超ワールドサッカー

柏のFW工藤壮人がMLS挑戦についてコメント「『世界』を感じたいと思っていた」2015.12.30 16:40 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽柏は30日、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のバンクーバー・ホワイトキャップスへの移籍が合意したFW工藤壮人(25)のコメントを発表した。なお、工藤の移籍についてはメディカルチェック後に正式契約となる。

▽柏の下部組織出身の工藤は、2009年にトップデビューすると在籍7シーズンでリーグ戦162試合に出場、56ゴールを記録。今季もリーグ戦全試合に出場し10ゴールを記録していた。

▽工藤はクラブを通じ、柏への想いをコメント。クラブ・ワールドカップやACLなどを経験したことで「日常的に毎日、もうひとつ上のステージ、『世界』を感じたいと、特にこの2、3年前から思っていました」と世界でプレーすることを考えていたことを明かし、バンクーバー・ホワイトキャップスからオファーがあったことも明かした。

「ホームの日立台やスタジアムなど大勢のサポーター皆さんの前で報告ができればよかったのですが、それができず申し訳ないと思っています。なるべく早く、レイソルを支えてくれている皆さんに伝えたかったのですが、移籍の手続きなどに時間がかかり、天皇杯後の発表となってしまったことをご理解いただければと思います」

「この柏レイソルでいろんな経験をしてきたなかで、J1を優勝してクラブワールドカップやACLという世界の大会を戦い、世界を肌で感じたことによって、日常的に毎日、もうひとつ上のステージ、『世界』を感じたいと、特にこの2、3年前から思っていました。ただ、なかなかオファーをもらうまではいかなかったのですが、今回は必要とされて、オファーをいただき、純粋に行きたいと思いました。長く柏レイソルでプレーしたことを誇りに思っているし、でも環境を変えて僕自身新たなチャレンジをしたいと思い、移籍を決断しました。自分の直感を信じて、頑張ってきたいと思います」

「10歳からレイソルのエンブレムを着け、試合や練習など、毎日行動してきたので、レイソルから離れるという実感はまだ沸いてこないですが、生半可な気持ちで決断したわけではないですし、レイソルに戻ってくるというような保険をかけるようなことは言いたくない。僕が向こうで活躍し結果を出し、またレイソルから『工藤が欲しい』と言ってもらえるような選手になっていたいです。今回ゴールを獲ってほしいということでオファーを受けましたし、ゴールを獲るということにこれまで以上に大きな気持ちと力を出していかないと確実に成功できないと思っています。より貪欲にアグレッシブに、また変わった工藤壮人を見せていきたいです」

「バンクーバーに行っても、僕自身のなかから柏レイソルというクラブがなくなるわけではないですし、遠くからになりますが、もちろんこれからのレイソルを応援しています。レイソルも成長してすばらしいクラブになって、僕も新天地で成長し、また工藤を欲しいと言ってもらえるような選手になりたいし、お互い成長していけたらと思っています。サポーターの皆さんをはじめ、これまで僕を支えてくれた皆さんに本当に感謝しています。応援、本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

柏DF今井智基に第一子となる男の子が誕生「最高にすばらしい出来事のひとつ」

▽柏レイソルは26日、DF今井智基に第一子となる男の子が誕生したことを発表した。 ▽クラブの発表によると、今井の長男は25日に誕生していたとのことだ。今井はクラブを通じてコメントしている。 「自分の人生の中で、最高にすばらしい出来事のひとつになりました。家族や子どものためにも、より一層頑張らなければという思いです。ピッチで戦っている姿を見せられるようにこれからも頑張っていきます」 2017.04.26 17:30 Wed
twitterfacebook
thumb

柏がクリス&中川のゴールで2連勝! 敗れた横浜FMは3連勝ならず《J1》

▽22日、明治安田生命J1リーグ第8節の柏レイソルvs横浜F・マリノスが日立柏サッカー場で行われ、2-0で柏が勝利した。 ▽現在3勝4敗の勝ち点9で11位につける柏と、4勝1分け2敗の勝ち点差13で5位につける横浜FMの対戦。柏は1-2で勝利した前節のヴィッセル神戸戦と同じ11名を先発させた。一方の横浜FMは0-1で勝利したサンフレッチェ広島戦から3名を変更。松原、ダヴィド・バブンスキー、マルティノスに変えて、新井、扇原、前田を起用。扇原は移籍後初先発となった。 ▽試合は2分、柏が最初のシュートを放つ。クリスティアーノがボックス右でボールを受けるとそのままシュート。しかし、GK飯倉がセーブする。 ▽横浜FMは6分、喜田が深い位置からドリブルで中央突破。これに対応した中谷が思わず倒してしまい、ボックス手前で横浜FMがFKを得る。このFKを天野が直接狙うも、枠を外してしまう。 ▽12分には、ウーゴ・ヴィエイラが倒され横浜FMがボックス手前で再びFKを獲得。これをウーゴ・ヴィエイラが低い弾道のシュートで狙うも、壁にブロックされる。 ▽横浜FMは攻勢に出る時間が続くも、決定機を作るに至らず。すると23分、左からのクロスに対し処理を誤った金井がハンド。柏がPKをゲットすると、クリスティアーノが右にしっかりと決めて柏が先制する。 ▽先制した柏はすぐさま追加点を奪う。27分、伊東が右サイドからのクロスを大谷がファーサイドで競り勝ち落とすと、中川が押し込み2-0とする。 ▽リードを広げられた横浜FMだったが、それでも攻撃のスイッチが入らない。齋藤にボールを集めるも、伊東、小池がしっかりと対応し、得意のドリブルを許さない。 ▽柏が2点リードで迎えた後半、立ち上がりに横浜FMはチャンス。48分、FKから天野がクロスを入れると、ミロシュ・デゲネクがシュート。しかし、枠を外してしまう。 ▽柏は50分、右サイドを仕掛けたクリスティアーノがミロシュ・デゲネクと競り合いながらも中央へ折り返すと、ボックス内でパスを受けた中川がシュート。これをGK飯倉がセーブすると、こぼれ球は中川に渡るも、GK飯倉がボックス外までプレスをかけ続け、シュートを打たせない。 ▽横浜FMは攻め手を見出だせず、ウーゴ・ヴィエイラに代えて伊藤を投入。しかし柏の攻勢はやまず、63分には伊東のクロスをクリスティアーノがヘッドで合わせるも、得点を奪えない。 ▽横浜FMは、70分に喜田のパスを受けた前田がボックス手前から左足で狙うも、GK中村が落ち着いてセーブする。 ▽終盤にかけては柏がボールを保持して時間を使い、クリスティアーノをターゲットに攻勢をかける。横浜FMは中澤を中心に粘りの守備を見せるも、攻撃がはまらず。後半アディショナルタイムには中澤も上がってパワープレーに出るも、決定的なチャンスを作れないまま試合終了。柏が2-0で横浜FMを下し、2連勝を飾った。一方上位を狙う横浜FMは3連勝を逃した。 2017.04.22 16:56 Sat
twitterfacebook
thumb

大津の劇的弾で柏が勝ち点3! 神戸は首位陥落...《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第7節、ヴィッセル神戸vs柏レイソルが16日にノエビアスタジアム神戸で行われ、柏が2-1で勝利した。 ▽6節終了時点で、5勝1敗で首位を走る神戸と、2勝4敗で15位につける柏の一戦。前々節の浦和レッズ戦(1-3で敗北)で初の黒星を喫したものの、前節の大宮アルディージャ戦では2-0できっちりと勝利し、首位をキープしている神戸は、大宮戦と同様のメンバーを起用した。 ▽一方、前節の清水エスパルス戦を0-2で敗れ、不安定なシーズンスタートを送っている柏は、その一戦から先発メンバーを1人のみ変更。ディエゴ・オリヴェイラに代えて伊東を起用した。 ▽試合は立ち上がり、好調の神戸が柏ゴールへと迫るものの、ラストパスに精度を欠き、シュートチャンスを作ることができない。対する柏は15分、左サイドからの手塚のパスを受けたクリスティアーノがボックス左から右足を振り抜くも、GKキム・スンギュが正面でこれを防ぐ。 ▽前半半ばに差し掛かると、柏が次第にペースを握る。すると28分、右サイドでのパスワークからボックス右外でパスを受けた小池がGKとDFの間に鋭いクロスを供給。これに反応していた大谷が左足でゴール左隅へ流し込んだ。 ▽先制を許した神戸だったが、すぐさま反撃を見せる。35分、ニウトンのパスで右サイドを抜け出した高橋峻がクロスを供給。これを走り込んだ小林が右足で合わせると、DFに当たってゴール左隅へ突き刺さった。 ▽後半に入ると、同点に追いつかれた柏が攻勢を強める。50分、敵陣中央でパスを受けた中川が右足で強烈なシュート。54分にはボックス右外からの伊東のクロスをクリスティアーノが頭で合わせるも、枠を捉えることができない。 ▽一方、柏レイソルに押し込まれる展開が続く神戸は65分、渡邉に代えて田中を投入。すると69分、左サイドから藤田がロングスローで放り込むと、こぼれ球を拾った田中がボックス手前から左足を振り抜く。しかし、これはわずかにゴール右を外れる。 ▽この交代から徐々に神戸がペースを引き寄せると、カウンターから決定機を迎える。78分、左サイドでボール受けた大森が縦への仕掛けからクロスを入れると、ゴール前で大槻が頭で合わせるも、ブロックに入った細貝に防がれる。 ▽ところが、流れが良かった神戸にアクシデント。86分、岩波がクリスティアーノを倒すと、この日2枚目となるイエローカードで退場。それでも、攻勢に出る神戸だったが、得点を奪うことはできず。 ▽このまま試合終了かと思われた試合は、意外な形で決着が着く。後半アディショナルタイム2分、右サイドでボールを受けたクリスティアーノが縦への仕掛けから右足でクロス。これがゴールの方向へ飛ぶと、左ポストに直撃。ゴール前に跳ね返ったボールを大津が収めて右足でボレーシュートを放つと、ゴールネットに吸い込まれた。 ▽これが決勝点となり、そのまま試合終了。大津の劇的ゴールで柏が勝ち点3を奪取。一方、土壇場で勝ち点を落とした神戸は首位陥落となった。 2017.04.16 18:15 Sun
twitterfacebook
thumb

大宮vs柏は両者ポストに嫌われゴールレスドロー…大宮は公式戦の連敗ストップ《YBCルヴァンカップ》

▽12日、YBCルヴァンカップ2017グループA第2節の大宮アルディージャvs柏レイソルがNACK5スタジアム大宮で行われ、0-0のゴールレスドローに終わった。 ▽第1節が休みだった大宮は今大会初戦。開幕からリーグ戦6連敗と絶不調の中、直近の明治安田生命J1リーグ第6節のヴィッセル神戸戦(0-2で敗北)から先発メンバーを山越と清水以外の9人変更。渡部、高山が今季初出場となった。 ▽一方、第1節の清水エスパルス戦を1-0で勝利した3位の柏は、直近の明治安田生命J1リーグ第6節の清水戦(0-2で敗北)から、大宮と同じ9人変更。中山と輪湖が続けて先発し、GKに桐畑を起用。シュツットガルトから加入した細貝が先発し、今井は初の古巣対決となった。 ▽試合は立ち上がりから両チームともに攻勢に出ると、柏が先にチャンス。5分、右サイドで伊東のパスを受けた今井がクロスを供給。大島が合わせるも、わずかにゴール左へと外れる。 ▽対する大宮は10分、渡部が右サイドからクロスを入れると、こぼれ球を大山がボックス右からダイレクトでシュート。強烈なシュートはゴール左隅を捉えるも、GK桐畑の好守に阻まれる。 ▽ピンチを凌いだ柏は18分、大島のパスをボックス右外で受けた伊東がゴール前にクロスを送ると、フリーの小林が頭で合わせる。その直後にもドゥドゥのポストプレーから細貝がダイレクトで右足を振り抜くが、どちらもGK塩田に対応される。 ▽その後は両者攻勢を続けるも、こう着状態に。それでも前半終了間際に大宮が決定機を作る。ボックス手前で縦パスを受けた黒川がすかさずボックス左にスルーパス。これに反応したネイツ・ペチュニクがフリーで抜け出すも、GK桐畑の飛び出しに防がれる。 ▽ゴールレスで試合を折り返すと、試合を優勢に進めていた柏が後半開始から大島に代えてディエゴ・オリヴェイラを投入する。すると55分、そのディエゴ・オリヴェイラがドリブルを開始。ボックス手前まで切れ込み、スルーパスをボックス右で受けた伊東がクロス。こぼれ球をディエゴ・オリヴェイラが左足で狙うも、GK塩田にキャッチされる。 ▽後半半ばには大宮がビックチャンスを迎える。69分、右サイドでボールを受けた大山が鋭いクロスを供給すると、反応した高山がボックス中央からヘディングシュート。しかし、これをGK桐畑が触れ、バーに当たり得点とはならない。 ▽すると先制のチャンスを逃した大宮にアクシデントが起こる。70分、右サイドを伊東に突破されると、たまらず大屋がファール。これでこの日2枚目のイエローカードを提示され、大宮は数的不利を余儀なくされる。 ▽それでも攻勢に出続けた大宮は83分、ドラガン・ムルジャのパスを受けた大山がゴール前にふわりとしたクロスを入れると、ファーサイドに走り込んだ清水が頭で合わせるも、左ポストに直撃。 ▽最後まで得点を奪いにいった両者だが、互いに決め切ることができず、ゴールレスのまま試合終了。大宮はドロースタートとなり、今季初の勝ち点を獲得。一方の柏は同大会での勝ち点を4に伸ばしている。 2017.04.12 21:40 Wed
twitterfacebook
thumb

鄭大世今季4発目の清水、柏撃破で連敗ストップ《J1》

▽8日に日立柏サッカー場で行われた明治安田生命J1リーグ第6節の柏レイソルvs清水エスパルスは、アウェイの清水が2-0で勝利した。 ▽2勝3敗の勝ち点6で12位の柏と、同成績で13位の清水が激突した。今シーズン初の連勝を狙う柏はクリスティアーノが2試合ぶりに先発復帰。清水は、前節のジュビロ磐田戦と同じスタメンで挑んだ。 ▽前半の立ち上がりから柏が主導権を握ってボールを保持する時間が続く展開となる。しかし、なかなか均衡を破ることができない。 ▽その試合が動いたのはゴールレスで迎えた後半。65分、清水は自陣でのボール奪取から素早い攻撃に転じると、投入されたばかりの村田が右サイドから持ち上がり、クロスを送る。DFに当ってこぼれたボールから鄭大世が今シーズン4点目を決め、清水が先制した。 ▽失点した柏は、反撃に転じるが、後半アディショナルタイム2分に2失点目。最終ラインの裏に抜け出した途中出場のミッチェル・デュークがGKとの一対一を制し、清水が試合を決定付けた。 ▽結局、柏を下した清水が連敗を「2」でストップ。柏は、開幕節以来の白星を手にした前節のサンフレッチェ広島戦に続く勝利を目指したものの、ホーム3連敗となっている。 2017.04.08 17:15 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース