柏のFW工藤壮人がMLS挑戦についてコメント「『世界』を感じたいと思っていた」2015.12.30 16:40 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽柏は30日、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のバンクーバー・ホワイトキャップスへの移籍が合意したFW工藤壮人(25)のコメントを発表した。なお、工藤の移籍についてはメディカルチェック後に正式契約となる。

▽柏の下部組織出身の工藤は、2009年にトップデビューすると在籍7シーズンでリーグ戦162試合に出場、56ゴールを記録。今季もリーグ戦全試合に出場し10ゴールを記録していた。

▽工藤はクラブを通じ、柏への想いをコメント。クラブ・ワールドカップやACLなどを経験したことで「日常的に毎日、もうひとつ上のステージ、『世界』を感じたいと、特にこの2、3年前から思っていました」と世界でプレーすることを考えていたことを明かし、バンクーバー・ホワイトキャップスからオファーがあったことも明かした。

「ホームの日立台やスタジアムなど大勢のサポーター皆さんの前で報告ができればよかったのですが、それができず申し訳ないと思っています。なるべく早く、レイソルを支えてくれている皆さんに伝えたかったのですが、移籍の手続きなどに時間がかかり、天皇杯後の発表となってしまったことをご理解いただければと思います」

「この柏レイソルでいろんな経験をしてきたなかで、J1を優勝してクラブワールドカップやACLという世界の大会を戦い、世界を肌で感じたことによって、日常的に毎日、もうひとつ上のステージ、『世界』を感じたいと、特にこの2、3年前から思っていました。ただ、なかなかオファーをもらうまではいかなかったのですが、今回は必要とされて、オファーをいただき、純粋に行きたいと思いました。長く柏レイソルでプレーしたことを誇りに思っているし、でも環境を変えて僕自身新たなチャレンジをしたいと思い、移籍を決断しました。自分の直感を信じて、頑張ってきたいと思います」

「10歳からレイソルのエンブレムを着け、試合や練習など、毎日行動してきたので、レイソルから離れるという実感はまだ沸いてこないですが、生半可な気持ちで決断したわけではないですし、レイソルに戻ってくるというような保険をかけるようなことは言いたくない。僕が向こうで活躍し結果を出し、またレイソルから『工藤が欲しい』と言ってもらえるような選手になっていたいです。今回ゴールを獲ってほしいということでオファーを受けましたし、ゴールを獲るということにこれまで以上に大きな気持ちと力を出していかないと確実に成功できないと思っています。より貪欲にアグレッシブに、また変わった工藤壮人を見せていきたいです」

「バンクーバーに行っても、僕自身のなかから柏レイソルというクラブがなくなるわけではないですし、遠くからになりますが、もちろんこれからのレイソルを応援しています。レイソルも成長してすばらしいクラブになって、僕も新天地で成長し、また工藤を欲しいと言ってもらえるような選手になりたいし、お互い成長していけたらと思っています。サポーターの皆さんをはじめ、これまで僕を支えてくれた皆さんに本当に感謝しています。応援、本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

柏MF武富孝介に第二子となる長男誕生

▽柏レイソルは21日、MF武富孝介に第二子となる長男が21日に誕生したことを発表した。 ▽武富は2015年に柏に加入。昨シーズンの明治安田生命J1リーグでは26試合に出場し、3ゴール5アシストを記録した。 2017.02.21 16:22 Tue
twitterfacebook
thumb

「勝利の女神」就任の倖田來未、鳥栖のホーム開幕戦で国歌独唱

▽サガン鳥栖は19日、25日にホームで開幕する明治安田生命J1リーグ第1節の柏レイソル戦で、女性歌手の倖田來未さんによる国歌独唱を発表した。 ▽今シーズンからスペシャルサポーター「勝利の女神」に就任した倖田さんは、選手入場後にメインスタンド側のピッチ中央で国歌独唱の予定。その他、倖田さんと鳥栖のコラボレーション企画として、オリジナルグッズが販売されるという。 ▽倖田さんは昨シーズン、鳥栖にサイン入りのフラッグを贈呈した他、「93(くみ)シート」で佐賀県内の児童クラブに通う子供を招待するなどの活動を展開している。 2017.02.21 12:20 Tue
twitterfacebook
thumb

【2017 J1チーム診断】魅惑のカルテット+日立台育ちの若き力で悲願へ《柏レイソル》

▽25日、2017シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎える。今シーズンは優勝賞金や分配金などクラブへ直接的に影響する部分で大幅な見直しが行われたことで、高みを目指した戦いにこれまで以上の激化が必至だ。 ▽開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全18クラブを診断。今シーズンの展望や注目選手をピックアップした。若い力で上位戦線への名乗りを上げる柏レイソル編をお届けする。 <span style="font-weight:700;">◆目標は悲願のACL出場権獲得</span> ▽下平隆宏体制2年目となる今シーズンの目標は、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場圏内のトップ3フィニッシュ。「若手の成長が最大の補強」と話す下平監督は、今シーズンもホームの日立台で育ったアカデミー出身選手の台頭に期待を寄せており、方針転換することはない。その中で、目標達成のための補強として、FWハモン・ロペスやDFユン・ソギュン、DF小池龍太らを獲得。中でも、ハモン・ロペスにおいては、FWクリスティアーノ、FWディエゴ・オリヴェイラ、MF伊東純也の既存メンバーと形成するカルテットとして、大きな注目が集まるところだ。カルテット+アカデミー出身選手の活躍で、スローガン「柏から世界へ」の実現を狙う。 <span style="font-weight:700;">◆2017シーズンの注目ポイント</span> ▽若く大きな可能性を秘めたチーム構成だが、全体的に選手層が薄い。今冬に攻撃陣の補強に成功したものの、MF茨田陽生、MF秋野央樹ら両コンダクターの穴を埋める補強はなし。したがって、今シーズンも、昨年のDF中山雄太やMF小林祐介、GK中村航輔らのように、アカデミーで育ったヤングガンズのシーズン中の台頭がポイントになりそうだ。とはいえ、昨シーズンのように、若手中心のメンバー構成がゆえのシーズン中の浮沈は避けたいところ。シーズンを通じて、安定した戦いを見せられるかが焦点になる。 <span style="font-weight:700;">◆予想フォーメーション[4-4-2] </span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170220_kashiwa_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:中村航輔 DF:<span style="font-weight:700;color:#CC0000;">小池龍太</span>、中谷進之介、中山雄太、輪湖直樹 MF:伊東純也、小林祐介、大谷秀和、クリスティアーノ FW:<span style="font-weight:700;color:#CC0000;">ハモン・ロペス</span>、ディエゴ・オリヴェイラ ▽先述のカルテットを同時起用するのであれば、[4-4-2]。ただし、下平監督は[4-3-3]を基本フォーメーションとして常用していることから、対戦相手に応じてシステムを使い分けてくるはずだ。また、下平監督の頭の中に、固定システムは存在せず、状況に応じて臨機応変に[3-4-3]や[4-4-2]を駆使。そのため、選手たちは今シーズンも共通意識と戦術理解度が求められる。 <span style="font-weight:700;">◆期待の新戦力</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170220_kashiwa_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>FWハモン・ロペス(ブラジル) 1989年8月7日(27歳) 2016シーズン(J1):32試合10得点 ▽スピード、パワー、テクニックを兼ね備えたゴールゲッター。昨シーズンのベガルタ仙台でキャリアハイの明治安田生命J1リーグ10ゴールを記録したJリーグ屈指の優良助っ人だ。しかし、ここまでの練習試合や、ちばぎんカップなどでのプレーを見る限り、新天地で新たなチームメートとの連係面や戦術の浸透に時間を要する様相。クリスティアーノ、ディエゴ・オリヴェイラ、伊東のトリデンテと噛み合った攻撃には、大きな魅力と破壊力が見込めるだけに、早い段階でチームにフィットしたいところだ。 <span style="font-weight:700;">◆キープレーヤー</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170220_kashiwa_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>FWクリスティアーノ(ブラジル) 1987年1月12日(30歳) 2016シーズン(J1):34試合16得点 ▽今シーズンも男に懸かる期待は大きい。昨シーズン途中に日立台へと帰還し、ヴァンフォーレ甲府時代を含めて、キャリアハイの明治安田生命J1リーグ34試合16ゴールをマーク。パワフルな突破と強烈なシュートでファンを沸かせ、若い選手が多く、試合運びに難があるチームに多くの勝利をもたらした。言わずもがな、今シーズンは開幕から柏の選手として戦えるだけに、躍動感溢れるパフォーマンスぶりで昨シーズン以上に日立台を明るく照らしたい。 2017.02.20 16:32 Mon
twitterfacebook
thumb

柏、2大会ぶりのちばぎんカップ優勝…クリスティアーノ1G1Aで千葉撃破《Jリーグプレシーズンマッチ》

▽11日に日立柏サッカー場で行われた2017Jリーグプレシーズンマッチ、第22回ちばぎんカップの柏レイソル(J1)vsジェフユナイテッド千葉(J2)は、2-0で柏が勝利した。 ▽柏は[4-4-2]のシステムを採用し、サイドハーフには右から伊東、クリスティアーノ、2トップにFWハモン・ロペスとオリヴェイラを配置。一方の千葉は[3-5-2]のシステムを採用し、2トップに船山と清武を並べた。 ▽前半をゴールレスで終えた試合は、60分に動く。右サイドを突破した伊東のクロスに飛び込んだハモン・ロペスがダイビングヘッド。これは空振りに終わったものの、流れたボールに反応したクリスティアーノが豪快に左足で叩き込み、柏が先制する。 ▽続く63分には柏が追加点。後方からのロングボールをクリスティアーノが頭で流すと、そのままボックス内に侵攻したディエゴ・オリヴェイラがしっかりとこの決定機をモノにし、柏が千葉を引き離した。 ▽その後、反撃に出た千葉だったが、交代カードを使い切った中で若狭が負傷。10人での戦いを余儀なくされてしまう。結局、クリスティアーノの1ゴール1アシストの活躍より、千葉を下した柏が2大会ぶりの優勝を果たしている。 柏レイソル 2-0 ジェフユナイテッド千葉 【柏レイソル】 クリスティアーノ(60分) ディエゴ・オリヴェイラ(63分) 2017.02.11 16:51 Sat
twitterfacebook
thumb

【2017Jリーグ補強診断】前線豪華もMF田口泰士の獲得失敗で中盤補強ゼロ《柏レイソル》

▽2月25日に開幕を迎える2017シーズンの明治安田生命J1リーグ。3年ぶりの1シーズン制が復活となり、全18チームがタイトルを目指してしのぎを削る。開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全クラブの補強を診断。2011年以来2度目のJ1制覇を狙う柏レイソル編をお届けする。 <span style="font-weight:700;">◆相次いだ実力者の退団</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170202reysol_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>【OUT】 GK 稲田康志(31)→アルビレックス新潟/完全 DF 山中亮輔(23)→横浜F・マリノス/完全 増嶋竜也(31)→ベガルタ仙台/期限付き 湯澤聖人(23)→京都サンガF.C./期限付き エドゥアルド(23)→川崎フロンターレ/完全 MF 秋野央樹(22)→湘南ベルマーレ/期限付き 茨田陽生(25)→大宮アルディージャ/完全 太田徹郎(27)→サガン鳥栖/完全 FW 田中順也(29)→ヴィッセル神戸/完全 木村裕(22)→V・ファーレン長崎/完全<hr>▽DF山中亮輔やMF茨田陽生、MF秋野央樹、FW田中順也ら実力者が相次いで流失。新加入組と比較しても、退団者の顔ぶれが際立つ。 <span style="font-weight:700;">◆補強診断</span>(★5つが最高) <span style="color:#FF0000;font-weight:700;">★★</span>☆☆☆ ▽今冬の補強で一部ポジションに関して、適材適所のピンポイントを敢行。しかし、名古屋グランパスに所属するMF田口泰士の獲得失敗により、最終的には後味の悪い移籍動向となった印象だ。 <span style="font-weight:700;">◆両SBに新顔【GK&DF】</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170202reysol_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>【IN】 小池龍太(21)←レノファ山口FC/完全 古賀太陽(18)←柏レイソルU-18/昇格 橋口拓哉(22)←流通経済大学/新加入 ユン・ソギョン(26)←ブレンビーIF/完全<hr>▽昨シーズンを通じて、適任者不在だった右サイドバックとして、運動量に定評のあるDF小池龍太を獲得できたのは大きい。さらに、左サイドバックの韓国代表DFユン・ソギョンを引き入れるなど効果的な補強を行った。 <span style="font-weight:700;">◆新戦力ゼロ【MF】</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170202reysol_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>【IN】 主な補強なし<hr>▽単純にMF登録の新戦力もいないことから、戦力ダウンは必至。とりわけ、茨田や秋野の退団者に代わるパサーとして接触が噂されていた田口の獲得失敗により、司令塔タイプの選手が見当たらない点は気がかりだ。 <span style="font-weight:700;">◆J屈指の攻撃陣形成【FW】</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170202reysol_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>【IN】 ハモン・ロペス(27)←ベガルタ仙台/完全 大島康樹(20)←カターレ富山/期限付き移籍から復帰<hr>▽昨シーズンのリーグ戦で10ゴールを記録したFWハモン・ロペスの加入はポジティブなニュースの1つ。FWクリスティアーノ、FWディエゴ・オリヴェイラ、FW伊東純也によるアタッカー陣の顔ぶれはJリーグ屈指だ。 2017.02.02 20:17 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース