柏のFW工藤壮人がMLS挑戦についてコメント「『世界』を感じたいと思っていた」2015.12.30 16:40 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽柏は30日、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のバンクーバー・ホワイトキャップスへの移籍が合意したFW工藤壮人(25)のコメントを発表した。なお、工藤の移籍についてはメディカルチェック後に正式契約となる。

▽柏の下部組織出身の工藤は、2009年にトップデビューすると在籍7シーズンでリーグ戦162試合に出場、56ゴールを記録。今季もリーグ戦全試合に出場し10ゴールを記録していた。

▽工藤はクラブを通じ、柏への想いをコメント。クラブ・ワールドカップやACLなどを経験したことで「日常的に毎日、もうひとつ上のステージ、『世界』を感じたいと、特にこの2、3年前から思っていました」と世界でプレーすることを考えていたことを明かし、バンクーバー・ホワイトキャップスからオファーがあったことも明かした。

「ホームの日立台やスタジアムなど大勢のサポーター皆さんの前で報告ができればよかったのですが、それができず申し訳ないと思っています。なるべく早く、レイソルを支えてくれている皆さんに伝えたかったのですが、移籍の手続きなどに時間がかかり、天皇杯後の発表となってしまったことをご理解いただければと思います」

「この柏レイソルでいろんな経験をしてきたなかで、J1を優勝してクラブワールドカップやACLという世界の大会を戦い、世界を肌で感じたことによって、日常的に毎日、もうひとつ上のステージ、『世界』を感じたいと、特にこの2、3年前から思っていました。ただ、なかなかオファーをもらうまではいかなかったのですが、今回は必要とされて、オファーをいただき、純粋に行きたいと思いました。長く柏レイソルでプレーしたことを誇りに思っているし、でも環境を変えて僕自身新たなチャレンジをしたいと思い、移籍を決断しました。自分の直感を信じて、頑張ってきたいと思います」

「10歳からレイソルのエンブレムを着け、試合や練習など、毎日行動してきたので、レイソルから離れるという実感はまだ沸いてこないですが、生半可な気持ちで決断したわけではないですし、レイソルに戻ってくるというような保険をかけるようなことは言いたくない。僕が向こうで活躍し結果を出し、またレイソルから『工藤が欲しい』と言ってもらえるような選手になっていたいです。今回ゴールを獲ってほしいということでオファーを受けましたし、ゴールを獲るということにこれまで以上に大きな気持ちと力を出していかないと確実に成功できないと思っています。より貪欲にアグレッシブに、また変わった工藤壮人を見せていきたいです」

「バンクーバーに行っても、僕自身のなかから柏レイソルというクラブがなくなるわけではないですし、遠くからになりますが、もちろんこれからのレイソルを応援しています。レイソルも成長してすばらしいクラブになって、僕も新天地で成長し、また工藤を欲しいと言ってもらえるような選手になりたいし、お互い成長していけたらと思っています。サポーターの皆さんをはじめ、これまで僕を支えてくれた皆さんに本当に感謝しています。応援、本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

【J1クラブ通信簿】中村航輔ら若手の成長曲線と共に躍進《柏レイソル》

▽歴史が動き、シーズンが閉幕した2017明治安田生命J1リーグ。最終節まで優勝争い、残留争いが繰り広げられ、最後まで目が離せない白熱したシーズンとなった。 ▽「DAZN」マネーにより、シーズンの成績で今後のクラブ強化に大きな影響を及ぼすこととなった2017シーズン。超ワールドサッカー編集部は、J1全18クラブを総括。トピックやチームMVP、補強成功度、総合評価で振り返る。第15弾は4位でフィニッシュした躍進の柏レイソルを総括する。 <span style="font-weight:700;">◆シーズン振り返り</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171210kashiwa_7_2.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.</div> <hr><span style="font-weight:700;">【主なトピック】</span> ●ハイプレス的中 ●太陽王のDNAを継ぐ若手に確かな成長曲線 ●2000年以来17年ぶりの8連勝 ●目標を「勝ち点60、ACL出場権獲得」から「J1優勝」に上方修正 ●成長の跡を示す4位フィニッシュ<hr>▽昨年に引き続き「柏から世界へ」のスローガンを掲げた下平隆宏体制2年目の柏。太陽王のDNAを受け継ぐ若手の活躍と共に、優勝争いにも絡む充実したシーズンを送った。 ▽序盤戦は、開幕から6試合で2勝4敗とスタートダッシュに失敗。だが、ここからの巻き返しが凄まじく、ポゼッションサッカーの中にハイプレス戦術を取り入れ、第7節から続いた8連勝を含む10戦無敗で一時は首位に立ち、優勝争いに名乗りを上げた。 ▽その中で、GK中村航輔らアカデミー育ちの若手が急激に成長を遂げ、首位の鹿島アントラーズを2ポイント差で追う11勝1分け5敗の3位で前半戦を終了。若手の著しい成長曲線が柏の躍進の原動力となり、前半戦の大きなトピックを飾った。 ▽だが、目標を当初の「勝ち点60、ACL出場権獲得」から「J1優勝」に上方修正した後半戦は、課題とする勝負どころの詰めの甘さを露呈。第17節から19節の1分け2敗、第28節から31節の2分け2敗が響き、優勝争いから脱落した。 ▽それでも、最終的には天皇杯の結果次第でACL出場権が転がり込んでくる4位締め。2011年以来のJ1制覇とはならなかったが、天皇杯でベスト4まで勝ち残っており、元日決勝を制するとなれば、より実り多き1年になる可能性がある。 <span style="font-weight:700;">◆チームMVP</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171210kashiwa_3.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>GK中村航輔(22) 明治安田生命J1リーグ34試合出場(先発34試合)/33失点<hr>▽躍進の中心にいたのが中村だ。ホームの日立台を煌々と照らし続けたユース出身の若き守護神は、武者修行先のアビスパ福岡から復帰して2年目の今シーズン、自身初の全試合フルタイム出場。神がかったショットストップもさることながら、ポジショニングや反射神経にも磨きがかかり、GKの評価を左右する失点数においても試合数以下にとどめる充実のシーズンを過ごした。 ▽また、その活躍により、Jリーグベストイレブンを初受賞を果たしただけでなく、日本代表としてもデビュー。この調子でいけば、日本代表の正守護神の座を射止める日はそう遠くないかもしれない。 <span style="font-weight:700;">◆補強成功度「B」</span>(評価:S〜E)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171210kashiwa_2.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽今シーズンの補強も申し分なかった。チーム内に無駄な不満分子を生むことのない適材適所を確実に埋めるピンポイント補強で、チームの底上げに成功。FWハモン・ロペスに関しては、結果的に物足りなさこそあるものの、DF小池龍太が泣きどころだった右サイドバックのレギュラーを掴み、フロント陣の期待に応えた。 ▽また、MF細貝萌やDFユン・ソギョンにおいては、若手が多く在籍するチーム内の競争意識を高めたという面で一定の成果を挙げた。さらに、今夏加入のMFキム・ボギョンに至っては、チームの心臓として才能の片鱗を見せつつあったMF手塚康平の長期離脱をカバーする働きを披露。フロント陣の見極める力が際立った。 <span style="font-weight:700;">◆総合評価 「A」</span>(評価:S〜E)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171210kashiwa_5.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽優勝争いを演じていただけに、悔やまれるところもあるが、チームとしての成長曲線を考えれば、来シーズンの布石となる成功の1年だった。堂々たるパフォーマンスでチームをリードし続けた中村の圧倒的な活躍により、他の選手の頑張りが薄れて見えるが、DF中谷進之介とDF中山雄太の若きセンターバックコンビを筆頭に、若手多きチームの精神的支柱であるMF大谷秀和、FWクリスティアーノとFW伊東純也の両アタッカーといった各ポジションにおける軸の働きも見逃すことはできない。 ▽来シーズンに向けては、今シーズンの戦いをベースに、チームとしてまだ余りある伸び代をどう伸ばしていけるかがポイントになるだろう。リーグタイトルにあと一歩届かなかった今シーズンを踏まえると、成熟度を高めていく必要がありそうだ。<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171210kashiwa_6.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽今シーズンは、地に足をつけた戦いで確実にポイントを積み上げたが、鹿島アントラーズや川崎フロンターレといった強敵の戦いに比べると、試合運びの面で劣る。勢いだけでなく、悪い内容でも勝ち切れる自力を身に付けたいところ。若手の台頭と共に迎えつつある新たな時代をより確固たるものするためにも、チームとしての完成度を極めたい。 2017.12.10 22:02 Sun
twitterfacebook
thumb

ベールを脱いだGK中村航輔「いつもどおりのプレーができた」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽EAFF E-1サッカー選手権2017に参戦中の日本代表は10日、都内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、GK中村航輔がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。柏レイソルの絶対的守護神は、浮かれる様子なく、堂々たるパフォーマンスを披露したA代表デビュー戦を回想した。 ◆GK中村航輔(柏レイソル) ──改めて北朝鮮戦を振り返って 「チームとして結果を出すことができて何よりだった」 ──改めてデビュー戦を振り返って 「本当に難しい試合だったけど、心がけていたいつもどおりのプレーができた」 ──世代別代表との違いは 「国際大会をA代表で経験するのは初めてだったけど、少しのところで結果が変わってしまうと思うので、悪い方にならなくて良かった」 ──実際にプレーしてみて達成感はあるか 「ピッチに立つことは目標だったので、その点に関しては良かったと思う」 ──安定したパフォーマンスぶりだったが 「国内組だけで、しかも初めてのメンバーも多かったけど、互いがサポートして、サポートされながらうまくプレーできた」 ──クラブと代表のスタイルで意識している部分はあるか 「もちろん、チームと人が変われば、やるサッカーも変わる。合わせながら、そして合わせてもらいながら、リスペクトしてプレーすることができたと思う」 2017.12.10 16:00 Sun
twitterfacebook
thumb

柏FW伊東純也、堅守速攻の体現者に名乗り「速さを見せたい」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽日本代表は6日、8日から開幕するEAFF E-1サッカー選手権2017に向けて都内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、FW伊東純也(柏レイソル)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対し、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督から要求されていることを明かした。また、堅守速攻を用いる戦術に「速さを見せたい」とアピールに意気込んだ。 <span style="font-weight:700;">◆FW伊東純也</span>(柏レイソル) <span style="font-weight:700;">──ヴァイッド・ハリルホジッチ監督から直接声をかけられたか</span> 「みんなに色々言っていますね。背負ったらワンタッチとかは言われています」 <span style="font-weight:700;">──初のA代表だが練習をやってみての感覚は</span> 「自分でもできるなというのは思っています。いつも通りできればと思います」 <span style="font-weight:700;">──速さを生かせるチームだと思うが</span> 「裏に抜けろとは常に言われています。そういう部分で速さを見せられたらと思います」 <span style="font-weight:700;">──右サイドハーフに入ると思うが</span> 「少しレイソルとはやり方も違うので、監督に合わせられるように頑張りたいです」 <span style="font-weight:700;">──昨日の練習では同ポジションにFW小林悠(川崎フロンターレ)が入っていたがレギュラー争いへの意識は</span> 「(小林)悠くんはMVPと得点王をとってすごい選手だと思いますけど、負けないように頑張りたいです」 <span style="font-weight:700;">──ハリルホジッチ監督は「ハードワークができる選手」と評価していたが</span> 「今シーズンはずっとほぼ90分出場して、そういう体力もついたと思います。そういう部分は試合に出場した時に出せたらと思います」 <span style="font-weight:700;">──国際試合の経験は少ないと思うが、外国人選手相手にプレーする心構えは</span> 「リーチとかは違うと思いますけど、特に意識はせずに自分のプレーが出せればと思います」 <span style="font-weight:700;">──日本代表だと同じポジションをFW浅野拓磨(シュツットガルト/ドイツ)やFW久保裕也(ヘント/ベルギー)らが務めているが、彼らのプレーから生かせることは</span> 「みんな特徴は違いますけど、監督の求める裏への動きや縦への仕掛けという部分を出していけたらと思います」 <span style="font-weight:700;">──タイプ的に近いのは浅野か</span> 「いや、それでもタイプは違うと思います。もっと仕掛けるという点は出していけると思います」 <span style="font-weight:700;">──リオ世代の選手も徐々に代表に定着し始めているが意識は</span> 「意識はあまりしていないですけど、負けないようにはしたいです」 <span style="font-weight:700;">──A代表への意気込みは</span> 「しっかりと結果を残してアピールできればと思います」 2017.12.06 23:05 Wed
twitterfacebook
thumb

ベストヤングプレーヤー賞の柏CB中山雄太「たくさんの人の力があってこその受賞」《2017 Jリーグアウォーズ》

▽「2017 Jリーグアウォーズ」が5日に横浜アリーナで行われた。 ▽ベストヤングプレーヤー賞に受賞した柏レイソルのDF中山雄太が授賞式後、メディア向けの記者会見に出席。今シーズンの明治安田生命J1リーグ30試合に出場した柏の若きセンターバックは、受賞の心境を明かすと共に、この先のA代表入りに意欲を示した。 <span style="font-weight:700;">◆DF中山雄太</span>(柏レイソル) 「まさか自分が選ばれるとは思いませんでした。本当に嬉しいですし、自分の力だけじゃなくて、たくさんの人の力があってこその受賞だと思います。本当に嬉しいです」 <span style="font-weight:700;">──今シーズン、自身で特に成長を感じた部分は</span> 「難しいですね…。個人的には凄く去年が劇的に変わりました。ただ、満足いく結果で終われなかったです。今年の目標にも、去年より成長した自分になるというのがあって、特に特筆した成長は感じていませんが、去年よりは変われたのかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──柏レイソルは堅い守りで上位争いをしましたが、チーム全体のシーズンを振り返ってください</span> 「結果もJリーグは4位で、昨シーズンよりは良い結果で終われました。連勝も去年より多くできましたが、自分たちの目標であったACLでは、天皇杯はありますがJリーグでは叶えられませんでした。大事な場面で勝ちきれなかったりというのは、去年と同じ状況です。去年よりも良い結果で終われたとともに、課題がたくさん見えたシーズンでした」 <span style="font-weight:700;">──U-20ワールドカップに出場したが、今後の代表活動についての目標は。去年の受賞者である井手口陽介選手はA代表で活躍しています</span> 「U-20ワールドカップに行ってからも強く思いましたし、世界で見たらA代表は、この世代では普通になっている状況です。(昨年この賞を受賞した)井手口選手も代表に入っていますし、自分としても食い込んでいかなくてはいけない世代だと自覚しています。それとともに、力が足りていないというのも感じています」 「1日でも早くA代表に食い込んでいきたいですし、来年はワールドカップイヤーなので、小さいチャンスかもしれないですが、しっかりと結果を出して、自分が成長して、早くA代表に入れればと思います」 2017.12.05 21:40 Tue
twitterfacebook
thumb

本格的なトレーニングに手応え、柏GK中村航輔「勝つための準備ができた」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽日本代表は5日、8日から開幕するEAFF E-1サッカー選手権2017に向けて味の素フィールド西が丘でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、GK中村航輔(柏レイソル)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。普段通りのコンディションが保てていると話し、「勝つための準備ができた」と練習に手応えを示した。 <span style="font-weight:700;">◆GK中村航輔</span>(柏レイソル) <span style="font-weight:700;">──今日の練習の手応えは</span> 「いつもやっていない選手が多い中、今日は勝つための準備ができたと思います」 <span style="font-weight:700;">──自身の調子は</span> 「リーグ戦からもそこまで間が空いていないですし、いつも通りのコンディションでできていると思います」 <span style="font-weight:700;">──クラブでの試合から連戦が続いているが</span> 「まずは目先の試合に勝つということはクラブでも代表でも変わらないです。そこは大切にしていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──国内組ということで出番があると思うが、どんなプレーをしたいか</span> 「リーグ戦でやっているプレーをいつも通り出すことができればなと思います」 <span style="font-weight:700;">──監督とは何か話したか</span> 「特にしていないです」 <span style="font-weight:700;">──代表デビューの可能性について</span> 「そこは監督が決めることなので、それに対しては監督をリスペクトしています」 2017.12.05 17:30 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース