柏のFW工藤壮人がMLS挑戦についてコメント「『世界』を感じたいと思っていた」2015.12.30 16:40 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽柏は30日、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のバンクーバー・ホワイトキャップスへの移籍が合意したFW工藤壮人(25)のコメントを発表した。なお、工藤の移籍についてはメディカルチェック後に正式契約となる。

▽柏の下部組織出身の工藤は、2009年にトップデビューすると在籍7シーズンでリーグ戦162試合に出場、56ゴールを記録。今季もリーグ戦全試合に出場し10ゴールを記録していた。

▽工藤はクラブを通じ、柏への想いをコメント。クラブ・ワールドカップやACLなどを経験したことで「日常的に毎日、もうひとつ上のステージ、『世界』を感じたいと、特にこの2、3年前から思っていました」と世界でプレーすることを考えていたことを明かし、バンクーバー・ホワイトキャップスからオファーがあったことも明かした。

「ホームの日立台やスタジアムなど大勢のサポーター皆さんの前で報告ができればよかったのですが、それができず申し訳ないと思っています。なるべく早く、レイソルを支えてくれている皆さんに伝えたかったのですが、移籍の手続きなどに時間がかかり、天皇杯後の発表となってしまったことをご理解いただければと思います」

「この柏レイソルでいろんな経験をしてきたなかで、J1を優勝してクラブワールドカップやACLという世界の大会を戦い、世界を肌で感じたことによって、日常的に毎日、もうひとつ上のステージ、『世界』を感じたいと、特にこの2、3年前から思っていました。ただ、なかなかオファーをもらうまではいかなかったのですが、今回は必要とされて、オファーをいただき、純粋に行きたいと思いました。長く柏レイソルでプレーしたことを誇りに思っているし、でも環境を変えて僕自身新たなチャレンジをしたいと思い、移籍を決断しました。自分の直感を信じて、頑張ってきたいと思います」

「10歳からレイソルのエンブレムを着け、試合や練習など、毎日行動してきたので、レイソルから離れるという実感はまだ沸いてこないですが、生半可な気持ちで決断したわけではないですし、レイソルに戻ってくるというような保険をかけるようなことは言いたくない。僕が向こうで活躍し結果を出し、またレイソルから『工藤が欲しい』と言ってもらえるような選手になっていたいです。今回ゴールを獲ってほしいということでオファーを受けましたし、ゴールを獲るということにこれまで以上に大きな気持ちと力を出していかないと確実に成功できないと思っています。より貪欲にアグレッシブに、また変わった工藤壮人を見せていきたいです」

「バンクーバーに行っても、僕自身のなかから柏レイソルというクラブがなくなるわけではないですし、遠くからになりますが、もちろんこれからのレイソルを応援しています。レイソルも成長してすばらしいクラブになって、僕も新天地で成長し、また工藤を欲しいと言ってもらえるような選手になりたいし、お互い成長していけたらと思っています。サポーターの皆さんをはじめ、これまで僕を支えてくれた皆さんに本当に感謝しています。応援、本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

長崎、勢い止まらず! 今季初先発の平松J1初弾死守で柏を下し3試合連続完封勝利!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第9節のV・ファーレン長崎vs柏レイソルが22日にトランスコスモススタジアム長崎で行われ、1-0で長崎が勝利した。 ▽ここまで2勝2分け4敗で15位に位置する長崎(勝ち点8)と、3勝2分け3敗で10位につける柏(勝ち点11)の一戦。前節のガンバ大阪戦を3-0で勝利して、前々節のリーグ戦初勝利に続いて連勝を飾った長崎は、その一戦から先発メンバーを1名のみ変更。累積警告により出場停止となったファンマに代えて今シーズン初先発の平松を起用した。 ▽一方、前節の北海道コンサドーレ札幌戦に敗れて不安定な戦いが続く柏は、その一戦から先発メンバーを2人変更。GK桐畑と中川に代えて、GK中村とクリスティアーノを起用した。 ▽今節唯一の日曜開催となった一戦。試合はホームの長崎が思わぬ形からチャンスを迎える。3分、後方からのロングボールを対応しようとした柏の大谷が空振り。すかさず反応した田上がボックス右に侵攻し、思い切りよく右足を振り抜いたが、シュートは枠の外へと逸れた。 ▽ヒヤリとする場面を迎えた柏も直後、一本のパスでクリスティアーノが左サイドへ抜け出す。自陣から敵陣ボックス左へと侵攻して左足でシュートを放つも、こちらもゴールの上を通過した。 ▽時間の経過と共にジワジワと柏が攻勢を強める。27分、クリスティアーノの右CKがファーサイドまで届くと、混戦の中からゴール前左の中谷がシュート。これはブロックされたが、長崎DFのクリアが中途半端になり、中央のボックス内に少し入った位置でボールを拾った中山がボレーシュートを放つも枠を捉えることができない。 ▽ボックス付近への侵攻回数は増加したものの、長崎の粘りのディフェンスに苦戦する柏。35分にはボックス左手前の中山がボックス内へパスを送る。伊東 が相手DFを背負いながら反転してシュートを放つが、ここも相手DFのブロックに遭い、シュートはゴール右外へと外れた。 ▽ゴールレスで折り返して迎えた後半、ここまで押し込まれながらも耐え続けた長崎がセットプレーから先制に成功する。50分、ボックス左手前でFKを獲得すると、キッカーの中原がクロスを選択。ゴール前で平松が頭で合わせると、ボールは体を投げ出して止めようとしたGK中村航輔の股を抜いてゴールへ突き刺さった。 ▽今シーズン初の先発起用に応える平松のJ1初ゴールで先制点を奪った長崎。対して、追う立場となった柏はすぐさま攻勢に転じる。59分、亀川のクロスがファーサイドに流れ、伊東の落としを大谷がミドルシュート。しかし、相手DFに引っかかってしまう。 ▽さらに柏は60分、右サイドからのクロスをファーサイドでフリーになっていたキム・ボギョンがダイレクトで左足を合わせる。それでもGK徳重の好守に阻まれ、長崎のゴールネットを揺らすことができない。 ▽時間が刻々と過ぎる中、柏にビッグチャンスが訪れる。80分、最終ラインでボールを持った長崎の田上にキム・ボギョンがチェイス。それに伊東、ハモン・ロペスが続き、伊東が奪ってボールを拾ったハモン・ロペスがGK徳重と一対一。しかし、シュートは枠を捉えることができず。この際、懸命に戻った田上の足がハモン・ロペスの足に掛かったようにも見えたが、ノーファウルの判定が下された。 ▽最後まで平松のゴールを死守した長崎が1-0で勝利し、リーグ戦3試合連続完封で3連勝を飾った。一方の柏は今シーズン初のリーグ戦連敗を喫した。 2018.04.22 17:58 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】対照的な両者、勝るのは“勢い”か“経験”か《長崎vs柏》

▽22日、明治安田生命J1リーグ第9節が開催。トランスコスモススタジアム長崎では、V・ファーレン長崎vs柏レイソルが行われる。 <span style="font-weight:700;">◆勢いか経験か</span> ▽ホームの長崎はJ1の厳しさを開幕から痛感。しかし、第7節の清水エスパルス戦でクラブ史上初となるJ1での白星を挙げると、前節はホームでガンバ大阪を圧倒し3-0で勝利。連勝を飾った。 ▽対する柏は、ここまで3勝。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は最終節を前に敗退が決定すると、リーグ戦でも結果が出ず。前節もホームで北海道コンサドーレ札幌に1-2で敗れていた。 ▽3連勝を目指す長崎に対し、連敗を避けたい柏。J1の経験値は大きく異なるが、今節勝利を掴むのは。 <span style="font-weight:700;">◆内容が結果に繋がり出す</span>〜V・ファーレン長崎〜 ▽前述の通り、初勝利から連勝中の長崎。開幕から結果が出なかったものの、第6節のFC東京戦(2-5)を除いては1点差以内の試合と、悲観する内容ではなかった。 ▽システムも3バックは変わらないものの、2トップを採用し、これがハマりつつある状況。得点が奪えている状況を考えると、3連勝も不可能ではない。 ▽今節は昨シーズンのチーム得点王であるFWファンマが出場停止となるが、攻撃陣に不安はないだろう。 <span style="font-weight:700;">◆噛み合わない歯車を直せるか</span>〜柏レイソル〜 ▽一方の柏は、前節のホームゲームで敗戦。ミッドウィークに行われたACLでも打ち負けており、流れに乗ることができていない。 ▽第2節の横浜F・マリノス戦こそクリーンシートを達成したものの、その後は毎試合失点。昨シーズンは爆発力を見せることもあった攻撃陣も、リーグ戦では2得点が最多と不完全燃焼の状態だ。 ▽試合中のミスも散見され、コンビネーションが噛み合わないシーンも見られる。チームとしてズレが見られる歯車を合わせることができるのか。連敗は避けたい。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆V・ファーレン長崎</span>[3-4-1-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/preview20180420_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:徳重健太 DF:徳永悠平、高杉亮太、田上大地 MF:飯尾竜太朗、中原彰吾、黒木聖仁、翁長聖 MF:澤田崇 FW:鈴木武蔵、中村慶太 監督:高木琢也 ▽3連勝を目指す長崎は、ミッドウィークのYBCルヴァンカップからメンバーを変えてくるだろう。出場停止のファンマの代わりには、鈴木武蔵を起用。それ以外は、前節のG大阪戦と同じ布陣になると予想する。 <span style="font-weight:700;">◆柏レイソル</span>[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/preview20180420_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:桐畑和繁 DF:小池龍太、中谷進之介、パク・ジョンス、ユン・ソギョン MF:キム・ボギョン、大谷秀和、 MF:伊東純也、江坂任、亀川諒史 FW:クリスティアーノ 監督:下平隆宏 ▽連敗を避けたい柏は、前節の札幌戦から1名を変更すると予想。MF中川寛斗に代えて、クリスティアーノが復帰すると見る。トップ下にはMF江坂任が入ると見るが、中川が前節に続いて先発する可能性もある。その他のメンバーは、継続して起用するだろう。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆FW鈴木武蔵</span>(V・ファーレン長崎)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/preview20180420_1_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽3連勝を目指す長崎の注目選手は、FW鈴木武蔵だ。アルビレックス新潟から今シーズン加入した鈴木は、先発した4試合のうち3試合でゴール。ホームゲームでも2試合で得点を奪っている。今節はファンマが不在となるだけに、先発が濃厚。ゴールに期待が懸かる。 <span style="font-weight:700;">◆MFキム・ボギョン</span>(柏レイソル)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/preview20180420_1_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽柏の注目選手は、MFキム・ボギョンだ。ボランチの一角に入るキム・ボギョンだが、ゲームメーカーとしての役割もしっかりと果たしている。前線との連動で、キム・ボギョンがいかに顔を出せるか。ボランチながら、ボックス付近でもプレー機会が増えれば、攻撃面で圧倒できるだろう。 <span style="font-weight:700;">◆対照的な両者</span> ▽チーム状態は対照的だ。勢いに乗っている長崎は、チームとしてJ1の戦い方に慣れつつある。その中で結果を残し、調子が悪いとはいえG大阪相手に3得点を奪ったことは大きな自信となったはずだ。 ▽対する柏は、離脱していた負傷者が復帰。守護神であるGK中村航輔がトレーニングに復帰。昨シーズン鮮烈なデビューも右ヒザの重傷を負ったMF手塚康平も復帰した。ケガ人の復帰を契機に、しっかりとチームを立て直せるか。公式戦連敗中の苦しい状況を脱したい。 ▽対照的なチーム状態の両者。試合は22日(日)の16時にキックオフを迎える。 2018.04.21 21:30 Sat
twitterfacebook
thumb

瀬川の移籍後初ゴールも天津権健に打ち負けた柏、わずか1勝で大会を去ることに《ACL》

▽柏レイソルは18日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループE最終節でアウェイで天津権健と対戦し、2-3で敗れた。 ▽すでにグループステージ敗退が決まっている柏は、控えメンバーを中心に起用。主力組からは中谷やパク・ジョンス、小泉などが先発に名を連ねた。 ▽オープニングシュートは柏。6分に味方の浮き球パスをゴール前で瀬川がダイレクトで合わせたが枠の上に越えてしまう。天津権健も13分、左サイドのクロスをパトが頭で合わせゴールに迫るも、こちらも枠を捉えることができない。 ▽多少押され気味の柏ではあったが、17分にハモン・ロペスがボックス左からゴールに迫るなど隙を見ては効率よく得点を狙いに行く。 ▽だが、試合を動かしたのは天津権健だった。24分、左サイドからのFKをジャオ・シュリが頭で繋ぐとクォン・ギョンウォンの折り返しを自ら押し込んで先制点を奪った。 ▽天津権健は30分にも、再び左サイドを起点にジャオ・シュリがセンタリングからヘディングシュートを放つと、GKが弾いたボールをダイレクトで蹴り込み2点目。柏は6分間で2失点を喫してしまった。 ▽それでも柏は39分、自陣でボールを奪った小泉がカウンターを発動。ハモン・ロペスにボールを預けると、ハモン・ロペスはボックス中央から狙いすましたシュートを放つ。左ポストに跳ね返ったこぼれ球を小泉が押し込んで柏が1点差に詰め寄った。 ▽迎えた後半、柏は瀬川がゴールの左を掠めるシュートを放つなど積極的な入りを見せる。しかし、天津権健に一発で流れを引き留められてしまう。64分、右サイドのチュ・ジンジャオのクロスをヤン・シュウに頭で叩き込まれてしまい再び2点差に。 ▽それでも今日の柏は粘り強さを見せる。69分、敵陣中央から細貝がゴール前へロングボールを放り込むと、今井が頭で折り返す。そこに反応した瀬川が押し込み2-3とした。 ▽その後、試合終盤にかけて押し込んだ柏だったが、同点に追いつくまでには至らず敗戦。3年ぶりのACLはわずか1勝を得るに留まった。 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">天津権健 3</span>-2 柏レイソル 【天津権健】 ジャオ・シュリ(前24、前30) ヤン・シュウ(後19) 【柏】 小泉慶(前39) 瀬川祐輔(後24) 2018.04.18 22:38 Wed
twitterfacebook
thumb

またもやエースの一撃! 宮吉&三好躍動の札幌、都倉の3戦連発逆転弾で3連勝! 《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第8節の柏レイソルvs北海道コンサドーレ札幌が14日に三協フロンテア柏スタジアムで行われ、札幌が2-1で逆転勝利を収めている。 ▽ここまで3勝2分け2敗で7位につける柏(勝ち点11)と、3勝2分け2敗で札幌(勝ち点11)が激突した。前節のサガン鳥栖戦を2-1で勝利して2試合ぶり白星を飾った柏は、その一戦から先発メンバーを2人変更。小泉とクリスティアーノに代えて大谷と江坂を起用した。 ▽一方、前節の湘南ベルマーレ戦を1-0で勝利して今季初の連勝を飾った札幌は、その一戦から先発メンバーを3人変更。福森と宮澤、チャナティップに代えて石川と兵藤、宮吉を起用した。 ▽試合はホームの柏が立ち上がりから攻勢に出る。5分、右サイドからカットインした伊東からパスを受けたキム・ボギョンがボックス右にスルーパス。斜めに走り込んだ亀川が右足でシュートを放つも、ここはGKク・ソンユンに阻まれる。 ▽それでも柏は9分、江坂のパスを受けた亀川がボックス左で鋭い切り返しから対峙した駒井の転倒を誘発。そのまま右足を振り抜くと、相手DFの足に当たってゴールへ吸い込まれた。 ▽早い時間帯に先制点を許した札幌だったが、すぐさま反撃。13分、ボックス右外で三好がパスを受けると、左足でクロスを供給する。これを中央に走り込んだ初先発の宮吉が頭でゴール左隅へ流し込み、1-1と試合を振り出しに戻す。 ▽1点ずつを取り合うと、両者の攻防は徐々に激しさを増す。札幌は19分、ボックス右でボールを持った菅が対峙した2人の間を突破しようと試みる。最後はゴール前右にこぼれたボールを詰めていた三好が右足でシュートを放つも、GK桐畑の好守に阻まれてしまい、逆転とはならない。 ▽桐畑のセーブに助けられた柏は31分、ボックス右に走り込んだキム・ボギョンのクロスをニアサイドの中川がヘディングシュート。しかし、右ポストに当たり、江坂のシュートも相手DFに阻まれてゴールとはならなかった。 ▽1-1で試合を折り返すと、後半開始早々に札幌が柏を脅かす。47分、ボックス右外で駒井が縦への仕掛けからクロスを供給。中央でフリーとなった宮吉がジャンピングボレーを放つが、GK桐畑に弾かれる。こぼれ球を都倉が押し込もうとしたが、シュートはわずかにゴール右へと外れた。 ▽その後、札幌は三好、駒井の積極的な仕掛けから柏守備陣を悩ませる。対する柏は64分、江坂に代えてクリスティアーノを投入して攻撃の活性化を図る。 ▽それでも柏の攻撃にしっかりと対応する札幌は79分、兵藤からの左CKを中央の石川がヘディングで合わせる。これがゴール右を捉えるも、GK桐畑が横っ飛びセーブ。逆転ゴールを許さない。 ▽それでも札幌は87分、都倉の左サイドからのクロスがファーサイドに流れると、三好がキープ。左足での浮き球クロスを都倉が頭で合わせてゴール右へ。エースの3試合連続ゴールで札幌が2-1と逆転に成功する。 ▽その後、札幌は最後まで柏の攻撃を許さずに試合終了。初先発の宮吉、エース・都倉のゴールで逆転勝利を収めて3連勝を飾った。 2018.04.14 16:06 Sat
twitterfacebook
thumb

柏が鳥栖の猛攻を凌ぎ切りアウェイで初勝利! 鳥栖はゴールが遠く連敗《J1》

▽11日、明治安田生命J1リーグ第7節のサガン鳥栖vs柏レイソルがベストアメニティスタジアムで行われ、1-2で柏が勝利した。 ▽中3日の鳥栖と、中2日の柏の対戦。鳥栖は1名だけ変更。ビクトル・イバルボに代えて、趙東建を起用。その他のメンバーは前節のセレッソ大阪と同じとなった。 ▽一方の柏は4名を変更。MF中川寛斗、DF亀川諒史がリーグ戦初先発。さらに、DFパク・ジョンス、MF小泉慶が先発した。 ▽試合は1分、原川が右に展開すると、右サイドを駆け上がった小林がそのままクロス。これは小池が対応してCKとなる。このCKから鳥栖は波状攻撃を仕掛けるも、柏がしっかりと対応する。 ▽柏は3分、中谷からのフィードを駆け上がった小池がトラップ。そのままキム・ミンヒョクをかわしクロスを上げるも、DFがクリアする。 ▽さらにCKが続くと、サインプレーからクリスティアーノのクロスを伊東がヘッド。これを中川が押し込むも、福田がブロックする。 ▽攻勢を強める柏は7分、亀川がボックス左からグラウンダーのパス。これをキム・ボギョンが、ボックス内で1つ持ち出し、そのまま左足で豪快にシュート。柏が先制に成功する。 ▽1点を追う鳥栖は13分、FKを獲得。原川がクロスを入れると、ファーサイドで田川が合わせるも、シュートは枠の左に外れる。 ▽20分には鳥栖がチャンス。趙東建のパスに抜け出た小野が競り合いながらボックス内に侵入。しかし、わずかに届かず、中谷に対応されてしまう。 ▽徐々に鳥栖がペースを握り始める中柏は37分、パク・ジョンスからのロングフィードをキム・ボギョンが右サイドでダイレクトでマイナスのパス。これを亀川が左足でシュート。キックミスとなるも、最後は中川が滑り込みながら合わせ、柏が追加点を奪う。 ▽柏が2点リードして迎えた後半、鳥栖は攻勢を強めていく。57分、ショートコーナーから原川がクロス。高橋秀が頭で触れると、高橋祐が飛び込むもわずかに合わない。 ▽鳥栖は59分、浮き球のパスをボックス内で受けた田川がシュート。しかし、GK桐畑がセーブし、ゴールが遠い。柏は61分、中川が左サイドからゴール前にクロス。伊東がわずかに届かなかったが、GK権田がセーブする。 ▽鳥栖は70分、左CKを獲得。原川のクロスが流れると、田川がシュート。これはGK桐畑がセーブするも、こぼれ球を小野が詰め込むも、中谷がブロック。小野は手に当たったと抗議するも、認められない。 ▽ペースを握る鳥栖の攻撃は75分に実る。ボックス外右から安庸佑がクロス。これをボックス内中央で待ち構えた小野がダイレクトボレー。これがネットを揺らし、1点差に詰め寄る。 ▽その後も鳥栖が攻勢を強め、柏ゴールを目指すもあと1点が遠い。アディショナルタイムには趙東建が入れ替わろうとするも、ファウルを取られてしまう。結局、そのまま試合は終了。柏がリードを守り切り、1-2で勝利。敗れた鳥栖は連敗となった。 2018.04.11 22:00 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース