柏のFW工藤壮人がMLS挑戦についてコメント「『世界』を感じたいと思っていた」2015.12.30 16:40 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽柏は30日、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のバンクーバー・ホワイトキャップスへの移籍が合意したFW工藤壮人(25)のコメントを発表した。なお、工藤の移籍についてはメディカルチェック後に正式契約となる。

▽柏の下部組織出身の工藤は、2009年にトップデビューすると在籍7シーズンでリーグ戦162試合に出場、56ゴールを記録。今季もリーグ戦全試合に出場し10ゴールを記録していた。

▽工藤はクラブを通じ、柏への想いをコメント。クラブ・ワールドカップやACLなどを経験したことで「日常的に毎日、もうひとつ上のステージ、『世界』を感じたいと、特にこの2、3年前から思っていました」と世界でプレーすることを考えていたことを明かし、バンクーバー・ホワイトキャップスからオファーがあったことも明かした。

「ホームの日立台やスタジアムなど大勢のサポーター皆さんの前で報告ができればよかったのですが、それができず申し訳ないと思っています。なるべく早く、レイソルを支えてくれている皆さんに伝えたかったのですが、移籍の手続きなどに時間がかかり、天皇杯後の発表となってしまったことをご理解いただければと思います」

「この柏レイソルでいろんな経験をしてきたなかで、J1を優勝してクラブワールドカップやACLという世界の大会を戦い、世界を肌で感じたことによって、日常的に毎日、もうひとつ上のステージ、『世界』を感じたいと、特にこの2、3年前から思っていました。ただ、なかなかオファーをもらうまではいかなかったのですが、今回は必要とされて、オファーをいただき、純粋に行きたいと思いました。長く柏レイソルでプレーしたことを誇りに思っているし、でも環境を変えて僕自身新たなチャレンジをしたいと思い、移籍を決断しました。自分の直感を信じて、頑張ってきたいと思います」

「10歳からレイソルのエンブレムを着け、試合や練習など、毎日行動してきたので、レイソルから離れるという実感はまだ沸いてこないですが、生半可な気持ちで決断したわけではないですし、レイソルに戻ってくるというような保険をかけるようなことは言いたくない。僕が向こうで活躍し結果を出し、またレイソルから『工藤が欲しい』と言ってもらえるような選手になっていたいです。今回ゴールを獲ってほしいということでオファーを受けましたし、ゴールを獲るということにこれまで以上に大きな気持ちと力を出していかないと確実に成功できないと思っています。より貪欲にアグレッシブに、また変わった工藤壮人を見せていきたいです」

「バンクーバーに行っても、僕自身のなかから柏レイソルというクラブがなくなるわけではないですし、遠くからになりますが、もちろんこれからのレイソルを応援しています。レイソルも成長してすばらしいクラブになって、僕も新天地で成長し、また工藤を欲しいと言ってもらえるような選手になりたいし、お互い成長していけたらと思っています。サポーターの皆さんをはじめ、これまで僕を支えてくれた皆さんに本当に感謝しています。応援、本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

柏が新体制発表…新加入FWハモン・ロペスは「20」に決定、DF中山雄太は「29」→「5」に

▽柏レイソルは14日に新体制発表会見を開き、2017シーズンにおける各選手の背番号を発表した。 ▽ミルトン・メンデス前監督の退任で急きょトップチームを指揮することになった下平隆宏監督の下、昨シーズンの明治安田生命J1リーグを8位で終えた柏。新シーズンに向けては、FWハモン・ロペス、DF小池龍太ら5選手の新戦力を補強し、スローガンである「柏から世界へ」を体現すべくAFCチャンピオンズリーグ出場権獲得を目指す。 ▽新戦力の背番号では、DFユン・ソギョンが「3」、DF小池龍太が「13」、DF橋口拓哉が「21」、DF古賀太陽が「26」、ハモン・ロペスが「20」に決定。また、既存の選手では、GK滝本晴彦が「32」→「16」、DF中山雄太が「29」→「5」、MF小林祐介が「25」→「6」、MF武富孝介が「15」→「8」、FWクリスティアーノが「37」→「9」に変更となった。 ▽下平体制2年目となる新シーズンは、15日から始動。23日から鹿児島キャンプに移り、2月11日にホームで行われる『ちばぎんカップ』でジェフユナイテッド千葉と対戦する。その後、同月25日に開幕する明治安田生命J1リーグ第1節では、サガン鳥栖とのアウェイゲームに臨む。 <span style="font-weight:700;">◆2017シーズン選手背番号</span> 新加入:☆←(前所属)※移籍形態 <span style="font-weight:700;">GK</span> 1.桐畑和繁 16.滝本晴彦※背番号変更 23.中村航輔 <span style="font-weight:700;">DF</span> 2.鎌田次郎 3.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ユン・ソギョン</span>☆←(ブレンビーIF/デンマーク)※完全移籍 4.中谷進之介 5.中山雄太※背番号変更 13.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">小池龍太</span>☆←(レノファ山口FC)※完全移籍 21.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">橋口拓哉</span>☆←(流通経済大学)※新加入 22.輪湖直樹 26.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">古賀太陽</span>☆←(柏レイソルU-18)※昇格 27.今井智基 <span style="font-weight:700;">MF</span> 6.小林祐介※背番号変更 7.大谷秀和 8.武富孝介※背番号変更 17.手塚康平※背番号変更 19.中川寛斗 25.安西海斗※背番号変更 28.栗澤僚一 <span style="font-weight:700;">FW</span> 9.クリスティアーノ※背番号変更 10.大津祐樹 11.ディエゴ・オリヴェイラ 14.伊東純也 18.ドゥドゥ 20.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ハモン・ロペス</span>☆←(ベガルタ仙台)※完全移籍 24.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">大島康樹</span>☆←(カターレ富山)※期限付き移籍から復帰 2017.01.15 08:30 Sun
twitterfacebook
thumb

下平体制2年目の柏が2017シーズンのメンバー26名を発表!

▽柏レイソルは13日、2017シーズンの契約選手26名を発表した。 ▽昨シーズンに続き、指揮は下平隆宏監督が務めることとなる。また、新加入選手として柏U-18から古賀太陽が昇格、流通経済大学から橋口拓哉が加入した。また、レノファ山口FCからDF小池龍太、ブロンビー(デンマーク)からユン・ソギョン、ベガルタ仙台からMFハモン・ロペスが完全移籍で加入。カターレ富山に期限付き移籍していた大島康樹が復帰した。今シーズンの契約選手26名は以下の通り。 【契約選手】※背番号順 桐畑和繁 鎌田次郎 中谷進之介 大谷秀和 大津祐樹 ディエゴオリヴェイラ 伊東純也 武富孝介 中川寛斗 輪湖直樹 中村航輔 小林祐介 今井智基 栗澤僚一 中山雄太 手塚康平 滝本晴彦 安西海斗 ドゥドゥ クリスティアーノ 【新加入選手】※発表順 古賀太陽☆←(柏レイソルU-18)※昇格 小池龍太☆←(レノファ山口FC)※完全移籍 橋口拓哉☆←(流通経済大学)※新加入 大島康樹☆←(カターレ富山)※期限付き移籍満了 ユン・ソギョン☆←(ブロンビー)※完全移籍 ハモン・ロペス☆←(ベガルタ仙台)※完全移籍 2017.01.13 18:58 Fri
twitterfacebook
thumb

柏退団のMF太田徹郎が鳥栖に加入「早く皆さんに認めてもらえるように」

▽サガン鳥栖は11日、柏レイソルに所属していたMF太田徹郎(27)が完全移籍で加入することを発表した。 ▽柏アカデミー出身の太田は、2008年にモンテディオ山形でプロキャリアをスタート。2013年に柏へと復帰した。2016シーズンは明治安田生命J1リーグ5試合に出場。先月30日に、柏から退団することが発表されていた。 ▽太田は鳥栖加入に際し、両チームの公式サイトを通じて以下のコメントを残した。 ◆サガン鳥栖 「はじめまして。今季、サガン鳥栖でプレーすることになりました太田徹郎です。まず自分を招いてくれたチームの方々に感謝したいです。鳥栖のチームカラーを大切にしながら、その中で自分の良さを出してチームの勝利に貢献したいと思っています。結果を出して早く皆さんに認めてもらえるように精一杯頑張ります。宜しくお願いします」 ◆柏レイソル 「今季からサガン鳥栖でプレーすることになりました。レイソルにいた4年間で選手としても人間としても成長させていただいたと思っています。これからは対戦相手としてレイソルの脅威となる選手になれるように頑張ります。今までありがとうございました」 2017.01.11 15:18 Wed
twitterfacebook
thumb

柏、MFハモン・ロペスの完全移籍加入を発表…昨季仙台でキャリアハイの10得点記録

▽柏レイソルは4日、ベガルタ仙台に所属するブラジル人MFハモン・ロペス(27)の完全移籍加入を発表した。 ▽フルミネンセやクルゼイロといったブラジルの複数クラブでプレーしてきたハモン・ロペスは、2014年に仙台入り。昨シーズンは明治安田生命J1リーグ32試合10得点。J1通算で63試合18得点を記録している。 ▽仙台から柏に活躍の場を移すことになったハモン・ロペスは、両クラブの公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆柏レイソル 「この機会をいただいた柏レイソルに感謝しています。すごく嬉しいです。日本に来る前から柏レイソルのビッグゲームを見ていましたので、このチームでプレーすることは非常に嬉しく思います。すべての練習と試合に自分の全力を尽くし、チームメイトと一緒にタイトルを目指します!」 ◆ベガルタ仙台 「今まで僕を支えてくれたチームメイト、コーチングスタッフ、ベガルタ仙台に関わっている一人一人に感謝をいたします。ベガルタ仙台で学んだことはどこに行っても忘れません。そしてサポーターのみなさま、どんな時でもいつも力強い応援をありがとうございました。みなさまの声援は一生、僕の心の中にあり続けます。近いうちにまた会いましょう。本当にありがとうございました」 2017.01.04 15:16 Wed
twitterfacebook
thumb

川崎Fが柏からエドゥアルドを完全移籍で獲得「すべての試合で勝利を目指して戦っていきましょう」

▽川崎フロンターレは2日、柏レイソルから期限付き移籍で加入していたブラジル人DFエドゥアルド(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2017年2月2日から2018年1月1日までとなっている。 <span class="AdVideo" data-category="video_ad_app" data-page-id-ios="konami161228_ios" data-page-id-and="konami161228_and" data-height="180px"></span> ▽2016シーズンに柏から川崎Fに期限付き移籍で加入したエドゥアルドは明治安田生命J1リーグで25試合に出場している。同選手はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントした。 「昨シーズン、終盤にケガをしてしまったことは残念に思っています。ケガさえなければもっと貢献が出来るのにという思いもありましたが、代わりに入った選手たちが、皆、それぞれの特徴を出して力になっていました。それはチームメイトとして嬉しい出来事でした。誰か代わりの選手がピッチに立つとチームのレベルは下がるどころか、逆に特徴を生かし誰かが入ることで引き上がることもありました。このようなこのクラブの競争心の中で自分がプレーできたことで、自分自身の大きな成長にもつながったと思っています。ですから、これからもフロンターレの一員としてプレーが出来ることが決まり、とても光栄に思っています。幸せです。今シーズンはケガがないように、私自身が成長することで、よりフロンターレの力になりたいと思っています。サポーターの皆さんと共に戦い、もっとクラブとして成長したいです。今シーズン、どんな状況になっても最初から最後まで絶対に諦めず、すべての試合で勝利を目指して戦っていきましょう」 ▽またエドゥアルドは柏の公式サイトでも次のようにコメントをしている。 「私にとって柏レイソルで過ごした時間はとても貴重なものでした。素晴らしいチームメイトもいましたし、サポーターの皆さんが常に応援をしてくれました。今は本当にすべての方に感謝の気持ちでいっぱいです。所属できたことを誇りに思っていますし、これからもチームメイト、柏レイソルの成功を祈っています。私は川崎フロンターレでこれからも精一杯頑張っていきます。ありがとうございました」 2017.01.02 11:46 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース