柏のFW工藤壮人がMLS挑戦についてコメント「『世界』を感じたいと思っていた」2015.12.30 16:40 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽柏は30日、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のバンクーバー・ホワイトキャップスへの移籍が合意したFW工藤壮人(25)のコメントを発表した。なお、工藤の移籍についてはメディカルチェック後に正式契約となる。

▽柏の下部組織出身の工藤は、2009年にトップデビューすると在籍7シーズンでリーグ戦162試合に出場、56ゴールを記録。今季もリーグ戦全試合に出場し10ゴールを記録していた。

▽工藤はクラブを通じ、柏への想いをコメント。クラブ・ワールドカップやACLなどを経験したことで「日常的に毎日、もうひとつ上のステージ、『世界』を感じたいと、特にこの2、3年前から思っていました」と世界でプレーすることを考えていたことを明かし、バンクーバー・ホワイトキャップスからオファーがあったことも明かした。

「ホームの日立台やスタジアムなど大勢のサポーター皆さんの前で報告ができればよかったのですが、それができず申し訳ないと思っています。なるべく早く、レイソルを支えてくれている皆さんに伝えたかったのですが、移籍の手続きなどに時間がかかり、天皇杯後の発表となってしまったことをご理解いただければと思います」

「この柏レイソルでいろんな経験をしてきたなかで、J1を優勝してクラブワールドカップやACLという世界の大会を戦い、世界を肌で感じたことによって、日常的に毎日、もうひとつ上のステージ、『世界』を感じたいと、特にこの2、3年前から思っていました。ただ、なかなかオファーをもらうまではいかなかったのですが、今回は必要とされて、オファーをいただき、純粋に行きたいと思いました。長く柏レイソルでプレーしたことを誇りに思っているし、でも環境を変えて僕自身新たなチャレンジをしたいと思い、移籍を決断しました。自分の直感を信じて、頑張ってきたいと思います」

「10歳からレイソルのエンブレムを着け、試合や練習など、毎日行動してきたので、レイソルから離れるという実感はまだ沸いてこないですが、生半可な気持ちで決断したわけではないですし、レイソルに戻ってくるというような保険をかけるようなことは言いたくない。僕が向こうで活躍し結果を出し、またレイソルから『工藤が欲しい』と言ってもらえるような選手になっていたいです。今回ゴールを獲ってほしいということでオファーを受けましたし、ゴールを獲るということにこれまで以上に大きな気持ちと力を出していかないと確実に成功できないと思っています。より貪欲にアグレッシブに、また変わった工藤壮人を見せていきたいです」

「バンクーバーに行っても、僕自身のなかから柏レイソルというクラブがなくなるわけではないですし、遠くからになりますが、もちろんこれからのレイソルを応援しています。レイソルも成長してすばらしいクラブになって、僕も新天地で成長し、また工藤を欲しいと言ってもらえるような選手になりたいし、お互い成長していけたらと思っています。サポーターの皆さんをはじめ、これまで僕を支えてくれた皆さんに本当に感謝しています。応援、本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

伊東弾でG大阪を蹴散らした柏が連勝で上位追走!《J1》

▽19日に市立吹田サッカースタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第23節のガンバ大阪vs柏レイソルは、アウェイの柏が1-0で勝利した。 ▽ジュビロ磐田との前節に後半戦5試合目にして早くも3敗目となる黒星を喫した7位のG大阪(勝ち点36)。今節は、4試合ぶりの勝利を狙う。先発は前節から2名を変更。井手口とオ・ジェソクがスタメン復帰を果たした。 ▽一方、5位の柏(勝ち点42)は、前節の清水エスパルス戦を4-1の快勝で飾って4戦無敗。今節は、前回対戦で1-3の黒星を喫したG大阪とのリベンジマッチとなる。先発には出場停止明けのキム・ボギョンが復帰。2連勝を目指した。 ▽試合は、立ち上がりから拮抗した展開となる。G大阪がボールの主導権を握り始めるが、攻めきれずにいると、対する柏も機を見た攻め込みから応戦。互いにゴールに迫るシーンを何度か作りだすが、こう着状態を打ち破ることができない。 ▽ゴールレスで迎えた後半もG大阪の攻勢で立ち上がる。しかし、徐々にクリスティアーノを軸とした攻めで流れを引き寄せた柏は、77分にカウンターを発動。右サイドから仕掛けた伊東が中に切り込み、左足のシュートをゴール左に沈め、柏が均衡を破った。 ▽先制を許したG大阪は、直後にファン・ウィジョを諦めて長沢を投入。その長沢にボールを集めるが、何度か迎えたシュートチャンスをモノにできない。さらに、残る交代枠で初瀬、泉澤を途中起用。しかし、流れを好転させることはできない。 ▽結局、試合は終了。G大阪は磐田戦に続く黒星で4戦未勝利。8月に入り、勝利から遠ざかっている。対する柏は今シーズン2度目の連勝。首位の鹿島アントラーズ追走に成功した。 2017.08.19 20:58 Sat
twitterfacebook
thumb

柏が伊東の独走弾やクリス2発で清水に快勝!《J1》

▽13日にIAIスタジアム日本平で行われた明治安田生命J1リーグ第22節の清水エスパルスvs柏レイソルは、アウェイの柏が4-1で勝利した。 ▽前節まで首位に立っていたセレッソ大阪を逆転勝利で下した清水は、ホーム3連勝中。今回の柏戦に向けては、C大阪戦で2ゴールの北川をベンチに置き、六平を先発起用した。一方、サガン鳥栖と引き分けた柏は、ディエゴ・オリヴェイラ、キム・ボギョンが出場停止となり、ハモン・ロペス、武富がスタメン入り。輪湖が欠場の左サイドバックには、ユン・ソギュンが起用された。 ▽12位の清水と5位につける柏の一戦は、激しく攻守が入れ替わる立ち上がりとなる。入りから攻め合う展開の中で、45分には柏がカウンターを発動。自陣で竹内の身体に跳ね返ったボールを拾った伊東が中央突破する。相手数人に囲まれながらもボックス右に侵攻した伊東がボールを沈め、柏が均衡を破った。 ▽リードして後半を迎えた柏は、52分に追加点。ハモン・ロペスが自陣から大きく蹴り出したボールをクリスティアーノが右サイドで受ける。クリスティアーノは二見を抜き去り、ボックス右に侵攻。六反との一対一を制した。ところが、引き離された清水も54分に反撃。枝村が右サイドの敵陣中央からクロスを送り、ボックス内に入り込んだ鎌田が胸トラップで受ける。右足シュートを決め、再び1点差とすると、61分にミッチェル・デュークを諦め、北川を投入する。 ▽だが、柏は66分、ユン・ソギョンが上げたクロスの跳ね返りを右サイドの小池がダイレクトで折り返す。クリスティアーノの頭上を越えたボールを中央の武富が頭で合わせて、柏が3点目。さらに、79分にはロングフィードに反応したクリスティアーノが鎌田との競り合いに勝ってボールを受ける。そのままボックス内に侵攻し、右足シュートをニアに突き刺した。 ▽後がなくなった清水は残る2枚の交代カードで村田、増田を投入するが、大津、細貝、中川をピッチに送り込んだ柏がゲームをクローズ。2試合ぶりの白星を手にした柏が4戦無敗で勝ち点を「42」に伸ばしている。 2017.08.13 20:15 Sun
twitterfacebook
thumb

終盤2人退場の柏、上位追走に失敗…鳥栖と痛恨のドロー《J1》

▽9日に日立柏サッカー場で行われた明治安田生命J1リーグ第21節の柏レイソルvsサガン鳥栖は、0-0のドローに終わった。 ▽3位の柏(勝ち点38)と9位の鳥栖(同30)が激突した。前節4試合ぶり白星を手にした柏は、全治8カ月の重症を負った手塚が欠場。代わって、小林祐介がボランチで約5カ月ぶりのスタメンを飾った。一方、今シーズン初の連勝で勢い付く鳥栖は、水野、チョン・スンヒョン、三丸をスタート起用した。 ▽ビクトル・イバルボを起点とした攻めで攻勢に出た鳥栖。22分には、原川のパスからビクトル・イバルボがシュートを放つが、クロスバーを越えてしまう。対する柏もショートパスを軸とした攻撃で応戦。ディエゴ・オリヴェイラや、クリスティアーノが好機を迎えたものの、GK権田の好守に遭う。 ▽ゴールレスで迎えた後半、水野を下げて青木を投入した鳥栖がペースを引き寄せるが、柏が決定機を演出。だが、ディエゴ・オリヴェイラの至近距離からのシュートもGK権田に防がれるなど、なかなかゴールをこじ開けることができない。その中、鳥栖も何度かカウンターを発動するが、不発に終わる。 ▽その後、終盤も攻めに出た柏だったが、ディエゴ・オリヴェイラ、キム・ボギョンが立て続けに2枚目のイエローカードを受けて退場。結局、試合は動きなく終了のホイッスルを迎え、両者痛み分けに終わっている。 2017.08.09 21:30 Wed
twitterfacebook
thumb

柏MF手塚康平が右ヒザ前十字じん帯損傷、右ヒザ外側半月板損傷で全治約8カ月の重傷

▽柏レイソルは8日、MF手塚康平の負傷を発表した。 ▽手塚は5日に行われた明治安田生命J1リーグ第20節のヴィッセル神戸に先発出場。試合中に負傷し、69分にMF小林祐介と交代していた。 ▽クラブの発表によると、検査の結果、右ヒザ前十字じん帯損傷、右ヒザ外側半月板損傷と診断。全治約8カ月とのことだ。 ▽手塚は今シーズンの明治安田生命J1リーグで16試合に出場し2得点。上位につける柏の原動力として活躍していた。 2017.08.08 11:23 Tue
twitterfacebook
thumb

元柏のブラジル人FWクレオがポルトガル2部クラブに移籍

▽かつて柏レイソルでもプレーしたブラジル人FWクレオ(31)がポルトガル2部のコバ・ピエダーデに加入することが発表された。1年契約を結ぶとのことだ。 ▽クレオは、18歳でポルトガルへと渡るも、翌年にブラジルへ復帰。アトレチコ・パラナエンセやフィゲイレンセでプレー。2008年8月にはレッドスター・ベオグラードへと移籍。2009年7月にはパルチザン・ベオグラードへと移籍した。その後、中国スーパーリーグの広州恒大へと完全移籍。2013年1月に柏へとレンタル移籍するも1シーズンで対談。その後はブラジルへと戻り、アトレチコ・パラナエンセ、ゴイアスでプレーしていた。 ▽柏時代はJ1で27試合に出場し9得点を記録するなど、公式戦46試合で14得点を記録していた。 2017.08.06 11:52 Sun
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース