スペイン代表との初戦をC・ロナウドのハットトリックで3-3のドローに持ち込んだポルトガルは、今大会初勝利を目指してモロッコ戦に臨んだ。試合は終始モロッコペースで進んだものの、開始4分にMFジョアン・モウティーニョのクロスからC・ロナウドが決めたヘディングでのゴールによって1-0の勝利を収めた。 ▽『Opta joe』が伝えるところによれば、今回のモロッコ戦でのC・ロナウドのゴールは自身の代表通算85点目となり、元ハンガリー代表FWフェレンツ・プスカシュ氏と並んでいたヨーロッパ歴代最多得点(84点)を抜き、歴代最多記録となった。 ▽なお、代表戦における歴代最多ゴール記録は元イラン代表FWアリ・ダエイ氏の109得点となり、歴代単独2位に浮上したC・ロナウドの今後の記録更新が期待される。 ▽また、2006年ドイツ大会から3大会連続でW杯出場のC・ロナウドは、これまで1大会につき1ゴールずつを記録し通算3得点となっていたが、今大会ではすでに4得点を記録しており、わずか2試合で自身の通算得点数を更新した。 ▽さらに、今大会では右足で2点、左足で1点、頭で1点を記録しているC・ロナウドだが、これは1966年イングランド大会でジョゼ・トーレス氏が記録して以来、ポルトガル人として2人目の記録となった。 2018.06.21 00:29 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース