柏のFW工藤壮人がMLS挑戦についてコメント「『世界』を感じたいと思っていた」2015.12.30 16:40 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽柏は30日、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のバンクーバー・ホワイトキャップスへの移籍が合意したFW工藤壮人(25)のコメントを発表した。なお、工藤の移籍についてはメディカルチェック後に正式契約となる。

▽柏の下部組織出身の工藤は、2009年にトップデビューすると在籍7シーズンでリーグ戦162試合に出場、56ゴールを記録。今季もリーグ戦全試合に出場し10ゴールを記録していた。

▽工藤はクラブを通じ、柏への想いをコメント。クラブ・ワールドカップやACLなどを経験したことで「日常的に毎日、もうひとつ上のステージ、『世界』を感じたいと、特にこの2、3年前から思っていました」と世界でプレーすることを考えていたことを明かし、バンクーバー・ホワイトキャップスからオファーがあったことも明かした。

「ホームの日立台やスタジアムなど大勢のサポーター皆さんの前で報告ができればよかったのですが、それができず申し訳ないと思っています。なるべく早く、レイソルを支えてくれている皆さんに伝えたかったのですが、移籍の手続きなどに時間がかかり、天皇杯後の発表となってしまったことをご理解いただければと思います」

「この柏レイソルでいろんな経験をしてきたなかで、J1を優勝してクラブワールドカップやACLという世界の大会を戦い、世界を肌で感じたことによって、日常的に毎日、もうひとつ上のステージ、『世界』を感じたいと、特にこの2、3年前から思っていました。ただ、なかなかオファーをもらうまではいかなかったのですが、今回は必要とされて、オファーをいただき、純粋に行きたいと思いました。長く柏レイソルでプレーしたことを誇りに思っているし、でも環境を変えて僕自身新たなチャレンジをしたいと思い、移籍を決断しました。自分の直感を信じて、頑張ってきたいと思います」

「10歳からレイソルのエンブレムを着け、試合や練習など、毎日行動してきたので、レイソルから離れるという実感はまだ沸いてこないですが、生半可な気持ちで決断したわけではないですし、レイソルに戻ってくるというような保険をかけるようなことは言いたくない。僕が向こうで活躍し結果を出し、またレイソルから『工藤が欲しい』と言ってもらえるような選手になっていたいです。今回ゴールを獲ってほしいということでオファーを受けましたし、ゴールを獲るということにこれまで以上に大きな気持ちと力を出していかないと確実に成功できないと思っています。より貪欲にアグレッシブに、また変わった工藤壮人を見せていきたいです」

「バンクーバーに行っても、僕自身のなかから柏レイソルというクラブがなくなるわけではないですし、遠くからになりますが、もちろんこれからのレイソルを応援しています。レイソルも成長してすばらしいクラブになって、僕も新天地で成長し、また工藤を欲しいと言ってもらえるような選手になりたいし、お互い成長していけたらと思っています。サポーターの皆さんをはじめ、これまで僕を支えてくれた皆さんに本当に感謝しています。応援、本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

柏がクレーベルの訃報を受けお悔やみ「心よりお悔やみを申し上げます」

▽柏レイソルは30日、28日に発生したチャーター機墜落事故により命を落としたクレーベル・サンタナ・ロウレイロ(35)に向けて哀悼の意を表した。 ▽2005年に柏でプレーしたクレーベルは、リーグ戦29試合8得点、J1・J2入れ替え戦1試合0得点、リーグカップ5試合2得点、天皇杯1試合0得点の成績を残した。その後はサントスやアトレティコ・マドリー、サンパウロでプレーし、2015シーズンからシャペコエンセに加入していた。 ▽柏の瀧川龍一郎代表取締役社長がクラブ公式サイトを通じて声明を発表。お悔やみの言葉を送った。 「11月28日にコロンビアで事故に遭った航空機に、2005シーズンに柏レイソルに在籍していたクレーベル・サンタナ・ロウレイロ選手(登録名:クレーベル)が搭乗していたという報道を受け、弊クラブのブラジル人スタッフや通訳を通し、またメディア機関にも問い合わせながら、情報確認を続けてまいりましたが、ブラジルの報道機関であるグローボや、所属クラブ「シャペコエンセ」のクラブメディアなどにより、クレーベル選手が逝去されたという知らせを受けることになりました。謹んで哀悼の意を表し、ご遺族の方々には心よりお悔やみを申し上げます」 「クレーベル選手は、2005年に柏レイソルに加入。リーグ戦29試合8得点、J1・J2入れ替え戦1試合0得点、リーグカップ5試合2得点、天皇杯1試合0得点の成績を残しました。同シーズン終了後にサントスFC(ブラジル)へ移籍し、その後もアトレティコ・マドリード(スペイン)や、サンパウロFC(ブラジル)など、世界的なクラブで活躍を続けていました」 「2015シーズンからは、シャペコエンセ(ブラジル)に在籍し、今回、南米有数の大会「コパ・スダメリカーナ」の決勝戦に向かう途中での突然の悲報でした。またJリーグに在籍した選手やスタッフ、シャペコエンセのクラブ関係者をはじめとして、多くの貴重な命が失われたことは非常に残念でなりません。亡くなられた方々のご冥福を心からお祈り申し上げます」 2016.11.30 20:25 Wed
twitterfacebook
thumb

柏が流通経済大DF橋口拓哉の加入内定を発表! 190cm、83kgの長身ディフェンダー

▽柏レイソルは29日、流通経済大学のDF橋口拓哉(22)の来シーズンからの加入が内定したことを発表した。 ▽宮崎県出身の橋口は、宮崎日本大学高校から流通経済大学に進学。身長190cm、体重83㎏と恵まれた体格を有している。加入が内定した橋口はクラブの公式サイトを通じて、以下のようにコメントしている。 「このたび、柏レイソルに加入することになりました橋口拓哉です。柏レイソルという伝統あるクラブでプロキャリアをスタートできることは、僕の誇りです。1日でも早く、日立台で黄色いユニフォームを着てプレーできるよう頑張りますので、応援よろしくお願いいたします」 2016.11.29 15:47 Tue
twitterfacebook
thumb

柏が山口DF小池龍太を完全移籍で獲得!! サイドバックで山口のJ3参入・J3優勝&J2昇格に貢献

▽柏レイソルは22日、レノファ山口FCのDF小池龍太(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽加入が決定した小池は、柏のクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「初めまして。このたびレノファ山口FCから完全移籍で加入することとなりました小池龍太です。柏レイソルという多くの歴史がある素晴らしいクラブの一員としてこれから共に戦えることを心から誇りに思います。 1日でも早く、黄色一色の日立台のピッチに立てるように、そしてこれから多くのタイトルを獲得し、新しい歴史を築ける様、日々努力し、チームに貢献していきたいです。応援宜しくお願いします」 ▽一方、J3参入・J3優勝・J2昇格を経験し3年間を過ごした山口の公式サイトでは次のように語った。 「自分の中で、家族のような存在である、レノファ山口という大好きなクラブから移籍する事を決断しました。少し長くなりますが、これまでお世話になった皆様に読んでいただけたら嬉しく思います」 「まず、今回の移籍に関して、レノファ山口にはたくさんの時間を設けてもらい、自分の目標や夢を実現させるため、自分の気持ちを理解し、応援してくださる事を心から感謝しています。レノファ山口では、高校を卒業してから3年間、最高の時間を過ごさせてもらいました。J3昇格・J3優勝&J2昇格、入団してから多くの経験が自分を成長させてくれました。そして、この経験をレノファ山口の河村社長をはじめ、最高のチームスタッフ・仲間・サポーターの方々と共にできたことが自分のサッカー人生の宝になりました。本当にありがとうございました」 「自分自身はレノファ山口に対して何も残すことが出来なかったですし、本当に申し訳なく思います。レノファ山口のユニフォームを着て試合をするたびに、自分がもっと上手ければ、もっと走れればと何度も思いました。それでも毎回、100%で熱く応援してくれ、自分のチャントを歌ってくれたサポーターの方々の優しさは絶対に忘れません。感謝しています」 「そんなサポーターの方々に心から応援してもらえるサッカー選手、人間になれるように、自分の可能性を信じて新天地に行き、さらに厳しい環境で自分を磨き続けます。そして、いつか自分が、皆様にサッカーを通じて、どんな形になるかわかりませんが恩返しができるように頑張ります。 簡単な挨拶となってしまいましたが、最高の3年間を本当にありがとうございました。またピッチとスタンドという関係で会えること楽しみにしています」 ▽東京都出身の小池は、2014年にまだ当時クラブがJFLに所属していた山口に加入。一年目から17試合にサイドバックで先発出場するなどJ3参入・J3優勝・J2昇格に貢献してきた。J3通算30試合1得点、J2通算42試合3得点。 2016.11.22 15:46 Tue
twitterfacebook
thumb

柏下部組織出身のDF山中亮輔が横浜FMへ完全移籍「タイトル獲得のために自分の全てを捧げ、全力で戦います」

▽横浜F・マリノスは18日、柏レイソルDF山中亮輔(23)の完全移籍加入を発表した。 ▽山中は千葉県出身で、柏U-12、U-15、U-18と下部組織で育ち2012年にトップチームへ昇格。2014年にジェフユナイテッド千葉へ期限付き移籍を経験。柏ではリーグ戦通算35試合に出場していた。また、U-23日本代表としてもプレーしていたが、リオ・デジャネイロ オリンピック出場はならなかった。山中は横浜FMを通じてコメントしている。 「はじめまして、柏レイソルから完全移籍で加入することになりました山中亮輔です。横浜F・マリノスという歴史ある強いチームの一員になれることを大変嬉しく光栄に思います。横浜F・マリノスの勝利、タイトル獲得のために自分の全てを捧げ、全力で戦いますので応援よろしくお願いしま」 ▽また、下部組織時代から過ごした柏を通じてもコメント。感謝を述べると共に、新天地での飛躍を誓った。 「今シーズンで柏レイソルを離れることになりました。柏で生まれ育った僕にとって、柏レイソルはかけがえのないクラブです。ジュニアの頃から育てていただき、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。これからは新しい舞台で活躍できるように努力していきます。これまで本当にありがとうございました」 2016.11.18 18:21 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1チーム別総括】日立台を照らしたヤングガンズの台頭…失意よりも実り多き1年に《柏レイソル》

▽明治安田生命J1リーグの全日程が11月3日に終了した。2016シーズンのJ1を振り返り、超ワールドサッカー編集部が各チームを採点。シーズンを振り返るとともに、チーム内の最優秀選手賞、敢闘賞、ブレイクスルー賞を決定した。第11回目は、最悪の船出も、立て直して8位で終えた柏レイソル編をお届けする。 <span style="font-weight:700;">◆チーム採点</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">70点</span>(100点満点) <span style="font-weight:700;">◆チーム成績</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/2016data_reysol.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <span style="font-weight:700;">◆シーズン総括</span> ▽GK菅野孝憲、DF鈴木大輔、FW工藤壮人ら実力者と、ユースからトップチームまでを熟知する吉田達磨前監督との別れを選択して迎えた今シーズン。しかし、入りは最悪だった。今年から発足したミルトン・メンデス新体制は開幕から1分け2敗とスタートダッシュに失敗。挙句の果てには、ミルトン・メンデス監督が一身上の都合を理由にわずか3試合でクラブを去るなど、クラブ上層部が描いていたプランは開幕早々に崩壊した。 ▽しかし、ヘッドコーチからスクランブル昇格した下平隆宏監督が指揮を執ると、チームは4月初旬から5月初旬にかけて公式戦7連勝を記録。その連戦の中で、下平監督に積極起用されたFW伊東純也や、MF小林祐介、MF中川寛斗、MF秋野央樹、DF中谷進之介、DF中山雄太、GK中村航輔ら多数のヤングガンズも、逞しさを身につけ、中心選手へと成長を遂げた。 ▽また、今夏途中にヴァンフォーレ甲府から完全移籍で再加入したFWクリスティアーノと、FWディエゴ・オリヴェイラの両助っ人の活躍も目覚ましいものがあった。ただ、若手を中心に構成されたチームが故に、シーズンを通じて、取りこぼした試合が少なくなかったのも事実。来シーズンはより完成度を高め、若手の台頭で迎えつつある新たな時代を確固たるものにしたいところだ。 <span style="font-weight:700;">◆最優秀選手賞</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/2016data_reysol_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div><span style="font-weight:700;">DF中谷進之介(20)</span> 31試合出場(先発31試合) / 2得点<hr>▽この男をMVPに選出しても文句はないだろう。シーズンを通じて、多くのヤングガンズが輝きを解き放った中、“太陽王”の新たなディフェンスリーダーとして抜群の存在感を発揮。空中戦はもちろん、ポジショニング、カバーリング、そしてコーチングの部分で大きく飛躍した。来シーズンも、今シーズンのパフォーマンスレベルを維持し、チームの最終ラインを支えていきたい。 <span style="font-weight:700;">◆敢闘賞</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/2016data_reysol_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTO<hr></div><span style="font-weight:700;">FWクリスティアーノ(29)</span> 16試合出場(先発15試合) / 9得点<hr>▽圧巻のひと言だった。9ゴール6アシストと数字を見てもわかるとおり、復帰してわずか半シーズンながら攻撃面で若手主体のチームをリードしたほか、“戦術クリスティアーノ” で勝ち切った試合もしばしば。ゴールマウスのニアサイドをぶち抜くパワーシュートで観る者を沸かせるなど、秀でた攻撃センスで相手の脅威となり続けた。 <span style="font-weight:700;">◆ブレイクスルー賞</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/2016data_reysol_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div><span style="font-weight:700;">DF中山雄太(19)</span> 26試合出場(先発24試合) / 2得点<hr>▽昇格した昨シーズンこそリーグ戦1試合の出場にとどまったが、今シーズンは26試合に出場。試合を重ねるごとに安定感が生まれ、下平監督の積極起用に応えて見せた。さらに、10月にはU-19日本代表の一員としてAFC U-19選手権バーレーン2016に臨み、同世代初のアジア制覇にも貢献。キャリアをスタートさせたばかりの本人にとっても、実り多き1年になったに違いない。 2016.11.14 19:00 Mon
twitterfacebook
Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース