柏のFW工藤壮人がMLS挑戦についてコメント「『世界』を感じたいと思っていた」2015.12.30 16:40 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽柏は30日、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のバンクーバー・ホワイトキャップスへの移籍が合意したFW工藤壮人(25)のコメントを発表した。なお、工藤の移籍についてはメディカルチェック後に正式契約となる。

▽柏の下部組織出身の工藤は、2009年にトップデビューすると在籍7シーズンでリーグ戦162試合に出場、56ゴールを記録。今季もリーグ戦全試合に出場し10ゴールを記録していた。

▽工藤はクラブを通じ、柏への想いをコメント。クラブ・ワールドカップやACLなどを経験したことで「日常的に毎日、もうひとつ上のステージ、『世界』を感じたいと、特にこの2、3年前から思っていました」と世界でプレーすることを考えていたことを明かし、バンクーバー・ホワイトキャップスからオファーがあったことも明かした。

「ホームの日立台やスタジアムなど大勢のサポーター皆さんの前で報告ができればよかったのですが、それができず申し訳ないと思っています。なるべく早く、レイソルを支えてくれている皆さんに伝えたかったのですが、移籍の手続きなどに時間がかかり、天皇杯後の発表となってしまったことをご理解いただければと思います」

「この柏レイソルでいろんな経験をしてきたなかで、J1を優勝してクラブワールドカップやACLという世界の大会を戦い、世界を肌で感じたことによって、日常的に毎日、もうひとつ上のステージ、『世界』を感じたいと、特にこの2、3年前から思っていました。ただ、なかなかオファーをもらうまではいかなかったのですが、今回は必要とされて、オファーをいただき、純粋に行きたいと思いました。長く柏レイソルでプレーしたことを誇りに思っているし、でも環境を変えて僕自身新たなチャレンジをしたいと思い、移籍を決断しました。自分の直感を信じて、頑張ってきたいと思います」

「10歳からレイソルのエンブレムを着け、試合や練習など、毎日行動してきたので、レイソルから離れるという実感はまだ沸いてこないですが、生半可な気持ちで決断したわけではないですし、レイソルに戻ってくるというような保険をかけるようなことは言いたくない。僕が向こうで活躍し結果を出し、またレイソルから『工藤が欲しい』と言ってもらえるような選手になっていたいです。今回ゴールを獲ってほしいということでオファーを受けましたし、ゴールを獲るということにこれまで以上に大きな気持ちと力を出していかないと確実に成功できないと思っています。より貪欲にアグレッシブに、また変わった工藤壮人を見せていきたいです」

「バンクーバーに行っても、僕自身のなかから柏レイソルというクラブがなくなるわけではないですし、遠くからになりますが、もちろんこれからのレイソルを応援しています。レイソルも成長してすばらしいクラブになって、僕も新天地で成長し、また工藤を欲しいと言ってもらえるような選手になりたいし、お互い成長していけたらと思っています。サポーターの皆さんをはじめ、これまで僕を支えてくれた皆さんに本当に感謝しています。応援、本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

ジェイ全得点演出の札幌が柏に3発快勝!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第29節、北海道コンサドーレ札幌vs柏レイソルが14日に行われ、3-0で札幌が勝利した。 ▽代表ウィークを挟んで2週間ぶりに再開されたJ1リーグ。残留に向けて是が非でも勝ちが欲しい14位の札幌(勝ち点28)は、前節のサンフレッチェ広島戦からチャナティップを代えて兵藤を起用。一方、優勝争いから振り落とされないためにも、こちらも勝ち点3が欲しい3位の柏(勝ち点53)は前節の甲府戦から武富、キム・ボギョンに代わり、鎌田、ディエゴ・オリヴェイラが先発に名を連ねた。 ▽試合序盤は地力で勝る柏が優勢に試合を運ぶ。だが、先に試合を動かしたのはホームの札幌だった。15分、左サイドの荒野がゴール前へ長いパスを送ると、相手DFに競り勝ったジェイが頭で折り返す。そこに飛び込んだ宮澤が右足で押し込み、先制弾をもぎ取った。 ▽その後は一進一退の攻防が続く。札幌が26分にカウンターから都倉がゴールに迫れば、直後には柏もボックスに侵攻した伊東がシュートを浴びせる。そんな中、38分に右サイドのスローインからパスを受けた宮澤が深い位置からマイナスのクロスを送ると、ジェイが打点の高いヘディングで押し込み、札幌が2点目を挙げた。 ▽迎えた後半、2点を追う柏はハーフタイムに小池に代えて武富を投入。しかし、開始直後に札幌が突き放す。51分、敵陣中央の左サイドから石川がクロスを上げると、ファーサイドのジェイが頭で合わせ、札幌に3点目をもたらした。 ▽試合を決定づける3点目を奪った札幌だが、76分に兵藤を代えてチャナティップという攻撃的な選手を投入。柏も大谷に代えて、キム・ボギョンを投入し、点を奪いに行く。しかし、完全に守勢に入った札幌の壁は厚くなかなかシュートまで持ち込むことができない。札幌は増川や稲本をピッチに送り、試合を締めにかかる。 ▽5分のアディショナルタイムも終え、このまま試合終了。3-0で勝利した札幌が残留に向けて大きな勝ち点3を手にした。 2017.10.14 15:10 Sat
twitterfacebook
thumb

GK中村航輔、ハイチ戦出場に虎視眈々 「いつチャンスが来ても良いように」《キリンチャレンジカップ2017》

▽日本代表は7日、10日に日産スタジアムで行われるキリンチャレンジカップ2017のハイチ代表戦に向け、トレーニングを再開した。 ▽練習終了後、GK中村航輔(柏レイソル)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。次戦のハイチ戦での代表初となる先発出場に静かなる闘志を燃やした。 <span style="font-weight:700;">◆GK中村航輔</span>(柏レイソル) <span style="font-weight:700;">──現在の心境</span> 「勝利したことが一番良かった」 <span style="font-weight:700;">──次戦への出場に意欲</span> 「いつチャンスが来ても良いように準備している」 <span style="font-weight:700;">──ハイチ戦のイメージ</span> 「そこまでイメージはない」 <span style="font-weight:700;">──宿舎でのリラックス法</span> 「世代の近い選手もいるので、そこでリラックスしている」 <span style="font-weight:700;">──手倉森誠コーチからアドバイスは</span> 「特に、そういった話はない」 <span style="font-weight:700;">──円陣で監督は何を話していたのか</span> 「昨日の試合の反省と次の試合に向けてということ」 2017.10.07 15:15 Sat
twitterfacebook
thumb

交代拒否ドゥドゥが圧巻のゴラッソで古巣柏に10戦ぶり黒星与える! 連勝甲府が逆転残留に向け大きな勝ち点3《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第28節の柏レイソルvsヴァンフォーレ甲府が30日に日立柏サッカー場で行われ、アウェイの甲府が1-0で勝利した。 ▽9戦無敗で2位の川崎フロンターレと同勝ち点の3位に付ける柏(勝ち点53)が、前節7試合ぶりの白星を収めた16位の甲府(勝ち点24)をホームに迎えた一戦。前節、FC東京に快勝の柏は、その試合の先発からユン・ソギョンに代えて、古賀を起用した以外同じメンバーを起用。一方、前節横浜F・マリノスに競り勝った甲府は、阿部に代えて松橋を起用した以外、こちらも同じメンバーを起用してきた。 ▽立ち上がりからボールを保持して押し込む柏に対して、甲府は粘り強い守備からドゥドゥ、リンスの個人技を生かしたロングカウンターでゴールを目指す。12分には松橋の左クロスのこぼれ球を小椋が拾って右足を振り抜くが、このシュートは惜しくも左ポストを叩く。 ▽一方、柏は21分に相手のミスパスをカットした右サイドの伊東のクロスをゴール前に飛び込んだクリスティアーノがダイビングヘッドで合わすが、これはわずかに枠の上。続く25分には小池のフィードに反応したクリスティアーノが強引な突破からボックス右でシュートを放つが、今度はGK河田の好守に遭い、先制点とはならず。 ▽前半半ばから終盤にかけては甲府のロングカウンターが機能し、ドゥドゥ、リンスに続けてボックス内で決定機が訪れるが、シュートがサイドネットを叩くなど、最後のところで決め切れず、前半はゴールレスで終了した。 ▽互いに選手交代なしで迎えた後半も引き続き拮抗した展開が続く。ホームで勝ち点3がほしい柏は、55分に左サイドをえぐった古賀のグラウンダーのクロスにクリスティアーノ、62分にはキム・ボギョンのお膳立てから武富がボックス中央でシュートを狙うが、いずれの決定機も先制点とはならず。 ▽一方、後半も攻守両面でインテンシティの高さを見せる甲府は格上相手に堂々と渡り合う。62分には敵陣中央のリンスが見事なドリブル突破からボックス内に持ち込み、トゥーキックでシュートを放つがこれはGK中村の好守に遭う。さらに、こぼれ球に田中が詰めるが、これも枠に飛ばせない。 ▽流れを変えたい柏ベンチは、65分に武富を下げてディエゴ・オリヴェイラを投入。76分にはボックス手前で得たFKを名手クリスティアーノが狙うが、わずかに枠の左。さらに78分には相手ボックス中央で判断を誤ったDFエデル・リマからボールを奪ったオリヴェイラが無人のゴールへシュートするが、これをクロスバーに当ててしまう。 ▽試合終盤にかけては柏が押し込む展開が続くが、古巣対戦で燃える甲府のエースが大仕事を果たす。76分過ぎに橋爪との交代を拒否していたドゥドゥは89分、ロングカウンターから相手陣内左サイドをドリブルで持ち上がる。そして、ボックス手前中央でDF中山との競り合いで一度はバランスを崩すも、豪快に右足インステップのシュートを放つと、これがゴール右上隅の絶妙なコースに突き刺さった。その後、後半アディショナルタイムにはボックス中央で伊東に決定的な反転シュートを許すも、これをGK河田が見事なセーブで阻み、試合はこのままタイムアップ。ドゥドゥの2試合連続ゴールで9戦無敗の柏を敵地で破った甲府が、今季2度目の連勝を飾り、15位サンフレッチェ広島と勝ち点27で並んだ。 2017.09.30 18:12 Sat
twitterfacebook
thumb

代表定着とレベルアップを狙う柏GK中村航輔「自分にとって大きなプラス」

▽日本サッカー協会(JFA)は28日、来月初旬に行われるキリンチャレンジカップ2017の2試合に向けた日本代表メンバー24名を発表した。 ▽柏レイソルのGK中村航輔がクラブを通じてコメント。代表定着を意気込みつつ、「レベルの高い選手たちと時間を過ごせる」と自身のレベルアップにも意欲を示した。 <span style="font-weight:700;">◆GK中村航輔(柏レイソル)</span> 「ワールドカップ出場が決まりましたが、自分がこれから代表に定着するためにも、とても貴重な機会ととらえています。日本を代表する、レベルの高い選手たちと時間を過ごせることは自分にとって大きなプラスになりますし、トレーニングから自分のプレーをしっかり出していきたいと思います」 2017.09.28 19:50 Thu
twitterfacebook
thumb

12歳以下の世界一はアルゼンチンを破ったメキシコに! 日本代表の柏U-12は13位で終える《ダノンネーションズカップ WORLD FINAL2017》

▽U-12の世界一を決めるFIFA公認の国際サッカー大会「ダノンネーションズカップ WORLD FINAL2017」は、現地時間9月24日(日)に決勝戦ならびに順位決定戦を行い、男子リーグではメキシコ代表がアルゼンチン代表を下し、7年ぶり2度目の優勝を果たした。日本代表として出場した柏レイソルU-12は13位で大会を終えた。 ▽決勝は、MLS(メジャーリーグ・サッカー)のニューヨーク・レッドブルズの本拠地スタジアム、レッドブル・アリーナにて開催。予選リーグから負けなしのアルゼンチンを相手にメキシコが10分で先制。終了間際にも追加点を奪い、2-0でメキシコが勝利した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/danon20170925_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽また、日本代表の柏レイソルU-12は、初日のグループリーグでベルギー、カナダ、ウルグアイと対戦し2位通過。ベスト8をかけた決勝トーナメント1回戦では、日本人監督が率いるインドネシアと対戦し1-2で敗戦。順位決定トーナメントに進んだ。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/danon20170925_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽順位決定トーナメントでは、初戦でフランスに1-2で敗戦。しかし、続くポルトガル戦では2-1と勝利。最終日の13位・14位位決定戦ではチュニジアと対戦し、2-0で勝利。13位で大会を終えた。 ▽また、今回からスタートした女子リーグは6カ国が参加。ブラジルvsカナダの決勝は2-2のまま試合終了。PK戦を制したブラジルが初代女王に輝いた。 ▽アンバサダーを務める元アメリカ女子代表のアビー・ワンバックさんは、次回大会より女子大会がスタートする日本チームとの思い出について聞かれると、「現役時代、私にとって日本は常にベストなチームの1つだった。ポテンシャルが高く、日本を倒すには、常にチーム一丸となって戦わなければならなかった。次世代の日本チームの活躍も楽しみにしています。」とコメントした。また、柏レイソルU-12の根引謙介監督、別府慧キャプテンも大会を振り返ってコメントしている。 <span style="font-weight:700;">◆根引謙介監督</span>(柏レイソルU-12) 「力を発揮できた部分、出しきれなかった部分も含めて、今の実力だと思う。チームとしてボールを動かすことや、コンビネーションの良さ見せることができたので、今後は、選手それぞれの課題としっかり向き合って、努力しつづけることを伝えていきたい」 <span style="font-weight:700;">◆別府慧キャプテン</span>(柏レイソルU-12) 「優勝を目指していたが、13位という成績で思い通りにはいかなかったが、最後の試合で勝つことができて良かった。世界を経験して、フィジカルやスピードなどの差を感じたことはあったが、日本らしいチームワークは通用できたので、自信にしていきたいです」 <span style="font-weight:700;">■柏レイソルU-12メンバー</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/danon20170925_1_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div>1.山口慶朗 2.別府慧 3.池端翔夢 4.吾妻蒼太 5.田村心太郎 6.関口雄士 7.伊達歩由登 8.浅川秀斗 9.須甲優理 10.青木空斗 11.平山京吾 12.村田侑 監督:根引謙介 <span style="font-weight:700;">■試合結果</span> 【予選リーグ】 ◆第1試合 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/danon20170925_1_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 日本(柏レイソルU-12) 3-0 ベルギー 【日本】 須甲優理(8分) 須甲優理(10分) 伊達歩由登(18分) ◆第2試合 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/danon20170925_1_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 日本(柏レイソルU-12) 1-3 カナダ 【日本】 池端翔夢(10分) ◆第3試合 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/danon20170925_1_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 日本(柏レイソルU-12) 1-1 ウルグアイ 【日本】 平山京吾(12分) 【決勝トーナメント】 ◆第1試合(ベスト16) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/danon20170925_1_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 日本(柏レイソルU-12) 1-2 インドネシア 【日本】 須甲優理(1分) 【順位決定トーナメント】 ◆第1試合 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/danon20170925_1_tw9.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 日本(柏レイソルU-12) 2-1 ポルトガル 【日本】 池端翔夢(1分) 青木空斗(3分) ◆第2試合 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/danon20170925_1_tw10.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 日本(柏レイソルU-12) 1-2 フランス 【日本】 平山京吾(14分) 【順位決定戦】 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/danon20170925_1_tw11.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 日本(柏レイソルU-12) 2-0 チュニジア 【日本】 須甲優理(2分) 須甲優理(3分) 2017.09.25 18:20 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース