柏のFW工藤壮人がMLS挑戦についてコメント「『世界』を感じたいと思っていた」2015.12.30 16:40 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽柏は30日、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のバンクーバー・ホワイトキャップスへの移籍が合意したFW工藤壮人(25)のコメントを発表した。なお、工藤の移籍についてはメディカルチェック後に正式契約となる。

▽柏の下部組織出身の工藤は、2009年にトップデビューすると在籍7シーズンでリーグ戦162試合に出場、56ゴールを記録。今季もリーグ戦全試合に出場し10ゴールを記録していた。

▽工藤はクラブを通じ、柏への想いをコメント。クラブ・ワールドカップやACLなどを経験したことで「日常的に毎日、もうひとつ上のステージ、『世界』を感じたいと、特にこの2、3年前から思っていました」と世界でプレーすることを考えていたことを明かし、バンクーバー・ホワイトキャップスからオファーがあったことも明かした。

「ホームの日立台やスタジアムなど大勢のサポーター皆さんの前で報告ができればよかったのですが、それができず申し訳ないと思っています。なるべく早く、レイソルを支えてくれている皆さんに伝えたかったのですが、移籍の手続きなどに時間がかかり、天皇杯後の発表となってしまったことをご理解いただければと思います」

「この柏レイソルでいろんな経験をしてきたなかで、J1を優勝してクラブワールドカップやACLという世界の大会を戦い、世界を肌で感じたことによって、日常的に毎日、もうひとつ上のステージ、『世界』を感じたいと、特にこの2、3年前から思っていました。ただ、なかなかオファーをもらうまではいかなかったのですが、今回は必要とされて、オファーをいただき、純粋に行きたいと思いました。長く柏レイソルでプレーしたことを誇りに思っているし、でも環境を変えて僕自身新たなチャレンジをしたいと思い、移籍を決断しました。自分の直感を信じて、頑張ってきたいと思います」

「10歳からレイソルのエンブレムを着け、試合や練習など、毎日行動してきたので、レイソルから離れるという実感はまだ沸いてこないですが、生半可な気持ちで決断したわけではないですし、レイソルに戻ってくるというような保険をかけるようなことは言いたくない。僕が向こうで活躍し結果を出し、またレイソルから『工藤が欲しい』と言ってもらえるような選手になっていたいです。今回ゴールを獲ってほしいということでオファーを受けましたし、ゴールを獲るということにこれまで以上に大きな気持ちと力を出していかないと確実に成功できないと思っています。より貪欲にアグレッシブに、また変わった工藤壮人を見せていきたいです」

「バンクーバーに行っても、僕自身のなかから柏レイソルというクラブがなくなるわけではないですし、遠くからになりますが、もちろんこれからのレイソルを応援しています。レイソルも成長してすばらしいクラブになって、僕も新天地で成長し、また工藤を欲しいと言ってもらえるような選手になりたいし、お互い成長していけたらと思っています。サポーターの皆さんをはじめ、これまで僕を支えてくれた皆さんに本当に感謝しています。応援、本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

ディエゴ・オリヴェイラが前半でハット達成! 柏が大量5得点で首位川崎Fを撃破《J1》

▽明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第10節の川崎フロンターレvs柏レイソルが等々力陸上競技場で行われ2-5で柏が勝利した。 ▽前節は浦和レッズとの首位攻防戦を1-2で勝利し、2ndステージ、年間順位で首位に立った川崎Fと、前節はホームで名古屋グランパスを3-1で敗り、連敗を2で止めた柏の一戦。試合は立ち上がりからテンションの高いゲームとなった。 ▽4分、左CKからクリスティアーノがあげたクロスにディエゴ・オリヴェイラがヘッドで合わせると、DFに当たってコースが変わり柏が先制する。さらに5分、クリスティアーノが左サイドで粘りを見せると、こぼれ球を拾った中川の折り返しを、ボックス中央でディエゴ・オリヴェイラが冷静に蹴り込み、柏が一気にリードを2点に広げる。 ▽出鼻をくじかれてしまった川崎Fだったがすぐさま反撃。17分、右サイドからのグラウンダーのパスを森谷がダイレクトで蹴り込んで1点を返す。 ▽序盤から点の取り合いとなった試合は止まらない。29分、FKを得るとクリスティアーノがゴール前にクロスを供給。ディエゴ・オリヴェイラのヘッドはクロスバーを叩くも、最後は茨田がこぼれ球を流し込み再びリードを2点に広げる。さらに32分、右CKからのクロスをディエゴ・オリヴェイラがヘッド。これが決まり、リードを3点とする。ディエゴ・オリヴェイラは、前半だけでハットトリックを達成した。 ▽柏の3点リードで迎えた後半、川崎Fは猛攻に出るも、GK中村の好セーブもあり得点を奪えない。それでも攻勢を強めたが75分、スルーパスに反応した中川が飛び出したGKチョン・ソンリョンをあざ笑うかのようなループシュートを決めて1-5とした。 ▽川崎Fは82分に三好がネットを揺らし、その後も何度となく柏ゴールを脅かすもフィニッシュの精度を欠き追い上げならず。ディエゴ・オリヴェイラのハットトリックなどで柏が2-5で勝利を収めた。 2016.08.27 20:56 Sat
twitterfacebook
thumb

柏に敗れて3連敗の名古屋、17戦未勝利《J1》

▽明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第9節の柏レイソルvs名古屋グランパスが20日に日立柏サッカー場で行われ、3-1で柏が勝利した。 ▽2ndステージ4勝1分け3敗で8位の柏(総合7位)と、0勝2分け6敗で最下位の名古屋(総合16位)が対戦。試合は序盤から完全に柏がペースを掌握する。しかし、クリスティアーノらが持ち込んだシュートが精度を欠くなど、ラストプレーで質が伴わない。 ▽結局、柏がシュート10本に対して名古屋は1本にとどまったが、前半はゴールレスのまま折り返す。 ▽迎えた後半も柏が主導権を握る。すると、58分に試合の均衡を破った。クリスティアーノからパスを受けたディエゴ・オリヴェイラがさばくと、ゴール前へ仕掛けた伊東が冷静にGKの牙城を崩し、先行した。 ▽これで勢いに乗った柏は、70分に追加点を記録する。ディエゴ・オリヴェイラからのパスを受けたクリスティアーノがボックス左から鋭いシュートを突き刺し、スコアを2-0とする。 ▽さらに、75分にクリスティアーノのクロスからディエゴ・オリヴェイラが加点した柏はその後、川又に1点を返されるも逃げ切り。リーグ3戦ぶりの白星を手にした。一方の名古屋は、泥沼の17戦未勝利となっている。 2016.08.20 21:31 Sat
twitterfacebook
thumb

柏MF大谷秀和が左足負傷で全治約3週間

▽柏レイソルは20日、MF大谷秀和が左大腿二頭筋腱損傷で全治約3週間と診断されたと発表した。 ▽主将を務める大谷は、8月13日に行われた明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第9節のベガルタ仙台戦で負傷した。 ▽柏のユースで育った大谷は、2003年にトップチームへと昇格。今シーズンはここまでJ1に17試合出場し、1ゴールを記録していた。 2016.08.20 18:50 Sat
twitterfacebook
thumb

柏DF湯澤聖人に第1子となる男の子が誕生「ずっと立派な父親でいられるように」

▽柏レイソルは16日、DF湯澤聖人に第1子となる男の子が誕生したことを発表した。 ▽湯澤は今シーズン流通経済大学から加入。ここまで明治安田生命J1リーグで10試合に出場している。湯澤はクラブを通じてコメントしている。 「頑張って産んでくれた妻と、元気に生まれてきてくれた息子に感謝しています。息子にとってずっと立派な父親でいられるように、より一層責任感を持ち、頑張っていきます。これからも応援宜しくお願いします」 2016.08.16 15:18 Tue
twitterfacebook
thumb

柏を撃破の仙台が直近5戦で4勝目《J1》

▽明治安田生命J1リーグ2ndステージ第8節のベガルタ仙台vs柏レイソルが13日にユアテックスタジアム仙台で行われ、4-2で仙台が勝利した。 ▽ここまで3勝1分け3敗で9位の仙台(年間総合9位)と、同4勝1分け2敗で6位の柏(年間総合7位)が相まみえた。試合は15分に仙台がセットプレーからスコアを動かす。藤村が蹴った左CKに正面のハモン・ロペスがヘッド。これが決まり、仙台が先行した。 ▽これで勢いに乗った仙台は、19分に追加点を奪う。ペナルティアーク付近でボールを受けたウイルソンが仕掛けてボックス左へ。そのまま鋭いシュートを突き刺して、仙台がリードを広げた。 ▽それでも、巻き返した柏は32分に追いつく。正面でボールを受けたディエゴ・オリヴェイラが後方から三田に倒されてPKを獲得。これをクリスティアーノが冷静に沈めて、柏が1点差に詰め寄る。 ▽迎えた後半もスコアが動く。まずは柏で52分、ボックス右に侵入した伊東がゴール左に強烈なシュートを決めて同点に追いつく。 ▽しかし、仙台は73分に再び勝ち越す。渡部がボックス内で鎌田に引っ張られてPKを獲得。これをハモン・ロペスが冷静に沈めて、3-2とした。 ▽さらに仙台は84分、ウイルソンからボールを受けたハモン・ロペスが左サイドでクロス。これが輪湖のオウンゴールを誘って4点目を記録した。そのまま勝利した仙台は直近5戦で4勝1分けと好調を維持している。 2016.08.13 21:43 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース