ファン・ハール、今度はスモーリングを“ペレ”と呼ぶ2016.01.09 10:08 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるルイス・ファン・ハール監督が、同クラブのイングランド代表DFクリス・スモーリングの新しい呼び名を明かした。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

▽昨年7月のアメリカツアー時にスモーリングのことをクリスではなく“マイク”と呼んだファン・ハール監督は、その4カ月後にもチャンピオンズリーグのCSKAモスクワ戦の勝利後に同選手を“マイケル”と呼ぶミスを犯していた。それから約2カ月後、ファン・ハール監督は三度、スモーリングの呼び方に関する話題を提供している。

▽9日に行われるFAカップ3回戦シェフィールド・ユナイテッド戦の前日会見に臨んだファン・ハール監督は、2部のプレストンからレンタル復帰したばかりのイングランド人FWウィル・キーンに関する質問を受けた。しかし、同監督は「現在、マイケル・キーンは彼自身の力で取り組む必要がある」とコメント。ウィル・キーンの双子の兄弟であり、昨年1月にユナイテッドからバーンリーへ移籍していたDFマイケル・キーンと名前を間違えてしまった。

▽記者から間違いを指摘されたファン・ハール監督は、“マイケル”と呼ぶことが自身にとって言いやすい作業だったとの冗談を交えつつ、スモーリングの新しい呼び名を明かした。

「そうだ、ウィル・キーンだ。マイケルは私にとって覚えやすい名前だったね(笑)」

「私は“マイク”・スモーリングにペレと呼ぶと言ったよ。彼が素晴らしい動きをしていたので、今はペレと呼ぶ方がより簡単なんだ」

▽今シーズンの好パフォーマンスの影響もあり、フットボール史上最高の選手の1人であるペレと呼ばれているスモーリング。今度はファン・ハール監督からどんな呼び名を与えられるのだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

緊急投入リンデロフの痛恨ミス響いたユナイテッドが今季リーグ戦初黒星! ハダースフィールドは1952年以来の大金星!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第9節、ハダースフィールドvsマンチェスター・ユナイテッドが21日にジョン・スミスズ・スタジアムで行われ、ホームのハダースフィールドが2-1で勝利した。 ▽前節、リバプールとのアウェイゲームを守備的なアプローチでゴールレスドローに持ち込んだユナイテッドは、絶好調の首位マンチェスター・シティとの勝ち点差が「2」広がった。ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)のベンフィカ戦をラッシュフォードの幸運なFK弾で勝ち切り、グループステージ3連勝を達成。その試合からは先発4人を変更し、リンデロフ、ブリントに代わってフィル・ジョーンズ、ヤングが最終ラインに入り、ラッシュフォードとムヒタリアンに代わってマルシャルとリンガードが2列目に入った。 ▽相手のハイインテンシティの戦いに苦戦を強いられながらも最前線のルカクの強さを活かして主導権を握るユナイテッドは、そのルカクのフィニッシュでゴールに迫るが、早い時間帯の先制点とはならず。 ▽すると23分、相手選手への対応の際に無理なプレーを強いられたDFフィル・ジョーンズが筋肉系のケガでプレー続行不可能となり、リンデロフの緊急投入を余儀なくされる。そして、この交代をキッカケに試合の流れを相手に渡してしまう。 ▽28分、自陣中央でルーズボールに反応したマタがムーイに競り負けてボールを奪われカウンターを許す。ボックス左でムーイのパスを受けたトム・インスのシュートはGKデ・ヘアが何とか触るも、こぼれ球をムーイに蹴り込まれて先制点を奪われる。さらに34分には相手GKからの何でもないロングボールをDFリンデロフが痛恨のクリアミス。これを拾ったドゥポワトルにGKデ・ヘアもかわされて無人のゴールへ流し込まれた。 ▽リンデロフの信じがたいミスなどで今季2度目の複数失点を喫したユナイテッドは、すぐさま反撃に転じる。しかし、2点リードでより守備に重きを置いたハダースフィールドに危険なエリアをうまくカバーされ、なかなか決定機まで持ち込めない。前半終了間際にはセットプレーの流れからボックス中央でエレーラのパスを受けたマティッチが左足を振り抜くが、このシュートは枠の左隅に外れた。 ▽迎えた後半、残り45分での逆転を目指すポルトガル人指揮官はマルシャル、マタに代えてムヒタリアン、軽傷を抱えるラッシュフォードをハーフタイム明けに投入する大胆な交代策に打って出る。 ▽だが、前半同様に攻守両面でハードワークを見せる相手に対して、エースFWルカクらが完璧に抑え込まれてしまい、セットプレー以外になかなか可能性を感じさせる仕掛けを見せられない。 ▽もどかしい展開が続き時間だけが過ぎていくユナイテッドだが、76分に左サイドでヤングが入れたクロスにゴール前のエレーラがバックヘッドで合わせ、ようやくゴールの匂いを感じさせる攻めを見せると、直後の78分に1点を返す。右サイド深くに流れてボールをキープしたルカクが浮き球のクロスを入れると、これをファーサイドでうまくDFを剥がしたラッシュフォードが頭で流し込んだ。 ▽このゴールで反撃の狼煙を上げたユナイテッドは、ここから形振り構わぬ猛攻を見せる。しかし、1952年以来の大金星を目指すハダースフィールドも引いて守るばかりではなく、前がかりなユナイテッドに対してムニエ、ファン・ラ・パッラの個人技を生かしたカウンターであわや3点目という決定機を創出する。試合終了間際の94分にはゴール前の混戦からボックス左でフリーのスモーリングに絶好機が訪れるが、右足のシュートは相手DFの決死のブロックに阻まれ、万事休す。 ▽前半のミスによる2失点が響いたユナイテッドは、ハダースフィールドに65年ぶりの大金星を献上し、今季のリーグ戦初黒星を喫した。この結果、首位シティとの勝ち点差が「5」に広がった。 2017.10.22 01:09 Sun
twitterfacebook
thumb

フェライニ、ユナイテッドの契約延長オファー拒否か

▽ベルギー代表MFマルアン・フェライニ(29)がマンチェスター・ユナイテッドからの契約延長オファーを拒否したようだ。イギリス『テレグラフ』が報じた。 ▽クラブとの契約が今季限りとなっているフェライニは、今シーズンにジョゼ・モウリーニョ監督の下で印象的なパフォーマンスを披露している。モウリーニョ監督はフェライニを必要としているようだが、選手側はクラブからの最初のオファーを拒絶したとのことだ。 ▽また、ユナイテッドは同じく契約が今季限りとなっているスペイン代表MFアンデル・エレーラに関しても契約延長に動きている模様。ただ、契約延長の交渉が長引けば、現行契約のオプションである1年の契約延長の条項を行使することにするとみられている。 2017.10.21 09:28 Sat
twitterfacebook
thumb

バルサSD、ユナイテッド戦を視察 ターゲットは…

▽バルセロナのロベルト・フェルナンデスSD(スポーツディレクター)が、18日に行われたベンフィカvsマンチェスター・ユナイテッドを観戦した。お目当てはユナイテッドのフランス代表FWアントニー・マルシャル(21)だったようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。 ▽ユナイテッドは、チャンピオンズリーグ(CL)グループA第3節でベンフィカとのアウェイ戦を行い、1-0で勝利した。マルシャルはこの試合、76分にFWマーカス・ラッシュフォードとの交代でピッチに登場した。 ▽『ムンド・デポルティボ』によれば、フェルナンデスSDはマルシャルを視察。今夏、バルサはFWネイマールを引き抜かれた一方で、狙っていたリバプールのMFフィリペ・コウチーニョ獲得に失敗しており、新たな補強候補としてマルシャルが挙がっているようだ。 ▽なお、フェルナンデスSDはこの前日、サンチャゴ・ベルナベウで行われたCLグループH第3節のレアル・マドリーvsトッテナムも現地観戦。トッテナムのMFクリスティアン・エリクセンとFWハリー・ケインのプレーをチェックするためだったとみられている。 2017.10.21 08:48 Sat
twitterfacebook
thumb

韓国の英雄パク・チソン、平昌冬季五輪の聖火ランナーに

▽現役時代にマンチェスター・ユナイテッドなどで活躍した元韓国代表MFのパク・チソン氏(36)が自国開催となる平昌冬季オリンピックで聖火ランナーを務めることになったようだ。『EUROSPORT』が報じた。 ▽平昌冬季オリンピックは来年2月に開幕する。パク・チソン氏は、10月31日にギリシャで行われる聖火の譲渡式に登場。ノルディックスキー選手として活躍するギリシャ人のアポストロス・アジェリスに続く2番目の聖火ランナーを務める。 ▽平昌冬季オリンピックは、冬季として日本を除きアジア初開催となる記念すべき大会。隣国である北朝鮮のミサイル発射問題などの危険性から平昌冬季オリンピック開催に懐疑的な見方が強まっていただけに、韓国の英雄の登場がイメージ改善に繋がりそうだ。 2017.10.20 22:25 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドとアーセナルがロイス獲得を目論む

▽マンチェスター・ユナイテッドとアーセナルが、ドルトムントのドイツ代表MFマルコ・ロイス(28)に注目しているという。イギリス『サン』が伝えている。 ▽今年5月のDFBポカール決勝のフランクフルト戦で前十字じん帯を負傷して以降、長期離脱が続いているロイス。現在もリハビリ中だが、国内外からまだまだ高い評価を得ているようで、『サン』が伝えるところによれば、ユナイテッドとアーセナルのイングランドの名門が獲得を狙っているという。 ▽ユナイテッドとアーセナルはそれぞれ左ウイングの強化を目指しており、前者は今夏にもインテルのクロアチア代表FWイバン・ペリシッチ(28)の獲得に動いていた模様。一方、後者はチリ代表アレクシス・サンチェス(28)の去就が不透明なため、新たな左ウイングを探しているとみられている。 ▽ドルトムントとの現行契約を2019年までとしているロイスだが、クラブのスポーツ・ディレクターを務めるミヒャエル・ツォルク氏はドイツ『キッカー』に対して、「我々はロイスを長期的な目で見ている」と話していることから、地元出身のアイドルを手放す可能性は低いように思える。 2017.10.20 21:19 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース