柏のFW工藤壮人がMLS挑戦についてコメント「『世界』を感じたいと思っていた」2015.12.30 16:40 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽柏は30日、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のバンクーバー・ホワイトキャップスへの移籍が合意したFW工藤壮人(25)のコメントを発表した。なお、工藤の移籍についてはメディカルチェック後に正式契約となる。

▽柏の下部組織出身の工藤は、2009年にトップデビューすると在籍7シーズンでリーグ戦162試合に出場、56ゴールを記録。今季もリーグ戦全試合に出場し10ゴールを記録していた。

▽工藤はクラブを通じ、柏への想いをコメント。クラブ・ワールドカップやACLなどを経験したことで「日常的に毎日、もうひとつ上のステージ、『世界』を感じたいと、特にこの2、3年前から思っていました」と世界でプレーすることを考えていたことを明かし、バンクーバー・ホワイトキャップスからオファーがあったことも明かした。

「ホームの日立台やスタジアムなど大勢のサポーター皆さんの前で報告ができればよかったのですが、それができず申し訳ないと思っています。なるべく早く、レイソルを支えてくれている皆さんに伝えたかったのですが、移籍の手続きなどに時間がかかり、天皇杯後の発表となってしまったことをご理解いただければと思います」

「この柏レイソルでいろんな経験をしてきたなかで、J1を優勝してクラブワールドカップやACLという世界の大会を戦い、世界を肌で感じたことによって、日常的に毎日、もうひとつ上のステージ、『世界』を感じたいと、特にこの2、3年前から思っていました。ただ、なかなかオファーをもらうまではいかなかったのですが、今回は必要とされて、オファーをいただき、純粋に行きたいと思いました。長く柏レイソルでプレーしたことを誇りに思っているし、でも環境を変えて僕自身新たなチャレンジをしたいと思い、移籍を決断しました。自分の直感を信じて、頑張ってきたいと思います」

「10歳からレイソルのエンブレムを着け、試合や練習など、毎日行動してきたので、レイソルから離れるという実感はまだ沸いてこないですが、生半可な気持ちで決断したわけではないですし、レイソルに戻ってくるというような保険をかけるようなことは言いたくない。僕が向こうで活躍し結果を出し、またレイソルから『工藤が欲しい』と言ってもらえるような選手になっていたいです。今回ゴールを獲ってほしいということでオファーを受けましたし、ゴールを獲るということにこれまで以上に大きな気持ちと力を出していかないと確実に成功できないと思っています。より貪欲にアグレッシブに、また変わった工藤壮人を見せていきたいです」

「バンクーバーに行っても、僕自身のなかから柏レイソルというクラブがなくなるわけではないですし、遠くからになりますが、もちろんこれからのレイソルを応援しています。レイソルも成長してすばらしいクラブになって、僕も新天地で成長し、また工藤を欲しいと言ってもらえるような選手になりたいし、お互い成長していけたらと思っています。サポーターの皆さんをはじめ、これまで僕を支えてくれた皆さんに本当に感謝しています。応援、本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

柏、MF大谷秀和が左ヒザ後外側支持機構損傷により全治6週間の離脱

▽柏レイソルは21日、MF大谷秀和が左ヒザ後外側支持機構損傷により全治6週間と診断されたことを発表した。 ▽大谷は、18日に行われたヤマザキナビスコカップ グループステージ第5節のアルビレックス新潟戦で負傷。その後に行われた検査の結果、左ヒザ後外側支持機構損傷と診断された。 2016.05.21 18:54 Sat
twitterfacebook
thumb

柏が輪湖の決勝ゴールで福岡とのシーソーゲームをモノにする!!《J1》

▽21日に日立柏サッカー場で、明治安田生命J1リーグ・1stステージ第13節の柏レイソルvsアビスパ福岡が行われ、3-2で柏が勝利した。 ▽前節のサンフレッチェ広島戦で引き分けに終わり、ここ2試合で勝ち星がない5位の柏が、前節の湘南戦で3試合ぶりの勝利を手にした17位の福岡が対戦した。 ▽試合は4分、トゥーロン国際大会に臨むU-23日本代表の招集を辞退した伊東が右サイドからドリブルで仕掛けシュートを放つなど積極的な入りを見せた。すると6分、左サイドから崩しにかかると、ディエゴ・オリヴェイラの落としから最後は武富がミドルシュートを突き刺して、柏が勢いのままに先制した。 ▽その後もボールポゼッションを高く保ち、福岡の緩いプレスを掻い潜っていく柏が主導権を握っていく。19分には相手陣内左サイドでのFKから鎌田が放ったヘディングはゴールマウスを急襲するも、ここはGKイ・ボムヨンが好セーブで防いだ。 ▽しかし柏の勢いは止まらず23分には輪湖の落としからディエゴ・オリヴェイラが抜け出してシュート。しかしボールはクロスバーを叩いて、追加点を奪うことはできなかった。39分には右サイドを突破した伊東の折り返しにディエゴ・オリヴェイラが合わせるが、ボールは逆サイドを叩いた。 ▽42分には左サイドの輪湖のクロスからボックス右の中川がダイレクトボレーを放つ。決定的チャンスだったが、福岡はGKイ・ボムヨンが再び好セーブを見せて失点を防ぐ。柏が圧倒する前半となったが、点差を広げることができずに1点リードのまま試合を折り返した。 ▽前半はセットプレーからしかチャンスを作れなかった福岡だが、50分に前線のウェリントンの粘りからそのままボックス内でマーカーを外して右足でシュート。しかしブロックに入った柏のDFに防がれて、福岡はチャンスを逸した。 ▽流れを引き寄せ始めた福岡は56分、邦本が相手のプレスが緩いと見るや、ドリブルでボールを運ぶとそのままボックス外からシュート。これがゴールマウス左隅に突き刺さり福岡が同点に追いついた。 ▽すると59分、左サイドに流れた邦本の折り返しに坂田がヒールで合わせる。これは相手にブロックされるもこぼれ球に反応した城後が押し込む。福岡が城後の2戦連発弾で試合をひっくり返した。 ▽追いかける展開となった柏だが、福岡のプレスが早くなったことで前半のようにチャンスを作り出せない。逆に77分には福岡にカウンターを許し、平井にポスト直撃のシュートを許してしまう。 ▽しかし80分、福岡のパスミスから攻め込んだ柏は、ディエゴ・オリヴェイラが個人技でそのままゴールネットを揺らして、2-2の同点とする。さらに86分には右サイドからのクロスに逆サイドの輪湖が飛び込むと、これがネットを揺らして柏がまたもリードを手にした。結局このゴールが決勝点となり、柏がシーソーゲームをモノにした。 2016.05.21 16:53 Sat
twitterfacebook
thumb

新潟が小塚のゴラッソで吉田監督凱旋試合を制す! 連勝ストップの柏は首位浮上ならず…《ナビスコカップ》

▽ヤマザキナビスコカップ2016のグループB第5節、柏レイソルvsアルビレックス新潟が18日に日立柏サッカー場で行われ、アウェイの新潟が2-1で勝利した。 ▽グループB2位に付ける柏(勝ち点7)と6位の新潟(勝ち点3)が対峙した一戦。共に直近のリーグ戦からほとんどのメンバーを入れ替えた中、ホームの柏は負傷明けの伊東や田中、大津、エデルソンらが先発入り。一方の新潟はこれがトップチームデビューとなる西村と長谷川、カリウとフレッシュなメンバー構成となった。 ▽立ち上がりから優勢に試合を運ぶ柏は、エデルソンや大谷、田中がボックス付近で積極的にシュートを放っていくが、GK川浪の好守などに阻まれて序盤の先制機を生かせない。対して守勢が続く新潟も17分、ボックス左で仕掛けたカリウにシュトチャンスも、ここはGKにコースを消されて加入後初ゴールとはならず。 ▽その後も伊東の右サイドと前線の流動性を生かして攻勢を続ける柏だったが、大津や田中が再三の決定機をモノにできず、柏ペースで進んだ前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半、カリウを下げてハーフタイム明けに大野を投入し、攻守のバランスを整えた新潟が、序盤のピンチを凌ぐと、55分にワンチャンスを生かして先制に成功する。ハーフウェイライン付近左サイドでボールを奪った成岡が、相手陣内に持ち上がってボックス右に走り込む伊藤にラストパス。飛び出したGKをキックフェイントでかわし、ゴール左隅に蹴り込んだ。 ▽グループステージ突破に向けて負けられない柏は、60分に武富、64分にディエゴ・オリヴェイラを投入。すると、この選手交代が同点ゴールをもたらす。66分、右CKの流れから中川が頭で裏に流したボールをディエゴ・オリヴェイラが頭で押し込んだ。 ▽同点に追いついて勢い付く柏が、ここから攻勢を仕掛けるが、先に勝ち越しゴールを奪ったのは、またしても新潟だった。左サイドから端山が入れたクロスをボックス右の平松が丁寧に頭でマイナスに折り返すと、これを小塚が見事なダイレクトボレーでゴール左に突き刺した。 ▽再びビハインドを背負った柏は、試合終盤にかけて猛攻を仕掛ける。80分にはボックス内でディエゴ・オリヴェイラ、小林と続けて際どいシュートを放つが、いずれもGK川浪のビッグセーブに阻まれる。その後、GK桐畑まで前線に上がるパワープレーで同点ゴールを目指すも、最後まで新潟守備を崩すことはできず。この結果、吉田監督の日立台凱旋試合を制した新潟が2勝2敗とし、グループステージ突破に望みを繋いだ。一方、ホームで敗れた柏は、ナビスコカップ3連勝を逃し、首位浮上のチャンスを逃した。 ◆ナビスコカップ・グループB順位表(第5節終了時点) (勝点/得失/試合) 1.仙台(8/+1/4) 2.柏(7/+4/5) 3.横浜FM(7/0/4) 4.新潟(6/-4/4) 5.川崎F(5/+3/5) 6.福岡(5/0/4) 7.鳥栖(2/-2/4) 2016.05.18 21:21 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング:サンフレッチェ広島 0-0 柏レイソル《J1》

▽明治安田生命J1リーグ・1stステージ第12節のサンフレッチェ広島vs柏レイソルが13日にエディオンスタジアム広島で行われ、0-0で終了した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽サンフレッチェ広島採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/fom20160513_1_480_000.jpg" width="290px"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 林卓人 6.0 枠内シュートに対して的確に対応した DF 33 塩谷司 5.0 ポジション取りなどミキッチとの連携がもうひとつだった 5 千葉和彦 5.5 可もなく不可もない平均的な出来 4 水本裕貴 5.5 大きなミスなく乗り切る MF 14 ミキッチ 5.5 攻撃面はまずまずも、守備では背後を取られるなど低調 6 青山敏弘 5.0 攻守に凡庸なパフォーマンス 8 森崎和幸 5.5 うまく柏のプレスを外しながら前線にパスをつなぐ 25 茶島雄介 5.5 要所でチャンス演出も、消える時間も長い (→浅野拓磨 5.5) 1度だけゴール前でチャンスがあったが、タッチのミスで逸する 18 柏好文 5.5 一定のアクセントも、やや打開力を欠いた (→清水航平 5.5) 積極性は見せた 30 柴崎晃誠 5.5 ゴール前での2度の好機を生かしたかった FW 9 ピーター・ウタカ 5.5 さすがの馬力で攻撃を牽引した 監督 森保一 5.5 効率よくチャンスを形成も、相手GKにやられた <hr>▽柏レイソル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/fom20160513_2_480_000.jpg" width="290px"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 23 中村航輔 7.0 33分にウタカの決定機を右足一本で阻止し、後半にも柴崎のシュートをビッグセーブ DF 21 湯澤聖人 6.0 リーグ戦デビューながらも奮闘。守備で大きく崩れず、機を見て攻撃参加 (→田中順也 -) 2 鎌田次郎 6.0 気迫のこもった守備でウタカにタイトな対応 29 中山雄太 5.0 概ね安定していたが、インターセプト失敗で入れ替わられて決定機を許す場面があった 22 輪湖直樹 5.5 ゴール前での好ブロックもあったが、ミキッチとの一対一で苦戦 MF 26 太田徹郎 5.0 攻守において存在感がなかった (→中川寛斗 5.5) 多くの仕事はできなかった 28 栗澤僚一 5.0 リスクを冒さないショートパスが目立った 8 茨田陽生 6.0 スルーパスでの決定機創出や惜しいミドルシュートなどチャンスに絡んだ。終盤は右SBに 17 秋野央樹 5.5 バランスに気を配りながら、そつなくパスをつなぐ 15 武富孝介 5.5 序盤はゴールに直結する仕掛けを繰り出し相手の相手の脅威になるも、後半はもうひとつ FW 11 ディエゴ・オリヴェイラ 6.0 強引さを見せて独力で際どいシュートまで持ち込む (→大津祐樹 -) 監督 下平隆宏 5.5 積極策は実らずも、アウェイで勝ち点を持ち帰る <hr>★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! 中村航輔(柏レイソル) ▽デ・ヘア級のビッグセーブ2本でクリーンシート。勝ち点1獲得に貢献した。 広島 0-0 柏 2016.05.13 21:34 Fri
twitterfacebook
thumb

U-23日本代表GK中村が躍動! 広島vs柏は痛み分けのゴールレスドロー《J1》

▽明治安田生命J1リーグ・1stステージ第12節のサンフレッチェ広島vs柏レイソルが13日にエディオンスタジアム広島で行われ、0-0で終了した。 ▽ここまで5勝2分け3敗で6位の広島(1試合未消化)と、5勝3分け3敗で4位の柏が相まみえた。1stステージ優勝に向けて勝ち点を落とせない広島は、得点リーディングにつけるピーター・ウタカの後方に茶島と柴崎を起用。一方、4月の月間MVP候補となったDF中谷が出場停止の柏は、負傷中のU-23日本代表DF山中とFW伊東も欠場した。 ▽序盤はアウェイの柏がペースを握る。5分にボックス右で仕掛けたディエゴ・オリヴェイラが際どいシュートに持ち込んだ柏は、22分にもチャンス。ボックス左でミキッチの背後を取った武富が茨田のスルーパスを受けてシュートに持ち込む。しかし、これはコースが甘くGK林のセーブに遭う。 ▽ミキッチの仕掛けしか攻め手がない状況が続いた広島だが、ハーフタイムにかけては盛り返す。すると、33分に最初の決定機を創出。右サイドに開いた茶島のパスを受けた正面のウタカが、DFと入れ替わる形で抜け出してGKと一対一に。しかし、ウタカがゴール左に放ったシュートは、GK中村の右足一本のビッグセーブに遭った。 ▽迎えた後半も、より良い入りを見せた柏は47分、茨田がゴール右を捉えるミドルシュートを放つ。しかし、これは素早い反応を見せたGK林にセーブされる。一方、前半終盤の勢いを継続できなかった広島は55分、茶島に代えて浅野を投入する。 ▽すると、徐々に盛り返した広島が66分に決定機を生み出す。塩谷の仕掛けからボックス内でウタカがさばくと、最後は正面の柴崎が決定的なシュートをゴール右に飛ばす。しかし、これは驚異的な反応を見せたGK中村のビッグセーブを前に得点とはならない。 ▽終盤は、一進一退の攻防となる。田中を投入した柏は、茨田を右サイドバックとする攻撃的布陣で得点を目指す。一方の広島もサイドを起点に攻めるが、両者共に得点できないまま試合終了。上位対決は痛み分けのゴールレスドローで終了した。 2016.05.13 21:33 Fri
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース