柏のFW工藤壮人がMLS挑戦についてコメント「『世界』を感じたいと思っていた」2015.12.30 16:40 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽柏は30日、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のバンクーバー・ホワイトキャップスへの移籍が合意したFW工藤壮人(25)のコメントを発表した。なお、工藤の移籍についてはメディカルチェック後に正式契約となる。

▽柏の下部組織出身の工藤は、2009年にトップデビューすると在籍7シーズンでリーグ戦162試合に出場、56ゴールを記録。今季もリーグ戦全試合に出場し10ゴールを記録していた。

▽工藤はクラブを通じ、柏への想いをコメント。クラブ・ワールドカップやACLなどを経験したことで「日常的に毎日、もうひとつ上のステージ、『世界』を感じたいと、特にこの2、3年前から思っていました」と世界でプレーすることを考えていたことを明かし、バンクーバー・ホワイトキャップスからオファーがあったことも明かした。

「ホームの日立台やスタジアムなど大勢のサポーター皆さんの前で報告ができればよかったのですが、それができず申し訳ないと思っています。なるべく早く、レイソルを支えてくれている皆さんに伝えたかったのですが、移籍の手続きなどに時間がかかり、天皇杯後の発表となってしまったことをご理解いただければと思います」

「この柏レイソルでいろんな経験をしてきたなかで、J1を優勝してクラブワールドカップやACLという世界の大会を戦い、世界を肌で感じたことによって、日常的に毎日、もうひとつ上のステージ、『世界』を感じたいと、特にこの2、3年前から思っていました。ただ、なかなかオファーをもらうまではいかなかったのですが、今回は必要とされて、オファーをいただき、純粋に行きたいと思いました。長く柏レイソルでプレーしたことを誇りに思っているし、でも環境を変えて僕自身新たなチャレンジをしたいと思い、移籍を決断しました。自分の直感を信じて、頑張ってきたいと思います」

「10歳からレイソルのエンブレムを着け、試合や練習など、毎日行動してきたので、レイソルから離れるという実感はまだ沸いてこないですが、生半可な気持ちで決断したわけではないですし、レイソルに戻ってくるというような保険をかけるようなことは言いたくない。僕が向こうで活躍し結果を出し、またレイソルから『工藤が欲しい』と言ってもらえるような選手になっていたいです。今回ゴールを獲ってほしいということでオファーを受けましたし、ゴールを獲るということにこれまで以上に大きな気持ちと力を出していかないと確実に成功できないと思っています。より貪欲にアグレッシブに、また変わった工藤壮人を見せていきたいです」

「バンクーバーに行っても、僕自身のなかから柏レイソルというクラブがなくなるわけではないですし、遠くからになりますが、もちろんこれからのレイソルを応援しています。レイソルも成長してすばらしいクラブになって、僕も新天地で成長し、また工藤を欲しいと言ってもらえるような選手になりたいし、お互い成長していけたらと思っています。サポーターの皆さんをはじめ、これまで僕を支えてくれた皆さんに本当に感謝しています。応援、本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

D・オリヴェイラ弾で甲府の堅守こじ開けた柏が2試合ぶりの白星《J1》

▽25日に日立柏サッカー場で行われた明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第13節の柏レイソルvsヴァンフォーレ甲府は、ホームの柏が1-0で勝利した。 ▽2ndステージ6位で年間6位の柏と、同ステージ13位で年間14位の甲府という、ステージ優勝とJ1残留を目指す両者が激突した。試合は、自陣に構える甲府を柏が攻め立てる展開となる。 ▽立ち上がりからボールの主導権を握った柏。ボールを動かしながらスペースを探すが、守りを固める甲府のブロック攻略に苦戦を強いられ、なかなかシュートに形をつくり出すことができない。 ▽前半、公式記録上で山中のミドルシュート1本に終わった柏は、ゴールレスで迎えた後半もボールの主導権を掌握。62分に右CKから中山がヘディングシュートを放つが、これを枠内に飛ばせない。 ▽それでも、柏は64分、右CKからクリスティアーノがクロスを供給。競り合いを経て、ボックス中央で盛田のクリアボールを拾ったディエゴ・オリヴェイラが左足を振り抜き、これがゴール右に突き刺さった。 ▽失点した甲府はその直後から終盤にかけて、3枚の交代カードで森、ビリー・セレスキー、石原を立て続けに投入。しかし、試合巧者の柏が最後まで1点を守り抜き、2試合ぶりの白星で5戦負けなしとした。 2016.09.25 20:55 Sun
twitterfacebook
thumb

古巣対戦のレアンドロが土壇場同点弾! 神戸vs柏の連勝対決はドロー《J1》

▽明治安田生命J1リーグ2ndステージ第12節のヴィッセル神戸vs柏レイソルが17日に神戸総合運動公園ユニバー記念競技場で行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽2ndステージ優勝を目指す4位の神戸と、5位の柏による上位対決。クラブ歴代最多タイの5連勝を目指す神戸は、激しい打ち合いを制した前節のジュビロ磐田戦から出場停止のニウトンに代わって、高橋祥を中盤で起用した。一方、4連勝を狙う柏は鹿島アントラーズ戦から武富に代えて、伊東を先発に復帰させた。 ▽立ち上がりから主導権を握った柏は、17分にボックス内に抜け出したクリスティアーノがシュートを放つ。さらに攻勢を続けるアウェイチームは23分、右CKの場面でアウトスウィングのクロスをゴール前の中谷が頭で合わせ、先制に成功した。 ▽一方、レアンドロとペドロ・ジュニオールの個人技を軸に反撃を試みる神戸は、幾度かゴールに迫る場面を作るも、なかなかフィニッシュまで持ち込めないまま、前半を1点ビハインドで終えた。 ▽迎えた後半も拮抗した展開が続くが、前半同様になかなか決定機が生まれず、時間だけが過ぎていく。 ▽流れを変えたい両ベンチは積極的に交代カードを切っていくが、試合展開に大きな変化は生まれない。だが、このまま柏の勝利濃厚と思われた試合終了間際に、古巣対戦となるレアンドロが魅せる。88分、バイタルエリアで味方の仕掛けたこぼれを拾ったレアンドロが鋭い反転から右足のミドルシュートをゴール右隅に突き刺した。 ▽値千金の同点弾を挙げたレアンドロは、後半アディショナルタイムにもボックス内で右足のシュートを放つが、このシュートは惜しくも右ポストを叩き勝ち越しゴールとはならず。共に5連勝と4連勝を懸けた神戸と柏の上位対決は、1-1のドロー決着となった。 2016.09.17 22:04 Sat
twitterfacebook
thumb

D・オリヴェイラ&クリスティアーノ揃い踏みの柏が鹿島撃破で3連勝《J1》

▽10日に行われた明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第11節の柏レイソルvs鹿島アントラーズは、ホームの柏が2-0で勝利した。 ▽互いの持ち味がぶつかり合う好ゲームとなった試合は、両チームともに守備の堅さが際立つ展開となり、ゴールレスでハーフタイムを迎える。 ▽迎えた後半も長くこう着状態が続くが、柏が均衡を破る。58分、右サイドで茨田から縦パスを受けた伊東が山本をスピードで振り切ってクロスを送り、ゴール前でフリーになっていたディエゴ・オリヴェイラが頭で合わせた。 ▽先制した柏は、鹿島のチャンス時に身体を張った守備で耐え凌ぐと、64分にクリスティアーノがボックス内でブエノに後方から倒されてPKのチャンスを獲得。しかし、クリスティアーノ自らのシュートはGKに止められる。 ▽それでも81分、柏はカウンターを発動。クリスティアーノが独走すると、先ほどPKを止められたGK曽ヶ端のニアサイドを豪快にぶち抜いて2点目を奪い、リードを広げた。 ▽その後、前がかりなった鹿島に押し込まれ始めた柏だったが、最後まで2点のリードを守り抜き、2-0で試合終了。見事にリーグ戦3連勝を飾った。敗れた鹿島は4試合ぶりの黒星となっている。 2016.09.10 21:23 Sat
twitterfacebook
thumb

ディエゴ・オリヴェイラが前半でハット達成! 柏が大量5得点で首位川崎Fを撃破《J1》

▽明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第10節の川崎フロンターレvs柏レイソルが等々力陸上競技場で行われ2-5で柏が勝利した。 ▽前節は浦和レッズとの首位攻防戦を1-2で勝利し、2ndステージ、年間順位で首位に立った川崎Fと、前節はホームで名古屋グランパスを3-1で敗り、連敗を2で止めた柏の一戦。試合は立ち上がりからテンションの高いゲームとなった。 ▽4分、左CKからクリスティアーノがあげたクロスにディエゴ・オリヴェイラがヘッドで合わせると、DFに当たってコースが変わり柏が先制する。さらに5分、クリスティアーノが左サイドで粘りを見せると、こぼれ球を拾った中川の折り返しを、ボックス中央でディエゴ・オリヴェイラが冷静に蹴り込み、柏が一気にリードを2点に広げる。 ▽出鼻をくじかれてしまった川崎Fだったがすぐさま反撃。17分、右サイドからのグラウンダーのパスを森谷がダイレクトで蹴り込んで1点を返す。 ▽序盤から点の取り合いとなった試合は止まらない。29分、FKを得るとクリスティアーノがゴール前にクロスを供給。ディエゴ・オリヴェイラのヘッドはクロスバーを叩くも、最後は茨田がこぼれ球を流し込み再びリードを2点に広げる。さらに32分、右CKからのクロスをディエゴ・オリヴェイラがヘッド。これが決まり、リードを3点とする。ディエゴ・オリヴェイラは、前半だけでハットトリックを達成した。 ▽柏の3点リードで迎えた後半、川崎Fは猛攻に出るも、GK中村の好セーブもあり得点を奪えない。それでも攻勢を強めたが75分、スルーパスに反応した中川が飛び出したGKチョン・ソンリョンをあざ笑うかのようなループシュートを決めて1-5とした。 ▽川崎Fは82分に三好がネットを揺らし、その後も何度となく柏ゴールを脅かすもフィニッシュの精度を欠き追い上げならず。ディエゴ・オリヴェイラのハットトリックなどで柏が2-5で勝利を収めた。 2016.08.27 20:56 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース