柏のFW工藤壮人がMLS挑戦についてコメント「『世界』を感じたいと思っていた」2015.12.30 16:40 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽柏は30日、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のバンクーバー・ホワイトキャップスへの移籍が合意したFW工藤壮人(25)のコメントを発表した。なお、工藤の移籍についてはメディカルチェック後に正式契約となる。

▽柏の下部組織出身の工藤は、2009年にトップデビューすると在籍7シーズンでリーグ戦162試合に出場、56ゴールを記録。今季もリーグ戦全試合に出場し10ゴールを記録していた。

▽工藤はクラブを通じ、柏への想いをコメント。クラブ・ワールドカップやACLなどを経験したことで「日常的に毎日、もうひとつ上のステージ、『世界』を感じたいと、特にこの2、3年前から思っていました」と世界でプレーすることを考えていたことを明かし、バンクーバー・ホワイトキャップスからオファーがあったことも明かした。

「ホームの日立台やスタジアムなど大勢のサポーター皆さんの前で報告ができればよかったのですが、それができず申し訳ないと思っています。なるべく早く、レイソルを支えてくれている皆さんに伝えたかったのですが、移籍の手続きなどに時間がかかり、天皇杯後の発表となってしまったことをご理解いただければと思います」

「この柏レイソルでいろんな経験をしてきたなかで、J1を優勝してクラブワールドカップやACLという世界の大会を戦い、世界を肌で感じたことによって、日常的に毎日、もうひとつ上のステージ、『世界』を感じたいと、特にこの2、3年前から思っていました。ただ、なかなかオファーをもらうまではいかなかったのですが、今回は必要とされて、オファーをいただき、純粋に行きたいと思いました。長く柏レイソルでプレーしたことを誇りに思っているし、でも環境を変えて僕自身新たなチャレンジをしたいと思い、移籍を決断しました。自分の直感を信じて、頑張ってきたいと思います」

「10歳からレイソルのエンブレムを着け、試合や練習など、毎日行動してきたので、レイソルから離れるという実感はまだ沸いてこないですが、生半可な気持ちで決断したわけではないですし、レイソルに戻ってくるというような保険をかけるようなことは言いたくない。僕が向こうで活躍し結果を出し、またレイソルから『工藤が欲しい』と言ってもらえるような選手になっていたいです。今回ゴールを獲ってほしいということでオファーを受けましたし、ゴールを獲るということにこれまで以上に大きな気持ちと力を出していかないと確実に成功できないと思っています。より貪欲にアグレッシブに、また変わった工藤壮人を見せていきたいです」

「バンクーバーに行っても、僕自身のなかから柏レイソルというクラブがなくなるわけではないですし、遠くからになりますが、もちろんこれからのレイソルを応援しています。レイソルも成長してすばらしいクラブになって、僕も新天地で成長し、また工藤を欲しいと言ってもらえるような選手になりたいし、お互い成長していけたらと思っています。サポーターの皆さんをはじめ、これまで僕を支えてくれた皆さんに本当に感謝しています。応援、本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

柏DF今井智基がバイクとの接触事故…

▽柏は29日、DF今井智基がバイクとの接触事故を起こしたことを発表した。バイクの運転者(男性)は軽傷を負ったとのこと。 ▽柏の発表によると、28日午前9時20分頃千葉県柏市日立台1丁目のクラブハウスの出入口で今井の運転する乗用車が右折進入の際に、対向車線を走行してきたバイクと接触した。なお、今井に怪我はなかったという。 ▽今回の事故発生について今井がクラブを通じてコメント。 「負傷したバイクを運転されていた方にご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。今後、運転の際には十分に注意を払い、安全な運転に努めてまいります。本当に申し訳ありませんでした」 ▽また、柏は今回の事故を受けて次のように声明を出した。 「交通事故の発生および負傷したバイクの運転者の方に対して深くお詫び申し上げます。また、当クラブでは本人に厳重注意をするとともに、全選手・クラブスタッフほか関係者への注意喚起を行い、今後の再発防止に向けて安全運転の遵守を徹底いたします」 2016.06.29 18:29 Wed
twitterfacebook
thumb

【柏レイソル】太陽王の混乱を一蹴したヤングガンズの台頭…その中でも人一倍の輝きを放った“IJ”《J1総括&展望》

<B>◆チーム採点</B> <B><span style="color:#FF0000;">70点</span></B> <B>◆1stステージ総括</B> ▽シーズン前の吉田達磨監督(現・アルビレックス新潟)からの監督交代、主力選手の多数移籍は、太陽王の足並みを狂わせた。さらに、今シーズンの指揮を託されたミルトン・メンデス監督も開幕から1分け2敗と振るわず、第3節のジュビロ磐田戦終了後に突然の退任(事実上の成績不振による解任)。ピッチ上で長いシーズンを戦う以前に、チーム内部で迷走していた。 ▽しかし、ヘッドコーチから監督に昇格した下平隆宏監督の下で、混乱は収束する。第4節の新潟(2-2)戦から続く第5節のサガン鳥栖(1-1)戦を引き分けた後、FC東京(1-0)、ガンバ大阪(1-0)、鹿島アントラーズ(2-0)、ヴィッセル神戸(2-0)、ヴァンフォーレ甲府(2-0)との5連戦を全勝。完全に輝きを取り戻した。 ▽V回復の要因の1つとなったのは、柏ユース上がりのヤングガンズの台頭。中でも、GK中村航輔、DF中谷進之介、DF中山雄太、DF中川寛斗の4選手は出場機会を増やすだけでなく、レギュラーに定着しているほどの勢いだ。また、右サイドのスペシャリストとして活躍した新加入のMF伊東純也も特筆すべき。そういった新たな力が太陽王の復活劇に繋がった。 <B>◆1stステージ成績</B> 7位 6勝6分け5敗 勝ち点24 得点:20(9位)、失点21(7位タイ) 得失点差:-1 <B>◆フォーメーション</B> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/ksw20160624_3_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div><B>【4-4-2】</B> <span style="font-size:14px;">GK:中村航輔 DF:鎌田次郎、中谷進之介、中山雄太、輪湖直樹 MF:伊東純也、茨田陽生、秋野央樹、武富孝介 FW:中川寛斗、ディエゴ・オリヴェイラ</span> <B>◆1stステージMVP</B> <B>FW伊東純也 16試合(先発13試合)/2得点</B> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/ksw20160628_4_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽柏ユース出身のヤングガンズが台頭する中、今シーズンに甲府から加入しながら、右サイドで異彩を放ち続けた“IJ”こと伊東純也を1stステージのチームMVPに選出する。シーズン当初こそミルトン・メンデス前監督の下で、不慣れな右サイドバックとしてプレー。やはり守備面で課題が浮き彫りとなるも、持ち前のスピードを生かしたドリブルで、チームの攻撃に幅と推進力をもたらしている。もはや欠かせないピースだ。 <B>◆2ndステージ展望</B> ▽2ndステージで優勝争いに食い込むためにも、上記でも触れたようにリーグ戦5連勝を飾った当時の勢いを今一度実践したいところ。そのためにも、『攻撃の局面で速く行けるときは行く』、『敵が身構えているときはボールを動かす』といった、当時のメリハリあるサッカーを見直したい。 ▽また、1stステージで露呈したセットプレー時における守備の脆さも改善していきたい点だ。前半戦の総失点数23のうちセットプレーからの被弾は7失点。DF鎌田次郎、中谷、中山の守備陣を中心に対応の仕方や、誰が仕切り、誰にマークをつくのか、そういった基本的な部分を精査していく必要があるだろう。 ▽そして、総得点20の攻撃面においては、昨シーズンまで絶大な存在感を博したFWクリスティアーノの復帰により、1stステージ以上の攻撃力が見込める状況。あとは、一定の活躍を見せながら4得点にとどまったFWディエゴ・オリヴェイラらストライカーたちとの連係面を短期間のうちにどれだけ詰められるか。そこが2ndステージの注目ポイントだ。 2016.06.29 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

甲府から柏に復帰したFWクリスティアーノ「仲間の元に戻ってきたという気持ち」

▽柏レイソルは28日、ヴァンフォーレ甲府から加入するブラジル人FWクリスティアーノ(29)のコメントを発表した。 ▽昨シーズンは甲府からの期限付き移籍で柏でプレーしていたクリスティアーノは、J1で34試合に出場し14得点を記録。しかし、今シーズンは甲府に戻りプレー。J1・1stステージで16試合に出場し7得点を記録していた。 ▽半年ぶりの柏復帰となったクリスティアーノは、クラブを通じてコメント。2ndステージに向けた意気込みを語った。 「レイソルに帰ってこられて嬉しく思っていますし、また仲間の元に戻ってきたという気持ちです。このクラブに戻ったからにはタイトル獲得を意識していますし、最低でもACLの出場権を目指し、チーム全員の力を合わせて、しっかりとやっていきたいと思います」 「サポーターの皆さんには以前在籍していたときから良くしてもらってきましたし、皆さんと喜びを分かち合えるような良いシーズンにしていきたいと思います。グラウンドでは100%全力を尽くして戦うことを約束します。これからもチームへの応援、後押しをよろしくお願いします」 2016.06.28 19:55 Tue
twitterfacebook
thumb

輪湖のAT弾で柏が湘南とドロー!!《J1》

▽25日に日立柏サッカー場で明治安田生命J1リーグ1stステージ第17節の柏レイソルvs湘南ベルマーレが行われ、1-1のドローに終わった。 ▽1stステージ最終節を迎え、6勝5分け5敗で勝ち点23の7位・柏が、4勝3分け9敗で勝ち点15の16位・湘南を迎えた。試合はホームの柏がポゼッションを高めながら決定機を作り、シュートで攻撃を終えていく。8分には右CKから湘南のボックス内で混戦となり、最後は武富が振り向きざまのシュートを放つが、ここは枠を捉えきれなかった。 ▽柏は32分にも輪湖のクロスから茨田が強烈なシュートを放つなど湘南ゴールに迫る。対する湘南はボールを持っても深さを取れずにファイナルサードまでボールを運べない展開。柏が多くのチャンスを作った前半だったが、ゴールは生まれずに後半に突入した。 ▽ハーフタイムでの交代はなく迎えた後半は湘南がチャンスを作る。54分、相手陣内左からのFKで、アンドレ・バイアがフリーでヘディングシュートを放つも、ここはGK中村が片手ではじき出す。劣勢の柏は55分に武富を下げて田中を送りだした。 ▽それでも湘南の勢いは衰えず、71分には相手陣内でのFKからアンドレ・バイアの折り返しに長谷川がトラップからボールをコントロールし、シュートを押し込んで湘南がついに先制点を奪った。しかし直後の75分、湘南は岡本が足を負傷してプレー続行が不可能となり、交代で坪井を送り込む。 ▽その後は柏がパワープレー気味に、早めに相手のボックス内にボールを配給する。しかし湘南が集中した守りで跳ね返していった。このまま終了かと思われた50分、カウンターから左サイドの輪湖が思い切り振り抜くと、これがゴールネットを揺らし、直後に試合終了のホイッスル。柏が土壇場で追い付き、勝ち点1を分け合う結果に終わった。 2016.06.25 21:11 Sat
twitterfacebook
thumb

柏がDF湯澤聖人とA契約を締結「チームの勝利に多く貢献できるように」

▽柏レイソルは24日、DF湯澤聖人(22) とプロA契約を締結したことを発表した。 ▽湯澤は6月18日(土)に行われた明治安田生命J1リーグ第16節の名古屋グランパス戦の出場により、通算試合出場時間がプロA契約締結条件に達したようだ。 ▽プロA契約締結を受けて湯澤は「いつも応援をいただいて、ありがとうございます。A契約選手になることができましたが、ここからがまた新たなスタートと思い、一日一日を全力で取り組み、成長していきたいです。そしてチームの勝利に多く貢献できるように頑張りたいと思います。これからも応援よろしくお願いします」とコメントしている。 ▽今季、流通経済大学から柏に加入した湯澤は、ここまでJ1に4試合出場。ヤマザキナビスコカップでは2試合に出場している。 2016.06.24 20:18 Fri
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース