超ワールドサッカー

柏のFW工藤壮人がMLS挑戦についてコメント「『世界』を感じたいと思っていた」2015.12.30 16:40 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽柏は30日、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のバンクーバー・ホワイトキャップスへの移籍が合意したFW工藤壮人(25)のコメントを発表した。なお、工藤の移籍についてはメディカルチェック後に正式契約となる。

▽柏の下部組織出身の工藤は、2009年にトップデビューすると在籍7シーズンでリーグ戦162試合に出場、56ゴールを記録。今季もリーグ戦全試合に出場し10ゴールを記録していた。

▽工藤はクラブを通じ、柏への想いをコメント。クラブ・ワールドカップやACLなどを経験したことで「日常的に毎日、もうひとつ上のステージ、『世界』を感じたいと、特にこの2、3年前から思っていました」と世界でプレーすることを考えていたことを明かし、バンクーバー・ホワイトキャップスからオファーがあったことも明かした。

「ホームの日立台やスタジアムなど大勢のサポーター皆さんの前で報告ができればよかったのですが、それができず申し訳ないと思っています。なるべく早く、レイソルを支えてくれている皆さんに伝えたかったのですが、移籍の手続きなどに時間がかかり、天皇杯後の発表となってしまったことをご理解いただければと思います」

「この柏レイソルでいろんな経験をしてきたなかで、J1を優勝してクラブワールドカップやACLという世界の大会を戦い、世界を肌で感じたことによって、日常的に毎日、もうひとつ上のステージ、『世界』を感じたいと、特にこの2、3年前から思っていました。ただ、なかなかオファーをもらうまではいかなかったのですが、今回は必要とされて、オファーをいただき、純粋に行きたいと思いました。長く柏レイソルでプレーしたことを誇りに思っているし、でも環境を変えて僕自身新たなチャレンジをしたいと思い、移籍を決断しました。自分の直感を信じて、頑張ってきたいと思います」

「10歳からレイソルのエンブレムを着け、試合や練習など、毎日行動してきたので、レイソルから離れるという実感はまだ沸いてこないですが、生半可な気持ちで決断したわけではないですし、レイソルに戻ってくるというような保険をかけるようなことは言いたくない。僕が向こうで活躍し結果を出し、またレイソルから『工藤が欲しい』と言ってもらえるような選手になっていたいです。今回ゴールを獲ってほしいということでオファーを受けましたし、ゴールを獲るということにこれまで以上に大きな気持ちと力を出していかないと確実に成功できないと思っています。より貪欲にアグレッシブに、また変わった工藤壮人を見せていきたいです」

「バンクーバーに行っても、僕自身のなかから柏レイソルというクラブがなくなるわけではないですし、遠くからになりますが、もちろんこれからのレイソルを応援しています。レイソルも成長してすばらしいクラブになって、僕も新天地で成長し、また工藤を欲しいと言ってもらえるような選手になりたいし、お互い成長していけたらと思っています。サポーターの皆さんをはじめ、これまで僕を支えてくれた皆さんに本当に感謝しています。応援、本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

柏、FWドゥドゥの登録抹消…全治8カ月の右ヒザ前十字じん帯断裂で治療中

▽柏レイソルは24日、FWドゥドゥの登録を抹消することを発表した。 ▽ドゥドゥは5月24日に行われた2017JリーグYBCルヴァンカップ2017のグループステージ第6節、FC東京戦で負傷。その後の検査で全治8カ月の右ヒザ前十字じん帯断裂と診断され、現在も治療が続いている。 ▽21歳のドゥドゥは、2016年3月に柏入り。今シーズンは明治安田生命J1リーグの2試合に途中出場している。 2017.06.23 16:37 Fri
twitterfacebook
thumb

大分、C大阪、松本でプレーした韓国代表MFキム・ボギョンが柏と完全移籍加入で合意

▽柏レイソルは22日、全北現代モータースの韓国代表MFキム・ボギョン(27)と完全移籍加入で合意に達したことを発表した。来日は来週の予定とのこと。 ▽キム・ボギョンは、2010年にセレッソ大阪に加入すると、外国籍選手枠の関係でそのまま大分トリニータへと期限付き移籍。J2で24試合出場6得点を記録。翌年にC大阪へ復帰すると、J1で26試合出場8得点を記録した。 ▽2012年はロンドン・オリンピックに出場するなどし、8月にカーディフへと移籍。その後、ウィガンへの移籍を経て、2015年9月に松本山雅FCへと加入した。松本ではJ1で6試合に出場。2016年から全北現代モータースでプレーしていた。 ▽全北現代では2016年のAFCチャンピオンズリーグに出場。グループステージではFC東京と同居するなどし、大会を制してクラブ・ワールドカップにも出場していた。 2017.06.22 16:30 Thu
twitterfacebook
thumb

柏の連勝が「8」でストップ、吉田元監督率いる甲府とゴールレスドロー《J1》

▽17日に山梨中銀スタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第15節のヴァンフォーレ甲府vs柏レイソルは、ゴールレスドローに終わった。 ▽直近のリーグ6試合で白星から遠ざかる14位の甲府と、17年ぶりの8連勝で首位に立つ柏が激突した。吉田監督にとって古巣との一戦なる甲府は、阿部と小椋が出場停止で欠場するなど前節の先発から6名を変更。畑生、新里、オリヴァー・ボザニッチ、橋爪、ドゥドゥが起用された。一方、クラブ新記録となる9連勝が懸かる柏は、代表帰りのGK中村が先発。そのほかも前節の浦和レッズ戦と同じ顔ぶれが並んだ。 ▽苦しい戦いが続くチームと向かう所敵なし状態のチームが対峙した一戦。首位チームを相手に前からのプレスで互角の入りを見せた甲府が18分に決定機。バイタルエリア右寄りの位置から新井の左足シュートがゴール左上隅を強襲する。しかし、ここはGK中村の横っ飛びセーブに阻まれてしまう。対する柏はボールポゼッションで優位に。しかし、相手のアグレッシブな守備に苦しみ、なかなか攻撃をシュートの形に結びつけることができない。 ▽すると、試合の流れは進むにつれて、両チーム共にカードが提示される荒々しい展開に。そうした中、ディフェンスラインの裏に抜け出してボールを受けたウイルソンがボックス左深くから中央にラストパスを送る。これに反応した橋爪がショートバウンドしたボールにダイレクトで合わせるが、これは枠の左外。リードこそ奪えなかったものの、連動した守備で柏の攻撃を停滞させた甲府が良いムードでハーフタイムを迎えた。 ▽迎えた後半も攻めあぐねる柏は60分、輪湖、武富に代えて、ユン・ソギョン、大津の2枚替え。しかし、善戦を続ける甲府を相手に苦戦が続く。しかし、対する甲府もサイドのスペースを使った攻撃で幾度かシュートチャンスを演出。しかし、フィニッシュの部分で精彩を欠き、ゴールが遠い。すると、柏に絶好機。85分、左サイドから大津がクロスを送り、中央のクリスティアーノが頭で合わせる。しかし、GK中村が何とか触れたボールは右ポストを叩き、柏にゴールを許さない。 ▽その後の終盤にも立て続けに決定機を作り出した柏だったが、最後まで甲府からゴールを奪えず、0-0のドローで終了。柏の連勝は「8」で止まり、クラブ新記録樹立とはならなかった。 2017.06.17 21:00 Sat
twitterfacebook
thumb

柏の連勝に貢献したGK中村航輔が5月度のJ1月間MVPに選出…J2の福岡時代以来2回目、柏から初選出《Mastercard月間MVP》

▽Jリーグは9日、5月度の「明治安田生命JリーグMastercard priceless japan 月間MVP」を発表した。J1は柏レイソルの日本代表GK中村航輔が選出された。中村はアビスパ福岡に期限付き移籍していた2015年9月にJ2の月間MVPを受賞するも、J1では初受賞。また、柏からの初の受賞選手となった。 ▽中村は5月に行われた明治安田生命J1リーグ全4試合に出場。チームも4連勝を飾り、好セーブで勝利に貢献していた。Jリーグ公式サイトは、中村の受賞コメントを紹介している。 ◆<span style="font-weight:700;">GK中村航輔(柏レイソル)</span> 「5月の月間MVPに選んでいただいてありがとうございます。アビスパ福岡でJ2のMVPを受賞できましたが、今回J1でも受賞できたことは、また大きな自信につながります。5月はチームが好調で連勝が続いた中で、自分も良いパフォーマンスができたと思いますし、また前線から最終ラインまでチーム全員の守備意識の高さや、ハードワークがあったからこその結果だと思います。これに満足せず、レイソルが勝利していけるようにこれからも頑張っていきます」 ▽また、Jリーグは中村の選出について選考委員会による総評を紹介している。 「5月の4試合に全勝し、18クラブ中最も勝ち点を積み上げた柏レイソルの好調の要因を語るうえで、ゴールを守る中村航輔選手の存在感、そして決定的な危機を救った数々のプレーは欠かすことが出来ないと言える。元来の俊敏性に加え、研ぎ澄まされた集中力で試合に臨むことでプレーやボールの行方の読みに優れ、常に正面で受けられるポジショニングでボールに反応。同選手のセービングがチームに勢いをつけただけでなく、若いチームをけん引するリーダーシップも発揮した。チームを首位に導くセービングと存在感は、J1全クラブの中でも際立ち、高い評価を受けて初選出となった」 2017.06.09 15:12 Fri
twitterfacebook
thumb

柏で輝き放つGK中村航輔「代表でも自信を持ってやっていきたい」《国際親善試合》

▽日本代表は5日、7日に行われるシリア代表戦との国際親善試合に向け、試合当日の会場となる味の素スタジアムで調整に入った。 ▽練習終了後、GK中村航輔(柏レイソル)がメディア陣のインタビューに応対。GK川島永嗣(メス/フランス)、GK東口順昭(ガンバ大阪)の両GKとの練習に「このタイミングで見れて良かった」と語り、代表の中でも「自信を持ってやっていきたい」と意気込んだ。 <span style="font-weight:700;">◆GK中村航輔</span>(柏レイソル) <span style="font-weight:700;">──初めてのA代表</span> 「色々と初めての経験だったので良かったと思う」 <span style="font-weight:700;">──他のGKにアピールしたい特徴</span> 「川島(永嗣)選手、東口(順昭)選手ともにシュートを止める能力が高い。自分も何とか負けないように頑張りたい。(ポジショ二ングやレスポンスの部分は?) 統合的に」 <span style="font-weight:700;">──川島選手、東口選手との練習を経て</span> 「本当に勉強になる。日頃、間近で見れない選手なので、このタイミングで見ることができて良かった」 <span style="font-weight:700;">──代表でのトレーニング</span> 「慣れてない場所でのトレーニングなので、いつものリズムではないけど、それでも自分に自信を持っって、しっかりとやっていきたい」 <span style="font-weight:700;">──外国人GKの下でのトレーニング</span> 「外国人GKコーチとやるのは初めてのことではないので、日本人GKコーチとの違いもわかっているつもり。何とか2人のGKコーチが伝えたいことをしっかりと吸収できれば」 <span style="font-weight:700;">──代表での挨拶</span> 「させていただきました」 <span style="font-weight:700;">──みんなの反応</span> 「しっかりと挨拶を返してもらった」 <span style="font-weight:700;">──この2試合、特にW杯予選のイラク戦でプレーするイメージ</span> 「試合に出たときはいつもどおり、結果を追い求めていきたい」 2017.06.05 20:01 Mon
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース