ファン・ハール、今度はスモーリングを“ペレ”と呼ぶ2016.01.09 10:08 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるルイス・ファン・ハール監督が、同クラブのイングランド代表DFクリス・スモーリングの新しい呼び名を明かした。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

▽昨年7月のアメリカツアー時にスモーリングのことをクリスではなく“マイク”と呼んだファン・ハール監督は、その4カ月後にもチャンピオンズリーグのCSKAモスクワ戦の勝利後に同選手を“マイケル”と呼ぶミスを犯していた。それから約2カ月後、ファン・ハール監督は三度、スモーリングの呼び方に関する話題を提供している。

▽9日に行われるFAカップ3回戦シェフィールド・ユナイテッド戦の前日会見に臨んだファン・ハール監督は、2部のプレストンからレンタル復帰したばかりのイングランド人FWウィル・キーンに関する質問を受けた。しかし、同監督は「現在、マイケル・キーンは彼自身の力で取り組む必要がある」とコメント。ウィル・キーンの双子の兄弟であり、昨年1月にユナイテッドからバーンリーへ移籍していたDFマイケル・キーンと名前を間違えてしまった。

▽記者から間違いを指摘されたファン・ハール監督は、“マイケル”と呼ぶことが自身にとって言いやすい作業だったとの冗談を交えつつ、スモーリングの新しい呼び名を明かした。

「そうだ、ウィル・キーンだ。マイケルは私にとって覚えやすい名前だったね(笑)」

「私は“マイク”・スモーリングにペレと呼ぶと言ったよ。彼が素晴らしい動きをしていたので、今はペレと呼ぶ方がより簡単なんだ」

▽今シーズンの好パフォーマンスの影響もあり、フットボール史上最高の選手の1人であるペレと呼ばれているスモーリング。今度はファン・ハール監督からどんな呼び名を与えられるのだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

50歳の誕生日を迎えたキング・カントナ、モウではなくペップが好み?「モウはユナイテッドではない」

▽24日に50歳の誕生日を迎えた元フランス代表でありマンチェスター・ユナイテッドで活躍したエリック・カントナ氏が、古巣の監督問題について言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽ユナイテッドは24日、ルイス・ファン・ハール監督の解任を発表した。後任に関しては、ジョゼ・モウリーニョ氏が有力と報じられており、イギリスメディアは48時間以内に新政権が誕生すると伝えている。 ▽この日誕生日を迎えたカントナ氏は、古巣の監督問題について質問を受けた。カントナ氏は、モウリーニョ氏が好きだとしながらも、ユナイテッドで受け入れられるスタイルではないとコメント。さらに、マンチェスター・シティを率いることが決定している、ジョゼップ・グアルディオラ監督が相応しいとした。 「私はモウリーニョが大好きだ。彼の試合に対する情熱、知性、選手に100%を要求する姿勢など評価できるね。そうやって多くのタイトルを獲得してきた。だが、たとえ彼がそのスタイルで、ユナイテッドでもタイトルを取ったとしても、ファンは受けれないだろう」 「おそらく彼はユナイテッドでもタイトルを取ってくれる。しかし、たとえそうだとしてもファンが望んでいるスタイルではない。モウリーニョはユナイテッドではないよ」 「グアルディオラは受け入れられるだろう。彼はヨハン・クライフの精神を引き継いでいる。私は、彼がユナイテッドを率いる姿を見たかった。彼はマンチェスターを変えられる唯一の人物だったが、間違った方のマンチェスターに行ってしまった」 ▽またカントナ氏は、将来的にユナイテッドの指揮官を務めたいという野望を打ち明けた。 「今の私は多くのことに挑戦している。非常に幸せな人生を送っているよ。仮にユナイテッドから監督の打診があったならば、当然受けるつもりだ」 2016.05.25 10:07 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、モウリーニョ就任で新たにベンゼマがターゲットに?

マンチェスター・ユナイテッドは、この夏の移籍市場に向けて新たな補強候補を挙げているのかもしれない。スペイン『アス』が伝えた。<br><br>ユナイテッドは23日にルイス・ファン・ハール監督の今季限りでの退任を正式発表。後任には、昨季途中までチェルシーを率いたジョゼ・モウリーニョ氏の招へいが濃厚とみられている。<br><br>モウリーニョ氏の就任が決定的となった今、注目が集まるのは来季に向けた補強だ。イングランドでは、ユナイテッドのレアル・マドリーFWカリム・ベンゼマへの関心が話題を呼んでいる。ベンゼマは先日『インスタグラム』で写真を上げていたが、そこにユナイテッドのユニフォームが映っていたことも憶測を加速させているようだ。<br><br>ベンゼマは2010年から3年間モウリーニョ氏の下でプレーした。同氏とともにリーガエスパニョーラ、コパ・デル・レイ、スペイン・スーパーカップのタイトルを獲得している。<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.24 23:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ブリント息子も父同様ファン・ハールを擁護「もっとリスペクトを」

マンチェスター・ユナイテッドDFダレイ・ブリントは、23日に解任が発表されたルイス・ファン・ハール監督を擁護し、メディアなどからの批判は不当なものだったとコメントを述べている。<br><br>ファン・ハール監督が率いたオランダ代表でプレーしていたブリントは、2年前にユナイテッド指揮官に就任した同監督が連れてきた選手だった。監督交代には最も落胆を覚えている選手の一人かもしれない。<br><br>オランダ代表監督である父のダニー・ブリント氏も、ファン・ハール監督に対するクラブの対応は適切ではなかったとして苦言を呈している。息子も次のように語ったとしてイギリス『ミラー』が伝えた。<br><br>「監督と一緒に仕事をするのをすごく楽しむことができていた。できれば長く続けたいと思っていたけどね。プレミアリーグのビッグクラブの監督なら、常にプレッシャーがかかるものだよ」<br><br>「でもファン・ハールの場合、過去6カ月間を通してフェアな扱いは受けてこなかったと思う。キャリアの中で多くのことを成し遂げてきたファン・ハールほどの監督なら、もっとリスペクトされる資格があるはずだ」<br><br>ファン・ハール監督は自ら批判の矢面に立つことで、選手を批判から守ろうとしていたとブリントは感じているようだ。<br><br>「監督としての仕事について何を言われて何を書かれようとも、彼は決して僕ら選手たちを守ることをやめようとはしなかった。あらゆる状況から僕らを守ってくれていたよ。いつも僕らの代わりに批判を受けていたんだ」<br><br><br><br><br>提供:goal.com 2016.05.24 20:10 Tue
twitterfacebook
thumb

OBシュマイケル氏「モウリーニョはユナイテッドを救うかもしれない」

元マンチェスター・ユナイテッドGKのピーター・シュマイケル氏は、古巣の監督就任が濃厚だと言われるジョゼ・モウリーニョ氏が救世主になれる可能性もあるとして期待を寄せているようだ。<br><br>シーズンを通してファンやメディアからの批判を受け続けてきたルイス・ファン・ハール監督は、今季最終戦でFAカップ優勝を勝ち取りながらも、23日に解任が発表される結果に終わった。<br><br>後任に招へいされることが確実視されるモウリーニョ氏は、過去にもユナイテッド監督の候補に挙げられたことがあったが、その時点ではクラブの重鎮たちが首を縦には振らなかったとシュマイケル氏は考えている。イギリス『BBC』に次のように語った。<br><br>「オーナーやクラブ首脳陣にとって、モウリーニョは簡単な選択肢ではない。彼が適切な人物だったとすれば、もっと早く彼を連れて来ることになっていただろう」<br><br>「彼は(チェルシーで)クラブのディレクターや会長やチームドクターと衝突した。マンチェスター・ユナイテッドがクラブを運営していく上で望んでいるようなやり方ではないことをやってきた。そういうすべてのことがあって、サー・アレックス・ファーガソンやサー・ボビー・チャールトンが彼に『イエス』とは言わなかったんだと思う」<br><br>だが、監督に就任することになれば、そのモウリーニョ氏こそがユナイテッドを救う存在になる可能性もあるとシュマイケル氏は述べた。<br><br>「これでクラブは、世界最高の監督だとされる男を手に入れた。マンチェスター・ユナイテッドを本当に救うことができるかもしれない男だ。勇敢な決断だが、ずっと前に予定されていたはずのことだった」<br><br>「モウリーニョは、なぜ過去に自分に声がかからなかったのか分かっている。それなら、自分を変えてこのクラブでの仕事というものに合わせようとしないはずはないだろう」<br><br>&nbsp;<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.24 19:35 Tue
twitterfacebook
thumb

オランダ代表監督、ファン・ハールを解任したユナイテッドに苦言

オランダ代表のダニー・ブリント監督は、マンチェスター・ユナイテッドがルイス・ファン・ハール監督を解任したのは適切なやり方ではなかったとしてクラブに苦言を呈している。<br><br>FAカップでは優勝を成し遂げたとはいえ、来季チャンピオンズリーグ出場権を逃すなどクラブの期待に応えることができなかったファン・ハール監督は、23日に解任が発表された。後任には元チェルシー監督のジョゼ・モウリーニョ氏の就任が確実だと言われている。<br><br>ユナイテッドでプレーするDFダレイ・ブリントの父親でもあるブリント監督は、現役時代にファン・ハール監督の率いたアヤックスでキャプテンを務め、オランダ代表でもアシスタントとしてともに仕事をしていた。解任は「驚き」だったとそのブリント監督が語ったとして、イギリス『ミラー』が伝えた。<br><br>「私はほかの多くの者たちより状況をよく把握していた。私が言えるのは、彼の退任は驚きだったということだ。彼には同情しているよ。こんなことになるのはふさわしくなかったからね」<br><br>「監督である我々全員が、キャリアのどこかの段階で解任に直面することになると分かっている。どの監督にも起こることだ。今回のケースについては、非常に残念なことだと思う。どういう形でこの解任が行われたのか知っているが、あるべき形ではなかったよ」<br><br>&nbsp;<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.24 18:37 Tue
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース